「棋士のエピソード」カテゴリーアーカイブ

加藤一二三九段「この子が一二三君か」

将棋世界1982年1月号、能智映さんの「棋士の楽しみ」より。

 将棋界で「一二三」といえば加藤だが、もう一人、同名がいる。関西の若手のホープ小林健二六段の長男が一二三君だ。「ぼくの棋士番号が123番。女房の映子のお茶の番号も123番、それに尊敬する加藤先生にあやかって一二三とつけたんです」と小林、若すぎて坊やみたいに見えるので、子供が赤ん坊を抱いているように見えるが、よく連れ歩く。

 近鉄将棋まつりのときもだっこしてきた。ちょうど加藤が早指し将棋に出演する日だった。こども好きな加藤が寄ってきて、「この子が一二三君か」と抱き上げ、ほおずりしたという。やさしい加藤らしいエピソードだ。

—————-

1982年当時の加藤一二三九段の謹厳なイメージから考えると光景を想像するのが難しいエピソードであるが、現在の加藤一二三九段を見ていれば、大いにありうると納得できるエピソード。

—————-

棋士番号123番、お茶の番号123番。

このような番号で、私が生まれて初めて意識したのは、中学1年の時に通いはじめた耳鼻科の医院の診察券番号444番。

病院で4の数字が並ぶのは不吉にも思えたが、覚えやすいし滅多にないことなので、かえって嬉しくなった記憶がある。

次に覚えているのが、大学受験の時の受験番号614番。高校入試の時にも受験番号はあったのだろうが、第一志望の高校を落ちてしまったことなどもあって全く覚えていないし、大学も落ちたところの受験番号は全く覚えていない。

どうして614番を覚えているかというと、大学の創立記念日の一つが6月14日で、この日は休みになっていたため。(旧制時代の創立記念日と新制大学になってからの創立記念日の2つがあった)

大学に入ってからの学籍番号、会社に入ってからの社員番号も覚えているが、それより後になって付けられた番号はほとんど覚えていない。

—————-

棋士番号1番は金易二郎名誉九段

棋士番号100番は森雞二九段

棋士番号111番は 真部一男九段

棋士番号200番は豊川孝弘七段

棋士番号222番は木村一基八段

棋士番号300番は青嶋未来五段

棋士番号123番の小林健二九段も含め、この辺が覚えやすい棋士番号。

—————-

2,26,92,131,175,183が永世名人の棋士番号。

数学的法則性があれば面白いと思うのだが、きっと何もないと思う。

 

 

 

途中で特別対局室に移動してきた対局

将棋世界1982年8月号、能智映さんの「棋士の楽しみ」より。

 その日、東京の会館は対局は多かった。王位戦リーグ3局のほかに、順位戦、ほかの新聞棋戦の予選など10局近くあった。特別対局室での勝負は、大山康晴王将-勝浦修八段戦、内藤國雄九段-西村一義七段戦の2局で、わたしも後者のほうを観戦していた。すると午前中に内藤が妙なことをいい出した。

「きょうは森安秀光君(八段)もきて、石田和雄八段と対局しているはずや。あの二人だけ一室に閉じ込めとくのはかわいそうや。同じ王位戦やから、せま苦しいけど、ここへ入れてやったらどうやろか」

 そんな例はめったにない。はじめは冗談かと思っていたら、大山まで「そのほうがにぎやかでいい。それに勉強にもなるし―」とおもしろがって、その話に乗ってしまった。そして昼休みの間に、森安-石田戦の盤がそこに運ばれてしまったのだ。

 休憩のあと観戦にくる棋士たちは「あれっどうなってんの?」と驚くし、隣の部屋で対局中している芹沢博文八段など「ほう、6強のそろい踏みですな。わたしも勉強のため、全部が終わるまで時間をつかって指していましょう」と誘い水をかけている。内藤らに「終わったら、いっしょに呑みに行こう」という”赤裸々なナゾ”をかけている。

 その芹沢の予想(?)どおり、この3つの対局は深夜に及んだ。そのころ、わたしは酒を一日置きに呑むことに一時的に決めていて、その日は呑めない日だったのだが、内藤は対局中に「12時を過ぎれば、あしたやな!」と笑わせた。ところが、内藤-西村戦が終わったのが11時半近く。そして不思議に隣の芹沢の将棋も11半すぎにちゃんと終わった。

 両者が感想戦を終えて、対局室を出るときに内藤はブレザーのソデをちょっとくって、黄金の時計をちらっと見る。そして、わたしに向かい憎いことをいう。「ぴったり12時ですな!ほな、いきましょっ!」

 あきれてものがいえないが、うれしい気が先行する。隣の森安-石田戦だけ、まだ続いている。出掛けに、ちょっとそっちを向いた内藤は「秀光君、行き先は出口の守衛さんにいうとくわ」といい、芹沢、内藤にわたしが付いて夜の街へ。―タレント二人の付け人といった感じがしないでもない。

「わたしは、歌が本職やから下手なカラオケを聞かされるのはかなわんのや」と内藤が注文を付ければ、「オレもそうだから―」と芹沢が受けて、近くのきれいとはいえないおでん屋風小料理屋の座敷に上がり込む。

 あとは呑めや呑めやである。二人は東西の横綱と定評のある酒豪だ。もう将棋のことなどまったく忘れて家庭的おでんをつまみながらがんがん呑む。ところが、待てど暮らせど森安は現れない。そして3時を回ったころ、若い観戦記者が戸口に顔を見せ、「森安先生は先回りして、あっちのスナックでお待ちですよ」と告げる。

「そな、いきましょ」と立ち上がる。「お勘定は?」とおばさんに聞けば、「オチョウシ45本ですから、3万ン円です」と。―呑みも呑んだり、わずかな時間でこうなのである。しかし、話はまだ続く。

 近くのスナックに回ると、森安、石田が観戦記者2人と、どこかのオッチャンを囲んでやっている。よくそのオッチャンを見ると、どこから現れたか、桜井昇六段ではないか。先輩で、しかも理事だから威張れるのである。

 こんどはにぎやか、わいわい呑んだ。不慣れな(?)わたしなど、テーブルにうつ伏して眠ってしまう情けなさで6時半ごろまで呑み騒いだ。もう夜は明けていた。芹沢、石田、桜井はタクシーをひろって帰った。私と観戦記者の中島一彰君らは「もうだめだ、連盟の記者室で仮眠しよう」と帰り道で気付くと、連盟に泊まるはずの内藤と森安が消えている。

―なんと、また呑みに行ったのである。

 西の横綱がこうなら東の横綱もすごい。話はもう少し続く。

「さあ寝よう」と記者室に着いてみると、熱心に将棋を研究している棋士が2人いるではないか。加藤博二八段と佐藤義則六段だ。「いや、寝そびれて、朝を待ってるんです」。外が明るいのにも気付かぬ熱心さに頭が下がったが、ひょいと見ると、ちゃんとワンカップが用意してある。もう眠る門下。それを少しちょうだいして時間を待つ。

 実はわたしは内藤-西村の観戦記の〆切りが急ぐので、この日、芹沢に解説を受ける約束だったし、中島君も芹沢と仕事の約束を持っていた。―佐藤も「わたしも師匠に会っていこうか」というので、3人で車をとばす。着いたのは約束どおり10時。

 なんと芹沢は、もうウイスキーをチビチビなめながら待っていたのである。「さあさあ、仕事はちょっといっぱいやってから」というので、4人でまたはじまった。このあたりで、さすがのわたしも仕事を断念し、佐藤と並んで芹沢家の布団にもぐり込む。

 ところが起きてみると、芹沢たちは仕事を終えて、また呑んでいる。「もう、だめだ」と芹沢家を出たのは3時ごろであった。口惜しいから、わたしも家に帰って少し呑んだが、それにしてもあの両横綱は、ウイスキーの量をガロンとかバーレルで数えるような恐ろしい呑みっぷりだ。

(以下略)

——————

対局の途中で部屋が変わるというのは、かなり異例なことだ。

これが実現できたのも、隣で対局していた大山康晴十五世名人(日本将棋連盟会長)が同意というか乗り気になったことが大きかっただろう。

また、王位戦の担当である三者連合の能智映さんが観戦記者として同室にいたわけだから、話は早い。

——————

午前0時過ぎまで開いている「おでん屋風小料理屋」はなかなかないと思うのだが、そういう意味では、飲みに行った場所は新宿だったのかもしれない。

スナックというのも新宿2丁目にあった「あり」である可能性が高い。

——————

午前6時半から飲みに行ける店というのは限られている。

この当時、私は六本木で飲むことが多かったが、どんなに遅くまでやっている店でも午前5時か6時には閉店だった。

新宿だからこそ、朝遅く(?)まで開いている店があったのだと思う。

 

 

中原誠名人と加藤一二三十段(当時)がホテルの同室に泊まった日

将棋世界1982年5月号、能智映さんの「棋士の楽しみ」より。

 その囲碁で2日制に挑んだのが、いまをときめく中原誠名人と加藤一二三十段の両タイトルホルダーだった。

 ともに将棋界では、お世辞にも”打ち手”とはいえない。「まだ、見たことはないけど、いい勝負ではないの?」と予想屋よろしくヤジ馬精神を発揮したのは、大山康晴王将だった。

 その夢のカードが実現したのは、そう古いことではなかった。場所が秋田市というのも、どこかノンビリしていていい。

 「みちのく将棋まつり」に二人は飛んだ。普通では考えられないが、地方のこと、二人のタイトル者はホテルの同じ部屋に入れられてしまった。ともに、あまり酒を呑まない。もて余し気味の二人が思いついたのは、囲碁を打つことであった。

 中原からその話を聞いたのは、王位の就位式のあとのパーティーの席だった。私だけではもの足りないと思ったのか、作家の石堂淑朗氏や、弟弟子の田中寅彦六段、大島映二四段らを誘い込んで話しはじめた。

 「加藤さんは、滅多に碁を打たない人、それに”長い”のは知っていました。でも、手合いはいいところだと思っていました。だから『一局……』と誘ってみたんです」

 本人の予想(?)どおりいい勝負だったらしい。しかし長考派の加藤は、囲碁でも長考を繰り返す。しんしんと冷える夜、秋田での対決はすさまじいものになっていったと考えざるをえない。

 気まじめな加藤は、序盤からじっくりと考える。「将棋と同じように、長考の連続なんですよ。困っているんだけど、こっちもつられて、ついつい長考をしてしまうんです」

 後輩の中原が黒石を持っていたが、いい勝負だったらしい。打っては考え、2、30分の長考は当たり前。いつの間にか深夜になっていた。眠気を覚えてきた中原が、こらえきれずに言った。

 「そろそろ、打ち掛けにして、あしたまた打ち継ぎましょう」

 そして、中盤を迎えたばかりの碁盤の上に「紙を乗っけて、中断したんですよ」と中原はみんなに説明するが、二人だけの部屋、誰も石をいじくる心配がないのに、どうして紙を乗せて打ち掛けにしたのか?二人の心理が私らにはよく理解できない。

 翌朝も将棋まつりのはじまる前に2時間ほど打ち継いで、合わせて4時間にも及ぶ大勝負となったようだ。

(中略)

 「それで結果は?」と石堂氏、中原は”よく聞いてくれました”とばかり頬をゆるめて「ほんのちょっとだけ、私が勝ちました」とみんなを見回したものだ。石堂氏は、ここでちょっとふざけて「その碁譜を見たいものですな」とからかい気味に言ったが、中原「いやいや、人に見せられるような碁ではないですよ」と逃げの一手。

(以下略)

—————-

中原誠名人と加藤一二三十段(当時)。

二人で居酒屋へ行って、その後、興が乗ればスナックか現在でいうキャバクラのような店へ、という展開は考えられない。

二人でボウリングも考えられない。二人の共通の趣味はクラシック音楽だが、ホテルの部屋で二人でクラシック音楽を聴くのも何かが変だ。

二人で将棋を指すわけにもいかないし、二人で囲碁というのはごく自然な流れだったのだろう。

 

中原誠名人も加藤一二三十段も、それはそれで、結構楽しかったに違いない。

—————-

とはいえ、やはり一般的には、このような時に酒というものは便利だと思う。

 

 

勝負師魂は永遠に

将棋世界1982年2月号、能智映さんの「棋士の楽しみ」より。

 系図が少々ややこしいが、その二上の師の渡辺東一名誉会長は芹沢の師匠の高柳敏夫八段の仲人で、高柳夫人の八重子さんは、渡辺の兄弟子の故・金易二郎名誉九段のお嬢さん、その上に渡辺家と高柳家は歩いて2分ほどの距離しかない。だから、両家は親戚以上の付き合いだ。

 だが、その渡辺と高柳が碁盤をはさんで、どなり合ったことがあるという。見ていた人が悪かった。ほかでもない、スピーカーの芹沢だ。

 「二人ともいい年をしてね」と分別くさい前口上がついてからの話だ。

 その碁は高柳の方が悪かった。江戸っ子で短気な高柳は、もうカァーッとなっていた。渡辺だって勝ち碁を前に気がせいていたらしい。「これで決まり!」と力強く打った石が力余ってポンととんだ。素人の碁にはよくあることだ。先輩の渡辺は、普段の調子で「おい、取ってくれ!」と手を差し出した。

 ところが、ただでも気の短い高柳は、見境なく、思わず余計なことを口走ってしまった。それも江戸弁だからきつく聞こえる。

 「てめえでとばしたんだから、てめえが取ればいいだろ!」

 むろん、ケンカにはならなかったが、「二人ともいい年して、気まずい思いをしたよ」と芹沢は振り返るのだ。

 これは短気な高柳がミソをつけた話だが、その相手、おっとりと見える渡辺も、これに似たしくじりをおかしている。

 芹沢がまだ二段だったというから古い話だ。渡辺が誰かと碁を打っていた。相手が誰かと言いたがらないところをみると、もしや相手は芹沢本人だったかも知れない。いつの間にか碁好きの金が座り込み観戦している。それだけならよかったが、つい熱中しすぎて盤側で口を出す。

 それが二度三度となったとき、渡辺がキッと目をむいて言った。「金さん、黙っててくれよ」。金は、そのときはビックリした顔で口をつぐんだが、終盤のつば競り合いを見ていて、またたまらなくなって何か言った。すると渡辺、こらえ切れずに大声で言い放ったという。「金さん、言ったことがわからねえのか!」

 どぎまぎする金は渡辺の兄弟子であることは先に書いたはずだ。「コンチクショウ」と言われなかっただけ救われる。

 このように将棋指しは昔から碁好きである。病がこうじて、こんなおかしなふるまいともなるのだが―。

(以下略)

—————-

昨日の記事でも書いたが、将棋においては感情を表に出すことなく無類の冷静さを誇る棋士たちが、囲碁の勝負では勝負師の本能のおもむくままに行動をしている。

どちらが本当の姿かと言えば、どちらも本当の姿なのだろう。

—————-

渡辺東一名誉九段は1905年生まれで、二上達也九段、北村昌男九段、佐藤大五郎九段、勝浦修九段の師匠。1948年から1953年まで日本将棋連盟会長を務めており、羽生善治三冠と森内俊之九段の大師匠(師匠の師匠)ということになる。

高柳敏夫名誉九段は1920年生まれで、中原誠十六世名人、芹沢博文九段、田中寅彦九段、島朗九段、安恵照剛八段、宮田利男八段、伊藤果八段、大島映二七段、達正光七段、村中秀史六段、蛸島彰子女流五段、宇治正子女流三段、清水市代女流六段、船戸陽子女流二段、早水千紗女流三段の師匠。

金易二郎名誉九段は1890年生まれで、1934年から1936年まで日本将棋連盟会長を務めている。

—————-

金易二郎名誉九段と渡辺東一名誉九段は15歳違い、渡辺東一名誉九段と高柳敏夫名誉九段も15歳違い。

二つの出来事は、15歳年下の側が燃え上がったことが共通点。

お互いが親しいということもあって遠慮なく思いを伝えることができたのだろう。

勝負師は何歳になっても負けず嫌いだ。

 

 

大山康晴十五世名人「内藤さんは、ウチの有吉よりだいぶ弱いんじゃないの」

将棋世界1982年2月号、能智映さんの「棋士の楽しみ」より。

 いつも見る光景の一つ。これは中原-大山の4局目、ポートピアを記念して神戸市の「ポートピアホテル」で行われた対局の昼下がりだ。立会人はA級棋士の豪華コンビ地元の内藤國雄九段と森安秀光八段だった。―大山は例によって振り飛車。いつもと同じ進行だ。対局開始の写真を撮るなど、一応の儀式が終わると、みなは「はじまっちまえば、こっちのもんだ」などと、対局者には決して聞かせられない言葉を吐いて”盤”を囲む。

「夕刊の解説は11時すぎやな。それなら一局いこ!」そういいながら内藤が上座に座ったのは、碁盤の前だった。森安は「立合料のほかに、お稽古料もいただけるんですか?」とへらず口をたたいて、下座に席をとる。この下座にもちょっと意味がある。

 「初段は難しいのでは?」と記者たちに囲碁の腕前を評価されている二人だけに打つ手は早い。だが内藤は「これでも目碁でっせ!」などと澄ましたものだ。それでも周りの雑音は消えるどころか、ますます激しくなる。内藤と仲のいい神戸新聞の中平記者が「内藤さんの手つきだけはプロ級や」といえば、森安が「手つきだけはね」とダメを押す。すると内藤、とぼけた調子で「なんや、秀光君は黒やないか!」とやり返すと「でも、ワタシャシュウコウ(秀行)、藤沢棋聖と同じ名や」と激しいやりとり。なんとも品格のない光景だ。

 そこへ、対局中のはずの大山が現れた。この人は、相手が長考に入ると頭を休めるためにときどき控え室に姿を見せるので油断がならない。

 「へえー、珍しい組み合わせだねえ。あれっ内藤さんが白なの?」

 こういわれて、森安はキッとなった。「いや」といって、口に出してはいけないことをばらしてしまった。

 「いや、じつは内藤先生が二目置いているんですわ。白を持っとるけど、ほんとうは私が上手なんですよ。それも二目ですよ」

 「えっ」と大山は首を傾げる。

 「でも、右上と左下の白石は、星に置いてないじゃないの」―二目の置き碁なら、こうなっているはず、と大山は見抜いたのだ。

 内藤は知らん顔して白石を打ちおろし、「これでどうや、あんたは弱いんやから、ごちゃごちゃいうな」とやったものだから、また森安はカッとなった。もう兄弟子もなにもない。みんなバラしてやるゾ。

 「いえね、見てる人たちにわかると、内藤先生に気の毒なので、二目は左上と右下に置いたんですわ。―子の気持ち親知らずですわ。これでは……」

 これを聞いて大山「なるほどね、そうだろうと思った。内藤さんが急に強くなるはずがない」ときびしく決めつけ、さらに「内藤さんは、ウチの(弟子の)有吉よりだいぶ弱いんじゃないの」と、またダメを詰めたので、こんどは内藤がムッとした。

 なにしろ、有吉-内藤は関西の宿命のライバル。将棋以外、あらゆることで激しく張り合っているのは読者の方々もご承知だろう。

 大山のことばを聞いた途端、内藤は間髪を入れずにいい放ったものだ。

 「でも、有吉さんはタケフを切られたことがあるんですよね!」

(以下略)

—————-

将棋では感情を表に出さない冷静な棋士たちが、囲碁の対局では勝負師の本能のおもむくまま、思ったことをすぐに口に出しているのが面白い。

—————-

それに輪をかけて、大山康晴十五世名人の中長期的な視点に立った盤外戦術が可笑しい。

「内藤さんは、ウチの(弟子の)有吉よりだいぶ弱いんじゃないの」などは、芸術的としか言いようがない言葉だ。

—————-

目碁もタケフも囲碁用語。

目碁は賭け碁のことで、勝敗以外に整地する時の地合いの目数で動く金額が変わってくる。

タケフ(竹節)は二丁ツギのことで、普通にやっていれば切られることはまずないというようなもの。

この当時はお互いに口をきくこともなかった内藤國雄九段と有吉道夫九段。

タケフを切られたことがある、という非常に些細なことまで知っている内藤九段も可笑しい。