「棋戦」カテゴリーアーカイブ

NHK杯戦決勝の結果を収録日のニュース番組で報道していた時代

将棋世界1980年5月号、NHKの沢みのるさんの「NHK杯戦 大山十五世名人堂々七回目の優勝」より。

 決勝戦の録画は3月3日に放送センターの108スタジオで行った。

 解説が中原名人、聞き手が永井英明さんという豪華メンバーである。

 昨年までは、録画の日、つまり実際に優勝者が決定した時点で、「ニュースセンター9時」などで結果をお知らせしていたが、今年からは放送の日まで発表は伏せることにした。「テレビ将棋は、先に結果がわかってしまうと面白くない」という多数の意見に従ったもので、大方のファンの皆さんにも賛成して頂けるものと思う。(しかし、中にはわざわざ電話で結果を問い合わせて来られる方もいて、人さまざまの感はあるが―)ひと昔前まではNHK杯戦も現在のように注目されていなかったから、年に一回だけニュースにとり上げてもらえることが大変なPRだと喜んでいたものである。一般的なニュース価値と、純然たるテレビ将棋ファンの気持ちとの、どちらを取るのが正解か、なお議論の余地は残るとしても、ファンのパワーの増大によって時代が変わって来たという感は深い。

 さて、結果は3月16日の放送でご覧の通り、大山康晴十五世名人が堂々7回目の優勝を飾り、通算の優勝記録を117と伸ばすことになった。

 初優勝をねらって意気込んだ森雞二八段にとっては、どうも残念というほかない結果であった。こんな筈ではなかったのに―という森八段の嘆息が、見ている者にまで伝わってくる感じの終盤だった。

(以下略)

——–

「ニュースセンター9時」とは懐かしい番組名だ。

「ニュースセンター9時」は、1974年4月から1988年3月まで放送された非常に人気の高かったNHKのニュース番組。

——–

長所の裏返しが短所、短所の裏返しが長所であるように、一つの意思決定には”あちらを立てればこちらが立たず”というようなことが必ず付いて回る。

NHK杯戦決勝の結果の報道も、その典型例と言えるだろう。

——–

現在の放送スケジュールと同じならば、準決勝2局が放送される前のタイミングでの決勝の結果の報道。

たしかに、決勝戦だけではなく準決勝2局の勝敗結果も放送前にわかってしまうわけで、テンションが下がる視聴者が増えることは間違いない。

広報面のメリットよりも視聴者が感じるデメリットの方が大きく、放送の日まで発表を伏せる方式は大正解だと思う。

 

 

 

山崎隆之六段(当時)「握手した羽生さんの手は優しかったが、明日は厳しい手が来ると思う」

将棋世界2005年6月号、巻頭グラビア「第23回朝日オープン将棋選手権五番勝負第1局前夜祭」より。

 対局前日の前夜祭。火花が散る、なんてことはなく二人はガッチリと握手。対局者の握手は珍しい?

「握手した羽生さんの手は優しかったが、明日は厳しい手が来ると思う」と壇上で挨拶した山崎六段に対し、羽生選手権者は「新年度の1局目に若手のホープと対戦できてうれしい」と語った。

写真: DSC_0218
将棋世界2005年6月号掲載の写真。名古屋東急ホテルにて。撮影は河合邦彦さん。

——–

写真の右側の女性は、高校1年生の時の室田伊緒女流二段。

2004年度に女流アマ名人となり、この時は育成会員。

写真の左側の女性は、女流アマ名人戦3位の山口真子さん。

——–

それにしても、愛知県在住の女子高生が同じ年の女流アマ名人戦で優勝と3位なのだから、すごいことだと思う。

——–

いつも考えることだが、誰がどちらの対局者に花束を手渡すか、どのようにして決めているのだろう。

——–

対局者同士の握手は珍しいが、羽生善治名人と山崎隆之八段の握手だと何か自然な感じがするから不思議だ。

——–

高校入試の時、面接があった。

挨拶をして着席するなり、面接を担当している先生が右手を差し出した。

(お、、、これは面接の前に握手をしようというのかな、さすがミッションスクール、欧米風だ)

と思って私も右手を差し出すと、

「受験票」

——–

入学してから、面接をしてくれた人が宗教主任の聖書の先生であることがわかった。豪快な人だった。

高校2年の時だったか、聖書の授業の時間にその先生が、「入試の面接の時、僕が右手を差し出したら、握手だと思って手だけを差し出してきた間抜けな生徒がいて・・・」と雑談を始めた。

話を聞いていると、かなり昔の話だったので私のことではなかったようだが、面接の時に私も間抜けだと思われていたのは間違いないわけで。

 

名人戦の不思議な法則性

将棋世界1984年8月号、「声の団地」より。

名人戦の不思議

 実力制度による名人位の獲得戦が関根十三世名人の英断により、行われたのが、昭和12年のことです。当時、八段だった木村十四世名人が、第1期の名人位に就かれました。それから去年の谷川名人誕生までの名人戦、40数年間の歴史を見て、私は、不思議な事実に気がつきました。

 まず、木村十四世名人が、初の名人位に就かれたのが、昭和12年で、第1期の名人戦です。

 そして、大山十五世名人は、昭和27年、第11期に名人位に就かれました。中原十六世名人は昭和47年の第31期に、また十七世名人を期待されている谷川名人は第41期に、初の名人位に就かれました。ここに、永世名人は「1」のつく開催期に、名人位を獲得されていることに気がつきます。

 また、木村十四世名人は昭和24年の第8期に、大山十五世名人は昭和34年の第18期に名人位に復位されています。

 だから、中原十六世名人も、いつかは名人位に復位されるのではないかと思います。

 また、塚田名誉十段が昭和22年の第6期に、升田元名人が昭和32年の第16期に名人位に就かれたことも、数字の一致に妙な気分になりますが、そう考えると、加藤(一)九段のことが、わからなくなってしまうのも事実です。

 しかし、名人戦の数字の一致は不思議に思っています。

 また、この数字によって見る予想では、谷川名人の時代は、必ず来ると思います。そして、谷川時代は、かなりの長期に渡るのではないかと思っております。

 最後に、名人に対する、この様な見解は、多くの批判を招くかも知れませんが、私は、名人を神聖なものと思っております。

 米長王将が言われた様に、「名人とは獲るものではなく、選ばれるものだ」と、私も思っております。だから、谷川名人には、選ばれた人として、頑張っていただきたいと思います。

(東京都足立区 Sさん 22歳 学生)

——–

非常に鋭い分析だ。鋭い。

Sさんの分析をまとめると、1984年時点で、

  • 永世名人は「1」のつく開催期に初の名人位に就いている。
  • 永世名人は「8」のつく開催期に名人位に復位している。
  • 在位5年未満の名人は「6」のつく開催期に初の名人位に就いている。(加藤一二三九段が例外)

というもの。

事実、第41期に初の名人位に就いた谷川浩司九段は、この13年後に十七世名人となっている。

——–

その後の名人戦について見てみたい。

まずは、初の名人就位期から。

第51期 米長邦雄永世棋聖
第52期 羽生善治名人
第56期 佐藤康光九段
第58期 丸山忠久九段
第60期 森内俊之九段

羽生名人が第51期、森内九段が第61期だったなら、Sさんの分析通りとなっていたが、第52期、第60期と「1」のつく開催期とはそれぞれ1期ずれている形。

非常に惜しい。

——–

次に復位。

中原誠十六世名人の復位は第43期、2度目の復位が第48期。
谷川浩司九段の復位は第46期、2度目の復位が第55期。
羽生善治名人の復位は第61期、2度目の復位が第66期、3度目の復位が第72期。
森内俊之九段の復位は第62期、2度目の復位が第69期。

残念ながら、中原十六世名人の2度目の復位がSさんの分析と合致しているだけだ。

——–

1985年以降、Sさんの発見した法則から名人戦は変化しているようだ。

初の名人就位期ということだけで考えると、

木村十四世名人・大山十五世名人・中原十六世名人・谷川十七世名人までと、森内十八世名人・羽生十九世名人からでは位相が変わっているということ。

十四世名人~十七世名人と十八世名人・十九世名人の違いは、十四世名人~十七世名人が見合い結婚であったことに対し、十八世名人・十九世名人は恋愛結婚であったこと。

Sさんの見つけ出した法則性をその後の時代に合わせた形で言い換えれば、『見合い結婚であった永世名人は「1」のつく開催期に初の名人位に就いている』ということになるのだろう。

 

早指し新鋭戦でどの2人が決勝に進出するかの村山聖八段(当時)の予想

将棋世界1995年5月号、泉正樹六段(当時)の「公式棋戦の動き」より。

第14回早指し新鋭戦(テレビ東京)

どの名前を見ても強烈無比。そこでどの2人が決勝に進出するか、野獣他4人に予想してもらった。

写真: DSC_0203

 まず若手の兄貴分の植山六段は阿部-久保。きっと卓上でおいしく頂く腹づもり。

 夫人はシードの利を生かし藤井-丸山。

 編集部N氏は先崎-丸山。

 村山新八段「これもあれも」と悩んだ末に藤井-久保。

 野獣は駒音重視で豊川-中川となった。

 こういった予想を立てると、より面白く観ることができますよ。

——–

植山悦行六段(当時)が野獣猛進流・泉正樹六段(当時)に、「きっと卓上でおいしく頂く腹づもり」と書かれているのは、植山六段宅が若手棋士のたまり場となっており、その常連メンバーとも言える阿部隆六段(当時)や久保利明四段(当時)から麻雀で巻き上げるのが容易な環境であることから。

「今、森内がウチに来てるんだよ。後から康光も来て、明日になれば郷ちゃんも来るんだけど」

若手棋士が遊びに行った家

夫人は、中井広恵女流五段(当時)のこと。

編集部N氏は中野隆義さん。

——–

村山聖八段(当時)は泉正樹六段(当時)とも仲が良かった。

二人で遊びに行くことも結構あったという。

その村山八段の決勝進出予想が、藤井猛五段(当時)と久保四段の振り飛車党の二人。

将棋世界最新号、大崎善生さんの「『聖の青春』と私」では、久保利明九段が6級の頃から関西将棋会館の棋士室で村山聖三段(当時)に将棋を教わり始め、それぞれが昇段・昇級しながらVSは1万局を超えていたと書かれている。

村山聖八段は数多くのVSを通して、久保四段を高く評価していたことがわかる。

——–

この期、決勝に進んだのは、行方尚史五段と丸山忠久六段(二人とも決勝の頃にはそれぞれ昇段している)で、行方五段が優勝している。

たしかに、どの名前を見ても強烈無比。非常に悩みそうなトーナメント表だ。

 

「谷川の心臓には毛が生えており、それは日本髪を結えるほど」

将棋世界1983年8月号、毎日新聞の加古明光さんの「史上最年少の谷川浩司新名人誕生!」より。

 自身が主催紙の一員としておかしいかもしれないが、6月16日付の各新聞にはびっくりした。箱根山中から東京に帰り、各紙を読んでみたら、いずれも「谷川新名人誕生」を破格のスペースで扱っている。ウチ(毎日新聞)が社会面トップの記事にするのは当然だが、他紙もそろって4、5段の大記事、中には、主催紙顔負け(?)で、一面と社会面に扱い、トップ記事のところもあった。驚いた、おったまげた。

 将棋界のニュースが、マスコミでこんなに派手に取り上げられたことは稀有ではないのか。かつて升田-木村の対決、大山-升田のライバル、加藤八段登場の「神武以来の天才」という言葉の流行など、社会面をにぎわしたことはある。今回の新名人誕生は、それを上回るにぎやかさであろう。

 フィーバーはさらに続き、17日の朝刊各紙一面下のコラムも、ほとんどが谷川を取り上げていた。この記事量を将棋界のPR代に換算したら、何億円、いや何十億円になるか。

 しかし、新名人誕生の余震が静まってくるにつれ、この騒動もむべなるかな、と思われてくる。新聞には、他社ものを小さく扱う「セコい」ところがあるが、史上最年少名人を生んだ第6局は、歴史的に、社会的に、セコい垣根をとっぱらうほどの意味を持っていた。現行制度が続く限り、21歳名人が生まれるには、ギリギリ16歳で四段になっていなければならない。昇降級リーグ(順位戦)で一度も遅滞が許されない上でのことだ。しかも谷川は、21歳と71日で名人位を手にした。空前にして、おそらく絶後であろう。

 タイトル戦初登場で最高位の「名人」をつかんだ谷川。人柄そのままに、周囲から温かい拍手を受けている。「コージ・コール」はまだ続いている。居並ぶ先輩を押しのけて一気に最高の座へかけ昇った谷川の大詰めの一局、第6局は―。

 谷川を見て感じたのは「この棋士、しゃかりきになって名人を取りに行くつもりなのだろうか」という気持ちだった。1、2、3局をストレートで勝ち、熊本で迎えた第4局では「一度やってみたかったので」という理由だけで無理な仕掛けに出た。第5局でも「夕食時には駒得していていいと思ってたんですがねえ」とあっさり言う。内面はともかく、表情に悔恨とか、疲労こんぱいというものが伺われない。

 観戦記の中で「谷川の心臓には毛が生えており、それは日本髪を結えるほど」と書いたが、負けてもひょうひょうとしている。ひょうひょうさに、図々しさ、生意気なところが伴っていないのがいい。無欲活淡なのだ。

(以下略)

——–

谷川浩司九段は中学3年で四段となり、初年度だけ足踏みしたものの、その後は順位戦で連続昇級をしてA級1年目で挑戦権を得て、21歳で名人位を獲得する。

中原誠十六世名人は18歳で四段となり、毎年順位戦で昇級をしてA級2年目で挑戦権を得て名人位を獲得したわけで、二人とも6年という超スピード。

——–

「心臓に毛が生えている」は、江戸時代には「肝に毛が生えている」と言われていたらしい。

「肝が座っている」や「肝だめし」という言葉があっても「心臓が座っている」や「心臓だめし」とは聞かないので、やはりこのような分野の言葉は昔は心臓よりも肝の方が本家だったのだろう。

——–

1980年代頃までは、

「きもい」=「肝い」=重要な、大事な

の意味で使われていたが、平成になってからは、

「きもい」=「キモい」=気持ち悪い

に主流が変わっている。

——–

ランブータンという南方の果物がある。

目玉に毛が生えているように見える果物で、味はライチに似ている。

初めて見た時は、キモいまではいかないが、水木しげるさんの描く妖怪にこのようなものがあったのではないか、と思ったほどだった。

スリランカでいただける”くだもの”:ランブータン(地球の歩き方)