「棋士のエピソード」カテゴリーアーカイブ

東海のトラック野郎

藤井聡太四段の大師匠(師匠の杉本昌隆七段の師匠)、故・板谷進九段が四段になった頃のエピソード。

将棋世界1981年10月号、能智映さんの「棋士の楽しみ」より。

 ”東海の若旦那”板谷がまだ四段になったばかりのころだった。付き合いのいい板谷は友人の弟が東京の大学に出て行くというので、惜別をこめて、その青年と呑んだ。夜中の12時はとうに回っていた。酒の勢いもある。「これから引っ越しをやろうか?」と板谷。―これが彼の気の良さだが、自分は酔っているという気にならないところが、少々あさはかだ。ただ、その青年があまり呑まない男だったのがよかった。

「ええ、これから東京まで行きましょう!」

 すぐに小型トラックを用意してきた。もう勢いである。二人は荷物を積んで旧東海道をとばした。といっても、まだ東名高速などできていない時代、「デコボコですごい道だった。でも朝の10時には東京に着いていたよ」という板谷の自慢顔が、またおかしい。

 その帰り、また「一人では寂しいから」とおせっかいなことをしでかす。連盟に行って「だれか、帰りのトラックに乗らないか?」と誘ったのだ。ただ板谷は、トラックということをかくして”クライスラー”といったようだが―。

 好奇心旺盛な若者の、米長、大内、剱持ら6、7人がこれに乗った。「熱海にくり出そう」というのだ。むろん、みな荷台にザコ寝である。「着いたとき、剱持さんは真っ青な顔で”ひどい震動だった”と嘆いていました」というのは板谷流のブラックユーモア。この往復、板谷は24時間もトラックに乗りづめだったという。

(以下略)

—————-

板谷進九段の四段時代は1962年10月~1964年3月なので、この話は1963年の3月頃と思われる。

「東海の若大将」という愛称がピッタリな展開だ。

—————-

昭和30年代のこの頃の熱海は新婚旅行のメッカ。

新婚旅行のメッカに男だけ7~8人でトラックで行くのもなかなか豪快だが、それだけメジャーな観光地だったということだろう。

—————-

昭和30年代、ある映画スターが銀座で飲んでいる時に急に朝日を見たくなって、「おい、これから朝日を見に行くぞ」と言って、一緒にいたスタッフや店の従業員大勢をタクシーやハイヤーに分乗させ、熱海まで疾走した。もちろん、タクシー代などは映画スター持ち。

話の展開は全く異なるが、そのような話を思い出した。

昔の本で読んだ記憶があるので話は定かではないが、映画スターは小林旭さんだったか石原裕次郎さんだったと思う。

—————-

昨日の「藤井聡太四段 炎の七番勝負」藤井聡太四段-増田康宏四段戦、藤井聡太四段の終盤の▲9七玉と▲1二歩にビックリしたり驚いたり。感動的な手だった。

進境著しい増田康宏四段にあのように勝ったということは、この七番勝負で藤井聡太四段の勝ち越しも有り得るような感じがしてきた。

 

 

 

年齢よりも10歳上に見られていた木村一基四段(当時)

将棋世界2001年10月号、野月浩貴五段(当時)の「第14期竜王戦」より。

 確かあれは木村が四段に上がった直後だから、僕と木村は23歳だったと思うが、ある飲み屋で囲碁の小松英樹九段と一緒になったことがあった。その時に小松さんが話し掛けてくれたのだが、木村相手に丁寧な敬語を使っていたのでおかしいなと思い、「こいつ、いくつに見えますか?」と聞いたら、小松さんいわく「俺より年上でしょ?」。

 小松さんは我々よりも7歳上なので、33とか34歳に見えていたようだ。

 当時の木村は顔が老けているだけだったが、最近は顔に年齢が追いついてきたせいか、体中から棋士としての貫禄が感じられるようになってきた。やはりこれだけ将棋を勝っているからなのか、自信に満ち溢れている。

(以下略)

—————-

囲碁の小松英樹九段の複数の写真を見ると、「高校ラグビー界で全く無名の弱小チームが、ある一人の教師が赴任してから、わずか数年にして全国優勝を果たすまでの軌跡」を描いたような熱血青春テレビドラマの主人公の教師役が似合いそうな、とても若々しい顔立ちをしている。

小松英樹九段(日本棋院)

この時の小松英樹九段は30歳だが、きっと25歳くらいに見えていた時期かもしれない。

そのようなこともあり、なおのこと木村一基四段(当時)が年上に見えたのかもしれない。

—————-

昔の木村一基八段の写真を見ても、特に年齢が10歳も上に見えるようには感じないのだが、そういえば、2006年に木村一基七段(当時)は次のように話している。(2005年度NHK杯戦準々決勝、森下卓九段-三浦弘行八段戦の対局前の控え室での会話。木村七段は解説者だった)

「僕と同年齢の、外見が若かった行方君や野月君も最近では年齢相応の顔しています。でも三浦君は子供の頃と顔がほとんど変わっていません。それにひきかえ僕なんか特に…」

控え室の隅で精神を集中させていた三浦弘行八段(当時)の困ったような照れ臭そうな、とても微妙な表情が忘れられない。

三浦弘行八段の真骨頂

 

 

三浦弘行八段(当時)の独り言

私が書いた観戦記、NHK将棋講座2012年3月号、第61回NHK杯将棋トーナメント3回戦 畠山鎮七段-三浦弘行八段戦「引くに引けない将棋」より。

 対局前のインタビューで、三浦は次のように語った。

「先手、後手、どちらになってもいいように準備をしています。私がどういうことをやるか、注目していただきたいですね」。

 しかし、その直後に、「これじゃマズいですよね。撮り直しをお願いします」と、自らNG出しをした。
放送は、先手後手が決まった状態で始まるので、手番が決まっていない前提の話をしては、番組進行上迷惑をかけてしまうのではないかと三浦が思ったからだ。

 実際には全く問題ないものの、真面目な三浦らしい気遣い。

 先手・後手の言及のないインタビューが放送されることとなったが、三浦のこのような真面目さが魅力となって、最近では、イベント会場やツイッターなどのネット上で、女性の三浦ファンが増えている。三浦が挑戦した一昨年の名人戦のBS中継やネット中継がきっかけとなってファンになった女性が多いようだ。

 複数の女性三浦ファンの声。

「名人戦での魂を燃やし尽くすような盤上没我の対局姿勢に惹きつけられました」

「息子が指導対局を受けた時にとても優しくしていただき、息子も私もいっぺんで大ファンになりました。息子は机の上に三浦先生の写真を飾っています」

「真面目なのだけれども、何か構ってあげたくなっちゃう」

 三浦株は上昇中だ。

(以下略)

—————-

この観戦記が載った号が発売された7ヵ月後の9月中旬のこと。

その日は将棋ペンクラブ大賞贈呈式で、三浦弘行八段(当時)も出席をしていた。

式が終わってパーティーの時、私が三浦八段にあいさつに行くと、三浦八段が「観戦記でウソを書いていただきまして…」と話しかけてくる。

(ゲッ、何か間違ったことを書いてしまったかな)とかなり焦ったのだが、三浦八段は「有難うございました」と続けて言った。

な、なんだろう、

私「どこが違っていましたか?」

三浦八段「私に女性ファンがいるなんて、ウソを書いていただいて有難うございます」

私「何をおっしゃいますか。あの観戦記では三浦八段の女性ファン3人から談話をとってそのまま書いていますから、本当も本当の話ですよ。それ以外にもネットを見ると三浦八段ファンは急増していますし」

三浦八段「いやー、これで『なかなか結婚しないから男性が好きなんじゃないか』などと言われることもなくなると思います」

私「えっ、親戚の方とかから言われるんですか?」

三浦八段「あっ、ダメか。私から女性に声をかけているわけではないから、誤解は解けないな……」

最後の独り言に、思わず笑ってしまったのだが、よくよく厳密に考えてみると、たしかに誤解を払拭はできない。三浦八段の読みはすごいな、と思ったものだった。

—————-

2月13日の三浦弘行九段の誕生日に行われる竜王戦、対羽生善治三冠戦。

三浦九段の復帰第1局となる対局だが、勝負に関係なく、良いドラマが生まれるような感じがする。

楽しみにしたい。

 

 

100人中95人以上が「何もそこまでしなくても…」と思う話

将棋世界1981年4月号、能智映さんの「ベストドレッサーの条件」より。

「ヴァチカン展」に豪華絢爛たる王杯が出品されているのを見て圧倒された。

 黄金に輝くカップには、315個のダイヤモンドが散りばめられていた。これは、時価いくらぐらい?などと値踏みするのは、やはり貧乏性か。

 だが、将棋界でも、そこまで行かないまでも、ダイヤを散りばめたゴージャスな装飾品を身につけて、「どうじゃ!」と威張りくさっている男がいる。

 先輩の芹沢博文八段にも「あいつのサイフは、真っ直ぐに伸ばして立てても、立派に立つんだよ」と実力を高く評価されている”名古屋のプリンス”板谷進八段が、その人だ。

 夏の盛りだった。NHKの小谷ディレクターから「将棋番組」の聞き手を頼まれた。将棋の力にあまり自信のない私は「聞き役ってのは、ただ聞いているだけの役なんでしょ?」などとふざけながら、その相手の解説者を聞いてみると、「板谷先生のご指名です」とのことだった。

 彼なら、私の棋力をよく知っているので、難しい局面になって「ここで、どう指す?」などと意地悪な質問はしない。―そう読むと即座にOKした。

 ところが、暑い夏のこととて、フォーマルにネクタイで首を絞めるのはつらい。女房に「天下のNHKでも、ネクタイでなくてはいけないというわけではないだろう」と相談して、当世流行のループタイ、しかもある芸術家からもらった少々シャレたデザインの逸品を首にぶらさげてスタジオに入った。当然、「こんなにナウい出演者はいない」と主役のような気分だった。

 するとどうだ!解説者の板谷も「NHKさんには悪いかもね」とかいいながら、ループタイのスタイルで現れた。そして、こういうのだ。

「これ純銀製だよ。ようく見てよ。後手が5四角と打って、先手が3八角と打ち返したところだ」

 なになに?とよく見てみると、四角い銀のかたまりは将棋盤で、その上にきらきら光るダイヤが40個も散りばめられている。凝ったことに、そのダイヤは駒、なんと”棒銀定跡”の途中図なのである。

 ローマ法王の王杯のダイヤが何カラットのものかは知らぬ。しかし、この”名古屋の法王”のダイヤが、もし 屑ダイヤだとしても我々庶民には手の届かぬループタイであることはたしかだ。

(中略)

 板谷が突然、発狂したかのように剃髪して上京してきたことがある。あのトレードマークのナマズヒゲもない。 どうしたのか?と聞くと、いたって単純「ドラゴンズがあまり弱いんで、アマタに来て”全て”を剃ってしまったんだ」との答え。そして、ヒゲのないナマズはにやにやしながら、「はえかけは、かゆいねえ」と口先をなで回す。「そんなもんかなあ、鼻の下がかゆいの?」とマジに問い返してみると、「いや、違うんだよ。あんまりアタマにきたんで、全ての毛を剃っちゃったんだよ」と。

 将棋指しというのは、どうしてこう乱暴をするのか。奥さまもびっくりの話だ。

(以下略)

——–

”東海の若大将”と呼ばれた故・板谷進九段。

ドラゴンズの不甲斐なさに、頭と髭を剃るところは若大将らしい行動だ。

それ以外の部分も剃ったことについては明らかに指し過ぎと思えるが、その思い切りの良さは、若大将の面目躍如といったところだろう。

それにしても、髪の毛と髭は理容店へ行けば剃ってもらえるが、それ以外の箇所は原則的には自分で剃らねばならず、よく実現したものだと思う。

(弟子への愛情が深い板谷進九段)→東海の若大将

——–

全ての毛を剃る、と言った場合、一般的には眉毛は含まれないことが多い。

これは、眉毛を全て剃ると人相が一変するからで、男性の場合だと、ほとんどの人がヤクザっぽく見えてしまうという傾向がある。

——–

眉毛を剃って迫力を増した事例としては、『仁義なき戦い 代理戦争・頂上作戦』での梅宮辰夫さんが有名だ。

梅宮さん演じる明石組幹部のモデルとなっている人(当時の山口組若頭)の眉毛がもともと非常に薄かったことが、そのような役作りをする発端となったようだ。

撮影当初は、眉に溶いた蝋を塗って眉がないように見せていた梅宮さんだったが、照明などに当って蝋が溶けることがしばしば。

その度にメイクを直すのは面倒だとして、梅宮さんは眉を剃る決心をしたという。

当時、1歳くらいだった梅宮アンナさんは、眉のない父の顔が怖くて、いつも泣いていたと伝えられている。

当時の梅宮辰夫さんの姿は、以下の映像で一瞬見ることができる。

とにかく、凄い迫力。

 

 

絵に描いたような異色の棋士

将棋世界1981年2月号、清水孝晏さんの「噂のキャスター」より。

 時代とともに棋士たちにも洋服党が増えてきた。それにつれオシャレというか身だしなみも様になり、どこかのモード雑誌に、モデルとして出るとか出ないとかの噂もある。

 ダンディの随一は、目下歌手と兼業で多忙の内藤國雄九段。深夜にどこかでビデオ撮りしての帰りか派手なステージ衣装で現れたかと思うと、翌日の対局には地味な背広と、こちらのほうも千変万化。外見だけでなく、そこは港町神戸っ子らしく背広のすき間からマーククロスのバックルがちらりとのぞく。

 マーククロスといえば勝浦修八段も早くから愛用し、我こそはオシャレっ子と自認していたようだが、内藤九段が現れるとはちょっとシャクのタネ。勝浦八段は将棋の他に連盟理事を兼ねているが出勤にはいつもイタリア製のアタッシュケースを携行、どこかの商社マンと見違えるほどスマートだ。

 そうした中でもひときわ異彩を放つのは佐藤大五郎八段。なにしろ「普段着です」と、こともなげにいう背広が35万。そして「オシャレは目立たないところにするものだ」とのたもうて、ベルトが80万、ネクタイピンが100万。いずれもダイヤがキラキラしている。それに加えてオーディマピゲの腕時計が480万。

 これには相手が「金銀とダイヤで攻めてこられる思いだ」とあきれるばかり。その大五郎八段が、どうしたことか対局室をはって歩いている。

「アンマにもみ殺されそうになった―」とボヤけば、やっかみの外野は「あんまりキンキラキンだからだ。もう少し頭のほうにも金をかけてもらいたいよ」とくさすが、それでも勝つ根性はさすがプロだ。

 この人のデビューは昭和28年16歳でアマ名人戦北海道代表となって決勝まで勝ち進んだことにはじまる。その翌年、プロの養成機関の奨励会に入ったが、少年のクセに不遜だということで人にいわれぬ苦労をした。新宿でオデンの屋台を引いたのもこの時期で「八段になってお金を残して故郷の山を買う」が、口グセだった。

 対局中に突然「詰みだー」と大声を発して駒を力まかせに打つことから薪割り大五郎と称される。一見粗野のように思われているが、その実、いたって気はいい。大仰にいうのも駄々っ子が甘えて気を引くに似ている。

 ずいぶん前の棋聖戦で中原誠名人を相手に鬼殺し戦法を用い、10手で投了して、一時出場停止かとさわがれた。が、本人は、「鬼殺し戦法は私が本に書いているので参考までに指してみようと思っただけ。詰みまで読んで勝てないと思ったので投了したんだけど―」「人間だから失敗もありますよね」と助け舟を求めていた。

 この人、一つの信念があるようだ。事務所を構え、大山十五世名人につぐ35冊の単行本を出し、酒も呑まないのにキャバレーにいき、かと思うと「お金は使わなければたまる」とのたもう。まさに異色の棋士といえよう。

——–

「噂のキャスター」は、清水孝晏さんが小説現代に連載していたコラムの中からピックアップされたもの。

——–

佐藤大五郎八段(当時)が10手で投了した将棋は、中原誠名人の鬼殺し退治の陣形が非常に参考になる。

最短手数の将棋

佐藤大五郎九段の代表的な名局も対中原名人戦。

佐藤大五郎九段自慢の一局

——–

佐藤大五郎八段の普段着のスーツが35万円。

将棋世界1981年4月号の能智映さんの記事によると、米長邦雄九段のスーツも35万円で「フィンテックス」の生地。3着も持っている。

ところが、1着あたりの値段で上には上がいた。

 勝浦修八段に「米長さんの背広は35万円もするんだよ」と話してみると、彼はいともあっさりと、こういってのけたものだ。

「そうですか。オレのほうが高いね。でも、茶色だから、おめでたい席には着ていけないんだ。茶は”茶化す”に通じるので、祝いの席ではおかしいんだってさ」―ダンディな勝浦のことだから、ほんとうにすごいスーツを持っているに違いない。しかし”茶色が茶化す”に通じるというのは本当かどうか。

——–

フィンテックスのような生地で、英國屋や壱番館で仕立ててもらうというのが、スーツの最高峰ということになるのだろう。

——–

同じく将棋世界1981年4月号の能智映さんの記事によると、時計の世界は次のような雰囲気。

 オシャレに、こんなきびしい採点をする河口は、生粋のハマっ子だ。子供のころからハマの”下町”の元町や伊勢佐木町の旦那衆を相手に将棋を教えてきただけに、身に着けているものが違う。

 この原稿の取材中でも、さりげなくテーブルの上に乗せた左手に、明らかにスイス製と思えるセンスのいい時計が光っていた。だが、シャレ者のならいとして控え目だ。

「いやいや、これは金張りですよ。でも佐藤大五郎君が持っている同じものは金製ですよ。こっちは約50万、向こうは100万円と大差なんだけど、見比べてみるとまったく変わらないんですよ。先日、二つを並べてみたら、やっこさんクサッていたね。もっとも、敵はもう一つ、プラチナゴールドのブレスレット付きのオーディマピゲの高級時計を持っているんですけどね」

 佐藤自身が語るところによると、このピゲの時計は、「いま、金やダイヤが値上がりしているので、800万円はするかな?」とか。

——–

セイコーとシチズンを行ったり来たりしていた私の腕時計人生からは考えられないような奥の深い高級時計の世界。

——–

佐藤大五郎九段の真骨頂は次のエピソードにも表れている。

豪傑列伝(2)

本当にあった禁断の盤外戦術(3)

朝から闘志が充満している対局室