最年少棋士の推移

その時々の最年少棋士が誰だったのか、そして最年少の期間はどれくらいだったのか、を調査・計算してみた。

元としたデータは、Wikipediaの将棋棋士一覧

加藤一二三九段が四段になる以前は、調べるのがかなり難しそうなため、加藤一二三九段以降を対象とした。

最年少棋士の推移は次の通り。

四段昇段日・その時点の年令最年少日数
加藤一二三九段1954年8月1日14歳7ヵ月2,800
高島弘光八段1962年4月1日20歳6ヵ月365
米長邦雄永世棋聖1963年4月1日19歳9ヵ月914
中原誠十六世名人1965年10月1日18歳0ヵ月182
桐山清澄九段1966年4月1日18歳5ヵ月731
森安秀光九段1968年4月1日18歳7ヵ月1,461
田丸昇九段1972年4月1日21歳10ヵ月183
宮田利男八段1972年10月1日19歳11ヵ月547
青野照市九段1974年4月1日21歳2ヵ月156
前田祐司九段1974年9月4日20歳6ヵ月181
飯野健二八段1975年3月4日20歳7ヵ月291
小林健二九段1975年12月20日18歳8ヵ月167
田中寅彦九段1976年6月4日19歳1ヵ月119
大島映二七段1976年10月1日19歳3ヵ月80
谷川浩司九段1976年12月20日14歳8ヵ月1,290
中村修九段1980年7月2日17歳7ヵ月78
島朗九段1980年9月18日17歳6ヵ月123
南芳一九段1981年1月19日17歳7ヵ月45
塚田泰明九段1981年3月5日16歳3ヵ月930
森下卓九段1983年9月21日17歳2ヵ月628
阿部隆八段1985年6月10日17歳9ヵ月191
羽生善治九段1985年12月18日15歳2ヵ月511
森内俊之九段1987年5月13日16歳7ヵ月507
屋敷伸之九段1988年10月1日16歳8ヵ月1,095
深浦康市九段1991年10月1日19歳7ヵ月183
真田圭一八段1992年4月1日19歳5ヵ月183
三浦弘行九段1992年10月1日18歳7ヵ月182
久保利明九段1993年4月1日17歳7ヵ月365
北浜健介八段1994年4月1日18歳3ヵ月548
田村康介七段1995年10月1日19歳6ヵ月548
小林裕士七段1997年4月1日20歳6ヵ月183
佐藤紳哉七段1997年10月1日20歳1ヵ月182
山崎隆之八段1998年4月1日17歳1ヵ月548
阿久津主税八段1999年10月1日17歳3ヵ月183
渡辺明三冠2000年4月1日15歳11ヵ月1,278
村山慈明七段2003年10月1日19歳4ヵ月183
中村亮介六段2004年4月1日18歳6ヵ月365
広瀬章人竜王2005年4月1日18歳2ヵ月183
髙﨑一生六段2005年10月1日18歳7ヵ月182
糸谷哲郎八段2006年4月1日17歳5ヵ月365
豊島将之名人2007年4月1日16歳11ヵ月731
澤田真吾六段2009年4月1日17歳4ヵ月183
永瀬拓矢叡王2009年10月1日17歳0ヵ月365
佐々木勇気七段2010年10月1日16歳1ヵ月182
阿部光瑠六段2011年4月1日16歳5ヵ月1,279
増田康宏六段2014年10月1日16歳10ヵ月731
藤井聡太七段2016年10月1日14歳2ヵ月1,073
  • 前田祐司九段から森内俊之九段までは、三段リーグが行われていなかった時期なので、四段昇段が4月1日または10月1日にはなっていない。
  • 羽生善治九段と現在進行形の藤井聡太七段を除く中学生棋士(加藤一二三九段、谷川浩司九段、渡辺明三冠)は、最年少期間が1,200日を超えている。
  • 加藤一二三九段の2,800日は、「神武以来の天才」という言葉にふさわしい記録。
  • 羽生善治九段が511日と意外と短いのは、2週間若い森内俊之九段の登場があったから。
  • とはいえ、羽生・森内連合だったとしても1,018日(511日+507日)。
  • 羽生世代第一陣の後の、屋敷伸之九段の四段昇段が16歳8ヵ月と早かった。その後、羽生世代第二陣(丸山忠久九段 、郷田真隆九段 、藤井猛九段 )の四段昇段などが重なり、屋敷九段の最年少期間は1,095日の長期となった。
  • 屋敷九段に変わって最年少となったのは1991年の深浦康市九段。以降の1990年代は、それまで頭を抑えられていたのを解消するかのように半年~1年半で最年少棋士は移り変わる。
  • 2000年代は、渡辺明三冠と豊島将之名人だけが1年半以上。
  • 2010年代になって16歳棋士が続けて誕生する。佐々木勇気七段の最年少が続くかと思えたが、阿部光瑠六段が半年後に四段になり、半年の意外な短さ。
  • 16歳で四段となった阿部光瑠六段、増田康宏六段は、それぞれ3年半、2年と最年少期間が長い。
  • そして、藤井聡太七段は最年少を継続中。

* * * * *

羽生九段が四段になって以降、昇段年齢別の平均最年少期間は、(括弧内は人数)は、

  • 15歳 895日(2人)
  • 16歳 754日(6人)
  • 17歳 335日(6人)
  • 18歳 292日(5人)
  • 19歳 274日(4人)
  • 20歳 183日(1人)

* * * * *

この表に生年月日は出ていないが、

  • 1940年代生まれの初の棋士は加藤一二三九段
  • 1950年代生まれの初の棋士は田丸昇九段
  • 1960年代生まれの初の棋士は谷川浩司九段
  • 1970年代生まれの初の棋士は羽生善治九段
  • 1980年代生まれの初の棋士は山崎隆之八段
  • 1990年代生まれの初の棋士は豊島将之名人
  • 2000年代生まれの初の棋士は藤井聡太七段

* * * * *

桐山清澄九段、豊島将之名人、ともに最年少期間は731日。

師弟で同じ日数(同じ2年でも730日の場合もある)というのも、不思議な縁を感じる。