村山聖八段(当時)の急逝が将棋連盟に伝えられた日

近代将棋1998年11月号、読売新聞の西條耕一さんの「普段着の棋士たち 関東編」より。

8月10日

 村山八段死去の知らせを聞いた。まさかとも、やはりとも複雑な心境だった。観戦記を二度担当した。私は観戦記自体まだ十数局しか書いていないので、思い入れのある棋士だ。夕刊に死亡原稿を書き連盟へ。この日は竜王戦準々決勝、羽生-郷田戦があり、いずれにせよ千駄ヶ谷へ行くつもりだった。

 正午過ぎ、3階の事務室に行くと、郷田が椅子に座って、机の一点をじっと見ていた。死去を聞いたばかりで「去年麻雀を打ったのが最後になりました」と消え入るような声で言った。

 別件の取材で佐藤名人もいた。何か話しかけられたが、うわ言のようだった。今春のA級順位戦最終局の後、佐藤と二人で未明まで飲んだ。村山の今期休場を聞いた佐藤は「村山君には一度も本気を出してもらったことなかったよ」とつぶやいた。

 二人ともかなり酔っていた。私がどういう意味かと尋ねると「素人には分かりません」といかにも彼らしく、突き放した答が返ってきた。村山は羽生を認めていたが、佐藤を認めていなかったのだろうか。悔しそうな顔だった佐藤が、急に声を荒げたので今でもよく覚えている。

 4階の対局室をのぞいた。奨励会の例会日だ。相変わらず騒がしい。彼らには彼らの人生があり、感傷にひたっている暇はないのだろう。

 特別対局室に入ると、上座の羽生がどうもという顔をした。やはり昼休みに聞いたらしく、常にポーカーフェースの彼でも、やはりどこか沈んだ表情だった。

 私もぽおっとしているうちに夕方になり、控え室で追悼原稿を書き始めた。机をはさんで羽生、郷田が並んで出前の夕食を食べていた。他にもう対局はない。二人とも黙々と箸でかき込んでいた。郷田は10分もかからず食べ終え、控え室から出た。

 羽生に村山将棋について聞いた。

 「攻めが鋭くて、勝負カンが冴えている将棋。もし健康ならタイトルをいくつか取ったでしょう」と答えてくれた。「もし村山さんが健康でも、羽生さんは七冠を取れましたか」とちょっと意地悪な質問をすると、少し考えて「もし健康ならと同情されること自体彼は嫌だったでしょうね」とだけ言った。多くを語りたくないという様子だった。

 この日の将棋は両者とも冴えが見られなかった。羽生優勢の終盤だったが、両者ともに不可解な手を指し最後は羽生が勝った。よほどショックが大きかったのだろう。

8月11日

 夜、大阪の池崎さんに電話してみた。村山と親交が深かったので、広島の実家に行ったはずだから様子を聞いてみた。

 昼前に羽生が弔問に訪れたという。昨夜帰宅したのは午前0時過ぎだ。すでに密葬も終わり、いつ行っても状況は変わらない。そこを朝一番の飛行機で挨拶に行ったのだ。村山の自宅は東京から急いでも5時間以上かかる。羽生はその翌日にも対局があったが、それでも行った。すぐ弔問に行かなかった棋士が不義理をしたのではない。羽生の意志の強さが若手の中でも抜きん出ているだけだ。羽生の人生には妥協という文字はないのだろう。七冠取れるわけだ。

 池崎さんによると、村山は5月に師匠にも黙って再入院。名人戦の最中は棋譜が見たくて、連盟の関西本部に電話して自宅にファックスを送ってもらっていた。それを両親が村山に伝えた。佐藤の名人奪取をどう思っただろうか。息をひきとる1時間前まで意識があったという。復帰して必ず名人になると思い続けていただろう。私はほんの少しのつき合いだったが、将棋の原稿を書くのがつらいと思ったのは初めてだった。(棋士の敬称略)

—–

1998年の夏はとても暑かったという記憶がある。

29歳で世を去った村山聖八段(当時)。

村山聖八段の死を聞いた郷田真隆棋聖(当時)、佐藤康光名人(当時)、羽生善治四冠(当時)のそれぞれの心模様。

近代将棋の同じ号の故・池崎和記さんの記事→1998年8月11日の羽生善治名人

「村山聖八段(当時)の急逝が将棋連盟に伝えられた日」への1件のフィードバック

  1. 2年前に「聖の青春」を読み、彼の事を知りました。
    彼の事が大好きになりました。
    大阪在住です。
    私は1974年生まれ、同じ世代を生きました。
    彼の為に何も出来なかった自分が本当に悔しい。
    全く神様というのは才能のある人間を傍に置きたがるで困ります(泣)。

コメントを残す