「読む」カテゴリーアーカイブ

棋士が対局後に飲みに行く時に避けること

将棋世界2001年12月号、日浦市郎七段(当時)の「自戦記・日浦市郎風」より。

文章的には昨日の続き。

〔その4 東海林さだお風〕

 対局が終わった後のビールはうまい。この意見には棋士全員の賛同を得られるだろう(飲めないヒトをぬきにして)。

 中には一人くらい「イヤ、オレは冷たいビールよりあっためた牛乳の方がいいね」というヒトが一人くらいいるかもしれないが、そういうヒトとは友達になりたくない。

 特に今回のような持ち時間3時間の対局の終わった後のビールはうまい。終局が6時頃、感想戦が終わるとだいたい7時。適度に腹がすいて適度に疲労した体に冷たいビールが心地よいのだ。

 これが持ち時間4時間(夕休なし)だと腹がすいてビールよりもまずメシを食いたくなる。5時間(夕休あり)だと腹がいっぱいだし、飲みに行っても終電の時間を気にしなければならない。6時間になるともう終電もなく、疲れはててさっさとタクシーで帰ろう、ということになってしまう。

 というわけでうまいビールを飲むには持ち時間3時間がベストなのだ。将棋連盟には「うまいビールを飲むために全ての棋戦の持ち時間を3時間にする会」というのがあるくらいだ(ありません)。

 対局後に飲む場合、つまみは枝豆や冷奴といったあっさり系よりも鳥の唐揚や串かつといったまったり系の方がいい。対局でエネルギーを使うからだろうか。

 避けたいのは今戦ったばかりの相手と一緒に飲むことだ。普段から親しくしているのならいいが、そうでない場合、ビール飲みながら感想戦の続きをやるハメになりかねない。負けたときはその将棋を忘れたいと思っているのにそれが出来なくて不愉快な思いをすることになるし、勝った場合も(この世界では勝った方がおごるというキマリらしきものがある)相手に気を使いつつ財布の中身を心配しなければならぬ。

 もしその日、仲のいいヤツが別の対局をしていてそいつも対局が終わっていれば、そいつとバカ話をしながら飲むというのがいい。

 しかし、やはりうまいビールを飲む一番の条件は対局に勝つことだ。

 勝った後、まっすぐ家に帰り、今戦ったばかりの棋譜のコピーを見ながら、ニンマリしつつ一人で飲むビールというのもまた格別である。

—————-

たしかに、対局者同士が対局終了後一緒に飲みに行くのは、いろいろな面で味が良くない場合が多いのだろう。

年齢が例えば20歳以上離れていて、年上の棋士が勝った場合(年上の棋士が誘った場合)は、そのような雰囲気は薄れるかもしれない。

—————-

家で飲む酒は、外で飲むのとはまた違った趣きがある。

ところで私の話になるが、若い頃は家では酒を全く飲まなかったのに(外ではたくさん飲んでいた)、40代になってから家にいても飲むようになった。

このブログも2013年の初夏の頃までは、飲みながら書いた記事がそこそこあった。

しかし、2013年の8月に鼻の手術をしてからは、家で飲む酒が美味しく感じなくなり、ここ2~3年は全く家で酒を飲まなくなっている。(外では普通に飲んでいる)

若い頃に戻っただけだと思えば不思議でもないのだが、とにかく鼻の手術が(良い方に)影響しているのは間違いなさそうだ。

 

 

 

丸山忠久名人(当時)「郷田さんとは年齢も近く四段昇段が同期という間柄 」

将棋世界2001年5月号の、アサヒスーパードライの広告「キレ味。この一手。 第8回 丸山忠久名人」より。

挑戦権獲得の一番

 第58期A級順位戦最終局で郷田真隆八段と対戦した。郷田さんとは年齢も近く四段昇段が同期という間柄。

 この最終局は私が勝てば名人への挑戦権を得ることができるが、負けるとプレーオフに持ち込まれてしまう可能性のある大きな一番だった。

 私の中座飛車に対し、郷田さんは金銀で飛車を押さえ込みにきたが、中央の折衝でうまくペースをつかんだと思った。

 図は郷田さんが5四の歩を金で払ったところ。

 以下、本譜は▲7四歩△同金▲5一角成△同玉▲4三飛成△5三金▲5二歩で郷田さんが投了した。▲7四歩~5一角成!が決め手。角を成り捨てて玉を下段に落とし、飛車が成り込んでの寄せはキレがあったと思う。

 投了した▲5二歩の局面は私の玉が安泰、一方の郷田陣は△5二同金は▲3二竜だし、△5二同飛も▲同竜△同金▲7一飛で収拾がつかない。

 プレーオフに持ち込まれずに挑戦権を得ることができ、ほっとした一局だった。

—————-

広告的には▲7四歩△同金から▲5一角成としたA図の方が絵になるのであろうが、やはり将棋的には▲7四歩から解説してもらったほうが有り難いし、キレ味のある一手であることがもっと理解できる。

A図から△5三玉もあるが、そうすると▲6一馬とされて4三の銀取り、かつ次の▲7一馬の王手飛車取りが受からず、後手はもっと大変なことになってしまう。

—————-

丸山忠久九段と郷田真隆九段は四段昇段が1990年4月1日と同じ日で、学年も同じ。

将棋マガジン1990年5月号には新四段になった二人の写真が載っている。

丸山忠久四段(当時)のVサインという非常に貴重な写真。

 

 

 

 

 

鈴木大介六段(当時)の優勝を決めた中空の香

将棋世界2001年3月号の、アサヒスーパードライの広告「キレ味。この一手。 第6回 鈴木大介六段」より。

中空の香で決める

 昨年度のNHK杯決勝、郷田真隆八段との一戦。時間の短い将棋は得意でもあり「絶対優勝するんだ」とやる気満々で対局に臨んだ。

 僕の四間飛車に、郷田八段は居飛車穴熊の作戦で来た。中盤は穴熊流の猛攻にあってずっと苦しい将棋だったのだが、自分にもチャンスが巡ってきたのが角取りに銀を打たれた図の局面。

 ここで▲1四香と中空に放ったのがキレ味ある会心の一手だった。△同香と取るのは▲1三歩と垂らして寄り形。また放っておいても▲1三歩と攻めて振り飛車の勝ちになる。

 本譜は▲1四香に△5五銀▲同馬△4四歩▲1五香。▲1四香に郷田八段は△5五銀~△4四歩と角のにらみを止めてきたが、歩切れになった瞬間に▲1五香と走った手が厳しく逆転。以下も粘られたが勝ち切ることができた。

 空間に打って取れない香は珍しいと思う。30秒将棋の中で指せた自慢の一手である。

—————-

持ち駒が香1枚と金1枚と歩だけで穴熊が崩壊してしまうのだから恐ろしい。それだけ5五の角(馬)の威力が凄いということなのだろう。

いかにも鈴木大介流だ。

—————-

木村晋介将棋ペンクラブ会長がホストを務める将棋ペンクラブ会報の新春対談、今回は、将棋ペンクラブ大賞技術部門大賞を受賞された鈴木大介九段に登場いただいた。

修行時代のこと、師匠・兄弟子のこと、遊びを覚えた頃のこと、注目している振り飛車党の若手、新手のこと、将棋ソフトと棋士の個性、趣味、将棋漫画の監修のことなど、面白くて興味深い話が盛り沢山。

その中からほんの一部を抜粋。

木村 ライバルというような棋士はいますか。

鈴木 行方さんでしょうか。苦手で、ダブルスコア以上です。あれは結婚する前だったと思いますが、出掛けるときに妻から相手が誰か聞かれて、なめちゃんだよって言ったら、あぁそうなんだぁってため息つくような返答されて、カチーンときました。この対局だけは絶対勝ってやると思って臨んだのですが、負けて悔しかったということがありました。

—————-

今まで、新春対談の原稿起こしは2014年を除いて2002年から2016年まで私が担当してきたのだが、今年は観戦記を書く時期と重なったため、幹事の荒幡さんが担当。

私は対談が終わった後の打ち上げにだけ参加。とても楽しい時間だった。

—————-

ところで、私は打ち上げの席に少し遅れて到着したのだが、隣の席から将棋の話題が聞こえてきて、(えっ、ずいぶん将棋界のことに詳しい人達だな)と思って隣の席を見てみると、なんと、勝浦修九段と広瀬章人八段と女性二人が座っていた。

帰り際に知ることになるのだが、広瀬八段が奥様を連れて、師匠夫妻に結婚の報告をしている席だったのだ。

翌日、広瀬八段の入籍が発表された。

—————-

この対談が載っている将棋ペンクラブ会報春号は先週の土曜日に発送作業が行われ、その時に初めてこの対談を読んだ。

対談の中で鈴木大介九段は、「私の才能をはるかに凌駕しているなと思ったのは、若い棋士の中で広瀬君」と語っている。

このような話をした後に広瀬八段が同じ店に現れるのだから、本当に凄いことだと先週の土曜日に思ったのだった。

 

 

木村一基五段(当時)「世界一投げっぷりが悪く、相手は誰だろうと盤上では信用しない」

将棋世界2000年9月号、鈴木大介六段(当時)の「鈴木大介の振り飛車日記」より。

 木村(一)五段との新人王戦。奨励会以来の対戦で公式戦では初対局。

 木村五段のイメージはその粘り強い受けで本人曰く、

「世界一投げっぷりが悪く、相手は誰だろうと盤上では信用しない」

 らしい(そうか、あの高勝率はここから来ているのか…)。またお酒大好きお喋り大好きで、よく対局控え室で、さすがにアルコールは飲まないが油を売っていることが多い(人の事は言えないが…)。また対振り飛車には最近では珍しく急戦しか出来ない(失礼しました)ようでその急戦も一気に潰すのではなく粘って粘りまくる急戦?なのだからタチが悪いと振り飛車党からは評判だ。

 今回もあの嫌な急戦かと思いきや四間VS居飛穴に進行。さすが急戦党の穴熊で4図ではラクラク振り飛車捌ける形になっている。

 不思議なことに奨励会の頃から木村五段の玉は堅ければ堅いほど寄せやすく、逆に薄ければ薄いほど寄せづらい玉で、特に玉を裸にしてしまったら目が爛々と輝くのだから玉を堅める党の僕には理解出来ない所があった。

%e9%88%b4%e6%9c%a8%e6%9c%a8%e6%9d%91%ef%bc%91

 逆に玉が堅いと精彩を欠くようで4図以下△4五歩▲5三飛成(思わず指す時「スマッシュ」と言いたくなってしまった)△同飛▲4五桂(5図)と気持ち良く攻めて以下木村五段をサンドバック状態に…。

%e9%88%b4%e6%9c%a8%e6%9c%a8%e6%9d%91%ef%bc%92

 久し振りの快勝。控え室で夜戦のために取っておいたであろうアンパンをムシャムシャ食べる木村五段を見てさらに御満悦になった一日でした。

(以下略)

—————-

「不思議なことに奨励会の頃から木村五段の玉は堅ければ堅いほど寄せやすく、逆に薄ければ薄いほど寄せづらい玉で、特に玉を裸にしてしまったら目が爛々と輝くのだから玉を堅める党の僕には理解出来ない所があった」が絶妙だ。

「また対振り飛車には最近では珍しく急戦しか出来ないようでその急戦も一気に潰すのではなく粘って粘りまくる急戦?なのだからタチが悪いと振り飛車党からは評判だ」も最高。

4図からの△4五歩に対する▲5三飛成は、本当に気持ちよかったと思う。

—————-

鈴木大介六段(当時)の「鈴木大介の振り飛車日記」はこのブログでも何度も取り上げているが、非常に面白い連載だった。

その中でも特に面白い、あるいは歴史的に貴重な作品を挙げると次の三作。(他も十分に面白いので、ブログの右中ほどにあるサイト内検索で”振り飛車日記”で検索してみてください)

深浦康市九段の少年時代の有名な名言→ストイックだった深浦康市少年

昔の行方尚史八段らしさに溢れた行方尚史六段(当時)→大盤解説の本音

”おしゃべり三羽烏”の一人、近藤正和六段の奨励会時代の超大胆な発言(三羽烏の残りの二人は鈴木大介九段と木村一基八段)→コンチャンご機嫌事件

—————-

先崎学八段(当時)が鈴木大介五段(当時)を語るエッセイがあって、これが泣かせる。→鈴木大介八段の涙

「振り飛車日記」の鈴木大介九段の奥様関連

棋士の妻

鈴木大介六段(当時)「穴熊の天敵は一に全駒、二に姿焼きであり、このように駒がぶつかれば後は負けても僕の責任ではない、というのが穴熊の極意?なのである」

 

 

 

石立鉄男さん「家が近所でしたからね。あちこちでよく会うんですよ。ねぇ丸ちゃん」

将棋世界2001年10月号、橋本真季さんの「近鉄将棋まつりという舞台 竜王が、名人が、四冠が!豪華メンバー集まる将棋サミット!?」より。

 8月16日午後5時、近鉄将棋まつりのメインイベント、記念対局が始まった。

丸山忠久名人VS阿部隆七段
解説 内藤國雄九段
聞き手 石立鉄男(俳優)

 振り駒の結果、先手が丸山名人に決まり、名人は下手(しもて、舞台に向かって左方)、阿部七段は上手(かみて)へ。対局室の奥には、読み上げの福間2級と記録の水津三段。そして、その後ろには大きなスクリーン。対局者の盤を真上から撮った映像を映し出すためだ。

(中略)

 下手の大盤の前、右側に内藤九段。

 左側に石立氏と大盤操作の関口二段。

内藤「よくねえ”私らなんか、先生と指したら1、2分で吹っ飛ばされてしまいますでしょうなあ”と言う人がいるんですけど、これは将棋を知らない人の言うことです。そんなもん1局の将棋が1分やそこいらで終わるはずがない」

 対局者、駒を並べ終わり、一礼。

 ピチッという音と共に▲7六歩。

内藤「あと、大会社に行くと社長や会長が”うちの会社に四段がおるんです”と言うんです。”すごいですね”と言うと、”もちろんプロと違いますよ”と続く。プロで会社員なんて、おるかいな」

 会場に笑いがおこる。

内藤「ところで、丸山名人をよく見かけたとか。なんか、自転車で?」

石立「そうそう、自転車姿をよく見かけました。自転車で闊歩してるんですよ」

内藤「闊歩ですか(笑)」

石立「闊歩です。それで近くの食堂でね、俺もよく行ったんだけど、1,300円のカレーを食うんです。ねぇ丸ちゃん」

 名人微動だにしない。少し右斜めに上体を倒したまま、きちんと手を膝に乗せている。

石立「家が近所でしたからね。あちこちでよく会うんですよ。ねぇ丸ちゃん」

 名人、微動だにしない。対照的に阿部七段、手に鼻に当てぐっと天を仰いだりと、動きが激しい。

 横歩取り、1図の局面。阿部七段の△2六歩に名人▲2八歩。

石立「これは取っちゃいけない。取れば△4四角ですね。両取りだ」

内藤「そう、それで▲2八歩。後手は受けさせて満足ですねえ。これで2筋を歩で攻められる心配がないですからね。ただし、先手もこの歩を打つことで”いつかは2六の歩を取り払いますよ”と言っています。この歩を取れば、後手の2歩損ですから」

 この後、数手進んだ2図。

内藤「ここはいろいろありますね。取り込まれると▲同銀に△4四角があるので▲同歩か▲6六銀か。それとも……」

石立「▲同歩にしましょ。▲7五同歩。ね、丸ちゃん。名人だったらこれぐらいサービスしなきゃあ。▲同歩に決定!」

 名人3分考えた後▲同歩と取る。客席から拍手が沸き起こる。

内藤「ほほう、指しましたね」

石立「そりゃあ1,300円のカレー仲間ですから。考えてることは同じです」

 場内爆笑。以下終盤まで華々しい攻防が繰り広げられ、87手で先手の丸山名人が勝利を収めた。後手の阿部七段は、終始舞台にふさわしい豪快な指しまわしで、見ている者をわくわくさせた。舞台を意識して”将棋で魅せる”姿は、棋士というより役者に近い。片や、丸山名人はマイペース。聞き手の人にカレー、カレーと連発されながらも、乱されることなく落ち着いて指す姿が印象的だった。微動だにしないが、頭の中はフル回転なのだろうな。と誰もが思ったに違いない。

 大きな大きな鳴り止まない拍手。近鉄将棋まつりの長い一日が終わった。

(以下略)

—————-

内藤國雄九段が「ところで、丸山名人をよく見かけたとか。なんか、自転車で?」と石立鉄男さんに聞いているのは、石立さんが近代将棋に書いたエッセイを内藤九段が見てのことだと思われる。

このエッセイは、後日紹介したいと思うが、石立さんが自宅そばの喫茶店にいた時に、自転車に乗った丸山忠久名人(当時)を見たというもの。

—————-

石立さんからのツッコミがあっても微動だにしないのが、いかにも丸山流。

やはり、席上対局とはいえ盤面に100%集中している状態なのだと思う。

—————-

昨日、渡瀬恒彦さんが亡くなったことが報じられたが、石立鉄男さんが亡くなったのが10年前の2007年6月1日。

その2日前の5月30日に日本女子プロ将棋協会(LPSA)が設立されている。

さらにその3日前の5月27日にはZARDの坂井泉水さんが亡くなっている。

10年前の出来事を思い出しつつ、今日は昼食にカレーでも食べてみようかと思う週末の気分。