「読む」カテゴリーアーカイブ

「シナトラって、だれですか?タナトラなら知っています」

近代将棋1990年7月号、池崎和記さんの「福島村日記」より。

某月某日

 和歌山ターミナルホテルへ行く。きょうは神崎五段の結婚式だ。昼過ぎ、会場に着いた。まだだれも来ていない。来るのが早すぎた。喫茶店で時間をつぶし、30分前に行ったら、それでもまだ関係者の姿はナシ。時間を間違えたかと思い、フロントに聞くと「神崎様ですか?そういう方のご予定はありませんが……」係の人はカウンターの下でごそごそしていたが、しばらくして「その式は明日ではありませんか?」。呆れた。私は日を一日、間違えていたのだ。自分の間抜けぶりにだんだん腹が立ってきた。もう一度、喫茶店へ行き、コーヒーを2杯飲んだら、いくらか気持ちが落ち着いた。

某月某日

 神崎さんの結婚式。媒酌人は伊達七段夫妻。神崎さんの師匠は故・灘蓮照九段で灘九段亡きあと師匠代わりをつとめてきたのが伊達先生だ。南棋王、福崎八段、小林八段、淡路八段、児玉六段ら大勢の棋士が出席して祝福する。なごやかないい宴だった。

某月某日

「神崎先生の結婚式はどうでした」と奨励会のY君、「楽しかったよ。コバケンさんが『マイウェイ』を熱唱してね」と言うと「マイウェイ?何ですか、それ」。そばにいたH君も知らないという。「シナトラのあの有名な歌を知らないの、君たち」と言ったら、「シナトラって、だれですか」ときた。そうか、そういう年代なんだ。Y君は真顔で、「タナトラなら知っています」

* * * * *

フランク・シナトラ(1915年-1998年)は、アメリカの非常に有名な歌手・俳優。

映画『ゴッドファーザー』に出てくる歌手・ジョニー・フォンテーンは、フランク・シナトラがモデルとされている。

「マイ・ウェイ」は1969年にリリースされた曲で、日本では卒業式、英国では葬儀でよく演奏されているという。

* * * * *

この当時、フランク・シナトラが存命中でも、世代が変われば全くの未知の人になってしまっていたということになる。

それにしても、シナトラから田中寅彦八段(当時)を連想するのが絶妙だ。

ちなみに、この時期の関西奨励会でイニシャルがYなのは、山本真也初段と矢倉規広1級。

雰囲気的には矢倉1級の可能性が高いのではないかと思う。

* * * * *

若い人が昔の有名人を知らないのは、決して変なことではない。

私だって逆に、沢尻エリカさんが今まで何に出演したか全く知らなかったし、顔も覚えていないので、道ですれ違ってもわからないほど。

 

 

「内のは、人格者とか言われてますけど、けっこう遊び人なんですよ」

将棋世界1990年2月号、鈴木輝彦六段(当時)の「上達の処方箋」より。

 米長夫人に、中原先生の奥様と話をした時の事を聞かせていただいた。20年位、話をする機会がなかったが、あるパーティーで一緒になり、意気投合したそうだ。

「あ、それそれ、分かります」「そうなんですよねっ」と、皆まで言うなという感じだったらしい。

 棋士の妻の喜びや苦労が”あうんの呼吸”にする。最後に「内のは、人格者とか言われてますけど、けっこう遊び人なんですよ」と中原夫人が言ったそうで、(それなら内のは極悪非道ね)と思ったそうだ。

(以下略)

* * * * *

遊び人の定義にもよるが、遊び人の人格者は世の中にたくさんいる。遠山の金さんだってそうだった。

人格者と遊び人は、決して矛盾はしない。

中原誠十六世名人の奥様が「遊び人」と言ったのは、世の中からは堅いイメージで思われているかもしれないけれど、実際は普通にさばけている、という意味合いだろう。

真面目な中原十六世名人のことを遊び人と言うならば、相対的に米長邦雄永世棋聖は「極悪非道」になってしまう、と米長永世棋聖の奥様が思ったという展開。

* * * * *

この記事の後、鈴木輝彦六段(当時)は順位戦でB級2組からB級1組へ昇級している。

* * * * *

将棋世界1990年7月号、米長邦雄九段の連載自戦記〔勝ち抜き戦 対 鈴木輝彦七段〕「親孝行の対決」より。

 この講座で、かつて鈴木君は、中原誠を「遊び人名人」と呼び、私を「極悪非道」と書いた事があった。

 久々に中原先生が怒ったのを見たが、これが、愛情もなく、物事をナナメから観る事の好きな書き手のものであれば、当然黙ってはいない。

 しかし、書いたのは鈴木輝彦だ。

 昇段後に中原先生は彼に中華をふるまった。私はご家族にフグを賞味していただいた。

 人間は普段が大事なのである。

(以下略)

* * * * *

「久々に中原先生が怒ったのを見たが」

これは、本当に怒っていたのかどうかはわからない。

中原十六世名人と鈴木輝彦八段はもともと仲が良い。

* * * * *

「私を極悪非道と書いた事があった」

半分冗談が入っているとも考えられるが、奥様の談話を載せてもこのように思われるのだから、文を書くということは難しい。

* * * * *

「人間は普段が大事なのである」

まあ、結論はこういうことになる。

 

株式会社コーセーと将棋界の縁のはじまり

将棋世界1977年10月号、原田泰夫八段(当時)の「本手とウソ手」より。

 最近ご面談したなかで感服したのは小林孝三郎さんである。小林コーセー社長、化粧品ひと筋の大もの。80歳で現役の社長、早朝に出勤して週一回はゴルフ、これから原田に将棋の稽古をうけたいとおっしゃる。

 少なくとも10歳か15歳は若く見える。ゴルフで足を鍛え、将棋で精神、知能を磨かれよう、まことに結構である。社長の情熱は社員に反映して隆盛になる筈。天下は広大、世の中には常識では計れない偉い人がいるものと感心した。

 小林さんは昔指したことがあるという。

 将棋は数十年の空白があっても、特別弱くなるものではない。80歳で初めての稽古、さてどんな腕前か。

(以下略)

* * * * *

小林孝三郎さん(1897年-1995年)は、高等小学校を卒業して15歳から化粧品会社で働き始め、49歳の時に独立(小林コーセー設立)。

一代でコーセーを大企業に育て上げた。

小林孝三郎さんの略歴については、以下に詳しい。

設立者紹介(公益財団法人コスメトロジー研究振興財団)

「わが町が生んだ偉人 小林孝三郎」(筑波銀行)

* * * * *

「80歳で初めての稽古、さてどんな腕前か」

この時は、平手の稽古将棋で原田泰夫八段(当時)が勝っている。

原田泰夫九段はコーセーで将棋の師範となる。

* * * * *

原田九段には将棋ペンクラブ名誉会長も長く務めていただいた。

将棋ペンクラブ大賞の副賞でコーセーの化粧品が受賞者に贈られるが、原田九段からコーセーに副賞をお願いしたのがはじまりで、現在に至っている。

コーセーの方々には、原田九段の口癖だった「感謝感謝」という思いでいっぱいだ。

 

戌年生まれの棋士の「戌年の会」の発足

将棋世界1990年7月号、「私のホリデー」より。

 NHKの前の将棋担当ディレクターだった柿栖さん(昭和21年生)の発案で発足したのが「戌年の会」。

「将棋界に亥年生まれが多くいて有名になったことがあったよね。何か威張られているようでおもしろくなかったんだ、いつか見返してやろうってね(笑)。この所、若い棋士に私と同じ戌年生まれが多く出てきたんで、それじゃあ集まる機会を持とうっていうことになったんだ」

 とは、戌年の会会長の加藤治郎名誉九段(明治34年生)。

 幹事役の小野修一七段(昭和33年生)にお聞きしたところ、

「年1回、将棋大賞表彰式の日に集まりをもとう、ということで、昨年に第1回、今年も4月17日に第2回を開きました。ゆくゆく、この日だけでなく、年に1、2回集まって旅行会とか、何か催しとかやろうと思っています」

 今のところメンバーは、棋士および棋界関係者だけとのことで、前述の3人の他に会員を紹介すると、

  • 昭和9年生 北村八段、剱持七段、江上茂さん(テレビ東京)
  • 昭和21年生 蛸島女流五段、山下女流五段、森九段、勝浦九段、弦巻勝さん(カメラマン)
  • 昭和45年生 羽生竜王 先崎四段、森内四段、丸山四段

 小野七段によると、催しをやるときは一般の戌年生まれのファンにも声をかけることも考えているとか。

 ところで、干支は十二支、戌年だけでなく他の年の会もできないでしょうかねえ。

* * * * *

加藤治郎名誉九段の「将棋界に亥年生まれが多くいて有名になったことがあったよね。何か威張られているようでおもしろくなかったんだ、いつか見返してやろうってね(笑)。この所、若い棋士に私と同じ戌年生まれが多く出てきたんで、それじゃあ集まる機会を持とうっていうことになったんだ」。

これ以前に「亥年会」があって、大山康晴十五世名人、中原誠十六世名人をはじめとする錚々たる顔ぶれだった。

一緒に旅行をしたりするのがメインだった。ただし、資格は八段以上の棋士。

大山康晴十五世名人「ずいぶん方々へ旅するけど、自由で気儘な旅をしたことがないね。気のおけない棋士仲間で一年に二度か三度旅をしたいね。何かいい案を考えてよ」

* * * * *

「戌年の会」は、NHKのそばにあったうなぎ屋「うな将」で行われていた。

加藤治郎名誉九段が亡くなる1996年頃まで続いていたようだ。

戌年生まれの棋士による「戌年の会」

1990年の戌年の会。将棋世界1994年7月号より。撮影は弦巻勝さん。
1990年の戌年の会。将棋世界1994年7月号より。撮影は弦巻勝さん。

* * * * *

「戌年の会」には、1958年生まれの毎日新聞の山村英樹記者も参加していた。

これを横目で見ていた読売新聞の小田尚英記者(1957年生まれ)は、いつの日か、「酉年の会」を発足させたいと考えていた。

月日は流れて一昨年、佐藤康光九段が「酉年の会」に非常に前向きになり、昨年、「酉年の会」が発足している。

佐藤康光九段「酉年の会も面白そうだなあ」

酉年生まれ棋士の大活躍

佐藤康光九段も読売の小田さんも、今は休止中の「戌年の会」へ対する対抗心もあったのだと思う。

佐藤康光九段は勝負師として、小田さんは新聞記者として。

 

中井広恵女流王位(当時)「将棋盤の前では、あれが女かと言われる程の強い女性に、離れたら、あれが勝負師かといわれるような優しい女性になりたい」

将棋世界1990年9月号、「第1期女流王位戦就位式行われる」より。レポーターは小田切紀子さん。

将棋世界同じ号のグラビアより。

 3連勝で、見事、初代女流王位の座についた中井広恵女流王位の就位式が、7月4日、東京日比谷の松本楼で行われた。

 鮮やかな花柄のツーピースに、スカイブルーのリボンで腰をきゅっとしめた中井さんは「素敵な置物を頂き、大変嬉しい。夫婦げんかで壊さぬよう気を付けたい」と、まず、謝礼。夫君の植山五段は後ろの方で控えめに座っていたが、実に嬉しそう。置物は、壊れそうにないとみた。また、ある馬好きの女の子が騎手になるまでのドラマが、勝利への特効薬になったという中井さんは「将棋盤の前では、あれが女かと言われる程の強い女性に、離れたら、あれが勝負師かといわれるような優しい女性になりたい」と抱負を述べ、会場から盛大な拍手を受けた。

=余談=

 松本楼のカレーはとってもおいしい。これを楽しみに来る人もいそう。胸がいっぱいなのかお腹がいっぱいなのか、主役の中井さんは食が進まぬよう。ラッキーとばかりに、もう一杯、御馳走になってしまいました。

* * * * *

「将棋盤の前では、あれが女かと言われる程の強い女性に、離れたら、あれが勝負師かといわれるような優しい女性になりたい」

格好いい。

方向性は異なるが、昔のサントリーの黒澤明監督が出演した広告の「悪魔のように細心に、天使のように大胆に」のコピーを思い出す。

* * * * *

中井広恵女流六段は、就位式、前夜祭などでの名言が多い。

1984年第10期女流プロ名人位戦表彰式での祝辞→中井広恵女流二段(当時)「二つも持っているんだから、私に一つください」

1989年第15期女流プロ名人位戦表彰式→中井広恵女流名人(当時)「恋をしても強くなる」

1990年第1期女流王位戦→中井広恵女流四段(当時)「恋人のいない人なんかに負けるわけにはいかないわ」

1991年自戦記→「私は夢は99%かなう可能性がなく、残り1%を追うものだという考えを持っている。なぜなら、努力すれば何とかなるなら、それは”目標”になるからだ」

* * * * *

ファンも喜ぶ、説得力のある言葉の数々。

このような言葉がパッと浮かんでくるのも、得難い才能だと思う。