「棋士のエピソード」カテゴリーアーカイブ

谷川浩司名人(当時)「みんな”先輩を立てる”とか何とか言っておきながら、ひどいですよねェ」

近代将棋1990年3月号、池崎和記さんの「福島村日記」より。

某月某日

 ところで、わが関西にも最近婚約した棋士がいる。神崎四段がその人。フィアンセは御坊市の久美子さん。こちらは久美子さんが和歌山駅前で通りすがりの神崎四段に道をたずねたのがきっかけ―と、最近本人から聞いた。

某月某日

 周囲に気づかれないように、こっそり女性と交際し、ある日突然、婚約発表。「最近こんなパターンが増えてきましたね。浦野さんのときもそうだったし」と谷川名人に声をかけたら、「みんな”先輩を立てる”とか何とか言っておきながら、ひどいですよねェ」という返事が返ってきた。

某月某日

 昼すぎ、谷川名人が来宅。夕方からフェスティバルホールで「新春歌の祭典」というビッグイベントがあり、それに出演するという。「いまリハーサルを済ませてきたところです。突然おじゃましてすみません」と名人。本番まで3~4時間もあるのでコーヒータイムというわけ。谷村新司の「Far away」を歌うらしい。私は応援に行きたいが、あいにく先約(創棋会新年宴会)がある。で、ミーハーの妻が代わりに行くことになった。6時から宴会。吉田健さん、岡田敏さん、若島正さんetc。森五段と浦野六段もいる。どこを見渡しても詰棋界で高名な人たちばかりだ。文学であれ音楽であれ、すぐれた作品を産み出すには並外れた想像力が要る。この点は詰将棋も同じ。でもこの世界は不思議なことに、どんな名作を発表しても、それに見合った対価(原稿料)が支払われたことがない。この不幸な状況はいつまで続くのか―と彼らを見ていて私は思う。

某月某日

 谷川名人と一緒に彦根へ王将戦第1局(2日目)を見に行く。対局室に入ると米長九段が名人に「まさか棋王戦のほうを見に行こうとしてるんじゃないでしょうね」。近く棋王戦五番勝負を控えている南王将はニヤニヤ。先の竜王戦で谷川さんは「羽生将棋を勉強させてもらう」と、何度も対局場へ足を運んだ。米長九段にすれば、その名人が自分の王将戦には顔を出さないということになればプライドを傷つけられるわけだ。「はあ…」と谷川さんは苦笑い。将棋は米長九段の完勝だった。打ち上げの後、私は九段の部屋へ行って現在の心境や今後の抱負などを聞く。深夜の娯楽室はマージャンあり、酒ありと大層にぎやか。何とプロ同士の将棋もあり、桐山・長沼戦に続いて桐山・米長のビッグ対決が始まったのには驚いた。「A級順位戦が始まったよ」と名人。当人は私が貸したゲームボーイでテトリスに夢中。南王将の姿は見えない。もう眠っただろうか。

* * * * *

将棋世界1990年3月号グラビアより。撮影は弦巻勝さん。

* * * * *

「周囲に気づかれないように、こっそり女性と交際し、ある日突然、婚約発表」

普通はこの方が一般的だと思うのだけれども、どうなのだろう。

* * * * *

「こちらは久美子さんが和歌山駅前で通りすがりの神崎四段に道をたずねたのがきっかけ―と、最近本人から聞いた」

このパターンから結婚に持ち込むのは、かなり難易度が高い。運命的な出会い、生まれた時から赤い糸で結ばれていたのだと言えるだろう。

* * * * *

「みんな”先輩を立てる”とか何とか言っておきながら、ひどいですよねェ」

この時代のこの年代だけのことかもしれないが、結婚でも先を越されたくないという勝負師気質が表れている。

島朗七段(当時)と中村修七段(当時)との間で「先に結婚するほうが年齢✕1万円を払う」という契約が締結されていたが、先に結婚を決めた島七段から突然27万円を受け取った中村七段は、それからしばらくの間、ショックを引きずっていたという。

普通なら27万円をもらった方が嬉しいのに、そうではないところがやはり勝負師。

谷川浩司名人(当時)2.1倍、羽生善治竜王(当時)51倍

* * * * *

「どんな名作を発表しても、それに見合った対価(原稿料)が支払われたことがない。この不幸な状況はいつまで続くのか―と彼らを見ていて私は思う」

これは難しい問題だ。クラウドファンディングのようなものを利用して、詰将棋の賞の賞金を劇的に上げるということも考えられるが、それが現実に合っているのかどうかはわからない。

* * * * *

「当人は私が貸したゲームボーイでテトリスに夢中」

桐山清澄九段-米長邦雄九段戦が行われている横での谷川浩司名人(当時)のテトリス、という娯楽室のたまらない光景。

谷川浩司名人(当時)「シロウトさんをいじめて、どないしまんのや」

近代将棋1990年2月号、池崎和記さんの「福島村日記」より。

某月某日

 夜、関西将棋会館へ。C級2組の順位戦日だ。私は観戦記者になってから、取材のあるなしにかかわらず、順位戦は必ず見るようにしているが、この日は急用ができたため連盟へ行くのが遅くなってしまった。

 控え室をのぞくと東西のC2棋士が数名。もう何局か終わったようだ。その中の一人、神吉五段が「さあさあ、将棋を指しましょう」と私に言う。

 エライ人につかまった。用心棒カンキは順位戦で負けるとサド伯爵になる。つまりその、アマチュアの私(棋力は三段程度)をつかまえ、10秒将棋でトコトンいじめる悪いクセがあるのだ。かつて谷川名人に「シロウトさんをいじめて、どないしまんのや」と関西弁でたしなめられたこともあるほどだ。

 神吉・池崎戦は指し込み制で、二枚落ちからスタートする。私が勝てば次は飛車落ち、負ければ四枚落ちというわけだが、私が初戦で勝つことはまずない。それでも今までは四枚落ちで止まっていたのに、この日はなんと六枚落ち(!)まで指し込まれてしまった。

「10秒将棋ですからね」という村山五段のなぐさめの言葉も、頭に血の上っている私には「このアホタレが!」としか聞こえない。

 さすがに六枚落ちには勝ったが、もう一度四枚落ちをやっても勝てる自信はないので「きょうは、このへんで勘弁してください」と嘆願。しかしサド神吉は離してくれない。そこで「僕は囲碁将棋ウィークリーの大ファンです。毎週衛星放送を見てるんですよ」と言うと「わかりました。わかりました」とサド。やっと地獄から解放されたと思いきや、そうではなかった。敵は何と「それなら平手でやりましょう」と来たのである。「これなら負けても悔しくないでしょ?」。うっ、急所を突いてきた。もともとタダで教えてもらっているのだから文句は言えない。このあと何番、平手を指したかわからない。もちろん私が全敗。

 そばで浦野六段と小倉四段がニヤニヤ笑いながら見ている(ほんまに将棋界はサドの集団だ)。フラフラの頭で対局室に入ると森・大野戦が終わったところだった。

某月某日

 鈴木宏彦さんから電話があり「モノポリーをしませんか」と言う。取材で大阪に来ているらしい。「谷川名人と神吉さんがいます。先崎さんも。来るでしょう?」

 私は旅行から帰ったばかりでちょっと疲れていたが、カンキさん、と聞いてムラムラと闘志がわいてきた。この間、将棋でひどい目にあった(カタキを討たねば……。モノポリーなら何とかなるやろ。喜び勇んで行くと、神吉さんは用事があるとかで(何てこった)、代わりに井上五段が参加。

 関西勢は全員ビギナーなので先崎さんの圧勝かと思われたが、なぜか私が優勝(これで私のモノポリー戦績は過去3戦して優勝2回)。勝ってもあまりうれしくない。以前、谷川さんから「モノポリーは人間性の出るゲームです。性格のいい人は勝てません」と聞いたことがあるからだ。この説は正しいのだろうか。今度、島さんに会ったらよく聞いてみよう。

近代将棋同じ号グラビアより。撮影は弦巻勝さん。

* * * * *

池崎和記さんが、いかに関西の棋士に愛されていたかがわかる。

村山聖五段(当時)の「10秒将棋ですからね」も、なかなかいい味を出している。

* * * * *

「僕は囲碁将棋ウィークリーの大ファンです。毎週衛星放送を見てるんですよ」

この頃、神吉宏充五段(当時)が司会の「囲碁将棋ウィークリー」がNHK BSで始まったばかり。

* * * * *

神吉宏充七段は駒落ちの下手殺しで有名だ。

池崎さんが六枚落ちを勝てたのも、かなり凄いことだと思う。

「未熟者めが」

* * * * *

「シロウトさんをいじめて、どないしまんのや」

絶妙な言葉。

谷川浩司九段の関西弁はなかなか聞く機会がない。

棋士室、あるいは飲みに行ったときにしか聞けないのかもしれないが、ぜひ大盤解説などでも聞かせてほしいものだ。

森内俊之四段(当時)の奨励会マラソン大会

将棋世界1990年2月号、「将棋連盟ニュース」より。

奨励会マラソン大会

 12月17日(日)、奨励会マラソン大会が、神宮外苑にて行われた。参加者は棋士、記者関係と、紅一点・NHKのアシスタントギャル小田切紀子さんを含めた27名。

 距離は5.5kmでハンデ戦。優勝賞金2万円が出るとあって、スタート前はイレ込む奨励会員もチラホラいた。

 結果は、森内四段が、22分のタイムで優勝。2位は、優勝候補だった小林宏五段。森内四段との3分ハンデが大きかったか。3位は豊川三段。27名中25名が完走。天気もよく、さわやかな汗をかいた一日だった。

将棋世界同じ号より。

* * * * *

2位の小林宏五段(当時)は、本格的な登山家かつアスリート。記録は19分50秒だったので3分ハンデなら22分50秒。ほんの1分以内の差だったことになる。

将棋マガジンにもこのマラソン大会の記事が載っているが、面白いほど情報が重なっていない。逆に言えば、両方読むとこのマラソン大会の全てがわかる。

1989年の奨励会マラソン大会(将棋マガジン)

* * * * *

森内俊之四段(当時)が優勝した約1ヵ月後の1月12日、森内四段は千駄ヶ谷から横浜の自宅まで、5時間走り続けることになる。

森内俊之四段(当時)「ひどかったす。死にました。もう投げます」

* * * * *

この4年後の奨励会マラソン大会、優勝の本命だった森内六段(当時)だったが……

森内俊之六段(当時)「すまんすまん」

「羽生君が坊主になったよ」

将棋世界1989年8月号、青島たつひこ(鈴木宏彦)さんの「駒ゴマスクランブル」より。

「羽生君が坊主になったよ」「一体どうしちゃったんだろう」「失恋でもしたんじゃないの」

 そんな噂を6月の初めから聞いていたのだが、肝心の羽生になかなか会えないでいた。カメラを片手に執念深く待ち続けること2週間、ようやくにしてその羽生に会えたのがこの日(6月18日)。

 午後3時。B級2組順位戦の行われているこの日の将棋連盟に、その青年は現れた。

「おおっ、羽生君、その頭一体どうしたの?」

 あちこちから声が掛かるが、羽生の返事は「何でもありません」の一点張り。だが、羽生がいくら「何でもない」と言い張っても、既にネタは上がっているのである。

「5月の末に囲碁棋士の小松さん(英樹六段)と、先崎とか、羽生君とか若手の将棋指しが一緒に飲んだんですよ。飲んでいるうちに小松さんが『もうすぐ石田章九段と対戦するけど、絶対に勝つ。もし負けたら坊主になる』といいだした。先崎なんか調子者だから、すぐ『よし、俺も次の対局に負けたら坊主になる』と乗り出して、結局羽生君も『次負けたら坊主』の約束をさせられちゃったんだよね。そしたら羽生君、次の早指し新鋭戦の決勝で森内君に負けちゃった。羽生君は冗談で済ませたかったのかもしれないけど、小松さんが石田さんに負けてほんとに坊主にしちゃったから、羽生君も受けがなくなったんだ」

 将棋連盟囲碁部幹事、大野八一雄五段の証言。

 坊主といっても、写真でご覧のように羽生の頭は「半坊主」くらいのものだが、実は、この「半坊主カット」が最近将棋連盟ではなぜか横行しているのである。話をしてくれた当の大野五段だってそうだし、中村修七段、森内四段も最近半坊主カットにしたばかり。その理由?当然失恋のためではないでしょう。

(以下略)

将棋世界同じ号(1989年8月号)掲載の写真。

将棋世界1989年10月号グラビア、大宮そごう将棋まつりでの羽生善治五段と屋敷伸之四段の席上対局。

* * * * *

「そしたら羽生君、次の早指し新鋭戦の決勝で森内君に負けちゃった」

それが、昨日の記事の対局。

対局日が1989年5月27日だったので、敗れてから1週間以内に髪を切ったのだと考えられる。

羽生善治五段(当時)にとってみれば、空から降ってきた隕石が頭に当たるような災難だったと言えるだろう。

* * * * *

「この半坊主カットが最近将棋連盟ではなぜか横行しているのである」

昨日の記事の写真の森内俊之四段(当時)は、たしかに半坊主だった。

関係ない話だが、例えば左側が普通の髪型で右側が完璧な坊主頭だった場合も半坊主と呼ぶのだろうか。

* * * * *

今日の1枚目の写真(6月18日と思われる)と2枚目の写真の「大宮そごう将棋まつり」(8月6日)では、あまり髪型が変わっていない。

夏の間は美容院へ行っても半坊主状態を続けていたに違いない。

すぐに元の髪型に戻すのではなく、半坊主を続けるところが、勝負師らしい意地っ張りの部分だ。

羽生九段は、翌年の夏(1990年)も同じ髪型をしている。

羽生善治竜王(当時)・菊池桃子さん対談

* * * * *

羽生五段の半坊主は、雰囲気やコンセプトはだいぶ異なるが、映画『ブラック・レイン』で松田優作さんが演じたヤクザ「佐藤」の髪型にやや似ている。

『ブラック・レイン』の日本での公開日が1989年10月7日なので、松田優作さんの髪型よりも羽生五段の半坊主のほうが4ヵ月ほど早かったことになる。

 

ブラック・レイン デジタル・リマスター版 ジャパン・スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

 

芹沢博文九段ならではの大人の会話

将棋世界1988年2月号、中野隆義さんの編集後記より。

 酒場にて、隣同士が口論。カッとなった一方が、グラスの中身をバシャリと相手に。流れ弾をしたたかに浴びました。後日。せめてクリーニング代を、との謝罪に、応えていわく。

「それより、今度は狙った相手にちゃんとかかるようによく練習しておいてくれ」

 急逝した芹沢博文九段の、酒にまつわるエピソードの一つです。さらりとした会話のできる男に、小生もなりたいものです。

* * * * *

昔の新宿の酒場では、作家や個性派俳優が一緒に飲んでいると、口論になって喧嘩にまで発展することがしばしばあったという。

この酒場は、新宿二丁目の「あり」である可能性が高い。

常連同士、仲がいいのに酔って口論して、酒をバシャリ。

次に店で会った時、誤射した相手が謝って「せめてクリーニング代を」という展開だったと想像できる。

* * * * *

「それより、今度は狙った相手にちゃんとかかるようによく練習しておいてくれ」

このような気の利いたことが言えるようになりたいものだが、誤射された場合限定なので、なかなか機会は少ないと思う。

芹沢九段が愛した店