末席幹事 のすべての投稿

棋士が対局後に飲みに行く時に避けること

将棋世界2001年12月号、日浦市郎七段(当時)の「自戦記・日浦市郎風」より。

文章的には昨日の続き。

〔その4 東海林さだお風〕

 対局が終わった後のビールはうまい。この意見には棋士全員の賛同を得られるだろう(飲めないヒトをぬきにして)。

 中には一人くらい「イヤ、オレは冷たいビールよりあっためた牛乳の方がいいね」というヒトが一人くらいいるかもしれないが、そういうヒトとは友達になりたくない。

 特に今回のような持ち時間3時間の対局の終わった後のビールはうまい。終局が6時頃、感想戦が終わるとだいたい7時。適度に腹がすいて適度に疲労した体に冷たいビールが心地よいのだ。

 これが持ち時間4時間(夕休なし)だと腹がすいてビールよりもまずメシを食いたくなる。5時間(夕休あり)だと腹がいっぱいだし、飲みに行っても終電の時間を気にしなければならない。6時間になるともう終電もなく、疲れはててさっさとタクシーで帰ろう、ということになってしまう。

 というわけでうまいビールを飲むには持ち時間3時間がベストなのだ。将棋連盟には「うまいビールを飲むために全ての棋戦の持ち時間を3時間にする会」というのがあるくらいだ(ありません)。

 対局後に飲む場合、つまみは枝豆や冷奴といったあっさり系よりも鳥の唐揚や串かつといったまったり系の方がいい。対局でエネルギーを使うからだろうか。

 避けたいのは今戦ったばかりの相手と一緒に飲むことだ。普段から親しくしているのならいいが、そうでない場合、ビール飲みながら感想戦の続きをやるハメになりかねない。負けたときはその将棋を忘れたいと思っているのにそれが出来なくて不愉快な思いをすることになるし、勝った場合も(この世界では勝った方がおごるというキマリらしきものがある)相手に気を使いつつ財布の中身を心配しなければならぬ。

 もしその日、仲のいいヤツが別の対局をしていてそいつも対局が終わっていれば、そいつとバカ話をしながら飲むというのがいい。

 しかし、やはりうまいビールを飲む一番の条件は対局に勝つことだ。

 勝った後、まっすぐ家に帰り、今戦ったばかりの棋譜のコピーを見ながら、ニンマリしつつ一人で飲むビールというのもまた格別である。

—————-

たしかに、対局者同士が対局終了後一緒に飲みに行くのは、いろいろな面で味が良くない場合が多いのだろう。

年齢が例えば20歳以上離れていて、年上の棋士が勝った場合(年上の棋士が誘った場合)は、そのような雰囲気は薄れるかもしれない。

—————-

家で飲む酒は、外で飲むのとはまた違った趣きがある。

ところで私の話になるが、若い頃は家では酒を全く飲まなかったのに(外ではたくさん飲んでいた)、40代になってから家にいても飲むようになった。

このブログも2013年の初夏の頃までは、飲みながら書いた記事がそこそこあった。

しかし、2013年の8月に鼻の手術をしてからは、家で飲む酒が美味しく感じなくなり、ここ2~3年は全く家で酒を飲まなくなっている。(外では普通に飲んでいる)

若い頃に戻っただけだと思えば不思議でもないのだが、とにかく鼻の手術が(良い方に)影響しているのは間違いなさそうだ。

 

 

 

加藤一二三九段と森下卓八段(当時)の文体を模写した日浦市郎七段(当時)の自戦記

将棋世界2001年12月号、日浦市郎七段(当時)の「自戦記・日浦市郎風」より。

 僕の好きな作家に清水義範という方がいる。たくさんのオモシロ小説を発表しているのだが、彼の得意としているものにパスティーシュ(文体模写)というのがある。

 いろんな有名作家の文体をマネているのだが、これを将棋の観戦記や自戦記に使ったら面白いのではないか、とわたくしは思ったのである。というわけで無謀だとは思いつつ将棋界初(だろうな。確かめたワケじゃないけど)のパスティーシュ自戦記をやってみるのだ。

 中には「オレ、こんなこと絶対書かんぞ」と抗議するヒトもいるかもしれないが、そういうヒトは僕に抗議せず僕に原稿を依頼した編集部に抗議してください。

(中略)

〔その1 加藤一二三九段風〕

 中川七段と私とは平成元年の新人王戦の決勝で顔を合わせた。このときの第1局で中川七段は角換わり棒銀できた。苦しい将棋だったが終盤で中川七段に見落としが出て私が勝った。第2局は相掛かりの将棋となり、私が快勝して優勝を決めた。

 これは私にとって非常に喜ばしいことであった。このときに中川七段は粘り強い将棋だという印象を受けた。

 本局は振り駒で中川七段の先手となり▲2六歩と突いてきた。私は△3四歩と角道を開けた。対して▲7六歩ときたので△4四歩と角道を止め振り飛車を目指した。

 数手後に△4二飛として四間飛車の戦型となった。最近私が多く用いる指し方である。

 中川七段は▲7七角として持久戦を目指してきた。棒銀でこられることを心配していた私はこれを見て少し安心した。

(中略)

1図以下の指し手
△9六歩▲同歩△9七歩▲同銀△6五歩▲8八銀△6六歩▲7七金△1三桂▲1七桂△1五歩▲4五銀△1六歩▲4三歩△同飛▲4四歩△4一飛▲3四銀△4七歩▲4三歩成△4八歩成▲5二と△6七歩成▲3三銀成△7七と▲同銀(2図)

〔その2 森下卓八段風〕

 実は1図の局面で4筋の位は取り返されたものの、自陣は銀冠の堅陣になったのでいい勝負だと思っていた。

 ところが読み直してみると、ここで思わしい手がなく、すでに形勢不明になっていることに気付き愕然とした。

 1図までの指し方に問題があったわけなのだが、序盤戦といえど一手一手慎重に指し進めなければいけないのに、漠然と指してしまっていた。これでは棋士として失格である。

 仕方がないので△9六歩と端にアヤを求めたが、△9七歩に対する▲同銀が全く読みになかった。▲同香の一手と思い込み、△8五桂と攻めて難しいと思っていたのだからヒドイ。▲同銀は指されてみれば当然の一手で、△6六歩と取り込めたものの、逆に自陣にも▲6四歩のタタキが残ることになってしまった。

 △1三桂と跳ねるときの30分の長考は読んでいたというより自分の大局観の悪さ、将棋に対する集中力のなさにア然とし、あきれ果てていた時間である。

(中略)

 実は対局中は▲5二とのところで先に▲3三銀成を中心に読んでいて、以下△4三銀▲4二歩△8一飛▲4三成銀△4七飛で難しいと思っていたのだが、▲5二とと指されてみるとハッキリ苦しいことに気づきボウ然。自分の読みの甘さにホトホトいやになってしまった。

 全くヒドイ将棋を指したものだ。自分自身に対して怒りがこみあげてくる。明日からは禁酒をして1日15時間将棋の研究をしなければ、と心に誓った。

〔その3 遊駒スカ太郎氏風〕

 オイラは2図の局面を眺めながら「もうダメかあ……。オイラにはやっぱり将棋は向いていないんだ。田舎で畑を耕していた方がよかったかにゃあ……」という世紀末人類絶望的悲観に陥っていた。

 何せ△4七飛成でも△3九飛でも▲6四歩がムチャクチャ厳しく、ハッキリ負けなのである。

 しかし、何かないかと読み直していると、あったのだ。

 それが△9七歩から△5八飛である。

(中略)

 本譜は△5六飛成と歩を取った手が味良く、今度こそ本当に勝ちになった。

(以下略)

—————-

加藤一二三九段風も森下卓九段風もスカ太郎さん風も、みな特徴がよく出ていて、面白い。

加藤一二三九段の自戦記の特徴は、

  • その対戦相手と以前に戦った時の戦型に触れる
  • 「私は」が多く用いられる
  • 「私は▲3八飛と寄った。すると○○九段は△2二角と引いた。ここで私はいったん▲9六歩と様子を見た。これに対し○○九段はすぐに△9四歩と突いた」のように一手一手が丁寧に述べられる

橋本崇載八段も、 NHK将棋講座 2013年 01月号の自戦記(対 羽生善治三冠戦)で加藤一二三九段の文体模写をしている。

森下卓八段(当時)の自戦記は「自分に厳しい」ということが最大の特徴と言えるだろう。

—————-

私が文体模写を初めて見たのは大学3年の時、和田誠さんの『倫敦巴里』という本でのことだった。(今年に入ってから、初版の『倫敦巴里』に未収録作を加えたものが発売されている)

いろいろな作家の文体模写による、川端康成の『雪国』の出だし。

パロディの一種になるのだろう。読んだことのない作家の文体模写までも笑って読めた思い出がある。

出だしの例としては、

  • 野坂昭如 「国境の長いトンネル抜ければまごう方なきそこは雪国。夜の底深くなり…」
  • 星新一  「国境の長いトンネル。そこを抜けると雪国の筈だった」
  • 井上ひさし「トンネルを抜けると雪国であった。ケンネルで寝るのは白犬であった」
  • 谷川俊太郎「トンネルでたら ゆきぐにだった ゆきのなかには うさぎがいてね」
  • 筒井康隆 「国境の長いトンネルを抜けると、そこは隣国だった。国境を超えたのだから隣国であることに間違いはない。この小さな国は四年前まで新潟県であったのだが、今では独立した新興国である」
  • 横溝正史 「金田一耕助のすすめで、私がこれから記述しようとするこの恐ろしい物語は、昭和十×年×月×日、国境の長いトンネルを汽車が通り抜けたところから始まった」

実際には1ページの半分に和田誠さんによるその作家の似顔絵イラスト、もう半分にその作家の文体模写の構成。作家によって、それぞれ途中からストーリーがそれらしく変わっていく。

『倫敦巴里』の紹介は国際基督教大学図書館のブログ、和田誠さんによる文体模写の中から数人の作家に焦点を当てて掘り下げた早稲田大学リポジトリに収録されている論文、がとても良い。

和田誠『倫敦巴里』(国際基督教大学Library Blog)

パロディーの楽しみ―「雪国」を用いた和田誠による文体模写―(水藤新子さん 早稲田大学リポジトリ)

—————-

8年近く前になるが、私もブログの文体模写をしたことがある。

神奈川県三浦市で毎年12月に行われる「マグロ名人戦」について、船戸陽子女流二段、アカシヤ書店の星野さん、バトルロイヤル風間さんがブログで記事を書いたらどうなるだろうと作ってみたもの。

一つの記事に6~10時間かかった記憶があるので、文体模写をやり遂げるのは本当に大変だと感じた。

物真似(船戸陽子女流二段篇)

物真似(アカシヤ書店の星野さん篇)

物真似(バトルロイヤル風間さん篇)

 

 

 

丸山忠久名人(当時)「郷田さんとは年齢も近く四段昇段が同期という間柄 」

将棋世界2001年5月号の、アサヒスーパードライの広告「キレ味。この一手。 第8回 丸山忠久名人」より。

挑戦権獲得の一番

 第58期A級順位戦最終局で郷田真隆八段と対戦した。郷田さんとは年齢も近く四段昇段が同期という間柄。

 この最終局は私が勝てば名人への挑戦権を得ることができるが、負けるとプレーオフに持ち込まれてしまう可能性のある大きな一番だった。

 私の中座飛車に対し、郷田さんは金銀で飛車を押さえ込みにきたが、中央の折衝でうまくペースをつかんだと思った。

 図は郷田さんが5四の歩を金で払ったところ。

 以下、本譜は▲7四歩△同金▲5一角成△同玉▲4三飛成△5三金▲5二歩で郷田さんが投了した。▲7四歩~5一角成!が決め手。角を成り捨てて玉を下段に落とし、飛車が成り込んでの寄せはキレがあったと思う。

 投了した▲5二歩の局面は私の玉が安泰、一方の郷田陣は△5二同金は▲3二竜だし、△5二同飛も▲同竜△同金▲7一飛で収拾がつかない。

 プレーオフに持ち込まれずに挑戦権を得ることができ、ほっとした一局だった。

—————-

広告的には▲7四歩△同金から▲5一角成としたA図の方が絵になるのであろうが、やはり将棋的には▲7四歩から解説してもらったほうが有り難いし、キレ味のある一手であることがもっと理解できる。

A図から△5三玉もあるが、そうすると▲6一馬とされて4三の銀取り、かつ次の▲7一馬の王手飛車取りが受からず、後手はもっと大変なことになってしまう。

—————-

丸山忠久九段と郷田真隆九段は四段昇段が1990年4月1日と同じ日で、学年も同じ。

将棋マガジン1990年5月号には新四段になった二人の写真が載っている。

丸山忠久四段(当時)のVサインという非常に貴重な写真。

 

 

 

 

 

将棋ペンクラブ入会のご案内

将棋ペンクラブは、文章を通じての将棋ファン拡大とライターの発掘、養成をはかることを目的として1987年に設立されました。

将棋ペンクラブ会員数は2016年12月時点で380名(うち棋士・女流棋士は26名)です。

機関誌発行と将棋ペンクラブ大賞は29年目を迎えており、会長は木村晋介です。

[将棋ペンクラブへの入会方法]

入会資格は一切ありません。入会金も不要です。

下記振替口座への会費納入をもって入会となります。

○年会費:3,500円

(賛助会員、法人会員は10,000円)

○郵便振替 00270-9-45693 将棋ペンクラブ

•会報が送られますので、通信欄に住所、氏名、電話番号をお忘れなくご記入いただけますようお願い致します。
•毎年、会報の冬号には会員名簿が掲載されますが、住所掲載を希望されない方は、その旨、申し込み時の通信欄に「県名まで」「市町村名まで」など掲載可能範囲を御記入いただくか、事務局までご連絡ください。
•会費の期間は1月から12月までになります(途中入会も同じ)。
•賛助会員・法人会員は交流会への参加が無料となります。

会員になると

•3月、9月には雑誌「将棋ペン倶楽部」(64~110頁)が。 6月、12月には冊子「将棋ペン倶楽部通信」(32~56頁位)が届きます(計・年4冊)
•将棋ペンクラブ大賞候補作の推薦ができます。
•会報への投稿ができます。

また、5月には東京と大阪で交流会が、9月には将棋ペンクラブ大賞贈呈式が開催されます(会費は別途必要です)。

ご不明な点は下記事務局へお問い合わせ下さい。

[事務局]

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町 1-8 アカシヤ書店内 将棋ペンクラブ

メール:penclub◎akasiya-shoten.com (◎を@に変更して送信)

☆将棋ペンクラブ会員の方は、アカシヤ書店で5%引きで本を購入することができます。

————————————————

郵便振替 ではなく年会費の銀行振込をご希望の方は、次の将棋ペンクラブ入会申し込みフォームをご利用ください。

将棋ペンクラブ入会申し込み

 

 

鈴木大介六段(当時)の優勝を決めた中空の香

将棋世界2001年3月号の、アサヒスーパードライの広告「キレ味。この一手。 第6回 鈴木大介六段」より。

中空の香で決める

 昨年度のNHK杯決勝、郷田真隆八段との一戦。時間の短い将棋は得意でもあり「絶対優勝するんだ」とやる気満々で対局に臨んだ。

 僕の四間飛車に、郷田八段は居飛車穴熊の作戦で来た。中盤は穴熊流の猛攻にあってずっと苦しい将棋だったのだが、自分にもチャンスが巡ってきたのが角取りに銀を打たれた図の局面。

 ここで▲1四香と中空に放ったのがキレ味ある会心の一手だった。△同香と取るのは▲1三歩と垂らして寄り形。また放っておいても▲1三歩と攻めて振り飛車の勝ちになる。

 本譜は▲1四香に△5五銀▲同馬△4四歩▲1五香。▲1四香に郷田八段は△5五銀~△4四歩と角のにらみを止めてきたが、歩切れになった瞬間に▲1五香と走った手が厳しく逆転。以下も粘られたが勝ち切ることができた。

 空間に打って取れない香は珍しいと思う。30秒将棋の中で指せた自慢の一手である。

—————-

持ち駒が香1枚と金1枚と歩だけで穴熊が崩壊してしまうのだから恐ろしい。それだけ5五の角(馬)の威力が凄いということなのだろう。

いかにも鈴木大介流だ。

—————-

木村晋介将棋ペンクラブ会長がホストを務める将棋ペンクラブ会報の新春対談、今回は、将棋ペンクラブ大賞技術部門大賞を受賞された鈴木大介九段に登場いただいた。

修行時代のこと、師匠・兄弟子のこと、遊びを覚えた頃のこと、注目している振り飛車党の若手、新手のこと、将棋ソフトと棋士の個性、趣味、将棋漫画の監修のことなど、面白くて興味深い話が盛り沢山。

その中からほんの一部を抜粋。

木村 ライバルというような棋士はいますか。

鈴木 行方さんでしょうか。苦手で、ダブルスコア以上です。あれは結婚する前だったと思いますが、出掛けるときに妻から相手が誰か聞かれて、なめちゃんだよって言ったら、あぁそうなんだぁってため息つくような返答されて、カチーンときました。この対局だけは絶対勝ってやると思って臨んだのですが、負けて悔しかったということがありました。

—————-

今まで、新春対談の原稿起こしは2014年を除いて2002年から2016年まで私が担当してきたのだが、今年は観戦記を書く時期と重なったため、幹事の荒幡さんが担当。

私は対談が終わった後の打ち上げにだけ参加。とても楽しい時間だった。

—————-

ところで、私は打ち上げの席に少し遅れて到着したのだが、隣の席から将棋の話題が聞こえてきて、(えっ、ずいぶん将棋界のことに詳しい人達だな)と思って隣の席を見てみると、なんと、勝浦修九段と広瀬章人八段と女性二人が座っていた。

帰り際に知ることになるのだが、広瀬八段が奥様を連れて、師匠夫妻に結婚の報告をしている席だったのだ。

翌日、広瀬八段の入籍が発表された。

—————-

この対談が載っている将棋ペンクラブ会報春号は先週の土曜日に発送作業が行われ、その時に初めてこの対談を読んだ。

対談の中で鈴木大介九段は、「私の才能をはるかに凌駕しているなと思ったのは、若い棋士の中で広瀬君」と語っている。

このような話をした後に広瀬八段が同じ店に現れるのだから、本当に凄いことだと先週の土曜日に思ったのだった。