「棋士のエピソード」カテゴリーアーカイブ

「気が滅入るから先生は応援しないで」

将棋マガジン1987年9月号、コラム「棋士達の話」より。

  • 棋士間にライバルの話は多いが、名人戦で激突した中原-米長も有名で、感想戦などでもゆずらない。ある講演で米長九段「中原さんの感想はどうも信用できぬ。だから私は彼の事を、ウソから出た誠、といっている」と語り、大ウケした。

  • 関西では有吉九段-内藤九段の関係もかなり人に知られている。ある時道でバッタリ出会った。内藤九段は仕方なく「やあ」と声をかけたが、有吉九段は聞こえぬふりをしてそのまま行ってしまった。ここまで行くと少々子供じみている?

  • 内藤九段を破ったある若手棋士がうれしさか、「歌手には負けません」と自慢話。それを聞いて有吉九段は「君にそんな事をいう資格はない」と烈火のごとく怒った。そう、相手の強さを認め、それに勝ってこそ真のライバルなのである。

  • 田中(寅)八段は谷川九段に闘志を燃やすが、勢い余って舌禍事件も起こした。”あれは言い過ぎ”との評判に根は気のいい田中八段は反省したか、ある時谷川九段にあやまった。すると今度は”あやまってはいかん” 棋界雀は勝手なもの。

  • 棋士に野球ファンは多いが、中原名人の巨人、谷川九段の阪神などが有名。石田八段は中日ファンだが心配性のため応援しながらも「中日は勝てませんかね」と落ち込む。球場で一緒の人に「気が滅入るから先生は応援しないで」といわれた。

* * * * *

有吉道夫九段と内藤國雄九段は、2001年にふとしたことがきっかけで二人は非常に打ち解けた関係となっている

雪解け

* * * * *

石田和雄九段の対局中や解説の時のボヤキは絶妙かつ芸術の域に達しているが、野球観戦の場合にもボヤキが発動されていたことがわかる。

1987年の中日ドラゴンズは、星野仙一監督の1年目で、落合博満選手がロッテから移籍した1年目。

5月末は1位だったものの、6月末と7月末は3位。

「気が滅入るから先生は応援しないで」と言われたのはこの頃である可能性が高い。

6位や5位に向かう戦績ならボヤキは逆に少なくなるだろうが、3位や2位の時の負け試合ではボヤキが多くなりそうだ。

このシーズンの中日の最終成績は2位(1位の巨人と8ゲーム差)。

更に石田和雄八段(当時)のボヤキは増えたことだろう。

 

 

反則負け列伝

将棋マガジン1987年2月号、コラム「棋士達の話」より。

  • 将棋に反則はつきもの。どういうわけかプロ間でも年に何局かは出現する。佐藤義則四段は対池田修一五段戦に何を打っても詰む局面で一間飛びに二歩を打って負け。ただ新婚一週間目とあって、早く帰りたかったんだろ、と同情を呼ばなかった。

  • そそっかしい事で知られていた故・大野源一九段。A級順位戦で必勝の局面を築いたが、終盤王手をかけられているのにこれを受けず別の手を指してしまった。相手の故・塚田正夫名誉十段「大野君、すまないけどこの王様もらうよ」

将棋マガジン1987年6月号、コラム「棋士達の話」より。

  • 故・山田道美九段がうっかり二歩を打ったが、相手の大友昇八段、すかさず王手にタダの駒を打ち「待った封じだ」という。3手進めばアマでも反則成立というわけだが、待ったなんかするはずはない、と山田九段はダブルのくやしがりようだった。

* * * * *

プロの対局での反則は、二歩、 二手指し、王手放置、動けないところに駒を進める、成れない状況で駒を成る、などが事例としてあるが、やはりその中で圧倒的に多いのは二歩だという。

* * * * *

振り飛車名人・大野源一八段(当時)の王手放置は次の局面から。

△2八飛と王手をかけられたところで、大野八段は「なんだい、こんな王手したってしょうがないじゃないか。王さん引けば投げの一手なんだあー」と話している。

しかし、ここで「大野先生、ここから一分将棋です」と記録係。

大野八段は秒読みになると慌ててしまうクセがあり(自分が秒読みになったらもちろんのこと、相手が秒読みになっても)、「えっ、もう時間か」と言うなり、▲3一角と打ってしまったのだった。

塚田正夫九段はこの一局に負けると降級の目がある。

「大野くん、悪いけどこれ、もらっとくよ」と玉を取る塚田九段。

「なにするんやっ!」と大野八段。この瞬間はまだ王手放置と気付いていなかったのだろう。

塚田九段「ぼく、いま苦しいんだ」

* * * * *

王手放置は石田和雄九段も経験がある。

玉損の攻め(石田和雄九段)

藤井猛九段も奨励会時代に経験している。

藤井猛三段(当時)玉を取られた一局

 

 

塚田正夫名誉十段「君は話題がせまいね」

将棋マガジン1987年7月号、コラム「棋士達の話」より。

  • ゴルフは今棋士達の間でも結構盛んに行われる。大山十五世名人が10年程前最初にやった時は「こんなに気分の良いものを続けていては将棋にマイナスだ」といってすぐにやめたという。もっとも今は健康のために早足ゴルフを時々やるそうだ。

  • 田丸七段が初めてゴルフコースに出て、第1打を打ったが、これが何とフェアーウエイに真横、体の正面に飛んだ。そこにいた米長九段はすかさずよけ「読み筋通りだった」しかしこのため田丸七段はゴルフ部より「永久追放」を受けたという。

  • 中原名人はルームランナーのコマーシャルに出演したこともあるが、普段より健康に留意している。最近やっている事は真向法だそうだ。体操の一種だそうで両足を開き前屈している写真が紹介されていた。柔軟な体が柔軟な発想を呼ぶ。

  • 故・山田九段はテニス好きで、奨励会員を誘い、よくやった。ところが山田九段はしっかり身を固めてグランドに出るのだが奨励会員はデタラメで、ジーパンに丸首シャツで裸足などという格好でも平気だった。周囲の反応「あれはどんな団体?」

  • 山田教室テニスグループ(そんなのがあったかなあ)の生き残りはゴルフ界追放の田丸七段ぐらいか。今は都下のテニスグループの会員で走り回っている。「いつも室内にいるので、大空の下は気持ちよい」ごもっとも。でも腕前の話題はでない。

  • 高橋道雄王位もテニスは大好き。全仏オープンテニスを見に行った、というから相当なもの。最近はアマ有段の域まで腕を伸ばしたという。もっともこれをチャンスにテニスギャルとの交際を目指している、との周囲のうわさもあるが真偽不明。

  • 高橋王位は奨励会時代から体を鍛えるのが好きで、連盟に来る時は鉛入りの靴をはき、エレベータにも乗らず早足で階段を上下した。対局には足腰が重要というわけだろう。そして結果は、現在の地位とやや太めの足。

  • 故・塚田名誉十段は競馬が大の趣味だった。といっても大金をかけるわけではなく走る馬を見るのが好きだったという。ある日ファンと競馬の話ばかり。相手がたまりかねて話の内容を変えたところ、塚田先生一言「君は話題がせまいね」

  • 中村王将も競馬が大好き。昨年3月23日、あの大雪の日に中山競馬場に出かけたが途中で中止。しかも交通機関も止まり方法がない、と散々。しかしこの不断の努力もあってか、競馬の予想とか仕事の話も多くなったという。趣味と実益。

  • 中原名人は馬主。一応本人に確認したところ「馬主といっても一頭ではなく、せいぜい足一本ぐらいだよ」つまり共同馬主ということでした。もうかるのかと思ったところ経費が高く金銭的には損。「でも見る張り合いはある」趣味は大変。

  • 米長九段、家族とアメリカの旅行に出かけ、競馬場へ。ところが予想紙を読んでも英語の省略形で意味不明。しかし馬の顔を見ると、これは日本と変わらず一安心。穴馬券を的中させた。「アメリカのカジノで大損する誰かとは違う」と大喜び。

* * * * *

「君は話題がせまいね」。

これは非常に哲学的な問題で、

  1. 一つの話題に長くついてこれないから、話題がせまい
  2. 一つの話題ばかりしているので、話題がせまい

という二つの意味合いがある。

塚田正夫名誉十段は1の立場で、一般的には2の立場。

しかし、この二つは、相反するようでいながら相反していないので、話は難しくなる。

* * * * *

例えば第二次大戦中のドイツ軍の戦車の話題だったとする。

Ⅰ号戦車、Ⅱ号線車、Ⅲ号戦車、Ⅳ号戦車、タイガー、パンサー、タイガーⅡなど、これに駆逐戦車も含めれば相当な種類になるわけだが、この話題から、

  • T34など、ソ連軍の戦車の話題に発展する
  • アメリカ軍のシャーマン戦車の話題に発展する
  • ドイツ軍のパンサーD型とA型とG型とF型の違いなどの話題に発展する
  • 模型メーカーのタミヤを絶賛する話題に発展する
  • ドイツ軍の戦闘機、爆撃機の話に発展する
  • 戦車の装甲が厚くても、被弾時に戦車内部のネジが弾丸のように空中に飛び出して来て非常に危険だったので、ネジの取り付け方が抜本的に変えられた、などの話題に発展する
  • 当時の国際情勢と国際連盟の役割について話題が発展する

など、さまざまな方向への展開が考えられるのだが、途中で別の話題に変えられたとしても文句が言えないほど元がマニアックな話題なので、「話題がせまい」という話にはならないだろう。

しかし、競馬の場合はドイツ軍の戦車とは違ってもっと一般的な話題なので、この辺の解釈の線引きが非常に微妙なところだ。

 

 

飛行機嫌いの棋士が飛行機に乗るとき

将棋マガジン1987年8月号、コラム「棋士達の話」より。

  • 悲運の名棋士、などというがこれは全くのウソ。名棋士と呼ばれるまでには運がなくてはダメだからだ。10年程前仙台地震の時東京でも相当ゆれたが、そこに中原名人がいたので誰もあわてなかった。でも他が全滅で名人だけが残ったりして……。

  • 森九段は名前が雞二と鳥がついているが飛行機が嫌い。タイトル戦の時でも列車の乗り継ぎで移動した。でも「名人と一緒なら乗っても良い」という。名人同乗なら落ちない、という意味なのか、刺し違えるのなら望むところ、かは聞き逃した。

  • 対局で気後れしたらまず勝てない。難局の時も自己の実力と運を信じて指すものだ。加藤治郎名誉九段曰く「こじつけでもいいから自分に言う。技量は同じ、体力も同じ、だが今日はオレの方が爪が長い。だから勝つ」と。ウーム、勝負とは何?

  • 棋士達は対局中に飲み物に気を使う者が多い。森九段のミネラルウォーターは有名だが烏龍茶党も多く、神吉四段は20本も並べて対局する。浦野五段は最近維力(ウイリー)をよく飲むというが効果はてきめんで、10連勝で昇級を果たした。

  • 将棋年鑑は今62年版を制作中。今年も棋士にアンケート調査をしているがそれぞれの個性が感じられる。高橋二冠王の尊敬する人は、なんと将棋マガジン編集部。斉藤由貴さんとの対談を企画したことへの感謝もあるのだろうが、見る目がある。

* * * * *

「竜王・名人級の棋士と一緒に飛行機に乗ると絶対に落ちない」と、古くから将棋界では信じられているようだ。

事例としては、

先崎学五段(当時)
「帰りの飛行機は揺れた。僕は飛行機というものがあんなに揺れるとは思わなかった。だが羽生が隣に座っているから落ちないと思った。この気持ちなんとなくわかっていただけると思う」(1992年『一葉の写真』より)

神吉宏充五段(当時)
「飛行機に乗るのはどうも苦手で、理由は堕ちるのがコワイから。やっぱりアナタ、重たい私が宙に浮いていたら、ニュートンの法則では落ちるのが当たり前。でも現在の優秀な飛行機なら、まずそんな心配はないと思う。が、何万分の1の確率を心配する昨今、やはり世の中に大事な人間とか、運のいいヤツが同乗していれば完璧にその杞憂は吹き飛ぶ。そう、将棋界でいえば谷川竜王、羽生王座、それに最近では郷田先生なんかおいしいところ」(将棋世界1993年1月号「対局室25時 大阪」より)

廣津久雄八段(当時)
「実に5年ぶりに九州で対局することが決まったとたんに、北海道で東亜国内航空機の墜落事故が起こってしまった。そのことは第1局の昼食休憩の時などに話題となったのだが、「まあ、二度とは起こらんでしょう」と話し合い、飛行機の切符を買ったところが今度は岩手での全日空機と自衛隊機の衝突事故が発生してしまった。さあ、大変、今秋結婚式を挙げる中原十段は本誌9月号の石垣純二氏との対談で「中原さんは飛行機事故には気をつけた方がいい」と暗示をかけられたこともあって「まだ死にたくないですね」と拒絶反応。そればかりか、飛行機に乗りなれているはずの王位までもが「二度あることは三度ある。いつかの時もそうだったですよね」と逃げ腰になってしまった。ただ立会人の広津八段だけは「これだけ運の強い人が二人も乗るのだから」と大船に乗った恰好だったが、もし落ちたら、ことは大変である。しかし、八方手をつくしたにもかかわらず、とうとう汽車の切符は取れず”決死の博多行き”となった」
(将棋世界1971年11月号、能智映さんの第12期王位戦七番勝負(大山康晴王位-中原誠棋聖)「予想通りの白熱戦」より)

* * * * *

「こじつけでもいいから自分に言う。技量は同じ、体力も同じ、だが今日はオレの方が爪が長い。だから勝つ」

これは、将棋大会がある日にぜひ実践してみたい。

* * * * *

維力(ウイリー)は、ポッカコーポレーション(現・ポッカサッポロフード&ビバレッジ)が中国のスポーツドリンクをもとに開発した飲料で、1987年から発売された。中国産の植物エキスが配合されているのが特徴であったという。

Wikipediaの記述によると、

配合された植物エキスによる酸味とすっきりした甘味が特徴であったが、独特の味のため消費者の好みは分かれ、販売実績は芳しくなかった。後年、独特の味を薄め、スポーツ飲料であることを前面に打ち出した維力スポーツにリニューアルされたが、1990年代前半には姿を消した。

独特の味というのが気になるが、何か効果がありそうに思える飲料だ。

 

 

筆が滑ってしまう揮毫

将棋マガジン1987年11月号、コラム「棋士達の話」より。

  • 将棋界のタイトル戦で対局者は和服着用が多いが、それらの逸話もある。大内九段は昭和50年の名人戦で一局ごとに和服を代えた。ところが予想もできず全9局になったので何着かは新しく作った。なんでも挑戦料より余計にかかったという。

  • 若手達も先輩に習うが、中にはその時が初めての経験で着付けに苦労する者もいる。中村王将は仲間に、初めてにしてはいい、とほめられたが、答えは”立っていただけ”よく分からないので対局場の仲居さんに全部やってもらったのである。

  • 塚田泰明七段が四段に昇段した時故・塚田正夫名誉十段夫人より、塚田という棋士が出たのはうれしい、と和服一式を贈られた。大舞台に出た時使わせていただきます、と答えたそうだが、今度の王座戦で、その和服が見られるかもしれない。

  • 棋士が色紙に書く肩書きも変化のあった時はなじめず間違うこともある。中原名人も名人獲得直後に「新名人」と書いた話は何となく微笑ましい。丸田九段は九段昇段後しばらくは「丸田丸段」と筆がすべってしまうことが続いたという。

  • 記録係は奨励会員がやるが、人によっていろいろな話がある。升田九段も低段時代に経験があるそうだが、対局者の方が弱いので見ていられない。そこで消費時間を多くつけ、早く終わるようにしたという。分かる気もするが、ほめられませんね。

  • 大山-中原の王位戦で谷川少年が記録係をつとめたことがある。中原名人が担当の能智記者に「能智さん、この子は将来必ず名人になりますから今のうちに色紙をもらっておいた方がいいですよ」といった。名人の眼力、怖るべきである。

* * * * *

「塚田」という名字は、「名字由来net」によると推定人数では366位。

もっと上位に来そうなイメージがあるが、意外と少ない。

1位は佐藤、100位が杉本、200位が南、300位が村松で350位が宮城、365位が荻野、367位が奥野、378位が谷川。

「谷川」と近い順位と考えると、「塚田」という名字はたしかに少ないということが実感できる。

塚田正夫名誉十段夫人の「塚田という棋士が出たのはうれしい」という気持ちも強く理解できる。

* * * * *

「九段 丸田祐三」と書きたいところを「丸段 丸田祐三」と筆が滑ってしまうということ。

当然、丸山忠久九段も同じような悩みがあった時期があったはずだと思う。

* * * * *

ちなみに「丸山」は78位、「丸田」は996位。

丸で始まる名字で1,000位以内は丸山と丸田だけ。