将棋が大好きな広島の親分(2)

将棋大好き親分
高木さんは、飯干晃一著「仁義なき戦い」にも実名が出るほどの大物会長だった。昭和40年代初頭の引退時は、地元の中国新聞でも写真入りで取り上げられている。
引退後は喫茶店などを経営し、趣味の将棋を楽しんでいるが、そのような前歴があるとは思えないくらい腰が低い。
戦中は、大阪の木見八段道場のアマチュア門下生だった。
広島平和公園支部を立ち上げ、野外道場を開いていたこともある。
また、高木さんは、アマチュア向けに広島賞金大会を開催した。年を追うごとに参加者は増え続け、昭和51年の第3回アマ将棋強豪広島大会「青葉の将棋祭り」では関西、関東、九州から二百五十名以上の参加があった。参加者の多さに驚いた高木さんは翌年大阪で開催することとした。
これが「第4回全国アマチュア将棋の祭典」通天閣将棋センターで行われた。参加者数四百名余。この大会が読売新聞のアマチュア大会へと引き継がれた。
高木さんは日本将棋連盟から七段を贈位されている。
「大山15世名人の将棋の旅」にはほとんど参加しており、湯川さんが高木さんと知り合ったきっかけも、この旅および故・七條兼三氏(秋葉原ラジオ会館社長)の会だった。
高木さんが上京した時は必ず七條邸に寄っていた(七條氏は将棋界の良き旦那で詰将棋作家、大山15世名人の著作「我が出会い」では将棋会館建設の恩人とされている)。
故・花村九段とは格別に親しく、北九州から将棋の修行のために広島に来ていた森下卓少年(現九段)は、高木さんに見込まれ、その後押しで花村門下に入った。
高木さんの現役時代は、子分を引き連れて歩くと相手方を刺激させ命を狙われる確率が高くなるということで、ボディガードを付けずに子犬を連れて歩いてた。
「子犬を連れている老人を見たら、狙う気も起きなくなるやろ」
ということらしい。

湯川さんは東京出身で「し」と「ひ」が逆になることがしばしばだが、西日本の言葉もデフォルメしてうまく話す。
同様の理由で、市中の飲み屋にもあまり行かなかった。
「飲み屋から出てきた瞬間が危ないんよ」
確かに、実録物である映画「仁義なき戦い」シリーズをみると、ナイトクラブから出てきた瞬間に撃たれて、絶命する人があまりにも多い。
ロサンゼルスでのタイトル戦観戦ツアーに参加した時、主催者側の配慮なのか、飛行機の座席は高木さんと湯川さんが隣どうし、ホテルも高木さんと湯川さんが同室だった。
この頃、高木さんと湯川さんは大分親しくなっていたが、高木さんがいろいろと用事を言いつけるので湯川さんが
「私はあなたの子分じゃないんだから自分でやって下さいよ」

と言うと、高木さんはプイと部屋を出て行き、アマ名人の若林さんの部屋へ

「湯川さんがわしのことを苛めるんよ。この部屋に泊まらせて下さい」

と言って入ってしまった。

このまま高木さんは若林さんの部屋に居着くことになるのだが、後日、若林さんから「湯川さん、あのようなご老人はもっといたわってあげなければいけませんよ」と言われた湯川さんは、むしろいたわってほしいのは自分のほうだと思った。

高木さんは芝居上手なのだろう。
高木さんが若い頃、俳優になろうと思い、京都撮影所まで行ったが、セットなどあまりにウソが多いので断念したそうだ。
この時、高木さんは若林さんに頼み込んで、市街観光は一切せずにホテルの中で将棋ばかり指していた(後年、団鬼六氏のエッセイにも、高木さんが横浜にあった団邸を訪れたとき、団氏が横浜市内を観光でもと勧めても、それを辞し、将棋ばかり指していたという記述があった)。

つづく

将棋が大好きな広島の親分(1)

2004年に亡くなられてしまったが、広島に将棋が大好きな元・テキヤの大親分がいた。

昨年、私とバトルロイヤル風間さんが将棋ペンクラブ大賞文芸部門優秀賞を受賞することとなった「広島の親分」の主人公、高木達夫さんだ。

親分を引退した後の高木さんは、大型アマチュア大会の創設、将棋会館建設などの功績で、日本将棋連盟から七段を贈呈されている。

私が書いた「広島の親分」はかなりな長編なのでブログに全文載せることはできないが、はじめの部分などを抜粋して、七條兼三氏とは違ったタイプの旦那、高木達夫さんを紹介していきたい。

はじめの部分の抜粋とはいえ、それでも結構長く、3回の連載となる。

—–

2004年5月5日品川駅 この日、連休最終日にもかかわらず、私は会社へ向かっていた。私の勤務する会社が、中野から品川へ連休中に引越しをしており、自席の荷物の整理などをするための出社日となっていたからだ。

 私の携帯電話に着信があったのは、山手線が大崎を過ぎ品川に向かう途中のことだった。車中であるので電話に出ることができない。品川駅で降りて携帯電話を確認すると、湯川博士さんからの電話だった。留守電が入っていた。「広島の高木さんがお亡くなりになられたよ。君にも伝えておこうと思って」

広島の高木さん。愛棋家で、テキヤの大親分だった高木達夫さんのことだ。ご病気だということは聞いていたが… 私が高木さんとお会いしたのは一度だけだったが、高木さんは極めて個性的で魅力のある方だった。私は、湯川さんと一緒に広島まで高木さんに会いに行った時のことを思い出しながら、新社屋へと入っていった。広島へ行くきっかけとなったのは、ちょうど7年前の5月、湯川さんと交わした会話からだった。

1997年5月4日新幹線車内

1997年5月4日、大阪へ向かう新幹線の車中、私は湯川博士さんが話してくれることに聴き入っていた。翌日は将棋ペンクラブ大阪交流会がある日だった。

「将棋が強い人にはいろいろとユニークな人がいてさ…」

大田学さんや小池重明さんなどの面白い話が次々と続く。列車は名古屋近辺を通過した。

「そういえば、名古屋の演芸場の楽屋に住み着いていた将棋の強い芸人がいてね」

「えっ、楽屋に寝泊りしていたんですか?」

「そう、神田連山という変わった講談師なんだ。楽屋を勝手に自分の家のようにしていた。神田山陽さんの弟子だったけれども、不始末ばかりやっていて7回も破門になっちゃってさ。東京の寄席に出られなくなった」

「7回も破門なんて、よく6回も許してもらえましたね」

「ふつう破門は一度で終わりだし、調子のいい奴でも二度目の破門でそれきりになるんだけれども、破門されるたびに寄席の席亭だとか有力後援者を連れてきて詫びを入れるんだ。それで山陽師匠も許してしまう。59歳で真打になった遅咲きで、将棋の実力はアマトップクラスあったけど、講談は上手くなかった。不思議な愛嬌のある爺さんだったね」

もう鬼籍に入ったこの老講談師に、私が微妙な興味を抱きはじめた頃、湯川さんは更に興味深い話をしはじめた。

「ところがもっとすごい人がいて、高木達夫さんという広島のテキヤの大親分なんだ。映画の仁義なき戦いの金子信雄のようなとぼけた感じの親分でさ」それからの湯川さんの話は次のようなものだった。

つづく

「中倉彰子女流初段-林葉直子さん」の一戦

昨日行われた日レスインビテーションカップ「中倉彰子女流初段-林葉直子さん」の一戦は、中倉彰子女流初段の勝ち。(→中継

林葉さんの勝機が何度かあったと思うが、終盤近くのチャンスを逃がした影響が大きく、林葉さんにとっては残念だった。

しかし、各社の報道記事の林葉さんのコメントを見ると、今回の対局がきっかけとなって林葉さんの将棋に対する情熱が高まった可能性もあるようにも感じられる。

どちらにしても大きな一歩だったと思う。

そして、大きなプレッシャーの中、勝った中倉彰子女流初段も立派だった。

8月8日(日)の日レスインビテーションカップ準々決勝・準決勝の一斉公開対局大盤解説会には林葉さんも来場するという。

私も足を運んでみようと思っている。

「中倉彰子女流初段-林葉直子さん」の対局など

今日は13:00から、日レスインビテーションカップ「中倉彰子女流初段-林葉直子さん」の一戦が行われる。

中継

とうとう、この日がやってきたという感じだ。

林葉さんに将棋ペンクラブの対談に出ていただいてから4年半、今年の将棋ペンクラブ交流会の参加から2ヶ月、感慨深いものがある。

—–

昨日の、王位戦第2局1日目の昼食は、深浦康市王位が「ハンバーグステーキ・キノコソース」、広瀬章人六段が「鮭いくら丼」。

どちらもはずれてしまったが、今日の昼食でどうなるか。

私は先頃まで、深浦康市王位の昼食予想が全くはずれてばかりだったが、ここ最近の棋聖戦第3局、王位戦第1局と、的中している。

しかし、この二局とも、深浦王位が敗れている。

深浦王位のメニュー選択は変幻自在で予想しづらいのが特徴であるが、私の予想が当たってしまうような日は不調な時なのかもしれない。深浦王位の2日目のメニューが「ウニ・サケ・イクラ丼」「冷やし稲庭うどんとおにぎり」以外であれば、深浦王位が好調である可能性が高くなると思う。

王位戦中継

北海道新聞王位戦サイト(動画ニュースなど)

—–

今日はもうひとつ、竜王戦決勝トーナメント、久保利明二冠-郷田真隆九段戦が中継される。

竜王戦中継

過去の棋戦では、その年度のその棋戦において、エピソードのあった棋士が優勝していることが多い。

  • 1989年度NHK杯トーナメント1回戦で、櫛田陽一四段(当時)が収録時刻に大幅に遅れてしまったが、対局が認められ勝って、そして勝ち続け、最終的には優勝。
  • 2007年の第1期大和証券杯ネット将棋・最強戦で、パソコンは持たない主義でマウス操作も苦手だった郷田真隆九段が優勝。副賞はパソコンだった。
  • 2009年のJT杯で、当初は出場の予定ではなかった谷川浩司九段が優勝。

こうやってみると、今期の竜王戦1回戦で不運な不戦敗をしてしまった郷田九段が挑戦者になる可能性が高いという見方もできると思う。

王位戦第2局対局場「ルネッサンスサッポロホテル」

深浦康市王位に広瀬章人六段が挑戦する王位戦第2局は、札幌市の「ルネッサンスサッポロホテル」で行われる。

中継

北海道新聞王位戦サイト(動画ニュースなど)

ルネッサンスサッポロホテルは、米国のマリオット・インターナショナルグループのホテルで、アートなホテルをコンセプトに、メインロビーの天井画をはじめとして、ロビー、通路、エレベーターホールなどに絵画が設置されている。

昨年の10月14日、女流王位戦で石橋幸緒女流王位(当時)による歴史的反則手「▲2二角成」が指されたのも、このホテルでのことだった。

iconicon

ルネッサンスサッポロホテル内にはレストランがいろいろとあり、どのようなメニューが出てきても不思議ではない。(中国料理 美麗華中国料理 美麗華 点心坊リストランテ イルサーリチェカジュアルレストラン カリフォルニアンザ・コートヤード・ラウンジ日本料理 花城

[これまでの昼食実績]

(「将棋棋士の食事とおやつ」による)

ルネッサンスサッポロホテルで2009年に行われた王位戦および女流王位戦では、

深浦康市王位が「グリルチキン」、「鮭いくら丼」

木村一基八段が「鮭いくら丼」、「ビーフカレー」

石橋幸緒女流四段が「ウニ・サケ・イクラ丼」

清水市代女流王将が「ハンバーグステーキ・キノコソース」

[昼食予想]

私にとっては初めての、3クール目の対局場での昼食予想となる。

また、広瀬章人六段は小学生時代に札幌に住んでいた。

しかし、それは昼食予想の精度向上の追い風になるわけでもない。

今回も、理屈抜きで予想してみたい。

深浦康市王位

第一候補 「ウニ・サケ・イクラ丼」

第二候補 「冷やし稲庭うどんとおにぎり」

広瀬章人六段

第一候補 「松花堂弁当」

第二候補 「冷やし稲庭うどんセット」