末席幹事 のすべての投稿

森内俊之名人(当時)の名人戦史上稀に見る絶妙手

将棋世界2005年7月号、第63期名人戦〔森内俊之名人-羽生善治四冠〕シリーズ前半を振り返る「面白くなる予感」より。佐藤康光棋聖と郷田真隆九段の特別座談会。

第2局 平成17年4月25・26日 於・三重県鳥羽市「戸田家」
○森内-羽生●

―まず第2局ですが、羽生四冠の注文で第1局と同じく一手損角換わりの出だしになりました。

郷田 一手損角換わりは流行の戦法ですが、2局連続で指すとは意外でした。

佐藤 先手棒銀に対する△4四歩から四間飛車はぼくが最初に指した将棋です。

郷田 封じ手の△3五歩(2図)は羽生さんの勝負手。森内さんは意外だったのではないですか。

佐藤 羽生さんにすればこの一手なんでしょうけど。ふつうに囲っていたのでは勝ち目がないと思ったんでしょう。

郷田 この手には▲4七銀と引いて、以下△4五歩▲同歩△同飛▲4六歩△4二飛▲7七銀にようにじっくり指すのもあったかもしれませんが、森内さんとしては良さを求めたいと▲3五同銀と取り、一番激しい戦いになりました。

佐藤 森内さんの▲6五角はノータイムの手でしたが。あまりうまくいきませんでしたね。羽生さんの△3一歩(3図)がいい手でした。

郷田 指されてみればなるほどという手で、陣形がしっかりしましたね。森内さんはここで▲4六銀と指しましたが。

佐藤 ▲4六銀は早い指し手でしたが、屈辱的な辛抱といえる手です(笑)。この手で▲2四歩△同歩▲同銀と攻めるのは、△4四飛▲3三銀成△同桂▲2一飛成に△4七角で先手苦しい。先の△3一歩が生きる展開です。

郷田 ▲4六銀以下は、△4四飛▲4五歩△4一飛。▲6五角の手から考えるとちょっと不可解な手順ですが、以下も、森内さんがひたすら耐え忍ぶ将棋になりました。

(中略)

郷田 羽生さんはそれほど形勢がいいとは思っていなかったんですかね。森内さんが▲6六角と香取りに角を打ったのが4図で、攻め合いにいきます。

4図以下の指し手
△3九角▲1一角成△4八角成▲同金△2八飛▲3八角△4五銀▲3九銀△5六銀▲6六馬△3八飛成▲同金△4七銀成

郷田 △3九角と決戦に出ましたが、羽生さんが攻め急いだ感じがします。この手では
△3三角と合わせ、▲4四銀△同金▲同歩△2五歩(A図)。これで次に△2四角とのぞく手を見せてじわじわ指せばどうだったでしょうか。

佐藤 ▲3八角が森内さんの好手だったんですね。ふつうは銀を使うところを角で受けて▲3九銀と打つ形を残したのがうまかった。

郷田 羽生さんは、この▲3八角を軽視していたのかもしれません。

佐藤 ▲3九銀に飛車を逃げるわけにはいかないので△3八飛成と飛車を切りましたが、羽生さんにとっては不本意な手のはずです。飛車を渡したことで、逆に羽生さんが忙しくなりました。

郷田 こういう進行になるのだったらやっぱり他の手段を選ぶべきです。

佐藤 形勢を持ち直してからの森内さんは、指し手が早かったですね。

郷田 苦しい将棋だったこともありますが、開き直れたのが勝因でしょう。しかし、厳密の形勢は、まだ羽生さんに分があるのではと私は見ていました。△4五歩(5図)がどうでしたかね。△5八竜と竜を引く手の方がよかったと思いますが。

佐藤 歩を打つなら△4三歩とどこかで打つ形です。おそらく勝利を見通して勝ちに行ったのでしょうが、直後に森内さんに妙手が出ました。

郷田 5図で▲4八金が妙手。△3九竜は▲5七金と成銀を取られますので△4八同成銀と取りましたが、成銀がそっぽに行ったので後手の攻めが遅れ、先手玉が寄りにくくなりました。

―▲4八金は名人戦史上まれに見る妙手と話題になりました。鮮烈な森内名人の逆転劇でしたね。

佐藤 この将棋での羽生さんの指し手は凄く慎重でしたね。先手の端の位が大きいと判断して決戦に行ったようですが、どこかに誤算があったんでしょう。

(つづく)

* * * * *

森内俊之名人(当時)の5図からの▲4八金(6図)が絶妙手。

後手からの寄せのスピードを遅らせることができれば、▲6六香~▲6三香成の攻めが超特急。

* * * * *

佐藤康光棋聖(当時)の「先手棒銀に対する△4四歩から四間飛車はぼくが最初に指した将棋です」が、とても嬉しそうだ。

佐藤康光九段が繰り出す新手・新戦法を誰も真似てくれない、と嘆いていたのがこの3年前のことだった。

佐藤康光王将(当時)「我が将棋感覚は可笑しいのか?」

 

郷田真隆九段「裸になって気持ち良くね(笑)」

将棋世界2005年7月号、第63期名人戦〔森内俊之名人-羽生善治四冠〕シリーズ前半を振り返る「面白くなる予感」より。佐藤康光棋聖と郷田真隆九段の特別座談会。

―3期連続の羽生-森内の名人戦七番勝負。一昨年の名人戦以来、いくつものタイトル戦で熾烈な闘いを演じてきた経緯があり、このシリーズはさまざまな意味で注目を集めています。

一時は羽生さんから立て続けにタイトルを奪って、三冠を保持する快進撃を見せた森内名人ですが、昨年12月に渡辺明さんに竜王位を、そして今年2月には羽生さんに王将位を奪還されました。シリーズ開幕前の予想では、森内名人不利の声が多い印象がありましたが、第3局を終わった時点では、森内名人の2勝1敗というスコアです。ここまでの流れをどうご覧になっていますか。

佐藤 森内名人が、竜王・王将と立て続けに失ったのは、疲れもあったと思います。三冠になって立場も変わりましたし、一年間続けてタイトル戦に出るという経験がこれまでなかったわけですから。でも、2月に王将戦が終わったあと名人戦までかなり間があったので、ゆっくり自分の将棋を見つめ直すことができたのではないでしょうか。森内さんは調子を取り戻したという感じを私は持っています。

郷田 裸になって気持ちよくね(笑)。このシリーズの森内さんは、第1局から第3局まで、戦うごとにだんだん良くなってきている印象があります。

―第1局は森内名人が黒星スタートでした。先月号で詳細に紹介しましたが、内容的には森内名人も負けてはいませんでしたね。

郷田 非常に接戦でしたね。終盤はどちらが勝ってもおかしくないという感じでした。

―印象に残っている局面とか興味深いところがあったら教えてください。

郷田 難しい将棋でした。中盤は森内さんのほうが形勢がよかったと思いましたが、なぜ途中で△5五馬と引かなかったのかが気になりました。時間がなかったせいもあるでしょうけど。

佐藤 この間、先崎八段と話したんですけど、終盤で△8四歩(1図)と指した手がありましたが、私は見ていてそれが一番驚きましたね。あの忙しい最中によく突いたなと(笑)。形勢が悪いとそういう頑張りはなかなかできないものですが、なんとなく森内さんらしい手だなと思いました。負けはしましたが、第2局で勝ったことで、第1局の将棋が生きたという感じがしました。

―それでは、森内名人が巻き返しを見せた第2局、第3局を、順を追ってお二人に振り返っていただきましょう。

(つづく)

* * * * *

佐藤康光棋聖(当時)と郷田真隆九段による、森内俊之名人-羽生善治四冠の名人戦前半を振り返る非常に豪華な企画。

登場人物的には1982年12月奨励会入会の羽生世代棋士が全員揃った形だ。

* * * * *

郷田真隆九段の「裸になって気持ち良くね(笑)」が唐突な感じがするが、気持は良くわかる。

* * * * *

1図以下、▲6三銀△同金▲同歩成△8二飛▲5三と△8五銀と進む。

1図の△8四歩は、△8五銀と抵抗するための一手。

たしかに執念がこもっている感じがする。

 

泉正樹七段(当時)「うちのエルちゃんは自分のことを犬だと思っていない」

近代将棋2003年5月号、泉正樹七段(当時)の「野獣猛進流 囲いの攻略法(16)」より。

 ドッグフードは肉系、魚系さまざまに分類されていて、色々な野菜、各種ビタミンをミックスさせたものを合わせれば3ケタにも達するかもしれない。

 おやつ類は子どもがこっそり食べてしまいそうなビスケットやドーナツもあるし、うっかりすると、おとなだってビールのつまみにもってこいのソーセージやビーフジャーキーも多彩。

 野獣家ではママの教育方針が鉄板なので、きまったフードとリンゴの皮しかエルちゃんにはあげていません。

 お散歩中に、飼い主のお母さんがおいしそうなビスケットを愛犬にあげている姿を見るとそれも一局かなと思うが「一度あげたが最後もうリンゴの皮なんかじゃイヤ」という顔をしてわがままになるようだ。

 そういうわがまま娘に育ったら、人間が食べたいものをガマンして愛犬にたらふくごちそうを与える、つまりこちらがガリガリにやせて、犬の方がブクブクに太る。どちらが飼っているのか解らなくなり、まさに本末転倒。

 早いものでうちのエルちゃん5ヵ月が経過。そんな中、夫婦そろって確信していることがあります。それはエルはやっぱり天才、いやちがった”いたずらの天才”だったということです。

 陽気な性格のせいか基本的に一人にされたり、二人で話していて相手にしてくれないと悪知恵を働かせます。

 両方の部屋にチョッコリ侵入し、”コロコロウンチ”を分けてする。すでに何度も踏みつけそうな局面に直面している。そうかと思うと、玄関のクツやサンダルスリッパをくわえて見つけづらい所に隠す。研究会で来ている人のクツにも悪さをするようになったら大変なので良い打開策を検討中。

 研究会メンバーが来ると必ず2本足で立って両手をバタバタさせる。あまりにも激しいごあいさつなので、村山君には爪でひっかきキズを作る始末。

 野島君、菊地君には少々油ッこいマスクにペロチュー攻撃。千葉君、殿岡君には手のひらで十分と心得ている。

 こんなワンパク+ジャジャ馬娘がいて果たして研究会が無事にできるかと心配される方もいらっしゃるでしょう。「あに図らんや」意外にも対局が始まれば”ひだまりのエルネンネの図”。

 こういうときのために猛進君も日々棋譜を並べるときに、「パチッ。これはお仕事」という具合にちゃんと言い聞かせているのです。

 駒をくわえるのも盤をカジカジするのも一切なし。いたずら大好き娘も”お仕事”には絶対服従、大事なことはちゃんと理解できているからすごい。

 感想戦になると静かにネンネしてた姿が一変「エウエウエウエウエウッー」騒ぎ出す。これには皆に多分に迷惑をかけているが、気のいい菊地君は「ンーこの犬かしこい!対局中は絶対鳴かないもんな、野獣先生が言う通りやっぱりエルちゃん天才かも」ホメてくれる。そう、エルは要領もわきまえているんだよ。なんて言うと、すかさず「先生完璧に親バカ」と当てられる。まあうれしいからいいんだけど……。

 たしかにうるさいんで自分の感想戦はそこそこに、遠藤-殿岡戦を抱っこして見せてみる。まず殿岡君の玉を見てごらんと指示すると顔を突き出しクンクンニオイをかぐ仕草。美濃囲いから3七に顔を出した玉がやさしそうに感じたのだろう、力をゆるめれば猛進君の腕をすり抜け、ステップして殿岡玉にパクツクであろう。

 今度は逆側の遠藤さんの玉を教えてあげる「ネ~~遠藤さんの王様堅いだろ、アレ、でも玉の位置1二に上がってる。だけどやっぱり金銀4枚、すごく強いゾーー」これにはエルちゃん確かに猛進君の顔より高くのけぞった。

 やっぱりアナグマンの玉は金銀にガッチリガードされているので近寄りがたいどころか怖かったのだろう。

 同じように村山君の角つき金銀4枚を見たときものけぞっていた。穴熊に拒否反応を起こすとは、オオカミ時代によっぽど怖い目にあったに違いない。

 ともあれ、皆にはやさしく接してもらっている。もっといい子にならネバ。

 親バカついでにもう少し賢いところを掘り下げると、車の中に乗せると後部座席と助手席を自在に飛び跳ね、ジャレまくる。

 ママがいっしょにいるならともかく、これでいっしょに運転するのは危険極まりない。ところが発進すると途端におとなしくなり、助手席で”オスワリ”から”フセ”の優等生ぶり。目的地までの10分間、じっとしているからチャイルドシートの世話になる必要なし。運転中にいたずらをすれば確実に事故につながる。このことを「危ないからいい子にしててネ~~」と言っただけで理解してしまった。やっぱり天才だ。

 天才ぶりはお散歩中にも発揮される。

 人にも犬にも決して吠えない。公園にダックスフンドのグループが10匹ぐらいいて吠えられても「柳に風」とばかりに受け流し、そこを去る仕草は微塵も見せず、お母さん達に「こんにちは」のポーズ。このごあいさつがとびきり可愛いらしく「アラ、エルちゃんごあいさつしてくれたの、いい子ネ~~」といってポワポワのエルをなでまくる。それを次々やるものだから、お母さんを横取りされた気分にもなる。

 ダックスちゃん達にしてみれば、「あんたはヒゲヅラのきたない顔したパパがいるでしょ、こないでよ。ワン」と、しゃべっているように聞こえる。

 しかしエルはその程度の攻撃にはビクともしない。言いなりになってはパパの立場も丸潰れと解っているし、何よりエルは犬のことはあまり好きではないし無視しているに等しい。

 つまりうちのエルちゃんは自分のことを犬だと思っていない。それが証拠に鏡に映る自分の姿に首をヒネる。窓ガラスに映った姿には番犬同様に吠え立てる。だいたい毎日鏡に対面して「おかちぃ、あたちじゃない」と首をフリフリする。

 ただし全然平然としているときがある。そう、それはママに抱っこされ映っているときである。そうなのです、どうやらエルちゃんは自分のことをママみたいな美人だと思いこんでいるようなのだ。なるほど、これじゃお散歩に行って人に片っ端からごあいさつするわけだ。

 犬の5ヵ月は人間では8~9歳。犬の思春期に突入したか、はたまた人間になりたい強い願望があるのでしょうか。そういえば小さい女の子がお母さんの口紅や香水をぬりたくって遊んでいること多々ありますネ。

 これと同じことがエルにもいえるわけで、目を少しでも離したスキにママ部屋にちゃっかり入り込み、手の届く所にあるものなら、衣類や本やペンにも食らいつく。オチャメに口をあけ振り向く姿は特選の可愛さ。ママもあまりの可愛さに叱るのも忘れて「エル~~何やってんの~~」といいつつ、けっこう喜んでいるようです。

 エルちゃん果たして人間になれる日は来るのか。いたずらに想いを込めてその機会を狙っている。そのうちにまたお伝えします。エウッエウ~~。

(以下略)

* * * * *

村山君は村山慈明三段、野島君は野島崇宏三段、菊地君は菊地裕太三段、千葉君は千葉成人初段、殿岡君は殿岡裕里二段、遠藤さんは遠藤正樹さん。

とても楽しそうな研究会だ。

* * * * *

たしかに、自分のことを犬と思っていない犬、猫と思っていない猫はいるもので、森信雄七段の金太郎も、自分のことはヨウムだと思っていないと思う。

* * * * *

泉正樹七段(当時)と飲んだ時、エルちゃんのアルバムを見せてもらったことがある。

本格的な厚手のアルバム。

それが2004年頃のことなので、今ではそのような厚手のアルバムが数十冊になっているに違いない。

* * * * *

ニコ生で、泉八段の面白さとエルちゃんのことが多くの将棋ファンの方に知られることになり、個人的にもとても嬉しい。

 

泉正樹七段(当時)「天才エルちゃん現わる」

近代将棋2003年3月号、泉正樹七段(当時)の「野獣猛進流 囲いの攻略法(14)」より。

 とんとん拍子にことが運んでしまった。

 我が家に子犬がやってきたのです。

 以前から「飼いたいネ」とうちのママと同意していたので、小犬のホームページをよく観察していた。

 意見が違うのは犬種選びで、こちらは今人気のコーギーか、安くて無難な柴犬。あちらは「絶対ワイア・フォックスがいいの、テリアの中でも一番可愛いんだもん」と強固な意志を少しも曲げない。

 これには少々わけありで、アガサクリスティの映画「もの言わぬ証人」で、名探偵ポワロの推理を助ける役柄のテリアがワイアで、画面上走り回って犯人をつきとめ、色々な仕草でポワロに接する姿がメチャメチャに可愛いらしい。

 妻の要望とは裏腹にページの中では他の犬種がドッサリ顔を並べ、生まれたてでかわいいワイアはまったく見つけずじまいだった。

 猛進君は、ミニチュアダックスやパピヨンにも心が動く始末で可愛ければ何でもいい。

 しばらく犬の話題から遠ざかっていたある日、ページを開いてみると、なんと妻の思いを叶える赤ちゃんワンコが「ワフッ❤」てな顔をしていたのだ。”どうするアイフル”のコマーシャルじゃないが、子犬の魅力に心を奪われてしまったお父さんの気持ちがよ~~く解る。確かにかわいい、ガオーッ。

 簡単に意見はまとまり、「思い立ったが吉日」を即座に敢行で予約OK。

 3日後には、とりあえず見に行く予定が予想以上にカワイイのでそのままゲット。こうして電光石火の早技で愛犬を手に入れてしまったのです。

 子犬の名前は女の子なので”エルちゃん” テリア系はイギリス原産らしいので、音楽のスーパースター・エルトンジョンにちなんでつけました。

 懸命な読者の皆様方ならすでにお気づきと思いますが、先月号から野獣とツーショットの子がそうです。

 講座流でいえば、この写真は「天才エルちゃん生後2ヵ月の図」で、「愛犬にぞっこんの野獣!将棋の勉強手つか図」ともいえる訳です。

 数ヶ月前から犬の育て方の本などを読んで勉強していたものの、やっぱりいざいっしょに暮らすとなると大変手間のかかることが解りました。

 朝6時になると”エル時計”が「エウ~エウ~」と泣き出し一日の始まり。

 決して「ワンワン」とか「キャンキャン」とは泣かないのが天才たるゆえんで、吠えるより自分の名前を呼んだ方がお話を聞いてくれると簡単にわかっちゃったのです。

 共働きなので、奥様の出勤後のエルちゃんのお相手は棋士の務め。

 まだ外の散歩はムリなので遊び場は家のリビング。動きがとても俊敏で遊び好き。放っておくと12畳のスペースを10周ぐらい平気でかけずり回る。野獣の早さの比ではないので、うまく声をかけないと、とてもつかまえられない猛スピードだ。

 無類のいたずら好きなのもワイアの特徴のようで、カジカジできるものは全てかじる。最初の頃はスリッパやズボンのすそにかじりつくので野獣さえも少々閉口した。

 このままでは何でもかじる悪い子になってしまうので、ビターアップル作戦を実行。やっぱにがいものは嫌いらしくすぐに分別がつくようになった。

 長時間留守番させられたときなどは、猛然とダッシュしてくるからドアの開閉に注意が必要。当然その後ジャンプして、一人だったさみしさを小さなカラダ全体で表しペロペロチュー状態。

 この仕草が無茶苦茶かわいいので、夕飯の支度そっちのけで「そうかそうか一人でちゃんとお留守番できたのだ。エライな~~いい子だったな~~」とベタぼめするのですが、なにやら室内がプーンとにおう、セッティングしたトイレ以外の所でやらかしてしまっているのですネ。

 一人にさせられたいやがらせではないようで、ママが言うには「小さい子だからトイレまで間に合わないの。ネ~エルちゃん。まだ赤ちゃんだからガマンできないのよねー」といってかばう。なるほど、ケージに入れているときはトイレが横にあるので百発百中!そそうなんかしやしない。

 そういえば猛進君も幼少の頃、外で遊んでいてもようしたので家に急いだが、トイレの数メートルの手前であえなくアウトなんてことけっこうあったっけ。

 ありこうなワンコに育てるコツは、失敗をむやみにしからず良いことを積極的にほめてあげることらしく、なんだか子供を育てるのとおんなじみたいだ。

 飼い始めて2週間後、エルちゃんの勇気が試される時がきた。病院に予防接種のワクチン注射。

 検査台に初めて乗るエルちゃんは看護師さんの手にもたれかかりプルプル状態。何かされるのを敏感に感じているんです。ン~ンかしこい!

 獣医師は「本来5種類のワクチンで十分ですが、安全を考えればプラス3種類も打っておいた方がより安全です」

 奥様は一つ一つ説明を聞いていたが、私には種類のことなどサッパリ解らない。それより注射の本数が自分のことのように気にかかり「先生、8本も注射したら、痛くて気が狂っちゃうんじゃないでしょうか?……」とたずねた。

 先生と看護師さんは笑いながら、「大丈夫ですパパさん、一度に全部打てるんです」だって。ママは当然はずかしそうにしていたが、エルはなんとなく、よかったという顔をしていました。

 ただ、いざ打つときは「え~ん」だか「み~ん」だか情けない声でこちらを見て、「エル死んじゃうの?」的な瞳をうるうるさせていた。

 その日におフロの許可ももらったのでさっそく入れることに。とはいってもシャワーで体を洗うだけですけど。

 エルちゃんは最初は訳わからずジタバタしていたが、シャワーのお湯が心地いいらしく喜んで浴び始めた。

 洗い方はシャンプー、リンス、トリートメントの3段構えで、しかもお値段がちと高い。野獣などはリンスさえもしたことがないから少しうらやましい。

 英国のブルジョワの娘さんでもあずかっている気分になってくるが、わが娘なのは間違いない事実だ。

 すごくいい子なのは、こちらの食事中は欲しがったる抱っこをせがんだりしないこと。一人でボールで遊んだりテレビを見ている。お酒を飲んでいるのもなんとなく解るようで、ほろ酔いの野獣チュー攻撃は首をフリフリする。

 これを知ってうちの奥様は「良かった!!お酒キライみたいで。好きだったらアタシがいないときに飲ませかねないもんネ。ガルガル娘にならないでよかった」なんてホッとしている。

 驚くべきことにエルちゃんには、生後3ヵ月にして特技がある。歯を自力で磨くことで、夕食後二人の電動歯ブラシを使う音が妙に気になるらしく、ふつうの歯ブラシを与えたところ、ひざの上にいい子に座り、なんと両方の手で持ってガジガジしているではありませんか!前も横も奥も裏もすみずみまでていねいにキッチリと。これで虫歯や歯周病の心配はなくなりました。

 エルちゃんは天才なので、ひょっとすると挟み将棋ぐらいはできちゃうんじゃないかと野獣は考えています。

 普通のワンちゃんなら駒を与えるとカジカジして食べちゃいますけど、エルなら歩を動かしてと金を駒台に乗せるぐらい簡単に覚えてしまいそうだ。

 猛進君の頭の中もかなり思い込みが激しくなってきましたので「エルちゃんお散歩初体験の巻」は来月号にてお伝えします。エウ~~エウ~~

(以下略)

* * * * *

一昨日のニコ生、叡王戦六段予選に泉正樹八段が初登場。

わかりやすくて個性的で面白い解説が好評で、終了後のアンケートでは「とても良かった」が92.9%と非常に高い満足度だった。

解説の中ではエルちゃんの話もたくさん出て、視聴者プレゼントは、エルちゃんの写真が貼られた泉八段の色紙だった。

* * * * *

そのエルちゃんが泉家に来た時の話。

最初からエルちゃんにメロメロになっている泉七段(当時)の様子が微笑ましい。

* * * * *

「懸命な読者の皆様方ならすでにお気づきと思いますが、先月号から野獣とツーショットの子がそうです」の、この講座の写真

 

将棋関連書籍amazonベストセラーTOP30(2018年8月11日)

amazonでの将棋関連書籍ベストセラーTOP30。