女性用Tシャツを着た屋敷伸之八段(当時)

将棋世界2003年11月号、甲斐栄次さんの「棋士たちの真情 屋敷本音を語る―屋敷伸之八段」より。

 屋敷は最近、都内に新築マンションを購入した。広々としたリビングルーム。そばには大輪の花のような新妻が微笑んでいる。男なら一度は思い描く幸せを、屋敷は31歳で手にした。

 久しぶりに会った屋敷には、貫禄と風格が感じられる。

―住み心地はどうですか。

屋敷「いいですね」

 カメラ撮影が終わったのでインタビューの前に着替えをすることになった。2、3分後に現れた屋敷は奥さんのものと分かるTシャツ姿。もしこれが久保九段なら”ああ、ペアルックだ”と思うし、佐藤棋聖なら”新ブランドだな”と納得するが、屋敷の場合は明らかに間違えている。しかし、これが屋敷のたまらない魅力だ。奥さんは心得ているとばかり笑って対応した。

―結婚発表に、本当に屋敷なのかとの問い合わせもあったようですけど、奥さんに一番ひかれたところは?

屋敷「ハハハ…、ええ、まあ、感覚的に合っちゃったんです。そういうことってありますよね。共通の趣味ですか?特にないです」

(以下略)

—————

この時の屋敷伸之八段(当時)は、正式な撮影ではスーツ姿、記事中のスナップ写真ではバーバリーのポロシャツを着ている。

奥様のTシャツを間違って着てしまったのは、スーツとポロシャツの間のこと。

しかし、ひと目見て女性用とわかるTシャツだったということは、屋敷八段はカットソーを着ていた可能性もある。

—————

「もしこれが久保九段なら”ああ、ペアルックだ”と思うし、佐藤棋聖なら”新ブランドだな”と納得するが」

現在なら、「もしこれが阿久津主税八段なら”ああ、ペアルックだ”と思うし、佐藤天彦名人なら”新ブランドだな”と納得するが」となるだろう。

—————

近代将棋1991年11月号、高橋道雄九段の「格言上達法」より。

 将棋はやはり終盤が面白い。

 どちらの勝ちか?手に汗握る攻防。

 何と言っても、これが将棋の最大の魅力だ。

 TV対局を観戦していて、ギリギリの終盤戦では、思わずTVにクギ付けになるのに対し、途中で差が開いてしまってつばぜり合いがなく、すんなりと終わると、えも言われぬ空しさを感じるのも、また当然であろう。

 「光速の寄せ」なる言葉がある。

 これは谷川竜王の終盤の強さを表したものであり、いかにもカッコいい。

 但し、谷川竜王だからこそピッタリくるようで、例えば私が、ごくたまに素早い寄せが決まり、内心「今日は光速の寄せだ」などとほくそえんでても、後日の記事には、「高橋が堅実に寄せた」と出る。

 人それぞれにイメージがあり、全く同じ手を指したとしても、その印象は異なる。

 それはそれでいいのかもしれない。

(以下略)

—————

同じ局面で同じ手を指したとしても、指した棋士によってイメージが変わる。

やはり、その棋士らしい手が出ると、多くのファンが喜ぶ。

逆に見ると、決め手や妙手が指された場合、その棋士らしい手と思いたい心理も働くのだと思う。

ジャイアント馬場さんが十六文キックを放てば、会場に見に来ている大勢の観客は涙を流さんばかりに喜んだ。

らしさ、はとても大事だ。

 

 

コメントを残す