「井上慶太君の奥さんになる子がピカ一で、有吉さんもそう言っとった」

将棋世界2001年4月号、鈴木輝彦七段(当時)の「棋士それぞれの地平 男は黙って〔伊達康夫七段〕」より。

「馬には乗ってみろ、人には添ってみろ」というけれど、人には外見だけでは分からない部分がある、と今更ながらに考えさせられる対談だった。

 20年以上前の入社試験の面接で、何を訊いてもうまくしゃべれない学生がいた。

「最後に何か言いたいことはあるか」

 面接官の一言に「男は黙ってサッポロビール」とだけいった。この、当時流行したCMキャッチコピーの一言で、サッポロビールに入社できたそうだ。作ったような話だが、男は黙って、の部分が面接官の琴線に触れたのだと思う。

 伊達先生も、実に口が重い。理事時代も総会の席で他の大阪の理事が代弁していたこともあった。それでいて、信望が厚かったのは、実務のエキスパートだからだと思っていた。関東でいえば、勝浦修専務理事のようなタイプである。

 しかし、関西本部の道場経営や稽古先の多さを聞くと、営業面での才能を感じる。知らなかったのは、東京の若手だけだったかもしれない。関西の棋士は肌で感じる部分があったのだろう。

 (中略)

鈴木 引退された時が52歳で驚きました。これはどうしてですか。

伊達 12年前やね。持病の腰痛がヒドくなってね。対局になると出る。40歳くらいから出て、30分くらい我慢すると直る。トイレにも行けないくらい痛いんだよ。

鈴木 持ち時間が長いとキツいですね。特に順位戦は長いですから。

伊達 始めのうちは夜の10時くらいに出て、8時、6時と段々早くなってきた。お灸や針もやったけど効かなかった。引退しよう思ったのは1図や。

%e4%bc%8a%e9%81%94%e6%ab%9b%e7%94%b0%ef%bc%91

 もう必勝で△8六歩なら櫛田君も「投了するつもり」と言っていた。打とうとしてズキンときて歩を5六に置いてしまった。二歩やけど、こんな反則はない。この年の3月に辞めたのはこの理由です。

鈴木 痛いですね。ホームランを打たれて辞めた投手もいました。しかも、二度と投げられない所に針を打って(笑)。それとは訳が違います。休場という手はなかったですか。

伊達 それはできない。理事もやってたからね。苦しんでいるのを見てたカミさんが「嬉しい」というので決断できた。いろいろと悩んだよ。

鈴木 それは分かります。棋士から将棋を取るとどうなるのか。加えて生活面のこともあります。(中略)収入的にも恵まれたんですか。対局料では大変だったと伺っています。

伊達 交通費に毛が生えた程度や(笑)。稽古を一件紹介されて、そこから増えていった。教えてる人が他にも紹介してくれてね。

鈴木 理想的ですね。今はそんな感じになりません。棋士本人がいけないんでしょうか(笑)。

伊達 それは分からない(笑)。府庁やあさひ銀行、電通とかは35年から40年行ってます。今でもOBの人が来てね。

鈴木 それだけの大会社の人を相手に出来るのは凄いことです。新聞を読むとか本を読むのが必要ですか。

伊達 それは常識やね。背広にネクタイで遅刻しないことでしょう。タイトル戦がある時は新聞を買ってきて並べるとかはするね。

鈴木 そんな秘伝を聴いていいんですか(笑)。取ってない新聞を買うことはないですね。稽古の日数はどのくらいですか。

伊達 月の半分は行ってた。お金のことは二の次やった。

(中略)

鈴木 関西の理事も長いですね。

伊達 35歳の時に5年と、昭和55年の会館建設の時から13年経験した。

鈴木 辛かったこと、楽しかったことを一つずつ話して下さい。

伊達 辛かったことはないね。良かったのは最初の時に近鉄将棋まつりを作れたこと。何度も足を運んだ。もう一つは平成元年に職員を二人入れた。本当は一人やった。井上慶太君の奥さんになる子がピカ一で、有吉さんもそう言っとった。もう一人、東京で免状を書いている森君の履歴書の字がきれいやった。

鈴木 字がきれいくらいで免状の字が分かりますか。しかも定員は一人ですよね。

伊達 荒巻先生の次を考えてた。それで大山会長に言ったら「関西のことは関西で」と認めてくれた。大山会長は大きな人物やったね。あの先生がいなかったら会館は建ってないやろ。

鈴木 その1年後に森君は東京に移るんですね。彼はぼくの弟弟子になります。奨励会試験は落ちたんですけど(笑)。小事を見逃さないことに敬服します。

伊達 運営者としては普通や。道場を作る時も2ヵ月、他を見て回った。毎日見てた(笑)。連盟がようなっても、他がダメになったらアカン。それで他よりも席料を3割増しにした。

鈴木 競争原理としては難しくなりますけど。

伊達 連盟の上では、谷川や羽生が指しとる。ファンにはあこがれの人達や。どこで会えるか分からない。それが連盟の強い所やね。同じにしたら他の道場は厳しいやろ。

鈴木 対局の厳しい所で、缶のお茶を買いに降りてきたりします。一瞬ですけどファン冥利に尽きますね。ぼくもデビッド・カッパーフィールドを見るだけで1万2千円は安く感じますから。

伊達 そやろ、だから高くした。東京もいいとこ(注:黒字のこと)に出来る筈や。

鈴木 引退してからの生活面は?

伊達 今でも稽古に5、6軒、月に12、13日行っとる。カルチャーセンターの十面指しはキツうなっとるけどね(笑)。15年指したら棋士は分かる。連盟で貰う分くらいは外で稼がないとね。全部がA級やタイトル取れる訳ではないから。

(以下略)

——–

「道場を作る時も2ヵ月、他を見て回った。毎日見てた(笑)。連盟がようなっても、他がダメになったらアカン。それで他よりも席料を3割増しにした。連盟の上では、谷川や羽生が指しとる。ファンにはあこがれの人達や。どこで会えるか分からない。それが連盟の強い所やね。同じにしたら他の道場は厳しいやろ」

が、感動的なほど素晴らしい感覚。

——–

「井上慶太君の奥さんになる子がピカ一で、有吉さんもそう言っとった」

以前も紹介したが、元・近代将棋編集長で、当時日本将棋連盟に勤務していた中野隆義さんの、次のような証言がある。

当時、関西将棋会館の女性職員は皆それぞれに感じのよい方ばかりでして、私めは関西に出張に行くのが楽しみでした。関西会館の女性職員の中で、全てのしゃべりの語尾がクルリと上がる方がいらっしゃいました。コレがまたその容姿と年齢にピッタリと合った雰囲気を醸し出していまして、そうですねえ、可憐さと可愛さをミックスさせたような感じですか。その方が井上流と結婚したと聞いたときは、ホントにもう井上の野郎めえと、あ、いえ、井上さんおめでとーと心より喜んだものでした。

——–

伊達康夫八段は2003年に亡くなっている。享年66歳。

 

 

関根茂九段逝去

関根茂九段が2月22日、老衰のため亡くなられた。享年87歳。

訃報 関根茂九段(日本将棋連盟)

関根茂九段が死去、87歳 農林技官からプロ、異色の棋士(産経新聞)

—————-

1999年の月刊宝石、湯川恵子さんの「将棋・ワンダーランド」より。

 関根ご夫妻はしょっちゅう口喧嘩するほど仲がいい。茂九段は昭和4年生まれ。国家公務員から棋士になった。紀代子女流四段は15年生まれ。やはり在野から女流プロ入りした。お二人とも現役でそれぞれ最高齢だ。

「いつの間にか、ねぇ」
「散歩が楽しくてね。仕上げは決まってカラオケなのよ」
 何かのパーティの帰り道、喫茶店でそんな話になって、
「紅葉の季節に誘いますよ」

 それが実現、歩いた歩いた。素晴らしい一日だった。
 朝、京成線柴又の駅に集合。茂九段はスタスタ改札を出てきたが、紀代子四段は……スタンプ台の所で何やら没頭。

「湯川夫妻にね僕ら色紙を合作したんですよ。あちこちでスタンプ押すって計画でさ。それでまた朝から喧嘩、ハハハ」
「この人スタンプへたなのよ、曲がっちゃうし。押す場所のバランスとかもあるんですよ」

 柴又の帝釈天→寅さん記念館→山本亭でお抹茶→矢切の渡し→松戸で伊藤左千夫の「野菊の墓」公園。市川ではお馴染みの寿司屋→甘味喫茶でお饅頭。そして夜は予定通り歌いまくり。お二人ともプロ歌手の特訓を受けた方だ。

 長い年月には口喧嘩もできない緊迫した時期もあったろう。いま青春時代を取り戻しているようだ。私は紀代子さんと老人介護の話で意気投合した。夫の親と同居する嫁。私はオタオタの現役だが紀代子さんは見事卒業した方だ。

 昨年忽然とレディスオープントーナメント決勝に踊り出た。特にその準決勝は、関根門下の若手スター矢内理絵子三段に勝ったもので”還暦の大活躍”と話題になった。

 今期も勝ち進んで準決勝の相手は斎田晴子女流名人。必勝形だった。終盤、図の局面で△3七香成。これでも勝ちだったが自らポカに気付いてしまった。「あ~、ひどかった」

 指が途中で止まったのだ。3八香成なら、必至。女流名人は受けがなかったのである。

 まったくそそっかしい。私がむかし一発でファンになったのはある将棋道場での風景。彼女がラーメンの出前を注文した。一局おえて、ラーメンまだぁ?実はとっくに届き彼女はすでに食べ終わっていた。

 そういえば香車にまつわる反則負け事件もあった。女流プロ棋戦で、服の袖が右下隅の香車を落とし偶然駒台にのっけた。彼女は持ち駒として使った。相手もずっと気付かず……記録係の報告を受けた将棋連盟は処置に困り茂九段に電話した。

「僕も参りましたよ。ねぇ」

 当時連盟の理事を勤めていた茂九段、江戸川を眺めながらなつかしそうに笑った顔は仏さまみたいだった。

—————-

関根茂九段は飯野健二七段、泉正樹八段、北島忠雄七段、千葉幸生六段、佐々木慎六段、田中悠一五段、矢内理絵子女流五段、神田真由美女流二段の師匠。

順位戦A級在籍は3期。私が子供の頃はNHK杯戦の常連で、すぐに顔と名前を覚えた棋士だった。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

 

 

「この間、トイレで○○三段が”たのむ、俺を殺してくれ”って言うんですよ。わかりますか。俺たち、命かけてるんです」

将棋世界2001年9月号、テレビ番組制作ディレクターの岡美穂さんの『「愛」について語りたい』より。

 私は鳩森神社の境内で、震える手を合わせながら祈った。神様、お願いです。午後の将棋も勝たせて……。

 この日は女流アマ名人戦。一手目から私の指は震えていた。かろうじて2勝したあと、昼食休憩で箸を持つ手がまだ震えている。「鉄の神経を持つ女」と呼ばれる私が、すがるような思いでこの神社にやってきたのだ。そのとき、ある映像が脳裏にフラッシュバックしてきた。今から6年前、この場所で私は一人の奨励会員のために祈っていたのだった。

 

 1995年2月、私の人生は一変した。羽生対佐藤の竜王戦を追ったドキュメンタリー番組を偶然見た瞬間から、自分のまわりの風景が将棋一色に染まっていった。通うバーも、読む本も、つきあう人々も。

 ことに奨励会三段リーグの壮絶な戦いは私の心を突き動かした。世の中にこれほどまでに純粋で残酷なときを生きている若者がいるということを、多くの人に伝えたかった。羽生善治が次々とタイトルを取り、脚光を浴びている陰で、黙々と指しつづけている若者たちがいることを知ってほしかった。「昼の光に、夜の暗闇の深さがわかるものか」という言葉がある。その暗闇で、人知れず美しく輝く男たちを世に知らせたい、その一心でテレビ局に企画を売り込んだ。

 さいわいNHKで放送が決まり、撮影がスタートした。主人公は愛達治三段(現指導棋士四段)。当時30歳の愛さんは年齢制限のため、次の三段リーグで勝ち抜かなければ、プロ棋士になるためにひたすら耐えてきたこれまでの15年が無駄になるという、まさに人生の崖っぷちに立たされていた。私たち取材スタッフは1995年10月から96年3月まで、戦いの最中の貴重な半年間を愛さんとともに過ごさせてもらった。

 取材中には、スタッフが将棋に対して無知だったこともあって、さまざまなところからクレームがついた。将棋会館での初日の取材が終わると、奨励会幹事からは怒鳴られ、『週刊将棋』には「取材に配慮が足りない」と批判され、奨励会員からも抗議を受けた。100人以上の奨励会員の前で「みなさん、本当に申しわけありません。でも、あなた方のひたむきな姿を記録に残すことが、私の使命だと信じています。どうか協力してください」とお詫びをし、懇願したこともある。

 ある三段からはこんなことも言われた。

「この間、トイレで○○三段が”たのむ、俺を殺してくれ”って言うんですよ。わかりますか。俺たち、命かけてるんです。あなた方の取材はこの半年で終わるかもしれないけど、俺たちは人生がかかってんすよ」

 愛さんの自宅に伺ったある日。愛さんはひとりで「人生ゲーム」をしていた。「ひとりじゃ寂しくない?」と訊ねると「相手がいないから」と言うので、撮影を中止してゲームを始めることになった。しなやかで美しい愛さんの指から振り出される賽の目はつねに鋭く、「さすが勝負師」と感心したものだ。当然、愛さんが圧勝した。そして「ゲームならうまくいくんだけどなあ」と独り言のように呟いた。それが人生についてなのか、将棋についてなのかは今もわからない。

 あの半年間、愛さんのために私たちができたことといえば、鳩森神社で祈ることだけだった。何の助けにもならないとわかっていても、私たちはひたすら祈りつづけた。神様、お願いです。どうか愛さんがプロ棋士になれますように……。

 愛さんの夢は結局かなうことなく、奨励会を去ることとなった。テレビの取材など受けるから駄目だったんだと囁かれたりもした。それを知ってか知らずか、最後の日に愛さんはこう言ってくれたのだ。

「今まで応援されることなんかなかったから、みなさんに応援されて本当に嬉しかったっす。みなさんがいてくれて心強かったっす」

 愛さんの優しさが心に沁みた。あの過酷な状況下、撮影を承諾してくれた愛さんに対する感謝の気持ちは今も忘れない。この番組は『次の一手で人生が決まる』というタイトルで、1996年3月に放映された。

 

 午後の対局が始まろうとしていた。私は鳩森神社で平静を取りもどしていた。「大丈夫、命を取られるわけじゃないでしょ」、そう自分に言いきかせた。

 今、私の部屋には「女流アマ名人戦(Bクラス)優勝」と刻まれたトロフィーが燦然と輝いている。そして「これからも将棋、がんばりなさいね」と微笑みかけてくれるのだ。

—————-

岡美穂さんと初めてお会いしたのは(と言っても新宿の酒場「あり」で遭遇したわけであるが)1996年の初夏の頃のことだった。

岡さんは、今の言葉で言えば、女子力が高くかつ男気に溢れた大人の女性、というのが私の印象だ。

その岡さんが、『次の一手で人生が決まる』の撮影でこれほど苦労されたとは、この記事を読んで初めて知った。

—————-

瀬川晶司五段の『泣き虫しょったんの奇跡』のあとがきには、

 最後に、本書の執筆にあたり、取材その他すべての面でいつも僕をサポートしてくれた岡美穂さんと講談社の山岸浩史さん。対局に負けたあと、食事につきあってもらったことも多々ありました。このお二人がいなければ本書の完成はありえなかった。心から感謝しています。本当にありがとうございました。

と書かれている。

岡さんの、『次の一手で人生が決まる』の制作の過程で積み重なった思いが、年齢制限で奨励会を退会してその後プロ編入試験にチャレンジをする瀬川晶司アマ(当時)へのサポートという形として表れたのだと思う。

—————-

岡さんをOさんとして、1998年の近代将棋に記事を書いたことがある。

料亭へ行こう!

この2010年のブログ記事で「店によく来る大物プロ棋士にこの対局の立会人をお願いしてOKをもらうなど」と書いているが、これは「あり」のママが中原誠十六世名人に立会人のお願いをしてOKの返事を得たということ。

「盛り上がりは更に増したのだが、それぞれの人が忙しくなったりして、対局は実現されなかったと思う」と書いているが、これは、直後に林葉直子さんの関連で週刊文春に記事が出たり、私の平穏な私生活に危機が訪れたり、などのことがあったということ。週刊文春とも私とも関係なく、料亭行きが懸かった対局は行われていない。

—————-

岡さんは英国人男性と結婚をして、現在は英国在住。

月に一度、現地の日本人学校で将棋を教えている。

 

 

アサヒスーパードライの広告「キレ味。この一手。第1回 先崎学八段」

将棋世界2000年10月号の、アサヒスーパードライの広告「キレ味。この一手。 第1回 先崎学八段」より。

 修行時代からずっと憧れていたのが森将棋だ。強引なサバキ、綱渡りのような終盤…。森九段の順位戦の棋譜は何度並べたかわからない。その森九段と順位戦B級1組のリーグ終盤で当たった。僕にとってA級に昇格するためには絶対に勝たなければならない大きな一番だった。森九段の作戦は力戦中飛車。定跡形ではなく「力で勝負しよう」と言っている。さすがは憧れの森九段だと思った。僕もその気合いを受けて突っ張ったので大乱戦になった。中盤は森九段の力強い受けにあって僕の攻めが切れ模様になりかけたのだが、▲5三銀(図)の放り込みが会心の一手。このタダ捨てを森九段はうっかりしていた。図から△同金に▲6二角がキレのある攻め筋だ。以下は飛車を取って攻めがつながり、勝つことができた。感想戦で「一発くっちゃったよ」と森九段に言われたときは、無性に嬉しかった。

—————-

観戦記で譜割りをする時に悩むことの一つは、ポイントとなる手が指される直前の状態(次の一手の問題のようなイメージ)を図にするか、その手が指された局面を図にするかという選択。

昨日の三浦弘行八段(当時)は前者、今日の先崎学八段(当時)は後者を選んでいる。

このスーパードライの広告シリーズ全体で見てみると、

  • 第1回 先崎学八段 後者
  • 第2回 田中寅彦九段 後者
  • 第3回 島朗八段 後者
  • 第4回 屋敷伸之八段 前者
  • 第5回 森内俊之八段 前者
  • 第6回 鈴木大介八段 前者
  • 第7回 森下卓八段 前者
  • 第8回 丸山忠久名人 前者
  • 第9回 山崎隆之四段 前者
  • 第10回 行方尚史六段 前者
  • 第11回 三浦弘行八段 前者
  • 第12回 米長邦雄永世棋聖 前者
  • 第13回 中座真五段 前者
  • 第14回 佐藤康光九段 前者
  • 第15回 久保利明七段 前者

と、前者の方が多くなっている。

この局面で複数の候補手があるが、このように考えてキレのある一手を指した、という時には前者になることは間違いないが、手の性質、好みによっても分かれるところなのだろう。

—————-

アサヒスーパードライは1987年2月から販売が開始され、1997年以降、年間シェアがNo.1となっている。

ビール嫌いの私も、スーパードライを初めて飲んだ時は、飲みやすいビールだと驚いたものだ。

—————-

「キレのある一手」と反対の概念は「コクのある一手」ということになるのだろう。

「キレのある一手」がカミソリのように冴えた鋭い手とすると、「コクのある一手」は漢方薬のような一手。

厚みを増す一手、超忙しい局面でじっと端歩を突いておく一手、などであろうか。

 

 

アサヒスーパードライの広告「キレ味。この一手。第11回 三浦弘行八段」

将棋世界2001年8月号の、アサヒスーパードライの広告「キレ味。この一手。 第11回 三浦弘行八段」より。

決断の攻め

 畠山成幸六段と私が優勝を争った第29回新人王戦決勝3番勝負の第1局。

 相矢倉から中盤で角取りに△2四銀と打たれたのが図の局面。

 以下、本譜は

▲1三桂成△同玉▲1四歩△2二玉▲1三銀△3一玉▲2四銀成△同歩▲2五歩と進んだ。

 図で▲6八角と引いているようでは△7六歩と取り込まれて苦しい。ここで角を逃げずに▲1三桂成がキレのある一手だった。対して△同香なら、じっと▲6八角と引いておけば、次に▲2五歩△3三銀▲1四歩の攻めが残る。

 本譜の△1三同玉には、あくまで角を逃げずに▲1四歩~▲1三銀と露骨に打ち込んで攻め続けた。以下△同桂なら▲同歩成△同香▲同香成△同玉▲3三歩で何で取っても▲2五桂がある。結局、角が最後まで3五で頑張ったおかげで、終盤の▲4四角と飛び出す決め手にもつながった。

 私の棋風は「渋い受けの棋風」と言われるのだが、本局は切れ味鋭く攻めを続けることができたと思う。

 

—————-

このアサヒスーパードライの「キレ味。この一手。」は将棋世界だけで展開されたアサヒビールの雑誌広告で、棋士が登場して、自身のキレ味のある一手を紹介していくというもの。

将棋世界2000年10月号から2001年12月号まで出稿されており、

  • 2000年10月号 第1回 先崎学八段
  • 2000年11月号 第2回 田中寅彦九段
  • 2000年12月号 第3回 島朗八段
  • 2001年1月号 第4回 屋敷伸之八段
  • 2001年2月号 第5回 森内俊之八段
  • 2001年3月号 第6回 鈴木大介八段
  • 2001年4月号 第7回 森下卓八段
  • 2001年5月号 第8回 丸山忠久名人
  • 2001年6月号 第9回 山崎隆之四段
  • 2001年7月号 第10回 行方尚史六段
  • 2001年8月号 第11回 三浦弘行八段
  • 2001年9月号 第12回 米長邦雄永世棋聖
  • 2001年10月号 第13回 中座真五段
  • 2001年11月号 第14回 佐藤康光九段
  • 2001年12月号 第15回 久保利明七段

と、この年度のA級在籍棋士や若手注目株棋士が登場している。

羽生善治五冠(当時)は、過去に麒麟「秋味」の広告に出演しているため、このアサヒスーパードライの広告には登場していない。

—————-

図からの▲1三桂成は、よく出てきそうな局面。

なるほど、こう攻めれば良いのかと、頭に入りやすい。

—————-

今日は三浦弘行九段の復帰第2戦、王座戦2次予選、三浦弘行九段-先崎学九段戦が行われる。

勝負は紙一重の差の連続。対羽生善治三冠戦で見事に復活しているように見えるが、4ヵ月以上のブランクはこの紙一重の感覚を鈍らせている可能性もある。

それだけでも、今回の冤罪事件は罪が非常に重いわけであるが、三浦九段にとっては紙一重の感覚を何枚分も取り戻したり検証したりする作業が続く。

早く、三浦九段が勝ちまくる日常が戻ってほしい。

 

 

将棋ペンクラブ末席幹事による将棋ペンクラブ非公認ブログ。近代将棋に連載していた「将棋ペンクラブログ」のネット版です。