「勉強量が十分かどうかは駒を動かす指先の人指し指の爪を見ればすぐ分かった」

将棋世界2003年1月号、真部一男八段(当時)の「将棋論考」より。

 自分のことで云えば、30歳代の後半から中盤のポカ、見落としで中押し負けが俄然増えてきた。原因は将棋盤に接する時間の減少に相関しているのではないかと思われた。

 棋譜並べ等に費やす時間が十分であった頃は、中盤見落としがあっても致命傷には至らずに済むケースが多くあった。頭の中に盤が常備されていて無自覚的にとんでもない手は排除されていたようである。その頃はパソコンなどないから棋譜調べは棋譜のコピーを見ながら盤と駒を使用する。

 勉強量が十分かどうかは駒を動かす指先の人指し指の爪を見ればすぐ分かった。その爪だけつるつるに光っているのだ。駒を持つと必ず駒は人指し指の上を滑り自然に爪を磨いてしまうのである。そして駒を動かす指先の感触が私には良い脳への刺激になっているように思われた。棋譜がスーッと脳内に組み込まれる感じがあった。

 ところが随分前からパソコンを利用して棋譜を見るようになってからは、内容が走馬灯のように通り過ぎてしまい残ってくれないのだ。パソコンに罪を被せるつもりは毛頭なく、横着な方法に頼り不断の努力を怠っている自分にバチが当たっているに過ぎない。多少のミスはあってもそれが命取りにならない勉強法は、緻密な序盤研究とは質が違うものではないか。要領の良い方法など思いつかない。コツコツと続けるよりないのだろう。

 そういった努力を省エネし始めた頃から私はポカを頻出するようになった。

 それにしても不思議なのは羽生竜王の勝負強さである。彼とてうっかりはやらかしているのだが、それが致命傷とはなっていない。決定的なミスの直前に危険を嗅ぎ分けている。あれほど多忙でありながら、いったいどういう勉強をしているのであろう。その秘密に至らねば打倒羽生は見えてこない。

(以下略)

——————

ワープロが一般的になっていた時代だから1980年代後半だったと思う。

作家の阿刀田高さんが、「ワープロを使うと自由な発想が出づらくなる。だから小説は原稿用紙に書き続ける」というようなことを書いていたと記憶している。

2005年の話なので今は違うかもしれないが、先崎学九段は、普通の文書はパソコンで作っているものの、原稿は手書きにしていると話していた。

手の感覚とコンピュータの感覚、この二つの問題は永遠のテーマなのかもしれない。

——————

それにしても、棋士の駒を持つ手の人指し指の爪。

なるほど、そういう見方もあるのかと感心してしまった。

 

 

大内延介九段逝去

大内延介九段が、6月23日、亡くなられた。享年75歳。

7月17日(月・祝)に、大内延介九段一門の主催で「お別れの会」が行われる。

大内延介九段 訃報ならびに「お別れの会」のお知らせ(日本将棋連盟)

訃報 大内延介さん75歳=将棋棋士九段、怒濤流の棋風(毎日新聞)

——————

将棋世界1980年11月号、「メモ帖」より。

イレブンで将棋教室

 3年前に「巨泉流飛落定跡(日刊ゲンダイ刊)」を著したことがある大橋巨泉四段が、いよいよ11PM(イレブン・ピーエム)で将棋実戦教室をひらく。

 友人の大内延介八段と飛車落を対戦し、毎回”次の一手”を当てるハガキを募集するという。10月下旬の金曜日から放映の予定。

 録画撮りをする日本テレビのスタジオ内は、10数人のスタッフがいるのに静々寂々。巨泉氏がいつもと違いキモノ姿であらわれたので、スタッフ一同、厳粛なる儀式みたいに思ったのかもしれない。

 記録係は中瀬奈津子初段(現在の藤森奈津子女流四段)

巨「奈津子さんのお住いはどこなの」

奈「埼玉県の志木市なんです」

巨「へーえ、四季・奈津子というのは実在の人物だったのか」

——————

11PMは深夜に近い時間帯とはいえ、当時は非常にメジャーだった番組。

この時代に、将棋、それも駒落ちを民放の番組に持ち込んだということはとにかく凄いことだった。

『四季・奈津子』は五木寛之さんのベストセラー小説で映画にもなっていた。

——————

大内延介九段と初めてお会いしたのは1995年のことだった。

当時の大内九段は渉外担当の専務理事。

仕事でのお付き合いだったが、いかにも江戸っ子の気風のいい方だった。

少し早い昼食で、築地市場の場内にある寿司店「大和」(大内九段の師匠の土居市太郎名誉名人が築地市場将棋部の師範で、築地市場将棋部の取りまとめ役が「大和」の主人だった)へ行こうということになったのだが、その日は市場の休日で、場外にあるラーメン店『井上』で皆で立ってラーメンを食べたことを思い出す。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

——————

大内延介九段

 

 

 

増田康宏四段の絶妙手

今日は、竜王戦決勝トーナメント1回戦、増田康宏四段-藤井聡太四段戦が行われる。→中継

藤井聡太四段にとっては歴代連勝新記録となる29連勝が懸かった戦いとなる。

それにしても、この29連勝の新記録が誕生するかしないかとなる一戦が、竜王戦決勝トーナメントの大舞台であり、かつ対戦相手が二番目に若い棋士でありライバルである増田康宏四段という劇的な展開。

増田康宏四段は、羽生善治三冠、森内俊之九段、山崎隆之八段、糸谷哲郎八段に続く、史上5人目の10代の新人王だ。

まるで、映画やテレビドラマや小説のストーリーに出てくるような舞台設定と言っていいだろう。

——————

今年の4月に放送されたNHK戦、畠山成幸八段-増田康宏四段戦で私は観戦記を担当させていただいたが、その時に非常に印象に残った増田康宏四段の絶妙手をあらためて紹介したい。

1図は畠山成幸八段が3四の地点で銀を交換して▲3四同角と進出した局面。

次に▲2三角成からの2筋突破が見えているが、▲2三角成の瞬間に△2七歩と打たれ、▲同飛は△4九角の詰めろ飛車取り、△4九角に▲2八飛と詰めろを消しても△5八角成▲同飛△2三金があるのが先手にとって辛いところ。

1図で先手の手番なら、▲7六歩△同飛▲7七歩と受けてから▲2三角成と行きたい。

後手も、普通の手を指していたら▲7六歩以下7筋を守られて▲2三角成が受からなくなる。

ここで増田康宏四段が指した手が△3六歩(2図)。

解説の豊島将之八段が、

「強気ですね。イヤな手ですね。感触の良い手ですね」

と瞬時に反応した一手。

畠山成幸八段が局後に、「どうしようもなくなっているからビックリした」と語った一手。

「▲同歩なら△5五角▲4六歩△8八角成▲同金△7九銀。▲7六歩なら△3七歩成▲同桂△3五飛です」(増田康宏四段)

さりげなく見える一手が必殺手であることが驚きだ。

この後、▲2三角成△2七歩▲3二馬△2八歩成と進む。

——————

増田康宏四段のエピソードはNHK将棋講座2017年6月号掲載の観戦記に書いているが、この時に面白かったのは、お母様のこと。

増田康宏四段が将棋を始めたのは、5歳の時、お母さんが買ってきたボードゲームの中に将棋があったことがきっかけ。

お母様はアマ三段の実力で将棋大会などにも出場しており、振り飛車党。

増田康宏四段に、お母様に教えることはあるのか聞いたところ、「私が家で母に将棋を教えたりすることはありません」ということだった。

意外に思えたが、よくよく考えてみると、郷田真隆九段も将棋を教えてくれたアマ三段のお父様とは、プロになってからは将棋を指したことはなく、親に将棋を教えないのは棋士の本能なのかもしれないと考えた次第。

——————

対局前の控え室、対局後の控え室、後日取材を通して、私が増田康宏四段に対して抱いた印象は、「爽やか」ということだった。

自然体で、非常に感じが良く、質問に対してとても丁寧に答えてくれる、バランス感覚のある好青年という印象。

——————

一部のマスコミで、増田康宏四段-藤井聡太四段戦の対決感を煽るような報道があり、それを訂正すべくと考えられるが、増田康宏四段が対局前のコメントを発表している。

増田四段「完璧な将棋を指さなければ」(日本将棋連盟)

藤井四段の新記録29連勝が懸かる一局を戦う増田四段が異例のコメント(スポーツ報知)

このような行動にも、増田康宏四段のバランス感覚が表れていると思う。

——————

今日の対局は、どのような結果になっても様々な意味での名局が生まれるような感じがする。

今日の展望としては、マイナビ将棋情報局の記事が秀逸。

神童VS神童! 藤井聡太四段VS増田康宏四段戦の展望(マイナビ将棋情報局)

 

 

森下卓八段(当時)の水垢離

将棋世界2002年3月号、河口俊彦七段(当時)の「新・対局日誌」より。

 控え室に戻り、昨日の羽生対森下戦を並べてみると、森下八段が絶妙の指し回しで勝っていた。森下将棋はたとえて言えば楷書で、隅々まできちんとしている。それがこの将棋は草書体である。新境地を開いたか、と感心していると、誰だったかが「森下さんは、毎朝水垢離を取っていて、それが原因で風邪を引き、対局中は苦しそうでした」なんて教えてくれた。そうか、体を清め、将棋の神様に、いい将棋を指せますように、と祈って勉強しているのか。また感心したら、違う誰かが「いや単なる朝シャンでしょ」と言った。真相はともあれ、噂話は尾ひれがつくからおもしろい。

(中略)

 さて後日談―。

 1月18日にB級1、2組の順位戦があった。本欄の締め切り日であるから、取材の予定はなく、私は家で8日の記事を書いていた。ところがはかどらない。あの先崎対三浦戦がやたらややこしくて、変化がわからなくなる。いちいち手を読んでいては時間ばかり食う。

 意を決して、将棋会館に出かけることにした。誰かに教えてもらった方が早い。それにC級1組の結果も気がかりだ。

 そんなわけで将棋会館に来て、まず順位戦の星を見ると、残っていた二局の、屋敷対堀口(一)戦は屋敷。石川対小倉戦は石川がそれぞれ勝っていた。

(中略)

 そして控え室に森下八段が来ていたので例の水垢離の真相も確かめた。

「いや、そんな大それたものじゃありません。冬に風邪を引かぬようにと、7月ごろから冷水浴を始めたんです。ところが、12月に入ってすぐ風邪を引いてしまい、これが治らなくて、参りましたよ」

 それがこの日はすこぶる元気そうである。「天敵(羽生)に勝ったら、とたんに治ったんだ」と私は言ったが、森下君は笑うだけである。

 するとこのとき後ろでそっと囁いた者がいる。

「老師、昨日の結果をご存知ですか。森下さんは自力で名人挑戦者になれるんですよ。だから風邪も治り、こうして勉強に見えてるんですよ」

 昨日17日のA級順位戦で谷川九段が森内八段を破った。森下八段は、森内、佐藤(康)との対戦を残しているから、たしかに自力である。

 ここでまた、毎月のように同じ事を書かざるを得ない。将棋会館に顔をだすのは、勝った者、景気のよい者だけだと。

 そういえば、森下八段の横で継ぎ盤を作っていたのは、痛快に勝った日浦七段だった。

——————

水垢離は、 神仏に祈願する前に,水を浴びて身を清め,けがれをとり除いて心身を清浄にすること。

昔ながらのやり方は、桶で水をかぶるということになるのだろう。

冷水浴は、一言で言えば水風呂や冷水シャワー。

——————

真冬のことを考えた場合、苦行度で考えると、

水風呂>冷水シャワー>桶で水をかぶる

なのではないかと思う。

やはり、「桶で水をかぶる」よりも「シャワーで水を浴び続ける」ほうが辛そうだし、「水に浸かり続ける」はもっと厳しそうだ。

森下卓八段(当時)は「いや、そんな大それたものじゃありません」と語っているが、 神仏への祈願を除けば、どう考えても、冷水浴は水垢離を上回る苦行なのではないかと私には思えるのである。

 

 

2017年6月将棋関連新刊書籍

2017年6月の将棋関連新刊書籍。

〔7月以降の新刊〕

 

 

将棋ペンクラブ末席幹事による将棋ペンクラブ非公認ブログ。近代将棋に連載していた「将棋ペンクラブログ」のネット版です。