「棋士のエピソード」カテゴリーアーカイブ

中原流の対局相手への気配り

将棋ジャーナル1984年7月号、才谷梅太郎さんの「棋界遊歩道」より。

 我慢できるタイプといえば、まず思い浮かぶのが中原である。深く、広く、そして何よりも温なのがいい。名人位にこだわらない、と言っては嘘になってしまうが、最近の中原には時の過ぎゆくさまを、にこやかに見送る人生の余裕が感じられる。

 この中原に匹敵し、人生の遊歩道を知っているのが桐山であろう。毎年の安定した勝率。そしてA級定住者でありながら、あれだけ地味な印象をうける棋士も珍しい。

 この二人は、とにかく穏やかである。筆者は、中原が八段になりたてのころ、昼食休憩中に観戦の老人に、お茶をサービスする姿をみたことがある。またあるとき、中原は加藤(一)と対戦していた。そして昼食注文の際である。

 まず先輩の加藤が、例によって元気よく、そしてていねいに、

「ワタクシは、天丼の上をお願いいたします」

 と言うと、これを聞いた中原はしばし黙考ののち、やや首をかしげるようにしながら、

「私は普通の天丼でけっこうです」

 と答えたのである。ところが、それから数秒すると、

「あっ、やっぱり上にしといてください」

 と、中原にしては珍しく、やや慌て気味に訂正したのであった。

 はた目には、食事といえども対戦者の加藤に対抗意識がはたらいた?かに見えたが、実際はそんなことではなく、

「まちがえて食べちゃうと悪いですから」

 ということであった。そういえば、あそこの日本ソバ屋のドンブリもんは、上でも並でも器が同じだったと、まわりの人間が気がついたのは少しあとのことである。

 このあたりの感覚は、大筋で桐山とも共鳴する部分が少なくなく、二人は同じ我慢できるタイプの中でも特出した存在ではなかろうか。

—————

中原誠十六世名人らしさ溢れるエピソード。

—————

普通であれば天丼の上のほうが内容が豊富で、値段のことを別とすれば、我慢にはならないような感じがするが、天丼の場合は、うな重(松)やカツ丼(上)などとは事情が違い、上にしたからといって一概に良いとは言えないようだ。

例えば浅草の天ぷらの老舗での上天丼と並天丼は、

上天丼 1,820円
海老/白身魚/小かき揚げ

並天丼 1,460円
海老/白身魚/イカ/野菜(なす)

小かき揚げよりもイカやナスを楽しみにしている人にとっては、並天丼の選択しかありえない。

天丼のチェーン店でも、

上天丼 690円
海老2本/かぼちゃ/いんげん/れんこん

並天丼 500円
海老/かぼちゃ/いんげん/いか/きす

天丼には白身魚とイカが必須という人には、並天丼のほうが好ましい構成になっている。

そういうわけで、この時の中原十六世名人も、白身魚とナスがししとうに変わり、海老が1本増えてしまうようなことを甘受する決断をしたのだと思う。

 

 

控え室の丸山忠久九段

NHK杯戦控え室シリーズ、今日は番外編を。

私が書いた観戦記、NHK将棋講座2014年5月号、第63回NHK杯将棋トーナメント準決勝 大石直嗣六段-丸山忠久九段戦「丸山流の新対策」より。

 控え室での丸山は、一番奥の席に座っていたにもかかわらず、ニコニコと関係者の雑談に耳を傾け、時には声を出して笑うようなこともあった。自ら話すことはないけれども、そこにいることが楽しそうな、周囲の誰をもほのぼのとさせる雰囲気。

丸山はインタビューで「いつもどおり自然体で集中して本局も頑張りたいと思います」と話しているが、対局前の丸山も特に精神統一などすることもなく、ふだんのままの自然体なのだ。

(以下略)

——————

この日は準決勝だったが、和やかな雰囲気の控え室。

大石直嗣六段は控え室に入るなり、先に控え室に入っていた丸山忠久九段に「こんにちは」と爽やかな挨拶をした。

丸山九段も笑顔で即座に「こんにちは」。

いっぺんに、控え室の雰囲気が温かくなった。

丸山九段も大石六段も私にとっては初対面。

大石六段は、師匠の森信雄七段のブログやお父様の日記を事前に読んで感じたイメージ通りの、非常に温厚で優しい好青年だった。

謎の部分が多いと言われる丸山九段だが、大石六段へ返した丸山九段の「こんにちは」を見て、その自然さ、その表情、声の調子などから、私の丸山九段に対する好感度が一気に上昇した。

——————

解説者は大石六段の兄弟子の片上大輔六段。

大石六段も交えて、番組プロデューサーなど関係者との雑談に花が咲いていた。

丸山九段は一人離れて控え室の奥の席に座っている。

少し経って、番組プロデューサーが面白い話をして皆が少し笑った時、想定していない方向から笑い声が聞こえてきた。

その方向を見ると、控え室の奥の席に座っている丸山九段が笑っていたのだ。

例えば、レストランでいえば隣の隣の席のお客さんが、こちらの席の話を聞いて笑ってくれているようなイメージ。

丸山九段なら控え室では勝負に備えて瞑想をして精神集中するのではないか、というのは私の勝手な思い込みで、実際の丸山九段は、自ら話すことはないけれども、皆の雑談を普通に聞いていたのだ。

その後も、話が面白いところで丸山九段は声を出して笑った。

ここにいることが楽しそうな、周囲の誰をもほのぼのとさせる雰囲気だった。

——————

謎の部分が多いと言われる丸山九段だが、私の丸山九段への好感度は更に高まった。

それと同時に、謎の部分が多いと思っていたのは大いなる勘違いで、控え室で笑っている丸山九段も対局の時の丸山九段も普段の丸山九段も、何も謎がない、何も無理をしていない、全くの自然体のままであることを発見できた。

対局時の食事の唐揚げ追加も冷やし中華のチャーシュー追加も、やりたいからやっているだけだと思う。

丸山九段=常に自然体、と考えて対局も観戦すると、さらに観る楽しみが増えるのではないだろうか。

 

 

控え室の三浦弘行八段(当時)

今週月曜日の記事「観戦記者の深刻な悩み」で、

(NHK杯戦の)対局前の控え室で、何もしゃべっていない時でも動作に動きがあって面白いのが、三浦弘行九段と行方尚史八段と山崎隆之八段。

と書いたが、これだけでは説明不足となってしまうので、事例をもとに書いてみたい。

今日は三浦弘行九段編。

——————

私が書いた観戦記、NHK将棋講座2012年3月号、第61回NHK杯将棋トーナメント3回戦 畠山鎮七段-三浦弘行八段戦「引くに引けない将棋」より。

 対局前の控え室はにぎやかだった。畠山は解説の山崎と、関西でこれから行うイベントの打ち合わせをしている。

 聞き手の矢内と読み上げの貞升は後ろの席で、廊下ですれ違った女性タレントの話題。

 三浦は、対局に備えて目薬をさしていた。目にしみるのか、目薬をさすたびに、熱い温泉に入った瞬間のような堪える表情を、左目と右目で2回ずつ繰り返した。自らに苦行を与えるかのような三浦の様子。このときすでに、頭の中には本局の作戦が描かれていた。

(以下略)

——————

畠山鎮七段と山崎隆之七段(当時)は控え室の入口に近い席で二人並んで、関西でこれから行うイベントの打ち合わせをしていた。雑談ではなく実務的な打ち合わせで、畠山七段がいろいろと新しいアイデアを出していた。

矢内理絵子女流四段(当時)と貞升南女流1級(当時)が話題にしていた女優が誰だったのか、今となっては思い出せない。「あんなに綺麗だなんて…」と二人で感激しながら話をしていた。

三浦弘行八段(当時)は、畠山七段、山崎七段とは反対側の中央の席でじっと座っている。

——————

しばらくすると、三浦八段は目薬を取り出し、左目に目薬をさした。

すると、三浦八段は、非常に熱い温泉に入った瞬間のような、あるいはご存知の方は少ないかもしれないが、プロレスラーのラッシャー木村が相手の技を正面から受けて耐え続けている時のような、痛みをギリギリの線で耐えるような苦悶の表情をした。

10秒くらい、その表情は変わらなかったと思う。

対局中の三浦八段はほとんど表情を変えることがないので、非常に新鮮に感じられた。

そして、三浦八段は左目にもう一度目薬をさした。

先ほどと同じように、苦悶の表情が10秒ほど続いた。

畠山七段、山崎七段、矢内女流四段、貞升女流1級はそれぞれ会話をしていたので、三浦八段のこの様子は見ていない。

途中からこの部屋に入ってきた人が三浦八段を見たとしたら、何事が起きたのだろうとビックリするだろう。

続いて三浦八段は右目に目薬をさす。

やはり、三浦八段は、右目の一度目の時も二度目の時も、苦悶の表情を10秒ずつ。

4回とも同じ表情を繰り返す三浦八段に真面目さと誠実さを感じるとともに、痛さを感じたなら目薬を手加減すれば良いのにそのまま目薬をさし続けるその姿に、ストイックな三浦八段のこと、自らに苦行を課しているのかもしれない、とも思った。

また、学校の休み時間のような賑やかな控え室の中で、一人だけ苦悶している三浦八段が、とても可笑しく感じられた。

後に、三浦九段は目が乾きやすいこと、目が乾いている時の目薬は痛く感じることを知った。

棋士と眼鏡 最終章(note:宮戸川さん)

——————

私が書いた観戦記、NHK将棋講座2012年3月号、第61回NHK杯将棋トーナメント3回戦 畠山鎮七段-三浦弘行八段戦「引くに引けない将棋」より。

 三浦の力戦策がきっかけとなり、お互いが一歩も引かない直線的でスリルのある面白い将棋となった。

 三浦は「皆さんが見ていて面白い将棋を指せたこと、それだけが救いです。△3三桂~△2二歩と指していればもっと白熱した戦いになったのに、残念で申し訳ないです」と語っている。

(以下略)

——————

この対局は、斬り合いの面白い将棋だったが、三浦八段が敗れた。

最後の談話は、後日取材の際に、ファンへ向けての一言として聞いたこと。

ファン思いな三浦九段の人柄が非常によく出ている言葉だと思う。

 

 

控え室の行方尚史八段

今週月曜日の記事「観戦記者の深刻な悩み」で、

(NHK杯戦の)対局前の控え室で、何もしゃべっていない時でも動作に動きがあって面白いのが、三浦弘行九段と行方尚史八段と山崎隆之八段。

と書いたが、これだけでは説明不足となってしまうので、事例をもとに書いてみたい。

今日は行方尚史八段編。

——————

私が書いた観戦記、NHK将棋講座2013年3月号、第62回NHK杯将棋トーナメント3回戦 行方尚史八段-郷田真隆棋王戦「一手の怖さ」より。

 対局前の控え室。郷田はコーヒーを飲み終え、軽く目を閉じて呼吸を整えている。

 対局開始を待つ、一糸乱れぬその姿は”明鏡止水”の言葉を思わせた。

 一方、行方は、かばんから取り出した板チョコレートを2片ほどかじって、コーヒーを飲み、目を思い切り強く閉じる。自らに気合いを注入しているようだ。途中、何度か目を開け2杯目のコーヒーを飲み、再び目を閉じ腕を強く組むことを繰り返す。

 郷田の静と行方の動、本局の指し手にもそれが引き継がれた。

(以下略)

——————

この対局が行われたのは12月中旬の日の午後。

郷田真隆棋王(当時)が控え室の奥の席、行方尚史八段が同じ並びで入り口にやや近い席。

解説の橋本崇載八段は、郷田棋王と行方八段の間の位置で逆側の並びの席。

郷田棋王と行方八段と橋本八段を線で結べば、橋本八段を頂点とする二等辺三角形となる、ような位置関係ということだ。

この時は、雑談が交わされることはなく、非常に静かな控え室だった。

郷田棋王はコーヒーを飲み終えた後は、目を軽く閉じ、手は両膝の上に置き、瞑想。

この瞑想が、背筋の伸びた、かといって力が入りすぎていない、極めて自然な感じの瞑想。

”明鏡止水”は、全く感じたままの印象だ。

——————

一方の行方尚史八段。

決して落ち着きがない、というわけではないが、動きのある瞑想。

チョコレートは、欧米系菓子会社製の大きめの板チョコ。

メーカー名は判別できなかったが、ハーシーでなかったことは確かだと思う。ハーシーだったなら「ハッシー(橋本八段)の向かいでハーシーを食べる」などと私の頭の中で考えていたはずだから。

行方八段は板チョコを2片ほどかじって、板チョコを鞄の中に戻し、のどが渇いているかのようにコーヒーをゴクゴクと飲んだ。

冬だからということもあるだろうが、その組み合わせがとても美味しそうに感じられた。

家に帰ったら真似してみようと思った。

——————

そして、行方八段はコーヒーを飲んだあと、郷田棋王の瞑想に遅れを取るまいとばかりに、目を強く閉じ、腕も強く組み、瞑想を始めた。

20秒ぐらいすると、行方八段は目を開けコーヒーを飲み、そしてすぐに瞑想に戻る。

さらにその20秒後、行方八段は目を開けコーヒーを飲み、「すみません、コーヒーをもう一杯いただけますか」と語り、瞑想に戻る。

その数十秒後、コーヒーが来ると、行方八段は目を開け、コーヒーをゴクゴクと飲んで鞄から板チョコを取り出し、2片ほどかじって、板チョコを鞄の中に戻し、コーヒーを2~3口飲んだ。

そして、また瞑想に戻る。

また20秒後、行方八段は目を開け、コーヒーを飲み、瞑想に。

目を思い切り強く閉じて腕も強く組むその姿が、腕白な小学生が慣れない瞑想をしているようで、非常に行方八段らしく思えて好ましく感じられたものだった。

——————

この一局は行方八段が敗れる。

しかし、この頃の行方八段の勝率はすごく高く、1月には順位戦でA級復帰を決めているほど。

——————

対局終了後、行方八段は橋本八段を誘って飲みに行っている。

この2年後、行方八段と橋本八段はNHK杯戦準決勝で対決し、橋本八段が二歩を指してしまうこととなる。

 

 

控え室の山崎隆之七段(当時)

今週月曜日の記事「観戦記者の深刻な悩み」で、

(NHK杯戦の)対局前の控え室で、何もしゃべっていない時でも動作に動きがあって面白いのが、三浦弘行九段と行方尚史八段と山崎隆之八段。

と書いたが、これだけでは説明不足となってしまうので、事例をもとに書いてみたい。

まずは、山崎隆之八段編から。

——————

私がNHK杯戦で佐藤天彦七段-山崎隆之七段戦の観戦記を担当したのが2013年の春。解説は稲葉陽六段。(段位は当時)

対局前の控え室では、山崎七段と稲葉六段が番組プロデューサーなどと雑談をしていた。

1回戦や2回戦では、関西の棋士が登場する時には解説者も関西の棋士であることが多く、控え室での会話が弾む。

佐藤天彦七段は会話には参加をしなかったが、話を聞きながらニコニコしていた。

それから少し時間が経つと、佐藤七段が精神集中モードに入り、うつむき加減に瞑想を始めた。何か困ったことでもあったのだろうかと思うくらいの前傾姿勢が佐藤七段の瞑想の特徴。

雑談は続いていたが、間もなく山崎七段は立ち上がり、鞄からメガネを取り出し、メガネをかけかえた。

対局用のメガネだ。

対局用のメガネをかけた瞬間から山崎七段は真剣な表情になり、控え室のあちこちを初めて来た場所のようにキョロキョロと見始めた。

まるで、瞬間移動装置で突然この場所に連れてこられ、「ここはどこなんだろう」というような表情。

そして、じっと瞑想している佐藤七段を視界にとらえた山崎七段は、初めて会った人を見つめるような不思議そうな表情で、数秒間、凝視していた。

対局用のメガネをかけたことによって戦闘モードのエネルギーをどんどん充電しているような山崎七段の様子。

非常に華がある表情と動きだった。

控え室は、それから数分後のプロデューサーの「時間になりましたので、スタジオへ移動しましょう」の言葉が出るまで無言の時間が続いた。

対局開始時間が近づくにつれて控え室が急に無言になる、この無数の針でチクチク刺されるような緊張感も、個人的にはたまらなく好きだ。

——————

山崎八段がNHK杯戦の控え室でいつもこのようなパターンであるとは限らないだろうが、対局用のメガネにかけかえてからの変化がとても印象深いものだった。

この、山崎七段と佐藤七段の対局前の控え室での模様は、観戦記には書かれていない。

その後の話の展開と結びつけるのが難しかったのと、行数の関係から、盛り込むことができなかった。

——————

10月15日に、関ヶ原古戦場で「『天下分け目の関ケ原』東西人間将棋」が行われる。

「『天下分け目の関ケ原』東西人間将棋」出場棋士決定!(岐阜県)

東軍が佐藤天彦名人(徳川家康)で西軍が山崎隆之八段(石田三成)。

出身地から見ると、佐藤名人が徳川家康兼黒田長政、山崎八段が石田三成兼毛利輝元とも言えるだろう。

面白そうな企画だ。