「読む」カテゴリーアーカイブ

谷川浩司名人(当時)「我ながらエキサイトしやすい性格なんだと思いました。かなりあつくなっているのが自分でも分かりましたからね」

将棋世界1989年3月号、青島たつひこさん(鈴木宏彦さん)の「駒ゴマスクランブル」より。

 1図をご覧いただきたい。▲2六歩の誤植ではない。初手▲3六歩。これを見て「あっあの将棋か」と気のつく方は相当な棋界通である。

 昭和60年1月21日。第11期女流名人位戦、林葉直子女流名人(当時)対長沢千和子二段戦の第4局。林葉さんは初手に10分考えた末に▲3六歩と突き、そして勝っている。

「九州大学の学生さんにこんな手もあると教えられまして……」

 当時、林葉さんからそんな話を聞いた記憶がある。それをなぜ今ごろ持ち出してきたかといえば、最近男性プロ同士の対局で2局この初手▲3六歩が現れたからである。

 1局目は正月に札幌の将棋腕競べで行われた森内俊之(先手)-中村修戦。森内の初手▲3六歩に対し中村の2手目はなんと△3二飛。

 まあこの勝負は公式戦ではない席上のお好み対局だから、二人とも多分にファンサービスを意識しての指し手だったと思う。だが、驚いたことにプロの公式戦でもこの▲3六歩がついに出た。

 1月23日に収録されたNHK杯の先崎学四段(先手)対谷川名人戦。先手の初手がこれ!

「我ながらエキサイトしやすい性格なんだと思いました。かなりあつくなっているのが自分でも分かりましたからね」

 その日の夜、一緒に飲んだ時の谷川名人。ちなみに名人は例の林葉-長沢戦は知らなかったが、森内-中村戦の方はなんと大盤解説を務めていたという。

 果たして先崎がそこまで計算してこの歩を突いたのかどうか。どちらにしても、佐藤康光戦の2手目△3二金といい、この新鋭の度胸が常識はずれであることは間違いない。

(以下略)

* * * * *

「我ながらエキサイトしやすい性格なんだと思いました。かなりあつくなっているのが自分でも分かりましたからね」

温厚な谷川浩司九段でさえ、このような感情を抱いたのだから、初手▲3六歩はかなり刺激的な指し手ということが言えるだろう。

石田流党あるいは三間飛車党の人が後手番の時に、初手▲3六歩を見たら、(俺をバカにしているのか)とやはりアツくなる可能性が高い。私自身がそうだった。

しかし、この初手▲3六歩をとがめる方法は見つかっていない。

将棋は奥が深い。

初手▲3六歩は、最も最近の大舞台では、2005年度のNHK杯戦決勝で渡辺明竜王(当時)が丸山忠久九段に対して指している。

* * * * *

林葉流初手▲3六歩戦法

中村修七段(当時)「後手番二手目の可能性(4)・・・△7四歩編」

 

「中村王将は気を遣うから、それが裏目に出なければ……」

将棋世界1988年5月号、第37期王将戦七番勝負第7局「平常心で臨めた第7局」より。

 5時25分、中村王将が投了を告げた。

 南二冠王の誕生である。

 終局直後の対局室。部屋の片隅に陣取り、2日間、対局を見守っていた大きな生け花が片づけられる。花のあった位置に、カメラマンたちがかわるがわるに立ち、次々とフラッシュをたく。

 その閃光の先には、子供のような屈託のない笑顔を浮かべる南二冠王がいる。そして、その前にはガックリと肩の落ちた中村王将。

「全体的に結構うまく攻めることができました。5局目でリードされた時も、1局1局を考えようと思っていましたのであまり気にはなりませんでした」。

 緊張の為か、終局の興奮の為か、南の声が時折かすれる。

「3ヵ月で二冠。ちょっと信じられませんね」。

 続いて、敗れた中村王将に質問が向けられる。

「残念です。ですけれど、このシリーズは指していて、読み負けているような感じがあったから、仕方ないでしょう」。

 努めてハキハキと、よく聞きとれるように語る姿はなんとも痛々しい。

「5局目で流れを変えたのが、いけなかったかなあ」と、周囲の空気を察して、すかさず自嘲的なジョークを飛ばす。

 続いて再び南へ矛先が向けられる。

「震えはなかったですか?」

「ええ、少し馴れてきました」と南。

「震えるようなかっこうしてないんですけど」と中村がまぜっ返し、再び対局室に笑いが起こる。

「地蔵流というネーミングに抵抗は?」

「嬉しくはないですけど、抵抗ということもありません。でも何となくイマイチな感じですね(笑)」

「自分の棋風を一言で言うと?」

「ありません(笑)」

「では、それがあるまでは地蔵流でいいですか?」

 南はコックリとうなずいた。

 こういう風に、糸を張りめぐらしたような終局後の空気が、少しずつ少しずつ柔いでいく。

 この王将戦が始まる前「中村さんは気を遣うから、それが裏目に出なければ」と塚田王座が心配していたのを思い出す。

 その通り、中村は虎の子を失った直後でさえも、見事な気配りを忘れなかった。その姿は清々しく、どんな大きな花よりも絵よりも、今は対局室の空気を柔げている。中村は堂々と敗れたのだ。

 追いつ追われつの大接戦は終わった。

 花が失われ色あせた部屋、取り囲む大勢の取材陣、時々光るまばゆい閃光。いつもタイトル交代劇はその中にある。

(以下略)

感想戦の時。将棋世界同じ号に掲載の写真。撮影は中野英伴さん。

* * * * *

「中村さんは気を遣うから、それが裏目に出なければ」

歴史的には、タイトル戦では気を遣うことが裏目に出る場合が多いようだ。

その一方で、気を遣う棋士にはファンが多いという傾向もある。

* * * * *

「5局目で流れを変えたのが、いけなかったかなあ」

この期の七番勝負は、第4局まで先手が勝つ流れとなっており、第5局は後手番の中村修王将(当時)が勝って、この流れが変わった。

第6局、第7局とも中村王将は先手番で敗れている。

第5局が以下の記事のように、中村王将らしさの出た勝ち方だったので、より一層そのような思いが強くなったのかもしれない。

将棋世界1988年5月号、スポーツニッポンの松村久さんの「第37期王将戦七番勝負を振り返る 真価を発揮した南地蔵流」より。

 南先手の第5局、三たびひねり飛車になったが、中村は2~4筋と徹底的に位を張り、金銀を中央に集めて対抗。しかし、南がうまく指して、控え室では1日目にして「南がいいのではないか」という声が出たほど。ところが、一見苦しそうに見えてからの中村のしのぎが素晴らしかった。綱渡りのような受けでこらえて、最後は玉頭の位を生かして一気に南陣に襲いかかった。いかにも中村らしい勝ち方、流れは完全に中村のものと思った。

 ところが、南がここから2連勝したのである。

(以下略)

 

NHK将棋講座2019年9月号「橋本崇載八段-大石直嗣七段戦」観戦記

今日は、NHK将棋講座最新号の発売日。

◯表紙は、将棋フォーカス司会の、高見泰地七段、都成竜馬五段、向井葉月さんのイラスト。

○グラビアは「将棋フォーカスがもたらした潤い」。福島県相馬市で行われた「公開復興サポート 明日へ」の模様。高見泰地七段、都成竜馬五段、向井葉月さん、菅井竜也七段、鈴木環那女流二段の出演。

○もう一つのグラビアは、「将棋日本シリーズ 東日本大震災復興支援JT応援プロジェクト in 盛岡」の模様。高野秀行六段、金井恒太六段、鈴木環那女流二段、山口恵梨子女流二段、和田あき女流初段の出演。

○「平成の勝負師たち 第6回 八代弥七段」、文は小暮克洋さん。故郷への思い、同世代のライバルに対する思いなど、興味深い話題が満載。

○講座「菅井流やんちゃ振り飛車」の9月のテーマは、「先手中飛車の戦い」。先手中飛車は、石田流と並ぶやんちゃ流振り飛車のエース戦法。最後のコラム「NHK杯戦で感じた我が師の恩」では師匠の井上慶太九段との思い出が描かれています。

○後藤元気さんの連載「志尾木団地はたそがれて」。将棋をテーマとした不思議な面白さのある小説。不気味な小学校時代の恩師が登場する。

◯後藤元気さんの「渋谷系日誌」は、今年の名人戦第4局2日目、東京の将棋会館で行われた渡辺明二冠(当時)の大盤解説会のこと、その後に行った記者室でのこと、場所を変えて近くの店で木村一基九段、稲葉陽八段などと飲みながら観戦したこと、そこに最後は渡辺三冠が合流したことなど。

○「向井葉月のしょうぎ大好き!」。指南役は中村太地七段。向井葉月さん向けに向かい飛車の序盤の指南。

○10月からのNHK将棋フォーカスでの講座、中村太地七段の「太地隊長の角換わりツアー」の紹介。聞き手は加藤桃子女流三段です。

○段・級位認定 次の一手問題

○おたよりの広場

○「拝見!将棋教室」は「宮城・杜の都加部道場子ども教室」。私が書かせていただきました。加部道場出身の加藤結李愛女流1級の談話、写真も載っています。

○女流棋士のよもやま話(第6回 山口絵美菜女流1級)は、山口絵美菜女流1級がミュージカルに魅せられてしまった話。

○「今月のピックアップ・データ」は通算勝数ベスト10など。

○「LPSA cafe Minerva」(島井咲緒里女流二段)は「ハート将棋」について。

○「将棋フォーカスプレイバック」は、7月28日放送の「棋士を映す鏡 揮毫」。

○「重箱のスミ」クイズ

○付録は、及川拓馬六段の「勝手読み解消 詰ドリル 2手詰 Step2」。初級者にも最適なユニークな2手詰。

〔NHK杯戦観戦記〕

◯1回戦第13局 片上大輔七段-三浦弘行九段

「駒音の名残」 観戦記:北野新太さん

◯1回戦第14局 橋本崇載八段-大石直嗣七段

「力戦の構想力の激突」 観戦記:私

◯1回戦第15局 高崎一生六段-里見香奈女流五冠

「相振り飛車の完封劇」 観戦記:雨宮知典さん

◯1回戦第16局 近藤誠也六段-阿久津主税八段

「有言実行の踏み込み」 観戦記:小田尚英さん


今月号には私が書いた観戦記(橋本崇載八段-大石直嗣七段戦)が掲載されています。

対局前の控え室、感想戦でのこと、後日の談話など、テレビには映らなかったエピソードも盛り込んでいます。また、大石流ダイレクト向かい飛車と佐藤康光流ダイレクト向かい飛車の違いにも触れています。

NHK将棋講座2019年9月号、ぜひご覧ください。

NHK将棋講座 2019年 09 月号 [雑誌]
 

夕食休憩前に終了しそうな対局で、あえて注文された夕食メニュー

将棋世界1988年12月号、青島たつひこ(鈴木宏彦)さんの「駒ゴマスクランブル」より。

 勝負は分からない、ということが分かった。

 竜王戦決勝七番勝負が始まった。決勝の組み合わせは米長九段対島六段。

 準決勝三番勝負の第1局を米長九段と中原王座が勝った時はそのまますんなり行くものとばかり思っていたのだが、島の爆発力は想像以上のものがあったようである。

 中原-島の準決勝三番勝負、第1局の将棋を観戦させてもらった時、印象に残るシーンがあった。

 午後4時半、局面は1図だったと思う。塾生君が夕食の注文を取りにきた。

 形勢は大差で先手がいい。島はすっかりあきらめた顔をしているし、手にも力が入っていない。こうなってしまった時の島は正直だ。

 常識的には十中八、九、いやそれ以上の確率で夕食休憩前の終了が予想されるケース。いかに大一番とはいえ、ここで先手側で指していて夕食を注文する棋士は少ないはずである。(それにもし夕食休憩に入れば、外に食事に行く手だってある)まあ、注文するとしても軽く蕎麦くらい頼むのが普通と思う。

 が、中原王座は表情一つ変えるでもなく、食事の注文をした。「2,000円の天丼と赤だしね」

 島は苦笑しながら「僕は結構です」

 将棋は午後5時8分に終わった。もちろん中原王座の勝ち。

 記者はこの注文、中原王座が島に対してダメを押したものだと思った。「いくら粘ってきてもこっちも慌てませんよ」という意味かなと。しかし、感想戦が終わった後、中原王座は笑いながらこういった。(食事注文をしないで)「相手を刺激しちゃいけないからね」

 いうまでもなく、島は中原王座にとっては日頃から可愛がっている弟弟子。島から見たら中原王座は兄弟子というより大先輩。その弟弟子に対して、なんとまあ慎重な姿勢。

 記者はこの時、この準決勝は中原王座が絶対に勝つと思った。が、あにはからんや、その結果は…。勝負というのは分からないものである。競艇や競輪の予想屋さんが、自分で舟券や車券を買わないのも、もっともだと思う。

* * * * *

第1期の竜王戦なので、準決勝三番勝負は通常の期の挑戦者決定三番勝負にあたる。(もう一方の山でも準決勝三番勝負が行われている)

* * * * *

たしかに、対局中、外へ食事に行けた時代なので、「注文なし」だったとしても、相手に何の刺激を与えるものでもない。

なおかつ、書かれている通り、簡単に麺類を注文しても済んでいたはずだ。

「相手を刺激しちゃいけないからね」ということはあったかもしれないが、盤上も盤外も自然流の中原誠十六世名人のことなので、純粋に天丼を食べたかっただけとも考えられる。

 

「羽生君は、このクラスを免除して、上に行ってもらうべきでしょう」

将棋世界1988年8月号、「順位戦C級1組レポート」より。

「羽生君は、このクラスを免除して、上に行ってもらうべきでしょう」

 C1開幕の日。朝の対局室でこんな声があがった。隣室とはいえ、ふすまをとりはらっていたこともあり、羽生の耳にもこの声はハッキリ届いたはずだ。が、羽生は無表情無反応のまま。ちょっぴり緊張の色が見てとれた。ファンからだけでなく、仲間内からも上がって当然と思われることは、本人にかかるプレッシャーは並のものではないことと推察される。そんな重圧をはねのけていくのも、天下をとるためには必要なことなのだろう。

(以下略)

将棋世界同じ号のグラビアより。奥の席が羽生善治五段-土佐浩二五段戦。手前は神谷広志五段-堀口弘治五段戦。

* * * * *

順位戦の同じクラスにいる棋士から見れば、昇級確実な棋士が一人いるだけで、

  • 直接対決があった場合、自分の黒星が1つ増える可能性が高くなる。
  • 直接対決がなかったとしても、この年の昇級枠が1つ減ることと同じ意味になる。

ということから、隣室からの「羽生君は、このクラスを免除して、上に行ってもらうべきでしょう」は、冗談が半分近くとしても、本音が半分以上であることは間違いない。

* * * * *

と言いながら、この期の羽生五段は頭ハネで昇級できなかったのだから、順位戦は恐ろしい世界だ。