村山聖少年が内弟子になった頃の森信雄四段(当時)の次の一手

YouTubeチャンネル「将棋伝説」、96本目の動画は「村山聖少年が内弟子になった頃の森信雄四段(当時)の次の一手」です。

村山聖九段が森信雄七段の弟子になったのは1982年の初秋のことですが、内弟子になるために大阪へ出てきたのが1983年4月です。
今回は、その頃に森信雄四段(当時)が創作した、意外性と爽快感に溢れる次の一手を見ていきます。
後半では、奨励会に入会した直後の村山聖5級(当時)にも焦点を当てています。
師弟の共同生活が始まったばかりの頃です。

* * * * *

「将棋伝説」チャンネル、今後も動画が増えていく予定ですので、よろしければ、チャンネル登録をお願いいたします。

→「将棋伝説

* * * * *

村山聖少年が内弟子になった頃の森信雄四段(当時)の次の一手

 

タイトルとURLをコピーしました