「振飛車党の古き良き時代」カテゴリーアーカイブ

大山名人の芸―振飛車党の古き良き時代(3)

第十二期王位戦第4局、大山王位の自戦記「中原流をかわす」から。

photo_17

この当時、石田流本組は振飛車の理想形の一つとされ、居飛車側は石田流本組みにされた段階で作戦負けとされてきた。ところが中原棋聖は、あえて相手に石田流本組みを組ませ、それに対して逆襲することを得意としていた。この頃は棒金。

大山王位の新趣向は▲4五銀の升田流早繰り銀。数手進んで、大山陣の左翼が圧迫されるが、ここで60分の長考で指されたのが、大山流▲7九金。

photo_23

自戦記では「7九金は変に見える一手だが、私好みで、だんだんとその効果が現われてくる。勝利につながる手であったと今でも自慢したい気持ちでいる」と書かれている。確かに漢方薬のように、この金はじわじわ効いてくる。

photo_24

虚々実々な駆け引きがあった後の△8六飛に対し、7八にいた飛車が5八へ移動した局面。7九金のご利益が大きい。

飛車を取ってもつまらないし△8九角成から二枚換えしても、▲4五角の王手竜取りがある。

次は、中盤から終盤へ向かう局面。

photo_27

先手有利とはいえ、この局面での▲7二歩はすごい。遅そうに見えるが、これがマムシになる。

photo_29

投了図。と金地獄になっている。 ▲1八玉と寄ったのも大山流、と金のヤリ攻めも大山流、序盤の▲7九金も大山流と、大山名人らしい芸や技が出ている一局だと思う。

真似はできないが、石田流好きの私にとっては、大山名人が神様のように思えたのだった。

つづく

振飛車党の古き良き時代(2)

この号の巻頭グラビア(?)はモノクロで「中原二連勝で王座を守る」。

立会人は加藤治郎八段、記録係は青野三段(なのだと思う)。

加藤一二三八段の挑戦を中原王座が二連勝で防衛した。

加藤一二三八段がとても若々しい。

次の頁は「福田外務大臣、田中通産大臣に五段を贈る」。

外務省大臣室で福田赳夫外務大臣(現首相の父)に免状授与する大山名人、

目白の田中角栄通産大臣の自宅にて田中通産大臣に免状授与する原田八段。

福田外務大臣、田中通産大臣ともとても嬉しそうな表情。

その次の頁が、王位戦の感想戦風景。記録係の前に置かれたインク瓶が時代を感じさせる。

その次の頁が「第二回赤旗新人王戦、若松政和四段が優勝」。

後に谷川九段の師匠となる若松四段の写真。

つづく

振飛車党の古き良き時代(1)

手元に「将棋世界」昭和46年11月号がある。

私が生まれてはじめて買った将棋世界。久々に見てとても懐かしく感じたのだが、内容的には今でも参考になる記事が多い。数回に分けてトピックスを書いてみたい。特に振飛車党の方々にとっては参考になる。振飛車党の古き良き時代。

昭和46年というと佐藤栄作首相の時代。歌手でいえば南沙織、天地真理、小柳ルミ子がデビューした年。

この年の名人戦では大山康晴名人と升田幸三九段の間で戦いが繰り広げらている。

升田九段が第2局、3局、4局、6局、7局と升田式石田流を用いて、多くの将棋ファンを狂喜させた。升田九段の有名な「天来の絶妙手△3五銀」が指されたのも第3局でのことだった。

この激戦の硝煙消えやらぬ頃に発行されたのが「将棋世界」昭和46年11月号だ。

まずは主な目次から

中原流をかわす(王位戦第4局)…大山名人

勇ましい戦い(アマ名人決定戦)…升田九段

予想通りの白熱戦(王位戦記)…能地映

王座戦は中原防衛…勝村実

一手の価値(初級講座)…原田八段

終盤のポイント(初級講座)…高柳八段

駒の交換(中級講座)…内藤八段

割れた飛車(将棋小説)…金川太郎

謙信と良寛と…石垣純二と原田八段の対談

横歩取り(今月の戦法)…米長八段

露伴の将棋研究(将棋と文学)…天狗太郎

兄弟棋士の誕生(奨励会A級決勝)…有吉八段

王将劇懐古(随筆)…北条秀司

関東の優勝は有野初段(若獅子戦)…井口昭夫

詰将棋サロン…二上八段

将棋相談室…山本八段

一年で初段を三年で三段を…(出題)大内七段、勝浦六段、森五段

別冊付録「一つ覚えの災い」…五十嵐八段

この頃の将棋世界は、級位者から三段までを読者ターゲットとしている。

編集長は大期喬也氏。

つづく