「読む」カテゴリーアーカイブ

順位戦のサメ、カツオ、イワシ

将棋世界2004年5月号、河口俊彦七段(当時)の「新・対局日誌スペシャル 第62期順位戦最終局」より。

 これはA級にかぎらないが、各クラスとも中身は3つくらいに分かれている。サメ、カツオ、イワシで、サメが昇級候補、イワシが降級候補なのはいうまでもない。その格付は、各棋士がそれぞれ作っていて、誰も口に出さないが、だいたい一致している。そして仲間からイワシと思われると、辛いことになる。大山名人が、やっとA級残留を決めたとき、自嘲まじりに呟いた「みんなに危ないと思われたら長くない」はそれを言っている。

 また、A級は1年で落ちるが、表にあらわれない降級点みたいなものがある。つまり、長年上位にいる大棋士は、1年の不調では落ちない。みんな、負け越して順位を7位とか8位に下げ、そして持ちこたえられなくなって落ちる。

 そこで谷川王位の星を見ると、今期は出来がわるく、4勝4敗である。もし最終戦で負けると、落ちはしないが、順位が大きく下がり、6位か7位になってしまう。それは下り坂にさしかかったと思われかねない。タイトルを保持している実力からして、すぐ勝ち越して順位を戻すだろうが、1年間は、下位にいる自分の名をみんなに見つづけられることになる。プライドが高い谷川王位だから、それは不愉快だろう。

 そんな想像をして対局中の谷川王位を見ると、いつもと表情が違っているように思えた。戦いは負けられぬ一戦らしく、相穴熊の長期戦。

(以下略)

* * * * *

サメ、カツオ、イワシ。

サメとイワシは分かるのだが、なぜ中間がカツオなのか、例えばなぜマグロではないのか、調べてみた。

マグロの餌はサバ・サンマ・イカなど。

一方、カツオの餌にはカタクチイワシが主に使われるという(実際のカツオ漁は、いくつものバケツでカタクチイワシの生餌を海に投げ入れ、寄って来たカツオを疑似餌で釣る)。

マグロもイワシを食べることがあるのだろうが主流はもっと大きな魚類。カツオはイワシが大好物。

そういうわけで、サメとイワシの間にカツオが入るのだと考えられる。

 

谷川浩司二冠(当時)「やっぱり少しゼイタクですか」

将棋世界2004年5月号、中島一彰編集長(当時)の第29期棋王戦五番勝負〔丸山忠久棋王-谷川浩司王位〕第4局観戦記「谷川、二冠に驕りなし」より。

「苦しい将棋が多かった。第2局は完敗でしたし、今日の将棋も少しずつ、ずっと悪かった。結果は出来すぎです。運がよかったですね。(棋王は)16期ぶりの返り咲きですか……随分昔のことなので……そうですねぇ、(以前の在位の頃は)若かったですからねぇ。

 二冠についてですか……まあ、森内さんも同じように思っていると思いますが、これで羽生さんに追いついたとは考えていません。これからが大事なのだと思います。

 タイトル二つも久し振り、6年振りですか。しかし、これも続けていかないことには価値がないことで……。30代の人達でタイトルを独占されるよりは、40代でタイトルを保持することが、将棋界のためにはいいかもしれませんが。

 今年度は勝率も久し振りに7割近く残せました。ここ何年かは5割台が続いていましたからね。ただ、竜王戦や王将戦などでチャンスを逃しているので、タイトル二つ持って言うのはゼイタクなんでしょうが、もう少し優勝できるようにしなくては……やっぱり少しゼイタクですか……しかし、新年度の4月からも、また気を引き締めて臨みたいと思います」

 終局後の勝利者インタビューに答える形で、谷川は、いかにも谷川らしく、静かに落ち着いて、淡々と語った。

(以下略)

* * * * *

この時、谷川浩司王位・棋王、森内俊之九竜王・王将、羽生善治名人・王座で、二冠が3人。もう一冠は佐藤康光棋聖だった。

* * * * *

「まあ、森内さんも同じように思っていると思いますが、これで羽生さんに追いついたとは考えていません。これからが大事なのだと思います」は本当に実感だったのだろう。

グラフで現在の値は同じでも、過去からの面積を考えるとまだまだ追いついていないということ。

* * * * *

谷川浩司九段の声と話し方を思い出しながら談話の部分を読み返すと、もっと臨場感が増してくると思う。

 

「とにかくイヤらしい相手」

将棋世界2004年3月号、「第62期順位戦」より。

 図から3手1組の手筋がある。ちょっと気付きにくい手順である。

 残り2局を残しての余裕をもって、深浦が昇級を決めた。かつてはC2で9勝1敗頭ハネなど、何度か不運があったが、ついにA級まで昇りつめた。

 深浦将棋に派手さはないが、細かく少しずつポイントを上げていくのに長けており、そして粘り強い。仲間内の評は「とにかくイヤらしい相手」と一致している。

 △7七歩▲同桂△7五金がうまい。次の△7六歩が受からない。▲7六歩は△同金のあと、また引かれて歩がなくなってしまう。

* * * * *

2003年度のB級1組順位戦、深浦康市七段(当時)がA級昇級を早々と決めた後の一局。

* * * * *

2図から△8七金▲同銀△同角成▲同金△同飛成と一気に行く道もあるが、やや僻地にいる先手の金銀を捌かせることになり、面白くないといえば面白くない。

本譜の△7七歩▲同桂△7五金が先手にとっては嫌な手順(△7七歩に▲同銀は△8七金、△7七歩に▲同金は△同金▲同桂△7六歩)。

△7五金とされて、先手の指す手が見当たらない。

振り飛車党にとっては非常に憂鬱になるような展開。

* * * * *

「とにかくイヤらしい相手」

実生活でこのように言われたらかなり考え込んでしまうが、勝負の世界では最大級の賛辞だ。

 

米長邦雄王将「今回はわかっているけれども言えない」

将棋マガジン1984年6月号、「名人戦七番勝負アンケート 谷川名人防衛か 森安八段奪取か」より。

 谷川名人対森安八段の勝敗予想を募ってみた。遅い人でも第1局が始まる1週間前までにいただいたものである。質問項目は次の通り。

①何勝何敗でどちらが勝つか
②その主な理由
③好きな棋士、あるいは今後活躍を期待したい棋士
※「勝負」について何かひと言

 結果は圧倒的に谷川乗りが多く、理由としては若さ、勢い、強運をあげる人がほとんどだった。

 なお、回答できない旨の返信も原文のまま掲載させていただいた。それぞれ個性的な味があって面白いと思う。

 期間が短かったにもかかわらず、ご回答くださった方々には深く御礼申し上げます。

①何勝何敗でどちらが勝つか
②その主な理由
③好きな棋士、あるいは今後活躍を期待したい棋士
※「勝負」について何かひと言

ジェームス三木(シナリオライター)
①4勝3敗で森安八段。
②森安に上昇棋運あり
③米長邦雄、田中寅彦
※「勝負」は相手をよく知るものが勝つ。相手をよく知ることは「やさしさ」である。やさしさが勝つのである。

鈴木健二(NHKアナウンサー)
名人戦についてアンケートを戴きましたが、名人戦及び谷川、森安両氏についての資料を全く持ち合わせておりませんし、また現在超多忙で、蒐集の時間もなく、いい加減な仕事をするのが大嫌いですので、申しわけありませんが、回答を辞退致します。両氏のご健闘を祈ります。

倉島竹二郎(作家)
①今期の名人戦は、四対二ぐらいで谷川浩司名人が勝ちそうに見ていますが、どんなものでしょうか?
②若いということは何と云っても大したことで、谷川名人の将棋は一局ごとに強くなっている気がするからです。しかし、予想はアテにならぬものですし、森安秀光八段も近来棋力の充実ぶりは目覚ましい感じで、是非頑張ってほしいと思っています。
③中原誠十段。若手では、親しかった塚田正夫さんと同姓のせいか、まだ見ぬ塚田泰明五段の活躍を期待しています。

木村義雄十四世名人
強敵連中に伍しての挑戦権の獲得という奮闘は、天晴れです。いずれが勝つにしても四対三か、四対二と思われます。

永六輔(タレント)
①さあどうでしょうね
②あるでしょうね
③誰もいません

つのだじろう(漫画家)
①4勝2敗で谷川名人の勝ち
②中原十段、田中寅八段が挑戦者になるまで谷川の名人位防衛はつづくと思う
③中原十段、田中寅八段、大内八段他大勢います
※将棋の試合というのは自分の人生、性格などを凝縮した世界といえる。果てしなく興味深いと思います

大滝秀治(俳優)
①4勝2敗で谷川勝
②将棋とはこんな簡単なゲームだったのか、と錯覚させる位一直線に寄せてゆく見事さは類がありません
③大内延介、石田和雄

高木彬光(作家)
①4対2で谷川の勝

立川談志(落語家)
さて困りましたナア、将棋って縁がござんせんでネ、升田幸三というワカラズ親父を知っている程度なもので……

北條秀司(劇作家)
「王将」の作者で居ながら、いまだに将棋のことはなんにもわかりません  不悪

瀬戸内寂聴(作家)
①4対2で谷川勝
②谷川名人の度胸
③米長邦雄王将
※勝負はきらいです。負けた方が可哀そうだから、ずっとずっと昔、私は陸上三種の万年候補で一度も試合に出してくれなかったから、弱い人の気持ちに同情するから。

中原誠十段
①谷川名人の4勝3敗
②大熱戦が予想されますが、森安八段の”だるま流四間飛車”を、谷川名人がどう破るかが見所でしょう。苦戦ながらも最後は谷川名人が勝つと思いますが……

山田洋次(映画監督)
①4勝2敗で谷川氏の勝ち
②若さ
③米長邦雄

長門裕之(俳優)
①4勝3敗で谷川名人が勝つ
②若さがキャリアにまさる
③友人として森雞二、勝浦修両八段に一層のはげみを期待したい
※棋力の均衡したベテラン達がその位を保つために人生的なハングリーが今必要ではないだろうか

田中寅彦八段
①何勝何敗かわからないが、谷川名人の勝ち
②棋力は森安八段の方が上と思うが、谷川名人はなにせ運がいい

米長邦雄王将
①今回はわかっているけれども言えない
②森安勝ちと言えば、私の実力を自慢気に話すことになる。谷川勝ちと言うのは、森安先生に悪すぎる。故に私はしゃべることはできない

丹波哲郎
①谷川浩司名人

(以下略)

* * * * *

昔はこのような名人戦七番勝負アンケートのようなものがあった。

かなりたくさんの著名人に往復葉書を送ったのだろう。

* * * * *

鈴木健二さんはこの頃のNHKの超人気アナウンサー。

永六輔さんは永六輔さんらしいと言って良いのだろう。

個人的には大滝秀治さんが回答してくれているのが嬉しい。また、好きな棋士の一人が石田和雄八段(当時)というのも大滝秀治さんのイメージにピッタリ。

木村義雄十四世名人はやはり十四世名人らしい言葉。天上人という感じでとても良い。

田中寅彦八段(当時)の「棋力は森安八段の方が上と思うが、谷川名人はなにせ運がいい」も、らしくて絶妙だ。

米長邦雄王将(当時)はまさに泥沼流。

* * * * *

ここに掲げた以外に回答者は、小川誠子四段(囲碁)、阿刀田高(作家)、高橋道雄王位、古今亭志ん朝(落語家)、小田島雄志(東大教授)、高橋治(作家)、桂米朝(落語家)、藤沢桓夫(作家)、春風亭柳昇(落語家)、趙治勲棋聖(囲碁)、石堂淑朗(作家)、小松方正(俳優)、大橋巨泉(タレント)、林秀彦(作家)、千家和也(作詞家)、一龍斎貞丈(講談師)、青野照市八段、柳家さん助(落語家)、石田芳夫九段(囲碁)、林海峰本因坊(囲碁)、春風亭柳好(落語家)、高橋三千綱(作家)、森雞二八段、赤木駿介(作家)、山本直純(作曲家)。

4勝1敗で谷川浩司名人が防衛を果たしたが、当てたのは青野照市八段と高橋三千綱さんの二人。

 

升田幸三実力制第四代名人「こうすれば最低A級にはなれる」

昨日からの続き。

将棋世界2003年8月号、泉正樹七段(当時)の「一触即発 升田式石田流」より。

 最後になりましたが、升田先生の記録係を務めた時(12歳頃2回)、何度もかんで含むようにおっしゃってくれたことを記し、終わりとさせていただきます。

「遊んどったら駄目。若いうちはたくさん勉強する。女は別じゃが、酒とタバコは30になるまではよした方がよろしい。頭が悪くなるからな。こうすれば最低A級にはなれる」。

* * * * *

升田幸三実力制第四代名人は子供の頃から酒、タバコをやっていたわけで、これは自戒の意味も込めていたのか、あるいは自分は子供の頃からやっていたという極めて悪条件にもかかわらず名人に香を引いた特別な人間だが、一般の人は真似をしちゃいかん、という意味を込めているのか。

きっと両方かもしれない。

* * * * *

しかし、「女は別じゃが、酒とタバコは30になるまではよした方がよろしい。頭が悪くなるからな」と言われれば言われるほど、

  • 女性の話はわかった。女性とどんどん仲良くするように心がけよう
  • このように何度も「よした方がよろしい」と言われている酒とタバコとは一体どのようなものなのだろう。一度試してみよう

となるのが通常の手順。

中田功七段も、上京前にお父さんから「功、酒とたばこと麻雀は絶対やるなよ!」と言われて、酒、タバコ、麻雀の道に邁進することになる。

中田功七段らしさ

* * * * *

泉正樹八段の青春時代。

泉正樹四段(当時)「さわらぬ彼に不満あり」

泉正樹四段(当時)「さわらぬ彼に不満あり 完結編

泉正樹六段(当時)「続・さわらぬ彼に不満あり」

泉正樹六段(当時)「続・さわらぬ彼に不満あり 完結編」