中井広恵女流二段(当時)「微妙なすれちがいで、いつも私の上には直子ちゃんがいる。いつか追いつきたい、追い越したい」

将棋マガジン1985年5月号、中井広恵女流二段(当時)の第7期女流王将戦「挑戦者になって」より。

 蛸島さんとの対局がおわる。まだ実感がわかない。電話で両親の声を聞いて、何となく”ああ挑戦者になったんだなあ”という気持ちになった。二度目の挑戦。以前のような”相手が誰だろうと絶対に負けない”という自信が今ではなくなっているような気がする。一度目の挑戦の時は、先勝したのにタイトルを取ることができず、とても悔しかった。それも、日がたつごとに”あそこでああ指していれば…”ということばかり考えていた。今でもそう思う。今度の女流王将戦では、そういう後悔の気持ちをぶつけてがんばりたいと思う。

 直子ちゃんとは、小学校五年生の時に初めて会った。その時はもうプロだった。

 六年生になって、私も2級で女流プロになる。直子ちゃんは女流王将。中学に入り、挑戦者になる。直子ちゃんは二冠王。微妙なすれちがいで、いつも私の上には直子ちゃんがいる。いつか追いつきたい、追い越したい。そう思いながらもろくに勉強せずに十五歳になってしまった。若い若いといわれても、もう中学卒業。これをひとくぎりにするためにも――。

* * * * *

蛸島彰子女流六段、山下カズ子女流五段の時代が女流棋界の創世記とすると、次の世代の林葉直子さん、中井広恵女流六段、清水市代女流六段が女流棋界を更に大きく発展させた。

* * * * *

この女流棋界の新しい時代の幕開けが、林葉直子女流二冠(当時)の誕生であり、林葉さんに追いつき追い越そうとしていた中井広恵女流二段(当時)の登場だった。

この二人は非常に良いライバル関係であったし、仲も良かった。その友情は現在に至るまで続いている。

* * * * *

今日の中井広恵女流二段の文章を読んでいると、感慨深さとともに、そのような新しい時代の始まりということを強く感じさせられる。

やはり、ここにも切磋琢磨しあう関係が存在し、その力が新しい時代を切り開いていくことになる。

* * * * *

明日(5月19日)行われる将棋ペンクラブ交流会では、指導対局で中井広恵女流六段に来ていただきます。

皆さまのご来場をお待ちしております。将棋ペンクラブ会員でない方の参加も大歓迎です。

将棋ペンクラブ関東交流会

 

羽生善治三段(当時)の初自戦記

将棋マガジン1985年10月号、「奨励会対局拝見」より羽生善治三段(当時)の自戦記「目標に向かって」より。

 この奨励会の日まで僕は4連勝中だった。まだまだ先は長いがこれを生かして昇りたいと思う。

 さて、この日の1局目の相手は中田功三段です。

 中田三段にはこの前の講習会で負かされたのでぜひとも借りを返したいと思い対局に挑みました。

昭和60年7月24日
▲三段 羽生善治
△三段 中田功

▲7六歩△3四歩▲2六歩△4四歩▲4八銀△3二銀▲5八金右△4二飛▲6八玉△6二玉▲7八玉△7二玉▲5六歩△8二玉▲9六歩△9四歩▲3六歩△7二銀▲6八銀△3三角▲2五歩△5二金左▲5七銀左△4三銀▲6八金上△5四歩▲4六歩△6四歩▲4五歩△7四歩▲2四歩△同歩▲3五歩△同歩▲4四歩△3四銀▲4三歩成△8八角成▲同玉△4三金(1図)

序盤の重要性

 僕が奨励会に入会して変わった事は序盤の重要性を知ったことだった。(その割にはうまくいかないが)

 アマ時代は適当にやっていても作戦負けにはならなかったが、奨励会に入会するとちょっと変な手を指すと作戦負けになってしまう。特に矢倉や香落には色々な常識があることを知った。

 局面は研究通りに進んでいったのでよしよしと思っていたが△4三金で手が止まってしまった。

 △4三金には▲4四歩があるので良いと思っていたが△3三角と打たれるのに気がついた。仕方なく▲6六歩としたがこれでは作戦失敗だと思った。

 これから研究する時にはもっと突っ込んでしなければならないと思った。

1図以下の指し手
▲6六歩△2五歩▲3一角△6二飛▲4四歩△3三金▲3七桂△6五歩▲5三角成△2二飛▲5四馬(2図)

盛り返す

△2五歩は手を与えるため損だと思います。ここは△3三角と打って歩得を生かした展開にすれば良かったと思います。

 2図では盛り返したと思いました。

2図以下の指し手
△2六歩▲4五桂△同銀▲同馬△8四桂▲6七金右△4九角▲4三歩成△6六歩▲同銀△2七歩成▲2九飛△7六桂▲同金△同角成▲5五馬△7三桂▲3三と△5四歩▲2二と△5五歩▲6七歩△3八と▲7九飛△8五馬▲5七銀上△5六歩▲同銀(3図)

同期の影響

 僕は自分でも信じられないぐらいのスピードでここまで昇ってくることができました。

 その原因の一つに同期の影響があると思います。

 追い抜こう、追い抜かれまいという熾烈な争いがあるからです。

 2図から△2六歩は悪手で△5三歩と打てばまだまだ難しい戦いが続いたと思います。

 △5三歩以下▲同馬△3六歩▲3五歩△4七歩…といった進行が予想されます。

 3図では完全に逆転したと思いました。

3図以下の指し手
△7六金▲7七銀打△6六金▲同銀△7六銀▲7七歩△6五歩▲5五銀左△5四歩▲6四銀△3七角▲7三銀成△同角成▲7六歩△8四馬引▲7五歩△同馬▲同飛△同歩▲6五銀△8五銀▲7四歩△5五馬▲6六銀△1九馬▲5五歩△7一香▲6四角(最終図)  
 まで、107手にて羽生の勝ち

辛勝

 この将棋、序盤の仕掛けで失敗して苦しくなりましたが、1図でじっと▲6六歩と辛抱できたのが良かったと思います。

 結果的には大差になりましたが、2図で△5三歩と指されていたら、きっと負かされたと思います。

今後の課題

この対局に勝って5連勝になりましたが次の対局の中田宏樹三段に持将棋指し直しの後に負かされてしまいました。

 最近、将棋の内容があまり良くありません。序盤で簡単に作戦負けをしたり、必勝の将棋を落としたりします。今後の課題は将棋の内容を良くしていくことです。

 具体的に言うと、序盤で作戦負けをしない、終盤で震えない、時間の使い方をうまくするです。

 そのためには努力していくしかないと思います。

 

〔師匠の二上達也九段から一言〕

 彼の場合、まだ歳も若いですし、ここまで順調に進んできたといえます。将来性としても、いずれはタイトルを争えるような棋士になるのではないかとみているんですがね。まだ、将棋だけを夢中でやっていていいと思います。しかし、これから進学とか世の中のわずらわしいことがでてくると思うのです。そのときに彼がどう対処していくかが問題でしょう。そのようなことも含めてスランプに陥ったとき、本人がどう考えるか。いつまでも調子のよさが続くわけはないですから、その辺りが師匠として心配なだけで、技術的なことに関してはまったく心配していません。

 進学については、長い人生を考えると高校くらいは行っておいていいんじゃないかと思います。私としては世の中の人と広く交流するという気持ちは持っていてほしいですね。いわゆる将棋バカにはなってもらいたくありません。(談)

* * * * *

羽生善治竜王にとっての初自戦記。

羽生善治三段、14歳。

* * * * *

中田功七段も、この頃はまだ三間飛車一筋ではなかったようだ。

* * * * *

桂を使わない対四間飛車▲4五歩早仕掛け。

やってこられたら嫌だ。

* * * * *

「この前の講習会で負かされたのでぜひとも借りを返したいと思い…」

ぜひとも借りを返したい、羽生善治三段が言うと恐ろしさが10万倍に感じられる。

あまりにも恐ろしい。

* * * * *

「僕は自分でも信じられないぐらいのスピードでここまで昇ってくることができました。その原因の一つに同期の影響があると思います。追い抜こう、追い抜かれまいという熾烈な争いがあるからです」

まさに羽生世代の切磋琢磨。

奨励会同期・同年代では佐藤康光初段(15歳)、森内俊之初段(14歳)、郷田真隆初段(14歳)、同年代では先崎学初段(15歳)。

奨励会入会同期では古作登三段(22歳)、豊川孝弘二段(18歳)、小倉久史1級(17歳)、飯塚祐紀3級(16歳)などもいる。

奨励会時代から始まっている羽生世代の切磋琢磨。この流れが将棋界の時代を大きく変えることになる。

* * * * *

師匠の二上達也九段のコメントも非常に素晴らしい。

 

 

ライバルの必要性

将棋マガジン1984年6月号、内藤國雄九段の「阪田流向飛車」より。

 二代目若乃花、現在の間垣親方が横綱になった時のこと「あなたのライバルは」というアナウンサーの質問にこうこたえました。

「それは隆の里です」

 当時隆の里は成績振るわず糖尿を病んで、もうくにへ帰ろうかという瀬戸際に立っていたのです。

 その隆の里が横綱になって、心境を聞かれたときこうこたえています。

「あの時の横綱の言葉が何よりもはげみになった」と。

 花の横綱と騒がれて、とうに自分を引き離している人が尚も忘れずに自分のことをライバルと呼んでくれたという事に彼は感激し発奮したのです。そして見事その期待にこたえたのは皆様ご存知のところです。

 ライバルという言葉には、たとえば武蔵と小次郎のように相手を打ち殺してしまうという厳しい面がありますが、一方互いに手を取り合って成長していくという暖かい面もあることを見落としてはならないと思います。

 衆人の前で関根名人にこっぴどく負かされた阪田三吉は(そのときショックで10日も寝込んだと自ら語っています)名人を一生の敵とみなすようになりますが、この偉大なライバルの存在のおかげで見事に大成することが出来た――といっても過言ではないでしょう。

(以下略)

* * * * *

話は古くなるが、『巨人の星』に主人公・星飛雄馬のライバルである花形満、左門豊作、オズマ、(関係性は異なるが)伴宙太が出てこなければ、ストーリーが全く成り立たなくなってしまう。

『平家物語』に源氏が出てこなければ、やはり起伏のない話になってしまう。

切磋琢磨の関係はもちろんのこと、ドラマ性においてもライバルという存在は大事だ。

* * * * *

将棋界でいえば、

  • 関根金次郎十三世名人と阪田三吉名人・王将
  • 木村義雄十四世名人と升田幸三実力制第四代名人
  • 大山康晴十五世名人と升田幸三実力制第四代名人
  • 中原誠十六世名人と米長邦雄永世棋聖
  • 羽生世代の棋士同士

が代表的な「宿命のライバル」関係だろう。

羽生世代よりも先の「宿命のライバル」の構図がどのようなものになっていくのか、興味は尽きない。

 

「気が滅入るから先生は応援しないで」

将棋マガジン1987年9月号、コラム「棋士達の話」より。

  • 棋士間にライバルの話は多いが、名人戦で激突した中原-米長も有名で、感想戦などでもゆずらない。ある講演で米長九段「中原さんの感想はどうも信用できぬ。だから私は彼の事を、ウソから出た誠、といっている」と語り、大ウケした。

  • 関西では有吉九段-内藤九段の関係もかなり人に知られている。ある時道でバッタリ出会った。内藤九段は仕方なく「やあ」と声をかけたが、有吉九段は聞こえぬふりをしてそのまま行ってしまった。ここまで行くと少々子供じみている?

  • 内藤九段を破ったある若手棋士がうれしさか、「歌手には負けません」と自慢話。それを聞いて有吉九段は「君にそんな事をいう資格はない」と烈火のごとく怒った。そう、相手の強さを認め、それに勝ってこそ真のライバルなのである。

  • 田中(寅)八段は谷川九段に闘志を燃やすが、勢い余って舌禍事件も起こした。”あれは言い過ぎ”との評判に根は気のいい田中八段は反省したか、ある時谷川九段にあやまった。すると今度は”あやまってはいかん” 棋界雀は勝手なもの。

  • 棋士に野球ファンは多いが、中原名人の巨人、谷川九段の阪神などが有名。石田八段は中日ファンだが心配性のため応援しながらも「中日は勝てませんかね」と落ち込む。球場で一緒の人に「気が滅入るから先生は応援しないで」といわれた。

* * * * *

有吉道夫九段と内藤國雄九段は、2001年にふとしたことがきっかけで二人は非常に打ち解けた関係となっている

雪解け

* * * * *

石田和雄九段の対局中や解説の時のボヤキは絶妙かつ芸術の域に達しているが、野球観戦の場合にもボヤキが発動されていたことがわかる。

1987年の中日ドラゴンズは、星野仙一監督の1年目で、落合博満選手がロッテから移籍した1年目。

5月末は1位だったものの、6月末と7月末は3位。

「気が滅入るから先生は応援しないで」と言われたのはこの頃である可能性が高い。

6位や5位に向かう戦績ならボヤキは逆に少なくなるだろうが、3位や2位の時の負け試合ではボヤキが多くなりそうだ。

このシーズンの中日の最終成績は2位(1位の巨人と8ゲーム差)。

更に石田和雄八段(当時)のボヤキは増えたことだろう。

 

 

反則負け列伝

将棋マガジン1987年2月号、コラム「棋士達の話」より。

  • 将棋に反則はつきもの。どういうわけかプロ間でも年に何局かは出現する。佐藤義則四段は対池田修一五段戦に何を打っても詰む局面で一間飛びに二歩を打って負け。ただ新婚一週間目とあって、早く帰りたかったんだろ、と同情を呼ばなかった。

  • そそっかしい事で知られていた故・大野源一九段。A級順位戦で必勝の局面を築いたが、終盤王手をかけられているのにこれを受けず別の手を指してしまった。相手の故・塚田正夫名誉十段「大野君、すまないけどこの王様もらうよ」

将棋マガジン1987年6月号、コラム「棋士達の話」より。

  • 故・山田道美九段がうっかり二歩を打ったが、相手の大友昇八段、すかさず王手にタダの駒を打ち「待った封じだ」という。3手進めばアマでも反則成立というわけだが、待ったなんかするはずはない、と山田九段はダブルのくやしがりようだった。

* * * * *

プロの対局での反則は、二歩、 二手指し、王手放置、動けないところに駒を進める、成れない状況で駒を成る、などが事例としてあるが、やはりその中で圧倒的に多いのは二歩だという。

* * * * *

振り飛車名人・大野源一八段(当時)の王手放置は次の局面から。

△2八飛と王手をかけられたところで、大野八段は「なんだい、こんな王手したってしょうがないじゃないか。王さん引けば投げの一手なんだあー」と話している。

しかし、ここで「大野先生、ここから一分将棋です」と記録係。

大野八段は秒読みになると慌ててしまうクセがあり(自分が秒読みになったらもちろんのこと、相手が秒読みになっても)、「えっ、もう時間か」と言うなり、▲3一角と打ってしまったのだった。

塚田正夫九段はこの一局に負けると降級の目がある。

「大野くん、悪いけどこれ、もらっとくよ」と玉を取る塚田九段。

「なにするんやっ!」と大野八段。この瞬間はまだ王手放置と気付いていなかったのだろう。

塚田九段「ぼく、いま苦しいんだ」

* * * * *

王手放置は石田和雄九段も経験がある。

玉損の攻め(石田和雄九段)

藤井猛九段も奨励会時代に経験している。

藤井猛三段(当時)玉を取られた一局

 

 

将棋ペンクラブ末席幹事による将棋ペンクラブ非公認ブログ。近代将棋に連載していた「将棋ペンクラブログ」のネット版です。