対局中の大食列伝

将棋世界1981年2月号、能智映さんの「棋士の楽しみ 将棋の強い人ほど健啖家」より。

 ここへ入って退屈する人はいない。

 昼下がりの対局室、三部屋をぶち抜いた広間は大入り満員。対戦中とはいっても雑談と笑い声がたえない。

 いま食べたばかりの食事の話がきっかけだった。観戦記者までが口をはさんでいる。

「食うといったら、やっぱり大山名人だよ。今はそうでもないらしいが、4、5年前までは緊張するはずの大勝負の最中、こってりしたビーフカレーを2杯食べて、”あとビフテキとサラダ”とくるんだ。それも、ぱっぱっと10分ほどで食べてしまう」

 実際、大山名人はよく食べる。名人獲得18回、優勝回数119の活力は、この食事によって生まれたといってもいいだろう。ご本人も「最近は、やはり食べる量が減りましたね」というが、それでも最近、こんな光景を見た。

 北海道・釧路での対中原名人戦だったと思う。関係者の「スタミナをつけて―」という配慮から、昼食にはワラジほどもあろうかというウナギが出た。それも3枚も並んでいる。「すごく大きいね」とニッコリした大山は例のように、ものすごいスピードで食べ終えた。

 中原は、まだゆっくりと味わいながら食べている。すると大山は、まだ手のつけられずに置かれている膳に目をつけた。「それ、あまってんの。もったいないじゃない」気が付いた関係者の一人が遠慮がちに、その膳を大山の前に運ぶ。

「そうね、食べちゃおか」また、またたく間にウナギが3枚、大山の胃袋に消えていったのはいうまでもない。全部で6枚、胃袋のウナギは窮屈ではなかろうか。

 そして大山、「さあさあ、食べ終わったら食卓には用がない。はいはい、メンバー4人は?」と、座布団を並べて周りに麻雀を促す。スタミナを蓄えたあとは、ひとの麻雀を見物して頭を休めようというのだが、勝負から食事、そして余興とまったく無駄な時間がないのには感心せざるを得ない。

 その大食漢の大山が「あの人は食べますよ。まるで食べなきゃ損みたいにどんどん食べますからね」と、敗北宣言気味に推薦するのが、40歳を迎え指し盛りの加藤一二三九段だ。

 これは実際に見た話ではない。共同通信の田辺記者ほか、何人かから聞いた話のまとめだ。むろん、この種の話は多少なりとオーバーになりがちのもの。その辺、いわば聞き手へのサービスと思っていただきたい。

 食事の注文の時が面白いらしい。

 対局中、関係者が「加藤先生、ご昼食は?」と、そっとメニューを差し出す。すると加藤「うん、そうね」といってから長考に入るらしい。対局相手の食事は、もうとうに決まっている。また関係者がいいにくそうに催促する「あのう、昼食は?」

 すると加藤、「あっそうか」と、また少考したあと、まるで機関銃の玉のように食べ物の名が出てくる。

「そうそう、トースト8枚に2倍のオムレツ、それにホットミルク、ミックスジュース、コーンスープ、飲み物は全部2杯ずつね」

 トースト8枚というのはちょっと信用しかねるが、ともかく山のように積んであるのを見かけたという人は多い。席に着いた加藤は、それをまるで秒読み中のごとく次々と片付けてしまうというのだ。

「将棋指しは丈夫でなければつとまらない」とよくいわれるが、現役棋士104人の中に、この人ほど健啖で丈夫な人はほかにいないだろう。

 この加藤の相手が、意地っ張りの米長棋聖あたりになってくると面白い。

 一昨年の棋王戦のはずだ。対局開始と同時に加藤が「飲み物を―」と注文した。それがすごい。「カルピスがほしいな。そう、ジャーにいっぱい入れてきてください」

 棋王戦の五番勝負の最中というと、2月か3月、恐らくまだ寒い日のはずだ。

(中略)

「ともかく、その2リットル入りのジャーが午前中でカラッポになっちゃったんだよ」と、大きな体の田辺記者もあきれ顔。「相手の米長さんも”すごいねえ”と感心しきりだったよ」と教えてくれたものだ。

 手持ちの医学書には「成人男子は一日に1.5リットルの尿を排出する」とある。ほかに汗や息で体外に出る水分もあることはあるが、加藤だってほかにお茶や水を飲んでいる。このあたりの差し引き勘定はどうもよくわからないのだが―。

 その事件(?)のあった日の午後だったという。こんどは米長が澄まし顔で「そんじゃあ、わたしはミカンを30個ほどもらおうか」と注文したという。

 米長らしい話だ。勝負師はみな意地っ張り、中原-米長の矢倉戦でその一端をのぞかせているが、こんな食い物のことでも猛然と意地をはるのだからおもしろい。

(以下略)

——–

2リットルのカルピスと30個のミカン、どちらが完飲または完食するのが大変だろうと考えてみたが、どう見ても30個のミカンの方が大変そうだ。

だからこそ、米長邦雄棋聖(当時)が注文したわけで、ミカン5個のような感じでは迫力が出ない。

カルピス2リットルの苦しさに匹敵するミカンは10個位かもしれない。

——–

「ビーフカレー2杯とビフテキ」、「うな重2つ」、「トースト8枚に2倍のオムレツ、ホットミルク、ミックスジュース、コーンスープ、飲み物は全部2杯ずつ」の中では、「うな重2つ」が苦しいには違いないが相対的には一番無理がなさそうだ。

——–

能智映さんは、「この種の話は多少なりとオーバーになりがちのもの」と書いているが、現在で考えると、若い頃の加藤一二三九段なら「トースト8枚に2倍のオムレツ、ホットミルク、ミックスジュース、コーンスープ、飲み物は全部2杯ずつ」は大いにありうる事だと思えてくるから不思議だ。

 

 

大の苦手を克服した加藤一二三九段

将棋世界1981年2月号、読売新聞の山田史生さんの「第19期十段戦終わる 加藤、4-1で十段位奪取!」より。

 加藤一二三・九段が、常勝・中原誠十段から、堂々4勝1敗で、十段位を奪い取った。第7期(昭和43年度)以来、実に12年ぶり、二度目の十段位である。

 それにしても、今回の七番勝負で見せた加藤の、積極果敢な攻撃ぶりは見事であった。かつては慎重な上にも慎重、石橋を叩いてもなお渡らず、そのため千日手もけっこう多かった加藤だったが、今回はそんな弱気さはみじんも感じられなかった。

 対局前のインタビューで、加藤は私に言った。

「ひところ対戦成績が極端に悪かった(加藤の1勝20敗)のですが、そのころ私は中原さんの将棋を通り一辺の見方しかしていなかったんですね。浅い見方しかせず、突っ込んだ見方をしていなかった。でも気持ちを込めて見るようになると、中原さんの長所がよくわかるようになりました」

 私はあえてダメを押す。「短所も見えてきたということですね」

 加藤「ええ、まあ。以前に比べ戦い易くなってきたといえますね」

 加藤の満々たる自信を見ることができる。ほかに時間の使い方については「時間にも少し気を使うようになってきました。だから秒読みにはなっても、以前より、秒読みになる時間が遅くなってきていますね。でも、難しくて、面白い所では、たっぷり時間を使ってしまいます」

 ”面白い”という所に注目したい。加藤の長考は、苦吟ではなく、むしろ”楽しみ”であるらしい。これでは相手になる棋士はたまらない。

(以下略)

——–

長所がよくわかるようになるとともに短所も見えてきた、何と奥の深い言葉だろう。

たしかに、相手に真剣に向かい合えば、そのようになるものなのだろう。

勝負に勝つための鉄則と言っていいのかもしれない。

だからと言って、私がキュウリと真剣に向かい合って、キュウリの長所や短所を知っても、苦手なキュウリを克服できるとは思えない。

食べ物や恋愛の初期段階への適用は難しそうだ。

 

 

中原誠十六世名人「加藤さんはうなぎかな」

将棋世界1981年2月号、読売新聞の山田史生さんの「第19期十段戦終わる 加藤、4-1で十段位奪取!」より。

 二日目も快晴。初島のうしろに昨日は見えなかった大島が見える。気温の関係か、同じ快晴でもよく見える日と、全く見えない日がある。

 ところで対局再開前、昼食の注文を聞いておくのが習わし。先に対局室に入っていた中原は「なべ焼きうどん」という注文だったが「加藤さんはうなぎかな」と一人ごちた。

”向こうがうなぎなら、こっちもうなぎだ、負けちゃいられない”という意が汲みとれたのだが、果たして、おくれて入ってきた加藤、ためらわず「私はうなぎ」というのを聞いた中原、「私もそれに訂正して下さい」といった。

 この少し前、広津、大内両八段らと雑談で「前に週刊誌に一週間の献立を出して診断してもらったら、このままだと30歳代で糖尿になるといわれた。食べ物は注意しなければ」などと語っていた中原、舌の根も乾かぬうちの訂正だけに、おかしかった。

(以下略)

——–

将棋世界1981年2月号、能智映さんの「棋士の楽しみ 将棋の強い人ほど健啖家」より。

 この中原も1メートル72センチ、70キロと大柄な体軀だけに食事を楽しむ。

 このごろは「ちょっと肥りすぎちゃってね」という身体を気にしてか、あるいは安子夫人がそれを気遣ってか愛妻弁当をかかえてきて、特別対局室などで外を見ながら一人静かに昼食をとっている。

 だから、地方に出た時などでも、昼食には割に軽いものを注文するのが常だ。

 また中原-米長戦が舞台だが、こんどは中原に主人公になってもらおう。場所も、ずーっと南へ下って福岡のホテルである。

 手を休めて、昼食のメニューをじっと見ていた中原、「夕食は何なの?」と聞く。「和食のようです」との答えに「それじゃあ、昼は洋食にしようかな」と、ずっと先を読んで「うん、決めた。スパゲティーのミートソースに野菜サラダにしよう」

 それを聞いた米長、瞬時に「わたしはステーキ、レアでね」ときた。意表の一手をパッと指したのである。

 私と記録係の少年がそれにならったのもいけなかったかも知れない。

 昼食時、普通は両者は対面に座っては食べない。ところが、この日はどういうわけか、さっきの4人が一つのテーブルを囲んでしまった。

―名人はジトーッと回りの食事を見渡したあと、スパゲティーに手をつけたが、また私のステーキを見直している。

「うん、やっぱり、うまそうだ。ちょっとわけてもらおうか」と思い切ってきり出してきた。私とて、大名人に肉をおねだりされて不満なわけはない。さっとナイフを持って「このぐらいですか?」と聞くと、名人は「いやいやっ」とかぶりを振る。そして「やっぱり真ん中の方がいいね」とぴしゃりといって、ニコニコ笑っている。

「そう、そこそこ!」米長も面白がって口をはさむ。こうして、私の一番おいしいところの肉が4分の1ほど、血をしたたらせて名人の皿に移行していった。私の皿には、中央部のない”仲を引き裂かれた肉片”が2つ。―ちょっぴりあわれな私だが、「名人にステーキをごちそうした」(?)という妙な満足感が残ったものだった。

 このように、将棋指しはみな気さくで無邪気。名人とて、決してその例外ではないのだ。

——–

中原誠十六世名人の柔軟さが、たまらなく良い味を出している。

血液型性格判断の真贋は別としても、いかにも本に書いてあるB型らしい行動パターン。

——–

私はステーキを頼む時はいつもウェルダン。

子供の頃、刺し身などの生ものが嫌いで、火の通っていない肉などは考えられない、という派だったのが大きく影響している。

そういうわけなので、ステーキは好きだけれども、”血の滴るようなステーキ”という言葉を見ても、食欲は起きてこない。

そのくせ、ベーコンは生焼けが好きで、ウインナーソーセージは焼く必要がないと考えている。

ベーコンもソーセージもあらかじめ加熱加工されているし、そのままでも十分に美味しいから。

微妙なのは、生ハム(燻製はするが加熱をしない)で、嫌いではないけれども、食べていてあまり落ち着かない。生ハムカツというものがあるとしたら、一度食べてみたいと思うほどだ。

——–

ベーコンというと思い出すのが、映画『シャイニング』で、ジャック・ニコルソンが炭のようにカリカリに焼いたベーコンを目玉焼きの黄身につけて食べるシーン。

自分なら絶対にあのような食べ方はしない、と強く思ったものだ。

 

 

一手指すごとに対局者が何かしゃべっていた時代

将棋世界2001年6月号、河口俊彦七段(当時)の「新・対局日誌」より。

 特別対局室では、田中(寅)九段対森内八段戦。これは王座戦の本戦だ。田中九段は和服であらわれた。茶系の紬で、着物は着たことがないのでわからないが、きっと高価な物なのだろう。いや値段なんて考えちゃあいけない。和服で対局する、その心意気を感じ取らなければならぬ。

 田中九段の将棋は、かならず序盤に趣向を凝らす。まるで、義務と思っているかのようだ。この日も、序盤早々に普通はありえない手が指された。

 11図は、先手が▲6八玉と上がったところをチャンスと見て、後手が△5五歩と突いたところ。特にどうということのない局面で、並の棋士なら、▲5五同歩と取り、△同角か△同飛、いずれでも▲7八玉と寄ってから、後のことを考える。田中将棋は、そういった平凡をもっとも嫌う。局面がすこしでも動いた瞬間、技をかける。

11図以下の指し手
▲5七銀△5六歩▲同銀△5四銀▲5五歩△同銀▲同銀△同飛▲7八玉△5一飛▲2四歩△同歩▲同角△2三歩▲6八角△7三桂▲2五銀(12図)

 ガツンと▲5七銀と上がる。こう指せば、△5六歩の取り込みから△5四銀と来るに決まっていて、5六の銀が怪しくなる。

 繰り返すようだが、6八玉の形でこう指す人はいないだろう。

 ここで昼休み。再開後しばらく考え、▲5五歩と打った。

 ▲4六歩と退路を作るなどは田中の辞書にない。

 ▲5五歩を打つとき「損をしまいとして損しちゃうんだな」とか田中九段が呟いた。私はたまたまこの場面を見ていたので正確ではないが、そんな意味だった。

 森内八段も、もしかしたらと覚悟していたろうが、実際に指されたときは、エッ!?という顔で苦笑した。

 昔はこういう場面が多かった。大山名人は無口な方だったが、それでもかなりおしゃべりだった。最近、大山対山田道美戦を調べているのだが、名人戦の観戦記を読むと、ほとんど一手指すごとに何かしゃべっている。ひどいときは、投了前に感想戦を始め、大山名人が敗着を指摘していたりする。

 それを観戦記者はボーツキ(盤側にいつづけること)で見ていて、克明に記録している。指さずに見ているのは、対局以上に大変だと思うが、なにかしゃべってくれればおもしろかろう。そうして、常に第三者がいると、おかしなことも起こる。

 大山名人は盤外作戦の名人でもあったが、観戦記者もうまく利用した。山田の手番になると、観戦者と世間話をはじめる。山田九段は耳ざわりでならない。我慢できなくなり、二日目の夕食休みのとき、自室で観戦記者の茶氏に「大山さんがしゃべりだしたら席を外してくれ」と頼む。茶さんも困ったろうが、昔の記者は根性があって「観戦記者は観るのが仕事だから」とつっぱねる。この二人は因縁があって、第2局の茶さんの観戦記を見た山田九段は「私が粗野に描かれている」と怒り「観戦記を断る」と朝日に申し入れた。朝日も引き下がらず山田九段と茶氏が話し合って、いちおうの合意が成り、再び第5局で観戦記を担当することになったのである。

 そういった間柄の二人が、勝負所で密談したところが、将棋界の話らしい。みんな、それぞれのところで勝負していたのだ。今は、順位戦の最終戦の降級が決まるような場面になると、対局室に入るのを尻込みするような人もいる。

 横道にそれたが、一歩損して銀交換の結果はどうだったか。

「2筋の歩を交換しておけば、後手に手がないと思った」が田中説。一方、森内八段は、はっきり言わないが、指せると思っていただろう。ただ▲2五銀と打ってからは、田中ペースの戦いになった。

(以下略)

——–

たしかに、観戦記者との世間話は、かなりの盤外作戦になりそうだ。

もちろん、立会人との雑談という手筋もある。

それにしても、相手の投了前に相手の敗着を指摘する大山康晴十五世名人は凄い。

——–

観戦記者の茶氏は、朝日新聞記者の本田静哉さん。

「アルプス越えて買物に―ヨーロッパ31カ国ドライブ旅行 」、「スペイン―観光と歴史の旅 」、「オーナードライバー」、「名探偵入門」などの著書がある。

山田道美八段(当時)が問題とした茶氏の観戦記は1965年の第24期名人戦第2局のもの。

山田八段は、近代将棋1965年8月号の「名人戦を終わって―敗軍の将、兵を語る」で思いを語っているが、第2局の観戦記についての批判は収まっていない。

この二つの作品は、後藤元気さんの『将棋観戦記コレクション』に収録されている。

茶氏の観戦記は、対局光景が活き活きと描かれており、とても面白い。故・山田道美九段にもこのような面があったのかと、山田九段の今まで知らなかった魅力に触れることができた、という気持ちにもなった。

ところが、山田道美八段は、「ボクがひどく粗野に書かれていて、まるで大山名人をおどしたりすかしたりしながら戦っている印象を受ける」、「同じセリフでもできるだけどぎつく書こうとするふしが見られる。(中略)海が汚かったら、汚いと書くのも結構だが、沼やドブのごとく描かれては困るのだ」と書いている。

なかなか難しく、そして悩ましい問題。

 

 

 

三浦弘行七段(当時)「その犬が死んだ後、出来れば昇級してその報告をしたいと思いました」

将棋世界2000年5月号、三浦弘行七段(当時)の昇級者喜びの声(B級2組→B級1組)「気を引き締めて」より。

 今期の順位戦は、初のB2参加で、初手合の人もいて、自分がこのクラスでどの位通用するか分からず不安だった。

 滑り出し2連勝と好スタートを切ったものの、3回戦の、対阿部戦にいい所なく敗れ、順位の悪さも考え合わせると、昇級を半ば諦めざるを得ない状況だった。しかし、今考えて見ると、プレッシャーがかからず、結果的に良かったのかもしれない。4回戦以降も苦しい戦いが続いたが、昇れなくて元々と思えた事で、精神的に気楽に指せたのが大きかった。強敵を相手に何とか白星を積み重ねていき、9回戦を終えた時点で自力昇級の目が出た。流石にここまでくると、明らかに違うプレッシャーが掛かったが、残すはたった一局で、しかもわずか3週間後の短い期間では、逆にプレッシャーに押し潰されている暇もなく、この点でも幸運だったと思う。最終局は体調的に万全ではなかったものの、自分らしい将棋が指せた。

 これで来期は鬼の住み家と言われるB級1組で戦うことになる。局数も増えるし、今までの順位戦の中で一番厳しい戦いになるに違いない。しかし、最近生活がややたるみがちになっている私にとっては、逆に私生活を改めるのにいい機会だと思いたい。

 図は有吉九段との順位戦初戦、要所に角を打ち、次に▲4五歩と突き出す手が厳しいので、うまく戦機を捉えたと思った。

 しかしここから容易に土俵を割らない有吉九段の指し手に苦しみ、双方百手近く指し続けた結末は持将棋だった。そして指し直しの将棋が終了したのは午前3時だった。初戦からこうなので、今期は楽な将棋は一局もないと覚悟を決めたものだった。

 一期で抜けることが出来たのは、本当に幸運としかいいようがない。

 最後に応援して下さった方々には誌上をお借りしてお礼申し上げます。

 有難うございました。

——–

昨日の記事の藤井猛竜王(当時)と同時にB級1組に昇級した三浦弘行七段(当時)。

昇級を決めても、「局数も増えるし、今までの順位戦の中で一番厳しい戦いになるに違いない。しかし、最近生活がややたるみがちになっている私にとっては、逆に私生活を改めるのにいい機会だと思いたい」と考えるところが、三浦弘行九段らしいストイックさだ。

——–

実は、この年度の順位戦が始まる直前に、三浦弘行六段(当時)が可愛がっていた愛犬が亡くなっている。

B級1組への昇級を決めた後、三浦弘行七段はインタビューで、次のように語っている。

その犬が死んだ後、出来れば昇級してその報告をしたいと思いました。今期あまり気合の入っていなかった私にはっぱをかけてくれたような気がします。

三浦弘行六段(当時)の純真

愛犬が亡くなった直後の順位戦第1局、持将棋になってからの深夜3時までかかった対局は本当に厳しかったことだろう。

B級1組への昇級を決めた1年半後(=A級へ昇級を決めた半年後)、三浦家では知人宅から子犬をもらうことになり、それが現在の愛犬の「チー」となる。

——–

2013年の朝日新聞の記事によると、三浦弘行九段が物心がついた頃から家には犬がいて、初代がコロ、2代目がチビ、3代目がミー、4代目がチー。

3代目のミーよりも2代目のチビが長生きしたということなので、1999年度の順位戦が始まる前に亡くなったのはチビということになる。

4代目チーは、チビの「チ」、ミーの「ー」を取って名付けられた。

後に升田幸三賞に選ばれた「ミレニアム囲い」も、犬と散歩しながら構想を練ったという。

——–

三浦九段はこの取材で、「犬は大好きです。私はまだ独身ですが、人間の女性より好きかもしれない……というのは冗談ですけど」という、いかにも三浦九段らしい冗談を言っている。

この記事を取材したのが、朝日新聞の佐藤圭司記者。

佐藤圭司さんは昨年、将棋ペンクラブ大賞観戦記部門大賞を受賞しており、9月に行われた贈呈式の時に、三浦九段も佐藤圭司さんのお祝いに駆け付けている。

 

 

 

 

将棋ペンクラブ末席幹事による将棋ペンクラブ非公認ブログ。近代将棋に連載していた「将棋ペンクラブログ」のネット版です。