豪傑列伝(2)

佐藤大五郎九段は「薪割り大五郎」と呼ばれ、その棋風および言行は豪快そのものだった。

今回は、3つの情報ソースから。

(1)将棋世界2002年11月号、故・真部一男九段「将棋論考」より。

「佐藤大五郎九段も思い出深い先輩である。佐藤がA級に昇進し、昇龍の勢いであった昭和47年頃、三段の私によくお声がかかり夜の巷にお供した」

当時は劇画「子連れ狼」がヒットしていて、主人公 拝一刀の子供が大五郎という名だったことから、将棋界の大五郎人気も鰻登り。

「歌舞伎町のクラブのような店に入るのだが、大先生は梯子酒派なのか一ヶ所に15分ほどしか落ち着かない。

佐藤の羽振りは大したもので、その頃身につけていたものといったら、腕時計はダイアモンドがふんだんにちりばめられた高級品で、500万円とか云ってたっけ。何しろその時計を買ったらオマケにローレックスがついてきたとかいうほどの代物」

当時のクラブは、現在のキャバクラと違って15分で店を出ても3時間いても同じ料金。15分単位でのクラブの梯子は、かなりすごいことだ。

「その他覚えているだけでも、ネクタイピン、ワイシャツ等々皆大変な豪華品だったようである。

ただ、こちらとしてはそんなことより店のおネエさん達とお話をしたかったのだが、きっと佐藤は君も頑張ってA級になれば、豊かな生活ができるんだよという励ましを伝えたかったのだろう」

(2)東公平「名人は幻を見た」より。

・佐藤大五郎九段が七段の時に王位戦の挑戦者になった。大山康晴王位への挑戦。新聞社の車が社旗を立てて自宅へ迎えに来たが、佐藤七段は担当記者と運転手に茶菓を勧め、なかなか車に乗らない。近所の人に、自分が一流棋士になったんだぞと、車をみせびらかしたらしい。

・「うまいラーメンが食いたくなった」と言って、急に羽田空港から札幌へと飛んだ。

(3)湯川博士さんから聞いた話。

今から20年以上前に湯川さんが佐藤大五郎九段を取材したときの話。

佐藤大五郎九段のスポンサーの一人が、池袋でキャバレーを経営していた。そのキャバレー経営者は将棋が大好きで、ある日、佐藤大五郎九段をゲストとして迎えた。佐藤大五郎九段出題の詰将棋が解けたら、店の飲食代が無料になるという催し。

何人かが解答用紙に答えを書いて出したが全員不正解。

なんと37手詰めの超難問だった。

佐藤大五郎九段はスポンサーのためを思い、あまり簡単な詰将棋では店に経済的な迷惑がかかるということで超難問を出題したらしい。

ミラーボールがキラキラ光り、ホステスの女性との会話に夢中なお客さんばかりの中、和服姿の佐藤大五郎九段は、大盤で詰将棋の解説を30分続けた。

その真剣な姿に、湯川博士さんは、笑いが止らないとともに感動をおぼえたという。

豪傑列伝(1)

今となっては考えられないような豪傑棋士が、夜の新宿・池袋で活躍していた時代があった。

松浦卓造八段(1915年-1977年)は広島県三原市の出身。天守閣美濃の考案者として知られている。

引退後の力士のような体格だった。

力自慢で、六寸の碁盤の脚を片手で掴み、振り回してしまうほどだった。

酒も強く、ウイスキーを2本空けても全く酔わない。

将棋世界2002年11月号、故・真部一男九段「将棋論考」より。

名文なので、その部分をそのまま引用する。

「ある日の夜更け、新宿歌舞伎町を後輩棋士と歩いていると、その筋らしき女性に声をかけられ怪しいとは知りつつも、酒の勢いもあり、いわれるままの店についていった。しばらくして勘定を頼むと案の定、法外な値段を請求された。いわゆる、ぼったくりバーである」

いわゆるキャッチバー。女性が『一緒にどこかで飲みませんか?私の友達が働いている店があるので行きませんか?』 とアプローチしてくるのが定跡。

『一緒にどこかで飲みませんか?私の知ってる焼き鳥の美味しい居酒屋があるから、そこに行きましょうよ』→居酒屋でさんざん飲まされ酔っ払う→『ねえねえ、もう一軒行こうよ。あたしボトルキープしてる店あるんだ』という高等戦術もあるらしい。

「だが、ここでたじろぐ松浦ではない。ふざけるなと店の者を睨みつけ、一歩も引かぬ構えを示す。

店のほうも手馴れたもので、ママがずっと奥に行き何やら外部と連絡を取っている気配。これくらいは松浦の読み筋通り。手早く後輩に指示を与え店を出させた。

数分とおかずバタバタと若い衆が3人駆けつけてきた。松浦は素早く厨房に入り包丁を手にしてこう啖呵を切った。

『わしも死ぬかもしれんが、むざむざやられはせん。お前達無事でいられると思うな!』

あの体型にこの迫力、ただの素人とは思えない。相手がひるんだ隙を見て、すかさず表へ飛び出した。

表にはさきほどの手筈で後輩がタクシーを用意してあり、見事難局を乗り切ったのであった」

明日は、もう少し違う方面の豪傑棋士が登場。

無人島に一年間住むとしたら

2009年版の将棋年鑑が発売になるが、今日は1993年版の将棋年鑑より。(私はなぜか1993年版だけ持っている)

この年の棋士名鑑の質問は

①身長・体重・血液型

②愛読書

③座右銘

④趣味

⑤子供の頃よくした遊び

⑥一番興味のあるスポーツ

⑦無人島に一年間住むとしたら、何と何を持って行くか(二つだけ)

⑧好きな囲い、玉型

⑨今年の目標

⑩健康法

だった。

この中から、面白かったり興味深かった回答を抜粋してみる。(タイトル・段位は当時のもの)

①身長・体重・血液型

・中井広恵女流名人・女流王位→153cm、主人から20kg引いた位、A型

・林葉直子女流五段→159cm、中井広恵より5kg重い、B型  

⑦無人島に一年間住むとしたら、何と何を持って行くか(二つだけ)

・中井広恵女流名人・女流王位→林葉直子と携帯電話

・林葉直子女流五段→好きな人とFAX

・郷田真隆王位→TVと本

・高橋道雄九段→タイムマシン、アルカディア号

・真部一男八段→紙と鉛筆

・森下卓七段→これは秘密

・滝誠一郎七段→恐くて答えられないが、普通の人と同じ事を考える

・三浦弘行四段→将棋盤、駒

[実戦派]

・大内延介九段→刃物とゴムボート

・中川大輔五段→火(ライターかマッチ)とジャックナイフ

[本格派]

・高田尚平四段→シーカヤック、ディーパックチョプラ”クォンタムヒーリング”

⑧好きな囲い、玉型

・羽生善治竜王・棋王・王座→舟囲い

・中原誠永世十段(前名人)→矢倉

・谷川浩司棋聖・王将→四枚の左美濃

・高橋道雄九段→玉の囲いは金銀四枚

・真部一男八段→凹矢倉

・島朗七段→▲5六金つき銀矢倉

・森内俊之六段→金銀三枚以上ついていれば何でも

・屋敷伸之六段→4六馬つき美濃囲い

・豊川孝弘四段→敵陣にもぐりこむ

・三浦弘行四段→舟囲い

・林葉直子女流五段→中原玉

・船戸陽子女流初段→固いヤツ

⑩健康法

・中井広恵女流名人・女流王位→林葉直子の下ネタ話を聞く事

・林葉直子女流五段→楽しいことばかり考えること

コメントと写真とスピーチ

将棋ペンクラブ大賞最終選考会のテープ起こしが終わって一息ついたものの、よくよく考えると、私も今度の将棋ペンクラブ会報に載せるコメントを書かなければならない。

このコメントは特に字数制限は設けられていないので、9文字以上であれば何文字であっても構わないと聞いている。バトルロイヤル風間さんは4コマ漫画になるらしい。

ところで私が心配しているのは写真のほうだ。最近の写真で私が気に入っているものはない。というか写真そのものが少ない。

だからといって、キャバクラで綺麗な女性と一緒に写っている20年前の写真を出すわけにもいかない。悩ましいところだ。

当日のスピーチも悩ましい。

「こんばんは、森進一です」

という一瞬芸で済ませる奇手もあるかもしれないが、そもそも私は物真似ができない。

スピーチは、まだ先の話なので、当日の午後に考えることにしよう。

なお、贈呈式当日の指導対局をしていただく女流棋士については2名ないし3名になる予定。昨日お願いをした。

萌え

昨日の社会人団体リーグは、石田流本組で3勝、升田式石田流で1敗と望外の戦績。チームは1名の欠場があったものの2勝2敗で通算4勝4敗。

社会人団体リーグが行われる会場のビルの他フロアでは、よく「萌え系イベント(販売会)」が開催されているが、この日は人形系の催し。

フランス人形のような髪型・化粧に、バービー人形のような服を着た女性がエレベータに乗っていたりして、それはそれで刺激的だった。

大きめのキャリーバッグを持っている人もたくさんいた。何が入っているのか謎だ。

あるときは軍服系イベント、またあるときはコミケ系イベントと、社会人団体リーグが行われている日の他フロアのイベントは、多彩さとマニュアックさを極めている。

これは、いつも感じることなのだが、そういった「萌え系イベント」に来ている彼ら彼女たちからすると、休日に将棋を指している我々は、かなりマニュアックで変な人たちというイメージなのだと思う。

「趣味」の一般的な定義は「マニュアックで変」ということなのかもしれない。