「棋士のエピソード」カテゴリーアーカイブ

千葉県出身の棋士

近代将棋1984年3月号、能智映さんの「呑んで書く 書いて呑む」より。

近代将棋の発祥地

「将棋会館」のある千駄ヶ谷駅から、西に向かう黄色い電車に乗る。東京にお住まいの方ならだれでもおわかりだろうが、この電車が総武線。千葉、幕張、津田沼、西船橋行きがあるが、すべて千葉県が終点となっている。つまり、「会館」から真っすぐ一本、約三十分で江戸川を越えて千葉県に入るのである。

 だから………ということもある。この千葉には将棋指しがワンサと住んでいる。もし、タモリが将棋が強かったら、ああまで千葉を小バカにすることもなかったろうと思う。と、わたしが鼻をヒクヒクさせるのも、実は わたし自身、その千葉の習志野市津田沼に住んでいるからだ。

 いま、わたしは、その津田沼のマンションでこの原稿を書いている。本誌の編集部はなかなかきびしく、年にわずかな正月休みもゆっくりと休ませてはくれないのである。「えーい、こんちくしょう」と書きはじめたのだが、酒も呑みたいし、テレビの駅伝も見たい。おまけに子供どもが妙なニューミュージックをガンガンかけているので、手は原稿、口は酒、目はテレビ、耳は音楽と一人四役の同時進行となってしまっている。「ちょっと手を休め、ベランダの外をながめると、すぐ前に小学校がある。歴史の古い津田沼小学校だが、実は第一回「記者会賞」を受けた松下力八段と若手観戦記者の金井厚君は、この学校の卒業生。

 こんどは、ノソノソと裏の窓をのぞいて気分を休めるが、こちらには京成電車が走っている。「この京成沿線にも誰かいたな!」と思って、ハッとする。そうだ、きょう、わが家から三分ほどの京成津田沼駅の駅ビルに「津田沼将棋センター」がオープンし、師範の関根茂八段が、この京成でやってくることになっている。そんなことを思い出したら、もう手はなめらかに滑らない。下駄をつっかけて「将棋センター」へ。

 数日前、やはり千葉市に住む長谷部久雄八段に「こんど、津田沼に初めて「将棋道場ができ、関根さんが師範となりますから、よろしく」といわれていたこともあるからだ。長谷部さんは元々この津田沼に住み、いわば、ここが「縄張り」なのだが、関根さんが「道場を出す」といえば、気持ちよくそれを援助する。将棋指し同士の「仁義」といえばそれまでだが、なにか暖たかさが漂っているのがうれしい。

 いたいた。関根さんは例のエビス顔でアマチュアの将棋を見て回っている。

「やあやあ、待ってたんだよ。ここは能智さんの縄張りと聞いていたんでね。さあ、ちょうど手もあいたから寿司屋で開店祝いといきますか」

 ちょっぴりヤクザっぽいところが、やっぱり棋士の世界だ。誘われるままにノレンをくぐり、またチビリチビリとはじめてしまった、というわけ。

 ふだんから関根さんはほとんど呑まない。しかし、呑む席は好きだし、ちょっと入ると陽気によくしゃべってくれる。

「そう、いま千葉のことを書いてんの?そんなら忘れちゃいけない人がいるよ。ほらわたしと同姓の大先輩。あの人は明治元年関宿町の生まれなんだよ」

 いきなり、こう切り出してきた。ご存知、関根金次郎十三世名人のことである。むろん、ここにいる関根さんとはなんの因籍関係もない。が、学究肌の関根さんはこういったことにくわしい。

「関根先生は、十一歳のころ伊藤宗印十七人の門に入り、明治から大正にかけ一時崩壊しかけた将棋界を再建し、大正十年に小野五平十二世名人の跡を継いで十三世名人に就位したんだ。昭和十年、自ら引退声明を出し、三百年の伝統を破る実力名人制を創り出した。先生は昭和二十一年に亡くなっているので、わたしはお目にかかったことがないけど、この千葉県は”近代将棋の父”を生み出しているんだ」

 ここまでを感想戦のようにサッと復元し、「これは書かなくちゃあ」とアドバイスしてくれる。いまでこそ「神戸組」全盛期で、さらには「高槻組」などというのも生まれているようだが、この関根さんのバックアップで、わたしも勇気百倍だ。

 「神戸組」のスポークスマンに神戸新聞の中平邦彦記者(近著「名人 谷川浩司」の著者)、「高槻組」の応援団長に共同通信の田辺忠幸記者(「将棋なんでも入門」の著者)が付くなら、このわたしも微力ながら「千葉組」のために黙ってはいられない。

「でもねえ」と関根さん、ちょっと真顔になって考える。「ほんといって、あんまり強いのいないんじゃない?」と蛮勇にポトリと水をさす。それでようやく正気に返った。「そうだ、関根さんは京成電車の沿線に住んではいるが、江戸川を越えた向こう側。東京・下町の高砂だ」と。

 そのわたしの裏切られたような顔に気付いたか、関根さんは付け足した。「でも、とにかく数はいっぱいいるよな」。近代将棋の父から、ガタンと落としてしまうから。この人の話はきつい。

 でもまあいい。この千葉県に永く住んでいるといろいろなことがある。

(つづく)

* * * * *

タモリといえば、千葉県よりも埼玉県に対する攻撃(?)の方が有名だが、千葉県も同様の位置づけとなっていたようだ。

* * * * *

現在の千葉県出身の棋士は次の通り。当時と様相は変わってきている。

渡辺東一名誉九段
松下力九段
佐瀬勇次名誉九段
平野広吉七段
長谷部久雄九段
関屋喜代作八段
加瀬純一七段
達正光七段
丸山忠久九段
真田圭一八段
岡崎洋七段
木村一基九段
佐藤和俊六段
石井健太郎五段
三枚堂達也六段
近藤誠也五段

* * * * *

ちなみに、出身都道府県別の棋士の人数は次の通り。(棋士番号のついている棋士。物故棋士、引退棋士を含む)

東京 88
大阪 30
神奈川 21
兵庫 21
千葉 16
北海道 13
埼玉 11
愛知 9
広島 9
静岡 9
岡山 7
福岡 7
京都 6
宮城 5
三重 5
新潟 5
長野 5
群馬 4
青森 4
奈良 4
富山 4
和歌山 4
茨城 3
山形 3
長崎 3
鳥取 3
宮崎 2
高知 2
秋田 2
徳島 2
栃木 2
福島 2
愛媛 1
岐阜 1
熊本 1
香川 1
山梨 1
石川 1

 

陽気な勝負師

近代将棋1983年10月号、産経新聞の福本和生記者の「”陽気な勝負師”森安新棋聖のちょっとおもろい話」より。

 第42期・棋聖戦は、中原誠棋聖を挑戦者の森安秀光八段が3勝2敗で降し、初タイトルの「棋聖位」を獲得した。

 森安新棋聖は、将棋界でいまをときめく神戸グループ、それも内藤国雄王位・王座につぐ代貸し的な存在。代貸しというと、おっかなそうにきこえるが、これが底抜けに明るい陽気な勝負師である。

あきまへんか

 今期の五番勝負第1局は、千葉県・木更津市で行われた。対局場の「八宝苑」で、地元ファンが参加しての前夜祭が開催された。

 おしゃべりのあと酒がまわると、だれからともなくカラオケが始まった。事前に司会者に「対局者にはマイクをむけないように」と頼んであったが、正面に座している森安をみると、からだがリズムをとっている。「いかがでしょう」とマイクを渡されると、待ってましたとばかり歌いだしそう。(やばいぞ)と思って、何気なく森安の側にいって「歌はあきまへんで」というと、いかにも不機嫌そうな顔で「あきまへんか」。やっぱり歌う気だったのだ。

 このしっぺ返しを新潟でやられた。第3局は新潟の「高島屋」旅館で、ここも初のタイトル戦とあって、前夜祭には地元の方が多数参加された、森安にとっては2連敗後のカド番で負けられぬ一局。

 宴がたけなわとなって、司会者が両対局者に一言となった。中原はさらりとした軽妙なあいさつ、次に立った森安は顔の表情を一段とゆるめて、「もって生まれた……」とおゆきをうまい節回しで一節だけ聴かせた。会場から割れんばかりの拍手。酒席でこれだけの声援があれば、いつもの”秀みっちゃん”なら「ご要望にこたえて……」で歌いまくるのだが、さすがにこのときはぐっと自重であった。とにかくマイクがくると、えたりやおうと歌いだすひとだ。

 カド番の第3局を森安は勝った。打ちあげの宴となる。カラオが鳴る。さあ、もうとまらない、3連敗をまぬがれた喜びもあって森安は歌いまくっていた。「高島屋」の若い女将さんが「お上手ね」なんてほめるものだから、あとは歌の狂宴となってしまった。

 冬の棋聖戦では、カラオケ禁止を各対局場に通知しておこう。

セッタイ、セッタイ

 対局前夜に関係者でマージャンをやる。森安をまじえてのマージャンは、4人でなくて関西流の3人打ち。マンズの2万から8万までのパイを抜いての戦い。清一色やでっかい手がすぐできる。

「セッタイ、セッタイ」が森安の口ぐせ。セッタイとは接待のことである。接待するというのか、それともしなさいというのか、このへんは微妙だが、森安流は強気の打ちかたでかなりの成果をあげている。

 頭に手ぬぐいを置いてのマージャン風景が「近代将棋」誌に載っていたが、「あれはね、家でしかられました。手ぬぐいをもっときちんとのせなさいって………」

 夫人にたしなめられたのだろう。

 とにかく「セッタイ、セッタイ」は、マージャンが始まるとだれかが口にするようになってしまった。

メガネでも勝負

 第4局は、有馬温泉の「陵楓閣」。森安にとっては念願の地元でのタイトル戦。

 森安はメガネを2つ持っていた。「どうしたの」と聞くと「中原さんがメガネを2つ持ってて、ときどきかけかえているんですよ。だから私も2つ用意しました」

 将棋指しは、微差の世界での競りあい。それだけに盤外でも、どこかに差をつけて優越感をもとうとする。中原の2つのメガネをみて、森安はカチンと頭にきたのだろう。第3局まではメガネは一つだったから、新潟から帰ってあわてて求めたのだろう。このへんの負けん気、なんとなくうれしいではないか。それなら3つにしたらいいではないか、それは勝負師の考えることではない。

 やおら懐中から別のメガネをだして、おもむろにかけかえる森安。ユーモラスな光景ではないか。

おそろしいメンバー

 酒にまつわる話は書けばきりがないし、さしさわりがあってはいけないので割愛させていただく。陽気な酒であることを特記しておこう。

 しかし、これでは余りにもそっけないので一つだけ紹介してみよう。

 棋聖位を獲得した翌日、森安は熱海から神戸の自宅へ。家族の祝福を受け、一寝入りしようと思ったら電話があって、内藤王位と芹沢博文八段がお祝いにやってきた。

 やがて神戸の町へとくりだしていく。共同通信の田辺、神戸新聞の中平という両記者も加わって、森安の話を聞くと「とにかく大騒ぎになって、あとはどうやって家にたどりついたかおぼえていない。夜が明けていたことはたしかです」ということらしい。むりもない。この顔ぶれでは、さすがの”秀みっちゃん”も勝負にはなるまい。

(中略)

「しかし、タイトルを持っているというのは、何ともいえない気分ですね。森さん(雞二八段)が言ってましたが、タイトルを取られたときのやりきれなさはたまらない、と。お金を払ってすむものなら何百万円でも払ってタイトルを保持しておきたいそうです。できれば棋聖位を3期防衛して九段昇段といきたいものです」

 無敵四間飛車がタイトル戦線でどんな活躍をみせるか楽しみだ。

* * * * *

前夜祭のカラオケ、対局前夜の麻雀、対局終了後の打ち上げでのカラオケなど、1980年代ならではの風景。

現在のタイトル戦からは全く想像もできないような展開だ。

* * * * *

もちろん、対局者や立会人の条件が揃った時だけがこのような展開だったというだけで、当時のタイトル戦の全てがこうだったわけではない。

とはいえ、対局前夜の麻雀はほとんどのタイトル戦で行われていたのは確かなようだ。(対局者が参加しない場合でも、立会人、記者、関係者などがやっていた)

この辺は大山康晴十五世名人(タイトル戦で誰かが麻雀をやっていないと機嫌が悪くなる時もあった)が築き上げた伝統かもしれない。

 

「あのね、ぼく独身だということをひと言しゃべってくれませんか。それと神戸元町に道場を持っているということも宣伝しといてくださいよ」

近代将棋1983年11月号、能智映さんの「呑んで書く 書いて呑む」より。

 一方の淡路君も前年度に続いての連続昇段だった。

 これで神戸組のA級棋士は4人になった。名人を含めて11人のA級棋士のうちの4つを奪ったのである。しかも、ほかにA級には桐山清澄八段がいるので、関西グループは5人となった。

(中略)

(淡路仁茂八段は)つい先年まで新人で、テレビ東京のスタジオで「テレビに出るのは初めてなんですわ」とそわそわしていたのに、1980年に棋聖戦で中原に挑んでから、めきめき腕を上げてきた。

 そのテレビに初出演したときの話をちょっと書こう。そのとき、たまたまわたしが聞き役をさせてもらったのだが、対局前に淡路君がそっと寄って来て、さっきの言葉を吐いたのだ。あの特徴あるギョロ目が、キョトキョト動いて、どこか不安そうにさえ見えた。

「大丈夫だよ。しっかり映してくれるようテレビ局の人にいっとくから、アッハッハッ」と笑いとばしたら、「そうですね。一生懸命、将棋を指せばいいんですからね」と不安を吹き飛ばしたらしかった。そして、こんどはずうずうしく落ち着いたことをいい出した。

「あのね、ぼく独身だということをひと言しゃべってくれませんか。それと神戸元町に道場を持っているということも宣伝しといてくださいよ」

 このチョンガー、なかなかしっかりしたもんだ、とちょびっと思ったものだった。その一戦、彼が勝ったか負けたか、わたしは覚えていない。しかし、全部を撮り終えるやいなや、わたしのところへやってきて、「あの二つのこと話してくれへんかったんと違いますか」とギョロ目をむいた。

 わたしの声がバカデカイので、全部対局者に聞こえてしまったらしい。それにしても早指しの最中に聞き役の話など聞いているとは大物と思ったものだが、やはりトップクラスへの階段を登りつめるのも早かった。むろん、淡路君はそのテレビ出演のあと、10歳近くも年下の明美夫人と結ばれた。その明美夫人は淡路君の道場にアルバイトにきていた女性だったというのも、いかにもちゃっかりした彼らしいエピソードだ。

(以下略)

* * * * *

テレビ出演がきっかけとなって奥様と結ばれたのが石田和雄九段。

石田和雄八段(当時)の結婚

テレビ出演が結婚への強力な後押しとなった杉本昌隆七段。

NHK杯戦が後押しした恋

たしかに、独身で神戸元町に道場を持っている、という解説が加わって、心動かされる女性視聴者が一人でも増えれば十分な成果と言えるだろう。

当時のテレビ東京のネットなので放送地区は限られているが、関東・関西・愛知で5,000万人として、視聴率が早朝なので0.3%として、女性比率が当時なので5%として、そのうち当時の淡路仁茂九段と同じ20代の比率が10%として、そのうち心が動かされた比率が1%として、小数点以下1位を四捨五入して8人。

なかなか魅力的な程良い人数だと思う。

* * * * *

「あの二つのこと話してくれへんかったんと違いますか」

この8人を発掘できなかったということになると、たしかに一つのチャンスを逃してしまったような気持ちになるのも無理はなさそうだ。

「内藤さん、あなた将棋にうつつをぬかしとらんで、しっかり歌も唄うて」

近代将棋1983年11月号、能智映さんの「呑んで書く 書いて呑む」より。

 またことしの王位戦4局目の話にもどる。こんどは”脇役”の中原さんの話ではなく、”主役”の内藤さんのおもしろおかしい座談だ。この人は、勝ったときより、負けたときのほうがむしろにぎやかだ。この夜も中原さん、芹沢さん、板谷進八段、田中寅彦七段、高橋道雄五段らといっしょにじゃんじゃか呑んで、よくしゃべった。ひょいっと「おゆき」の話が出た。

「おかしいんや、この前、三橋美智也さんのコンサートに行ったんや。楽屋にあいさつに行ったら、入り口に親衛隊のおばさんたちがたむろしとる。なるほど、それもそのはず、入ってみたら、三橋さんはパンツ一丁で涼んどった。ご婦人(?)が中に入れんわけや。しばらく話して出ようとしたら、おばさんの一人がけったいなことをいうんや。『内藤さん、あなた将棋にうつつをぬかしとらんで、しっかり歌もうとうて』!?」

 強い内藤さんでは、演歌ファンは困るのである。

(以下略)

* * * * *

内藤國雄九段が二冠王の頃、歌手としての活動を減らしていた頃の話。

たしかに、歌手・内藤國雄が好きな歌謡曲・演歌ファンは、そう思うのも無理はないところだろう。

将棋ファンなら、その逆、あるいは内藤九段がやりたいようにやってくれるのが一番、と思うところ。

* * * * *

昔の将棋界は、師匠が弟子の奨励会員に「学校の勉強をするヒマがあるのなら、その時間を将棋の勉強に充てろ」という、教育熱心な人が聞いたら失神しそうな世界だったわけで、立ち位置によって価値観が大きく変わるのは、やむを得ないことなのだろう。

中原誠十段(当時)「うへー、こりゃ見たくない!」

近代将棋1983年11月号、能智映さんの「呑んで書く 書いて呑む」より。

 いま、わたしの手元には王位戦のスクラップがある。ページを繰っていくと、中原誠現十段が着流しで下駄をつっかけ、大きなボストンバッグを手に去っていくうしろ姿の写真につきあたる。

 この9月、やはり王位戦の七番勝負第4局で、中原さんが初めて立会人をつとめたときのおかしなエピソードをまず書くことにしよう。

 1日目の昼さがり、中原さんも手持ちぶさたの体で報道陣のいる控え室に現れ、テーブルの上に置きざりにされていたわたしのスクラップを読むともなくながめていた。

「能智さんも、けっこうマメに切り抜きをするんですねえ」とかなんとか、わたしを小バカにしながらページを繰っていたのだが、急に「うへー、こりゃ見たくない!」とすっとんきょうな声を上げてページを閉じてしまった。

 例の写真がとび出してきたからである。その仕草がいかにもひょうきんで”名人”らしくなかったから、周りにいた記者たちは大笑い。

 それは、ちょうど1年前の切り抜きだ。昨年の王位戦で、中原さんが内藤さんに敗れ、”無冠”となって去って行ったときのものだ。街灯がぼんやりとつき、実にうら寂しい感じがする。その下駄の音はいまもわたしの耳に残っているといってもいいすぎではないだろう。

 栄枯盛衰。皮肉にもこの下駄の音が去ったときから神戸組の快進撃がはじまった。中原を無冠に追いやった内藤は、返す刀で大山康晴十五世名人をもバッサリやった。王位戦にすぐ続いてはじまった王座戦の三番勝負での出来事だ。

(以下略)

* * * * *

数えきれないほどタイトル戦を戦ってきた中原誠十六世名人。

勝っても負けてもあまり表情には出ない、淡々とした雰囲気を持っている中原十六世名人だが、名人も人の子、やはり表情に出ないだけで、内心は思い出したくもない、というのが本音なのだろう。