朝日杯将棋オープン戦

昨日の朝日杯将棋オープン戦は、熱戦が6局。

(東京)

丸山忠久九段-島朗九段

藤井猛九段-宮田敦史五段

→丸山忠久九段-藤井猛九段

(大阪)

谷川浩司九段-平藤眞吾六段

福崎文吾九段-阿部隆八段

→谷川浩司九段-阿部隆八段

このうちの一局の中継だけでも見所満載なのに6局もという超豪華版。

丸山忠久九段-島朗九段戦では、丸山九段の石田流という滅多に見ることができない戦型。

藤井猛九段-宮田敦史五段戦は、スリル満点の相振飛車。振飛車党にとても喜ばれる内容だと思う。

谷川浩司九段-平藤眞吾六段戦は、谷川九段の地下鉄飛車模様と光速の寄せ。

福崎文吾九段-阿部隆八段戦は、福崎九段の乱戦袖飛車模様。

仲のよい兄弟弟子対決なので、感想戦は面白い展開になる。中継は次の描写で締めくくられている。

『12時36分に感想戦は終了。福崎は明るく「じゃぁ、次も頑張ってください!」。感想戦を見に来ていた谷川九段が思わず吹き出した。さらに福崎は「次の相手は強いぞぉーっ」。阿部も谷川も、笑うしかなかった 』

(→中継ページ

*****

今日の中継は、次の3局。

井上慶太八段-豊島将之五段

杉本昌隆七段-糸谷哲郎五段

上記対局の勝者同士

*****

それにしても、朝日杯将棋オープン戦の中継記者の方々は大変だと思う。

  • 短時間での棋譜・コメント入力
  • 記録係の隣での中継なので、控室でのプロ棋士のコメントが聞けない。自分の頭の中だけで手の解説をしなければならない。
  • キーボードを打つ音など、対局中の棋士に気を使ってしまう。

このような条件下での見事な中継。プロの技だと感じさせられる。

タイトルとURLをコピーしました