「読む」カテゴリーアーカイブ

内藤國雄九段「才能と努力以外に必要なもの」

将棋世界2005年3月号、「時代を語る・昭和将棋紀行 第18回 内藤國雄九段」より。

 私は昭和14年11月15日、兵庫県神戸市で生まれた。

(中略)

 父の職業は薬剤師で、内藤家は代々、薬局をやっていた。昔は、かなりはやったらしい。市営住宅に住んでいた。いま、王子動物園のあるところです。

 その下の方に、川崎重工や神戸製鋼があった。川崎重工は”かわじゅう”と呼ばれていた。造船業です。そこを米軍に狙われた。戦争が激しくなり、爆撃を受けた。それが、だんだん上の方までくる。私は防空頭巾をかぶり、母親に手を引かれて逃げた。空襲警報が鳴る。それはものすごく怖いことなんだけど、子どもというのは母親がいると安心する。不思議と恐怖心がない。懐かしい思い出です。

 疎開をした。滋賀県の木之本町というところです。ここには遠い親戚がいた。神戸から引っ越した。その翌日に住んでいた家が焼けた。焼夷弾です。疎開が一日遅れていたら死んでいた。

 年とともに運を感じる。たとえば新潟地震の前に家を売って遠くへ行った人もいれば、阪神大震災の直前に神戸へやってきて、お金も仕事も家族も失った人もいる。その運には、ものすごい開きがある。若い頃は人間は才能であると思っていた。才能さえあれば幸せをつかめる、と。あとは努力ですね。それが、だんだん変わってきて、基本は運だと考えるようになった。努力と才能と強運。この三つが揃わないと、なかなかトップにはなれません。

(以下略)

* * * * *

空襲や大震災によって分かれる運命。

日常生活の中でも、気がつかないうちに運命が劇的に分かれているケースがあるのかもしれない。

* * * * *

大山康晴十五世名人の場合であれば、升田幸三実力制第四代名人が同時代にいたことが強運だったと言えるだろう。これは升田実力制第四代名人にとっても同じことが言える。

羽生善治竜王の場合であれば、八王子将棋クラブとの出会い、二上達也九段が師匠であったこと、同世代に多くの強力なライバルがいたことが強運と言えるだろう。

藤井聡太七段の場合であれば、現在のところ、今までの多くの指導者との出会い、杉本昌隆七段が師匠であることが強運ということになるが、順位戦で五段昇段を決めたすぐ後の朝日杯将棋オープン戦で優勝して六段になったことも強運であることを示している。

通常なら3月の最終戦を終えるまでは昇級(昇段)が決まっていないことがほとんどであり、朝日杯将棋オープン戦優勝(四段→五段)の後に順位戦C級1組昇級が決まっていたなら五段のままだった。

いずれは昇段するだろうから、それが少し早くなったという話ではあるが、この流れも、藤井聡太七段が強運であればこそのものだと思う。

 

郷田真隆九段「リップサービスで付け加えると、本格派の将棋を見たければ私の将棋を見てください」

将棋世界2005年5月号、第63期順位戦昇級者(B級1組→A級)より。

郷田真隆九段

1.この1年の順位戦を振り返って

内容が良くない将棋ばかりで酷かった。先崎戦は最悪でどうしようもなかった。井上戦も終盤、詰みや勝ちを逃したり…。森下戦も必勝に近い曲面になったが終盤がひどかった。

2.印象に残った一局

 やはり先崎戦。でも、良かったのを1局挙げるとなると島戦。途中優勢になり、勝ちきれなければならなかったが、ふらつきながらもなんとか勝てた。この島戦は全力で指せた。

3.いつ頃昇級を意識しましたか

 先崎八段に負けて4敗になり、かつ内容もひどくて昇級どころの話でなくなってしまった。普通4敗では上がれないが、順位が上だったので望みをもっていようと。ただ、競争相手にやられているので厳しいと思っていた。

4.最初に昇級を伝えたのは誰ですか

 両親。

5.来期の抱負

順位戦もそうだったが、この1年は成績、内容が酷かったので気を引き締めて頑張りたい。

6.ファンの方へ一言

 月並みですが、一生懸命やりますので注目してください。リップサービスで付け加えると、本格派の将棋を見たければ私の将棋を見てください。

* * * * *

「筋が良い」だけでは本格派にならない。

「正統派」は本格派と微妙にニュアンスが異なる。(正統派は英語でOrthodox school、本格派は英語でAuthentic)

Wikipediaや Yahoo!知恵袋によると、野球のピッチャーの世界では、

  • 本格派:威力ある速球と優れた変化球、豊富なスタミナと一定以上のコントロールを兼ね備えた(主に先発型の)投手
  • 速球派:本格派よりも真っ直ぐ重視
  • 技巧派:本格派よりも変化球主体
  • 軟投派:変化球主体で打たせてとる

『巨人の星』の星飛雄馬は、大リーグボール1号より前の時代が速球派、大リーグボール1号時代が軟投派、大リーグボール2号と3号時代が技巧派で、本格派時代はなかったということになる。

本格派の将棋は、野球の本格派ピッチャーと似ているかもしれないが、100%同じ意味にはならない。

やはり、本格派の将棋=郷田将棋そのもの、という定義が一番しっくり来そうだ。

* * * * *

先崎学七段(当時)「僕らの世代の将棋のタイプを端的にいうと、佐藤は野蛮、羽生は柔軟、郷田は筋が良くて華麗で、森内はターミネーター、丸山はエイリアンである」

 

宮田敦史五段(当時)「僕の前に誰か出てきましたか」

将棋世界2005年5月号、山岸浩史さんの「盤上のトリビア 最終回 『人間にとって終盤は大変である』」より。

「コンピュータ以上」の男

 本誌のN記者が証言する。

「彼には最近まで『詰将棋サロン』の問題の検討をお願いしていたのですが、その検討能力はおそるべきものがあります。パソコンが発見できなかった余詰めを見つけたことが何度もあったのです。いつしか編集部では、彼を『マシン』と呼ぶようになりました」

 彼―宮田敦史五段には昨年の第1回「詰将棋解答選手権戦」で初めて会った。超難問ばかり10題の解答速度を競うこの大会にはプロ2名(宮田五段と上野裕和四段)を含む28名が参加し、ぶっちぎりのタイムで優勝したのが宮田五段、ダントツの最下位が私だったのだ。

 苦痛に耐えきれず白紙で解答用紙を提出して廊下で一服していると、一番の回答を終えた宮田五段が飛び出して来た。自己紹介しようとすると、いきなり

「僕の前に誰か出てきましたか」

 と後ろを振り返りながら尋ねてくる。まるでゴール直後のマラソンランナーだった。それほど「勝負」にこだわりながら、難しかったのはどれかと聞くと19手詰みの問題を指差してこういうのだ。

「玉方の10手目の応手に、正解と同じ手数で詰む変化があったんです。作意手順だけ答えればいいんですが、一応プロなので全部読み切らなきゃと思って読んだぶん、時間がかかってしまって」

 それから1年。いったい「マシン」はどのような変化をとげたのだろうか。

 3月6日。プロ2名を含む29名が参加した第2回詰将棋解答選手権戦。今回は最初から参加せず廊下で待っていると、やはり一番に宮田五段が飛び出してきた。

 だが、どうも様子がおかしい。首を傾げながら独り言を繰り返し、スタッフに「パソコンないですか」とマシンらしからぬことをいう。何があったのだろう?

「最後の問題で駒が余ったんです」

 余詰めがあるというのだ。はたしてパソコンで検討すると、そのとおりだった。ほっとした顔になって宮田五段はいう。

「余詰めはすぐ見えたんですが、作意がわからなくて。そのまま考え続けるか迷っているうち平常心が保てなくなって」

 異例の余詰め解答を提出した宮田五段はもちろん正解扱いで大会2連覇。出題ミスがかえって「マシン」の威力をまざまざと見せつける結果となった。

 主催者のひとり、若島正さんはいう。

「じつはこの大会は宮田さん見たさにやってる面もあるんですが、本当にすごい。次回は宮田さん専用の問題が必要かな」

逆転勝ちはしたくない

 なぜそんなに解くのは速いんですか。

「いや、特別速いとは思いません。羽生先生だってああいう大会に出れば、絶対速いはずです。それに、最近どうしても解けない問題があったんです」

 昨年暮れ、宮田五段は胃潰瘍のため手術を受けた。入院中にベッドで読んだ『近代将棋』にその問題があった。(4図)

作・岩崎守男 近代将棋2004年12月号「詰将棋シアター」掲載

「連日考え続けて、手術の直前も考えていたんですが、どうしても解けなくて、そのうちまた胃が悪くなってきて……」

 宮田五段はその問題を、出題された次の号の解答のページで見た。つまり、数センチ視線をずらせば答えが目に入ってしまう状態で、何日も考え続けたのだ。

「これ以上考えると体に悪いと思って、ついに答えを見てしまいました。9手目からの手順が盲点になっていました」

 いままで答えを見たことは?

「ありますよ。『ミクロコスモス』(現在最長、1525手の詰将棋)は途中で答えを見たような気がします」

 詰将棋を作ったことはありますか?

「いや、解くほうがずっと面白いです。だって作るのはゼロから自分で考えないといけないじゃないですか」

 この答えは予想通りだったが……。

「でも最近ひとつ作りました。というか寝ているときに夢に出てきたんです」

 目まいを覚えつつ、「マシン」が夢で見た作品を見せてもらった。(5図)

          5図

「ただし、もとの図には余詰めが3通りあったので、そこを修正してあります」

 若手棋士や奨励会員数人に見せたら、完全正解者はひとりだけだったという。

「詰将棋は作った側には簡単に見えても、解く側には難しいものなんですね」

 夢に出た最初の図も見たいというと、宮田五段は手帳のページを開く。だが次の瞬間、「あれ」といったきり沈黙してしまった。数十秒たって、ようやくいう。

「3通りどころじゃないですね」

 再び静寂が訪れた。深刻な顔で余詰めを探す宮田五段を見ているうちに、脳がきしむ音が聞こえてくる気がした。マシンではない、生身の人間が150キロの豪速球を投げるときの、筋肉がきしむ音のような―不意に宮田五段が口を開く。

「僕は緊張してるように見えますか」

 緊張は体によくないと医者にいわれたそうだ。次の質問を急いだ。

 将棋は序盤、中盤、終盤のどれが大事だと思いますか?

「そういう考え方はしないようになりました。ただ、不利な将棋よりは有利な将棋のほうが、指していて面白いです」

 当然じゃないかと思ったら、続く宮田五段の言葉がなんとも爽快だった。

「不利な将棋を終盤で逆転するというのは、僕は好きではありません」

 宮田五段と同じ齢のころの羽生四冠に取材したとき、「もっと社交的になれれば」と話していたが、宮田五段もあるいは同じことを思っているのかもしれない。繊細な感受性は創造への期待を抱かせる。ただ、搭載するマシンのあまりの高性能が、まだ若い心身に負担をかけることもあるのだろう。フル回転に耐えられるほど宮田五段が成熟し、本当におそろしい怪物となる日が楽しみでならない。

* * * * *

当時のコンピュータソフトの詰将棋解答力を凌駕していた宮田敦史五段(当時)。

なにより、ソフトが発見できなかった余詰めを見つけ出すところが凄い。

* * * * *

「僕の前に誰か出てきましたか」

これは、自分の前に誰かが部屋を出たのか出なかったのかが分からないほど、詰将棋に集中していたということだ。

棋士は将棋のプロであると同時に、集中力のプロでもあると思う。

* * * * *

宮田敦史七段は、四段に昇段した2年目に、深浦康市七段(当時)から請われてVSをやっている。

深浦王位と宮田五段

* * * * *

詰将棋解答選手権が開始された頃のことが書かれている。

宮田敦史七段は今年の詰将棋解答選手権で2位(1位は藤井聡太七段)と、「マシン」ぶりは変わらない。

* * * * *

ニコ生で放送して好評だった「詰将棋カラオケ」、また企画されるようなことがあったら、宮田敦史七段の登場も期待したい。

 

谷川浩司九段が選ぶ自身の妙手ベスト3

将棋世界2005年5月号、山岸浩史さんの「盤上のトリビア 最終回 『人間にとって終盤は大変である』」より。

「あの人」がいない

「将棋は創造だ」と升田幸三は言った。この世で一番好きな言葉は「新戦法」である私としても、プロにはつねに新手を追求してほしいと思う。そして実際に、トップ棋士たちの対局は創造の連続であることを島朗八段著『島ノート』の編集をとおして知ることができた。新手には「○○流」とできるだけ創案者の名を記すようにしたところ、当時のA級棋士のほとんどが名を連ねたのである。

 ところが、目次を見ていて「おや」と気づいたことがあった。ある棋士の名前がない。それも超一流の……。もちろんこの本だけで即断はできないが、この人が創造にあまり熱心でないとしたら残念だ。かつての「宿命のライバル」として、問いたださずにはいられなかった。

 た、谷川先生は、やっぱり新手とかにはあんまりご興味がないほうですか?

「そんなことはないんですが(笑)、私は創造派ではありませんからね。自分では修正派の棋士だと思っていますので」

 こちらが脱力するほどあっさりとした、谷川浩司九段の答えだった。

 去年は升田幸三賞を受賞されましたが、新手ではなく、中盤で銀をただ捨てした妙手(島八段とのA級順位戦での△7七銀成)が対象でした。でも本当は、画期的な谷川新定跡を編み出したときに受賞してほしかった気もするのですが。

「自分でもあの賞は意外でした。私には一生縁がないと思っていましたから」

 序盤ではオールラウンダーをめざしていると谷川九段はいうが、なんでも指すことと新しいものを創るとは違う。

「早く終盤になればいい」と言い放ち、圧倒的な寄せの力で時代を築いた英雄は、創造に背を向けて戦い続けるのか……。

 だが、がっかりするのは早いようだ。いま、谷川九段は眼鏡を指で持ち上げ、こほんとひとつ咳払いをした。彼はこれから、何かをいおうとしている!

人間だからできること

「しかし、せっかく選んでいただいたのに恐縮なのですが、あの△7七銀成は、私のなかではベスト3にも入らない手です」

 出た~!では、自身が選ぶ谷川妙手ベスト3は?と聞くと、谷川九段は作品名を挙げるようにすらすらと答えた。

「やはりベスト1は平成8年の羽生さんとの竜王戦第2局の△7七桂(1図)です」

△7六歩を厳しくする鮮烈な桂打ち!

「次が、平成4年のやはり羽生さんとの竜王戦第1局での一連の寄せ(2図)」

2図以下▲8九玉△8八歩▲同金△7九飛▲9八玉△8九銀▲同金△同飛成▲同玉△8八銀まで後手勝ち

「そして3つめは平成2年、佐藤康光さんと戦った王位戦第7局での△9五飛(3図)ですね」

9二にいた飛車が歩を取って飛び出した

 なぜこんな妙手が浮かぶんでしょう。

「それは私が詰将棋を解くだけでなく、創作もしていることが役に立っていると思っています。解くのは与えられたものに対応するだけですが、作るほうはゼロから、自分が作りたい理想の手順を思い描くわけですね。そのため実戦でもこうなれば詰みだな、と自分に都合のいい手順がイメージできるようになり、終盤の入口で寄り形が早く浮かぶんです」

 すると「光速の寄せ」とは寄せるのが速いというよりも、寄り形をつくるのが速いということなんですね。

「ええ、だから私は自分を”終盤の創造派”だと思っています」

 そんな言葉、初めて聞きました。

「私も初めて言いました(笑)」

 谷川浩司もまた創造の人だった。ただその土俵は序盤ではない。いまやコンピュータに征服されつつある領域のわずか手前、人間に創造の余地が残るぎりぎりのラインでこそ、光速流は光り輝くのだ。

 だがその一方で、人間の想像力など根こそぎ否定しかねない怪物も現れた。

(つづく)

* * * * *

まさに「最光速の寄せ」。

「光速の寄せ」を30秒だけで説明しろと言われたら、実例として必ず出したくなりそうな△7七桂。

凄い妙手の数々。

ベスト1の△7七桂が指された一局→光速の寄せと、迫真の描写

ベスト2の一連の寄せの一局→谷川浩司竜王(当時)の△5七桂

* * * * *

「それは私が詰将棋を解くだけでなく、創作もしていることが役に立っていると思っています。解くのは与えられたものに対応するだけですが、作るほうはゼロから、自分が作りたい理想の手順を思い描くわけですね。そのため実戦でもこうなれば詰みだな、と自分に都合のいい手順がイメージできるようになり、終盤の入口で寄り形が早く浮かぶんです」

これは、詰将棋の創作も行っている現在の藤井聡太七段にも通じることなのかもしれない。

 

藤井猛九段「三浦君の寄せの強さは底知れない」

将棋世界2005年4月号、河口俊彦七段(当時)の「新・対局日誌」より。

 A級順位戦の8回戦の日である。俗にラス前の日、などと言われ、ここからは全5局、同じ日に戦われる。

(中略)

 私の注目の一局、というより気になる一戦は、谷川棋王対三浦八段戦。これだけは大阪で戦われている。

 そこで早く経過を知りたいから、毎日の山村記者に指し手を聞いたりしていると、勝又君に「老師はそちらの方に眼が行くんですね」と笑われた。

 そりゃそうだろう。もし三浦八段が負けたりすれば、今日降級者が二人決まってしまうかもしれない。別に三浦八段を応援するわけではないが、決まっては最終戦も味けないものになってしまう。去年のような展開にはなってもらいたくない。それに挑戦者争いは、最終戦か同率決戦まで決着が持ち越されるだろう。これは先の楽しみというものだ。

 その谷川対三浦戦は、おかしな進行となっている。といっても最近の三浦八段にはいつものことらしいが、序盤の30数手までほとんどノータイムなのである。そうして戦いがはじまると、大長考の連続となる。

 考慮時間を見ると、35手目に戦いが始まるのだが、それが1図。三浦将棋はこの形ばかりで、だから考えずにすむということか。

 1図まで谷川棋王97分。三浦八段はたったの1分。この後、三浦八段は11分考えて△6四角と打つのだが、その後の数手もほとんど考えてないから、実戦と研究で知り尽くした形というわけ。谷川棋王も、自分ばかり時間を使わされていい気持ちではなかっただろう。

(中略)

 時刻はいつの間にか、深夜の12時近くになっていた。いつも思うのだが、夜の7時からは時のたつのが早い。

 大広間では、まず佐藤対深浦戦が終わって、佐藤棋聖勝ち。これで残留が確定。中央の間の高橋対鈴木戦が大詰めとなっていて、高橋玉に詰みがあるやなしやだが、研究では詰みがなく高橋勝ちの結論が出ていた。

 盤側に座ると、鈴木八段が投げた。高橋九段は返礼して、にっこり笑った。こんな嬉しそうな顔は滅多にない、というくらいのものだった。

 鈴木八段の背中では、丸山対藤井戦がこちらも終了直前だ。丸山九段に何か計算違いがあったような形で、はっきり一手負けになっている。それでも残り1分まで粘り、完全な必至をかけられるまで投げなかった。最後はあぐらだったが正座に直り、礼儀正しく頭をさげた。

 こうして残ったのは、大阪と東京で一局ずつとなった。

 問題の谷川対三浦戦は、昼間から三浦優勢となり、やがて三浦勝勢となっていた。そして深夜のドラマが起こった。

 5図は、最後のお願いとばかり、谷川棋王が▲6四桂と打った場面。勝ったと思っている三浦八段は、いちばん嫌な手を指されたわけだ。

5図以下の指し手
△6四同角▲7七銀引△3六飛成▲4四飛△8八香成▲同金△5五角(6図)

 怖いが、5図で△4二玉と逃げれば後手が勝ちらしい。▲4五飛には△4三金と受ける。

 気楽な見物側はそう言うが、首のかかった当人は、そんな指し方はできない。▲7七銀引△同角成と、銀1枚補充できるとあってはなおさらだ。△6四同角と取ったのはやむをえなかった。

 しかし角の利きがそれ、▲7七銀引と取ってヨリが戻った。

 さらに▲4四飛が谷川らしい、よさそうな手で、俄に逆転ムードである。

6図以下の指し手
▲4一銀△6一玉▲3二銀不成△4四角▲4三銀成△7九金(6-1図)▲同玉△5九飛(7図)

 ▲4一銀と攻められ、以下▲4三銀成で後手玉に一手すきがかかった。一見先手玉に詰みがなさそうだ。

 便利な時代になったもので、大阪の模様もネットによって、同時中継で見られる。三浦八段はすこし考え、△7九金と打った。

 これは▲同玉の一手。▲9八玉は△8九銀、△8七銀どちらでも詰む。

 こちらの控え室では、みんなこの場面を見つめている。金を捨てた意味を、瞬間わからないでいると、先崎八段が「あっ!いい手順があるねえ」と会心の笑みをもらした。

「△5九飛と打つよね。▲6九金と合い駒して、△6八銀▲同玉△7七角成▲同玉△8六銀▲7八玉△7六竜▲7七歩(変化図)となる。

そのとき、いったん△8七銀成がうまい手順なんだよ。▲同金にそこで△6九飛成▲同玉△6七竜だ」

 さすがによく手が見える。一同感嘆した。蛇足を加えれば、右の手順の後、▲6八歩△7八金で詰む。先に△8七銀成としてあるから△7八金が打てる。

7図以下の指し手
▲6九香△6八銀▲同玉△7六桂(投了図)まで、三浦八段の勝ち。

 谷川棋王は、▲6九香とやさしい受け方をし、簡単に詰まされた。こういうところがプロ将棋の見所の一つである。

 ▲6九金と難しい受けを指さなかったのは、先の△8七銀成が見えていたからである。つまり、そんな好手を指させるのはしゃく、というわけ。ここにもタイトル保持者のプライドみたいなものがあらわれている。

(中略)

 そこへ藤井九段が入って来て、他の結果を聞き、羽生対久保戦の棋譜を取って並べはじめた。機嫌がわるかろうはずがない。

(中略)

 羽生対久保戦を終え、谷川対三浦戦になった。それが5図の場面になると、藤井九段は「やっぱり△6四同角と取るよ」というと、横から「ここで関西の控え室は喜んだだろうね」の声が出た。

 最後の△8七銀成の変化には、藤井九段も感心したが、そのとき私は、三浦八段は△6四同角と取るとき、そこまで読み切っていた、と思った。常々藤井九段が「三浦君の寄せの強さは底知れない」と言っているのを思い出したから。そして序盤で時間を節約したのが、最後に物を言ったわけだ。

(以下略)

* * * * *

この一局を負ければ降級という一戦。三浦弘行八段(当時)のあまりにも鋭い手順。

もし今のようにリアルタイムで中継されていたなら、三浦ファンの方々は△7九金(6-1図)が指された時に、意味がすぐにはわからなくても、鳥肌が立つような、すぐには言葉にできないような感動を味わえていたことだろう。

* * * * *

「三浦君の寄せの強さは底知れない」

三浦九段は、2001年の木村一基五段(当時)の結婚披露宴の最中にずっと詰将棋を解いていたほど。

もともとの才能とたゆまぬ努力が、△7九金や実戦には現れなかったものの△8七銀成のような手を生み出している。