石田流の悲劇(後編)

石田流本組が一気に壊滅してしまった歴史的なもう一局は、昭和48年の王座戦三番勝負第2局、中原誠王座(先)-大野源一八段戦。

振飛車名人として名高い大野源一八段はこの時B級1組で62歳。三番勝負への勝ち上がりは快挙だった。

この対局で中原王座は、対局中に考えた全くの新構想で石田流を崩す。

石田流の悲劇(中原大野)1

中原王座の▲4六歩は手拍子でうっかり指してしまった手。石田流に組ませて棒金でいこうと思っていたのだが、▲4六歩を指してから金が5八にいることに気がついたという話が伝わっている。

しかし、このうっかりが新手順を生み出すことになった。

石田流の悲劇(中原大野)2

▲3八飛と寄って△1三角を強要する。

以下▲1六歩△4二金▲1五歩。

大野八段も、ただならぬ気配に△4二金と桂にヒモをつける。

石田流の悲劇(中原大野)3

▲1五歩で戦闘開始。後手が居玉なのが辛さを倍増させる。

石田流の悲劇(中原大野)4

▲1五歩に続いての▲3六歩。△同歩と取らざるをえない。

そして▲1五香で歩を入手。

後手が美濃囲いに入城していれば、△3七歩成や△2五桂の非常手段もありそうだが、居玉なので無理はできず△1四歩。

そこで決め手の▲3五歩が出る。

石田流の悲劇(中原大野)5

△同角は▲3六銀△4六角▲3五歩で飛車が取られてしまうので△同飛。

以下▲3六銀△6五飛▲1四香。

石田流の悲劇(中原大野)6

石田流は崩壊…

以下△4六角▲3四歩△3二歩▲3三歩成△同歩▲1一香成。

▲3四歩を△同銀は、▲4七銀△3五角▲1一香成のあと、▲3六香の田楽刺しが防げなくなる。

▲3四歩に△2五桂も、▲4七銀△2四角▲1一香成で反撃の目が全くなくなってしまう。

石田流の悲劇(中原大野)7

39手目でこのようになってしまう恐ろしさ。

 

 

石田流の悲劇(前編)

今度の日曜日から社会人団体リーグ戦(東京アマチュア将棋連盟主催)が開催される。 私が所属するチームは「原宿カサブランカ」。「原宿カサブランカ」は船戸陽子女流二段のお父様が1998年に創設したチームで、当時、原宿で経営されていたレストラン「カサブランカ」がチーム名の由来となっている。今期は3部リーグ青5位でスタート。 ところで、ブログをはじめてから将棋が弱くなったような感じがする。将棋倶楽部24でもレーティングが定常的に100くらい落ちてしまった。 ネット対局の実戦数が減っているのが原因なのか、アマチュア間での石田流対策が進んできたのか… 私は石田流本組みと升田式石田流が大好きでよく指すのだが、今日と明日は、徹底的に自虐的になって、石田流本組みが一気に壊滅してしまった歴史的な2局を取り上げてみたい。 石田流崩しの名手は中原誠十六世名人。 1局目は昭和46年のA級順位戦、中原誠十段(先)-原田泰夫八段戦。 「本に書いてあるように攻めてこられるんで弱った」と原田八段。

石田流の悲劇1

石田流に組ませては居飛車不利という当時の常識のもと、△3二飛には▲2五歩が普通だった。 しかし中原十段は、石田流に組んでほしいと▲6八玉。

石田流の悲劇2

棒金での仕掛け。以下、△同歩▲同金△1三角▲3八飛。  とても恐ろしい姿。

石田流の悲劇3

△3五歩▲2六金△4三銀▲1六歩△5四歩▲5六歩△9四歩▲1五歩。 △5四歩は角をいじめられたときに3一から6四へ移動するための筋道。▲5六歩は6四に角がのぞかれたときの、角道止め用。

石田流の悲劇4

▲1五歩から数手で石田流は壊滅する。 △同歩▲1四歩。

石田流の悲劇5

▲1四歩で石田流に激痛が走る。 △同飛は▲1五香の田楽刺しになるので△2二角。 以下▲3五金△1四飛▲2四歩。

石田流の悲劇6

▲2四歩は飛車の効きを止めるとともに、銀を入手後の▲2三銀(飛車角両取り)の空間作り。 △同歩▲4五歩。

石田流の悲劇7

駒の損得はないのに泣きたくなるような展開。 以下△3四歩▲同金△同銀▲同飛△3三歩▲3六飛△3一角▲2二歩。 △3一角は▲2三銀(飛車角両取り)を避けた手。そこで▲2二歩が、また痛打。

石田流の悲劇8

△1三桂と逃げても▲3三飛成だったり▲2三銀で飛車を殺されたり。 以下△6四角▲5五歩△2五歩▲2一歩成△3四歩▲1一と。

石田流の悲劇9

石田流は見る影もない… 後手が悪手を指したわけでもなく、先手が指したのは自然な手だけ。 「世の中には恐ろしい戦法があるものである」と升田幸三九段も後日解説している。

 

井口昭夫 将棋観戦記選集(上)(下)

将棋ペンクラブ幹事の鷲北さんが、新しく出版社を立ち上げた。

鷲北さんは、学術系の出版社に勤務していたが一年前に独立。双峰社という出版社を最近つくった。

双峰社は学術書の出版社だが、発刊一冊目は将棋関係の本で

井口昭夫 将棋観戦記選集(上)

鷲北さんには、昨年5月に亡くなった井口昭夫さん(元毎日新聞編集委員、元将棋ペンクラブ代表幹事)の観戦記集を作ろうという思いが以前よりあった。そしてそれが今回実現した。

井口昭夫さんは、名人戦が1976年に毎日新聞に移管された時の担当者。

将棋・囲碁の観戦記者としても活躍し、第1回将棋ペンクラブ大賞観戦記部門大賞を受賞している。

将棋ペンクラブは、河口俊彦七段、東公平さんから引き継ぐ形で、故・大竹延さん、湯川博士さんとともに代表幹事となり、将棋ペンクラブの運営を長らく支えてこられた。

温厚な雰囲気のとてもいい方だった。

「井口昭夫 将棋観戦記選集(上)」は6月24日の発刊。

井口さんが1997年まで約20年間に渡って手掛けた名人戦とA級順位戦の観戦記280本の中から、14作品を精選。

最終選考委員の山口瞳氏が「出来の良い短編小説のようだ」と評した第1回将棋ペンクラブ大賞受賞作も含まれている。

また、7月下旬発刊の下巻も同様に14作品が収録されている。

将棋関連書籍セブンアンドワイ売上TOP10(6月28日)

今週はセブンアンドワイの売上TOP10。

矢倉の急所〈2〉 (最強将棋21)矢倉の急所〈2〉 (最強将棋21)
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2009-06
ハチワンダイバー 11 (ヤングジャンプコミックス)ハチワンダイバー 11 (ヤングジャンプコミックス)
価格:¥ 540(税込)
発売日:2009-05-19
3月のライオン 2 (ジェッツコミックス)3月のライオン 2 (ジェッツコミックス)
価格:¥ 510(税込)
発売日:2008-11-28
矢倉の急所―4六銀・3七桂型 (最強将棋21)矢倉の急所―4六銀・3七桂型 (最強将棋21)
価格:¥ 1,470(税込)
発売日:2008-12

頭脳勝負―将棋の世界 (ちくま新書)頭脳勝負―将棋の世界 (ちくま新書)
価格:¥ 735(税込)
発売日:2007-11
先崎学の実況! 盤外戦 (講談社文庫)先崎学の実況! 盤外戦 (講談社文庫)
価格:¥ 470(税込)
発売日:2006-05-16

新しいマーケットの創出

私は、将棋ペンクラブ交流会、将棋ペンクラブ大賞贈呈式など、ある種の将棋イベントに関わる裏方をやってきたので、かつ、指すほうが好きなので、休みの日に無料であっても(指さない)将棋のイベントへ出かけるとか、大盤解説会へ行くという気にはならなかった。

しかし、今年になってみると

2月28日(土)

NTTル・パルク杯天河戦第1局、中井広恵六段-成田弥穂女子アマ王位戦の公開対局・大盤解説会

5月9日(土)

中井塾・一般体験会

5月16日(土)、17日(日)

仙台青葉まつり青空将棋教室

5月31日(日)

日レスインビテーションカップ・女流棋士トーナメント1・2回戦併設イベント

と、私の心を動かす企画が続いた。

アマチュア女性強豪が活躍しているので見にいってみよう、という要素も強いが、アマ女性強豪にもスポットライトがあたる可能性のある棋戦自体が素晴らしい仕組みだと思う。

中井塾・一般体験会も忘れられないし、青空将棋教室も良かった。

それぞれのイベントが、昨年までは一切のイベントに出向かなかった私の重い腰を上げさせてくれた。

そのような意味では、この1~2年できたこのような新しい企画は、明らかに今までになかった新しいマーケットを創出しているといえる。

どうぶつしょうぎには縁のない私だが、どうぶつしょうぎ抜きでも、充分にそう思える。