年齢よりも10歳上に見られていた木村一基四段(当時)

将棋世界2001年10月号、野月浩貴五段(当時)の「第14期竜王戦」より。

 確かあれは木村が四段に上がった直後だから、僕と木村は23歳だったと思うが、ある飲み屋で囲碁の小松英樹九段と一緒になったことがあった。その時に小松さんが話し掛けてくれたのだが、木村相手に丁寧な敬語を使っていたのでおかしいなと思い、「こいつ、いくつに見えますか?」と聞いたら、小松さんいわく「俺より年上でしょ?」。

 小松さんは我々よりも7歳上なので、33とか34歳に見えていたようだ。

 当時の木村は顔が老けているだけだったが、最近は顔に年齢が追いついてきたせいか、体中から棋士としての貫禄が感じられるようになってきた。やはりこれだけ将棋を勝っているからなのか、自信に満ち溢れている。

(以下略)

—————-

囲碁の小松英樹九段の複数の写真を見ると、「高校ラグビー界で全く無名の弱小チームが、ある一人の教師が赴任してから、わずか数年にして全国優勝を果たすまでの軌跡」を描いたような熱血青春テレビドラマの主人公の教師役が似合いそうな、とても若々しい顔立ちをしている。

小松英樹九段(日本棋院)

この時の小松英樹九段は30歳だが、きっと25歳くらいに見えていた時期かもしれない。

そのようなこともあり、なおのこと木村一基四段(当時)が年上に見えたのかもしれない。

—————-

昔の木村一基八段の写真を見ても、特に年齢が10歳も上に見えるようには感じないのだが、そういえば、2006年に木村一基七段(当時)は次のように話している。(2005年度NHK杯戦準々決勝、森下卓九段-三浦弘行八段戦の対局前の控え室での会話。木村七段は解説者だった)

「僕と同年齢の、外見が若かった行方君や野月君も最近では年齢相応の顔しています。でも三浦君は子供の頃と顔がほとんど変わっていません。それにひきかえ僕なんか特に…」

控え室の隅で精神を集中させていた三浦弘行八段(当時)の困ったような照れ臭そうな、とても微妙な表情が忘れられない。

三浦弘行八段の真骨頂

 

 

2017年2月将棋関連新刊書籍

2017年2月の将棋関連新刊書籍。

〔3月以降の新刊〕

 

 

関根茂九段「生まれ変わっても一緒になろう」(関根九段のご令嬢・千恵さんからコメントをいただきました)

関根茂九段が2月22日に87歳で亡くなられたが、このブログの「関根茂九段逝去」の記事に、関根九段の長女の関根千恵さんからコメントをいただいた。

関根茂の長女、千恵です。心暖まる記事の引用をありがとうございます。両親は、父が息を引き取る直前まで本当に仲が良く、生まれ変わっても一緒になろうと、ここ最近では良く来世の結婚の約束をしておりました。いままで、父がお世話になり、本当にありがとうございました。

—————-

関根茂九段と関根紀代子女流六段の来世の結婚の約束。

本当に素敵な、感動的な二人の約束。

故・原田泰夫九段は「将棋の国」という言葉をよく使われていたが、将棋の国へ旅立った関根茂九段にも大きな楽しみが一つ増え、残された方々にも希望が残る展開だと思う。

—————-

関根茂九段の若い頃の写真を探しているうちに、千恵さんと一緒に写っている写真が偶然見つかった。

将棋世界1973年5月号、関根茂八段(当時)がA級にカムバックを決めた時の写真。

東京より千葉に近い葛飾に住まうのは健康によい、そして釣りが唯一の趣味の関根八段。毎日近所の神社に長女千恵ちゃんと連れ立っての散歩が日課という。

が、この写真のキャプション。

柔和で優しい顔の関根茂八段、千恵さんをとても可愛がっていた様子がうかがえる。

—————-

関根千恵さんは、現在、株式会社オーガニックビューティーの代表を務められている。

オーガニックビューティーは、自然化粧品の企画・開発、販売、卸し等を行っている会社。

千恵さんは東京理科大学理学部数学科を卒業後、電機メーカーでSEとして働いていたが、その時期にストレスが原因で肌のトラブルに見舞われ、化粧品で治そうと100種類以上を試してみたものの(千恵さんはもともと化粧品マニアだった)、一向に治らず。

途方に暮れていた時、たまたま手に取ったのが当時はまだマイナーだったオーガニックコスメで、使ってみると、見事に改善したどころか、以前よりも肌の調子が良くなったという。

千恵さんはオーガニックコスメに魅了され、ついにはその化粧品を扱っていた会社に転職をしてしまう。

その後、引き抜きなどもあってオーガニックコスメ数社や他社の社長を経て、2014年から現在の会社を立ち上げている。

オーガニックビューティーのローズドビオ

オーガニック化粧品スペシャリスト 関根千恵(スキンケア大学 )

千恵さんは、販売、薬事業務、インストラクター、マーケティング、企画、広報、マネージメントと、この業界の一通りの仕事を経験している超エキスパートだ。

—————-

ちなみに関根千恵さんが卒業した東京理科大学理学部数学科は、私がいた学科の隣の学科。(私は理学部応用数学科という学科)

昔、何かの本で関根茂九段のお嬢さんが東京理科大に通っていると書いてあったのを読んだ記憶があり、(へー、そうなのか、後輩なんだ)と頭の片隅に残っていたのだが、このような形でブログにコメントをいただいて、私の周辺では嬉しい驚きに包まれている。

 

 

将棋関連書籍amazonベストセラーTOP30(2017年2月25日)

amazonでの将棋関連書籍ベストセラーTOP30。

 

 

羽生善治五冠(当時)「物が欲しいというより、竜王が欲しいですね」

将棋世界2001年9月号、「第14期竜王戦決勝トーナメント開幕」より、「賞金3,200万円の使い道」の質問の回答を抜粋。

  • 藤井猛竜王 ローンの返済ですかねえ。

  • 谷川浩司九段(1組優勝)う~ん、ちょっと浮かばないですねえ。

  • 中村修八段(1組2位)とりあえずヤマハのグランドピアノを買いたいかな。

  • 羽生善治五冠(1組3位)物が欲しいというより、竜王が欲しいですね。

  • 郷田真隆八段(1組3位)海外のスポーツ観戦(ゴルフやF1など)を満喫したいですね。

  • 井上慶太八段(2組優勝)世界一周旅行にでも行きたいですね。

  • 畠山鎮六段(2組2位)税金で取られてしまうので、期待はしていません。

  • 富岡英作七段(3組優勝)余計なことは考えず、対局に臨みたいと思ってます。

  • 脇謙二八段(3組2位)車を買いかえて、家族で海外へ。

  • 木村一基五段(4組優勝)一人で使い切る。

  • 北島忠雄五段(5組優勝)引退後、家内と世界旅行に行きたいですね。

  • 伊奈祐介四段(6組優勝)高級マンションに住んでみたいですね。

—————-

この期、羽生善治五冠(当時)が挑戦者となり、藤井猛竜王(当時)から竜王位を奪取している。

「物が欲しいというより、竜王が欲しいですね」が猛烈な迫力を持った言葉だ。

—————-

藤井猛竜王と中村修八段と伊奈祐介四段が現実路線、

畠山鎮六段が超現実路線、

谷川浩司九段と富岡英作七段がストイック路線、

郷田真隆八段が独身優雅海外路線、

井上慶太八段、脇謙二八段、北島忠雄五段がファミリー海外路線、

木村一基五段が独身意固地路線。この気合いで木村一基五段は挑戦者決定戦へ進出している。

—————-

3,200万円あったら何をしたいだろう。

3億2千万円あったらとか320万円あったら、と桁が1つ違えば考えやすいが、3,200万円は意外と微妙な金額帯かもしれない。

—————-

竜王戦挑戦者になりながら、その機会を不当に奪われた三浦弘行九段のことを考えてしまう。

名誉回復・他棋戦も含めた三浦九段への補償を一日も早く、三浦九段の納得のいく形で実行してほしいものだ。

 

 

将棋ペンクラブ末席幹事による将棋ペンクラブ非公認ブログ。近代将棋に連載していた「将棋ペンクラブログ」のネット版です。