「棋士のエピソード」カテゴリーアーカイブ

対局中の大食列伝

将棋世界1981年2月号、能智映さんの「棋士の楽しみ 将棋の強い人ほど健啖家」より。

 ここへ入って退屈する人はいない。

 昼下がりの対局室、三部屋をぶち抜いた広間は大入り満員。対戦中とはいっても雑談と笑い声がたえない。

 いま食べたばかりの食事の話がきっかけだった。観戦記者までが口をはさんでいる。

「食うといったら、やっぱり大山名人だよ。今はそうでもないらしいが、4、5年前までは緊張するはずの大勝負の最中、こってりしたビーフカレーを2杯食べて、”あとビフテキとサラダ”とくるんだ。それも、ぱっぱっと10分ほどで食べてしまう」

 実際、大山名人はよく食べる。名人獲得18回、優勝回数119の活力は、この食事によって生まれたといってもいいだろう。ご本人も「最近は、やはり食べる量が減りましたね」というが、それでも最近、こんな光景を見た。

 北海道・釧路での対中原名人戦だったと思う。関係者の「スタミナをつけて―」という配慮から、昼食にはワラジほどもあろうかというウナギが出た。それも3枚も並んでいる。「すごく大きいね」とニッコリした大山は例のように、ものすごいスピードで食べ終えた。

 中原は、まだゆっくりと味わいながら食べている。すると大山は、まだ手のつけられずに置かれている膳に目をつけた。「それ、あまってんの。もったいないじゃない」気が付いた関係者の一人が遠慮がちに、その膳を大山の前に運ぶ。

「そうね、食べちゃおか」また、またたく間にウナギが3枚、大山の胃袋に消えていったのはいうまでもない。全部で6枚、胃袋のウナギは窮屈ではなかろうか。

 そして大山、「さあさあ、食べ終わったら食卓には用がない。はいはい、メンバー4人は?」と、座布団を並べて周りに麻雀を促す。スタミナを蓄えたあとは、ひとの麻雀を見物して頭を休めようというのだが、勝負から食事、そして余興とまったく無駄な時間がないのには感心せざるを得ない。

 その大食漢の大山が「あの人は食べますよ。まるで食べなきゃ損みたいにどんどん食べますからね」と、敗北宣言気味に推薦するのが、40歳を迎え指し盛りの加藤一二三九段だ。

 これは実際に見た話ではない。共同通信の田辺記者ほか、何人かから聞いた話のまとめだ。むろん、この種の話は多少なりとオーバーになりがちのもの。その辺、いわば聞き手へのサービスと思っていただきたい。

 食事の注文の時が面白いらしい。

 対局中、関係者が「加藤先生、ご昼食は?」と、そっとメニューを差し出す。すると加藤「うん、そうね」といってから長考に入るらしい。対局相手の食事は、もうとうに決まっている。また関係者がいいにくそうに催促する「あのう、昼食は?」

 すると加藤、「あっそうか」と、また少考したあと、まるで機関銃の玉のように食べ物の名が出てくる。

「そうそう、トースト8枚に2倍のオムレツ、それにホットミルク、ミックスジュース、コーンスープ、飲み物は全部2杯ずつね」

 トースト8枚というのはちょっと信用しかねるが、ともかく山のように積んであるのを見かけたという人は多い。席に着いた加藤は、それをまるで秒読み中のごとく次々と片付けてしまうというのだ。

「将棋指しは丈夫でなければつとまらない」とよくいわれるが、現役棋士104人の中に、この人ほど健啖で丈夫な人はほかにいないだろう。

 この加藤の相手が、意地っ張りの米長棋聖あたりになってくると面白い。

 一昨年の棋王戦のはずだ。対局開始と同時に加藤が「飲み物を―」と注文した。それがすごい。「カルピスがほしいな。そう、ジャーにいっぱい入れてきてください」

 棋王戦の五番勝負の最中というと、2月か3月、恐らくまだ寒い日のはずだ。

(中略)

「ともかく、その2リットル入りのジャーが午前中でカラッポになっちゃったんだよ」と、大きな体の田辺記者もあきれ顔。「相手の米長さんも”すごいねえ”と感心しきりだったよ」と教えてくれたものだ。

 手持ちの医学書には「成人男子は一日に1.5リットルの尿を排出する」とある。ほかに汗や息で体外に出る水分もあることはあるが、加藤だってほかにお茶や水を飲んでいる。このあたりの差し引き勘定はどうもよくわからないのだが―。

 その事件(?)のあった日の午後だったという。こんどは米長が澄まし顔で「そんじゃあ、わたしはミカンを30個ほどもらおうか」と注文したという。

 米長らしい話だ。勝負師はみな意地っ張り、中原-米長の矢倉戦でその一端をのぞかせているが、こんな食い物のことでも猛然と意地をはるのだからおもしろい。

(以下略)

——–

2リットルのカルピスと30個のミカン、どちらが完飲または完食するのが大変だろうと考えてみたが、どう見ても30個のミカンの方が大変そうだ。

だからこそ、米長邦雄棋聖(当時)が注文したわけで、ミカン5個のような感じでは迫力が出ない。

カルピス2リットルの苦しさに匹敵するミカンは10個位かもしれない。

——–

「ビーフカレー2杯とビフテキ」、「うな重2つ」、「トースト8枚に2倍のオムレツ、ホットミルク、ミックスジュース、コーンスープ、飲み物は全部2杯ずつ」の中では、「うな重2つ」が苦しいには違いないが相対的には一番無理がなさそうだ。

——–

能智映さんは、「この種の話は多少なりとオーバーになりがちのもの」と書いているが、現在で考えると、若い頃の加藤一二三九段なら「トースト8枚に2倍のオムレツ、ホットミルク、ミックスジュース、コーンスープ、飲み物は全部2杯ずつ」は大いにありうる事だと思えてくるから不思議だ。

 

 

中原誠十六世名人「加藤さんはうなぎかな」

将棋世界1981年2月号、読売新聞の山田史生さんの「第19期十段戦終わる 加藤、4-1で十段位奪取!」より。

 二日目も快晴。初島のうしろに昨日は見えなかった大島が見える。気温の関係か、同じ快晴でもよく見える日と、全く見えない日がある。

 ところで対局再開前、昼食の注文を聞いておくのが習わし。先に対局室に入っていた中原は「なべ焼きうどん」という注文だったが「加藤さんはうなぎかな」と一人ごちた。

”向こうがうなぎなら、こっちもうなぎだ、負けちゃいられない”という意が汲みとれたのだが、果たして、おくれて入ってきた加藤、ためらわず「私はうなぎ」というのを聞いた中原、「私もそれに訂正して下さい」といった。

 この少し前、広津、大内両八段らと雑談で「前に週刊誌に一週間の献立を出して診断してもらったら、このままだと30歳代で糖尿になるといわれた。食べ物は注意しなければ」などと語っていた中原、舌の根も乾かぬうちの訂正だけに、おかしかった。

(以下略)

——–

将棋世界1981年2月号、能智映さんの「棋士の楽しみ 将棋の強い人ほど健啖家」より。

 この中原も1メートル72センチ、70キロと大柄な体軀だけに食事を楽しむ。

 このごろは「ちょっと肥りすぎちゃってね」という身体を気にしてか、あるいは安子夫人がそれを気遣ってか愛妻弁当をかかえてきて、特別対局室などで外を見ながら一人静かに昼食をとっている。

 だから、地方に出た時などでも、昼食には割に軽いものを注文するのが常だ。

 また中原-米長戦が舞台だが、こんどは中原に主人公になってもらおう。場所も、ずーっと南へ下って福岡のホテルである。

 手を休めて、昼食のメニューをじっと見ていた中原、「夕食は何なの?」と聞く。「和食のようです」との答えに「それじゃあ、昼は洋食にしようかな」と、ずっと先を読んで「うん、決めた。スパゲティーのミートソースに野菜サラダにしよう」

 それを聞いた米長、瞬時に「わたしはステーキ、レアでね」ときた。意表の一手をパッと指したのである。

 私と記録係の少年がそれにならったのもいけなかったかも知れない。

 昼食時、普通は両者は対面に座っては食べない。ところが、この日はどういうわけか、さっきの4人が一つのテーブルを囲んでしまった。

―名人はジトーッと回りの食事を見渡したあと、スパゲティーに手をつけたが、また私のステーキを見直している。

「うん、やっぱり、うまそうだ。ちょっとわけてもらおうか」と思い切ってきり出してきた。私とて、大名人に肉をおねだりされて不満なわけはない。さっとナイフを持って「このぐらいですか?」と聞くと、名人は「いやいやっ」とかぶりを振る。そして「やっぱり真ん中の方がいいね」とぴしゃりといって、ニコニコ笑っている。

「そう、そこそこ!」米長も面白がって口をはさむ。こうして、私の一番おいしいところの肉が4分の1ほど、血をしたたらせて名人の皿に移行していった。私の皿には、中央部のない”仲を引き裂かれた肉片”が2つ。―ちょっぴりあわれな私だが、「名人にステーキをごちそうした」(?)という妙な満足感が残ったものだった。

 このように、将棋指しはみな気さくで無邪気。名人とて、決してその例外ではないのだ。

——–

中原誠十六世名人の柔軟さが、たまらなく良い味を出している。

血液型性格判断の真贋は別としても、いかにも本に書いてあるB型らしい行動パターン。

——–

私はステーキを頼む時はいつもウェルダン。

子供の頃、刺し身などの生ものが嫌いで、火の通っていない肉などは考えられない、という派だったのが大きく影響している。

そういうわけなので、ステーキは好きだけれども、”血の滴るようなステーキ”という言葉を見ても、食欲は起きてこない。

そのくせ、ベーコンは生焼けが好きで、ウインナーソーセージは焼く必要がないと考えている。

ベーコンもソーセージもあらかじめ加熱加工されているし、そのままでも十分に美味しいから。

微妙なのは、生ハム(燻製はするが加熱をしない)で、嫌いではないけれども、食べていてあまり落ち着かない。生ハムカツというものがあるとしたら、一度食べてみたいと思うほどだ。

——–

ベーコンというと思い出すのが、映画『シャイニング』で、ジャック・ニコルソンが炭のようにカリカリに焼いたベーコンを目玉焼きの黄身につけて食べるシーン。

自分なら絶対にあのような食べ方はしない、と強く思ったものだ。

 

 

先崎学五段(当時)「断腸の思いで部屋に帰ると郷田がいて、ビートルズ特集のテレビを見ていた」

将棋世界1992年3月号、先崎学五段(当時)の「先チャンにおまかせ VOL.3 走れ、自由萬歳」より。

 マカオには、西堀さんの部下の平田さんに案内していただいた。香港島のマカオフェリーピアからジェット・ホイルで約1時間でマカオに到着する。信じられない近さだ。

 マカオといえばカジノである。俗に、東洋のモンテ・カルロなどといわれるが、そんなに高級ではなく、はっきりいって、人種のるつぼ、金の亡者の集まりであって、競輪場や競艇場となんら変わるところではない。

(中略)

  入国手続きをすませると、当然ながら葡京酒店に直行。マカオの象徴のようなホテルで、東洋一のカジノが有名である。チェック・インを済ませると、さっそく出撃。郷チャンとチン君はカジノは童貞のようで、ウロウロしている。

(中略)

 最初の1時間は良かった、しかし、段々に負けてくる、ここぞ、というときに大張りしてあっさり取られ、心臓の血管が縮むような気分になってくる。

(中略)

  かなりやられた自覚があった。退くか。特攻隊の出撃か。迷ったがいったんは寝ろと経験が教えた。

 断腸の思いで部屋に帰ると郷田がいて、ビートルズ特集のテレビを見ていた。

 こんな所に来てジョージ・ハリスンやポール・マッカートニーを見るなんて、変な奴だ。口惜しくて寝つかれない。気分は、レット・イット・ビーである。

 朝、8時に起きた。よく寝た。長旅中は、一度は休憩が必要である。シャワーを浴びて、首を三回、腰を四回まわして、さあ再戦。

 ツキにツイた。昨晩の負けを取り戻し、さらに上昇一途。夢のような2時間があっという間に過ぎた。しかしジェット・ホイルの時間がせまってくる。帰りたくないが、帰らなければいけない。ぎりぎりまで粘って、四人でタクシーに駆け込む。本間さんは少しやられ、郷チャンとチン君は、あまりやらなかったようだ。

(中略)

 香港の競馬は、沙田と足包馬地の2つである。

(中略)

 第1レース。パドックを見ても、返し馬をみても、見たことも聞いたことも聞いたこともない馬ばかりなので、なにがなんだか見当がつかない。仕方がないので、迷ったときはいちにいさん、という競馬の鉄則(そんなものがあるもんか)通りに①威風②三泰③石油之星の三重彩(三連複)を買う。結果は、威風号が直線抜け出しで快勝したもののあとの二頭はどこにもいない。ちぇっ。

 第2レース、惜敗。第3レース惨敗。第4レース激敗・・・第7レースボロボロ。

 郷チャンは、途中の4レースで中穴を取ってホクホク顔をしている。さすがに前夜、僕がカラオケパブに行っている間にホテルのテレビで競馬の予想をしていただけある。

 昔、彼と一緒に函館競馬に行ったときのこと。金曜の夜、郷田は競馬新聞の前夜版を手にすると、あっちの世界にいってしまった。食事をしながら、道を歩きながら、パチンコをしながら、ずっとにらめっこしたままで、たまにゴチャゴチャ呟いている。酒場で、隣に綺麗なオネエチャンが座っているにもかかわらず、調教タイムなぞを熱心に見る。宿に帰って寝ようとすると、いや、俺はまだ研究するという。次の日、起きると新聞にビッチリ買い目が書かれていた。研究して競馬が勝てるなら、暇だらけの将棋指しは全員大金持ちさ、などといって馬鹿にしていたら、ナント、毎レース的中につぐ的中で彼は大勝ちをおさめたのである。どうも将棋指しとは変な人種のようだ。

 遂に最終第8レースがやって来た。これまでの損害は4,000HK$。日本円で68,000円である。なにがなんでもチャラにしなきゃ。そこで僕は確率の悪い三重彩狙いをやめて、手堅く単勝で勝負することにした。強そうなのは次の四頭。

1枠 自由萬歳  3枠 原子英雄  4枠 永勝福星  5枠 大班

 僕は1枠のフリービューティフル君に我が運命のすべてをたくすことにした。単勝5倍に2,000HK$。ついでに3枠のアトムヒーロー君との連複に500HK$入れた。乾坤一擲とはこのような時に使うべき言葉だろう。

 レースが始まった。ゲートが開く。出遅れるなよ。僕は心の中で呟く。向正面。かかるなよ。第4コーナー。ふくれるんじゃない。よし先頭に立った。そのまま、そのまま!

 やった!と思った瞬間、青天の霹靂ともいうべき事がおきた。人気薄の7番龍東方君がすごい脚で突っ込んで来たのだ。粘れ―必死の願いは天に届かず、一着7番。二着1番。連複①-⑦。

 「クソ馬め、死んでしまえ」

 と叫ぶと、西堀さんに、

 「香港には牧場がありまへんのや、さかいに、ここの馬、使い物にならなくなったら、みんなソーセージですわ」

 といわれた。ダービーを取った馬も足を一本ポキッと折れば、屠殺されてしまうのがサラブレッドの世界だが、ここでは健康な馬が引退してもソーセージやサラミにされてしまうという。悲しからずや。

(以下略)

——–

この当時のマカオはポルトガル統治下の頃。

先崎学五段(当時)は、ホテルの部屋でビートルズ特集の番組を見ている郷田真隆四段(当時)を「変な奴だ」と書いているが、私も最初はそう思ったが、よくよく考えてみると、外国へ行って積極的に見たいと思うテレビ番組などなく(そもそも言葉がわからない)、聞いたことのある音楽が流れてくる番組が見つかったのは幸運だったと言えるだろう。

この時は12月初旬、12月8日が命日のジョン・レノンを偲んでのビートルズ特集だったのかもしれない。

——–

「昔、彼と一緒に函館競馬に行ったときのこと」と書かれているが、これこそ、郷田真隆四段と中村修七段(当時)の「点のある・ない論争」があった時の旅行のこと。

先崎学九段が「点のある・ない論争」のことを書いたのが1998年の将棋世界誌上でのことなので、この時はまだネタを暖めていた頃と考えられる。

点のある・ない論争

 

 

先崎学五段(当時)「郷チャン危うし」

将棋世界1992年3月号、先崎学五段(当時)の「先チャンにおまかせ VOL.3 走れ、自由萬歳」より。

 さっそく、初日の夜に歓迎会を開いていただき、大阪から同行の本間四段、畠山鎮四段(通称チン君)と合流して、広東料理を痛食する。上海蟹や菜胆鮑翅(フカヒレのスープ)の美味いことよ。飛行機疲れも睡眠不足も全く忘れて、食いに食いまくっていると、ふと、ボヵァ幸せだなあと感じた。当然酒店直行。激眠。

 二日目、昼の香港の街に出て、ショッピングを楽しむ、と、いっても、なにを買うわけでもないのだが、顎の尖った兄チャンやデップリと太ったオジチャンを相手に、チョッと高いヨとかディスカウントプリーズなどと値切る駆け引きを十分愉しみ、結局なにも買わないのである。

 夜はまた西堀さんと食事。富麗華酒店(フラマインターコンチネンタルホテル)のロビーで待ち合わせをして、北京料理を御馳走になる、北京ダック、京爆明蝦(車エビのチリソース)。そしてとどめに蛇湯。気持ち悪いなどというなかれ、これがうまいのである。香港に来た目的の一つが、この蛇のスープを飲むことだった。とろりとしたスープの中に、白い細切れのような蛇の肉が入っている。

 中国料理はあんまり好きじゃないんだと強がっていた郷チャンの目が輝いている。本間さんは相変わらず老酒をくらっているし、チン君は、舌ったらずな声で、喋りまくっている。

 食事の後は、ナイトクラブ『ボルボ』に案内される。豪華絢爛、酒池肉林。ウヒャウヒャのルンルンルン。夜は、果てしない。ふと気づくと、郷チャンの隣に座ったホステス(小姐)の目が潤んできた。郷田に、女の子には日本の映画スターといえと教えておいたのが成功したようである。スワ、貞操の危機!

 郷チャン危うし。しかし、郷田は、踵を返すと、さっと店を出た。色男は、シャイなようである。

(つづく)

——–

本間博四段(当時)と畠山鎮四段(当時)も登場。

大阪での飲み会関連のエピソードで登場率の高い本間博四段が香港にも来てくれるのが嬉しい。

畠山鎮四段の”舌ったらずな声”は絶妙な表現だ。

——–

昨日の記事でリンクをしている「香港夜総会」の舞台となっているのが、ここに出ている「ボルボ」。

香港夜総会

現地の人が一緒なら、安心して飲めたことだろう。

——–

私にとっての香港3日目の夜、合流した顧客と一緒に行ったのが、先崎学五段(当時)の旅行記の2日目と同じく、フラマホテルの中国料理レストラン→ボルボだった。

まだ会社の現地法人がなかった頃、香港の出張経験者から教えてもらったコースだ。

香港の出張経験者は、現地に赴任している日本人顧客から教えてもらっているわけで、このコースは知る人ぞ知る、当時の定跡に近いものがあったに違いない。

——–

フラマホテル(2001年に閉館している)の中国料理レストランでは、やはりここへ行ったら絶対に食べてみるべきと言われていた北京ダックを注文した。

この時は、北京ダックの皮を取り除いた本来の肉の部分とカシューナッツの炒め物も出て来て、「北京ダックの肉本体はどうしているのだろう」という長年の疑問に一つの回答をもらったような気持ちになった。

ただ、不味くはないけれどもそれほど美味しいとも思わなかったので、北京ダックの肉本体だけで勝負するのは難しいと感じた。

もっとも、肉自体が美味しかったら、皮だけを食べるという発想が登場するのは1000年以上遅れていたかもしれない。

——–

蛇のスープは飲んだことがないが、調べてみると、3~5種類のヘビが入っているようで、当然のことながら毒蛇も含まれているという。

中国料理では、ツバメの巣やフカヒレまでもスープにしてしまうのだから、蛇のスープがあっても全く不思議ではない感じがする。

蛇のスープ自戦記→蛇王協 香港で蛇スープ食べちゃいました☆(ぱきらの中国(恵州)生活 ブログ)

 

 

 

先崎学五段(当時)「というわけで、今回の旅先は香港。相棒は、我が友、郷田真隆」

将棋世界1992年3月号、先崎学五段(当時)の「先チャンにおまかせ VOL.3 走れ、自由萬歳」より。

 どういうわけか、いつの頃からか、いまだ御年21歳だというのに「疲れた」と言うのが口癖になってしまった。この若造が、と怒られる方もいると思うが、ナニ、本当に疲れているわけではない。まあそういうこともあるが、だいたいは、単に喋っているだけ、である。

 「ハアー疲れた」

 「そうか、先チャンも疲れるやろな、どう、来週あたり、温泉でも行って休まん」

 冗談じゃない、もし男5、6人で温泉など行こうものならば、往きの車中から乱痴気騒ぎになることうけあい、温泉に行ったって、ちょっと風呂に入って、あとは飲めや唄えや、ちょっと姐ちゃん、どこ行くの、カムカム、コンパニオンガール。―行く前の数倍疲れることは必至である。

 「ハアー疲れた」

 「ホナ、飲みに行って騒ごうか」

 これ最悪。酒を飲んでストレスが発散されるのは、日頃あまり嗜まない人だけで、酒飲みは、絶対に酒ではストレス解消はできないんです。

 その点、海外旅行はいい。見知らぬ街のストリートを歩くときの爽快感は、国内の旅では、決して得ることができない。

 僕は、私的旅行の時は将棋盤を頭の中から取り除くようにしている。その方が、人間が健全に保たれると信じている。しかし、国内だと、中々うまくいかない。朝、どうしても新聞を見てしまう。必ず将棋欄があり、動物が獲物を探すように目をやってしまう。もうイケナイ。▲△▲△▲△飛角金銀桂香歩、こういくこうやる・・・。

 というわけで、今回の旅先は香港。相棒は、我が友、郷田真隆。

 出発は12月1日。8時に成田集合なので、上野駅に6時に待ち合わせになる。スカイライナーのなか、郷チャン、泣きそうな顔をしている。訊くと、一睡もせず本を読んでいたようだ。こちらも朝の4時まで酒を飲んでの直行である。海外旅行はいいが、成田空港はあまりに遠い。それに僕、飛行機の中で寝られないという体質なのである。コリャ、今回の旅は大変だぞと思う。郷チャン、電車に乗るなり、スヤスヤと寝入る。イイナア、健康で。

 すでにそこらじゅうで書いているからご存知の方も多いと思うが、僕は飛行機が大嫌いだ。あれが空を飛ぶということを、理解はしているが、本気で信じていない。無事に目的地に着くことがあるとすれば、常に神が奇跡を起こしてくれているのだと思っている。

(中略)

 往路4時間半。長い。いやはや眠くて眠くて仕方がないのだが、体質上全く寝ることができない。

 隣でスヤスヤしている美剣士郷チャンを叩き起こしたくなる衝動にかられること十数回。飛行機は、何事もなく香港、啓徳機場(カイタックエアポート)に到着した。奇跡はおこったのだ。

 空港には、現地の香港支部長、西堀国雄さんが迎えに来てくれた。一路ラマダルネッサンスホテルへ向かう。1988年にオープンした奇麗なホテルで、漢字で書くと華美達麗新酒店。

(つづく)

——–

香港がまだイギリス統治下の時代、香港の空の玄関が啓徳空港だった時代、啓徳空港の隣に九龍城砦があった時代の話。

——–

香港支部長だった西堀国雄さんは、その後、上海将棋同好会支部長、台北支部長も務められている。

——–

私が生まれて初めて行った海外が香港だった。この旅行記の3年ほど前の1989年3月のこと。

4泊5日の仕事での出張だったので観光はしていないが、一人でいろいろな街を歩いたり、後半から合流した日本の顧客と夜の街へ行ったりなど、密度の濃い5日間だった。

——–

その時に起きた出来事を昔のブログ記事で書いている。

香港夜総会

ここに出てくるナイトクラブに、先崎学五段(当時)や郷田真隆四段(当時)は行くことになる。

その模様は明日の記事で。