「谷川先生が怒っているんですよ」

将棋マガジン1985年2月号、川口篤さん(河口俊彦六段・当時)の「対局日誌」より。

 そうこうしているうちに昼休みとなり、外に出るついでに3階の編集室に寄ると、ちょうど谷川が憮然たる表情で出て行ったところだった。『将棋世界』誌のS君が「谷川先生が怒っているんですよ」という。

 理由を訊くと、2月号に載る若手棋士の座談会での田中(寅)の発言が気にさわったらしい。

 原稿を見せてもらうと、なるほどと思わせられる。

 予告編として1箇所だけ紹介すると―。

田中「あの人(中原)のことを思うと、今まで目標にして来ただけにすごく不満ですよ。こんな人ではないと思うから。それが谷川とか米長とか、あんな弱い将棋が勝っているのですからね」

(塚田に向かって)「絶対谷川を優勝さすなよ。僕は負けたんで申し訳ないが、2年連続優勝を許すと、もしかしたら強いんじゃないかと世間が錯覚する」

 といった調子である。おもしろい個所はまだまだたくさんあるが、引用も一部だと田中(寅)の真意が曲げて取られる恐れがある。いたずらに谷川を弱いといっているわけではないので、来年初めに発売される『将棋世界』2月号をお見逃しなきよう。

(中略)

 田中の発言はアッという間にひろまり、みんなたまげた。米長に原稿のコピーを見せたら、「これはおもしろい、ぜったい削るな、といってよ」とゲラゲラ笑った。大山は、そんなことは好ましくない、という顔。

 特別対局室へ行くと、谷川は席を外していた。中原が「見てください。50手まで角道を開けないなんて珍しいでしょう」という。9図がその局面である。

「ははあ、弱い名人なら角を使わなくてもよいというわけか」と呟いてたら「冗談じゃあない。そんな刺激するようなことは云わないでくださいよ。

* * * * *

将棋世界1985年2月号の記事というのは次の座談会。

痛烈緊急座談会(昔の棋士たちはよく我々と若手は鍛えが違うといいますが、それはどうでしょうか)

痛烈緊急座談会(河口六段などがよく今の若手は型にはまりすぎるとか面白みがないとかいいますが、それはどうですか)

それに対する関西若手棋士軍団の座談会も将棋世界1985年3月号で行われている。もちろん猛反発。

関西若手棋士の痛烈緊急座談会に対する大反撃

* * * * *

編集部から過激にやってほしいと依頼があり、過激な座談会になったようだが、面白い時代だったことがわかる。

田中寅彦九段は、その頃のことを振り返って、twitterで次のように書いている。

 

 

棋士たちの山登り

将棋マガジン1987年3月号、コラム「棋士達の話」より。

  • 山好きな棋士もいる。米長九段の六段時代の話、八ヶ岳の頂上で「こんなに上天気なのに服を着ているのは勿体無い。体全体を焼こうといって何とパンツまで脱いでしまった。フォーカスに取材された下地は当時からあったわけである。

  • 悪天候をついて登った青野八段と佐藤義則七段。夕方頃動けなくなった青野八段「佐藤さん僕を置いて先に行ってください」「何を言うんだ青野君、君がいなくて将棋界の将来はどうなる」とドラマチックな会話。無理に歩いたら5分で山小屋到着。

  • 冬山に登った青野八段。完全装備ながらオーバーシューズとアイゼンがうまくつけられず苦戦。夏なら30分ぐらいの距離を4時間かけて山小屋へ。「冬山って大変ですね」と言ったところ、小屋の親父さん、ジーッと見ていたが「その靴左右逆だよ」

将棋マガジン1987年4月号、コラム「棋士達の話」より。

  • 雪山に登り、道のわからなくなった田辺六段と関屋六段。途方にくれたが、そこは勝負師。「僕の記憶ではこの下に道があるはず」といった田辺六段、いきなりガケを飛び降りた。結果は勝負手が成功したが、失敗していたらどうなっていたのだろう。

  • 若手の小林宏四段、谷川岳一ノ倉沢に登った時吹雪で動けず、丸4日間山小屋にカン詰。ようやく嵐も収まった時動いて東京へ午前3時着。そのまま奨励会へ出席した。さすがに幹事の滝六段も心配して「今日は休みなさい」ウーム根性。

  • 奨励会はよくハイキングに行く。その際はしかるべき服装を、と伝達するが、ほとんど守られない。登山の重装備は可愛いが、中には背広にネクタイで皮靴とかサンダルもいる。林葉女流王将はスカートのまま。後から歩く者が困ったという。

* * * * *

軽い山登りで、背広で来る人、何もそこまでという本格登山用の重装備で来る人、サンダルの超軽装で来る人、スカートで来る人、これらが全て揃っているところが、いかにも昔の奨励会らしいところ。

* * * * *

と言いながらも、私もハイキング程度の山登りに何を着ていけばいいのかすぐに思いつかないし、そもそも山登りをしたくないし、途方に暮れてしまうことだろう。

* * * * *

高校生の頃、親戚の家で『山と渓谷』という雑誌があることを初めて知った。

このようなマニアックな世界の雑誌が世の中にあることにビックリしたのだが、『将棋世界』『近代将棋』『ゴング』『丸』に対してはそれほどマニアックとは思っていなかったわけだから、当時の私の感性も、かなり凄かったことになる。

 

 

将棋関連書籍amazonベストセラーTOP30(2018年4月21日)

amazonでの将棋関連書籍ベストセラーTOP30。

 

 

芹沢博文九段「あれはたいした将棋じゃあない。あんな将棋指していたんじゃ、ろくなものにならないね」

将棋マガジン1985年3月号、川口篤さん(河口俊彦六段・当時)の「対局日誌」より。

 59年も、もう終わりである。だれでも言うことだが、年を取るにしたがって月日のたつのが早く感じられる。

 さて、そのアッという間にすぎ去った59年を振り返ってみれば、大きな動きのなかった一年と言えるだろう。名人位は交代しなかったし、米長の三冠王も前から予想されていたことであった。

 そんななかで、わずかに目立ったのは、中村の棋聖位挑戦であった。もっとも、棋聖位を奪ってこそ事件であって、単に挑戦したに終われば、どおってことはないのだけれど。

 それはともかく、中村の特異な棋風は、将棋ファンの目に新鮮なものとうつっただろう。たとえば第1局の投了の場面など今までのプロ将棋になかったものであり、私は59年のエポックな出来事として書きとめておきたいのである。

 1図が棋聖戦第1局の投了図。

 9四にいた角が△7六角と出て米長投了となったのだが、この図を見るたびに私は不思議な気持ちになる。

 話を判りやすくするために一手前の局面を2図として掲げるが、この米長が7八の金で8七の歩をはらった形は、いわゆるもとが抜けた形で、指し切りと思いがちである。それがプロのカンで、何百年かの将棋の歴史がそれを教えている。

 と、大きく出たが、ようするに2図の局面は、指し切り形に決まっていたのだ。だから米長もその形になればよし、と読んでいたわけで、すなわち勝ったと思っていたのである。それが、△7六角という見たことがない筋で逆転。これは一つのドラマといえるだろう。△7六角という筋があるのなら、もともと中村の勝ちで、逆転という言い方はおかしいが、流れはやはり逆転なのである。

 中村のこういったところが、私の言う、土俵ぎわでクルリ身を入れ替わる持ち味で、それが現在の最高レベルの技に対して通用するかどうかが、米長-中村対決の見所なのである。第1局の結末は、それに解答を与えたことになる。

 後日、そういったことを芹沢に話したら、彼は「いやそれはちがう」と言う。

「強い強いというから、第3局の立ち会いのときよく見たが、あれはたいした将棋じゃあない。あんな将棋指していたんじゃ、ろくなものにならないね。だから、終わったあと中村君に言ったんだ。君が弱すぎるから米長が負けたんだと。もし君に中原の六段時分の強さがあったとすれば、君はフッ飛ばされていた、とね」

 口調がむやみやたらきついが、これは私が超一流だなどと口をきわめて褒めたのに対する反論だからで、実は中村の強さは認めているのである。その証拠に、「今度中村君と順位戦で当たっているが、そのときは私も本気で指すぞ、と宣言したんだ。1月23日にやるが、21、22日の仕事は全部キャンセルしたよ」と言った。

 数年前、七段時代の谷川と対戦したとき「どのくらい強いか試してやる」といったのと同じせりふである。芹沢は、中村を谷川と同格の素質と見ているのだ。さて、終わったあとなんて言うか、楽しみなことである。

* * * * *

昨日の記事でも出てきた中村修六段(当時)の△7六角(投了図)。

棋士が体で覚えている「これで相手を指し切らせることができた」という形、を奈落の底に落とした絶妙手。

中村修六段は後に「不思議流」と呼ばれるようになるが、この△7六角も不思議流のイメージにピッタリの一手だ。

* * * * *

今でも印象に強く残っている次の一手は、1988年の中村修王将(当時)による次の一手。

不思議流とはこういうことか、と実感できる素晴らしい次の一手。

本当に不思議な次の一手

* * * * *

芹沢博文九段は、羽生善治四段が登場した時もその将棋に対して厳しいことを言っている。

基本的には非常に筋の良い将棋を指す若手棋士に対する評価は高かったが、そうではない若手棋士には厳しかった。

* * * * *

この後に行われたB級2組順位戦、芹沢博文九段-中村修六段戦は中村六段が勝っている。

 

 

中村修六段(当時)「立ってるだーけー」

将棋マガジン1985年2月号、塚田泰明五段(当時)第45期棋聖戦五番勝負〔米長邦雄棋聖-中村修六段〕第1局観戦レポート「さっそう中村、緒戦を飾る!三冠王相手に堂々たる指しっぷり」より。

 中村さんが棋聖戦挑戦者に―。

 この事は谷川さんが名人を取った時より、高橋さんが王位を取った時よりもショックだった。

 決勝戦に出た時点でも、何となく中村勝ちのイメージは浮かんで来なかった。(もっとも神谷、島両五段は準決勝あたりから中村挑戦を読み切っていたようだが)

 案外僕は保守的な人間なのかもしれない。

 しかし、時は流れている。今まではこうだったからと言って、今からもこうだという事は必ずしも言い切れない。それを谷川さん、高橋さん、そして今度は中村さんが証明しようとしている。

 では、第1局の模様をレポートしてみたい。

(中略)

 タイトル戦を見に行くというのは、実のところ初めてで、どんなものなのかと非常に楽しみだった。

 前夜祭、これは関係者のみの軽い宴で、この席で中村さんはあまりしゃべらず、緊張気味なのかな、と思ったが食事の方はしっかりとったらしく、

「お腹ジャーナルといえよう」

 などと内輪でしか分からない事を言いながら御自慢のお腹をさすっていたのを見て、まあ大丈夫と思った。

 この日は午後9時頃まで2人で雑談をして僕は帰った。

 対局当日、中村さんは家紋の入った和服で登場した。

 和服なんて着た事あるはずがないと思ったので、自分で着たのか聞いてみると、

「立ってるだーけー」

 という返事。つまりほとんど福田家の方にやっていただいたらしい。

 さて、局面の方は予想通り相矢倉となった。

(中略)

 6図以後、ずっと辛抱を続けていた中村さんだが、▲4三歩に△8五銀と反撃に出た。中村将棋は受けと思われがちだが、それは表面上であって、シャープでタイミングの良い攻めには定評があり、要注意である。

(中略)

 △7七歩成から△8八銀が素朴な決め方。銀を渡しても後手の玉は詰まない。△7六角と出て米長先生の投了となった。

 ところで、投了前米長先生は4分考えている。

 局後の感想によると△7六角をうっかりしていたそうだ。中終盤に関しては抜群の強さを見せる人だけに、やはり対局過多がたたっているのでは、というのは気のせいだろうか。

 中村さんは勝った。内容的にもいいものだったと思う。

 昔から勝負強さはあったが、大きい将棋になればなるほど力の出るタイプなのかもしれない。

 僕個人としては、中村さんに勝って欲しい気もするし、勝って欲しくない気もするという複雑な気持ちでいる。まあ静かに見守っていたい。

 感想戦を終え、立ち上がった中村さんのハカマがくしゃくしゃになっていたのが、今何故か印象に残っている。

* * * * *

自分はまだタイトル挑戦経験のない時の仲の良い同期ライバルのタイトル戦初挑戦、「勝って欲しい気もするし、勝って欲しくない気もするという複雑な気持ち」が、よくぞ本音を言ってくれた、と称賛したいほどの言葉。

一般的には「勝ってほしくない」「勝ってほしい気もするし、勝ってほしくない気もする」「気にしていたらキリがないので気にしないようにしている」のいずれかになるのが正直なところなのではないだろうか。

もちろん、これが自分が一度でもタイトルを獲得した後であれば、同期ライバルのタイトル戦での勝利を心から喜べるようになるのだと思う。

* * * * *

「局後の感想によると△7六角をうっかりしていたそうだ」とあるが、この中村修六段(当時)の△7六角が気がつきにくい、不思議流の面目躍如と言って良い一手。

1図は先手が後手の8七の歩を取った局面。

ここで△7六角(2図)が指された。

次の一手に出てくるような、もの凄い絶妙手であることがわかる。

* * * * *

「お腹ジャーナルといえよう」の意味は、わからない。

 

 

将棋ペンクラブ末席幹事による将棋ペンクラブ非公認ブログ。近代将棋に連載していた「将棋ペンクラブログ」のネット版です。