読む

読む

羽生善治六冠(当時)と炬燵

将棋マガジン1995年2月号、羽生善治六冠(当時)の「今月のハブの眼」より。  11月に入り、肌寒い日が多くなって来ました。  いよいよ、寒い日の到来です。  私はまだコートは着ていませんが、出かける時は厚着になってき...
読む

『羽生の頭脳』破りと「『羽生の頭脳』破り」破り

将棋マガジン1995年2月号、羽生善治六冠(当時)の「今月のハブの眼」より。  さて、今月の1局目は王将リーグ、村山聖七段との一局から。  王将リーグはこれが3局目、いよいよ中盤戦に入って来た所です。  村山七段には毎...
読む

非常に新鮮な加藤一二三九段の視点

将棋世界1995年2月号、加藤一二三九段の連載自戦記「わが激闘の譜」より。  私はクリスマスにキリスト教の洗礼を受けたので、この祝日には特別の思いがある。  旧約聖書、新約聖書によると、日夜人々の幸福を母の心を持って、涙を流...
読む

羽生善治六冠(当時)「めざせ、算数名人!!」

近代将棋1995年2月号、明石覚さんの「平成棋士バラエティ」より。  「やっててよかった公文式」。  こまったことに、僕はここ2、3週間、この13文字が耳に残ってはなれないのだ。気に入った音楽のメロディーが、歌詞とともに耳に残ること...
読む

人気急上昇中の三浦弘行四段(当時)

将棋世界1995年1月号、河口俊彦六段(当時)の「新・対局日誌」より。  行方四段のインタビュー記事のなかに「羽生名人を追随するのは、ボクと三浦君だと思う」というのがあった。三浦四段は、それほど買われている。  であるから、私もなに...
タイトルとURLをコピーしました