「棋士のエピソード」カテゴリーアーカイブ

麻雀を一時的にやめた村山聖五段(当時)

将棋マガジン1990年8月号、神吉宏充五段(当時)の「へえへえ 何でも書きまっせ!!」より。

 夕方の棋士室。若松六段、木下六段、村山五段、藤原四段、畠山(鎮)四段と結構棋士が集まっている。村山がマージャンをやめたと森さんに聞いた。何でも酒とマージャンを1回やると、罰金として10万円森さんに払うのだという。ほんまかいなと尋ねると「ええ、でもマージャンはやめてませんよ」

「?」「やめたのは棋士と打つマージャンの事。やりたい時やりたいんで、断りきれなくなるのがイヤだから仲間とはやめたんです」

「そうなんや」しかし森、「10万円は魅力やからなあ、たまに金のない時に師匠を助けてもらわんとな」冗談っぽく言ったが、実は本音。

 この後村山は阿部五段に電話を入れて、最近凝っているカラオケボックスに向かった。

 藤原が椅子の上に靴を脱いでアグラをかいている。ちょっとヘンだが、本人に言わせると「若松門下は皆このスタイルなんです」はて、井上五段はわかるが谷川名人がそんな格好をしていたかいな?

(以下略)

* * * * *

昨日の記事と同じ号なので、神吉宏充五段(当時)の記事の方が時間差で最新なのだろう。

* * * * *

罰金として10万円は、森信雄五段(当時)から持ち出したのではなく、村山聖五段(当時)から自発的に持ち出された可能性もある。

この辺は、なんともわからないところ。

* * * * *

「やめたのは棋士と打つマージャンの事。やりたい時やりたいんで、断りきれなくなるのがイヤだから仲間とはやめたんです」

と話している村山聖五段だが、少なくとも八段になって東京に来てからは棋士と大いに麻雀をやっているし、酒も飲んでいる。

いつ頃までこのことを守っていたのかはわからない。

* * * * *

「若松門下は皆このスタイルなんです」

椅子に座って正座をして対局をしている少年の姿はたまに見ることがあるが、飲みに行って椅子の上でアグラはたしかに珍しい。

井上慶太九段一門に継承されているのかどうか、、、きっとされていないと思う。

米長邦雄王将(当時)「先崎は、アイツはもう破門にしようかと思っていたんだが、オレと一緒に脱いだんでやめにしたよ」

将棋マガジン1990年6月号、神吉宏充五段(当時)の「へえへえ何でも書きまっせ!!」より。

 今日は関西に珍しく米長大先生が来ておられる。格下の井上との対戦なのに、なぜ大阪へ?と思ったが、名人戦の絡みで京都へ行く予定があるのでらしい。私が挨拶に行くといきなり「もう、オレのフォーカス見てくれたかい?」

「もちろんですよ。衛星放送で出そうと思ったんですけど、さすがにディレクターから止められまして」何の事かわからない方もおられるだろう。米長は王将位奪取の喜びを相撲のシコをふむ格好で表現した。それがフォーカスされたのだ。もちろん浴衣の下には何もはいていなかった。そしてその横で弟子の先崎もパンツを脱いでいる……。

 小林が「これこれ」と言いながら自分のカバンの中から、フォーカスを取り出した。「どれどれ」と井上。米長は満足そうに「先崎は、アイツはもう破門にしようかと思っていたんだが、オレと一緒に脱いだんでやめにしたよ」。トレードは当分なさそうだ。

(中略)

 谷川名人が新居を購入した事は皆さんご存知だろうか?地元の神戸は六甲アイランドに新築マンションを買った。まだ完成していないが、赤や青や、原色を使った派手な壁で、ちょっと見は幼稚園のようにも思える。(そんな事はない!と谷川)

 間取りは4LDKである。なかでもリビングルームが33畳なのは驚く。「3.3畳の間違いとちゃいまっか、わしんとこなんか」とボヤく井上。東も「めっちゃいいとこやなあ。僕のとこもマンションやけど、環境がスゴイで」

「ええんですか?」

「そらな、1階がパチンコ屋で2階にサラ金があんねん。強盗が入りやすそうやし、なかなかやろ」

 谷川名人のマンションは、完成したら見に行こうと思っとります。ほんでリビングで絶対スモウをとったんねん。(ワシも行く・井上談)

(以下略)

* * * * *

米長邦雄九段と内藤國雄九段の間で、それぞれの弟子の先崎学五段(当時)と神吉宏充五段(当時)をトレードしようという話が半分冗談で持ち上がっていた。

* * * * *

「先崎は、アイツはもう破門にしようかと思っていたんだが、オレと一緒に脱いだんでやめにしたよ」

この時の打ち上げの様子は写真誌「フォーカス」に掲載された。

将棋紙誌にはもちろん脱いだ時の写真は掲載されていないが、そうなる前の打ち上げの写真は載っている。

将棋マガジン1990年6月号グラビア、撮影は弦巻勝さん。

この時の細かい状況→1990年王将戦第7局の打ち上げ

 

「名人、今日のウイークリーはさすがに辛くて見ていないだろう。自分の完敗した将棋なんか見たくないものな。どうだ、見てるか見てないか、千円賭けないか」

将棋マガジン1990年8月号、神吉宏充五段(当時)の「へえへえ 何でも書きまっせ!!」より。

 6月3日の日曜日、囲碁・将棋ウイークリーのゲストは米長王将。解説は名人戦の第5局。そう、谷川名人の完敗譜である。

 番組が終わって米長王将はこう言った。「名人、今日のウイークリーはさすがに辛くて見ていないだろう。自分の完敗した将棋なんか見たくないものな。どうだ、見てるか見てないか、1000円賭けないか」

 すぐに名人の自宅にTEL。「もちろん見てましたよ」それを聞いて米長「オレの負けだ!しかしよく見てたものだなあ。これを見れるという事は、その精神力からして谷川名人の防衛しかない」そう断言した。

 それを名人に伝えると「はあ、でも名人戦の解説だけは見なかったんですけど……」

(以下略)

* * * * *

人生、気がつかないだけで、このようなことが多いのかもしれない。

 

 

 

将棋に置き換えて考えると余計にわからなくなる「こんな場合は将棋に置き換えてみれば簡単に答えが出るんだ」という問題

将棋マガジン1990年8月号、神吉宏充五段(当時)の「へえへえ 何でも書きまっせ!!」より。

 昼食休憩の時、米長に「キミ昼飯まだだったら、アンパンでも食いに行かないか」と誘われた。で、近くのパン屋さんに行くと、テレビで人生相談のようなものをやっている。それを見て米長が「こういうのを答えるのがオレは一番得意なんだ」と言う。

「こんな場合は将棋に置き換えてみれば簡単に答えが出るんだ。つまり、女房が浮気して、その相手にダンナにいうぞと金をせびられている。どうしたらいいかなんてくるだろ、そんな場合はその男が飛車なんだ。女はその男と別れたいが、飛車でかけた王手の味が忘れられなくて悩んでいるんだな。どうもニッチもサッチもいかなく見えるが、将棋に置き換えれば森安君や淡路君の中盤みたいなもの。どうだ、おのずと答えが出てくるだろう」

 ドロ仕合という言葉しか私には浮かばなかった。

(以下略)

* * * * *

森安秀光九段は「達磨流」、淡路仁茂九段は「不倒流」あるいは「長手数の美学」。

やはり、持久戦の泥仕合という言葉しか思い浮かばない。

将棋に置き換えると、かえって訳の分からなくなることは、世の中に意外と多いと思う。

 

「私は、谷川王位の大ファンです。谷川王位の事なら何でも知りたいんですが、ぜひここだけの話を教えてもらえませんか。お願いします」

将棋マガジン1990年10月号、神吉宏充五段(当時)の「へえへえ 何でも書きまっせ!!」より。

Q.ここだけの話

 神吉先生、はじめまして。いつも囲碁・将棋ウイークリー拝見させていただいています。おかげで棋界情報をいち早く映像で見る事ができて喜んでいます。

 ところで私は、谷川王位の大ファンです。谷川王位の事なら何でも知りたいんですが、ぜひここだけの話を教えてもらえませんか。お願いします。

(富山県 Tさん)

A.タタリがコワイ

 おう、ウイークリーを見てくださっているとな。なんと嬉しいお便りじゃ!それに年ごろの乙女からの便りとあっては、ぜひ答えねばなるまいに。とはいっても、とっておきの話(ようさんあるで)をすると、T王位に「ほほう、そういうことですか」と冷たい視線を浴びせられそうなので、こりゃまたツライ。

 だからちょっとだけ。T先生は、最近お忍びでN崎県とかF島県に遊びに行った。そこで、う、これ以上は聞かんとってくれー。(あとがコワイ)

* * * * *

谷川浩司九段がまだ独身時代の話。

* * * * *

「ほほう、そういうことですか」

普通の人が言えば、別にどうという言葉ではないが、谷川浩司九段が言うと、世界が変わってしまうということなのだろう。

後年の話になるが、弟弟子の井上慶太八段(当時)も、やや似たようなことを経験している。

『兄弟子の秘密は何でも知っている』

* * * * *

「N崎県とかF島県」は、もちろん長崎県と福島県。

長崎県については情報がないが、福島県なら思い当たる節もある。

谷川九段は1988年に次のようなことを書いている。

「塚田ファンの、福島TVアナウンサーの美女数名と楽しい時間を過ごし、敗戦の痛みを癒やした―かどうかは聞かなかった」

中村修七段(当時)は結婚に至ったが、中村修七段などと一緒に福島県に何度か行った可能性はあるかもしれない。

恋の序盤