大山康晴十五世名人「さようなら、升田さん」

升田幸三実力制第四代名人は、1991年4月5日に亡くなった(享年73歳)。

将棋世界1991年6月号、大山康晴十五世名人の「さようなら、升田さん」より。大山十五世名人による追悼文。

 升田さんとの出会いは、私が木見先生のところに弟子入りしたその日、昭和10年3月14日のことです。試験将棋ということで、角落ちで指してもらったのが、一番最初でした。結果は、当然下手のわたしの負け。

 これは余談ですが、あとから木見先生に「今日はどうだった?」と、その将棋の結果を訊かれ、「本に書いてあった通りに指したのに負けました」と答えると、「本に書いてある通りには、なかなかうまくいかないものだ。とにかく頑張りなさい」と言われたことが、強く印象に残っています。

 あれから56年……思えば長い長い付き合いでした。いろんなことは二人の間にはありましたが、懐かしい思い出がたくさんあります。

 入門して3ヵ月ほどたった頃、大阪で弁護士をされていた岸本晋亮さんという愛棋家のところへ、升田さんに連れていってもらいました。岸本さんは岡山県出身、私と同郷ということで、それなら一度―ということだったようです。

 大阪の街へ出たのは、この時が初めて。升田さんにいろいろな所を案内してもらいました。またこの折、岸本さんから3円頂きましたが、これが内弟子に入って最初の収入でもありました。むろんこのお金は、木見先生に差し出しました。

 当時の木見道場(といっても先生の自宅の2階)には、すでに大野さん(源一九段)、角田さん(三男八段)、そして升田さんの三人がいました。

 家の中の(木見家の)仕事や、事務的なことは角田さんが、外へ出ての稽古は大野さん、内での(道場での)稽古は升田さん、とそれぞれに分担していたようですが、升田さんの稽古は、アマチュア相手といえども手厳しかったようです。お世辞で負ける、などということは一切なかったようで、「升田さんは強いなあ」「一番も勝たしてくれないなあ」などと、感心したような、恨めしいような声を、よく聞いたものです。

 それだけ升田さんには常に向上心があり、「勝負は勝たねばならぬ」という強い気持ちがあった、ということでしょう。

 その木見家の2階、道場で、5年間、私達は寝起きを共にしたのです。

 その間、将棋は、私の方から積極的にお願いして、升田さんによく教えてもらったりしましたが、囲碁の方は、逆に升田さんの方から積極的に教えてくれたものです。

 たしか入門して2年、数え年の15歳の時に、初めて升田さんに碁を教えてもらいました。一番最初は、何と25目置かされて、全部石を取られてしまった思い出があります。それでも、1年くらいのうちには、先で戦えるくらいに、私の腕も上がりました。

 ちょうどその頃、毎日新聞社で親善囲碁会が催され、私と升田さんも参加したことがありました。

 二人とも成績は4勝1敗。そこで賞品として日本酒「菊正宗」特級一升ビン、1本ずつもらい、意気揚々として帰ってきたものです。

 私はその頃はまだ未成年でしたので、升田さんに差し上げようとしたところ、「オレも今から冷や酒を飲んでもしようがないからな、よし、オレに任せておけ。売ってきてやる」と升田さん。

 当時、特級酒一升は約1円、升田さんのお蔭で、こちらも配当金を受け取ることができました。

 ところが、お酒、特に「菊正宗」は、木見先生の大好物。先生の奥さんは当然、二人がお酒を持って帰ってきたのを知っていましたから、これでお酒を買っておく必要なし、と思われたようです。

 そして二人に「あのお酒、お前達どうした?」

「売ってきました」

「先生にこれだけお世話になっておきながら、お前達には、感謝しようという気持ちもないのか」と、当然の如く、二人そろって叱られてしまいました。

 私の入門した頃の升田さんは、何故か皆から「オッサン、オッサン」と呼ばれていました。本人も自分で「オッサンは」などと言ってたくらいです。若い時から、そんな風貌があったようで、独特の雰囲気をかもし出していたのでしょう。

 升田さんと私は宿命のライバルなどとよく言われましたが、私が毎日新聞の、升田さんが朝日新聞の、それぞれ嘱託になったということなどもあってか、これはむしろ周囲の人達が作り上げたような関係で、私自身としては、常に「兄弟子という升田さん」「将棋がもの凄く強い升田さん」といった存在でした。

 昭和17年、名人戦の挑戦者予備手合いで、当時五段の私は五、六段戦で優勝。七段戦も突破し、八段戦でも二番勝ち進みました。この時、広島で軍隊生活を送っていた升田さんからハガキが届きました。「斎藤八段をねじ伏せたのは、天晴れである」文面はこの一言だけ。他には何にも書かれてなかったのですが、「ああ、弟弟子のことを気にかけてくれていたのだ」と、非常に嬉しかった思い出があります。

 三冠王になった頃の升田さんは本当に強かった。世間では「受けの大山」「攻めの升田」となっていますが、升田さんが本当の力を発揮して、強いのは、じっと我慢する時、受ける時で、「受けの升田」だと、私は感じていましたし、升田さん自身もそう語っていたものです。

 最後に戦った第30期の名人戦。升田式早石田は、「新手一生」をモットーとしていた升田さんらしい豪放な指し方でした。「こんな手で負かされるもんか」と最初は軽視していたのですが、なかなかどうして。

 最終的にはやや無理筋の作戦とは思いますが、升田さんならではだったと、今では懐かしく思います。

 二人だけでじっくり話し合う機会を得たのは、一昨年の棋士総会の時。今後の将棋界について20分ほど、しみじみと話し合ったのですが、それが最後となってしまいました。

 3月1日の全日本プロトーナメント決勝で、元気そうな姿を新聞等で見て、安心していたのですが……。

 非常に残念で寂しい思いです。ご冥福を祈ります。

* * * * *

写真は、将棋世界の同じ号より。

1971年、第30期名人戦第6局。撮影は清水孝晏さん。
1971年名人戦第7局。
非常に珍しい、一緒に昼食を食べている写真。
1957年名人戦第2局。
1989年2月24日、米長邦雄九段邸で。撮影は中野英伴さん。

* * * * *

岸本晋亮弁護士から小遣いをもらった時のこと、日本酒をお金に換えた時のことなど、よく知られるドラマチックな話題ではなく、このような二人しか知らない出来事が書かれているところに、兄弟子を思う気持ちが現れている。

二人は仲が悪いと報じられる時もあったが、本質的な部分では昔から何も変わっていなかったのだと思う。

大山康晴十五世名人は、升田実力制第四代名人に呼ばれるように、翌年の7月26日に亡くなっている。

* * * * *

晩年の二人の対局の模様

ゼニになる将棋(前編)

ゼニになる将棋(中編)

ゼニになる将棋(後編)

 

将棋関連書籍amazonベストセラーTOP30(2020年1月25日)

amazonでの将棋関連書籍ベストセラーTOP30。

 

 

升田幸三実力制第四代名人が最後に公の場に姿を現した時

将棋マガジン1991年5月号、朝日新聞の谷口牧夫さんの第9回全日本プロトーナメント決勝五番勝負第1局〔森下卓六段-桐山清澄九段〕観戦記「森下先勝、桐山の穴グマを崩す」より。

将棋マガジン同じ号より。

 ことしの決勝は桐山清澄九段と森下卓六段の顔合わせ。この二人が128人の全棋士が参加した大トーナメントの頂点を目指す。今回は三番勝負から五番勝負に衣替えして、優勝賞金は昨年のほぼ倍増の1,500万円。

(中略)

 翌3月1日、朝7時40分ごろ、地震で揺さぶられた。発表は震度2とのことだったが、窓ガラスがびりびり鳴って震度4ぐらいに感じた。朝食のとき、森下「あれは地震だったんですか。突風が吹いたのかなとも思って……」。

 羽沢ガーデンは元満鉄総裁の別邸として建てられた屋敷。「建物にも年季がはいっていますから」と中居さんが笑った。外は風が強かった。

(中略)

 桐山は第1回の優勝者。準決勝で谷川浩司竜王を破って8年ぶりに決勝へ。前夜、「休養十分でしょう」のあいさつに、下を向いて笑った。

 森下は、羽生善治前竜王を下して初の決勝進出。それまで、2勝7敗と羽生にはひどい目に遭わされていた。勝った日はさすがにうれしそうで、「久しぶりに焼き肉を食べにいきましょうか」という話になった。しかし若手軍団が待っていたので当方は遠慮した。白頭を悲しむ翁がついていっても面白くないだろう。

(中略)

 お昼前、「サラダ記念日」でおなじみの俵万智さんが、父親好夫さんと一緒に現れた。小柄で明るい感じ。好夫さんが将棋好きという。

(中略)

 午後2時ごろ、升田幸三実力制第四代名人が静尾夫人の付き添いで姿を見せた。こちらも羽織はかま。羽沢ガーデンは同名人の古戦場だ。ここ3年ほど、決勝戦では必ず現れる。足が少し不自由。特別に用意されたいすに腰かけて、悠然と継ぎ盤をのぞく。昔の他を圧する豪放さは消えて、円くなった感じ。

「玉がこんな端っこにいって、昔なら破門だね」とにやり。もうひとつ、「穴グマはよくないね。駒の働きの範囲をせばめる」

(中略)

 森雞二九段、小野修一七段、沼春雄五段らプロ勢にアマ棋客も交じって、にぎやかさの頂点に達していた。俵万智さんは、「こんどは将棋の歌をつくってみます」と言い残して帰って行った。「将棋はあまり分からないけれど、こういう雰囲気は好きですね」。また、どうぞ。

(中略)

 升田幸三第四代名人は、”命の水”(焼酎)を含みながら、静かに継ぎ盤を観戦。将棋については何も発言がなかった。桐山九段は弟子である。

「小学校5年のとき家にきたが、1年はいなかったね。おとなしくて何も言わんかったので、こっちもよう分からんかった」。そう言いながら、弟子の成長には、目を細めている感じだった。大勢を見極めると、そっとご帰還になった。

(以下略)

将棋マガジン同じ号より。

* * * * *

全日本プロトーナメント決勝五番勝負の第1局は、東京・広尾にあった羽沢ガーデンで行われるのが定番だった。

この前々年の谷川浩司名人-森内俊之四段戦では、升田幸三実力制第四代名人は森内四段優勢の場面で、「名人がC級2組に負けちゃいかん」の一言を残し帰っている。

升田実力制第四代名人と親しかった故・京須行男八段の孫である森内四段の応援の意味も込められていたという。

谷川浩司名人(当時)の隣に座った受験生の少女

* * * * *

一番上の写真では、俵万智さん、記録係の藤井猛三段(当時)が確認できる。

* * * * *

「穴グマはよくないね。駒の働きの範囲をせばめる」

これは、堅さよりもバランス重視の現代将棋の潮流を見事に言い表している。

* * * * *

升田実力制第四代名人は、この約1ヵ月後の4月5日に亡くなっている。

この時が、公の場に最後に姿を現した時だった。

 

羽生善治前竜王(当時)「カナダ、ヨーロッパなどがいいかな。フランクフルトへもまた行きたいと思っています」

将棋マガジン1991年5月号、羽生善治前竜王(当時)の「懸賞 次の一手」より。

 順位戦がひと区切りつく4月頃、たいがいの棋士はその時期に旅行をするようです。

 私は昨年オーストラリアに行ってきましたが、今年はまだ予定も立てていません。

 よく一緒に行動するメンバーが、そうした話を話題としないからでしょうか。

 行くとしたらまた海外に、と思っています。それも大自然を楽しむという、そんな感じのところへ。

 カナダ、ヨーロッパなどがいいかな。フランクフルトへもまた行きたいと思っています。

* * * * *

McArthur,Lake
無料写真素材 風景 カナダ「レイク オハラエリア」エメラルドブルーの湖(釣りと自然をこよなく愛す写真家)https://actual-nature.com/

* * * * *

この時の羽生善治前竜王(当時)は海外へ2回行っている。

1回目が森雞二九段のオーストラリア、2回目が竜王戦フランクフルト対局。

大自然を楽しみたいというのが、とても健康的だ。

* * * * *

二人にしか聞いていないけれども、海外を何度も旅した人に、一番良かった国はと聞くと、一人はインド、一人はネパールということだった。

現地での思い出と連動することなので、人それぞれ、好きな国は分散するのだろう。

* * * * *

海外はほとんどが会社の出張でしか行ったことがないので、訪問地数は少ないが、そのなかで個人的に好きなのは、アメリカのカーメル

サンフランシスコから南に約190km、クリント・イーストウッドが市長を務めたこともあるカリフォルニアの小さな街だ。

町並みが綺麗で、1日中、何もせずに海を眺めていたくなるような雰囲気。

この街で生まれ育っていたら、ミュージシャンか画家を志していただろうな、と自然と頭の中で思ってしまうほどだった。

3、4時間ほどの滞在だったが、昼食で食べた地元の小さなレストランのハンバーガーが、美味しくもなく美味しくなくもなく、よくぞこのような全く中庸の味に仕上げたものだと、妙な感心をした記憶がある。

カーメルと正反対なのがニューヨークで、昼はガンガン仕事をして、夜はとにかくたくさん遊びたくなるような雰囲気。

ニューヨークも好きな都市だ。

満腹になって食べきれなかったリブロースステーキ(ウェルダン)があまりにも絶品で、いまだに残したことが心残りとなっている。

* * * * *

以前は、いろいろな国へ行った気分になれた映画が「007シリーズ」だったが、2006年にシリアス路線に変わってからは、「ミッション・インポッシブル」シリーズが、最も海外を旅行した気分になれる映画になっていると思う。

* * * * *

ふとGoogleマップを見ていて、このような場所にまさか人は住んでいないだろう、と思った北極海にある島。

調べてみると、人が住んでいて、なおかつ観光コースだと知ってビックリした。

3連休で(?)弾丸スヴァールバル諸島(4travel.jp)

将棋と同じように、知っていることは知っているけれども、まだまだ埋もれている場所(手)がたくさんあるのだと感じさせられる。

 

米長邦雄王将(当時)「最善手はどちらか。私は八王子の羽生善治邸へ出掛けて行って教えを請うた」

将棋世界1991年5月号、米長邦雄王将(当時)の連載自戦記〔第40期王将戦七番勝負第3局 対 南芳一棋王〕「温故知新」より。

将棋世界同じ号より。

 近年、将棋の戦術が大きく変容を遂げているということであるが、ここらで昨今の流れをまとめてみたいと思う。

 かつては矢倉と振り飛車が戦型の主流であった。ごく最近は角換わり腰掛け銀も一大主流をなしている。塚田スペシャルに代表される急戦調の相掛かりはやや鳴りをひそめているようである。

 このように、戦法の善し悪し、流行りすたりが3ヵ月から半年周期でグルグルと動いている。

 皆、血と汗のにじみ出るような独自の研究、あるいは数人での合同研究のたまものである。確かに次から次に新しい形が生まれ新定跡が打ち出されてはいる。しかし、それで将棋の戦術が進歩し開発されつつあるかというと、必ずしもそうとは言い切れない面もある。

 これはまた後日、違う所で詳しく書くつもりだが、ここに一つ面白い話を載せてみようと思う。A図を見ていただきたい。

 この局面を見てピンと来た方は相当な将棋通、定跡通である。

 これは横歩取りの有名な一変化で、今後手が△6六銀と必殺打を放ったところ。

 横歩取りは先手が有利、取らせる後手が無理というのが大体の定説になっている。ところが研究熱心な若者がこれに新手を試みて、一時成功し、またそれが不発に終わるという歴史を繰り返している。

 A図の△6六銀もかつてしばらく鳴りをひそめていた横歩取りにブームを呼んだ一手で、天才と謳われた若かりし日の谷川浩司少年が愛用した一着である。

 ここの応手が実に難しい。

 本来、このような激しい将棋でこの辺の局面まで来れば、この一手、正解はこれしかない、ということがほとんどなのだけれども、この場合に限っては難しい。

 ▲3三香成と桂を取る手と▲5八金と手厚く受ける手の二通りある。

 最善手はどちらか。私は八王子の羽生善治邸へ出掛けて行って教えを請うた。

 羽生先生は

「▲3三香成の一手です」とのことだった。

 序盤研究の大家、森下先生は▲5八金を推奨した。そして、現在は三冠王となられた中年の谷川先生に訊いてみた。「たしか▲3三香成で一手勝ちになると思います。しかし、この変化は非常に難しく▲5八金と上がるのもありそうです」ということであった。

 確かに▲3三香成は変化が多岐にわたり誠に難解である。私が研究熱心な若者と戦えば、▲3三香成とやっても勝てないような気がする。

 そして▲5八金、この一着は幾多の変遷を経て、この平成の時代にようやく編み出された手かと思いきや、何とこの金上がりは江戸時代の大橋柳雪・宗英の著書に出ているというのである。これには私も驚いた。早速、文献を調べてみると確かに柳雪の本にこれが出ている。

 このことに鑑みて谷川先生曰く、「江戸時代の将棋は相当に深い所まで研究が進んでいたはずです」。

 また羽生先生も「現代の将棋をちょっと見て慣れればトッププロと対等に戦えるのではないですか」。

 江戸の頃の将棋なら、もう序盤作戦などまるっきり稚拙なものだろう、という先入観が私にはあったので、この両者の見解には驚き感心した。このように、先へ先へと研究して進んで行ったはずが、結局元に戻っているということがしばしばある。この横歩取りの結論などはその最たるものだろう。また昨今の矢倉は20年程前に盛んに指された形が主流になりつつある。

 常日頃から教えを請うている森下先生に言われたことがある。

「先生にとって格好の勉強方法があります。それは米長先生の10年前の将棋を一生懸命並べることです」と。

 私も嬉しいような面映い気持ちだった。

 こうして、将棋というものは先へ先へ進んでいるかと思えば、順繰りに回っているようである。だいたいが、角換わり腰掛け銀が升田幸三先生の棋譜を調べるのが一番ということもあるし、矢倉なら10年前の将棋が非常に勉強になるということであるし、横歩取りに至っては江戸時代の文献まであさらなくてはならない。まさしく温故知新を地で行ったようなものである。

 ということで、近頃は女流棋界の将棋まで目を通している若者もいるようだ。

(以下略)

* * * * *

将棋世界同じ号、先崎学五段(当時)の「公式棋戦の動き」より。

 今月号の米長自戦記。たぶん題名は『温故知新』となっていると思うが、この題に落ち着くまでには紆余曲折があった。とてもじゃないがさしさわりがあってその全部を書くわけにはいかないが、ちょっとだけさわると、最初に米長先生がつけてきた題は温故知新ではなく◯◯◯知新だったそうな。この抱腹絶倒の3文字に将世編集部は議論百出、大いにモメにモメた末にこの題に落ち着いたとのこと。◯◯◯は書いてもいいんだが、マ、書く必要もないのでここでは省略。

(中略)

 升田幸三名人の将棋からヒントを得るのが温故知新なら、俺は清水市代さんの将棋からヒントを得たので◯◯◯知新とのこと。さすが兄貴三人は頭が悪いから東大へ行ったと豪語する人の考えることは違うと一同感心しきり。

 一時は題を変えれば原稿執筆ストライキを起こすとまでに態度を硬くした師匠も、最終的に将世編集部の必死の説得工作を受け入れ、断腸の思いで白紙撤回にあいなったとさ。この一件で本誌の大崎氏は胃潰瘍寸前になったという噂である。

* * * * *

「先へ先へと研究して進んで行ったはずが、結局元に戻っているということがしばしばある」

現在の角換わり腰掛け銀、▲2九飛▲4八金型は、昭和20年代に現れていた形。雁木は江戸時代の味わい。

コンピュータソフト由来で、当時よりは玉形が薄く、背景となる考え方は異なるものの、形が昔に戻る現象は今も続いている。

* * * * *

タイトルが「温故知新」に落ち着くまでの経緯。

たしかに、胃がいくつあっても足りなさそうだ。

 

将棋ペンクラブ末席幹事による将棋ペンクラブ非公認ブログ。近代将棋に連載していた「将棋ペンクラブログ」のネット版です。