「棋士のエピソード」カテゴリーアーカイブ

名人戦挑戦を逃すきっかけとなった飲み会

将棋世界1986年12月号、内藤國雄九段の「自在流 スラスラ上達塾」より。

 将棋というのは不思議なもので、個人的な付き合いがなくてもその人の棋譜を並べていると親しくなったような気がするものである。

 一方は大先生、一方はヒヨコという事で個人的なつき合いがないのは塚田(正夫)さんの場合も高島(一岐代)さんの場合も同じであるが、棋譜を通じて崇拝の念と共に親しみの感情も抱いていた。

 塚田・高島といえば二人の間に次のような逸話がある。颯々として我が道をいく塚田さんは一緒に飲んでも自分の分だけ払ってさっと行ってしまうという事で有名。

 一方、高島さんはその逆でいつも人の分まで払わないと気がすまない事で知られている。

 二人は大阪で会ったが、その時は当然ながら高島さんが歓待した。

 次いで、これは両者が順位戦を戦うほんの数日前であったが、二人が東京で会った。

 その時、塚田さんは自分の飲み分だけ払うとさっさと帰ってしまったものである。

 さあ高島さんの腹の虫がおさまらない。

 その時の対局は塚田さん勝てば挑戦権獲得という重大な一局、高島さんは勝っても負けても当落関係なしという気楽な一局であった。

 しかし高島さんは全力投球して塚田さんをふっ飛ばしてしまう。

 そのおかげで体調を崩し半ばあきらめていた升田さんと塚田さんが同星となり二人でプレーオフ。そして升田さんが勝って名人位獲得につながっていく―。

(以下略)

—————

この文章、はじめに読んだ時は、

東京で飲んだ時も、高島一岐代八段(当時)が全て支払うつもりだったのに、塚田正夫八段(当時)が自分の分を払って帰ってしまったので、高島八段が怒り心頭

と思ったのだが、久し振りに読んでみると、

大阪で歓待したのに、塚田八段の地元の東京で割り勘とはどういう了見なのか、ということで高島八段が怒り心頭

とも取れる。

しかし、じっくり読み込んでみると、やはり最初の解釈、飲み代を全部自分が支払いたかったのにそうはさせてくれなかったことで高島八段の怒り心頭、が正しいと思う。

—————

「飲み代の全てを自分が払わなければ気が済まない人」と「必ず割り勘にする人」が二人で飲む、まるで盾と矛の戦いのようで非常に興味深い。

—————

「飲み代の全てを自分が払わなければ気が済まない人」同士が二人で飲んだ場合、これはもっと複雑なことになりそうだ。

 

 

郷田真隆六段(当時)がSPEEDの4人の中で誰を一番に選んだか、など

今年の5月29日に亡くなられた元・近代将棋編集長で将棋ペンクラブ幹事の中野隆義さんから、このブログのコメント欄に寄せられた数々の棋士のエピソードより。

最後は、中野さんのコメントを記事にさせていただいたもののまとめを。

—————

〔郷田真隆九段の奨励会時代〕

「ボクがこのまま四段に上がれなかったら、ボクの将棋は誰にも見てもらえなくなっちゃうんですね」

—————

〔郷田真隆六段(当時)がSPEEDの4人の中で誰を一番に選んだか〕

郷田真隆六段(当時)の選択

—————

〔羽生世代の雀風〕

先崎流麻雀、郷田流麻雀、森内流麻雀

—————

〔「弱いのは見てればいいんだぞ」という言葉が、森内俊之六段(当時)の得意のセリフなのか、郷田真隆王位(当時)の得意のセリフなのか、それとも二人とも得意なセリフなのか〕

こちらを先にご覧ください→「今、森内がウチに来てるんだよ。後から康光も来て、明日になれば郷ちゃんも来るんだけど」

その次にご覧ください→若手棋士が遊びに行った家

—————

〔森内俊之九段、中田宏樹八段の若い頃のあだ名の名付け親〕

「ウシ」「デビル」の名付け親、など

—————

〔森信雄七段の結婚、村山聖九段の麻雀〕

村山聖八段(当時)の麻雀など

—————

〔加藤一二三九段と三浦弘行九段の冷房と暖房〕

こちらを先にご覧ください→必死に笑いを噛み殺していた三浦弘行八段(当時)

その次にご覧ください→加藤一二三九段、真夏の嘆き

—————

〔スナックでの谷川浩司名人(当時)〕

谷川浩司名人(当時)「おーい谷川」

—————

〔広津久雄九段の日本中誰にも真似のできない飲み方〕

博多の谷川浩司名人(当時)

—————

〔普通では済まないスキー〕

棋士達のスキー場

—————

中野さん、ありがとうございました。

 

 

 

「自分の欠点をうまく育てないと、良い欠点にならない」

今年の5月29日に亡くなられた元・近代将棋編集長で将棋ペンクラブ幹事の中野隆義さんから、このブログのコメント欄に寄せられた数々の棋士のエピソードより。

—————

米長邦雄永世棋聖逝去」への中野さんからのコメント。

米長流とは囲碁を二局教わったことがありました。手合いは確か五子であったかと思います。一局目は私めが三十半ばのころでしたか。こちらは石をたくさん置かせてもらって出だしに絶大な勢力差を誇っているはずなのに、なぜか最初っから攻められっぱなしでした。
何カ所かでこちらがさんざんな目にあって上手必勝の局面となったころに「君は、文章は面白いけど、碁はまったく面白くないね」と言われました。続けて「ま、よく言えば冷静なんだけどね」とも。
二局目は、将棋連盟より五段の免状をいただいたときでしたから、あれは六年ほど前のことになりましょうか。そのときは、もしかしたら免状差し上げ記念にゆるめてくれちゃうのかなと思ったのですが、これがとんだ素人のあさはかさでして、一局目のときよりさらにこっぴどい目にあってしまったのでした。ただ、私めが上手の好戦的態度に必死にあらがったのを見ていてくれたのか「面白い碁を打つようになったね」とのお言葉
を頂戴しました。
米長流には、碁は地を囲うものではなく石と石との戦いにある、ということを教えてもらいました。

—————

米長邦雄永世棋聖が亡くなられてから5年が経つ。

2012年12月16日(日)が衆議院議員総選挙で自民党が大勝、民主党が大敗。

17日が、私がNHK杯戦の観戦。

18日が米長永世棋聖が亡くなった日

ということで、本当に動きがある3日間だった。

—————

福崎文吾四段(当時)に起きたハプニング」への中野さんからのコメント。

福崎流の警備員に足止めされ事件。そいのがありましたね。懐かしいです。
その話を伝え聞いたとき、福崎流ならあるある、と思ったものです。
福崎流の対局姿を始めて目の当たりにしたのは彼が四段にあがってすぐのころだったでしょうか。まず、あれっと思ったのは、戦う人の雰囲気がまるでないなということでした。
肩で風斬る風もなく、相手を威圧する風はさらさらなく、ましてや殺気などみじんも感じられません。
これでは、テレビ東京のスタジオがある建物の入り口で、ガードマンさんに、ちょっとあなた何しに来られたのと呼び止められるのは必定であります。
極度の人見知り症福崎流は「はあ。あの。その。今日はあの。ボク大阪からですね。その。将棋の対局をですね・・・ふにゃふにゃ」と応えるのが精一杯だったのでしょう。これでは、ふにゃふにゃの部分は「やりにきた」ではなく「見に来た」ととられてもいたしかたありません。
ガードマンさんから直接聞いたわけではありませんが、福崎流がしどろもどろの中で大阪からと言ったのがガードマンさんの心を掴んだ絶妙の一手であって、大阪から来たのでは追い返すわけにもいかんなあと思ってもらえたのでしょう。なんとかかんとか対局にこぎ着けることができてよかったです。
きたろう

—————

テレビ東京の本社が東京タワーの麓にあった頃、局舎の入口近くまでは自由に立ち入ることができたので、歌番組の収録があるような時は、出入り待ちの女性ファンが大勢並んでいることが多かった。

1980年代前半、仕事でテレビ東京へ行った時のこと。

局舎前の道路でタクシーを降りて玄関に向かう途中、「エェー、今日は誰も連れて来ていないんですかー」と、芸能プロダクションのマネージャーに間違われたことがあった。

タレントには間違えてもらえなかったようだ。

—————

阪田三吉の憂鬱」への中野さんからのコメント。

棋士は、その真価もさることがなら働きぶりさえも認識してもらいずらいですからね。
三十年ほど前に、マージャンの井出洋介名人を看板にした、ファミリーコンピュータのマージャンゲームソフトが出まして、それをマージャン好きの滝誠一郎流に紹介しましたところ、一週間ほどして滝流がそのカメレオンのような目をかっと見開いて将棋世界編集部の私めのところに迫ってきました。ひやーっつ、オレまた何かやっちゃったかな、と亀のように首をすくめていますと、滝さんはいきなり私めの手を取って「なかのっさん。ありがっとう。初めて子供たちに尊敬されました」と言ったのです。
聞けば、息子さんが手こずっていたマージャンソフトの中に出てくるキャラクターを、滝さんがことごとく撃破して見せた、のだとか。
そのころの滝さんはB級2組に昇っていたと思いますから、家庭を支える父として十分な働きをしていた、にもかかわらず子供さんたちからは冷たい目とまではいかなくとも残念ながら尊敬はしてもらえていなかったんですね。
これは、内藤流がどこかで書いていたことですが、「将棋指しが家にいて何もせずじっと考えているときが、棋士として非常に重要な仕事をしているまさにそのときなのだが、傍目からは何もしていないようにみえてしまうところが辛いところである」と。
家で盤に向かう三吉が子供たちから面罵を浴びせられていたなんて。寂しかっただろうなあ。涙が出てくるようなはなしです。
西の空に向かい黙祷。現代の一流棋士はあなたの残した棋譜を見て、力戦を得意としながら受けの渋い好手がよく見られる将棋、と認識しています。

—————

このファミコンソフトは1987年にカプコンから発売された『井出洋介名人の実戦麻雀』。

調べてみると「勝てば実力。負ければベンキョー」がキャッチコピーだったということだが、これは十分に将棋でも使える言葉だだ。

—————

真部一男八段(当時)「中原・米長それぞれの羽生世代対抗作戦」への中野さんからのコメント。

河口流の論評は、とても興味深いです。
そういえば、阿佐田哲也が「自分の欠点をうまく育てないと、良い欠点にならない」というようなことを言っていましたですね。
私めはつい最近まで、欠点とは直すべきものと思っていましたが、還暦を過ぎた頃からですかねえ、たまーに、欠点を育てるってのも大事なんだなあと実感できるようになりました。

—————

長所の裏返しが短所、短所の裏返しが長所。

「自分の欠点をうまく育てないと、良い欠点にならない」は非常に良い言葉だと思う。

 

 

森安秀光九段「ぼくちゃんの将棋はね。引き角にされて△2二飛と受けたことはないんです。今日の将棋もそうだったでしょ」

今年の5月29日に亡くなられた元・近代将棋編集長で将棋ペンクラブ幹事の中野隆義さんから、このブログのコメント欄に寄せられた数々の棋士のエピソードより。

—————

朝から闘志が充満している対局室」への中野さんからのコメント。

大五郎流の盤前クラウチングスタート姿勢は何度か見たことがあります。初めて見たときは、ウオッ! ナニッ!? (@0@;)とびっくらこけました。
ある日、と金部屋で、大五郎流を真似する奨励会員が居て、皆でゲラゲラ笑っていたら、なんとご本人が入ってきて、シーンと固まる皆を見渡し「君。そんな格好で将棋指してちゃ駄目だよ」と言ったときは、笑いをこらえるのが大変でした。

—————

佐藤大五郎九段本人が入ってきたのだから、控え室は一瞬で凍りついたはずだ。

それなのに、「君。そんな格好で将棋指してちゃ駄目だよ」と全く予期しないことを言われてしまっては、相当な精神力を持っていなければ、笑いをこらえることはできなかっただろう。

私にはとても無理そうだ。

—————

広い東京でただひとり、泣いているよな夜がくる」への中野さんからのコメント。

森安流とは、なんと、デュエットしたことがあります。
あれは、もう二十年以上前になりますか、将棋会館で行われた二上ー森安戦の感想戦の後だったと思います。帰ろかなと、4階のエレベータホールにてカゴ待ちをしていましたら、二上流が、「新宿に出ようと思っているんだけど、どうかね」と、近くにいた森安流に声をかけ、その声に思わず、待ってましたあという顔で振り向いた私めにも、優しく「君もどうかね」と言ってくださったのでした。
風林会館近くにある「ポトス」に入りますと、二上流は森安流に奥の上席を勧め、私めには「君が真ん中に座って」と言って、ご自分は出入り口に近い席に腰をおろしました。
さっそく歌の時間とありなりまして、どんどん歌ったのですが、森安流が提案した「さささ、順番で歌いましょうね。まずは前座で私が歌いますから、次はあなたが歌って、真打ちへとね。そこからは今の順番を戻ってあなた、私、とね。行ったり来たりでいいでしょう」という通りにしていましたら、これって私が二回に一回のハイペースで歌うことになってしまうのに気がつきました。
行ったり来たりを4、5回繰り返したあたりで私めが「マドンナたちのララバイ」をリクエストしまして、そのイントロが流れ出したときのことです。
「あっ、この歌、ぼくちゃん大好きなんです。一緒に歌っていいですか」
「いいですかもなにも。どうぞ、先生が歌ってください」
「いや、あなたも歌ってください」
「そ、それでは」
ということで森安流とデュエットしてしまったのでありました。
あのとき、酔っぱらった森安流が「ぼくちゃんの将棋はね。引き角にされて△2二飛と受けたことはないんです。今日の将棋もそうだったでしょ」と胸を張って言い放ったのを今でもよく覚えています。

—————

二上達也九段、森安秀光九段、中野さんの様子が目に浮かぶようだ。

「引き角にされて△2二飛と受けない」は、引き角からの▲2四歩△同歩▲同角を事前に△2二飛と受けるのではなく、▲2四歩△同歩▲同角とされてから△2二飛と回る、という意味。

—————

深浦康市七段(当時)にとっての、将棋の世界に入らなければ会えなかったタイプの人」への中野さんからのコメント。

森下流が割り箸を紙切れ一枚で割ろうとしたのも、電話帳をふんぬとばかり腕力で裂こうとしたのも、両方とも私めも食っています。
割り箸のときは、おそらく振り下ろす瞬間に指を素早く一本立てて、それで割るんだろうと思ったところ、本当にマジで紙で割ろうとしているのを知って驚愕しました。
確か一度、電話帳ではなく少年ジャンプだったかと思いますが、見事にまっぷたつにしちゃったのを見せてもらいました。
それまでは森下流はちょっと線が細いかなという感じを持っていましたが、なかなかどうして大したやっちゃと思い直したものです。

—————

増田康宏四段もやられたかどうかは興味深いところ。

 

 

先崎学五段(当時)「え、そんな声出してませんよ。だってテレビじゃないですか」

今年の5月29日に亡くなられた元・近代将棋編集長で将棋ペンクラブ幹事の中野隆義さんから、このブログのコメント欄に寄せられた数々の棋士のエピソードより。

—————

羽生善治五冠(当時)が語る、各トップ棋士の印象」についてのコメント。

〔羽生善治五冠(当時)が先崎学五段(当時)の印象を、「イメージは派手ですが、意外にアベレージヒッターだったりする。形にもこだわる。思いきりのいいところが長所)」と語っていたことに対して〕

私めも、ホントにそう思います。
常人とは思えない言動に惑わされがちですが、先ちゃんの本質は違うところにあるのです。と、彼とマージャンを何度か打っているうちに、そう思うようになりました。
きっと、先崎流は自分のそういうところがバレるのがイヤというか照れくさくて、わざとふさげていたのでありましょう。
思い切りのよいところといえば、先崎流がNHK杯戦で優勝したとき、私めは収録現場に居合わせておりまして、大敵南芳一流に対した先崎流は中盤の勝負どころで「はあーーーあああっ」という腹の底から搾り出すような気合もろとも、ひと目そんなムチャなと思える飛車切を慣行したのでした。局後「飛車切ったときの掛け声は凄かったですね」と言いましたら。「え、そんな声出してませんよ。だってテレビじゃないですか」と返され、凄いのは声じゃなくて、その思い切りと集中力だったのかと感心したことがありました。

—————

将棋会館で行われる対局をマラソンとすると、持ち時間の短いNHK杯戦は100m競争。

短時間ではあるが対局中ずっと深く集中しているわけで、ほとんどの棋士は、言葉を発していたとしても、どのような表情をしていたとしても、全ては無意識の中。

私もNHK杯戦の観戦で、はじめの頃は「終盤、上を見上げて非常に厳しい表情をされていましたが、あの時の形勢判断は?」のような質問をしていたことがあったが、そもそも対局中の棋士は盤上以外のことは何も覚えていないということを二度目で知り(二例とも全く覚えていないということだった)、それ以来、対局中の表情や発せられた言葉についての質問はしないようになった。

表情と形勢が連動しないところが将棋の難しいところだ。