末席幹事 のすべての投稿

順位戦のサメ、カツオ、イワシ

将棋世界2004年5月号、河口俊彦七段(当時)の「新・対局日誌スペシャル 第62期順位戦最終局」より。

 これはA級にかぎらないが、各クラスとも中身は3つくらいに分かれている。サメ、カツオ、イワシで、サメが昇級候補、イワシが降級候補なのはいうまでもない。その格付は、各棋士がそれぞれ作っていて、誰も口に出さないが、だいたい一致している。そして仲間からイワシと思われると、辛いことになる。大山名人が、やっとA級残留を決めたとき、自嘲まじりに呟いた「みんなに危ないと思われたら長くない」はそれを言っている。

 また、A級は1年で落ちるが、表にあらわれない降級点みたいなものがある。つまり、長年上位にいる大棋士は、1年の不調では落ちない。みんな、負け越して順位を7位とか8位に下げ、そして持ちこたえられなくなって落ちる。

 そこで谷川王位の星を見ると、今期は出来がわるく、4勝4敗である。もし最終戦で負けると、落ちはしないが、順位が大きく下がり、6位か7位になってしまう。それは下り坂にさしかかったと思われかねない。タイトルを保持している実力からして、すぐ勝ち越して順位を戻すだろうが、1年間は、下位にいる自分の名をみんなに見つづけられることになる。プライドが高い谷川王位だから、それは不愉快だろう。

 そんな想像をして対局中の谷川王位を見ると、いつもと表情が違っているように思えた。戦いは負けられぬ一戦らしく、相穴熊の長期戦。

(以下略)

* * * * *

サメ、カツオ、イワシ。

サメとイワシは分かるのだが、なぜ中間がカツオなのか、例えばなぜマグロではないのか、調べてみた。

マグロの餌はサバ・サンマ・イカなど。

一方、カツオの餌にはカタクチイワシが主に使われるという(実際のカツオ漁は、いくつものバケツでカタクチイワシの生餌を海に投げ入れ、寄って来たカツオを疑似餌で釣る)。

マグロもイワシを食べることがあるのだろうが主流はもっと大きな魚類。カツオはイワシが大好物。

そういうわけで、サメとイワシの間にカツオが入るのだと考えられる。

 

将棋関連書籍amazonベストセラーTOP30(2018年6月23日)

amazonでの将棋関連書籍ベストセラーTOP30。

 

谷川浩司二冠(当時)「やっぱり少しゼイタクですか」

将棋世界2004年5月号、中島一彰編集長(当時)の第29期棋王戦五番勝負〔丸山忠久棋王-谷川浩司王位〕第4局観戦記「谷川、二冠に驕りなし」より。

「苦しい将棋が多かった。第2局は完敗でしたし、今日の将棋も少しずつ、ずっと悪かった。結果は出来すぎです。運がよかったですね。(棋王は)16期ぶりの返り咲きですか……随分昔のことなので……そうですねぇ、(以前の在位の頃は)若かったですからねぇ。

 二冠についてですか……まあ、森内さんも同じように思っていると思いますが、これで羽生さんに追いついたとは考えていません。これからが大事なのだと思います。

 タイトル二つも久し振り、6年振りですか。しかし、これも続けていかないことには価値がないことで……。30代の人達でタイトルを独占されるよりは、40代でタイトルを保持することが、将棋界のためにはいいかもしれませんが。

 今年度は勝率も久し振りに7割近く残せました。ここ何年かは5割台が続いていましたからね。ただ、竜王戦や王将戦などでチャンスを逃しているので、タイトル二つ持って言うのはゼイタクなんでしょうが、もう少し優勝できるようにしなくては……やっぱり少しゼイタクですか……しかし、新年度の4月からも、また気を引き締めて臨みたいと思います」

 終局後の勝利者インタビューに答える形で、谷川は、いかにも谷川らしく、静かに落ち着いて、淡々と語った。

(以下略)

* * * * *

この時、谷川浩司王位・棋王、森内俊之九竜王・王将、羽生善治名人・王座で、二冠が3人。もう一冠は佐藤康光棋聖だった。

* * * * *

「まあ、森内さんも同じように思っていると思いますが、これで羽生さんに追いついたとは考えていません。これからが大事なのだと思います」は本当に実感だったのだろう。

グラフで現在の値は同じでも、過去からの面積を考えるとまだまだ追いついていないということ。

* * * * *

谷川浩司九段の声と話し方を思い出しながら談話の部分を読み返すと、もっと臨場感が増してくると思う。

 

「とにかくイヤらしい相手」

将棋世界2004年3月号、「第62期順位戦」より。

 図から3手1組の手筋がある。ちょっと気付きにくい手順である。

 残り2局を残しての余裕をもって、深浦が昇級を決めた。かつてはC2で9勝1敗頭ハネなど、何度か不運があったが、ついにA級まで昇りつめた。

 深浦将棋に派手さはないが、細かく少しずつポイントを上げていくのに長けており、そして粘り強い。仲間内の評は「とにかくイヤらしい相手」と一致している。

 △7七歩▲同桂△7五金がうまい。次の△7六歩が受からない。▲7六歩は△同金のあと、また引かれて歩がなくなってしまう。

* * * * *

2003年度のB級1組順位戦、深浦康市七段(当時)がA級昇級を早々と決めた後の一局。

* * * * *

2図から△8七金▲同銀△同角成▲同金△同飛成と一気に行く道もあるが、やや僻地にいる先手の金銀を捌かせることになり、面白くないといえば面白くない。

本譜の△7七歩▲同桂△7五金が先手にとっては嫌な手順(△7七歩に▲同銀は△8七金、△7七歩に▲同金は△同金▲同桂△7六歩)。

△7五金とされて、先手の指す手が見当たらない。

振り飛車党にとっては非常に憂鬱になるような展開。

* * * * *

「とにかくイヤらしい相手」

実生活でこのように言われたらかなり考え込んでしまうが、勝負の世界では最大級の賛辞だ。

 

「あの野郎、タダじゃおかないぞ」というムードを今回感じた

将棋世界2003年8月号、弦巻勝さんのフォトエッセイ「昔を感じさせてくれた名人戦」より。

 将棋のタイトル戦を撮影して早いもので30年近くになる。

 その間、誉められた事は少ないが、怒られた事は多々有る。それでも続けてこれたのは、将棋が面白く大好きだからと、多くの棋士が仲間として接してくれたからと思っている。

 理事室に呼び出され、故・大山康晴十五世名人にこっぴどく叱り飛ばされた事も有るし、撮影拒否にも遭った。

 ただ、我、正義なり、と意に介さなかったのは若さかも知れない。現在のように自由に撮れる環境も無いし、鼠が猫に鈴を付けに行く感じが昔は有った。おかげで早撮りとカット数も少なく、しかも機材はシンプルと、現在の撮影方法に辿り着いた。

 若手の棋士は晩年の好々爺になった十五世を見聞しているが、昭和50年代の十五世は半端じゃあなく、おっかなかった。それでも麻雀に誘われたり旅に同行するうちに、十五世のマキャベリズムと言うのか、その辺が少し解ったように思っている。今回の名人戦、1局、3局、4局と撮影したが、もしかすると昔にもどっているのでは、と感じたので、その辺を書こうと思う。

 タイトル戦は盤上の将棋だけが勝負では無く、その間のすべてが勝負で、保持者と挑戦者に争いの空気が走っている。ある時期から、いや、勝負は盤上だけや……と感じ昔に比べお上品だな、と見ていた時期も有る。

 しかし1局目、対局場に歩いて来る羽生さんのおっかない顔、指し掛けで対局場から、やけに爽やかな顔で出てくる森内さん……あれは、どちらも昔のタイトル戦の顔だと思う。

 ここ数年、学会の研究発表みたいなタイトル戦も観たが、あれでは将棋ファンも解らないし、だいいち面白く無い。良い子ばかりの将棋では……。

「あの野郎、タダじゃおかないぞ」というムードを今回感じた。

 棋士は勉強すればするほど定跡とか筋とか、考えなくても、そこそこの手は指せる。普段、そのように訓練もしている。しかし勝負手とはそのような中から生まれるものでは無いと思う。

 人生をかけた手かと思う。

 幼稚園児が描く絵とピカソが描く絵の違い、イソップの童話は滑らかな人生を歩いて来ては書けない。何十時間家の中で勉強しようと、そういう事ではタイトルは獲れないと思う。

 今回の名人戦にそんな事を感じた。

* * * * *

この期の名人戦は、森内俊之名人に羽生善治竜王が挑戦して、4勝0敗で羽生竜王が名人位を奪取している。

しかし、森内九段はここから、竜王戦、王将戦、翌期の名人戦で羽生竜王・名人に勝ってタイトルを獲得する。

この年を含めて名人戦で8回戦うことになる「羽生-森内」の初年度。

* * * * *

故・村山聖九段は「羽生さんは対森内戦になるとにわかに凶暴になる」と言っていたという。

また、2012年には、勝又清和六段がブログで、「お互いにお互いが相手の事を 力いっぱいブン回しても 壊れないおもちゃだと思ってる」という言葉で二人の関係を表現している。

対森内戦になるとにわかに凶暴になる羽生七冠(当時)