「自戦記」カテゴリーアーカイブ

米長邦雄九段「嫌な男の顔を、思い出させてしまうかもしれないね」

将棋世界1989年1月号、谷川浩司名人(当時)の「名人の読みと大局観」より。

「相手はどっちの手を指してほしいんだろう」

 1図の局面を前にしての、米長九段の独り言である。

 矢倉を指さない居飛車党、を未だに続けている私としては、後手番で初手▲7六歩と突かれた時の作戦が難しい。というわけで、よくお世話になるのがこの横歩取りである。

 岐れでは殆ど良くならないが、何故か勝率は良く、62年4月以降、5勝1敗なのである。

 従来は1図での最善手は▲3二飛成とされていたが、最近、特に10代棋士の間で、▲3六飛がよく指されている。

 ▲3六飛以下、△同角▲同歩△2七飛▲3八銀△2五飛成▲7七銀△6二銀▲2七角(A図)と進んだのが、対羽生四段(当時)戦、NHK杯戦だが、これはひどい目に遭った。唯一の敗戦局である。

 ▲3二飛成か▲3六飛か、どちらをお望みか、というのが独り言の意味なのだが、米長九段は、相手の意志をそらすタイプではない。

 というより逆に、相手の得意に敢えて飛び込んで戦うタイプである。

 そんなわけで、米長九段と戦う時は、こちらの気持ちをはぐらかされてガッカリすることがない。気分良く戦うことができるし、歯車が噛み合って大熱戦になることが多いのである。

 横歩も必ず取ってくれると信じていた。そして、1図から、一度指してみたい形があったのだが―。

(中略)

「嫌な男の顔を、思い出させてしまうかもしれないね」

 再び、独り言である。

 なるほど、▲3六飛と引けば、私が公式戦で2連敗している羽生五段の顔を思い出すわけか。

 だが、その推測は外れていた。

 11分考えられた米長九段の指し手は、▲3二飛成。以下、△同銀▲3八銀△3三銀▲1六歩(2図)まで、ノータイムで進む。

 私が思い出したくない顔というのは、1ヵ月前タイトルを取られてしまった森王位のことだった。

 △3三銀に対しては、▲4五角、▲7七銀、▲6八玉辺りが一般的だったが、▲1六歩というのは、1年半程前に棋王戦で森九段(当時)に指された手なのである。

 森新手。狙いは、いきなり角をいじめることである。

(中略)

 一度指してみたい、と思っていた▲1六歩(2図)に対する、△4四歩▲6五角△3一飛だったが、本局で得られた結論は、私にはややつらいものがあった。

 この変化が先手指しやすい、ということになると、初手▲7六歩に対して△3四歩と突きにくくなるのである。

 感想戦終了後、見ていた弟弟子の井上慶太五段に、

「今までこの戦法で稼いできたのだから、良いではないですか」

 と慰められたが―。

 後手に新対策はあるのか、それとも、矢倉を勉強し直すしかないのか。

* * * * *

▲3二飛成と▲3六飛、どちらにしても谷川浩司名人(当時)にとっては「嫌な男の顔」を思い出す手になるのだから凄い。

「嫌な男の顔を、思い出させてしまうかもしれないね」は、絶妙な独り言だと思う。

* * * * *

全く慰めになっていない、井上慶太五段(当時)の「今までこの戦法で稼いできたのだから、良いではないですか」が、とても可笑しい。

 

谷川浩司王位(当時)「いよいよ世代交代、という雰囲気だが、どうも私にはそう簡単に進むとは思えない。まだ一波乱あるような気がするのである」

将棋世界1988年3月号、谷川浩司王位(当時)の第13期棋王戦勝者組決勝〔対 中原誠名人〕自戦記「一歩が明暗を分ける」より。

 南八段が棋聖のタイトルを獲得し、遂に、7つのうちの6つまでが20代、残るは名人だけになってしまった。

 いよいよ世代交代、という雰囲気だが、どうも私にはそう簡単に進むとは思えない。まだ一波乱あるような気がするのである。

 もっとも、他の20代タイトルホルダーが、先輩棋士に五分以上の成績を挙げているのに対して、私だけは、中原名人に12勝20敗、米長九段に12勝21敗、と大きく負け越している。

 だから、南棋聖、塚田王座、中村王将、高橋十段らとは思いが違うのかもしれない。

 名人挑戦者として、世代交代を完了させるべき立場の私が、こんな弱気な事を言っているのも妙だが、私達も15年経てば40歳。他人事ではないのである。

(中略)

 中原名人とは、昨年3月以来実に10ヵ月ぶりの対局である。

 だが、全日プロの準決勝でも当たっているし、名人戦の七番勝負もある。今年はかなり対戦がありそうである。

 また、棋王のタイトル保持者が高橋十段、全日プロでも、向こうのブロックに高橋十段の名前がある。実際に棋王戦と全日プロで対戦できるかどうかは別にして、今年も数多く顔が合うと思う。

 同じ20代タイトルホルダーでも、他の南棋聖、塚田王座、中村王将とは、まだ大舞台で対局するような予感がない。やはり、それだけ高橋十段が活躍している証拠であろう。

(中略)

 先月号の対島六段戦と似た戦型になって申し訳ない。だが、不思議な事に私は、寒い時期になると角換わり腰掛け銀を指したくなるのである。

(以下略)

* * * * *

将棋世界1988年4月号、福本和生さんの「検証・素顔の棋士達 谷川浩司王位の巻」より。

 現在の将棋界は若手の時代といわれている。タイトル保持者が高橋道雄棋王・十段(27歳)、谷川王位(25歳)、中村修王将(25歳)、南芳一棋聖(24歳)、塚田泰明王座(23歳)と、7つの公式タイトルのうち6つまでを20代棋士が獲得している。かつてないことである。

 そして羽生善治四段ら10代の俊秀がひしめいて、20代のタイトル保持者に迫ろうとしている。

 天才集団といわれる将棋界に、よくぞこれだけの若い優秀な頭脳の持ち主が集中的に集まったものだ。

 時代の覇者がいて、それを追う数人のライバルがいる、というのがこれまでの将棋界の構図であった。それが。みごとに突き崩されて一気に20代棋士の5強時代となった。そのすぐ後ろに10代の精鋭がひしめいているというのだから、いまの将棋界はすさまじい時代といえる。

 異論があるかもしれないが、わたしはこれだけの将棋の超エリート集団が誕生したのは、天才少年である谷川の登場が強い刺激となって、優れたこどもたちが続々と棋士を目指したためとみている。

 谷川の輝かしい棋歴については改めて述べるまでもあるまい。昭和48年2月、11歳で関西奨励会に入り、14歳で四段という加藤一二三九段と並ぶ記録。四段で1年間足ぶみしたためにA級八段になったのは19歳。加藤の18歳八段には及ばなかったが、19歳八段も容易には破られない記録である。そして史上最年少の名人位獲得である。そのまま”谷川時代”を一直線と思われていたが…。

(以下略)

* * * * *

「遂に、7つのうちの6つまでが20代、残るは名人だけになってしまった」

この頃、

中原誠名人
谷川浩司王位・棋王
高橋道雄十段
南芳一棋聖
塚田泰明王座
中村修王将

の時代。

「いよいよ世代交代、という雰囲気だが、どうも私にはそう簡単に進むとは思えない。まだ一波乱あるような気がするのである」

この直後、40代の森雞二王位、30代の田中寅彦棋聖が誕生し、その後は中原誠名人、米長邦雄九段の逆襲があり、そうこうしているうちに、羽生善治竜王の誕生、羽生世代の棋士の猛烈な台頭があり、羽生七冠誕生という歴史の流れになる。

谷川浩司王位・棋王(当時)の予言が、谷川二冠の想像とは違う形で当たってしまったということになる。

 

矢倉を好きになれるかなれないかのリトマス試験紙のような自戦記

将棋世界1975年2月号、米長邦雄八段(当時)の棋聖戦自戦記〔対 中原誠名人〕「棋聖位挑戦権を賭けて」より。

 私は、残念ながらコーヒーの味というものがわからない。インスタントとひきたての味が区別できないのである。

 日本酒も同様で、特級酒と二級酒の違いが全然できない。

 子供の頃は、まぐろの刺身というのは、鯛やイカに比べてしか違いがわからなかった。

 最近は、ピンからキリまで、味も値段も違うのがわかってきた。

 さて、1図を見ていただきましょう。

 この局面が、これから述べる対中原戦の一場面。これをマグロの切り身とするなら、二人が、ずいぶん食べてきた局面である。

 昨年中でも、新春の王将戦、夏の王位戦、秋の十段リーグ等々、苦い思い出やら、会心の一局やら、枚挙にいとまがないくらいだ。

 形は全く同じでも、中身が違っている。

 二人が初めてタイトル戦で会った、昨年の王将戦の時は、私は、この局面で作戦勝ちしたと思ったほどだった。

 実際、その通りの運びとなった。

 ところが、半年ほどして、王位戦で会った時、私の自惚れはケシ飛んでしまった。

 簡単に触れると、王将戦の時は、1図で△1四歩と受けてきた。そして、私の作戦勝ちになったのだが、王位戦の時は、△1四歩でなく、△9四歩と突いてきたのである。

 もっとも、その将棋は、私のだらしない将棋だったが、私の作戦負けだったのは確かである。

 その後、数局を経て、この将棋、この局面となった。

 1図では△9四歩、△1四歩、△4三金右、△6四角、△8五歩などが予想されるところだ。

 私の予想した本命は、△9四歩であって、当然そうなると思っていた。それには対策があった。

 しかるに、△1四歩とすなおに受けてこられた。

 その瞬間、私はなぜかしら妙な殺気を感じた。実に不思議な気がする。

 それで、次の▲6七金右に、実に44分も考えてしまったのである。

 そして、数手進んで2図。

 私が▲1七香と上がったところだが、今度は中原さんが50分考えて△7三銀と上がった。

 この局面から、全く新しい方向へ動き出すのだが、1図から2図の辺りが、実に微妙だったのである。

 しかし、この辺の本当のところは、男女のセックス同様、二人だけにしかわからないのだと思う。

 全く不甲斐ない話だが、1図も、2図も、どちらが作戦勝ちになるのか、どの手が最善なのかわからないまま、またこの一局が終ってしまう。

 ただ、王将戦での確信、王位戦での失敗、それらを一歩進めて”またわからなくなってしまった”というだけ、強くなっているのかもしれない。

 どうか、読者も、この”違い”だけは理解しようとしていただきたい。

(以下略)

* * * * *

「しかるに、△1四歩とすなおに受けてこられた。その瞬間、私はなぜかしら妙な殺気を感じた」

①王将戦で中原名人が△1四歩として中原名人作戦負け

②王位戦で中原名人が△9四歩として中原名人作戦勝ち

③棋聖戦で中原名人が△1四歩

という時系列なので、あえて△9四歩に安住せずに△1四歩としてきた中原名人に殺気を感じた、ということになる。

* * * * *

「1図から2図の辺りが、実に微妙だったのである」

1図から2図に至る手順は、△1四歩▲6七金右△8五歩▲3七銀△4三金右▲2五歩△6四角▲1七香(2図)

実に微妙と言われても、この微妙さを理解するのは至難の業だろう。

「しかし、この辺の本当のところは、男女のセックス同様、二人だけにしかわからないのだと思う」とも書かれている。

このわかりづらさが、後年の「矢倉は将棋の純文学」という言葉に通じるのだと思う。

米長邦雄二冠(当時)が「矢倉は将棋の純文学である」の真意を語る

 

佐藤康光四段(当時)「ついに来たか、という感じで角落ち戦の依頼が編集部より来ました。本当の所やりたくありませんでした」

将棋世界1987年10月号、佐藤康光四段(当時)の「A級VS新鋭四段・角落戦自戦記〔対 内藤國雄九段〕「落ち着いて指せた一局」より。

将棋世界同じ号のグラビアより。

 ついに来たか、という感じで角落ち戦の依頼が編集部より来ました。本当の所やりたくありませんでした。理由はいろいろありますが、

  1. 角落ち戦の下手はアマチュア時代以来指していない。
  2. 負けた時は、良い試練になるかもしれないが、それ以上に精神的ダメージが大きいと考える。
  3. 今、ちょうど同じ将棋世界誌で羽生四段がタイトル保持者をビシビシ負かしている。

 などです。

 しかし、流れに流され易い?性格が災いして、引き受けてしまいました。

 引き受けたからには全力を尽くそうと思い、大阪に向かいましたが、この日はなぜか体調が悪く、この日の前に旅行に行っていたので旅行ボケもしていないかという不安もあり、最悪といっても良い状態でこの対局に臨むことになってしまいました。

(中略)

 僕は奨励会時代から、振り飛車をほとんど指したことがありません。だから、角落ち戦も、平手と同じように居飛車で指すつもりでした。早めに△8五歩と突かれたので、振り飛車もちらっと考えましたが、不安なのでやめました。

 今月までのこの角落ち戦の下手の戦型は、矢倉が5局、振り飛車が3局、急戦矢倉が1局、と矢倉が多いようです。

 僕も、矢倉にしましたが、ただ本局の内藤九段の陣形は、攻撃を重視した積極的な形なので、下手が受けの展開になりそうだと思っていました。

(中略)

 最後▲3一金で内藤先生は「ちょうどか」と言って投了されました。

 本局は、中盤で負けにしたかな、と思ったことが何度もありました。

 しかし、悪いと思っていた所でも、後になって考えてみると、そんなに悪くないようです。

 やはり、角落ちというハンディは僕の想像以上に大きいようです。

 ただ、内容的に受け身になったことと、万全の体調で臨めなかったのが、今残念に思っていることです。

 でも、その分落ち着いて指せました。

 とにかく、今は勝ててホッとしています。

* * * * *

将棋世界1987年10月号、内藤國雄九段のA級棋士VS新鋭四段角落戦に寄せて「時代に逆行する企画」より。

 この企画がでたときにまず最初に感じたのは、時代に逆行するというか、無理だなということ。

 新進四段の実力向上がいわれている時代に角落ちというのはどうもね。果たして上手が内容も大差で負かされているでしょう。極端な言い方をすれば、上手と下手を逆にしてもこうは見事に勝てないという将棋もあったのでは。

 私の場合は、負かされるとは思ったが、まったく自信がなかった訳ではなく、矛盾するようだが大駒一枚の棋力の開きがあっても、平手で指して強いほうが負ける、というのが結構あるのが将棋であり、だから一枚落としてもこちらがていねいに指し、相手に少しの油断があれば上手が勝つこともありうると考えていた。

(中略)

 佐藤君とは初めて対戦したんだけれどもバランスがとれていて、反撃に転じるタイミングにうまさがあり、評判通りの強さだったね。

 将来の名人候補にあげられるだけのことはあると思った。

将棋世界同じ号のグラビアより。

* * * * *

「A級VS新鋭四段・角落戦」は将棋世界1987年1月号から、「新人賞・羽生、タイトルホルダーに挑戦」は将棋世界1987年6月号から始まった企画。

羽生善治四段(当時)と同じ新鋭四段でありながら、A級棋士と角落ち下手で戦わなければならない佐藤康光四段(当時)の気持ちはとてもよくわかる。

新卒で第一志望の会社に入社できたのに、ライバルの羽生社員は仕事で早々に米国出張、かたや自分は新入社員振り返り研修で会社の研修施設にいる、というような雰囲気か。

そのような状況でも、あるいはそのような状況だからこそ、全力を尽くす佐藤社員。

* * * * *

「この企画がでたときにまず最初に感じたのは、時代に逆行するというか、無理だなということ。新進四段の実力向上がいわれている時代に角落ちというのはどうもね」「極端な言い方をすれば、上手と下手を逆にしてもこうは見事に勝てないという将棋もあったのでは」という内藤國雄九段だが、「平手で指して強いほうが負ける、というのが結構あるのが将棋であり、だから一枚落としてもこちらがていねいに指し、相手に少しの油断があれば上手が勝つこともありうると考えていた」は、さすが勝負師の真骨頂。

 

村山聖四段(当時)「オッまだ残っていたか、顔がニヤけてきて押さえるのに大変でした」

将棋世界1987年4月号、村山聖四段(当時)のA級VS新鋭四段・角落戦自戦記〔対 谷川浩司棋王〕「絶対勝たなくては」より。

将棋世界同じ号のグラビアより。

 対局3週間前、某六段との会話

村山「谷川先生は温厚な方だから、緩めて下さるだろう」

某六段「いや、谷川さんは鬼や、メチャクチャ勝負に辛い」

村山「嘘、谷川先生は物静かでおだやかな人ですよ」

某六段「ちがう、ちがう。大体そんなおとなしい人間が名人取る訳ないだろう」

村山「そうだったのか」

 対局1週間前A四段との会話

村山「今度谷川先生に角落ちで教えてもらうんや、勝てるかなあ」

A四段「ビッシと負けるれェー。君が谷川先生に勝てる訳ないだろ」

村山「なんぼ僕が弱いゆうても勝つ確率60%はあるだろう」

A四段「そんな事は無い。勝つ確率は全くない。おたくは角落ちで負ける運命に決まっとる」

村山「ヒドイなあ」

 有り難い先輩方を持ったものだ。

 その他、色々な人から(将棋関係)必ず負けるよ。負けた方が面白い。などと言われました。

 しかしこの一局に負けると10年、20年も、村山は角で負けたと言われるのが目に見えています。

 公式戦ではないですが、奨励会以来初めて、絶対勝たなくてはならない将棋です。

中飛車

 作戦は決まっていました。2月号の安西先生の様に6筋に位を取って指すつもりでした。

 6筋に位を取って6六まで銀を進めた局面は平手の感覚で考えると下手必勝です。なぜかというと上手の駒組みを制約し、しかも唯一の弱点、角頭を守っているからです。

 本局は谷川先生が△6四歩を早く突かれたので作戦変更で中飛車にしました。

(中略)

1図以下の指し手
△8四歩▲4八玉△7四歩▲3八玉△6二金▲2八玉△7三金▲7七角△9四歩▲9六歩△4二銀(2図)

気合

 取りあえず、玉の安全をと2八まで移動しましたが、今、冷静に見ると早めに▲5五歩と位を取り左銀でガッチリ確保して、それから玉を囲う方が良かった気がします。

 ▲7七角も△8五歩の時に指せばいいのだから、▲6八銀と上がるべきでした。

 谷川先生の△9四歩は早い感じですが、後に△9五歩と伸ばされるのもシャクだと思い▲9六歩と受けました。

2図以下の指し手
▲5五歩△6五歩▲6八銀△6四金▲5七銀△7五歩▲同歩△同金▲5六銀△6二玉(3図)

ジャブ

 ▲5五歩は危険な一手で、▲6六歩と突けば定跡通りです。

 しかし▲5五歩と位を取っておけば、後の駒組みには困りません。

 上手は△6五歩と戦いを求めてきました。

 僕の左銀の活用が遅いのでチャンスとみたのでしょう。

 僕はあわてて▲6八銀から▲5六銀と左銀を繰り出しました。

 最終手△6二玉は意表の一手、しかし指されてみると嫌な手でした。入玉含みの構想です。

3図以下の指し手
▲5九角△7二飛▲4八角△7六歩▲7八飛△5二金▲6八金△8五歩(4図)

準備

 3図で▲5九角と引きましたが、▲6八角と引き▲4六角の含みを持たせた方が得でした。

 ▲7八飛では▲4五銀と中央突破を目指す事も考えましたが、△4四歩と突かれ▲同銀△7四飛で、うまくいきません。

 谷川先生の△5二金に▲6八金と、金を上がりました。

 この手は次に▲7七歩△同歩成▲同金△7六歩▲8六金と、金をぶつける順があります。

 それを受けて△8五歩です。

 4図以下▲3八銀△6四銀と駒組みをすれば、A図が想定され、下手はとても勝ちにくい将棋になります。

 上手の7六歩が脅威の存在になってくる前に戦いを起こす一手。

4図以下の指し手
▲7七歩△8六歩▲同歩△同金▲8八飛△8二飛▲7六歩△8七歩▲7八飛△6四銀▲3八銀△6三金(5図)

決戦

 ▲7七歩に△8六歩は意外でした。

 △同歩成を予想し、桂で取るつもりでした。以下△6六歩▲6五桂△7六歩に▲6六角△同金▲同歩と指し、△8九角には▲6七銀(B図)と引いて優勢という読み筋です。

 他にも下手の指し方はあるかもしれませんが、僕はこう指すつもりでした。

 △8六歩以下、▲8八飛までは必然です。ここで△8五歩なら▲6五銀と出て△7七歩成に▲同金△同金▲8五飛で優勢です。△8七歩は▲7八飛で、次の攻めがありません。

 ▲7六歩で次に▲8三歩があるので△8七歩は仕方ありません。

 △6四銀に▲3八銀と上がりました。▲2八玉から数えて33手目です。

 ここでは優勢だと思っていました。

5図以下の指し手
▲7七金△同金▲同桂△8八歩成▲8三歩△7二飛▲8八飛△7六飛▲8二歩成△8六歩▲6五銀△7七飛成(6図)

一気

 ▲7七金は一気に勝ちに行った手ですが、▲6六歩と突き△同歩なら▲6五歩△7三銀▲6六角と、ゆっくり指す方が良かったかもしれません。▲6六歩に△8八歩成▲同飛△8七金と飛車を殺すのは▲8三歩△同飛▲8四歩△同飛▲6五歩が決まります。

 本譜は一手間違えば負けという勝負になってしまいました。

 角落ちの差が出たので結果は幸いしましたが、ここはもう少し時間を使って考えるべきでした。

 実は上手玉は薄いし、と金は出来るしと思い、本譜は楽勝と速断してしまったのです。

 ▲6六歩も見えていたのですが、▲7七金の方が勝ちが早いと思い、すぐ指してしまいました。反省すべき点です。

 ▲8三歩に△同飛は▲8四歩△7三飛▲8五桂、あるいは▲8四金△8二飛▲8八飛でも優勢です。

 △8六歩で△7七飛成は▲8三飛成△7三金打▲7二とで勝勢。

 本譜は必然です。

6図以下の指し手
▲6六角△6七竜▲8六飛△6五銀▲6四歩△同金▲8三飛成△6三銀▲8四角△7三歩(7図)

幸運

 楽勝と速断していた理由は▲6六角△6七竜の局面は▲7七金で竜が死ぬ。

 だから▲6六角に△7九竜の一手、以下▲6四銀△同金▲8六飛で勝ち。これが僕のシナリオでした。だが▲7七金には6九の地点に竜を逃げられます。この事実にはビックリしました。

 何故こんな錯覚をしたのだろう、自分が自分で信じられませんでした。

 ▲6六角では▲6四銀△8八竜▲8四角(C図)で勝ちだったのに、何をやってるんだ。

 負けにしたと思いました。バカな奴だとも思いました。

 しかしとりあえず、指さなくてはなりません。

 ▲6四銀は△6六竜で負けなので▲8六飛と出ました。

 しかし、悪運の強いことに、まだ下手が残っている様です。

 ▲8六飛に△8五歩は▲6四銀と銀を取り、△同金は▲8四角△7三合▲6六飛。△8六歩も▲7一銀△5二玉▲6三銀成以下、いずれも勝っています。

 △6五銀で負けだと思っていましたが、▲6四歩とたたき、結構難しい。

 オッまだ残っていたか、顔がニヤけてきて押さえるのに大変でした。

 ▲6四歩は△6六銀▲6三歩成△同玉で足りないと最初読んでいましたが、△6六銀は、▲8三飛成で△7三金に▲7二と△同金▲6三金で寄っています。

 金を取らない▲8三飛成が好手でした。

 ▲6四歩に辛い手ですが△7四銀打と頑張る手は▲8四角△7三歩▲7二金△5二玉▲6三歩成△同玉▲8一と△7二玉▲6四金で寄っています。

 やっている時は△7四銀打と指される手を気にしていましたが、なんとか勝ち切れる様です。

 ▲6四歩が思いのほか厳しかったみたいです。

 △同金と取れば7図まで必然です。

 7図の次の一手で、この将棋は勝ったと思いました。

7図以下の指し手
▲7一と△5四歩▲8一竜△7四金▲4五桂△5二玉▲7二と△5一金▲5三金(投了図)  
 まで、78手で村山の勝ち

辛勝

 ▲7一とを△同玉は▲7三角成△同桂▲同竜△7二歩▲8三桂△6一玉▲6二金で詰みです。

 最終手▲5三金を△同銀は▲5一竜△同玉▲5三桂成以下一手一手です。

 この将棋は棋譜だけ見ると下手の完勝に見えますが、実際は下手見落としだらけで、全然読みの裏付けがありません。

 特に終盤、竜が死んでいるという錯覚はとてもプロとは思えません。

 ツキだけの勝利の様な気がします。それに角落ちの差が大きかったのでしょう。

 とりあえず今は、良かった、良かったと胸をなでおろしています。

 今回は幸いしましたが、谷川先生と10番角落ちを指すと、1番は負ける様な気がします。

 今後、誰が負けようと、その人が弱いのではなく、その人が貧乏くじを引いただけだと思います(モチロン100番やって1局も負けない人もいるでしょう)。

 油断、プレッシャーなどがうまく重なった時、下手が負けるでしょう。

 でも多分、下手が全勝すると思います。

* * * * *

将棋世界1987年4月号、谷川浩司棋王(当時)のA級棋士VS新鋭四段角落戦に寄せて「やはり無理だった」より。

 駒を並べ終えて、「失礼します」と言って角を外す時、予想していた通りの違和感に捉われた。

 角落ち戦第4局。私の相手は村山聖四段である。新四段だが、ここまで公式戦は3戦3勝。その中には、小林八段に勝った星も含まれている。A級八段に勝つ男に、同じA級の私が角を落とせるわけがない、と。

 作戦は特に考えなかった。研究すればする程、絶望的なのは目に見えていたからである。ただ、上手に勝つチャンスがあるとすれば、「それは入玉狙い」だと思った。だから、下手が振り飛車でくれば、6~8筋に金銀を集中させるつもりだった。

 位を取って、それを維持することができるか、それともうまくとがめられて空中分解してしまうか、結果は後者と出たわけだが、これは仕方がない。予定だからである。

 ポイントとなる局面は参考図。ここでは一応私の描いていたような形になっている。

 稽古将棋なら、ここから下手は美濃囲いに組んでくれて、その間に上手も△6四銀~△6三金~△4四歩~4三銀と好形に組めるのだが、やはりそんなに甘くない。

 ▲6八金~▲7七歩が好着想で、7筋が保てなくなってしまった。

 以下はご覧の通り、思う存分に捌かれて完敗である。全然面白くない将棋だった。

 ただし、このような勝ち方は強くないとできない。下手の序盤作戦は、読者の皆さん方にはお勧めできないもので、やはり、位を取らせない指し方が無難だと思う。

 この角落ち戦、指すまでは、1年間続ければ上手が1~2番勝つのでは、と思っていたのだが、完璧に負かされて予想が変わった。

 上手、一番も入らないのではないか。やはり、大駒一枚の差は大きい。

 最後に村山君。君は将棋は強いけど、爪は切っておいた方がいいよ。

* * * * *

「A級VS新鋭四段・角落戦」は、新鋭四段が角落ちでA級棋士と戦う企画で、行われた対局は次の通り。(将棋世界1987年1月号~1987年11月号)

加藤一二三九段-日浦市郎四段
森雞二九段-安西勝一四段
小林健二八段-中田功四段
谷川浩司棋王-村山聖四段
桐山清澄棋聖-長沼洋四段
大山康晴十五世名人-小林宏四段
青野照市八段-中田宏樹四段
南芳一八段-達正光四段
有吉道夫九段-神崎健二四段
内藤國雄九段-佐藤康光四段
中原誠名人-櫛田陽一四段

戦績は新鋭四段陣の10勝1敗だった。(A級棋士では大山十五世名人のみが勝った)

新鋭四段にとっても、(辛さの性質は異なるが)A級棋士にとっても辛い企画。

* * * * *

角落ち戦にしては、非常にダイナミックな下手の駒捌き。とても面白い将棋になっている。

村山聖四段(当時)に見落としがあったとはいっても、当然と言えば当然だが、下手とは思えないような指し方だ。

* * * * *

この頃の関西の六段と四段は次の通り。

○某六段候補
脇謙二六段
児玉孝一六段
東和男六段
坪内利幸六段
木下昇六段
若松政和六段

○A四段候補
井上慶太四段
神吉宏充四段
浦野真彦四段
伊藤博文四段
本間博四段
阿部隆四段
神崎健二四段

某六段が誰かは難しいが、A四段がイニシャル通りならば阿部隆四段(当時)、「ビッシと負けるれェー。君が谷川先生に勝てる訳ないだろ」という言葉から判断すると、谷川浩司九段の弟弟子であり谷川浩司九段に心酔している井上慶太四段という可能性もある。