「棋士のエピソード」カテゴリーアーカイブ

「君は強くなりそうだ。私が保証する。だからタイトルを取ったら賞金の1割よこせ」

近代将棋1986年4月号、山田史生さんのリレーエッセイ「棋界ちょっといい話」より。

 59年秋の十段戦七番勝負第2局、神奈川県の「陣屋」対局の時のこと。勝負が早く終了し、また東京に近いこともあって対局者や関係者の一部はその夜のうちに帰京。開放気分となった残留組の副立会・佐藤大五郎八段、記録の日浦市郎四段、それに私は「陣屋」1階のクラブで飲み、かつ歌った。この時、勝率が全棋士中2位という好成績だった日浦四段に対し、ご機嫌の佐藤八段、「君は強くなりそうだ。私が保証する。だからタイトルを取ったら賞金の1割よこせ」。日浦四段も雰囲気と勢いで「はい、わかりました」。

 にぎやかだったその夜も終わり、翌朝の小田急車中。「佐藤先生、話があります」と日浦。「あー何だ」「昨日の約束取り消してください。酒の勢いでした」。佐藤八段。陰で「何だ気の小さいことを」とぶつぶついったが、私は「大事な賞金を酒の上の約束でやるわけにはいかないのはもっとも。この男、タイトルを取るつもりだな」と、むしろ感心したことだった。

 昨秋、米長邦雄十段が砂丘でヌードになった姿が「フォーカス」に載り話題になったが、その真相は?

 米長十段は理由を聞かれ「あまり気持ちがよかったんで脱いだんだよ」と笑いとばしていたが、ある米長に近い人の話によると、少々裏があったようだ。米長十段の知人で、名のある某氏がフォーカスされた。公表されると具合が悪いことになる。相談を受けた米長十段がフォーカスと交渉した。「某氏の写真をボツにしてもらいたい。そのかわりに私が裸になりましょう」。

 そこで生まれたのがあの写真だったそうだ。米長の男気は立派。しかも”裸が売れる”男はそう多くいるわけではない。

* * * * *

「君は強くなりそうだ。私が保証する。だからタイトルを取ったら賞金の1割よこせ」

「はい、わかりました」

100人中90人の方は、「だからタイトルを取ったら賞金の1割よこせ」の部分は、酒を飲んだ上でのその場限りの冗談だろうと思うはずだ。

しかし翌朝の会話で、二人とも120%本気であったことが判明する。

恐ろしいとともに、面白い世界だ。

* * * * *

佐藤大五郎九段の逸話は豪快なものが多い。

豪傑列伝(2)

朝から闘志が充満している対局室

最短手数の将棋

佐藤大五郎九段自慢の一局

 

 

先崎学四段(当時)「これはブタのような手ですね」

将棋マガジン1990年2月号、大崎善生さんの「編集後記」より。

「これはブタのような手ですね」。衛星放送解説役の先崎四段が、師匠・米長九段の手をそう表現してしまったから大変。

「早朝だから、まだ見ていない」が先崎四段の読みだったのですが、その読みが見事に外れ!! 即座に九段から電話が入り「バッカモン!!」。もちろん、そんな事をいわれたら、誰だって怒ります。後日、米長九段に会ったところ「あいつは、明るいから許すんだ」とカラッとしたもの。「勉強になりました」と笑っていらっしゃいました。

 その先崎四段、年鑑アンケートの、この世で一番恐いものは?の答えが”失言”というのも、泣かせます。

* * * * *

この「ブタのような手」がどの棋戦で指されたどのような手なのかはわからないが、プロ入り3年目にして衛星放送の解説を依頼されるのだから、先崎学四段(当時)が面白さも含めていかに才能を認められていたかがわかる。

* * * * *

今日放送のNHK杯戦、森内俊之九段-郷田真隆九段戦の解説が先崎学九段。

同じ学年、同じ羽生世代、お互いを子供の頃から知る仲。

よくぞ、このような組み合わせになってくれたものだと、さまざまな思いと期待が頭の中を駆けめぐる。

この三人、あるいは三人の中の二人の組み合わせでの過去からのエピソードは数多い。

その中から、ランダムに選んでみた。

友情

1990年3月、郷田真隆四段誕生の日

先崎学五段(当時)の「森内六段(当時)の好きなところ」

郷田真隆王位(当時)「先崎くんと飲むときは彼、払わせてくれないんです」

それぞれの羽生世代

羽生善治四段と森内俊之四段と先崎学四段の夕食休憩

「今、森内がウチに来てるんだよ。後から康光も来て、明日になれば郷ちゃんも来るんだけど」

今日の放送が楽しみでならない。

将棋よりもゴルフに現れる棋士の性格

将棋マガジン1988年5月号、大内延介九段の「大内流振り飛車穴熊指南」より。

 プロ棋士の間では最近ゴルフ熱が高まっていて、将棋連盟では年に4回ゴルフコンペを開いている。

 将棋に棋風があるように、ゴルフでもその人の性格が実によく表れて面白い。

 私のは、米長邦雄九段に言わせると”原始中飛車みたいなゴルフ”だそうである。まず練習はしない。習わないから自己流。おまけに左利きなのでレフティときている。足腰は登山で鍛えた自信があるから、クラブを思い切り振り回す。だから米長九段は「そのフォームはとても頭脳労働者とは思えない」と、笑うのである。

 米長九段は将棋の棋風そのままに、潔く豪快だ。常にピンを狙うから、大きなミスも多いがバーディーを取ったりして、波乱万丈で楽しい。

 ○○九段は常にマイペースを保ち、ゆったりと構えている。いい結果が出ようが出まいが、微笑を絶やさず優雅そのものだ。

 面白いのは○○七段でこの人は何につけ、自慢ばかりする。

「300ヤード飛ばし、プロもびっくりしたよ」「覚えて3ヵ月で、もう今の実力だからね」

 だれも聞いていないのに、賑やかこの上もない。あまりうるさいときは「高いニギリでいきましょう」と脅かせばよい。

「延ちゃん、そうムキになるなよ」と、途端に冷静になったりする。

 ○○さんは堅実な人生観そのままに、小さく刻むのが特徴で、グリーンオーバーしたのを見たことがない。大きな失敗もしないかわりに、スリルもない。ガーンと飛ばすところにゴルフの醍醐味があると思うのだが、それでも本人は結構楽しそうだから、やはり個人の性格というものはどうしようもない。

 ○○大先輩は、別名”早打ちマック”である。実生活でもじっとしているのが嫌いで、バリバリと何でも片付けてしまう。

 ゴルフでもボールがどこに飛ぼうがおかまいなしに、ひたすら早打ちを続けるのである。

 パットもそうで、ボールの前に立った瞬間にはもう打っているから、カップの周りで三角形を幾つも描いている。その先生の将棋からは考えられない光景だ。

 棋士は一日中部屋にこもり、しかも盤の前に座りっぱなしである。

 だから時折、大自然の中に出て、童心にかえってボールを追ってみたくなるのである。

(以下略)

* * * * *

「○○九段は常にマイペースを保ち、ゆったりと構えている。いい結果が出ようが出まいが、微笑を絶やさず優雅そのものだ」

これは98%の確率で二上達也九段のことだと思う。

* * * * *

「面白いのは○○七段でこの人は何につけ、自慢ばかりする」

これは100%の確率で剱持松二七段(当時)。

* * * * *

「○○さんは堅実な人生観そのままに、小さく刻むのが特徴で」

ここだけがわからない。

* * * * *

「○○大先輩は、別名”早打ちマック”である。実生活でもじっとしているのが嫌いで、バリバリと何でも片付けてしまう」

これは大山康晴十五世名人以外に考えられない。

* * * * *

このすぐ後に、講座は「大山十五世名人は振り飛車の権威であると同時に、振り飛車退治の大家でもある」と続く。

千葉県出身の棋士

近代将棋1984年3月号、能智映さんの「呑んで書く 書いて呑む」より。

近代将棋の発祥地

「将棋会館」のある千駄ヶ谷駅から、西に向かう黄色い電車に乗る。東京にお住まいの方ならだれでもおわかりだろうが、この電車が総武線。千葉、幕張、津田沼、西船橋行きがあるが、すべて千葉県が終点となっている。つまり、「会館」から真っすぐ一本、約三十分で江戸川を越えて千葉県に入るのである。

 だから………ということもある。この千葉には将棋指しがワンサと住んでいる。もし、タモリが将棋が強かったら、ああまで千葉を小バカにすることもなかったろうと思う。と、わたしが鼻をヒクヒクさせるのも、実は わたし自身、その千葉の習志野市津田沼に住んでいるからだ。

 いま、わたしは、その津田沼のマンションでこの原稿を書いている。本誌の編集部はなかなかきびしく、年にわずかな正月休みもゆっくりと休ませてはくれないのである。「えーい、こんちくしょう」と書きはじめたのだが、酒も呑みたいし、テレビの駅伝も見たい。おまけに子供どもが妙なニューミュージックをガンガンかけているので、手は原稿、口は酒、目はテレビ、耳は音楽と一人四役の同時進行となってしまっている。「ちょっと手を休め、ベランダの外をながめると、すぐ前に小学校がある。歴史の古い津田沼小学校だが、実は第一回「記者会賞」を受けた松下力八段と若手観戦記者の金井厚君は、この学校の卒業生。

 こんどは、ノソノソと裏の窓をのぞいて気分を休めるが、こちらには京成電車が走っている。「この京成沿線にも誰かいたな!」と思って、ハッとする。そうだ、きょう、わが家から三分ほどの京成津田沼駅の駅ビルに「津田沼将棋センター」がオープンし、師範の関根茂八段が、この京成でやってくることになっている。そんなことを思い出したら、もう手はなめらかに滑らない。下駄をつっかけて「将棋センター」へ。

 数日前、やはり千葉市に住む長谷部久雄八段に「こんど、津田沼に初めて「将棋道場ができ、関根さんが師範となりますから、よろしく」といわれていたこともあるからだ。長谷部さんは元々この津田沼に住み、いわば、ここが「縄張り」なのだが、関根さんが「道場を出す」といえば、気持ちよくそれを援助する。将棋指し同士の「仁義」といえばそれまでだが、なにか暖たかさが漂っているのがうれしい。

 いたいた。関根さんは例のエビス顔でアマチュアの将棋を見て回っている。

「やあやあ、待ってたんだよ。ここは能智さんの縄張りと聞いていたんでね。さあ、ちょうど手もあいたから寿司屋で開店祝いといきますか」

 ちょっぴりヤクザっぽいところが、やっぱり棋士の世界だ。誘われるままにノレンをくぐり、またチビリチビリとはじめてしまった、というわけ。

 ふだんから関根さんはほとんど呑まない。しかし、呑む席は好きだし、ちょっと入ると陽気によくしゃべってくれる。

「そう、いま千葉のことを書いてんの?そんなら忘れちゃいけない人がいるよ。ほらわたしと同姓の大先輩。あの人は明治元年関宿町の生まれなんだよ」

 いきなり、こう切り出してきた。ご存知、関根金次郎十三世名人のことである。むろん、ここにいる関根さんとはなんの因籍関係もない。が、学究肌の関根さんはこういったことにくわしい。

「関根先生は、十一歳のころ伊藤宗印十七人の門に入り、明治から大正にかけ一時崩壊しかけた将棋界を再建し、大正十年に小野五平十二世名人の跡を継いで十三世名人に就位したんだ。昭和十年、自ら引退声明を出し、三百年の伝統を破る実力名人制を創り出した。先生は昭和二十一年に亡くなっているので、わたしはお目にかかったことがないけど、この千葉県は”近代将棋の父”を生み出しているんだ」

 ここまでを感想戦のようにサッと復元し、「これは書かなくちゃあ」とアドバイスしてくれる。いまでこそ「神戸組」全盛期で、さらには「高槻組」などというのも生まれているようだが、この関根さんのバックアップで、わたしも勇気百倍だ。

 「神戸組」のスポークスマンに神戸新聞の中平邦彦記者(近著「名人 谷川浩司」の著者)、「高槻組」の応援団長に共同通信の田辺忠幸記者(「将棋なんでも入門」の著者)が付くなら、このわたしも微力ながら「千葉組」のために黙ってはいられない。

「でもねえ」と関根さん、ちょっと真顔になって考える。「ほんといって、あんまり強いのいないんじゃない?」と蛮勇にポトリと水をさす。それでようやく正気に返った。「そうだ、関根さんは京成電車の沿線に住んではいるが、江戸川を越えた向こう側。東京・下町の高砂だ」と。

 そのわたしの裏切られたような顔に気付いたか、関根さんは付け足した。「でも、とにかく数はいっぱいいるよな」。近代将棋の父から、ガタンと落としてしまうから。この人の話はきつい。

 でもまあいい。この千葉県に永く住んでいるといろいろなことがある。

(つづく)

* * * * *

タモリといえば、千葉県よりも埼玉県に対する攻撃(?)の方が有名だが、千葉県も同様の位置づけとなっていたようだ。

* * * * *

現在の千葉県出身の棋士は次の通り。当時と様相は変わってきている。

渡辺東一名誉九段
松下力九段
佐瀬勇次名誉九段
平野広吉七段
長谷部久雄九段
関屋喜代作八段
加瀬純一七段
達正光七段
丸山忠久九段
真田圭一八段
岡崎洋七段
木村一基九段
佐藤和俊六段
石井健太郎五段
三枚堂達也六段
近藤誠也五段

* * * * *

ちなみに、出身都道府県別の棋士の人数は次の通り。(棋士番号のついている棋士。物故棋士、引退棋士を含む)

東京 88
大阪 30
神奈川 21
兵庫 21
千葉 16
北海道 13
埼玉 11
愛知 9
広島 9
静岡 9
岡山 7
福岡 7
京都 6
宮城 5
三重 5
新潟 5
長野 5
群馬 4
青森 4
奈良 4
富山 4
和歌山 4
茨城 3
山形 3
長崎 3
鳥取 3
宮崎 2
高知 2
秋田 2
徳島 2
栃木 2
福島 2
愛媛 1
岐阜 1
熊本 1
香川 1
山梨 1
石川 1

 

陽気な勝負師

近代将棋1983年10月号、産経新聞の福本和生記者の「”陽気な勝負師”森安新棋聖のちょっとおもろい話」より。

 第42期・棋聖戦は、中原誠棋聖を挑戦者の森安秀光八段が3勝2敗で降し、初タイトルの「棋聖位」を獲得した。

 森安新棋聖は、将棋界でいまをときめく神戸グループ、それも内藤国雄王位・王座につぐ代貸し的な存在。代貸しというと、おっかなそうにきこえるが、これが底抜けに明るい陽気な勝負師である。

あきまへんか

 今期の五番勝負第1局は、千葉県・木更津市で行われた。対局場の「八宝苑」で、地元ファンが参加しての前夜祭が開催された。

 おしゃべりのあと酒がまわると、だれからともなくカラオケが始まった。事前に司会者に「対局者にはマイクをむけないように」と頼んであったが、正面に座している森安をみると、からだがリズムをとっている。「いかがでしょう」とマイクを渡されると、待ってましたとばかり歌いだしそう。(やばいぞ)と思って、何気なく森安の側にいって「歌はあきまへんで」というと、いかにも不機嫌そうな顔で「あきまへんか」。やっぱり歌う気だったのだ。

 このしっぺ返しを新潟でやられた。第3局は新潟の「高島屋」旅館で、ここも初のタイトル戦とあって、前夜祭には地元の方が多数参加された、森安にとっては2連敗後のカド番で負けられぬ一局。

 宴がたけなわとなって、司会者が両対局者に一言となった。中原はさらりとした軽妙なあいさつ、次に立った森安は顔の表情を一段とゆるめて、「もって生まれた……」とおゆきをうまい節回しで一節だけ聴かせた。会場から割れんばかりの拍手。酒席でこれだけの声援があれば、いつもの”秀みっちゃん”なら「ご要望にこたえて……」で歌いまくるのだが、さすがにこのときはぐっと自重であった。とにかくマイクがくると、えたりやおうと歌いだすひとだ。

 カド番の第3局を森安は勝った。打ちあげの宴となる。カラオが鳴る。さあ、もうとまらない、3連敗をまぬがれた喜びもあって森安は歌いまくっていた。「高島屋」の若い女将さんが「お上手ね」なんてほめるものだから、あとは歌の狂宴となってしまった。

 冬の棋聖戦では、カラオケ禁止を各対局場に通知しておこう。

セッタイ、セッタイ

 対局前夜に関係者でマージャンをやる。森安をまじえてのマージャンは、4人でなくて関西流の3人打ち。マンズの2万から8万までのパイを抜いての戦い。清一色やでっかい手がすぐできる。

「セッタイ、セッタイ」が森安の口ぐせ。セッタイとは接待のことである。接待するというのか、それともしなさいというのか、このへんは微妙だが、森安流は強気の打ちかたでかなりの成果をあげている。

 頭に手ぬぐいを置いてのマージャン風景が「近代将棋」誌に載っていたが、「あれはね、家でしかられました。手ぬぐいをもっときちんとのせなさいって………」

 夫人にたしなめられたのだろう。

 とにかく「セッタイ、セッタイ」は、マージャンが始まるとだれかが口にするようになってしまった。

メガネでも勝負

 第4局は、有馬温泉の「陵楓閣」。森安にとっては念願の地元でのタイトル戦。

 森安はメガネを2つ持っていた。「どうしたの」と聞くと「中原さんがメガネを2つ持ってて、ときどきかけかえているんですよ。だから私も2つ用意しました」

 将棋指しは、微差の世界での競りあい。それだけに盤外でも、どこかに差をつけて優越感をもとうとする。中原の2つのメガネをみて、森安はカチンと頭にきたのだろう。第3局まではメガネは一つだったから、新潟から帰ってあわてて求めたのだろう。このへんの負けん気、なんとなくうれしいではないか。それなら3つにしたらいいではないか、それは勝負師の考えることではない。

 やおら懐中から別のメガネをだして、おもむろにかけかえる森安。ユーモラスな光景ではないか。

おそろしいメンバー

 酒にまつわる話は書けばきりがないし、さしさわりがあってはいけないので割愛させていただく。陽気な酒であることを特記しておこう。

 しかし、これでは余りにもそっけないので一つだけ紹介してみよう。

 棋聖位を獲得した翌日、森安は熱海から神戸の自宅へ。家族の祝福を受け、一寝入りしようと思ったら電話があって、内藤王位と芹沢博文八段がお祝いにやってきた。

 やがて神戸の町へとくりだしていく。共同通信の田辺、神戸新聞の中平という両記者も加わって、森安の話を聞くと「とにかく大騒ぎになって、あとはどうやって家にたどりついたかおぼえていない。夜が明けていたことはたしかです」ということらしい。むりもない。この顔ぶれでは、さすがの”秀みっちゃん”も勝負にはなるまい。

(中略)

「しかし、タイトルを持っているというのは、何ともいえない気分ですね。森さん(雞二八段)が言ってましたが、タイトルを取られたときのやりきれなさはたまらない、と。お金を払ってすむものなら何百万円でも払ってタイトルを保持しておきたいそうです。できれば棋聖位を3期防衛して九段昇段といきたいものです」

 無敵四間飛車がタイトル戦線でどんな活躍をみせるか楽しみだ。

* * * * *

前夜祭のカラオケ、対局前夜の麻雀、対局終了後の打ち上げでのカラオケなど、1980年代ならではの風景。

現在のタイトル戦からは全く想像もできないような展開だ。

* * * * *

もちろん、対局者や立会人の条件が揃った時だけがこのような展開だったというだけで、当時のタイトル戦の全てがこうだったわけではない。

とはいえ、対局前夜の麻雀はほとんどのタイトル戦で行われていたのは確かなようだ。(対局者が参加しない場合でも、立会人、記者、関係者などがやっていた)

この辺は大山康晴十五世名人(タイトル戦で誰かが麻雀をやっていないと機嫌が悪くなる時もあった)が築き上げた伝統かもしれない。