「棋士のエピソード」カテゴリーアーカイブ

「先生…負け越しておられます……」

将棋マガジン1987年2月号、コラム「棋士達の話」より。

  • 快人物の剱持松二七段は自信家でもある。ある時スキーで足を骨折したが、その時も「ヘボはスピードが出ないのでケガも大したことはない。自分は技術があるので骨折してしまったのだ」と言っていた。

  • 将棋まつりの席上などでリレー将棋が行われるが、前の人と読み筋が合わない時などは内容がヒドくなる事もある。ある時形勢不利でバトンを受けた故・花村元司九段は捨て駒の勝負手を連発。会場に集まったファンをわかせた。しかし形勢の方は全く好転せず、むしろ悪化。次に登場した故・塚田正夫名誉十段、面白くなさそうな顔で席についた。会場のファンも次にどんな妙手が指されるかと期待して見ていたが、真面目な塚田名誉十段の次の一手は…投了。

  • 棋士は自信家が多い。各種統計が発表され始めた頃K七段が「君、僕は勝率が7割になるはずだよ」とクレームをつけて来た。本当ならば発表ミスなので青くなった担当者。調べた後何とも複雑な顔をして答えた。「先生…負け越しておられます……」

  • 棋士は勝負を争うが将棋以外はやらない者も多い。高橋道雄王位はある将棋合宿に参加。対局も終わって夜トランプの大貧民ゲームに興じている仲間のうしろに座って見ていた。気になった田丸昇七段は「君も入るか」と誘った。高橋「いえ、僕は賭け事は嫌いです」「じゃあ君は只でいい」「いえ、特別扱いは困ります」「なら皆も只にするよ」「それは悪いから結構です」とついに参加しなかった。といっても別に一人寝るわけではなく午前1時まで観戦。最後に一言「勉強になりました」

  • 棋士は若い頃ずい分無茶もする。森雞二九段は奨励会時代にコーラのホームサイズ7本を30分以内に飲む、という難題にチャレンジ。根性でクリアして賞金を手にしたが、その日は一日中ツバを吐くとコーラ色をしていたという。

* * * * *

昨日の記事で「コーラ5本を飲む話。最短記録は何と37秒。ちなみにこの男は直後更に4本を今度は35秒で飲んだ」という昔の奨励会員の例が出たが、この森雞二九段の奨励会時代のエピソードとは別のもの。

コーラのホームサイズは、コカコーラの場合であれば500mlの瓶入り。

30分で7本(3.5リットル)は、やはり厳しい。

* * * * *

”東海の鬼”、”妖刀”と呼ばれ、余人には真似のできない将棋を指した花村元司九段。不利な時には勝負手連発、「両取りをかけられたら、もう一枚、別の駒を只で捨てれば、相手は混乱する」という語録もあるほどなので、リレー将棋で後を継いだ棋士はたまらない。

* * * * *

剱持松二九段は非常な自信家。口だけではなくて、「必ず勝つ」と言った時には必ず勝っている。

太っ腹で奨励会員への面倒見も非常に良かったという。

大人数の奨励会員を居酒屋へ連れて行った時には「このメニューにあるもの全部持ってきて」という剛腹な頼み方。

「オレに勝ったら吉原に連れて行ってやる」と言って、わざと負けて、奨励会員を吉原へ連れていくなど、面倒見の良いエピソードには事欠かない。

愛しきK七段(当時)

* * * * *

このコラム「棋士達の話」は、ページ下の狭い場所の小さな文字で印刷されている記事。

「快人物の剱持松二七段は自信家でもある」ではじまる記事のページの次のページが「将棋まつりの席上などでリレー将棋が行われるが」で、その次のページが「棋士は自信家が多い。各種統計が発表され始めた頃K七段が」の記事。

わざわざ1ページ別の記事をはさんで、それから”K七段”とイニシャルで書かれているが、誰が読んでもK七段は剱持松二七段(当時)であることがわかってしまう微笑ましい構成だ。

 

 

「本の通りに負ける方が悪い」

将棋マガジン1987年1月号、コラム「棋士達の話」より。

  • 棋士はよく扇子を持ち歩いている。対局中は頭に血が昇るので冷やすために使うのだが、中には自分の頭をタタいてリズムをとる者もいる。ある時扇子を忘れた石田和雄八段に新品を貸したところ、対局終了後に戻された物は無残な姿になっていた。

  • 野本虎次七段(当時四段)が加藤一二三九段相手に定跡書通りの展開となり、一手ずつ本を読みながら指して勝った。後日異論が出たが「本の通りに負ける方が悪い」という声が大勢で不問。この本は故・山田道美九段著の『現代将棋の急所』

  • 最近はカラオケ全盛だが、棋士間にも歌好きが増加した。しかしいつの世にも音痴はつきもの。ある時舞台で歌った田丸昇七段、司会の人に「今度は知っている歌をお願いします」。もっとも今は月謝を収めたため格段の進歩をとげたという説もある。

* * * * *

現在では、石田和雄九段の扇子の話は有名になっているが、この頃から話が世に出始めたのかもしれない。

闘志をかき立たせるために扇子で頭を叩くという説明もある。

石田和雄九段とぼやき

* * * * *

山田道美九段の『現代将棋の急所』は昭和40年代に文藝春秋から発行された厚い書籍。

山田定跡が元となっており、振飛車党の人が読むとかなり落ち込んでしまうような内容だった。

この、野本虎次四段-加藤一二三八段戦(段位は当時)は、1969年の王位戦予選と思われる。

次のような展開だった。

1図からの指し手
△8六同歩▲同銀△8二飛▲6五歩△同歩▲7五銀△5一角▲8四歩(2図)

2図からの指し手
△4五歩▲同銀△4四銀右▲同銀△同銀▲6四歩△3三角▲6三歩成、以下、79手で野本四段の勝ち。

どこまでが『現代将棋の急所』に載っている手順かはわからないが、定跡というよりも、山田道美八段(当時)の研究手だったのかもしれない。

加藤一二三八段の応手が正しくないと、数手で本から離れてしまうわけで、そういった意味では加藤一二三八段と山田道美八段の読みが合っていたということになる。

まさに古き良き時代の出来事だ。

 

 

 

「いえ、私が金を貸しますから高いところでおごってください」

将棋マガジン1987年1月号、コラム「棋士達の話」より。

  • 対局中の食事は好みがあるが、充実感がないと深夜まで頑張れないというのか鰻重とカツ丼に人気がある。しかし胃に物を入れると考えるジャマになるといって少食の者も多い。升田幸三九段の昼食はいつも「生卵3個」だった。
  • 米長邦雄十段は”チャメ長”と呼ばれた。若い頃酒を飲んだ後「自分のサインをする」といって道路にオシッコで字を書いた。それが何と”米長邦雄”としっかり読めたので一同感心したという。
  • 中原誠名人が2、3人の若手を夕食に誘った。この場合習慣で会計は名人払いになる。最初に中原名人は「今日は持ち合わせが少ないから安い店にしよう」といったところ、野本虎次七段「いえ、私が金を貸しますから高いところでおごってください」
  • 嫌いな食べ物では谷川浩司棋王のエビとカニ。高橋道雄王位がイカとタコ。青野照市八段の鳥肉が有名。大山康晴十五世名人に「何でも食べるようにならなければダメだよ」といわれた青野八段「でも大山先生も猫は食べないでしょう」

* * * * *

なぜ食べ物の話の中に道路にサインの話があるのか分からないが、とにかくそういうことだ。

* * * * *

升田幸三実力制第四代名人の対局時の昼食はゆで卵2個という記録もある。

生卵とバナナは、はるか昔は高級品とされていたので、その名残りもあったのかもしれない。

* * * * *

「今日は持ち合わせが少ないから安い店にしよう」

たしかに、千駄ヶ谷には銀行が見当たらない。

調べてみると、国立競技場のそばに「ゆうちょ銀行 本店 JP共済会館内出張所」、原宿へ向かった方に「三菱東京UFJ銀行青山支店千駄ヶ谷三丁目出張所」があるだけで、それぞれ気軽に立ち寄ることができる距離でもない。

コンビニにATMが設置されるようになったのは1998年以降。

クレジットカードを使うことができない店もあるので、千駄ヶ谷近辺で現金の持ち合わせが少ない場合は、安い店を選択するに越したことはない。

そういった意味では、野本虎次七段「いえ、私が金を貸しますから高いところでおごってください」という現金主義も正着と言えるだろう。

* * * * *

私はタコやイカは嫌いではないけれども、積極的に食べたいとも思わない微妙な位置付けの食べ物。

少なくとも、タコ焼きにはタコが入っていないほうが美味しいのではないかと思っている。

 

 

車の免許を持つ棋士が少なかった時代

将棋マガジン1987年1月号、コラム「棋士達の話」より。

  • 最近増えたといってもまだ車の免許を持つ棋士は少ない。その中で古豪の佐瀬勇次八段は趣味がドライブという変り種。しかし米長邦雄十段ら弟子達は皆無免許。そこで師匠運転、弟子座席という図がよく見られる。これが一門和合の秘訣?

  • 島朗六段も免許を持つ。沖縄旅行でレンタカーを借りたが、曲がる道を一本間違えあわててハンドルを切ったため対向車線に入る。中央分離帯があって戻れず次の交差点まで”勝負”と叫んで走ったという。こういう人に免許を渡してはいけない。

  • 変わり者の多い棋士達の中でも仙人と呼ばれるのが富澤幹夫八段。ある時交番が脇にある交差点で赤信号を無視して道を渡り、クラクションの渦となった。驚いた警官が注意したが平然と一言「ここに交番があるからひかれないと思いました」

* * * * *

「ここに交番があるからひかれないと思いました」

少しだけ感覚が理解できるような感じがする。

警官が見ているのだから、まさか目の前で轢くようなことはしないだろう、という感覚だろうか。

それにしても恐ろしい。

* * * * *

1987年のこの当時、運転免許を持つのは丸田祐三九段、有吉道夫九段、大友昇九段など、かなり限られていた。

* * * * *

私も運転免許を持っていない。

中学時代、バスに乗っていて、バスが狭い曲がり角を見事に曲がるのを見て、自分にはとてもこのような技は使えない、免許は取らない方がいいかなと思い始めるようになる。

高校時代、バス通学をしていたが、途中の停留所に運転免許試験所だったか運転教習所があり、ここで降りていく人達にリーゼントの怖そうな若者(この当時、暴走族の全盛期だった)が多く、このような怖そうな所には行きたくないと思い、更に運転免許を取ろうという気持ちは薄くなる。

大学時代、酒を飲み始めるようになると、なぜかはわからないが、運転免許を持ったら絶対に飲酒運転をしてしまうだろうという確信を持つようになった。酒が強かったからだと思う。

そういうこともあり、今に至るまで運転免許を持とうという気持ちには一度もなったことがない。

* * * * *

ところで、平成になってから、運転免許を持つ棋士が増えてくる。

どうして、それまで運転免許を持つ棋士が少なかったのか、理由はわからない。

少なくとも、私と同じ理由ではないことは確かだと思う。

 

 

加藤一二三王位(当時)の、話半分でも凄い話

将棋マガジン1985年2月号、第11回名将戦決勝三番勝負〔加藤一二三王位-内藤國雄九段〕第2局観戦記「加藤、絶妙手で決戦へ」より。

 加藤の奇行は定評のあるところだが、先日、またおもしろい話を耳にはさんだので紹介しよう。

 東京将棋会館の1階に、将棋関係の本を売っているところがある。そこに加藤が上機嫌であらわれ、本を2冊ほど買ったという。

「ありがとうございました」と言う間もなく、加藤は鼻歌まじりで、またフラフラと本棚の方へ近寄り「これも、もらおうかな」とまた2~3冊の本をカウンターに置いた。それを包み終える間もなく「あ、これも」と10冊。「これも、いいなぁ」でまた10冊。とうとう置き場がなくなり、台車を持ち出して、ドッサ、ドッサと本を積み始めたという。加藤の気が済んだ頃には、職員も加藤も汗だく。一日で買った本の数なんと210冊。加藤の帰ったあとの本棚は、まるでイナゴの大群にでもおそわれた跡のようだったという。

(以下略)

* * * * * *

このような伝聞の場合、途中で話が盛られて、実際の冊数よりもかなり多くなりがちであるが、仮に倍に盛られていたとしても105冊だから凄い。

* * * * * *

105冊も210冊も300冊も400冊も、想像を絶する冊数なので驚きの度合いはあまり変わらない。さすがに500冊を超えると驚きも次の段階に入るが、何冊以上だと凄いと感じるのか考えてみた。

10冊は持って帰ることができるので、これはニュースにならない。

20冊も、まあ好きな人ならあるだろう。

30冊も、かなり好きな人ならあるだろう。

40冊あたりから微妙になってくる。

50冊なら驚きたい。

45冊ならどうか。

微妙だ。

50冊以上が驚きの分岐点のような感じがする。

四捨五入の感覚が無意識に出てくるものなのかもしれない。