「棋士のエピソード」カテゴリーアーカイブ

中原誠十六世名人「あっちは方角が悪いからやめました」

将棋世界1982年12月号、能智映さんの「棋士の楽しみ」より。

 相手の中原だって、かなりの映画ファンだ。これもまた今期の王位戦がらみの話だ。中原が無冠になった翌日の午後、連盟の近くの寿司屋に寄ったら、中原の弟弟子の田中寅彦六段がいた。そんな日だから、自然と話は王位戦のほうへ向く。

「中原名人も12年ぶりの無冠。やはり寂しいでしょうね」と田中は心配顔だ。

「オレも、永年中原さんにはいろいろと面倒をかけているんで、気になっているんだ」などとわたしもいって、カン酒を頼んでもう呑みだした。

 そして、勢いに乗って中原の家に電話してしまった。中原本人が出てきた。

「いま寅ちゃんといっしょに話したんだけど、近々いっぱいやりませんか?」

「そうですね、ちょうど王位戦の7局目の日程があいていますから、新宿あたりで食事しながら呑みましょうか」

 実際にはなくなってしまった対局日を7局目というあたり、中原らしいユーモアのセンスだ。

 その夜、3人のほかにやはり弟弟子の大島映二四段も加わって、4人でにぎやかに呑んだ。その席で中原「能智さん、こんどの将棋世界の棋士の楽しみではなにを書くんですか?」と聞く。「映画でもやろうかと思っているんですよ」と答えると、三人とも映画好き、いろいろなおもしろい話が出てきた。

 田中はギターが得意なので、「何度もロバート・レッドフォード主演の”追憶”を見ました。その結末にひかれたんです」といったあと、「いま、私の子供は映画に出演してるんです」と異なことをいう。

「しかし、まだ赤ちゃんだろ?」と聞き返すと「ええ、9ヵ月ですが、女房(タレント・日下ひろみさん)といっしょに、ある企業内PRビデオに出たんです。誠を泣かせたり笑わせたりするのにだいぶ苦労したらしいですが」

 これを聞き、大先輩の誠はにこにこ笑っている。

 次は大島だ。いつもはにかんだように話し出すが、この夜もそうだ。

「ぼくは最近、将棋世界の竹内君といっしょにアニメ映画の”千年女王”(松本零士原作)を見に行ったんですが中は子供ばっかり。でも、女王の顔があんまりきれいなんで、この間また見に行っちゃったんです。そして、券が余ったのでマンガ狂の高橋君(道雄五段)にあげようとしたら、『もう見ました』といわれちゃいましたよ。彼はマンガ映画は見逃さないみたいですね」

 そして、しんがりは中原だ。

「ぼくも子供のころから映画は大好きでしたね」といって少年時代を振り返って話し出す。

「チャンバラから西部劇、なんでも見ましたよ。小学1年のころ、塩釜で佐貝正次郎さんという人に将棋を習ったんですが、その人の家のすぐ裏が映画館で、将棋のお稽古を受けているときに、いつもチャンバラの音などが聞こえてきて、気が入らなくなり、よく怒られました」

 そういえば、いつか中原後援会刊行の「まこちゃんの思い出」という小冊子で、佐貝氏が似たようなことを書いていたのを思い出す。少しだけ転載させていただく。

「そんなまこちゃんにも、やはりどうにもならないこともありました。2時か2時半頃来て二番ぐらいすると、外にはこれまた毎日欠かさない紙芝居屋の、チャンチャンと鳴る拍子木の音が聞こえてくるのでした。その魅力にはまいったとみえ、駒を指しながら私の顔を見て、もじもじとした態度で「小休止?」をつげることも、たびたびありました」

 いくら将棋が好きとはいえ、まだ小学1、2年ではそうだろう。中原が子供時代のことを話しはじめると、実に楽しそうな顔になる。また続ける。

「そのあと、仙台の石川孟司さんという人の指導を受けに通うことになったんですが、その人がまた映画館の中で売店をやっていたんです。ただで見せてくれるんで洋画や邦画など、なんでも見ましたよ。そのころは三本立てでね」

(中略)

 そこらで中原に「中原さんは、ポルノなんか、見たことあるの?」と聞いてみたら「いや、まあ―。それより塚田先生(正夫名誉十段)がたいへん映画好きでした。先生から『空が出てくれば映画は終わりなんだ』という名言を聞いたことがありますよ。たしか、映画評論も書かれていたはずですよ」とうまく逃げを打ち、ナゾめいたことをいった。

「この間、好きな小津安二郎監督の作を三鷹の映画館でやっていたので、見に行こうと思ったんですけど、あっちは方角が悪いからやめました」

 これに田中と大島は大爆笑したが、わたしはキョトンとしてしまった。田中は「ほらほら、能智さんは新名人の住んでいるところを知らないんですか}―中原も口が悪い。その後、十段戦の挑戦者にもなり、ますます二人の間はおもしろい。

(以下略)

—————

中原誠十六世名人は1947年生まれで、奨励会入会が1958年。

日本でテレビ放送が開始されたのは1953年だが、家庭に普及するのは、1959年、皇太子 明仁親王(今上天皇)御成婚の中継があった以降。

そういうわけなので、中原十六世名人の子供時代は、映画が全盛で、街頭紙芝居も盛んだった頃。

映像といえば映画しかなかった時代で、生活における映画の比重が今よりもはるかに大きかったと言えるだろう。

—————

田中寅彦六段(当時)の「いま、私の子供は映画に出演してるんです」の赤ちゃんは、元奨励会員で現在は囲碁将棋チャンネルの田中誠さん。

『追憶』は1974年、田中寅彦九段が17歳の時の映画。

『千年女王』は1982年、大島映二七段が25歳の時に上映された。

—————

中原誠十六世名人の「この間、好きな小津安二郎監督の作を三鷹の映画館でやっていたので、見に行こうと思ったんですけど、あっちは方角が悪いからやめました」。

これは、中原十六世名人が1980年に十段位、1982年に名人位を加藤一二三九段に奪われており、その加藤一二三九段が三鷹に住んでいたことから、そうなったという話。

—————

私が生まれて初めて見た映画は、まだ幼稚園に入る前、『キングコング対ゴジラ』(1962年)だと思う。

以下、

  • 『三大怪獣 地球最大の決戦』(1964年)ゴジラ、キングギドラ、モスラの幼虫、ラドンが登場する超豪華怪獣映画。
  • 『フランケンシュタイン対地底怪獣』(1965年)地底怪獣はバラゴン。プラモデルを買った。
  • 『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』(1966年)ガイラは人を食べる。ガイラが怖くて、トラウマになった。
  • 『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』(1967年)ギャオスも人を食べるがそれほど怖くなかった。ギャオスのプラモデルは買った。
  • 『ドラキュラ’72』(1972年)クリストファー・リーとピーター・カッシングの黄金コンビ。
  • 『エクソシスト』(1973年)後にキリスト教(プロテスタント)の牧師となった高校の同級生と見に行った。

大学に入ってからは見る映画の傾向は変わったが、こうやって見ると、怪奇系にかなり偏っていたことが分かる。

現在の私が最も高く評価する映画は、『ゴッドファーザー』『ゴッドファーザーPART II』『ニュー・シネマ・パラダイス』。

よく普通に変われたと思う。

 

 

棋士が出題する戦慄の棋士クイズ

将棋世界2003年3月号、鹿野圭生女流初段(当時)の「タマの目・2」より。

 毎年恒例の指し初め式が1月6日に行われた。

 東京では、特別対局室に将棋盤を一つ置き、関係者が入れ替わり立ち替わりして一手ずつ進めていくらしいが、関西ではちょっと違う。イラチ(短気)の関西人気質のせいかどうかは知らないが、将棋盤を御上段の間という立派な部屋に並べられるだけ置き(確か12面あった筈)どの盤の前でも座ってよい。一回で24人ずつ進んでいくため、待ち時間はほとんど無いくらいだ。

 ただし、一人一手じゃないのがミソ。スイスイッと2人で相矢倉に組み上げても良いし、四間飛車で美濃囲いにしても結構。もちろん一手で交代しても良いのだ。この鷹揚な所もまた関西気質なのかもしれない。

 しかし、勝負をつけない所は東西とも、同じである。もうだいぶ昔の話だが、私と某若手棋士が指していて、私が王手飛車をかけてしまったことがあった。ギャラリーに大ひんしゅくを買ってしまったことは言うまでもない。

 さて、その後はこれまた恒例の宴会だ。理事の挨拶の後、乾杯の音頭は谷川王位の発声だった。

谷川「カンパイ、と言うのは将棋界では縁起が悪いですから、おめでとうございますでご唱和お願いします。では、おめでとうございます」。

一同「おめでとうございます」。

 と、始まった。いつもおもしろい挨拶を考えている人だ。

(中略)

 横のテーブルでは、神崎七段がとってもニコニコしている。

神崎「鹿野さん鹿野さん、聞いてくださいよ。このテーブルに居てる、浦野、南、平藤、神崎の4人を、生まれた順に並べよ。って村田君に問題出したんですよ」。

タマ「おーっ、それは難問やなあ、けど私はわかるけどね」。

村田四段「いや、難しいっすよ」(彼は村田女流2級のお兄さんだ)

平藤「神崎さんは自分が一番若く見られてご機嫌やねん」。

神崎「いや、村田君、君は見る目があるよ」。

平藤「見る目無いっちゅーねん。まちごうとるがな」。

タマ「エッと、南先生が6月で、平藤さん10月で神崎さんは11月?12月?。浦野さんは翌年の3月だっけ。みんな同い年でそんな質問するかなあ」。

神崎「私、12月です」。

タマ「井上さんも同い年じゃなかった?」

平藤「あっそうそう、1月やったなあ」。

 もうすぐ厄年になろうかと言う連中が、こんな事を言って若手をおちょくっている。

タマ「今年は、福崎先生が来てはれへんねェ」。

平藤「去年も来てへんよ」。

南「ウン」。

神崎「福崎先生がおらんかったら、なんか場が静かだと思いませんか」。

残りの人「ウーー(そうでもないと思っている)」。

神崎「福崎さんにはいつも神崎君はうるさいなあって言われるけど」。

残りの人「ウンウン」。

神崎「福崎さんが居てたらちょっと雰囲気がちごてると思いませんか」。

タマ「それはそう思う思う」。

平藤「それはあるかな」。

南「ウン」。

 話はエンエンと続きますが、福崎八段は、どう雰囲気が違う人なのか、謎を残したまま、今月はこれにておしまいです。なごやかな指し初め式の一日でした。

—————-

谷川浩司王位(当時)の「カンパイ、と言うのは将棋界では縁起が悪いですから」。

これは、カンパイは完敗に通じるということで、将棋界では縁起が悪いとされている。

ある年の将棋ペンクラブ大賞贈呈式で乾杯の音頭をとった二上達也九段も、同様のことを話されている。

—————-

浦野真彦七段、南芳一九段、平藤真吾六段、神崎健二七段(段位は当時)を生まれた順に並べよ、という問題を一層難しくしているのが、この4人が全員1963年度生まれであること。

4人の順列は24通りなので、いい加減に答えたとしても当たる確率は約4.2%しかない。

なおかつ4人が目の前にいるわけで、問題を出された村田智弘四段(当時)にとってみれば、気が遠くなってしまいそうなほどの状況だ。

—————-

とはいえ、問題を出題する方の立場から見れば、非常に面白いクイズであることは間違いない。

—————-

福崎文吾八段(当時)が、どう雰囲気が違うのか、現代では多くの人に知られるようになっている。

「雰囲気が違う」という表現が絶妙だ。

福崎文吾八段(当時)「これはなんとかして秘密にしとかなあかん」

 

 

芹沢博文九段の予言

藤井聡太四段の師匠は杉本昌隆七段。杉本七段の師匠が故・板谷進九段。板谷進九段の師匠であり父であったのが故・板谷四郎九段。

板谷四郎九段は名古屋に在住して、進九段とともに中京棋界を大きく発展させた。

石田和雄九段、中田章道七段などの師匠でもある。

将棋世界1982年1月号、能智映さんの「棋士の楽しみ」より。

 板谷一門の話を続けていこう。7、8年前のことだ。板谷進八段の妹さんの春枝さんが、お父さんの四郎九段から車を買ってもらった。買ってもらった本人は嬉しいから、毎日乗り歩く。その気はわかる。だが、帰りが10時過ぎになったりもする。すると謹厳な四郎九段は板谷を呼び、「あいつは遊びすぎる。あの車、すぐ売ってこい!」と命じた。

―翌日には、その新車が半値ほどで売られていった。芹沢や私は、四郎先生に会うたびにお説教をくらうが、節度を大切にする実に厳しい人だ。

—————-

気骨の板谷四郎九段。

NHK将棋講座2014年3月号、中田章道七段の「棋士道~弟子と師匠の物語~板谷四郎九段」によると、この新車はフォルクスワーゲンだったようだ。

この時代のフォルクスワーゲンは「カブトムシ」の愛称で知られるタイプ1。

中田章道七段は「師匠は春枝さんには甘かった」と書いているが、中田章道七段が内弟子生活を終えた後に、「あいつは遊びすぎる。あの車、すぐ売ってこい!」ということになったのだろう。

中田章道七段が語る師匠・板谷四郎九段との思い出(NHKテキストビュー)

—————-

芹沢博文九段の1987年の著書「指しつ刺されつ」より。

 板谷四郎九段、中京の重鎮である。その息子が、板谷進八段、わが弟分の関係と思って頂きたい。

 王位戦の中原、内藤が飯田の龍峡亭で行われた時、何となく遊びに行った。名古屋から1時間半、東京から車を飛ばして4時間の所かと思う。

 私もそんな暇な体ではないが、なぜか二人の将棋を見たくなり、何の仕事もないのに”ただ飯”を食いに行った。

 将棋が終わり、打ち上げの席で立会人の板谷先生はご機嫌であった。熱戦を見て若き日を思い出したのかもしれない。

 ご機嫌な先生は、

「中原さんは素晴らしい……」

 てなことを言う。

「内藤さん、あなたもすてきだ……」

 というようなことを言う。先輩から賛辞を受けるのは誉れなことだ。今度は当然自分の番かとうれしそうな顔をしていると突如、

「芹沢、このような者は……」

 と言うではないか。お世辞を期待していた私はビックリである。

 同席の20数人の者たちもあまりの変化の激しさに言葉も継げなかったようである。中原、内藤はア然として、セガレの進八段は私が怒りだしたらどう始末をつけようかと構えているようにみえた。

 世慣れしたというか、意気地なしというか、私は、

「先生、あんまりでしょう……」

 と、言うと、

「言ってることに、わしは間違いはない」

 また、キツイ口調である。

「まあ先生、本当のことを言わなくても……」

 と話をはぐらかそうと思って、しゃべると、

「君のそのいい加減なところが一流になれぬところだ」

 強い口調であった。

 その時思った。先生は30年近くも私を思ってくれていたのだと。

 しかし、こんなこと、言葉で言えるわけはない。

 先生が何だかの勲章を頂いて祝いの席があり、名古屋に行ったが、一門の者は別として、将棋指しで行ったのは私一人で、スピーチを求められ、

「板谷一門からは名人は出ていない」

 このあたりまでしゃべったところ、主役の先生がわがマイクを取り、

「芹沢が愚にもつかぬことを言っているが、これからだ」

 てなことを言った。

 人にスピーチを求めて、それを途中から取り上げるなんてと思ったが、その後、またマイクをもらい、

「今まで名人は出なかったが、先生の思いで弟子がこれだけ出来た。今の弟子たちで名人になる者はいないかもしれないが、そのまた弟子たちできっと名人は出てくる。それは板谷先生の力かと思う」

 と一気にしゃべると、先生は済まぬというような目をしてジッと私を見てくれた。変につらくなったのを思い出す。

 先生は晩学の人で人一倍ご苦労なさったのは知っている。息子を将棋指しにするなんて自分の苦労の倍を押しつけることも耐えた人である。

—————-

故・芹沢博文九段の「今まで名人は出なかったが、先生の思いで弟子がこれだけ出来た。今の弟子たちで名人になる者はいないかもしれないが、そのまた弟子たちできっと名人は出てくる。それは板谷先生の力かと思う」

藤井聡太四段の出現を芹沢博文九段が予言していた、と言ってはオーバーだろうが、藤井聡太四段が将来名人になったとしたら、芹沢九段のこの言葉は正鵠を得た予言そのものになる。

板谷四郎九段、板谷進九段が生きていれば、藤井聡太四段を見て、どれほど喜んだことだろう。

芹沢博文九段が生きていれば、「どうだい、オレの言うことに間違いはないだろう」と酒を飲みながら後輩棋士や記者に自慢をしていることだろう。

 

 

自分の筋肉に見とれているT川六段(当時)

将棋世界2002年10月号、野村隆さんの「編集後記」より。

 我が家の近くには行きつけの銭湯が数件ある。原田九段邸の近くにあり、棋士も時々見かけるR泉湯。脱衣所の鏡で自分の筋肉に見とれているT川六段が常連。M尾五段はおやじのように長々と湯船に漬かっているのが特徴。午前2時まで営業。サウナあり。薬草湯もよい。来月に続く。

——————

来月に続く、とあるが、次号は銭湯の話ではなく、昨日の記事の中田功六段(当時)のことだった。

——————

脱衣所の鏡で自分の筋肉に見とれているT川六段とは、もちろん豊川孝弘六段(当時)のこと。

控え室で繰り広げられた肉体の競演

長々と湯船に入っているM尾五段は、松尾歩五段(当時)のこと。

——————

原田泰夫九段邸は阿佐ヶ谷なので、この銭湯は阿佐ヶ谷近辺の銭湯と思われる。

調べてみると、現在は残念ながら、阿佐ヶ谷近辺に「R泉湯」に該当する銭湯が見つからない。

更に調べてみると、「R泉湯」は杉並区にあった「林泉湯」で、2011年以降に廃業していることがわかった。

このような感じの銭湯だった。→【銭湯】杉並区 林泉湯(なるとの銭湯ブログ)

——————

阿佐ヶ谷の原田泰夫九段(当時・将棋ペンクラブ名誉会長)邸で将棋ペンクラブ大賞最終選考会や新年会が開かれていた頃、宴席でよくいただいたのが、鰻重と寿司だった。

最終選考会が終わった後の打ち上げの終盤では鰻重、新年会では中盤から寿司というように、交互の布陣だった。

鰻重は、食べながら更に食欲が湧いてくるような美味しさ、寿司は、ものすごく分厚いネタが使われていた。

私はこの鰻重に魅了されて、その後店(阿づ満や)の場所を調べて、個人的に何度か通ったほどだった。

鰻重を食べ歩いたわけではないが、築地「宮川本廛」の鰻重とともに、私が大好きな二大鰻重だ。

——————

原田九段邸での寿司を追求しなかったのは、もともと私は寿司とは縁遠い生活パターンであったため。

高校を卒業するまでは刺し身が大の苦手だったので、食べられる寿司は稲荷寿司とかんぴょう巻と玉子と火の通った海老くらいだった。

酒を飲むようになってからは刺し身も食べるようになったものの、能動的に食べたいと思うまでには至ってなく、寿司店に誘われれば拒まないけれども、自ら寿司店へ行こうとは言わないという図式。

とは言え、原田九段邸で出された寿司は、ネタの厚さが通常の2~3倍。「原田は終戦直後の食糧事情の苦しい時代を経験しているので、どうしても厚い刺し身だと嬉しくなる」と話をされていた原田九段。

私ではなく寿司好きな方なら、やはり店を探し出して阿佐ヶ谷に通ってしまうほどの寿司だと思う。

 

 

行方尚史六段(当時)「世界も暴挙に出ましたね」

将棋世界2002年11月号、野村隆さんの「編集後記」より。

 中田功六段が編集部で原稿をお書きになっている。

 そこにあの遅筆の大家、弟弟子・行方六段登場。

 「世界も暴挙に出ましたね」。

 仕事を終えた先崎八段も「考えても考えなくても原稿なんて同じなんだから。質より量、埋めりゃいんだから」と暖かいアドバイス。

 「何だか書けそうな気がしてきた。1時間で終わらせて飲みにいこう…」

 ○日間お疲れさまでした。

——————

行方尚史六段(当時)の「世界も暴挙に出ましたね」は、「将棋世界も暴挙に出ましたね」の意味。

中田功六段(当時)も遅筆だったのだろう。

この時、中田功六段が書いていたのは、「旬の棋士の熱闘自戦記」という若手・中堅棋士による自戦記シリーズで、11月号に掲載する自戦記が中田功六段執筆によるものだった(第61期C級1組順位戦 対 長沼洋六段戦 「自分らしく」)。

——————

この自戦記が、笑いあり涙ありのペーソス漂う文章で、6年前にこのブログで取り上げている。

中田功七段らしさ

——————

それにしても、編集部の机で原稿を書いている最中に、行方尚史六段や先崎学八段(当時)が遊びに来れば、早く一緒に飲みに行きたくなるのが人情というもの。

1時間で原稿を終わらすなど無理な話であり、この日も途中で飲みに行ったのだろう。

とは言え、この文章からは、中田功六段が、

  • 先崎八段、行方六段と3人で飲みに行った
  • 後から文中に登場する先崎八段と2人で飲みに行った(行方六段は先崎八段が現れる前に編集部から立ち去っていた)
  • 行方六段も先崎八段も編集部から立ち去って、結果的には別の棋士と飲みに行った
  • 行方六段も先崎八段も編集部から立ち去って、一人で飲みに行った
  • 「1時間で終わらせて飲みにいこう」と言ったものの、原稿がなかなか進まず、遅くまで編集部にいた

のいずれの行動だったかを断定することが難しい。

きっと、先崎八段、行方六段と3人で飲みに行った線が濃厚だと考えられるが、いずれにしても、悩みに悩んで日数のかかった労作であったからこそ、このような素晴らしい自戦記が生まれたのだと思う。

もちろん、悩みに悩んだから良い文章ができるかというと、そうとは限らないのが、現実的には難しい問題であるが。