2010-05-19

棋士のエピソード

鈴木大介八段の涙

倉本聰脚本のドラマのような感動的な展開。 将棋世界1998年7月号、先崎学八段の「先崎学の気楽にいこう」より。 (太字が先崎八段の文章) やっと歩くのに慣れて来た頃、鈴木大介君の結婚式に出た。順位戦のないこの時期は、将棋指しの...
タイトルとURLをコピーしました