中村修新人王(当時)「意外と面喰いでもあるんですけど」

将棋世界1984年1月号、第14期新人王戦「中村、宮田を降し初優勝」より。

―新人王になった感想は。

中村 やはりうれしいです。それと、21歳の誕生日の前に新人王を取れたのでよかったと思っています。第3局のときには21歳になってしまっていますので(笑)。

―中村さんの将棋は受け将棋といわれているのですが。

中村 自分ではそんなことはないと思っているのですけどねぇ(笑)。僕は自分で言うのも変だけど、なるべく完璧を目指して将棋を指しているんです。それで、完全にうまくいくという見通しがつかないと攻めにいかないんですね。その前に相手が攻めて来ちゃう(笑)だからどうしても受けが多くなってしまうんですね。ただ、将棋は攻めなくてはいけないと思っています。攻めなければ相手の王様を詰ますことはできませんからね。

―将棋以外のことをお聞きしたいと思います。突然ですが結婚などは考えていますか。

中村 えー、急にそんなこと言われても。まあ、30歳くらいじゃないですか。

―どんなタイプの女性が好きですか。

中村 うーん、まあ、やさしい人ですね。意外と面喰いでもあるんですけど。(えー!という陰の声あり)

―歌手では。

中村 シーナ・イーストンが好きです。こんどコンサートへ行くのですが、今から楽しみにしています。

―趣味は。

中村 スポーツはやりたいんですけど、今はボーリングぐらいですね。あと音楽。自分で歌うカラオケは好きではないですけど、ポップスを聞くのは大好きです。

―収入はどのくらいありますか。

中村 秘密です。

―賞金は何に使いますか。

中村 まだ考えていません。とりあえず貯金します。

―最後にライバルをあげてください。

中村 やはり谷川さんや高橋さん。二人の活躍には刺激を受けました。それと同期に四段になった人たちです。

―ありがとうございました。これからの活躍を期待します。

中村 はい、頑張ります。

——–

21歳の誕生日の前に新人王を獲得できたことを喜ぶ中村修新人王(当時)。

19歳と20歳の違いなら気持ちがとても理解できるのだが、20歳と21歳の間にこだわりを持つところがユニークというか面白いところ。

——–

シーナ・イーストンは1980年に『モダン・ガール』でデビューしたスコットランド出身のアメリカの歌手で、『9 To 5 (モーニング・トレイン)』、『ユア・アイズ・オンリー』などの大ヒット曲がある。

1981年頃、エフエム東京を聴けば、必ずシーナ・イーストンの曲が流れていた印象があるほどだった。

——–

「どんなタイプの女性が好きですか」のすぐ後の「歌手では」の質問なので、中村修新人王が「歌手の中での好みのタイプの女性」を答えているのか「音楽的に好きな歌手」を答えているのか微妙なところだが、コンサートへ行くほどなので、シーナ・イーストンは両方の要素を兼ね備えていたのだと考えられる。

——–

中村修九段が佐藤康光九段の後を継いで棋士会長に就任した。

日本将棋連盟棋士会長に中村修九段が就任(日本将棋連盟)

非常に大変な時期ではあるが、大いに応援したい気持ちだ。

——–

中村修九段は、企業で言うと経営企画部長風の外観と真面目で隙のない雰囲気。

しかし、話すことには不思議な面白さがあるし、エピソードもたくさんある。

中村修七段(当時)の結婚

後輩棋士から大人気の中村修七段(当時)

中村修七段(当時)「つらいス」

「点のある・ない論争」・・・中村修七段(当時)の独白

——–

昨日は臨時棋士総会が行われ、3名の理事の解任が決まった。

日本将棋連盟理事解任のお知らせ(日本将棋連盟)

今の歴史的な豪雨を伴う暗雲が、早く晴天に変わるようになってほしい。

 

 

アサヒスーパードライの広告「キレ味。この一手。第9回 山崎隆之四段」

将棋世界2001年6月号の、アサヒスーパードライの広告「キレ味。この一手。 第9回 山崎隆之四段」より。

会心の飛車切り

 平成10年6月。棋士になって3ヵ月目、初めての順位戦に臨んだ。順位戦は6時間という長い持ち時間でお互いに持てる力をすべて出し切っての戦いになる。記録係としては何度も見てきたが、実際に自分が指すとなると「いったいどんなものなんだろう」という不安と好奇心が混ざったような複雑な気持ちだった。

 初戦の相手は北島忠雄四段(当時)。相矢倉になり、今から見るとかなり粗い序盤で損な指し方をしているが、自分の好きなように指していて勢いだけはあったと思う。

 図は終盤の入り口で、飛車取りに香を打たれたところ。

 ここで▲3九飛などと逃げていては△2六馬~△2五馬と攻め駒をきれいに掃除されて勝ち目がなくなってしまう。

 図から▲4八同飛と飛車を切ったのが会心のキレ味。以下△同馬▲4六香△2七角成▲3二銀成△同飛▲4四香と大駒をすべて渡して寄せ切ることができた。

 順位戦のプレッシャーに負けず、子供のころのように伸び伸び指せた将棋である。

—————-

今の山崎隆之八段から考えれば、矢倉囲いに入っている玉など信じられない世界。

しかし、飛車切りからは、山崎流の世界だ。

—————-

棋士になって3年経った山崎隆之四段(当時)が書いている「子供のころのように伸び伸び指せた将棋」。

この伸び伸びと指すということが、現在の山崎八段の奔放な棋風に貫かれているのだと思う。

—————-

16年前の山崎八段の顔を見ると、今とあまり変わっていない。

16年後もあまり変わっていないような感じがする。

将棋世界2001年6月号の、アサヒスーパードライの広告の一部

 

 

年齢よりも10歳上に見られていた木村一基四段(当時)

将棋世界2001年10月号、野月浩貴五段(当時)の「第14期竜王戦」より。

 確かあれは木村が四段に上がった直後だから、僕と木村は23歳だったと思うが、ある飲み屋で囲碁の小松英樹九段と一緒になったことがあった。その時に小松さんが話し掛けてくれたのだが、木村相手に丁寧な敬語を使っていたのでおかしいなと思い、「こいつ、いくつに見えますか?」と聞いたら、小松さんいわく「俺より年上でしょ?」。

 小松さんは我々よりも7歳上なので、33とか34歳に見えていたようだ。

 当時の木村は顔が老けているだけだったが、最近は顔に年齢が追いついてきたせいか、体中から棋士としての貫禄が感じられるようになってきた。やはりこれだけ将棋を勝っているからなのか、自信に満ち溢れている。

(以下略)

—————-

囲碁の小松英樹九段の複数の写真を見ると、「高校ラグビー界で全く無名の弱小チームが、ある一人の教師が赴任してから、わずか数年にして全国優勝を果たすまでの軌跡」を描いたような熱血青春テレビドラマの主人公の教師役が似合いそうな、とても若々しい顔立ちをしている。

小松英樹九段(日本棋院)

この時の小松英樹九段は30歳だが、きっと25歳くらいに見えていた時期かもしれない。

そのようなこともあり、なおのこと木村一基四段(当時)が年上に見えたのかもしれない。

—————-

昔の木村一基八段の写真を見ても、特に年齢が10歳も上に見えるようには感じないのだが、そういえば、2006年に木村一基七段(当時)は次のように話している。(2005年度NHK杯戦準々決勝、森下卓九段-三浦弘行八段戦の対局前の控え室での会話。木村七段は解説者だった)

「僕と同年齢の、外見が若かった行方君や野月君も最近では年齢相応の顔しています。でも三浦君は子供の頃と顔がほとんど変わっていません。それにひきかえ僕なんか特に…」

控え室の隅で精神を集中させていた三浦弘行八段(当時)の困ったような照れ臭そうな、とても微妙な表情が忘れられない。

三浦弘行八段の真骨頂

 

 

2017年2月将棋関連新刊書籍

2017年2月の将棋関連新刊書籍。

〔3月以降の新刊〕

 

 

関根茂九段「生まれ変わっても一緒になろう」(関根九段のご令嬢・千恵さんからコメントをいただきました)

関根茂九段が2月22日に87歳で亡くなられたが、このブログの「関根茂九段逝去」の記事に、関根九段の長女の関根千恵さんからコメントをいただいた。

関根茂の長女、千恵です。心暖まる記事の引用をありがとうございます。両親は、父が息を引き取る直前まで本当に仲が良く、生まれ変わっても一緒になろうと、ここ最近では良く来世の結婚の約束をしておりました。いままで、父がお世話になり、本当にありがとうございました。

—————-

関根茂九段と関根紀代子女流六段の来世の結婚の約束。

本当に素敵な、感動的な二人の約束。

故・原田泰夫九段は「将棋の国」という言葉をよく使われていたが、将棋の国へ旅立った関根茂九段にも大きな楽しみが一つ増え、残された方々にも希望が残る展開だと思う。

—————-

関根茂九段の若い頃の写真を探しているうちに、千恵さんと一緒に写っている写真が偶然見つかった。

将棋世界1973年5月号、関根茂八段(当時)がA級にカムバックを決めた時の写真。

東京より千葉に近い葛飾に住まうのは健康によい、そして釣りが唯一の趣味の関根八段。毎日近所の神社に長女千恵ちゃんと連れ立っての散歩が日課という。

が、この写真のキャプション。

柔和で優しい顔の関根茂八段、千恵さんをとても可愛がっていた様子がうかがえる。

—————-

関根千恵さんは、現在、株式会社オーガニックビューティーの代表を務められている。

オーガニックビューティーは、自然化粧品の企画・開発、販売、卸し等を行っている会社。

千恵さんは東京理科大学理学部数学科を卒業後、電機メーカーでSEとして働いていたが、その時期にストレスが原因で肌のトラブルに見舞われ、化粧品で治そうと100種類以上を試してみたものの(千恵さんはもともと化粧品マニアだった)、一向に治らず。

途方に暮れていた時、たまたま手に取ったのが当時はまだマイナーだったオーガニックコスメで、使ってみると、見事に改善したどころか、以前よりも肌の調子が良くなったという。

千恵さんはオーガニックコスメに魅了され、ついにはその化粧品を扱っていた会社に転職をしてしまう。

その後、引き抜きなどもあってオーガニックコスメ数社や他社の社長を経て、2014年から現在の会社を立ち上げている。

オーガニックビューティーのローズドビオ

オーガニック化粧品スペシャリスト 関根千恵(スキンケア大学 )

千恵さんは、販売、薬事業務、インストラクター、マーケティング、企画、広報、マネージメントと、この業界の一通りの仕事を経験している超エキスパートだ。

—————-

ちなみに関根千恵さんが卒業した東京理科大学理学部数学科は、私がいた学科の隣の学科。(私は理学部応用数学科という学科)

昔、何かの本で関根茂九段のお嬢さんが東京理科大に通っていると書いてあったのを読んだ記憶があり、(へー、そうなのか、後輩なんだ)と頭の片隅に残っていたのだが、このような形でブログにコメントをいただいて、私の周辺では嬉しい驚きに包まれている。