2011-02-01

読む

奨励会員の熱い文章

気持ちが熱く伝わってくる。 将棋マガジン1996年4月号、飯島篤也1級「履歴書」より。 平成元年9月、奨励会入会。 中学2年生だった僕は自分の夢に向って歩き始めた。この頃は学校をサボってお金がもらえて勉強になる記録係を1ヵ月に10回以上...
タイトルとURLをコピーしました