棋士のエピソード

棋士のエピソード

井上慶太六段(当時)「やっぱ、谷川、本間でやらなアカンな」

近代将棋1992年2月号、池崎和記さんの「福島村日記」より。  阿部-谷川の棋聖戦挑戦者決定戦を見に行く。B1とB2の順位戦もあり、対局室はどこも満杯だった。  阿部-谷川戦は、阿部良しと見られていたが、中盤、阿部さんにポカ...
棋士のエピソード

「村山聖五段が車の免許を取るらしい」

近代将棋1990年1月号、池崎和記さんの「福島村日記」より。 某月某日 「村山五段が車の免許を取るらしい」というウワサを耳にした。ムラヤマとクルマ。組合わせに違和感がありすぎてホンマかいなと思う。本人に確かめたら「田舎に帰ったとき車...
棋士のエピソード

中村修七段(当時)「みなさんも先崎君か誰かにカミソリを持たれて舌なめずりをされている所を想像してみてください」

棋士のエピソード

谷川浩司名人(当時)「みんな”先輩を立てる”とか何とか言っておきながら、ひどいですよねェ」

近代将棋1990年3月号、池崎和記さんの「福島村日記」より。 某月某日  ところで、わが関西にも最近婚約した棋士がいる。神崎四段がその人。フィアンセは御坊市の久美子さん。こちらは久美子さんが和歌山駅前で通りすがりの神崎四段に道をたずねたの...
棋士のエピソード

谷川浩司名人(当時)「シロウトさんをいじめて、どないしまんのや」

近代将棋1990年2月号、池崎和記さんの「福島村日記」より。 某月某日  夜、関西将棋会館へ。C級2組の順位戦日だ。私は観戦記者になってから、取材のあるなしにかかわらず、順位戦は必ず見るようにしているが、この日は急用ができたため連盟へ行く...
タイトルとURLをコピーしました