読む

読む

谷川浩司竜王・名人(当時)「21歳の時よりも確実に強くなっているはずなのに、名人どころか挑戦者にもなれない。意識すればするほど遠ざかってしまう。これが名人位の重みなのだろうか」

十七世名人の資格を獲得した谷川浩司竜王・名人(当時)の思いが語られる。 将棋世界1997年8月号、谷川浩司竜王・名人の特別寄稿「責任の重さ」より。  5月30日、名人戦第5局2日目、夕食休憩。  私は優勢を確信していた...
読む

羽生善治五冠(当時)「私も対局をしながら『衛星放送で解説している人達は困るだろうなぁ』と思っていました」

近代将棋1997年8月号、中井広恵女流五段(当時)の「棋士たちのトレンディドラマ」より。 「いったい何を考えているのだろう」  衛星放送をご覧になって、そう思われた方も多い筈。  名人戦第5局で、羽生名人が2手目から3...
読む

佐藤康光八段(当時)が驚いた中村修八段(当時)の不思議流の一手

将棋世界1997年8月号、佐藤康光八段(当時)の第38期王位戦〔対 中村修八段〕自戦記「経験が生きる」より。  将棋は私の先手。中村八段は変幻自在な「不思議流」と呼ばれる棋風で何をやられるか全く見当が付かなかった。  中村将棋は時折...
読む

内藤國雄九段「逆転の悪手はあっても逆転の妙手はあり得ない。あらかじめ潜んでいる妙手を見つけて勝つ。それは逆転ではなく、順当勝ちというべきだ」

将棋世界1997年6月号、内藤國雄九段の第55期名人戦第1局〔谷川浩司竜王-羽生善治名人〕「女神を迷わせた熱戦より」。  幸運の女神は誰にも公平に微笑みかけるもので、本人がそれに気がつくかつかないかの違いなんだという考え方...
読む

木村一基四段(当時)「ああ、やっと上がった」

将棋世界1997年5月号、木村一基四段(当時)の四段昇段の記「やっと」より。  前期上がれなかったのは悔しかった。愚かなことに開幕5連勝してもう昇段も同然、と思ってしまった。恥ずかしいことにのぼせ上がっていた。  僕の子分で...
タイトルとURLをコピーしました