羽生善治七冠(当時)出題の詰将棋

将棋世界1996年4月号付録「全棋士出題詰将棋+私の近況 PART1」より、羽生善治七冠(当時)出題の詰将棋と近況。

●ヒント●

玉を上部に逃さないように。

—————

●解答と近況●

 最近、私の住んでいるマンションの二つ隣に新しいビルが建設中です。

 かなり高いビルになりそうで、自分の所(3F)からは一番上が見えません。

 街の発展の為には良いでしょうが、日当たりが悪くなるのが残念です。

(解答)

▲3一角△1二玉▲1三歩△同桂▲2一銀△同玉▲4二角成△5一金▲3二馬△同玉▲4三銀△2一玉▲3一馬△1二玉▲2四桂△同歩▲2三金△同玉▲3二銀不成△1二玉▲2一馬(解答図)まで21手詰。

—————

羽生竜王が作った長手数の詰将棋は非常に珍しい。

私が解くには難しいが、実戦形で、解答を見ると手数が長い割には理解しやすい収束。実戦ですぐに役立ちそうな手筋が多く出てくる。

—————

羽生善治七冠(当時)が「私の住んでいるマンション」と書いているのは、結婚前の住まい。

この後に羽生七冠は結婚をして、引っ越しをしているので、ある意味では、ちょうど良いタイミングだったとも言える。

—————

逆に考えると、この二つ隣の高層ビルは、周りに高いビルがなかっただろうから、ビルからの見晴らしはとても良かったと考えられる。

—————

私は高層ビルマニアではないが、そのビルからの見晴らしとして最も良いと思えたのは、東京では明石町の聖路加タワー。(今もそうかどうかはわからないが)日本テレビとフジテレビのお天気カメラが設置されていることからも見晴らしが良いことが実証されている。

これは目の前の築地や銀座に高層ビルがないことが大きく、なおかつ一方向を見るだけで富士山をバックに東京の繁華街・ビジネス街を一望できる場所にあるという地の利もある。

—————

ところで、最も標高の高い所で行われた将棋のタイトル戦はどこになるのだろう。

日本一標高の高い県庁所在地は長野市で371.3m。

日本一の高層ビルである「あべのハルカス」の屋上が300mなので、すでに長野市の平地のほうが標高が高い。

高野山はもっと高そうだが、どちらにしても、調べるのは大変そうだ。

 

 

コメントを残す