居飛車党VS.振飛車党

今日は、将棋が大好きな友人と酒を飲んでいた。

彼は居飛車党で、出版される将棋の本をほとんど買って読んでいる。

居飛車党なので「相居飛車の本」、「居飛車対振飛車の本」は当然として「相振飛車の本」までカバーしている。

一方の私は、石田流と向飛車しかやらない極端なパターンなので、読む本は限られる。

彼は高校時代、文系の科目も理系の科目も全て熱心に勉強して国立大学に入学した。

私は高校時代、数学だけ真面目に勉強して受験科目の少ない私立大学に入学した。

彼が幕の内弁当が好きかどうかは、そういえば聞いていなかったが、私は単品系の、トンカツ+ご飯、メンチカツ+ご飯、白身魚のフライ+ご飯などが好きだ。

居飛車党には幕の内弁当が好きな人が多くて、振飛車党には単品おかず系が好きな人が多いとか、統計が取れれば相当面白いと思うのだが。

しかし誰もこんな変な調査はしないだろうな。

私がたまたまそういう変な好みということだけなのかもしれないし。

七変化

ブログをはじめるからには、いろいろ試してみようと思い、このブログには広告的なものがいくつか掲載されています。

その中で最もミステリアスなのが、右下の縦長広告です。

今日は「モデルのキレイ痩せの秘密」という少しドキッとする広告が出ています。

これは、Google AdsenseというGoogleの広告配信サービスで、Google のシステムが自動的に、このブログの内容(書かれている文章、単語)を解析し、このサイトにあった広告を配信してくるという仕組みです。

テキスト広告のみ表示する設定にすると、もっと内容に沿った広告(将棋関連の広告)が表示されるらしいのですが、将棋ペンクラブログでは、イメージ広告のみを表示する設定にしています。

複数の将棋サイト、ブログでGoogle Adsenseのテキスト広告が掲載されているので、ここでは重複しないものを掲載してみたいという理由もあるのですが、自分の書いたものの積み重ねの因果応報として、どのようなイメージ広告が出現するのか楽しみにしたいという気持ちも強いからです。

イメージ広告になると、Googleの選択肢もテキスト広告に比べ少なくなるので、ブログの内容に沿わない広告が配信されてくる確率が高くなります。最近はペンクラブの「クラブ」に結び付けて、乗馬クラブの広告、ゴルフクラブの広告などが配信されていましたが、ここ数日「女流」という言葉を多く書いたためか、女性向きの広告が配信されてきたようです。

これも私の酔狂ということで、大目に見てやってください。

将棋ペンクラブ大賞最終選考委員

7月27日に行われる、将棋ペンクラブ大賞最終選考会での最終選考委員は以下の3氏です。

木村晋介氏(弁護士)、川北亮司氏(児童文学作家)、西上心太氏(書評家)

ラジオやテレビでおなじみの木村弁護士は、「キムラ弁護士、ミステリーにケンカを売る」(筑摩書房)を今年発表して好評を博しています。また木村晋介法律事務所は、日本将棋連盟の顧問弁護士も担当しています。振飛車党。

川北さんには2004年から最終選考委員をお願いしています。観戦記の選考も実際に駒を動かしながら行い、最終選考会に臨まれます。(社)日本児童文学者協会理事代表 。

西上さんは、新聞や雑誌などで書評を数多く手がけておられる「読み手のプロ」です。

船戸女流二段のブログ

ブログをはじめてからもうすぐ4週間。生活の中で何が変わったかというと、将棋倶楽部24や近将道場でのネット対局をほとんどやらなくなってしまったという点。私の場合、この二つを両立できないようだ。

私がブログをはじめるきっかけとなったのは、5月中旬のバトルロイヤル風間さんの「ブログやってみたらどう」という一言。

そのときは全くその気はなかったのだが、その後バトルさんの言葉が私の右脳を侵しはじめたのか、2週間後の将棋ペンクラブ交流会2次会ではバトルさんに「ブログって大変ですか?」と質問したりしている。

その二日後に私はブログの準備を開始することになるのだが、このとき同じテーブルだった船戸女流二段にも「ブログは再開しないんですか」と聞いたりしている。

「将棋のブログはやめたけどソムリエのブログはやってますよー」

6/26の「船戸陽子女流二段」で、私はこのブログから文章を一部引用させていただいたのだが、ここでいうソムリエのブログとは、LPSAで紹介されている、マイクロソフト社のサイト「INNO.」の連載巻末コラム「マイ デジタル ライフ ワン」とは異なる。

LPSAのサイトにソムリエブログのURLが載っていなかったので、6/26の段階では、文中でソムリエブログへのリンクを張るのは控えていたのだが、今日、本人へその件を確認すると

「ぜんぜん おーけーですよ」

ということだった。

ということで、船戸さんのソムリエブログは「ワインづけ。」です。

やはり体調があまりすぐれないので、ネットを頻繁に見ることはできないとのことですが、よろしければ激励のコメントをお願いいたします。

将棋関連書籍Amazon売上TOP10(6月28日)

入門書がトップ10に複数入っているのは、ハチワンダイバーの影響なのかもしれない。

しかし、なかなか入れ替わりがない。発売されて3週間の将棋世界7月号が、いまだ上位なのが気にかかる。

新刊の「相振り革命最先端」が健闘。

ちなみに、ブログ左下に歴代の将棋ペンクラブ大賞(著作)、ブログ右下に将棋ペンクラブ大賞(技術書)を載せておきました。

決断力 (角川oneテーマ21)決断力 (角川oneテーマ21)
価格:¥ 720(税込)
発売日:2005-07
ハンディー版 スグわかる!まんが将棋入門―ルールと戦法完全マスターハンディー版 スグわかる!まんが将棋入門―ルールと戦法完全マスター
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2006-02-01
はじめてのチェス―基本ルールからチェックメイトのテクニックまではじめてのチェス―基本ルールからチェックメイトのテクニックまで
価格:¥ 945(税込)
発売日:2003-12
将棋世界 2008年 07月号 [雑誌]将棋世界 2008年 07月号 [雑誌]
価格:¥ 750(税込)
発売日:2008-06-03
ラクラク次の一手―基本手筋集 (メキメキ将棋上達本)ラクラク次の一手―基本手筋集 (メキメキ将棋上達本)
価格:¥ 1,050(税込)
発売日:2002-03
相振り革命最先端 [マイコミ将棋BOOKS] (マイコミ将棋ブックス)相振り革命最先端 [マイコミ将棋BOOKS] (マイコミ将棋ブックス)
価格:¥ 1,470(税込)
発売日:2008-06-24
簡単に、単純に考える (PHP文庫)簡単に、単純に考える (PHP文庫)
価格:¥ 560(税込)
発売日:2004-10-02
上達するヒント (最強将棋レクチャーブックス(3))上達するヒント (最強将棋レクチャーブックス(3))
価格:¥ 1,365(税込)
発売日:2005-01-31
聖(さとし)の青春 (講談社文庫)聖(さとし)の青春 (講談社文庫)
価格:¥ 680(税込)
発売日:2002-05
やさしいこども将棋入門―どんどん強くなるやさしいこども将棋入門―どんどん強くなる
価格:¥ 924(税込)
発売日:1993-11

将棋ペンクラブ末席幹事による将棋ペンクラブ非公認ブログ。近代将棋に連載していた「将棋ペンクラブログ」のネット版です。