読む

読む

弦巻勝さんの「ぼくのアルバムから」(花村元司九段、荒巻三之九段、板谷進九段)

将棋世界1994年2月号、弦巻勝さんの「ぼくのアルバムから」より。 想い出のコーヒータイム  荒巻先生が免状を書かれている所へ僕はよく顔を出した。  「奥さん元気、将棋強くなった……」と珈琲によくさそっていただいた。陽だまりを...
読む

会話がいっぱい対局室

将棋マガジン1994年3月号、高橋呉郎さんの「形のメモ帳 丸田祐三 小太刀も冴える職人気質」より。  将棋会館の大広間は、対局が多い日には6局が進行する。棋士が12人、記録係が6人、観戦記者が数人。20人以上の男が一室に会する。定...
読む

森内俊之五段(当時)「休みの日なのに、どうもご苦労さまです」

将棋マガジン1993年11月号、高橋呉郎さんの「形のメモ帳:森内俊之 おっとり型の勝負強さ」より。 将棋ブームの産物  森内は昭和45年、横浜市の生まれ。母方の祖父に京須行男八段がいる。もっとも、京須八段は昭和35年に46歳...
読む

永世名人の22歳

将棋マガジン1993年11月号、高橋呉郎さんの「形のメモ帳:森内俊之 おっとり型の勝負強さ」より。 五冠王と製粉業  羽生五冠王が誕生した。「3+1=4」「4+1=5」と、あたりまえのようにタイトルをふやした。22歳にして、...
読む

羽生流新戦法とは惜しくもならなかった戦法

将棋マガジン1993年11月号、羽生善治五冠(当時)の「今月のハブの眼」より。  8月22日に行われたJT日本シリーズ、加藤一二三九段との一戦から。  日本シリーズは全国各地を転戦して行くトーナメント戦で、公開対局で行われま...
タイトルとURLをコピーしました