「将棋ペンクラブ」カテゴリーアーカイブ

将棋ペンクラブ大賞最終選考候補作(第31回)

将棋ペンクラブ大賞2次選考結果をお知らせ致します(2018年4月1日から2019年3月31日に発表された作品が対象)。

2次選考は、1次選考で選抜された作品を7名の2次選考委員(技術部門は3名の技術選考委員)が選考します。各2次選考委員の各作品ごとの三段階評価を大賞事務局が集計しポイント化します。各部門、ポイントが上位の作品が最終選考候補作となります。

(順不同、敬称略、青字が筆者。各部門横の数字は、推薦作数→1次選考選抜数→2次選考選抜数)

———-

〔観戦記部門〕 31作品→17作品→6作品

吉田祐也 第31期竜王戦5組決勝 石田直裕-藤井聡太(読売新聞)

船江恒平 第77期A級順位戦3回戦 稲葉陽-糸谷哲郎(朝日新聞)

白鳥士郎 第3期叡王戦決勝七番勝負第1局  金井恒太―高見泰地(ニコニコニュース)

田中幸道 第89期棋聖戦五番勝負第5局 羽生善治ー豊島将之(産経新聞)

上地隆蔵 第8期女流王座戦挑戦者決定戦 伊藤沙恵-清水市代(日本経済新聞)

大川慎太郎 第29期女流王位戦五番勝負第4局 渡部愛-里見香奈(三社連合)

——————

〔文芸部門〕 18作品→7作品→5作品

野澤亘伸 『師弟』(光文社)・「師弟 少年時代に交わした二つの約束 畠山鎮七段×斎藤慎太郎王座」(将棋世界)

先崎学 『うつ病九段』(文藝春秋)

長岡裕也 『羽生善治×AI』(宝島社)

北野新太 「最終局」(小説野性時代)

佐川光晴 『駒音高く』(実業之日本社)

——————

〔技術部門〕 17作品→6作品→4作品

先崎学、中村太地 『先崎学&中村太地 この名局を見よ! 20世紀編』(マイナビ出版)

高野秀行、岡部敬史、さくらはな。『将棋「初段になれるかな」会議』(扶桑社)

西尾明 『コンピュータは将棋をどう変えたか?』(マイナビ出版)

杉本昌隆 『将棋・究極の勝ち方 入玉の極意』(マイナビ出版)

——————

最終選考会は7月20日(土)に行われます。

最終選考で各部門の大賞、優秀賞が選ばれますが、大賞該当作なし、あるいは優秀賞該当作なしの場合があります。

 

将棋ペンクラブ関東交流会(5月26日)で新規に会員になっていただいた方へのご連絡

将棋ペンクラブ事務局からのご連絡です。

将棋ペンクラブ関東交流会のご案内(2019年)

5月26日(日)に将棋ペンクラブ関東交流会が行われますので、ご案内いたします。

(参加申込み等は必要ありません。将棋ペンクラブ会員でない方の参加も大歓迎です)

日時:5月26日(日)午前10時30分から(開場は午前10時)

午後5時30分頃まで将棋会、その後、懇親会。

場所:御徒町将棋センター5階研修室(懇親会も同じ場所)

会費:会員の方…3,500円、会員ではない方…4,000円、女性…3,000円(懇親会も含む、賛助会員は無料)

指導対局棋士:佐藤紳哉七段、井道千尋女流二段

※手合い制対局、勝数の多い方から賞品授与

※棋書や色紙などが当ります

※会員のプロ棋士も遊びに来てくれます。

※当日、会場で将棋ペンクラブにご入会いただくことも可能です。

※懇親会の時に、バトルロイヤル風間さんに似顔絵を描いていただくことができます

[交流会の特徴]

☆午後5時頃まで好きなくらい将棋が指せます(手合係がいます)

☆棋士による指導対局を受けることができます

☆賞品が当たります(色紙、扇子、将棋の本など)

☆昼食が出ます(おにぎりなど)

☆同じ場所で夜の宴会もあります(2時間以上)

☆何時からでもご参加いただけます

☆いろいろな人に会えます

☆初心者の方の参加も大歓迎です

皆さまのご来場をお待ちしております。

* * * * *

将棋ペンクラブ公式ホームページでの関東交流会のご案内

将棋ペンクラブ公式ホームページが新しくなりました(URLも変更になっています)

将棋ペンクラブの公式ホームページが新しくなりました。(URLも変わっています)

将棋ペンクラブ公式ホームページ

現時点では旧ホームページも残っていますが、情報の更新などは新ホームページに一本化されます。

新しいホームページをよろしくお願いいたします。

 

将棋ペンクラブ入会のご案内(2019年)

将棋ペンクラブは、文章を通じての将棋ファン拡大とライターの発掘、養成をはかることを目的として1987年に設立されました。

将棋ペンクラブ会員数は2018年12月時点で400名(うち棋士・女流棋士は30名)です。

機関誌発行と将棋ペンクラブ大賞は30年目を迎えており、会長は木村晋介です。

[将棋ペンクラブの活動について]

(1)将棋ペンクラブ大賞
年間を通して発表された、将棋観戦記、随筆、将棋に関する著作物、記事などの中から優れた作品に対し、将棋ペンクラブ大賞を贈呈しています。賞の選考は、全会員からの推薦をもとに、第二次選考、最終選考を経て、「観戦記部門」「一般部門」「技術部門」などの大賞や優秀賞が決定されます。最終選考に際しては、最終選考委員の方々に精力的にご協力いただいております。
(2019年度最終選考委員:木村晋介氏/西上心太氏/所司和晴七段)

(2)将棋ペンクラブ大賞贈呈式
毎年秋に、将棋ペンクラブ大賞贈呈式が行われ、受賞者に対し賞状と賞金が贈られます。賞金は大賞基金が原資となります。

(3)会報発行
会報として「将棋ペン倶楽部」と「将棋ペンクラブ通信」を、それぞれ年2回(計4回)発行しています。会報には、一般マスコミに載りにくい貴重な研究発表や将棋界への提言、自戦記・観戦記、会員投稿などが掲載されています。

[将棋ペンクラブへの入会方法]

入会資格は一切ありません。入会金も不要です。

下記振替口座への会費納入をもって入会となります。

○年会費:3,500円

(賛助会員、法人会員は10,000円)

○郵便振替 00270-9-45693 将棋ペンクラブ

※郵便振替 ではなく銀行振込をご希望の方は、次の将棋ペンクラブ入会申し込みフォームをご利用ください。

将棋ペンクラブ入会申し込み

•会報が送られますので、通信欄に住所、氏名、電話番号をお忘れなくご記入いただけますようお願い致します。
•毎年、会報の冬号には会員名簿が掲載されますが、住所掲載を希望されない方は、その旨、申し込み時の通信欄に「県名まで」「市町村名まで」など掲載可能範囲を御記入いただくか、事務局までご連絡ください。
•会費の期間は1月から12月までになります(途中入会も同じ)。
•賛助会員・法人会員は交流会への参加が無料となります。

会員になると

•3月、9月には雑誌「将棋ペン倶楽部」(64~128頁位)が。 6月、12月には冊子「将棋ペン倶楽部通信」(32~56頁位)が届きます(計・年4冊)
•将棋ペンクラブ大賞候補作の推薦ができます。
•会報への投稿ができます。

また、5月には東京と大阪で交流会が、9月には将棋ペンクラブ大賞贈呈式が開催されます(会費は別途必要です)。

ご不明な点は下記事務局へお問い合わせ下さい。

[事務局]

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町 1-8 アカシヤ書店内 将棋ペンクラブ

メール:penclub◎akasiya-shoten.com (◎を@に変更して送信)

☆将棋ペンクラブ会員の方は、アカシヤ書店で5%引きで本を購入することができます。