「読む」カテゴリーアーカイブ

立会人が判断に迷った将棋のルール

近代将棋1984年12月号、武者野勝巳五段(当時・総務担当理事)の「将棋ルール質問コーナー」より。

 先ごろ行われた王位戦は、挑戦者の加藤一二三九段が高橋道雄王位を破っての初の王位奪取を果たしたことはご承知の通りです。その王位戦の最終局でちょっとしたハプニングがありました。

 1図が”事件”の発端となった局面。

 以下次のように進行しました。

1図以下の指し手
▲3九角△5三角▲4八角△6四角▲5七角(2図)△4二角▲4八角△6四角▲5七角(3図)▲4二角△2七飛▲6四角△2九飛(4図)

 4図の局面を迎えたところで、記録係から「同一局面4回で千日手では」との発言がありました。1図、2図、3図、4図と確かに一見同一局面と見える局面が4度出現しています。が、1図と2・3・4図とでは手番が違っています。果たしてこれは千日手成立か否かの判定を下すに当たり、対局場から将棋会館へ電話が入れられました。その時、返答に出たのが、誰あろうこの私。対局中に突然呼び出されたので、何事ならんと思いましたが、事は先の通り。

「千日手は、同一局面4回で成立となっていますが、同一局面とは、盤上の駒の配置・持ち駒・手番の全てが同一であることですので、1図は2・3・4図とは違う局面であり、従ってその将棋はまだ千日手が成立してはいません」と答えました。

 将棋手帳の”将棋規約抜粋”の千日手の項には―同じ局面が4回現れると千日手で無勝負となる。ただし連続王手である場合は攻めている方が手を変えなければならない―とのみあり、”同一局面”についての詳しい記述がありませんが、これは抜粋ゆえのことで、日本将棋連盟の将棋規約には、千日手についての付帯事項として『同一局面とは盤上の駒の配置及び手駒、手番の全てが同じ局面のことをいう』というくだりがあります。

 1年程前に千日手の規約を改正したおりには、本誌にても全文を紹介しましたので、ご記憶の読者もいらっしゃると思います。

 なお、これは私見ですが”同一局面”という言葉には、盤上はもちろん、手駒、手番もすでに含まれていると思っています。

(中略)

 それをあえて付帯事項を設けたのは、誤解のないよう同一局面の定義を、それこそあえて文に表したものです。

 とはいえ、同一局面という字面から、ともすると注意が盤上に集中してしまい、手番のことはウッカリしやすいのかもしれません。私もプロ棋士になって6年目ですが、プロ棋士からルールのことで質問を受けたのは初めてです。

* * * * *

たしかに、「同一局面4回で千日手」ということは分かっていても、実際にその場にいたら非常に悩みそうなケース。

「そういえば、言われてみるまで手番のことまでは考えていなかった」と、思わず口から出てしまいそうだ。

それにしても、1~4図のような流れを見ると、同一局面が4回になった、と気がつくには相当な棋力が必要とされると感じさせられる。

 

棋士と血液型(1984年版と2019年版)

近代将棋1984年7月号、小林勝さんの「棋界パトロール 血液型と将棋」より。

「あなたの血液型なに?」なんて挨拶が日常化してきたのは、10年程前からのことであろうか。

 最近では百科事典に”血液型と気質”という項目すら出現するようになった。

「あの人はB型だから、常識やルールに縛られるのが苦手なんだよ」とか「あの人は気まじめだから、きっとA型よ」とか、昨今よく耳にする会話である。

(中略)

 ところが、現実の社会では、その人の育った環境や、今まさに行動の決断をせざるを得ない場面での周囲の影響があって、その人の気質がストレートには出ない事が多い。例えば、サラリーマンだと、上役の命で大きくその行動が左右されるから、奔放なB型氏が自己を抑えて抑えて、規律に添った言動に及ぶこともママあるであろう。

(中略)

 ではこと棋士に関してはどうであろうか。

 都合の良いことに、私がこの稿を起こすに大きな力となったことなのだが、棋士の場合は、とにかくその人の人格は自己表現と将棋を勝つことによって認められるという世界に生きている。従って、自分をあえて押し殺して生活するという必要はほとんどない。ストレートに生きてきた棋士であればこそ、血液型と将棋との相関関係はかなり高いに違いないはずである。

B型は将棋に向いているか

A型ー38.1%、O型ー30.7%、B型ー21.8%、AB型ー9.4%

 これは、日本人の血液型の分布を示したものである。分かりやすく、A・B・O・ABの順で4・3・2・1と覚えておかれると良いだろう。

 下の表をご覧ください。名人を含め、A級棋士11名の血液型はどうなっているだろうか。

  1. 谷川浩司名人 O
  2. 森安秀光八段 B
  3. 加藤一二三九段 A
  4. 大山康晴十五世名人 B
  5. 森雞二八段 B
  6. 中原誠十段 B
  7. 桐山清澄八段 O
  8. 米長邦雄王将 AB
  9. 青野照市八段 A
  10. 勝浦修八段 AB
  11. 田中寅彦八段 B

A=2名、O=2名、B=5名、AB=2名という数字からは、B型棋士が相当にハバを効かせていることが分かる。将棋とB型は相性が良い、という議論はかねてより聞いてはいた。筆者は、その論議の頃より、当時の大名人(大山、中原)らがそろってB型だったのでB型は将棋に向いているとする短絡的な思考には賛意を表しかねていたのだが、なるほど、ちょっと事例を広げても将棋B型論は一応の信憑性をみせている。そこで、こうなったら、とことん調べてマクロな目で見てやろう、と思い立ち、今回、日本将棋連盟の協力を得て現役棋士100人の血液型を知ることができた。119人中100人だから、考察を加えるに十分価する資料であろう。

 100人の棋士を血液型にて分けたのが下図である。

  • A 37人
  • O 25人
  • B 31人
  • AB 7人

 4・3・2・1の比率を思い出していただきたい。B型の棋士数が比率以上に及んでいる。確率的には21名前後に落ち着くであろうところに31人と10人も上乗せしているのは注目に値しよう。B型が多い分、他の血液型の棋士数は少しずつ目減りしている。

血液型と将棋

 それぞれの血液型の気質と、その血液型である棋士数人にご登場願い、その相関についてあれこれと述べてみたい。

A型

 A型・38.1%と日本人に最も多い型であり、日本人の国民性を言ってもよいグループである。慎重であり、心配性で苦労性。だからこそ協調性があり、堅実で、組織集団に順応する。規律のワクの中で安心できるタイプである。その一方、気が強く、負けず嫌いで、シンは最もガンコでもある。

 代表選手としては、加藤一二三九段、青野照市八段、高橋道雄王位。やはり、この三人から受ける印象は、実直さである。コツコツとレンガを積み重ねていって家を作るという感じ。階段を昇るにたとえると一歩一歩きちんと段を踏みしめて行く。後出のO型やB型とは正反対で、これらをウサギとすればカメのごときである。

(中略) 

O型

 O型は一口に言えば、勝負に強い血液型である。現実的対処が上手で、状況判断が的確であり、気分転換が早いなど、勝負に必要な因子をかなり備えている。

 代表選手は、谷川浩司名人と桐山清澄八段である。前に、BとOをウサギにたとえたが、本当にピッタリくるのはこのO型で、階段を昇るにも三段飛びで、ピョンピョンと昇って行く。

 この血液型の棋士の近代将棋棋士歴を見ると面白いことに気づく。スペースの都合で表をのせられないが、現役棋士のO型の最古参である坂口允彦九段から、次の棋士の佐藤大五郎八段まで、ズイーッと間があいてしまっているのだ。坂口九段の棋士番号は10番、佐藤のそれは74番である。その間、なんと64名の棋士が生まれているのにO型はナシというのは異常である。先の4型別表でも分かるように、100人中25人はかなり少ない数字に受け取れるが、64名のブランクを考え合わせると最近はかなり盛り返しているということになる。

 昔は最も劣勢だったO型の巻き返しぶりは谷川名人の大躍進とも符合するが、この現象は、ゆえなくしてのことではない。

 現代将棋は、非常に勝負にカラくなってきていることは周知の事実である。左美濃しかり、居飛車穴熊の出現しかりである。このように将棋の価値観の変化が、勝負を第一義とするようになってきたのが”勝負に強い”という特性を持つO型にとって大変都合が良いこととなったのではないかと考えるのである。

 (中略)

B型

 B型の特性は、柔軟性があり、楽観的で、束縛を嫌う。また、マイペースで平常心を失わないタイプであり、血液型分類の中ではプレッシャーに最も強い。

 大山康晴十五世名人、中原誠十段、森雞二八段、田中寅彦八段と、ずらり並んだ一流どころの選手からは、やはり、図太さと柔軟性のある器用な棋風を感じる。階段を昇る時、どうすればこの階段を一番早くあがれるかを考え実行に移すという人種である。

 このタイプも、O型ほどではないにせよ、プレッシャーに強いなど、勝負に不可欠な因子をかなり持ち合わせており、これまでにデータで、かなり優位を占めていることもうなずけるものがある。

AB型

 二面性の血液型と言われるのがこのAB型である。階段を昇るに、ある時は三つ程飛び越してみたり、またある時は一歩一歩昇っていったりというタイプである。

 合理的で理屈っぽく、クールである。また、フォームを作りたがるのも、この血液型の特徴である。

 人数が少ないので、AB型の棋士全員の名をあげてしまおう。

 米長邦雄三冠王、勝浦修八段、芹沢博文八段、下平幸男七段、西川慶二五段、有森浩三四段、森下卓四段。と、この7人の誰もが鋭角的な将棋を指す。下の者でも「ああ、あの人の将棋はこうだ」というようなフォームを持っている。

 このAB型も、O型の場合と似て、先輩4人と新人3人の間がはなれていて、将棋新興勢力の趣がある。また、人数の割には大成率も高いし、案外、この型は将棋に向いているのではと思える。

(中略)

下の表は現役棋士通算勝星ランキングのベスト20までを示したものである。

  1. B 大山康晴十五世 1268勝627敗 .669
  2. A 加藤一二三九段 842勝546敗 .607
  3. A 二上達也九段 753勝614敗 .551
  4. B 中原誠十段 714勝308敗 .699
  5. A 内藤國雄九段 708勝454敗 .609
  6. A 有吉道夫九段 690勝505敗 .577
  7. AB 米長邦雄王将 675勝407敗 .624
  8. B 花村元司九段 573勝537敗 .516
  9. B 加藤博二八段 520勝514敗 .503
  10. B 大内延介八段 518勝342敗 .602
  11. B 丸田祐三九段 515勝523敗 .496
  12. A 関根茂八段 511勝453敗 .530
  13. B 森安秀光八段 501勝283敗 .639
  14. B 松田茂役九段 487勝516敗 .486
  15. O 桐山清澄八段 480勝289敗 .624
  16. A 西村一義七段 468勝343敗 .577
  17. B 北村昌男八段 454勝451敗 .502
  18. O 佐藤大五郎八段 441勝428敗 .508
  19. AB 芹沢博文八段 432勝431敗 .501
  20. A 長谷部久雄八段 431勝398敗 .520

 ベスト10の上位、2、3、5、6位をA型棋士が占めているのが目につく。この現象はA型の積み重ね方式の産物と言える。また、ベスト10の内訳は、B=5名、A=4名、AB=2名、O=0名であるから、必ずしもAが優位とも言えず、どうしてもBの占める度合いの多さに目が行ってしまう。

 A型の棋士を見てみると、その勝星からすれば、もっとタイトル戦でも活躍していていいはずの感をいだかせる者が多いが、これはやはり、集積は上手でも瞬発力にかけるA型の特長がよく現れているといえよう。

 ベスト20までを集計すると、B=9名に続いてA=7名と数字的にはAが拮抗しているようでも、実際はAの方が日本人全体数の比率が高いのだし、調査済みの棋士100名中の比率からも、AがBを上回ってしなければ自然でないのだから、B=9、A=7というのは大差と受け止めねばならない。

 ベスト20まで、勝率6割以上で区切ってみても、B=4名、A=2名、AB=1名、O=1名となる。

 やはりB型は、現在のところ、確かに将棋に強いというか向いている、という結論に至らざるを得ないようだ。

 しかし、ちらりと記したように、新興勢力OやABの台頭などを考えると、これからの棋界地図が変わっていく可能性は大いにある。

(以下略)

* * * * *

個々の分析については、血液型が好きな私から見ても無理のある解釈があるが、着眼は面白いと思う。

* * * * *

順位戦A級、B級1組、タイトル保持者を対象として、現在の状況を集計をしてみた。

  1. 広瀬章人竜王 A
  2. 佐藤天彦名人 A
  3. 豊島将之二冠 B
  4. 高見泰地叡王 O
  5. 斎藤慎太郎王座 A
  6. 渡辺明棋王 O
  7. 久保利明王将 O
  8. 羽生善治九段 AB
  9.  稲葉陽八段  AB
  10. 佐藤康光九段 O
  11.  深浦康市九段 O
  12.  三浦弘行九段 A
  13. 糸谷哲郎八段 B
  14. 阿久津主税八段  O
  15. 行方尚史八段 O
  16. 屋敷伸之九段 B
  17.  橋本崇載八段 A
  18. 木村一基九段 AB
  19. 山崎隆之八段 A
  20.  谷川浩司九段 O
  21. 郷田真隆九段 O
  22.  菅井竜也七段 A
  23.  松尾歩八段 B
  24. 野月浩貴八段 A
  25.  畠山鎮七段 O

順位戦A級、B級1組、タイトル保持者で見ると、

  • A型 8名(32.0%)
  • B型 4名(16.0%)
  • O型 10名(40.0%)
  • AB型 3名(12.0%)

名人、A級で見ると、

  • A型 3名(27.3%)
  • B型 2名(18.2%)
  • O型 4名(36.4%)
  • AB型 2名(18.2%)

基本的には、両パターンとも日本全国と比べてA型の比率が低いという結論となる。

棋士全体で見るとどうなるのだろう。

調べてみたら素晴らしいサイトがあった。

血液型別将棋棋士一覧(のんびりニュースを見ている日々)

このデータをもとにそれぞれの血液型の人数を数えると、

  • A型 58名(38.4%)
  • B型 28名(18.5%)
  • O型 51名(33.8%)
  • AB型 14名(9.3%)

棋士全体では日本全国平均値に近いようだ。

* * * * *

2009年に簡単な集計をしている。

棋士と血液型

2011年にも集計をしていた。

タイトル戦と血液型を分析する

* * * * *

結論は、血液型別の集計をしても、何も見えてこない、ということだ。

 

「今度、部屋を借りたんだけど、来ない?」

将棋マガジン1987年7月号、塚田泰明七段(当時)の「史上最短の四間飛車撃破」より。

 4月の、ちょっと寒い日の夜、ある女性と会う。

 待ち合わせは、とある高層ビルのエレベータの前。

 僕が定刻に行ってみると、彼女は受話器に向かって話をしていた。

「誰に電話しているのかな?」

 そんな事を思いながら声を掛ける。

 エレベータは一目散に29階へ。

 このエレベータはガラス張りになっている外が見える。なのに彼女はうつむいたまま。

「どうして下向いてるの?」

「エレベータ嫌いなの」

 彼女はエレベータが苦手らしい。

 食事は彼女が前に、好きだと言ったお寿司にする。

 でも彼女の箸はあまり進まない。

「どうしたの、疲れてるの?」

「ううん、そんな事ない」

 少し飲んだビールも、ちょっとは勇気の足しになったのか、

「今度、部屋を借りたんだけど、来ない?」

 と、高層ビルを出たあたりの時に、思い切って言ってみた。

 短いはずの、とても長い時間の空白。

「実は前から、言わなきゃいけないと思っていたんだけど……」

 と彼女。

「昔から付き合っている人がいて、多分その人と今年中に結婚すると思う」

 突然、何が何だか分からなくなる。

 彼女は彼の事を話し始める。僕も、聞いたりしているが、その間、二人の足は、もちろん僕の部屋ではなく、彼女の帰るための駅へと向かっている。

「今まで黙っていてごめんね」

「ううん、別にいいよ」

 言いながら、心は大きく揺れている。

 それでも、最後の優しさのつもりで、彼女を改札口まで送る。

「幸せにね」

と、とって付けたような台詞。それが二人の別れの言葉。

 彼女が、次第に僕の前から遠ざかっていく。そして、その後ろ姿も、都会の雑踏の中に。いつの間にか消えていく―。

 と、いうところで目が覚めた。

「ああ、そうか、夢だったのか。良かった……」

 そういえば、彼女の顔が、今だに浮かんで来ない。

 単なる夢だったのか、それとも違うのだろうか。

(以下略)

* * * * *

これが夢だったのか、あるいは現実にあったことだったのかは別として、いろいろと調べた結果、このビルは新宿NSビル (地上30階、1982年10月竣工、エレベータがガラス張り)と思われる。

新宿NSビルの29階には、現在「すし屋 銀蔵」があるが、2012年開店なので、その頃は違う寿司店だったということになる。

この頃の塚田泰明七段(当時)は新宿のマンションに住んでいた。

* * * * *

「昔から付き合っている人がいて、多分その人と今年中に結婚すると思う」

二人のそれまでに関係にもよるが、突然、このように言われたら、ほとんどの人が何が何だか分からなくなるだろう。

夢であっても現実であっても、切ないことに変わりはない。

* * * * *

個人的な話になるが、最近、ある特定の科目(微分方程式論であったり化学であったりする)が全く理解できなくて、大学の卒業を断念するという夢を複数回見ている。

悲恋の夢でもいいから、もっと潤いのある夢を見たいものだと思っている。

担当記者が対局者と思われた前夜祭

将棋マガジン1987年9月号、福本和生さんの「棋聖戦盤側18年」より。

 担当記者は対局者と同行するが、森雞二九段との同行記は原田流をまねると”涙また涙”であった。

 第30期棋聖戦は大山棋聖に森八段(当時)の挑戦。このころ森は飛行機を拒否していた。鉄のかたまりが空中を飛ぶのはおかしい、というわかったようでわからない理論。皮肉なことに対局場が八戸市と出雲市である。東京から飛行機を使えば簡単だが、森は「陸路を行きましょう」。森と私は上野駅から特急列車に乗った。車中では持参の磁石盤で碁を打っていたが八戸までは長かった。途中で食堂車へ行ったが、列車の横揺れが激しく、食器が卓上をウロウロするので食べるのに一汗かいた。ようやく八戸に到着、車で対局場へ行くと、すでに歓迎会が始まっている。森は会場入り口近くでトイレに入ったので、私はそのまま会場へ入っていった。とたんに高い拍手が巻き起こった。どうやら私を森と間違えたらしい。”違いますよ”の意味であわてて大きく手を振ったら、会場の方はそれを感謝のポーズと受け取ったらしく、拍手はさらに高まる。汗がどっと吹きだした。このあと森が姿を現したが、心なしか拍手の音は弱まっていた。

 出雲市へは新幹線で岡山へ出て、そこから伯備線というコース。本州を横断する伯備線の情趣ある日本美は今も目に焼きついている。長い道中であったがちっとも退屈しなかった。これは森に感謝である。

 そのあと第40期棋聖戦では、森と函館まで列車と船で出かけた。青函連絡船のグリーンに乗ったらお客は森と私の二人だけであった。

(以下略)

* * * * *

青函連絡船は1988年に廃止されている。

青森から函館まで3時間50分。

廃止時の普通運賃は2,000円。グリーン座席指定が1,600円。

津軽海峡・冬景色。

恋の破局→上野発の夜行列車→連絡船だから情感がこもる。

* * * * *

逆に飛行機が好きな人は、着陸時に一抹の寂しさを感じてしまうほど。

* * * * *

第30期棋聖戦は1977年。森雞二九段の剃髪の名人戦は翌年の1978年なので、全国的にはまだあまり森雞二八段(当時)の顔が知られていなかった時期だったのだろう。

* * * * *

いつも思うことだが、例えば源義経と源頼朝が初めて対面した1180年の黄瀬川の陣。

当然のことながら当時は事前に出回っている写真もなく、戸籍謄本のようなものもなく、頼朝はどうやって義経が本物の弟だと判断できたのだろうか。

羽生マジックのあけぼの

将棋マガジン1986年10月号、川口篤さん(河口俊彦六段・当時)の「対局日誌」より。

 順位戦は序盤を終わったところだが、一番の話題は、新四段羽生の活躍だろう。

 2戦2勝、その内容たるや、一つは中盤で金損。一つは終盤で詰みを逃れる、といった強運ぶりで、みんなをあきれさせた。

 そもそも羽生は奨励会時代から天才の評判が高く、だからデビュー戦を本欄で紹介したのだが、正直いって、あのときは本当に大物なのかな、の疑問もほんのすこしだがあった。

 それから半年あまり、また強くなったようである。ここが肝心なところで、いつもいうように、四段になってグンと強くならないようでは将来も知れているのである。そして、将棋の内容、勝ち方がいい。と書くと、拾い勝ちがいいのか、と言われそうだが、それがいいのである。

 この日は、B1順位戦の模様をお伝えするのだが、そんなわけで、まず、数日前に行われた、羽生が詰みを逃れた一局を紹介することにしよう。

 1図はすでに羽生が不利。とはいえ、▲5三桂成や▲9四歩など、逆転の仕掛けだけはちゃんと用意されている。

 本間についてくわしいことは知らない。1図までの指し方をみると、振り飛車党らしく、軽いさばきを好む、筋のよい将棋のようである。7月まで3勝7敗と星はよくないが、新人王戦ではかなりの所まで勝ち進んでいるし、新四段が弱いはずがない。

1図からの指し手
△9七歩成▲同角△8五桂▲5三角成△8八歩▲同金△7九銀▲7八金右(2図)

 本間の筋のよさが判る。それが△9七歩成から△8五桂の手順である。普通は△8五桂▲9六銀△7六金だが、本間の指した手の方がずっとよい。

 桂をさばいて△8八歩も手筋。羽生も敵のいうなりになるしかない。そうして2図だが、ここをよく見ていただきたい。いや、よく見るまでもなく、終わっていることが判るだろう。

 2図から、△8八銀成▲同金△9七歩▲同桂△8八角成▲同玉△7七金▲9八玉△8八金打まで詰み。

 手順中▲9七同桂で▲9七同馬は、などは論外。馬を取られるぐらいなら、詰まされた方がまだましだ。というわけで2図から△8八銀成▲同金△9七歩で羽生投了、となるはずだった。

 ところが、本間は2図で48分も考え、△9四香と走ってしまう。すかさず▲9七歩と急所をうめられ、これからは混戦である。以後のゴチャゴチャとした手順や、最後の典型的な逆転劇など、非常におもしろいが、この暑い時期には不適当なので割愛する。

(以下略)

* * * * *

絶望的な局面からの生還、そして逆転。

特に後年の羽生マジックのような手が指されたわけではないけれども、展開がまさに羽生マジック。

相手を間違わせてしまうオーラがこの頃から自然と放たれていたと考えられる。