「自戦記」カテゴリーアーカイブ

「性格は将棋同様温厚かつ真面目で皆に好かれている。しかし、その童顔からは想像もつかないようなオジンクサイ話し方が数少ない欠点の一つか」

近代将棋1984年5月号、脇謙二六段(当時)の第7回若獅子戦自戦記(対井上慶太四段)「プロの厳しさを教えた一局」より。

発端

 その日会館に勉強に来ていた私は、記者室で観戦記者の田辺忠幸さんに会ったので「今日は何ですか」と尋ねると「若獅子戦の有森四段対井上四段戦の観戦です」と答えられた。

 私はその勝者と2回戦で当たることになっていたので、早速見学に行ったが、形勢不明でどちらが勝つのかわからない将棋だった。

 記者室で棋譜を並べていると井上勝ちの知らせが入ったので、観戦の田辺さんに少しサービスしようと思い「2回戦ではプロの厳しさを教えてやる」と井上四段に伝えて下さいと言い残して帰った。

波紋

 しかし、この事が本誌1月号に掲載されると思わぬ波紋を呼んだ。

 まず井上四段の兄弟子の谷川名人から賀状で、今度当たっている十段戦ではプロの厳しさを教えてやると宣言され、宣言通りにふっ飛ばされてしまった。

 また同じ神戸組の淡路八段や西川四段から「脇君は今度井上君にプロの厳しさを教えるそうやな、楽しみにしてるわ」などと言われプレッシャーをかけられてしまった。

 おまけに対局当日の朝に自戦記を依頼されてしまい、これはいよいよ負けられない将棋になったなと思った。

井上四段について

 彼の本局までの成績は25勝13敗で昇降級リーグは5勝3敗とまずまずの好成績である。

 特に1月以降は11勝2敗と素晴らしい充実ぶりで、大器の片鱗を表して来たと言えよう。

 棋風は居飛車の本格派でじっくりした指し方を好む。得意戦法は相矢倉で攻守ともに安定している。

 やや力戦に弱い面もあったが、最近急速に力をつけてきているので心配ないだろう。

 また性格は将棋同様温厚かつ真面目で皆に好かれている。しかし、その童顔からは想像もつかないようなオジンクサイ話し方が数少ない欠点の一つか。

 谷研終了後、谷川名人や神吉四段らに飲みに誘われ、「ワシ帰りますわ」と言いながらも強引に連れて行かれ、「あの先生らと飲むと長いんでかないまへんわ」といつもぼやいている。

(以下略)

* * * * *

「プロの厳しさを教えてやる」

井上慶太四段(当時)を可愛がっている兄弟子の谷川浩司名人(当時)からの年賀状にこう書かれていたら、恐怖以外の何物でもない。

神戸組の棋士の「脇君は今度井上君にプロの厳しさを教えるそうやな、楽しみにしてるわ」も、いかにも、という感じで怖い雰囲気が大いに伝わってくる。

* * * * *

この一局は、宣言通り脇謙二六段(当時)が勝つ。

そして、脇六段は、この年の若獅子戦で優勝を果たす。

サービス精神とはいえ、「プロの厳しさを教えてやる」という言葉が出てくるほどの勢いが、優勝の原動力になったとも考えられる。

* * * * *

「性格は将棋同様温厚かつ真面目で皆に好かれている。しかし、その童顔からは想像もつかないようなオジンクサイ話し方が数少ない欠点の一つか」

この頃、「関西のアイドル」と呼ばれていた井上慶太九段。

井上九段の愛嬌のある関西弁がとても魅力的だが、なるほど、専門的にはオジンクサイ関西弁ということになるのだろうか。

下の写真はほぼ同じ頃の将棋世界1984年5月号に掲載された井上四段の写真。撮影は炬口勝弘さん。

対局中「ヒジから先の力を抜け」という教え

将棋マガジン1986年10月号、米長邦雄十段(当時)の第27期王位戦第3局自戦記「力抜けず三連敗」より。

 7月、8月、この夏場に入って、棋聖は取られる、順位戦の初戦で大山さんにやられる、そしてこの王位戦では連敗と、一番の恋人である勝利の女神にすっかり見放されたような感じがする。焼きもちでもやいているのだろうか。

 福岡に対局で来るのは、随分久しぶりだ。対局の前日、博多のショッパーズダイエーという店で行われた将棋まつりに出演することになっていた。タイトル戦と将棋まつりがタイアップした企画は珍しい試みだが、会場は大変な熱気に包まれていた。こうした企画は全国でどんどんやってもらいたいものだ。

(中略)

 本譜の△6五銀は、あわよくば右翼方面脱出をねらった手だが、▲7三金で万事休す、あとは1回だけ王手をして投了である。

 この対局が行われた「ホテルセントラーザ博多」には、屋外プールがある。1日目の昼休みにこのプールで泳いでいたら、副立会いの田中寅彦先生が和服姿でお見えになって、泳ぎ方のコーチをしてくれた。

 私の泳ぎは25メートルがやっと。対して田中八段は連盟で、一、二を争う水泳の名手で、100メートルを1分10秒台で泳いだことがあるという実力者。その彼に、クロールの手の上げかたは「ヒジから先の力を抜け」とアドバイスされたが、そのアドバイスは私のクロールにではなく、私の将棋に対してしてくれたものではなかったか。その教えさえ守っていれば、あそこで△6五桂と跳ね、あんなに短絡的に攻めたりすることはなかったろう。

 1日目の夜は、タイトル戦では珍しいことだが、担当記者の高林譲司氏や田中八段らと外に出て、河太郎なる店にて、イカの活きづくりを食べた。この店のイカは泳いでいるものをその場で刺し身にしてくれる。博多に来る楽しみの一つは、このイカを食べる

ことにもあるのだ。

 プールで泳ぎ、優雅なイカの泳ぎを見て刺し身を食べたまではよかったが、将棋の方は力が入りっぱなし。不出来であった。

* * * * *

「ヒジから先の力を抜け」

将棋を指している時に具体的にどうすれば良いのか難しいところはあるが、気持ちはとてもわかる。

もう一つ、対局中に実効すると良さそうなのが、勝負所で、目をつむり、大きく息を吸って吐いてから考えること。つまり深呼吸。

先崎学八段(当時)の『将棋の勝率が必ずアップする法』

* * * * *

田中寅彦九段は近年、シニアアマチュア水泳界で好成績をあげ続けている。

昔から連盟で一、二を争う水泳の名手とは知らなかった。

* * * * *

河太郎は福岡市中洲が本店だが佐賀県唐津市に呼子店もあり、呼子店の詳細については弦巻勝さんが書いている。

米長邦雄永世棋聖の鮒寿司

大山康晴十五世名人が指したとは思えないような俗手の好手

近代将棋1983年1月号、大山康晴十五世名人の第8期棋王戦挑戦者決定トーナメント〔対 二上達也九段〕自戦記「将棋は奥が深い」より。

 二上さんの中央位取りに対し、振り飛車側はどう対応するかが大きなポイントである。

1図以下の指し手
▲7五歩△8五歩▲7七角△5四銀▲5八金左△5三銀▲7八飛△9四歩▲9六歩△4四歩▲4六歩△4五歩▲同歩△同銀▲6八角△8四飛▲7六飛(2図)

 私は▲7五歩と7筋の位を取り、二上さんの△8五歩(これを怠ると、▲7八飛から▲7六飛と早く好形に組まれる)に▲7七角と受け、△5四銀に▲5八金左から▲7八飛と転回した。

 これは前に指した連盟杯戦も二上さんの中央位取りだったので、少しはそれと変わった形を指したいという気持ちと、同時に”軽い指し方”を目指したからだ。

 しかし、本質的にいうと、軽い将棋を指したいと思うようなときは、だいたいにおいて不調というか、消極的な気持ちに支配されていることが多い。それで私はできるだけ重い将棋を指す、じっくりした将棋を指すことを心がけているのだが、今回の場合はこのところ勝率が少し落ちているので、意識して軽い指し方に作戦を切り替えてみたのである。

 このまま二上さんに4五歩の位取りを許しては作戦的に押され形になる。私は▲4六歩と対抗したが、二上さんは予定のコースか、△4五歩▲同歩△同銀と4筋の歩を交換した。

 これで4五銀を追うことができないから、二上さんの注文に私がはまったようだが、そうではない。

 こちらとしては二上さんの4五銀が浮き駒の状態のときに戦いになれば、振り飛車側が有利になる、と直感的に判断して△4四歩に▲4六歩と受けたのだ。

(中略)

 私は▲8九飛と引き、二上さんは△8六歩と私の飛先を抑える。ここまでは一本道の手順だが、私に”先”が回ったのが大きい。

4図以下の指し手
▲7三銀△同桂▲同桂成△8四飛▲4四桂△3三玉▲5二桂成△同金▲4六歩△5四銀▲8三金△同飛▲同成桂△7八金▲8一飛△4二角▲7三成桂△8九金▲8五飛成(5図)

 私の▲7三銀が貴重な”先”を生かす俗手の好手。ほとんど決め手に近いといってもいいほどのパンチで、やむをえぬ△同桂に▲同桂成、△8四飛のとき、厳しい▲4四桂の王手金取りが実現した。

 二上さんの△3三玉逃げに▲5二桂成△同金の金桂交換から▲4六歩(敵の△4六桂を消す)で△5四銀と追って▲8三金の飛取り。

 二上さんは△同飛と切り、▲同成桂に△7八金と飛角両取りで反撃に出た。しかし、この局面では私の駒得(飛銀交換)であり、二上陣はバラバラの状態で私の飛打ちの絶好な目標になっている。

 私は▲8一飛と角取りに当て、二上さんの△4二角に、両取り逃げるべからずの格言どおり、▲7三成桂と遊び駒を活用した。これで△8九金と飛を取られても、▲8五飛成と銀を取り返して駒の損得は五分。とすれば、駒の働き、玉の堅さというものに大きな差があるから、もうこの将棋は負けないと思った。

(以下略)

* * * * *

4図からの▲7三銀(途中図)。

縁台将棋をやっているガラの悪いおじさんが勢いだけで指しているような手で、私でさえ指すのがためらわれるような筋が悪そうに見える一手だ。

しかし、これが大山康晴十五世名人の手にかかると必殺手になるというのだから、奥が深い。

▲7三銀を△同桂と取らずに、

  • △8三飛なら▲8四歩△9三飛▲8二銀不成△9二飛▲8三歩成
  • △9二飛なら▲8四銀成

▲7三銀△同桂▲同桂成に△8四飛ではなく、

  • △8一飛なら▲8二歩△7一飛▲7二歩△同金▲8一歩成
  • △9二飛なら▲8三歩

だろうか。

とにかく一気に振り飛車側が有利になる▲7三銀だ。

 

大山康晴十五世名人の振り飛車第一号局

近代将棋1982年2月号、大山康晴十五世名人の連載講座「居飛車か振り飛車か」より。聞き手は前田祐司六段(当時)。

昭和25年1月
▲前名人 塚田正夫
△八段 大山康晴

▲7六歩△3四歩▲2六歩△4四歩▲2五歩△3三角▲4八銀△3二銀▲5六歩△4三銀▲3六歩△2二飛(1図)

大山康晴十五世名人の振り飛車第一号

前田 前回に引き続いて大山先生の将棋です。

大山 この将棋は私としては高段になってからの振り飛車第一号局に当たります。当時は大野さんと松田さんが振り飛車をするくらいで、あとの人はほとんどやりませんでした。私は当時は、矢倉とか腰掛銀とか相掛かりを指していました。

前田 どうして振り飛車を?

大山 大野さんが関東棋士を相手に振り飛車でよく勝っていたことと、私としても矢倉ばかりでは飽きがきて、子供の頃見よう見まねで覚えた振り飛車を指してみよう、くらいの気持ちだったのだと思います。

1図以下の指し手
▲5八金右△6二玉▲4六歩△7二玉▲6八玉△4五歩(2図)

受けと捌きの振り飛車

大山 私の師匠の木見先生も振り飛車を指しますが、木見先生のは全くの受けの振り飛車でした。捌きの振り飛車に変えたのが兄弟子の大野さんでした。私はこの二人から振り飛車の受けも捌きも学んだような気がしています。

前田 △4五歩で開戦ですが。

大山 この開戦は大野さんの影響でしょうね。先手陣はまだ6八玉型なので充分戦えるとみての△4五歩です。▲同歩なら、もちろん△8八角成▲同銀△4六角でおわりです。

2図以下の指し手
▲4七金△4六歩▲同金△8八角成▲同銀△4二飛(3図)

前田 塚田さんは、王手飛車の筋を▲4七金と防ぎました。

大山 先手の金を4六まで引き出して、その金を攻めの目標にして△4二飛となって、振り飛車側は充分の棋勢と思います。この局面(3図)では、先手陣はバラバラの状態で、この陣形をまとめるのは大変に難しいと思います。

3図以下の指し手
▲7七角△3三角▲5五歩△4四銀▲7八玉△4五銀▲同金△同飛▲3七桂△4六飛▲2四歩△4七歩(4図)

金・銀の交換

前田 ▲7八玉は仕方がありませんね。この手で▲3七桂は……。

大山 △4五歩なら▲5六金でうまいのですが、△3五銀と出られ、▲同歩△4六飛でやはり私の飛車があばれ出します。

前田 結局4筋で金と銀が交換され△4六飛となりましたが、▲2四歩で▲4七歩とか▲4七銀の受けはだめでしょうね。

大山 ▲4七歩はプロの感覚としてはない手ですし、▲4七銀打は△7六飛とされ、次に△5五角をみられて先手損です。▲2四歩で考えられる受けは形にとらわれないで▲5八金ですね。ちょっと形がくずれるので指しがたい手ですが力強い一手と思います。

前田 塚田さんは受けていてはだめとヨンで▲2四歩ですが、これはプロの第一感ですね。

大山 そう、後手が△同歩なら、あとで後手の角が動いた時、▲2四飛の走りをみています。私は△4七歩と打ちました。ここで△2七金はないかと思われるアマの方もいると思いますが、以下▲4七歩△2八金▲4六歩となって、打った金が2八で遊ぶので損です。▲2四歩に△同歩は効かされとみて私は△4七歩です。

4図以下の指し手
▲2三歩成△1五角▲1六歩△4八歩成▲1五歩△4七飛成▲3三と(5図)

一手の得

前田 △4七歩に▲5七銀は△3六飛ですか?

大山 そうです。以下▲3八歩なら△2四角で、これで5七の銀に当たるわけです。

前田 △1五角と出たのは手得の意味ですか。

大山 そう、▲2三歩成にすぐ△4八歩成なら▲3三と△4七飛成▲2一飛成(参考図)と先に飛を成られてしまいます。△1五角と出て、ここで角を取らせれば、大山の方が先に飛成ができるわけです。

前田 5図と参考図を見比べるとアマの方にもよくわかりますね。

大山 ちょっとしたことですが、それが一手の手得になるから大きいですね。私の△1五角という一手に対し、塚田さんは▲1六歩と▲1五歩の2手使っているのが原因です。

5図以下の指し手
△5六金▲7九銀△6七竜▲8八玉△6九竜▲7八銀打△5八と▲6九銀△同と▲2二飛打△5二銀(6図)

玉の逃げ

前田 △5六金に対し、先手は適当な受けがないんですね。▲6八銀と打っても△5八銀でだめですし……。

大山 ▲7九銀は6九の金を犠牲にしても玉を8八に移して粘ろうとしたものと思います。

前田 ▲2二飛打は、合駒で駒を使わせようとしたのでしょうか。

大山 私も△5二銀とがっちり受けましたが、これは、あとで駒の補充がきくと思ったからです。△5二銀で△5二金左などとやると▲4三とでうるさいことになります。なお塚田さんの▲2二飛打で▲2一飛成は、2八飛の横ぎきがなくなるので△7九ととされて負けになります。

6図以下の指し手
▲7八銀△7九銀▲9八玉△6八と▲同飛△8八金▲同角△6八銀成▲6九金△同成銀▲同銀△3一金(7図)

出た、大山流

前田 後手側がかなり駒得をしてから△3一金と寄ったのは一寸気がつかない手順ですがこの辺は現在の棋風とあまり違わないような感じですが。

大山 たしかに△3一金などは今の私でもやりそうな一手です。塚田さんも△6八とに▲同飛ととり、さらに▲6九金と粘りましたが、この局面(7図)では、えーと、大山の金2枚と角の二枚替えで駒得です。ここではやや大勢決すの感じがあります。

前田 先手の玉型と後手の玉型の差がそのまま優劣につながっている感じですね。

7図以下の指し手
▲2三飛成△4九飛▲7八銀打△6七金▲4五角△7八金▲同銀△6八金▲4三と△4五飛成▲同桂△5六角(途中図)▲6七歩△7八金▲2七竜△4五角▲5二と△同金▲4八飛△8八金▲同玉△3三桂▲7八金△4七歩▲同飛△5六銀(投了図)
まで、92手で大山勝ち

人生の変わり目

前田 △5六角で△7八金と銀を取るのはどうなんでしょう。

大山 それでもいいけど、角打って角で銀を取れば詰めよだし、△5六角の方が手厚い意味があります。

前田 塚田先生もずいぶん粘っていますが、やはり及びませんか?

大山 塚田さんもたしかに粘っています。が、銀桂損なのでここで投了しています。このあと指すとすれば▲4八飛には、△4七歩から△6七銀成があります。▲4九飛と逃げても△5八銀から△6七銀行成で先手陣は持ちません。

前田 総評をお願いします。

大山 この将棋は塚田さんの不用意な▲6八玉で大山の△4五歩の攻撃が決まり、案外な楽勝でした。こんな勝ち方ができたおかげで、いつしか私も振り飛車を指すことが多くなり、それが今の私の将棋となってしまったわけです。人生の変わり目というのは、このような一寸したことが因になることがあるわけで、そのような意味で本局を採り上げてみたわけです。

前田 ありがとうございました。

* * * * *

大山康晴十五世名人の公式戦での振り飛車第一号局。

後の大山十五世名人らしくない振り飛車というか、兄弟子の大野源一八段(当時)を思わせるような非常に積極的な指し回しだ。

* * * * *

大山十五世名人の師匠の木見金治郎九段は向かい飛車の大家。

攻めない振り飛車、とにかく受け続ける棋風だった。

兄弟子の大野源一九段は、江戸時代以来続いていた「振り飛車は相手が間違うのをひたすら待ち続ける戦法」という概念を一新し、攻める振り飛車を作り上げた。その捌きは神業と言っても良いほどだった。

* * * * *

大山十五世名人が振り飛車を本格的に指し始めるのは、この7年後のこと。

やはり兄弟子の大野源一九段のアドバイスによるもの。

大野源一八段(当時)「大山、お前は今日から振り飛車をやれ」

 

大山康晴十五世名人らしくもあり、らしくもない絶妙手△1二飛

近代将棋1982年10月号、大山康晴十五世名人の第21期十段戦挑戦者決定リーグ〔対米長邦雄棋王戦〕自戦記「意表をついた妙手1二飛」より。

 米長さんは予定どおり、▲1一角成と香を取って馬を作り、私は△5七歩成。局面は一気に攻め合いに突入した。

4図以下の指し手
▲5三香△5八と▲同金△5七歩▲5九金△1二飛▲5一香成△1一飛▲6一成香△同飛(5図)

 ここで平凡な▲5七同銀は、△同桂成▲同金△54銀となり、陣型の乱れている米長さんが苦しい。

 米長さんは▲5三香と強烈な勝負手を放ってきた。

 飛角の田楽刺しという厳しい攻めだが、私は△5八とで金を取り、米長さんの▲同金(▲5二香成は△6九と)に△5七歩と一発きかして、▲5九金に△1二飛(途中図)と逃げた。

 いや、逃げたというより、馬取りの逆先というべきで、この一手が米長さんの意表をつく好手だった。

 ▲1二同馬と飛を取れば、△3三角(I図)と手順にさばかれて米長陣は受けが難しい。

 かりに▲7七金は幸便に△8五桂があるし、また▲6六金は△同角▲同歩△7六銀と進まれて、持ち駒が不自由な飛角なので受けようがない。

 米長さんはやむなく▲5一香成と角を取った。まさかここで▲7七馬とは逃げられないし、▲7七馬に対して、△1五角あるいは△6二角とかわされても、せっかく打った▲5三香がムダ駒となる。

 しかし、私は△1一飛と大事な馬を抜き、▲6一成香に△同飛と手順よく自陣を清算して、もうこの将棋に負けはないと思った。

(以下略)

* * * * *

I図、▲3四飛とでも走ろうものなら、△8八金▲6八玉△7九銀▲6九玉△7七桂▲同桂△同角成ということなのだろう。

恐ろしい△1二飛(途中図)。

大山康晴十五世名人らしくない派手な絶妙手。

しかし、△1二飛に▲5一香成△1一飛▲6一成香△同飛(5図)と本譜の進行で収まると、いかにも大山十五世名人らしく感じられるから不思議だ。

* * * * *

「もうこの将棋に負けはないと思った」

大山十五世名人がこの言葉を使うと、信頼度というか恐怖度が200%アップするような感じがする。