末席幹事 のすべての投稿

中原誠十六世名人「名前はさとうだが指す手は甘くない」「ごうだの剛打」

将棋世界2003年11月号、真部一男八段(当時)の「将棋論考」より。

 竜王戦は森内九段の挑戦が決まった。

 興趣を盛り上げる表現をするならば、森内にとり名人戦の雪辱なるかという七番勝負だ。

 将棋連盟のクイズ王であり、いつだったか寓居でのクイズ会に参加してくれたのだが、強すぎててんで勝負にならない。段違いの実力を思い知らされたものだ。

 余程記憶力が良いのだろう。

 その俊才が第一席の竜王位に挑む、羽生との同世代対決は見ものであるに決まっている。

 だがしかし、今回は中原に出てきてほしいとの思いがあった。

 何といっても一時代を画した大名人であり、当代最強と呼ばれて久しいハブヨシハル(谷川ファンの皆さんゴメン)との新旧王者の番勝負は、なかなか願っても見られるものではないからだ。

 両者の年齢差(23歳)からみても今後そんなにチャンスは巡ってこないだろう。

 しかも中原は連盟会長としての重職にある。

 かつて大山は会長職にありながら63歳で名人戦に登場するという離れ技を演じたことがあったが、中原は大山とは処世の方法が違っていて、テキパキとこなしていくタイプではないから、トーナメントプロとの兼任は相当の激務であろうと思われる。

 それとこちらが本線なのだが、融通無碍の羽生将棋対、奔放闊達な中原将棋、何が飛び出すか想像もつかず、思っただけでもワクワクするではないか。

 済んでしまったことをこうしてうだうだ云っているのは、実は小生30年程前奨励会中心の同人誌「棋悠」という小冊子に「将棋連盟天才論」と題した小論を書き、当時の花形名人である中原を不明にも天才ではないと論じたのだった。

 その駄文のあらましを書く。

 将棋界は才能あるものをすぐに天才と呼ぶがこれは誤りだ。

 棋士の特殊技能は記憶力、判断力、推理力だが、その能力だけでは天才とはいえない。それだけにすぐれている者は、偏才、または単才と呼ぶべきである。

 天才の重要な要素は創造力であり、無から有を生み出す強烈な閃きである。

 将棋以外にも才能のある、丸田祐三、芹沢博文、米長邦雄は英才。

 天野宗歩、升田幸三が天才。

 中原名人は単才である。後略。

 とまあ、このようなタワ言を並べたてている。まるで見当外れではない部分もあるが、生意気盛りで知恵の足りない21歳の新四段には肝腎なものが見えていなかった。大山、中原、米長の天才に気づいていなかったのだ。

 金銀の繰り換えに独自の感覚を持つ大山。米長玉に代表される玉に対して独特の嗅覚を有する米長。

 そして、全盛期の矢倉や円熟期に見せる中原の比類なき攻撃感性。

 どれもが誰も真似し得ない強烈な閃きから生み出されているのだ。

 それは天才のみが為し得る仕業である。

 高いところから下は見えるが、下から上の様子は分からない。

 英雄は英雄を知るというが、天才のみが天才を知るのであろう。

 だから、今となってもそれらを直接見ることは叶わぬが、ためつすがめつしているうちに、ボンヤリとは見えてくるようになった気がする。

 そして、中原を単才と判断した不明を恥じているのだ。

(中略)

 天才はその人物も独特であるようだ。

 ある酒席でのこと。

 中原がいかにも嬉しそうに棋士名に関する笑い話を披露した。語り口から察するに、しばらく温存していた作品のようである。南九段―「西から東へきた南」そして「どうこれ」当方「うーむ、東西南北をちりばめてますね」

 次に佐藤(康)棋聖―「名前はさとうだが指す手は甘くない」聴衆の面々「……」

 まだある、郷田九段―「ごうだの剛打」シンプルというかコンパクトというのか、一同「……」。マジメな中原はこの傑作シリーズを生み出すのに何日か費やしたらしい。でもねえ、お笑い芸人としてはペケですね、だって観客の反応に全然無頓着なんだから。

 天才はユーモアのセンスも他の追随を許さないのであった。

(以下略)

—————

羽生善治三冠は、タイトル戦でぜひ中原誠十六世名人と戦ってみたかったと語っている。

そういった意味では2003年の竜王戦が最後のチャンスだったかもしれない。

—————

大山康晴十五世名人の言葉に、「天才と呼ばれているうちは本物ではない」というものがある。

たしかに、羽生善治三冠は、10代の頃は天才と呼ばれてきたが、七冠王となる頃には誰も天才という形容詞を付けなくなっていた。

—————

中原十六世名人は普段の会話の中に絶妙なユーモアが含まれていることが多い。

しかし、ネタを作った場合は、かなり捻りが足りないようだ。

—————

豊川孝弘七段の駄洒落は、この中原十六世名人の路線を革命的に発展させたものと位置づけることもできそうだ。

 

 

将棋関連書籍amazonベストセラーTOP30(2017年8月19日)

amazonでの将棋関連書籍ベストセラーTOP30。

 

 

羽生善治五段(当時)が大きな自信を得た、NHK杯戦初優勝に結びついた一局

将棋世界2003年7月号、アサヒスーパードライ広告「勝利への躍動 羽生善治竜王名人<五段篇>」より。

 大山康晴十五世名人とは、公式戦で8局対戦する機会に恵まれた。実際に対局した大山先生は、盤を挟むと無言の威圧感があり、私は常に緊張した状態で対局していたことを覚えている。それとは対照的に大山先生は若手相手に指導将棋を指しているような余裕があり、当時の私はまだまだ勝てる気がしなかった。本局は私にとって2戦目となる対大山戦。

 図は大山先生が7二から飛車を回って成り込みを見せたところ。端歩を取り込まれる大きな手もあるし、2六の銀が遊び気味で形勢に差をつけられそうな局面だ。

 ここで平凡に▲4七歩と受けるのは△4六歩と合わせられ、浮き駒の銀を狙われて困る。図の局面で私は▲4四歩と打った。△同角は▲4三歩が厳しい。△4四同飛の一手だが、そこで▲4七歩と受ければ△4六歩に▲3五銀と飛車取りの先手で遊んでいる銀を活用することができる。

 決定的な差をつけられずに何とか終盤にたどり着き、最後は執念で大山先生に競り勝つことができた。この勝利で大きな自信を得た私は、その後NHK杯初優勝という栄冠を勝ち得ることができた。

—————

昭和63年11月16日、NHK杯戦3回戦、羽生善治五段(当時)-大山康晴十五世名人戦。

この後、羽生五段は準々決勝で加藤一二三九段を、準決勝で谷川浩司名人(当時)を、決勝で中原誠棋聖を破り、NHK杯戦初優勝を遂げる。

大山十五世名人から数えて、名人経験者4人に連続して勝っての優勝だからインパクトが更に大きい。

—————

この期のNHK杯戦、準々決勝の対加藤一二三九段戦の終盤で現れた羽生五段の絶妙手▲5二銀が非常に有名だが、羽生三冠から見れば、その手を上回る思い出の対大山十五世名人戦の▲4四歩。

—————

NHK杯戦2回戦、森内俊之九段-藤井聡太四段戦が生放送で放映されることが発表された。解説は佐藤康光NHK杯。(放送は9月3日10:00~12:00。それに伴い将棋フォーカスは16:30~17:00に変更)

藤井四段と森内九段の対局生放送 9月3日NHK杯(毎日新聞)

通常のNHK杯戦は、生放送と同じ形態で収録されている(放送時間をオーバーした時のみ編集)ので、少なくとも対局者にとってみれば何も変わらない。もちろん制作スタッフの緊張感は通常時に比べ大きくなるが。

—————

当日は対局終了まで放送されるという。当日のNHK杯囲碁トーナメントの放送予定時刻は変わっていないので、12:00以降はEテレのサブチャンネルで放送されるのかもしれない。

—————

プロ棋戦での平均手数は110手前後と言われているが、NHK杯戦の場合は130手前後で感想戦が入るかどうかギリギリ。140手を越すと通常の放送時間には収まらなくなる可能性が高くなり、その場合は一部編集される。

今回の生放送は時間が十分にとられているので、150手前後の手数になっても感想戦を見ることができる。

制作側で最も心配するのは千日手や持将棋だが、それも今回は心置きなく全てを放送できる。

逆に対局が早く終わってしまった場合、結構時間が余ってしまうが、昔の『将棋パトロール』のような番組は用意されていないということなので、詳細な感想戦が行われることになりそうだ。

 

 

ジンクスとジンクスの勝負

将棋世界1983年2月号、読売新聞の山田史生さんの「第21期十段戦七番勝負終わる 中原、ついに無冠返上”永世十段”を獲得」より。

 先の名人戦七番勝負は千日手、持将棋は別にすると全部先手番勝ちだった。ところがこの十段戦ではこれまで全部後手番勝ちとなっている。もちろん単なる偶然であろうが、こう片寄ると何か参考にしたい気持ちもしてくる。

 なおもう一つ別のジンクスがある。56年度のタイトル戦は全部保持者が防衛した。即ち、名人戦中原-桐山は中原、十段戦加藤-米長は加藤、棋聖戦二上-中原、二上-加藤はいずれも二上、王位戦中原-大山は中原、王将戦大山-中原は大山。棋王戦米長-森安は米長、ついでに王座戦、大山-勝浦は大山。

 ところが57年度は今のところ全部挑戦者の勝ち。即ち、名人戦中原-加藤は加藤、棋聖戦二上-森は森、王位戦中原-内藤は内藤、王座戦大山-内藤は内藤。

 この色分けでいくと十段戦は中原勝ちというケが出るのだが、先手後手でいくと第6局は加藤が勝つ順番になる―。

 こんな思惑を胸に秘め、第6局は12月20、21日、東京・千駄ヶ谷の将棋会館にて。

(以下略)

—————

昭和57年度(1982年度)、名人戦も十段戦も中原誠十六世名人-加藤一二三九段戦だった。

名人戦が全部先手番勝ち(加藤一二三名人誕生)、十段戦が第5局まで全部後手番の勝ち。

同じ対局者の組み合わせでこのような流れになるのだから、不思議といえば不思議だ。

—————

昭和56年度のタイトル戦は全部保持者が防衛した。

昭和57年度のタイトル戦は十段戦より前は全部挑戦者の勝ち。

十段戦第6局は加藤一二三名人(当時)が勝ち、第7局、振り駒で中原誠前名人(当時)が後手番になって中原前名人が十段位を奪還すれば、両方のジンクスを満たし続けたわけだが、なかなかそうはなるものではなく、(十段戦後手番勝ち)のジンクスが(昭和57年度挑戦者勝ち)のジンクスに敗れた格好だ。

昭和57年度は、この後、

棋聖戦、森-中原は中原勝ち

王将戦 大山-米長は米長勝ち

と挑戦者勝ちが続いたが、棋王戦、米長-大山が米長勝ちとなり、昭和57年度全タイトル戦挑戦者勝ちとはならなかった。

—————

戦後、全タイトル戦挑戦者勝ちだったのは1952年だけ。この時のタイトル戦は名人戦、王将戦、九段戦の3つだった。

全タイトル戦保持者勝ちは、大山康晴十五世名人全盛期を除いて、1970年度以降では、1971年度、1975年度、1981年度のみ。

 

 

囲いの中に入らない藤井猛九段

将棋世界2003年1月号、河口俊彦七段(当時)の「新・対局日誌」より。

 さて、今月はA級順位戦を主に取材したが、いずれもが、挑戦権を狙うグループに入るか、逆に降級を心配するグループに入るかの分かれ目の戦いだ。

 第一弾は、青野九段対藤井九段戦で、2勝2敗同士の対決。降級戦線に影響を及ぼす一戦だ。

 そういうこともあって、序盤から両者すこぶる意欲的。1図など、江戸時代初期の将棋みたいである。ただ、こういった流れは、藤井ペースで彼の長所(駒組を作るセンスのよさ)が生きる。

(中略)

 この間に4図となっていた。先手陣は飛角金銀の配置は申し分ないが、玉の位置が気になる。

 一方、後手陣も堅いが、角の利き筋の玉の位置がやはり気になる。だから△1二玉がよくある指し方なのだが、この日の青野九段は終始意欲的で、そんな平凡手を指さなかった。

4図以下の指し手
△6四歩▲7七桂△6五歩▲同桂△6四角▲7四歩△同飛▲同飛△同歩▲6一飛△7五角▲2五歩△6六角▲同銀△3三銀(5図)

 青野九段は、先手玉が不安定なうちに戦えば有利になる、のカンが働いたのではなかろうか。たしかめたわけではないがそんな気がする。

 そうして△6四歩と動いた。対して藤井九段は▲7七桂から、相手の手に乗る指し方で応戦する。やがて飛車、ついで角も交換され、一気に寄せ合いになったが、不思議なことに先手の玉が最善の位置にいる。もし、2八の定位置にいれば▲2五歩なんていう手は反動が怖くて指せなかった。そして、△3六歩がきつく当たる意味もある。成り行きだったとはいえ、玉の位置が優劣を決めた。

 結果論になるが、△6四歩では△1二玉とし、▲3九玉、▲2八玉と囲いに入るのを待つ指し方がよかった。

5図以下の指し手
▲5三桂成△同金▲4五桂△4四角▲3三桂成△同角▲2四歩△同角▲2五銀(6図)

 先手有利とはいえ差はまだ僅かと思われた。後手玉は金銀4枚で堅い。控え室の予想は▲4五桂だったが、△4四角と粘られる。その次▲5三桂左成とやっても、△6九飛と打たれ、▲4二成桂と取れば△同銀と、目標の銀に逃げられる。また、▲3三桂成と銀の方を取れば、△同金右と金の方が逃げてしまう。つまり、▲4五桂から▲5三桂左成は、取りに取りを重ねて重い筋というわけだ。

 となるとうまい攻めがないようだが、ここで指された▲5三桂成の空捨てが実に軽い。軽くてパンチが利いている。ここで先手有利がはっきりした。

 今なら後手は△5三同金と取るしかなく、そこで▲4五桂と跳ね、いわゆる「筋にハマッた」寄せとなった。

 6図を見ると、先手4八玉が最も好い所にある。藤井九段も局後、4八の玉を軽く叩きながら「ここがよかった」というようにうなずいた。

6図以下の指し手
△3一桂▲4一角△6九飛▲2四銀△同銀▲2三歩△同玉▲4二角まで、藤井九段の勝ち。

 右の手順は特に言うところもない。

 終了は午後11時寸前。淡々と感想戦をやってから、青野九段と出た。負けたので何処かに寄る気持ちにもなるまい、と思い、麻布まで送って別れた。

——————

現在の角換わり腰掛け銀最新型の6八玉(4二玉)のままで戦う感覚を左右反転させたのが、この時の藤井猛九段。

——————

穏便に行くなら4図からの△6四歩に対し、▲同歩△同角▲6五歩と収めておいてから、▲3九玉~▲2二玉と銀冠に入城するところ。

それを、△6四歩を反撃の好機と見て、藤井九段は騎虎の勢いの戦いに突入する。

——————

▲2五歩に△同歩だった場合は、▲2四歩△同銀▲8一飛成から▲3四桂を見せているのだと思う。

▲5三桂成がプロ感覚満載の妙手。

——————

藤井システム風玉頭攻撃と石田流の捌きが合体した、藤井九段の超豪華指し回し。

しかし、私などがこの戦型を真似すれば、最大級に酷い目に遭うことは間違いない。

昭和の振り飛車党には絶対に指しこなせない戦型だ。