「読む」カテゴリーアーカイブ

先崎学四段(当時)「羽生君ならどっち持っても勝っちゃうんじゃないの」

将棋世界1989年7月号、羽生善治五段、森内俊之四段、先崎学四段の第47期名人戦第2、3局「次代の候補達が見た谷川VS米長の名人戦」より。

=第2局=

先崎 1局目に続いてこの将棋も矢倉ですね。次の第3局も矢倉でしょ。もっといろいろな戦型が見られると思っていたんですけどね。

森内 米長先生としては、得意な形で戦おうという作戦なんでしょう。

羽生 谷川名人の方も、矢倉になれば米長先生が急戦を狙って来ることが十分予想できますから▲6八玉~▲7八玉とする玉の早囲いには出ずに、まずはガッチリ矢倉を築いて戦う序盤作戦ですね。

(中略)

羽生 そうですね。この変化は納得です。でも、他にも▲3二銀と打ち込む手もありますし。難しいでしょう。

森内 そう簡単に後手が勝てるというわけにはいかないと思いますけど。

先崎 羽生君ならどっち持っても勝っちゃうんじゃないの(笑)。

羽生 ここは米長先生の△7八銀を言うより、谷川名人の次の一手▲2四歩を見るべきだと思います。この一手には感心させられました。

(中略)

―第2局を振り返ってみての感想をお願いします。

先崎 全局的には激しい戦いで面白い将棋だったと思いますが、最後のポカッと抜けてしまっているところがあったのは残念。

森内 二人とも本調子ではないのではと感じました。力のこもった熱戦の勝敗を決めたのが、読み落としにあったというのは……ボクも先崎君と同じ気持ちです。

先崎 時間はいっぱいあるのにねえ。もっとしっかり読めるはずなのに。羽生君なんか、自分が出ればもっとちゃんと読めると思ってるでしょ(笑)。

羽生 二日制で持ち時間が多いのは読むためにはありがたいことですが、二日間、緊張を持続することは大変と思います。これは、二日制の経験のないボク達としてもこれからの課題だと思います。

(中略)

=第3局=

森内 3図では、米長先生の方がうまくいっているというか、ペースだと思ったんですよ。本譜は3図で▲4三歩とたたいたんですけど、▲4八飛と回っていればどうかな。

羽生 △8五飛と走ると?

森内 ▲9七桂△8二飛▲8三歩△同飛▲8五歩。

羽生 ふーん。何となく手順をつくしたという感じですねえ。

森内 先手のペースという感じがするんですけど。次に▲5五銀と出ればおしまいですからね。

先崎 ▲8三歩~▲8五歩は細かい。▲4八飛ねえ。そんな手をひと目で発見するとはなかなか。

森内 テレビで見てたんですよ(笑)。

先崎 見てたのか!何だアンチョコがあったのか(笑)。

(以下略)

将棋世界同じ号より。

* * * * *

「羽生君ならどっち持っても勝っちゃうんじゃないの」

「羽生君なんか、自分が出ればもっとちゃんと読めると思ってるでしょ」

という先崎学四段(当時)の緩やかな挑発を、羽生善治五段(当時)が、何事もなかったようにスルーしているところが可笑しい。

* * * * *

「テレビで見てたんですよ」という森内俊之四段(当時)も、森内九段らしさが発揮されている。

* * * * *

「二日制で持ち時間が多いのは読むためにはありがたいことですが、二日間、緊張を持続することは大変と思います。これは、二日制の経験のないボク達としてもこれからの課題だと思います」

後に二日制を史上最も多く経験することになる羽生九段の、歴史的な意味で非常に貴重な言葉だと思う。

* * * * *

アンチョコは、「安直」が変化した言葉らしく、手軽に見ることができる虎の巻のようなものを指している。

恥ずかしい話だが、これまでアンコとチョコレートの合成語が語源だとばかり思っていた。

 

中原誠十六世名人が「これを飲むと将棋が強くなるよ」と言った飲み物

将棋世界1989年11月号、萩山徹さんの編集後記より。

「これを飲むと将棋が強くなるよ」

 ある日のこと、編集部に現れた中原誠棋聖がニコニコしながら、机の上に置いたのがなんと”はぶ茶”。

 早速、24日の職団戦でその効果を確かめてみましたが、私には全く効き目がなかったようで……。誰でもすぐ効くという訳にはいかなかったようです。

* * * * *

この時代、ペットボトル入りや缶入りのハブ茶があったのだろうか。

実際の効能は別としても、飲めば、将棋が強くなったような気分になれることは間違いないし、逆に、将棋大会などで相手が飲んでいたとしたら、相当なプレッシャーとして降り掛かってくることだろう。

* * * * *

ハブ茶は、「ハブソウ」(マメ科の植物。江戸時代に毒虫や毒蛇、とくにハブに咬まれたときに葉の汁を薬として使っていた)の種子を炒ったもの。

ただ、現在では、より栽培しやすく収量も多い同じマメ科のエビスグサの種子(ケツメイシ)が使われることが多いという。

音楽グループ「ケツメイシ」のグループ名は、このエビスグサの種子が由来となっている。

* * * * *

調べてみると、現在はハブ茶は、ペットボトル入りや缶入りのものはなさそうで、ケツメイシの状態で販売されている。ケツメイシは漢方の生薬の一つとなっている。

【無添加 100%】ハブ茶 ケツメイシ種 500g

* * * * *

ハブ茶が原材料として含まれている飲料は、他にもあるのかもしれないが、すぐに調べることができたのは、日本コカ・コーラの「爽健美茶」とアサヒ飲料の「十六茶」。

爽健美茶は、ハトムギ、玄米、発芽玄米、大麦、ドクダミ、はぶ茶、チコリー、月見草、ナンバンキビ、大麦若葉、明日葉、杜仲葉、ヨモギが原材料。

十六茶は、ハトムギ、大麦、ハブ茶、発芽大麦、玄米、とうもろこし、びわの葉、カワラケツメイ、たんぽぽの根、あわ、きび、小豆、エゴマの葉、ごぼう、ナツメ、ミカンの皮が原材料。

* * * * *

話のタネにということだろうが、ハブ茶を買おうと思った中原誠十六世名人もすごい。

 

二上達也九段「羽生将棋の分析を編集部から依頼され何気なく引き受けたものの、よく考えれば分かっちゃいないことを書かねばならないのだから無茶なはなしだ」

将棋世界1989年6月号、二上達也九段の「ハブの世界」より。

将棋世界同じ号グラビアより。
お断り

 師弟といっても名ばかり、技術的に何を教えたわけでなし、むしろ教わったらと言う皮肉な声を聞かされる。

 第一教えたから強くなれるものではない。たとえ少々強くなったところで師匠以上になれるはずがない。

 独自の自分なり工夫するものを持っている者が先達を乗り越えられる。

 羽生将棋の分析を編集部から依頼され何気なく引き受けたものの、よく考えれば分かっちゃいないことを書かねばならないのだから無茶なはなしだ。

 自分の肌で感じるものがあれば、多少なりと論評ができよう。成長段階にあるものをとらえたところで、翌日は見当外れになる。

 いささかやっつけになることを断っておきたい。

珍事にあらず

 今、将棋界は10代棋士、いわゆるチャイルドブランドに席巻されている。

この現象について質問を受ける機会が多く、いやおうなく考えざるを得ないわけだが、はたして昨今だけの特異な状況であろうか。

 曰くパソコン棋士、コピー将棋、グループ研究の成果、いずれもしかりと言えるし、しからずもである。

 確かに社会構造の変化と時代の流れに応じての発現であると言える。

 時代を読む手法として歴史を学ぶのがよかろう。

 印達、宗銀、宗看、看寿など若き俊英の輩出した時代を見るまでもなく、近くは若き日の大山十五世、中原誠の活躍、18歳八段の加藤一二三。

 何も今の時代だけの珍しい現象ではなかろう。

 将棋というゲームの持つ特質が若くして頭角をあらわす者達を育む要素を持っているのだ。

 名前が出て喧伝されるのは要するにシステムの問題であろう。

 シード権の配慮こそあれ、全員参加の制度下のもと、可能性が結果に出たのである。

 いずれにしても10代棋士の活躍度の高さは大したものだし、代表される羽生君の将棋について考察を巡らすのは意義なしとはすまい。

独特の雰囲気

 羽生将棋を最初目にしたのは、小学生名人戦でのものだったと思う。

 将棋の作り方は記憶にないが、きわどい頑強な受けが印象に残っている。

 その後入門前に飛車落ちと二段のときだったか香落ちを私は指している。

 勿論両方とも上手の楽負け。ただ下手の指し方として無理気味が感じられ、それを力で補うように思えた。

 とにかく相手の間違いを誘う独特な雰囲気は天成のものであろうか。

 いつも順当に勝つばかりでは高い率を残せないはずである。

 1図はA八段とのもの。これが千日手になる。

(中略)

 粘らせた方も悪いが、▲4九銀~▲5九銀の頑張りが目につく。後手方も▲3二竜のトン死筋が気になったのであろう。△3九角では△4五桂を利かし、それから△6八歩だろう。譜の順とてまだいくらでも勝ち筋がある。

 これをしのいだのだから、次の指し直し局は勝てる確率が高い。

 実際勝つには勝ったが内容が悪い。

 2図から△8六角▲同金△7五銀に出ているが、以下▲8三歩△8四香▲7三歩成△8六銀▲7六玉△7五歩▲6七玉△7七銀成まで。

 ▲8三歩では▲2三銀にて先手勝ち。追いかけて7三桂を手順に取り▲8五桂打の筋になって7五銀が取れるから安全に勝てる。△7七銀成が見えていなかったのだろうか。

 極言して必敗を2局続けて勝てたわけである。いやでも勝率が高くなるはず。

 なぜ相手が間違えるのか、どうしたら間違えさせることができるのか、特別に終盤だけの逆転術があるわけない。

 中盤での攻めたり受けたりのタイミングがよく、奔命に相手を疲れさせる。

 相手は時間に追われるだけでなく、精神的疲労が重なりミスにつながるのである。

 これは明らかに大山タイプだと言えよう。

攻防緩急の才

 棋風について考えてみる。とかく攻めタイプと受けタイプに大別するが、どちらかと言えばのはなしで、よほど極端でない限り明確に分けられない。

 受けの強さがあって攻めは生きるし、攻めの強さが受けをカバーする。両様兼ね備えて高手に達するのである。

 羽生君はどちらかと言えば受けタイプだと思う。

 つまり受けの場面で、より特性を発揮していると見る。

 3図K九段との一戦、早指し戦なので深みはないが、名だたる秒読みの神様も攻防の綾を見られては最善を期し難い。

 ▲3九金△2八歩▲4八玉の推移は、あとで▲2七香の痛打を生んでいる。

 終盤の▲5二銀(4図)ばかりが一般受けしているようだが、それに至る道程に注目したい。

 5図も同棋戦での局面図、

 △7三銀は辛い手に見えて、以下▲5四歩△8五飛▲5三歩成△同銀▲5四歩△4二銀▲3四歩△5五馬まで、テレビ放映の画面でもT名人の動揺ぶりはありありであった。

 実は数手前、端攻めを逆用した△1五歩と△1六歩ののばしが、焦りをよんでいたに違いない。

 その場になっての好手順は決して偶然ではなく、ある伏線をともなっているはずである。

 手元の乏しい資料だけからでも、攻防緩急に抜群の才を感じとれる。

 私自身の対戦経験から言って、その有名なハブにらみはとにかく、神経をゆさぶる将棋だと言える。

 攻めて来るかと思って構えるとやってこない。ホッとしたところへどんと指し込む。それだけしまったの思いが強くなるわけだ。

弱点ありや

 彼とて弱点がないわけじゃない。攻めなら攻め、受けなら受け、一方に偏ったとき敗局の危機がある。

 対T八段(6図)は攻め過ぎ、結局2四銀が只取りの運命になり、あとの強襲も空しい。

 7図、S七段との局面図▲9八桂は何たる手か、反発の余地なく敗れる。これは受け過ぎの一局。

 まあしかし、めったにこんなことにならないから、それだけ高い勝率を保てるのである。

 もう一つ注意してよいのは時間の使い方だ。

 概して今の若い人達は時間の使い方が上手である。時間も勝負のうちだと認識している。

 奨励会から時間制にもまれている。自然上手になって当たり前かもしれない。

 そう言えば私の奨励会時代は時間制がなかった。故・山田道美九段は一日一局を標榜、私は何局も指したい、ついあせり負けした記憶がある。

 秒読みで有名な加藤一二三九段も、やはり時間にたたられ敗苦をなめる場面が多い。

 羽生君とて時間に追われれば最善を続けられない。持ち時間配分は相当に意識しているようである。

 現在は勝ちまくって、それはそれで嬉しいことであろう。

 気掛かりは対局過多になること、制度上の問題か本人次第か、現状は多分に本人任せである。従って自己管理能力が問われよう。

 これだけ勝ってリーグ戦に登場できない。順位戦でも不運がある。どこか無駄足を使っていないか。

 順位戦だけしか勝たなかった、いや勝てなかった筆者だから、ことさらそう思うのかもしれない。

 ポイントの一局と言うものがある。将棋に見られる緩急を勝負の上でも示してもらいたい。

 リーグにも強い男として一段の脱皮を望むものである。

* * * * *

「第一教えたから強くなれるものではない。たとえ少々強くなったところで師匠以上になれるはずがない。独自の自分なり工夫するものを持っている者が先達を乗り越えられる」

これは、教えられても教えられなくても、自分で解決しながら、自分の道を切り開いて強くならなければならないということ。もちろん、プロの世界の話。

師匠が内弟子に将棋の指導をしない理由

* * * * *

「とにかく相手の間違いを誘う独特な雰囲気は天成のものであろうか」

羽生マジックの土壌は、子供の頃からできていたということになる。

もともとが想像を絶するほど強いのに、更にこのような雰囲気を発しているわけで、とにかく凄い。

* * * * *

「いつも順当に勝つばかりでは高い率を残せないはずである」

言われてみればなるほどと思えることだ。

* * * * *

「中盤での攻めたり受けたりのタイミングがよく、奔命に相手を疲れさせる。相手は時間に追われるだけでなく、精神的疲労が重なりミスにつながるのである。これは明らかに大山タイプだと言えよう」

棋風をはじめとして、羽生善治九段と大山康晴十五世名人はだいぶタイプが異なるが、大局的には、相手を疲れさせる将棋というところが共通点ということ。

二上達也九段の分析は、いつも鋭い。

* * * * *

「受けの強さがあって攻めは生きるし、攻めの強さが受けをカバーする。両様兼ね備えて高手に達するのである」

相手がどう攻めてくるか読めなければ受けは強くならないし、相手がどう受けるか読めなければ攻めは強くならない。

「攻めが強い」と「受けが強い」は同義ではないかと思っている。

* * * * *

「彼とて弱点がないわけじゃない。攻めなら攻め、受けなら受け、一方に偏ったとき敗局の危機がある」

この弱点を知ったからといっても、実戦的にはこの弱点をつくのはなかなか難しい。

そもそも、頻度が少なく、なおかつ羽生五段(当時)自身で解決できる問題なので、弱点とは呼べないことかもしれない。

 

米長邦雄九段「この手は第一感、無理である。なぜならば後手が手堅く手堅く、先手からの攻めを封じようとしているところを、何が何でもつぶそうという、その精神が良くない。▲3五歩は悪手である」

将棋世界1989年8月号、米長邦雄九段の「今月はこの一局! 棋聖戦 中田宏樹五段VS佐藤康光五段 腰掛け銀の好局」より。

将棋世界同じ号より。

 今月はイキのいい若手二人の将棋をお届けしよう。

 中田宏樹五段は桜井七段門で24歳。

 彼は年間の勝率第1位になったことがあるし、四段になってから常に勝率トップテンの上位に名を連ねている。おそらく通算勝率も7割近くあるだろう。

 それでいて、未だC級2組におる。

 8勝2敗、7勝3敗、だとなかなか昇級はできない。このへんが厚い壁になっているのだろう。実力は優に3つ4つ上のクラスのものを持っているはずである。

 まあ、1年や2年の昇級しそこないはどうということもあるまい。

 佐藤康光五段は田中魁秀八段門で19歳。

 今、脚光を浴びている10代棋士の旗手で、とにかく才能抜群である。順位戦でも2年連続の8勝2敗で順当に昇級を果たしている。

 私は初めて佐藤君に会った時に、故・塚田正夫名誉十段の生まれ変わりではないかと思ったものだった。細長い顔立ち、風貌、ややずりかげんにかけている鼻メガネ、全く故人そっくりである。

 彼も常に高い勝率をあげている。また、内容そのものも実に参考になる将棋を指していて、棋譜を見るのが楽しみな新人の一人である。

(中略)

 3図で▲3五歩と仕掛けている。

 私はこの将棋の感想戦を見ていて”この手は第一感、無理である。なぜならば後手が手堅く手堅く、先手からの攻めを封じようとしているところを、何が何でもつぶそうという、その精神が良くない。▲3五歩は悪手である”という風に断定した。

 ところが、かたわらで見ていた室岡五段が「この▲3五歩は以前、米長先生が指した手なんですけど」と言うではないか。「俺の序盤感覚からして、そんなバカなことはない」と言ったのだけれども、確かにその将棋はあった。

 それは、A級順位戦で相手は桐山九段であった。私の▲3五歩に対して桐山九段は△6三金と上がっている。実はその△6三金がやや疑問であって、以下▲1五歩△同歩▲4五歩△同歩▲2二角成△同金▲4五銀△同銀▲同桂△4四銀打▲3一銀△3二金▲2二歩と進んで優勢になった。

 ▲3五歩に対して△同歩ならば、▲4五歩△同歩▲2二角成△同金▲4五銀△同銀▲同桂△4四銀打▲7七角となって、これも非常に難しい。先手の狙いは▲2四歩からの十字飛車だが、後手にも△4七歩と打つ手などがあって、どちらが良いのかわからない。

 本譜、佐藤君は△6二玉としている。

 これが良い手だったのだろう。▲7一角の筋を消しながら、玉を戦線から遠ざけている。後手陣の形だけ見れば△4一玉とする方が形なのだが、この局面では△6二玉とこちらの方へ行くのが正解である。この感覚は本当に将棋を知っているという感じがする。

 しかし、▲3五歩を取れないのなら、先手の仕掛けも無理ではないという気もする。取られて悪いから無理攻めなのであって、取れないのなら、成立しているという理屈も成り立つ。なるほど、△6二玉とするのなら▲3五歩もいい手かな、という気もしてくるから不思議だ。

(以下略)

* * * * *

「私は初めて佐藤君に会った時に、故・塚田正夫名誉十段の生まれ変わりではないかと思ったものだった。細長い顔立ち、風貌、ややずりかげんにかけている鼻メガネ、全く故人そっくりである」

ほっそりしていてメガネをかけているところは共通点だが、佐藤康光九段と塚田正夫名誉十段の雰囲気が似ているかどうかは、何とも言えないところ。

* * * * *

「この手は第一感、無理である。なぜならば後手が手堅く手堅く、先手からの攻めを封じようとしているところを、何が何でもつぶそうという、その精神が良くない。▲3五歩は悪手である」

「この▲3五歩は以前、米長先生が指した手なんですけど」

このやりとりが可笑しい。

棋士は、自分が指した将棋を覚えているタイプと覚えていないタイプに分かれるが、米長邦雄永世棋聖がどちらのタイプかはわからない。

いずれにしても、米長九段が進化を続けていて、感覚が変化したとも考えられる。

この少し後からになるが、若手棋士と研究会をやるようになって、米長九段の棋風は、明らかに変わっていくことになる。

 

「観戦記通りの人だと思いました」

将棋世界1989年7月号、池崎和記さんの「棋士の女房・お袋さん 田中艶子さん(田中魁秀八段夫人)」より。

 去年は大変な一年でした。

 主人は3年前に気管支炎になり、日赤病院にずっと通院していたんですが、一昨年、枚方から奈良に引っ越してから急にセキ込むようになりまして。ゼンソクを併発したんですね。環境が変わったせいかもしれません。

 私は2週間くらい病院に泊まり込んでいました。

 いつまた発作がおきるかと思い、心配で心配で……。おかげで白髪がいっぱい増えましたよ。

田中八段「入院する2週間くらい前に将棋の同好会があり、そのときに最初の発作をおこしたんですヮ。息をするのが苦しくなり、死ぬかと思いました。救急車を呼んでもらおうかと思ったけど、みんなに迷惑がかかると思って辛抱したんですヮ。それが間違いの元でした」

 私はもっと早く入院させたかったんですが、この人は病院が嫌いで、ギリギリになるまで行こうとしなかったんです。

 退院したあと、4月30日にまた発作がおきましてね。退院してちょっと無理したんですかね。それでまた3週間くらい入院して……。

田中八段「昨年は休場も覚悟していたんです。順位戦が始まる前、病院の先生に相談したら”普通にしてたら大丈夫です”と言われました。それで指すことにしたんです」

 普通にしてたら言うたって、病院の先生は、棋士の仕事の内容をよく知らないんですよ。

田中八段「対局中、タンがよく出ましてね。体調が悪いときはとくに多いんです。家と違い、連盟では逆立ちしてタン出しなんか、しにくいでしょ。だから落ち着いて将棋が指せなかったですね。この病気は対局がおそくなると危ないんです。早く終わらなければいかんという意識がありますから、前期は時間もあまり使わなかった。通算11勝22敗。ひどい成績でしたが、無理して死ぬよりはマシと思いました」

 最近はちょっと落ち着いてきて、もう以前のような発作は出なくなりました。

(中略)

 見合い結婚です。昭和50年の4月にお見合いして、5月に結婚したんですよ。ずいぶん早いでしょ(笑)。真面目でおとなしそう、というのが第一印象でしたね。当時、この人は七段でB級1組にいました。

 お見合いしてから1週間後ぐらいでしたか。たまたま家で取っている新聞の観戦記を見たら、この人が載ってたんですよ。原田泰夫先生の観戦記で「田中七段は健康で、真面目で、人柄が良く」とものすごくホメてあったんです。

 原田先生は何でもホメるというのを、私は知らなかった(笑)。でもまあ、実際に会って話をしているうちに、観戦記通りの人だとは思いましたけどね。”健康”というのだけが、結果的にははずれましたが。

 私、棋士のことは何も知らなかったんです。中平さんの「棋士その世界」を読んで将棋界のことを知り、へーっ、こんな職業もあるのかと思いました。

(以下略)

将棋世界同じ号より。

* * * * *

病院の先生に「普通にしてたら大丈夫です」と言われても、棋士の場合は普通(対局)が一般の場合の普通よりもはるかに苛酷なので、医師の指示通りにしたとしても、大丈夫とは限らないのが悩ましいところ。

* * * * *

「原田先生は何でもホメるというのを、私は知らなかった(笑)」

たしかに、原田泰夫九段は人を誉める名人。

この奥様の言葉は、とても愉快だ。

* * * * *

田中魁秀九段のエピソード。

最強にして最大の関西弁ギャグの使い手

佐藤康光九段の入門時代

「うちの佐藤がお世話になりましてぇ」

佐藤康光少年「ハイ、茄子が嫌いです」

佐藤康光初段、森内俊之初段、郷田真隆初段の夏休み