畠山鎮六段(当時)「将棋の神様が見たら絶対に後手が勝っているはず」

将棋世界2003年12月号、増田裕司五段(当時)の「関西将棋レポート」より。

 歩の手筋、第三段は同じ日に対局があった谷川-鈴木(A級順位戦)。

 戦型は、鈴木(大)八段のゴキゲン中飛車に谷川王位の急戦。難しい戦いとなったが、その終盤戦が6図。

 この局面を見て、畠山鎮六段は、「将棋の神様が見たら絶対に後手が勝っているはず」と強調。後手陣の1一と2一の桂香が銀に替わっていて、その銀が先手陣の急所にいるからだろう。

 6図以下、▲9三歩△同香▲4二と△同角▲4四飛と進行。

 ▲9三歩は杉本六段説で手筋。△同香とさせておけば、一歩を持った時に▲9四歩△同香▲8六桂が痛打となる。それと、先手が将来▲9五香と走った時に、次の▲9三香成が王手になる利点もある。

 池崎記者「▲9三歩△同香の交換は大きい」と畠山六段の神様説に対抗。

畠山「いや、9対0が7対2になっただけの違いで大勢に影響はないですよ」

淡路「来月号の将棋世界(私のページ)に載りそうやなぁ」

 しばらくして、畠山「池崎さん、さっきの5対0の話(9対0と言っていたのに変わっている)載せないでくださいよ」

私「9対0って言いませんでしたっけ」

畠山「あれは、あえてわかりやすく表現しただけや」

 本譜は、▲4四飛の局面から△6七銀左成と攻め、鈴木八段が寄せ切った。

 やはり、畠山説は正しかったのだ。

* * * * *

6図から▲9三歩△同香▲4二と△同角▲4四飛と進んだ局面が8図。

この辺で、畠山鎮六段(当時)の「池崎さん、さっきの5対0の話、載せないでくださいよ」が出たのだと思う。

このままなら▲4二飛成△同飛▲6四角で、詰めろ飛車取り。

9対0から5対0に何気なく変わっているところが絶妙に可笑しい。

* * * * *

7図からは、△6七銀左成▲同銀△同銀成▲同玉△6六歩(8図)という展開。

▲6六同玉と取ると、△5五金~△9七角成と後手の攻めに勢いがつく。

8図以下は、▲7七玉△6七歩成▲同玉△5八銀▲7八玉△6九銀不成▲同金△5八歩成▲4二飛成△6九と▲6四角△5八飛成まで、鈴木大介八段(当時)の勝ち。

師匠の大内延介九段を思わせるような、鈴木大介八段の豪腕の怒涛の寄せが感動的だ。

 

コメントを残す