振飛車党の古き良き時代(1)

手元に「将棋世界」昭和46年11月号がある。

私が生まれてはじめて買った将棋世界。久々に見てとても懐かしく感じたのだが、内容的には今でも参考になる記事が多い。数回に分けてトピックスを書いてみたい。特に振飛車党の方々にとっては参考になる。振飛車党の古き良き時代。

昭和46年というと佐藤栄作首相の時代。歌手でいえば南沙織、天地真理、小柳ルミ子がデビューした年。

この年の名人戦では大山康晴名人と升田幸三九段の間で戦いが繰り広げらている。

升田九段が第2局、3局、4局、6局、7局と升田式石田流を用いて、多くの将棋ファンを狂喜させた。升田九段の有名な「天来の絶妙手△3五銀」が指されたのも第3局でのことだった。

この激戦の硝煙消えやらぬ頃に発行されたのが「将棋世界」昭和46年11月号だ。

まずは主な目次から

中原流をかわす(王位戦第4局)…大山名人

勇ましい戦い(アマ名人決定戦)…升田九段

予想通りの白熱戦(王位戦記)…能地映

王座戦は中原防衛…勝村実

一手の価値(初級講座)…原田八段

終盤のポイント(初級講座)…高柳八段

駒の交換(中級講座)…内藤八段

割れた飛車(将棋小説)…金川太郎

謙信と良寛と…石垣純二と原田八段の対談

横歩取り(今月の戦法)…米長八段

露伴の将棋研究(将棋と文学)…天狗太郎

兄弟棋士の誕生(奨励会A級決勝)…有吉八段

王将劇懐古(随筆)…北条秀司

関東の優勝は有野初段(若獅子戦)…井口昭夫

詰将棋サロン…二上八段

将棋相談室…山本八段

一年で初段を三年で三段を…(出題)大内七段、勝浦六段、森五段

別冊付録「一つ覚えの災い」…五十嵐八段

この頃の将棋世界は、級位者から三段までを読者ターゲットとしている。

編集長は大期喬也氏。

つづく

将棋関連書籍ビーケーワン売上TOP10(8月30日)

今週はビーケーワン版。新刊紹介のような順位になるのがここの特徴。

詰将棋1手・3手・5手400題 コツコツ解いて棋力アップ 詰将棋1手・3手・5手400題 コツコツ解いて棋力アップ
価格:¥ 900(税込)
発売日:2008-08-20

マイコミ将棋BOOKS 楽しく勝つ!! 力戦振り飛車 (マイコミ将棋BOOKS)
価格:¥ 1,470(税込)
発売日:2008-08-26
マイコミ将棋BOOKS 2手目の革新 3二飛戦法 (マイコミ将棋ブックス)
価格:¥ 1,449(税込)
発売日:2008-08-26
よくわかる将棋入門 (ビッグ・コロタン 112) よくわかる将棋入門 (ビッグ・コロタン 112)
価格:¥ 893(税込)
発売日:2008-08
関西新鋭棋士実戦集 [マイコミ将棋BOOKS] (マイコミ将棋ブックス) 関西新鋭棋士実戦集 [マイコミ将棋BOOKS] (マイコミ将棋ブックス)
価格:¥ 1,449(税込)
発売日:2008-07-24
決断の一手! 決断の一手!
価格:¥ 1,470(税込)
発売日:2008-07
最強棒銀戦法 決定版―棒銀の必勝バイブル (スーパー将棋講座) 最強棒銀戦法 決定版―棒銀の必勝バイブル (スーパー将棋講座)
価格:¥ 1,260(税込)
発売日:2008-07
のびのびしみじみ5手詰 のびのびしみじみ5手詰
価格:¥ 1,155(税込)
発売日:2008-07
相振り革命最先端 [マイコミ将棋BOOKS] (マイコミ将棋ブックス) 相振り革命最先端 [マイコミ将棋BOOKS] (マイコミ将棋ブックス)
価格:¥ 1,470(税込)
発売日:2008-06-24

月末・月初の予定など

社会人リーグ

今度の日曜日は社会人リーグ。児童文学作家で将棋ペンクラブ大賞最終選考委員の川北亮司さんにも参加いただけることになっている。

私が所属する原宿カサブランカは2勝2敗で、3部リーグ赤16チーム中6位となっているが、5位から12位までが2勝2敗という接戦状態。

ブログをはじめてからというもの、ネットで将棋を指す回数が激減し、終盤ポキッと折れるような負け方が多くなってきた私であるが、土曜日は将棋倶楽部24に入り浸りになってみようかと思っている。

将棋ペンクラブ会報発送

9月6日(土)は幹事会と将棋ペンクラブ会報発送の日。

この会報には、将棋ペンクラブ大賞最終選考会の模様、受賞者の言葉、受賞作(観戦記は全文掲載、著作は抜粋)、会員の方の投稿、私の投稿などが掲載される。

私の投稿「広島の親分(3)」には、バトルロイヤル風間さんがイラストを2点描いてくださっている。バトルさんは私が原稿を書き終えるかなり前にイラストを完成させている。私はまだこのイラストを見ていないのだが、バトルさんによると「原稿を書き終わる前に見ないほうがいいよ、フフフ」という雰囲気のものらしい。9月6日がとても楽しみだ。

「落語うんちく事典」(湯川博士著)出版記念演芸会

湯川博士さんの「落語うんちく事典」が河出書房新社から9月4日に出版される。この本の出版と、湯川夫妻の結婚35周年を記念した演芸会が9月9日(火)に催される。出演は仏家シャベル(湯川博士さん)、木村家べんご志(木村晋介弁護士)、バトルロイヤル風間さん、プロの落語家など。

分析を試みる(番外編)

私が始めたもう一つのブログ「197X+198X」はアメーバブログでやっているのだが、このアメーバブログは日本で最もブログ登録数が多いといわれている。

また、ブログ開設者のプロフィールが検索できるようになっている。

さっそく検索をして集計してみた。

男性242,647名、女性649,495名の合計892,142名が男女の内訳。

女性が圧倒的に多い。

血液型をみてみると、男女とも

A型39% B型21% O型30% AB型10%

と日本全体の標準比率と同じ。

8月23日から25日にかけてやってきた私の分析の中で「B型大活躍」というのはどうも正しくなかったようだ。

この中で趣味が「将棋」の人は男性169名、女性36名で合計205名。

趣味欄に何も記入しない人もいるので、将棋を趣味とする人が男性全体の0.07%しかいないという結論にはならない。

将棋を趣味とする人205名がどれくらいの規模感になるのか、他の趣味と比較してみた。

       男性      女性

将棋    169      36

囲碁     69      31

サッカー 6123    2161

野球   2898    2890

音楽   5198   13743

映画   3287    7695

テニス  1002    2286

プロレス  234     114

柔道    256     177

女性が少ないのは一目瞭然として、男性の場合、野球と比較すると意外と健闘しているなと感じるし、柔道と比較するとかなり少ないとも思える。

男性は500名、女性は150名くらいになってくれれば、かなり嬉しい状態なのだろうが…

100回記念第二弾

100回書き込み記念第二弾。

「将棋ペンクラブログ」での統計。

このブログを「Google Analytics」というウェブ解析ソフトで分析すると次の通り。(このソフトは、統計値を把握するためのもので、個々のアクセスを把握するものではありません)

このブログをご覧下さっている方の都道府県TOP10

東京

神奈川

大阪

愛知

千葉

兵庫

北海道

新潟

福岡

京都

このブログをご覧下さっている方の国TOP9

日本

アメリカ

カナダ

フランス

ドイツ

香港

スイス

ベルギー

シンガポール

このブログをご覧下さっている方のブラウザーTOP5

Internet Explorer (84%)

Firefox (11%)

Safari (3%)
Opera (1%)
Netscape (1%)
このブログをご覧下さっている方のOS
Windows (94%)
Macintosh (5%)
Linux (1%)

将棋ペンクラブ末席幹事による将棋ペンクラブ非公認ブログ。近代将棋に連載していた「将棋ペンクラブログ」のネット版です。