谷川浩司名人(当時)「なるほど、そういう考え方もあるのか、傷つきました(笑)」

近代将棋1984年6月号、「名棋士インタビュー 谷川浩司名人の巻 普通にしているのが一番ですね」より。インタビュアーは谷川俊昭さん。

―ところでだいぶ昔の話になるけど(笑)例の”名人位を一年間預からせてもらいます”という名セリフね。あれは、本当のところはどうだったの。

「ああ、あれね。兄貴にはかなわないなあ(笑)。あれに似たことを、米長先生が王将になられた時に、手記として書かれたんです。それを読んで、ああ、これはいい言葉だなと思って流用したんですね。まあ、米長先生が使ったのは、たぶん少し意味が違うけどね(笑)」

(中略)

―一年間、預かってきた訳だけど、今の気持ちは。

「最初はしばらく落ち着かなかったけれど、今は、自分の物であるのが当然だという感じ。名人という肩書きが自然になっちゃったでしょ。免状書きにしても、取材にしても、将棋の仕事で紹介されるにしてもね。だから、それが急になくなっちゃうと寂しいでしょうね。だからといって、私の場合、宣言しても勝てる訳じゃないから、去年のように挑戦者という気持ちでいくつもり。その方がいい結果が出ますからね。私は内藤先生のようなタイプじゃないから。まあ、夜が来たら寝て、朝が来たら起きて、腹が減ったら飯を食う。それと同じように将棋も指したいですね」

 何事も普通に…というのが谷川流なのだ。

(中略)

―兄弟そろってそうなんだけど、将棋と私生活の勢いは全然違うね(笑)。

「そう、やっぱり自分の立場というか、ある程度回りのことは気になるね」

―例えば、サングラスでもかけて変装して、街を歩きたいと思ったことはない?

「ウーン、そこにサングラスがあればやってみるけど、サングラスを買ってまでやろうとは思いませんね。まあ、いろいろ書かれて、ときには嫌なこともあるけど、殆どが好意的だし、神話もいろいろ作ってくれて、いいんじゃないですか」

―まあ、いろんな経験ができるという点では得してるね。ところで、印象に残った取材っていうと。

「長島さんとの対談とか、あと、紅白ってのもありましたね。それから変わり種としては、ミス大阪の審査員をやりまして、少しホッとしましたね。私がいいなと思った女性が予想通りミス大阪に選ばれたという意味で」

―フーン、でも他の審査員はかなり年配の人でしょう。そういう人と見方が同じってのは、かえって少しズレてんじゃないの。

「なるほど、そういう考え方もあるのか、傷つきました(笑)」

(中略)

 ふと、テレビのスイッチをひねると、高校野球のゲストとして、谷川名人が出ていた。その中で印象に残ったせりふを少し、

「勝負で一番いけないことは、結論を急ぐことですね。形勢が良い時は早く決めようと焦るし、悪い時はすぐ諦めてしまう。本当に強い人はどんな時でも、いくら長くなっても平気ですね」

 その時は、なるほどいい事を言うなと思って聞いていたが、よく考えると、谷川浩司はこのせりふを全く実行していないようだ。本人に聞いてみると”ああ言っておけば、知らない人は感心して聞いてくれるでしょ”と笑っていたが、確かに、急いだ結論でも、それが正しいものならそれで良いのかもしれない。そして、それが谷川流でもあるのだ。

(以下略)

* * * * *

「名棋士インタビュー」は谷川俊昭さんがインタビュアーの連載企画で、この回はたまたまお兄さんが弟をインタビューする形となった。

* * * * *

「名人位を一年間預からせてもらいます」は有名な言葉だが、意外な背景があったことがわかる。

* * * * *

「でも他の審査員はかなり年配の人でしょう。そういう人と見方が同じってのは、かえって少しズレてんじゃないの」

これは、本当にそのような理論が成り立つかどうかは別としても、新鮮でユニークな視点だ。

楽観的な人ならば、同世代での競争率が低くなってラッキーと思うだろうし、悲観的な人ならば、感覚的にズレているのではないだろうかと心配してしまうだろう。

* * * * *

1985年前後の「麻布十番祭り」最終日の夜、「ミス麻布十番祭りコンテスト」が行われた。

審査員には、その当時麻布十番に住んでいた志村けんさん、芸能評論家の故・加東康一さんが加わっていた。

この時ミス麻布十番祭りに選ばれたのは、プロポーションが良く凛々しい感じの女性だった。

しかし、個人的には志村けん特別賞(志村けんさんが独断で決める)に選ばれた女性の方が、ふんわりとした柔らかい雰囲気で、自分が審査員ならこの女性に一票を入れていたろうなと思ったものだった。

志村けんさんは私よりもずっと年上だが、この時の審査員の中では最も若かった。

谷川兄理論に照らし合わせてみると、私はズレてはいなかったことになるのだろう。

将棋とドラゴンクエストの呪文

将棋マガジン1987年8月号、「公式棋戦の動き NHK杯戦」より。

 近頃、連盟内でファミコン用語が流行している。よく使われているのが、ドラゴンクエストシリーズの呪文だ。

 例えば、王様が今にも死にそうだ、という時はベホマ(体のキズがいえ、体力が最高値まで回復する)を使い、穴熊に入っていて、危険を感じたらリレミト(穴や城内から抜け出す)と叫ぶのだ。まだまだたくさんあるが、あと一つだけ紹介しておく。ただ、この呪文はある一人にしか効かないかもしれない、というものだ。

 羽生-永作戦から、3図は永作が△6九同ととした局面。

 ここから▲2五歩△3三銀▲2四桂と攻められ、あえなく永作がダウン。ハブと戦うには、この呪文がなくてはならない。それはキアリー(毒消し)だ。そうすれば、ハブの毒にやられず、安心して戦えるからだ。

* * * * *

ドラゴンクエストⅡが発売された少し後の頃の話。

羽生善治四段(当時)の将棋面での毒は、キアリーや薬草ではとても消えそうには思えないのだが。

* * * * *

将棋を指している最中に、メダパニ(相手を混乱に陥れる呪文。かかってしまうと、味方を攻撃してしまったりする)やラリホー(相手を眠らせる)をかけたくなる時があるが、このような場合は圧倒的に不利な状況であることがほとんど。

* * * * *

ドラゴンクエストというと、思い出す記事が2つある。

ストイックだった深浦康市少年

棋士をドラクエキャラクターに例えると・・・

将棋関連書籍amazonベストセラーTOP30(2019年3月23日)

amazonでの将棋関連書籍ベストセラーTOP30。

村山聖九段が初段になる前の頃

近代将棋1985年10月号、「関西奨励会」より。

 さて今月は有段者にまた一人仲間が増えた。村山が待望の入品を果たしたのである。この男面白い男で、昇段する前まだ16歳だというのに「年齢制限の20歳までにあと3年しかない、どうしよう」と本気でアセッテいた。この年齢で普通そんな事は考えない。えらく心配症だ。

 かといって気が弱いわけではなく、人の将棋批判などは自信たっぷり。「今度入ってきた○○の将棋どうや」と聞くと、黙って顔の前で2~3回手を振る。通訳すると、たいしたことない、となる。「肉丸君」の愛称で皆に好かれる村山初段。これからの成長が見ものだ。

* * * * *

「年齢制限の20歳までにあと3年しかない、どうしよう」

満21歳の誕生日までに初段になれなかった場合は退会となるので、その年齢制限のようにも考えられるが、『聖の青春』には、平成元年の6月、森信雄五段(当時)が麻雀を打っている雀荘に村山聖五段(当時)が訪ねてきて、しばらくしてから「僕、今日20歳になったんです」「20歳になれて嬉しいんです。20歳になれるなんて思っていませんでしたから」と師匠に話す情景が描かれている。

「年齢制限の20歳」が、自分が生きていられるであろう期間のことを意味していたように思えてならない。

 

「山田さんは美人の女将のところばかり捜して十段戦をやっているんでしょう」

近代将棋1985年1月号、読売新聞の山田史生さんの第23期十段戦〔中原誠十段-米長邦雄三冠〕「中原、連勝(第2、3局」より。

 第3局は11月14、15日に山形県天童温泉の「滝の湯ホテル」で。

 米長は11日に高松での日本シリーズ決勝で谷川名人を破り優勝、気分を良くしての山形入り。中原も10日に早指し戦で淡路八段をきちんと破っての登場。さすがに三冠王と二冠王である。

 前日は地元天童市のきもいりで、市の首脳や観光協会、商工会、駒師ら約20人を加えた歓迎会が開かれた。日本一の駒の産地だけに、将棋には市民のだれもが関心が深く、歓迎も形式的ではなく、心がこもっていることがよくわかる。

(中略)

 なおこの「滝の湯ホテル」はタイトル戦が行われるのは今回が初めて。対局室にはテレビカメラがとりつけられ、指し手がホテルの各室でわかるようになっているのでとても便利だ。またここのおかみ(専務)山口隆子さんは、初代の”ミス花笠”。スマートな美人で県内では著名。米長は私に「山田さんは美人のおかみのところばかり捜して十段戦をやっているんでしょう」と冗談をいうが、これは偶然。

(以下略)

* * * * *

竜王戦でおなじみの「ほほえみの宿 滝の湯」で初めてタイトル戦が行われた時の話。

滝の湯で対局が行われる部屋は、テレビでの対局の中継を行いやすいような様々な工夫(放送機材の配線が隠れるような仕組み、畳の配置など)が施されている。

滝の湯および女将の山口隆子さんについては、以下の記事に詳しい。

竜王戦第1局対局場「滝の湯」

また、山口隆子さんは2017年に黄綬褒章を受章している。

* * * * *

ミス花笠は2018年度で第56回。山形花笠まつりが始まった1963年が第1回ということになる。

米長邦雄永世棋聖のことだから、「山田さんは美人のおかみのところばかり捜して十段戦をやっているんでしょう」は、女将の山口隆子さんがいる前で言った可能性が高いと思うし、その方が米長永世棋聖らしい。

* * * * *

昨年の秋に、「滝の湯」へ行ってきた。

これは、大浴場前の大きな将棋盤と駒。

ついつい、卓球台も撮りたくなる。

ラウンジで飲んだラ・フランスジュース。当然おいしい。

ホテルを出る時にもらった駒形のおこし。

この日は天童市で将棋大会が行われており、このような看板も用意されていた。

何もそこまで思い込まなくても良いのに…凄い熱心な会があるものだと感心したのだが、要は大会関係者の打ち上げ会場ということだった。

将棋ペンクラブ末席幹事による将棋ペンクラブ非公認ブログ。近代将棋に連載していた「将棋ペンクラブログ」のネット版です。