羽生善治五冠(当時)の非情の責め(羽生激辛流4)

将棋世界2001年10月号、片山良三さんの第42期王位戦〔羽生善治王位-屋敷伸之七段〕第3局観戦記「銀得で不利という、不条理」より。

7図以下の指し手
△2七角▲7七銀△6三角成▲1一竜△2六歩▲4六角△2七歩成▲1三角成△5三香▲6八馬△2六竜▲5七銀△3七と(8図)

〔戦意喪失〕

 残り10分になった屋敷に対して、羽生の△2七角は残酷とも言える非情の責めになった。△6三角成と引きつけられれば、羽生の玉は詰む形が想像できなくなるが、このラインには障害物がないので止めようがない。詰みそうにない敵玉に時間切迫の状況で向かっていかなければならないウンザリ感を想像してみてほしい。屋敷の心理的な負担を一瞬で読み切り、相手が最も嫌がる指し手を選択できるのが、羽生一流の高度な勝負術なのだ。

 当面は銀損という小さくない駒損なのだが、なぜか指しにくさは感じない。その点は羽生も同意して「歩の数が多いからでしょう」と明確な分析をした。事実、馬を作ったあとは△2六歩からのと金の製造。この時点で羽生も「やっと良くなった」と認めた。

 もっと良くできそうな将棋を決めきれなかったことで著しく消耗していた屋敷は、△2七角を見たところで、この将棋にはすでに自分に勝ちが出ないことを悟っていたと思う。

 △5三香と、あくまでも手厚い手で制空権を確保し、△3七とと元手がかかっていないと金を働かせる羽生。屋敷から、銀得という物質的な優位さえ奪ってしまえば、勝ちは向こう側から転がり込んでくるという大局観だ。

8図以下の指し手
▲9五歩△同歩▲9四歩△2八竜▲9三桂△同桂▲同歩成△同香▲8六銀△6五桂▲7五桂△4五馬▲8三桂成△同玉▲9四歩△5七香成▲9三歩成△同玉▲8五香△8四歩▲同香△6八成香▲同金上△8三歩▲7一銀△8四歩▲9五銀△8三玉(投了図)  
 まで、106手で羽生王位の勝ち

〔痛い負かされ方〕

 ▲9五歩以下は、単なる形作り。終局を確認するための作業工程に過ぎなかった。投了図から▲7五香で詰めろを継続したとしても、△7四歩で今度こそなにも手がない。

 屋敷独特の変則的な揺さぶりが全く通用しない七番勝負。今回は序盤の再三のフェイント攻撃に羽生が挑発されて、屋敷が主導権をつかんだようにも見えたが、「銀得なのに、すでに悪いかもしれない」という不思議な展開に頭を抱えた。ポーカーフェイスを崩さない屋敷だったが、こんなショックな負かされ方も、初めてだったのではないか。

 羽生は新たな挑戦者がやってきたときに、(多分意識的に)こんな負かし方をする。ただ負かすのではなく、心の奥底にコンプレックスという傷も負わせようという計算なのではないか。まさに王者の勝負術を見せてもらった気がする。

 力の半分も出させてもらえない屋敷は第4局以降にどんな巻き返しを見せてくれるだろうか。「力が入り過ぎと違うか」とは、立会人の内藤九段の指摘。ウキウキとして競艇場に行くような、普段着の屋敷に戻ることができれば、羽生の精密な思考回路をも乱せるかもしれない。

—————-

△2七角という、穏やかに見える一手が超激辛なのだから驚いてしまう。

大山康晴十五世名人流の、若手の挑戦者の心の奥底にコンプレックスを植えつける、という狙いではなかった可能性もあるが、とにかく挑戦者の心が折れてしまうような負かし方。

しかし、よくよく考えると「激辛」というのは相手を攻撃する手ではなく自陣を固める手である場合が多いので、穏やかに見える一手が激辛であることは不思議なことではないのかもしれない。

 

 

 

「銀得で不利という、不条理」(羽生激辛流3)

将棋世界2001年10月号、片山良三さんの第42期王位戦〔羽生善治王位-屋敷伸之七段〕第3局観戦記「銀得で不利という、不条理」より。

6図以下の指し手
▲同角△同竜▲5三歩成△同金▲2六角△5五竜▲5七歩△6五銀▲1一竜△8二玉▲1三竜△5二金引▲5六香△同銀▲同歩△同竜▲3七角(7図)

〔読み筋にスキなし!〕

 △3五角に対して、▲1一角成などとゆったり構えているわけにはいかない。△5七桂▲6八金上△4九桂成の攻めが、△3五角の存在と絡んで非常に厳しい手になる。攻守が入れ替わるどころではなく、角の位置エネルギーの差が瞬間的に大差になるだけに先手に勝ち目がない。▲5三歩成と踏み込むのも、△同金▲同角成△同角▲5二金△4三角でブロックされる。どちらの変化も、屋敷陣に残っている壁銀が勝敗に直接響いてくるのがわかる。

 というわけで、屋敷の▲3五同角はやむを得ない妥協だが、羽生に△同竜と成ったばかりの竜に引き揚げられ、この竜のディフェンスが見た目以上に強力であることに驚かされる。一撃で決めにきた屋敷の腕をさりげなく返し「勝負はこれから」とでも言うように挑戦者に鋭い視線を投げかけた羽生。ここまでうまく指してきた実感があった屋敷だが「竜を引きつけられたあたりから、手応えがある手が見つけにくくなった」と、気持ちに焦りが出てきたことをあとで告白してくれた。

 先の△3八飛成にかけた51分で、羽生は相当深いところまで読みを入れた。△3五角で△6二角と自玉に内服薬を投入する手もあると見ていたようだが、▲1一角成△5七桂▲6八金上△4九桂成▲6六馬△6五銀▲3九香△同成桂▲6五馬△同歩▲6四桂(参考4図)と進む展開が気に入らなくてやめたのだという。

 ▲3九香と貴重な駒を打ち捨てて一手を稼ぐ手と▲6五馬と切る手のコンビネーションなどは、まさに王位だけの世界だ。屋敷は△6二角と受け一方に打つ手をそもそも軽視しており、このあたりは感想戦でも羽生の独壇場だった。

 ▲2六角に△5五竜と体をかわし、意外にも継続手がない。立会人の内藤國雄九段が「▲5二歩でどうだ!」と切れ味鋭い指摘をしたが「△6二角と打てば、さっき(△3五角で△6五角と投入する変化)よりこっちにとっては条件がいいですよね」と、羽生は涼しい顔だ。

 勝浦修九段は「▲5三歩成とするから忙しくなるんだ。黙って▲7七銀。それが呼吸でしょう」と指摘したが、羽生は「こちらも△8二玉と上がれるので、どっちが得かは微妙なところでしょう」とここでも負けていなかった。「少しずつ苦しいと思った」というのが終局直後の公式コメントだが、実際には羽生がはっきり悪くなる変化はついに見出だせなかった。

 屋敷は「気がきかない手」と思いつつも、▲5七歩から手順を尽くして駒得に走った。「序盤に戻ったような展開(羽生)」なら、駒得はなによりも頼りになる優勢への指標だからだ。7図まで、ついに銀得の戦果があがったが、不思議なことに形勢はすでに羽生に傾いていた。

 そして、羽生の次の一手が、挑戦者の意識をもうろうとさせるハードパンチになった。

(つづく)

—————-

羽生善治王位の非常に深くて精緻な読み。

矢倉銀損定跡があるが、7図のような終盤に近い中盤で銀損している方が有利というのも珍しいこと。

広義の羽生マジックと言えるだろう。

そして7図からの羽生王位の激辛な次の一手。

大山流の激辛、丸山流の激辛ともまた違った味の羽生流の激辛。

当てるのはなかなか難しい一手。

 

 

羽生善治五冠(当時)「これが精一杯のさばき」(羽生激辛流2)

将棋世界2001年10月号、片山良三さんの第42期王位戦〔羽生善治王位-屋敷伸之七段〕第3局観戦記「銀得で不利という、不条理」より。

2図以下の指し手
△4六歩▲同歩△同飛▲2四歩(3図)

〔避けられない決戦〕

封じ手は△4六歩。△2二飛とすればまだ収まる道はあったと思うが「指す気がしない」と羽生。屋敷も「絶対に△4六歩と来ると思っていた」と、ギャンブラーらしく一点予想を的中させていた。

2日目の午前から、控え室に緊張が走った。一気の決戦の順がいくつか想定できたからだ。

3図以下の指し手
△同歩▲3三角成△同桂▲2四飛(4図)

〔ワザはかかっていた?〕

手番を握った振り飛車側がワザをかけに行かなければいけない3図。△3五歩がよくある反撃筋だが、▲2三歩成△7七角成▲同銀△3六歩▲3二と△3七歩成▲同銀△4九飛成▲2一飛成(参考2図)と一本道に進んで、振り飛車がよくない。次に▲1六角の狙いが厳しく残っているからだ。

△3六飛はあったかもしれない。▲2三歩成に、△7七角成▲同銀△4七歩▲同金△2七歩と攻め、▲同飛△3八角が面白い。ただ、羽生はそこで▲2八歩(参考3図)と打たれる手が気になって、うまくいかないと打ち切った。

屋敷は「全く読んでいなかった」と正直だが、ここまで進めば▲2八歩はきっと指すはずだ。

羽生がこの変化に誘われなかったのは、勝負師特有の危機察知能力の働きと言っていい。

本譜は意外なほど普通の進行。屋敷の飛の成り込みは確定。羽生の飛はまだ見通しが立っていない。

4図以下の指し手
△4五桂▲同桂△同銀▲2一飛成△5六銀▲4七歩△3六飛▲4四角(5図)

〔さばきをひねり出す羽生〕

先手の不満は8八の壁銀。後手の不満は不安定な7一玉。そういう意味では微妙にバランスがとれている4図だが、ここでは8八に銀がいるから大丈夫という変化がいくつかあった。例えば△4五桂▲同桂△同飛なら、▲4七歩と打って先手優勢という順。通常の▲6八銀型なら△3三角がひどいのだが。

△4五同銀が、羽生がひねり出した手。▲4七銀で飛が死ぬが、それは△同飛成▲同金△4六歩▲5七金△6五桂で先手陣がもたない。△5六銀と「これが精一杯のさばき」(羽生)だが、模様はやはり屋敷が良く見えた。

5図以下の指し手
△3八飛成▲5四歩△3五角(6図)

〔妖しい角で屋敷優勢?〕

屋敷が中空に打ちつけた▲4四角は、控え室では出てこなかった発想。

敵の心臓をいきなり素手で摑みにいくような手で、これにはさすがの羽生も考え込んだように見えた。不安定な位置の角だけに違和感があったが、眺めているうちに「これは素晴らしい手かもしれない」と、検討陣の評価もにわかに高まっていった。

直接には▲5四歩が狙いだ。これを防ぐだけなら△8二玉と味よく直射を避ければ済む話なのだが、それには▲3七歩と羽生の飛を捕捉する手が用意してある。△3五飛とするしかないが、▲同角△同歩▲3一飛と二枚飛車で攻めたてて、この展開になれば主導権は完全に屋敷のものとなるわけだ。

屋敷優勢の声。もしこの将棋を屋敷が落とすことにでもなればワンサイドゲームになってしまう七番勝負だけに、中立の立場を守らなければならない運営側の空気も知らず知らず屋敷に肩入れしてしまうのも仕方がない。盤上に打ち下ろされた▲4四角が放つ妖しい輝きは、そうしたムードが希望的な観測ではないと思わせたのだが、王位戦8連覇中の羽生のふところはそんな浅いものではなかった。

51分の熟慮で、△3八飛成。手の意味としては▲3七歩で飛が封殺される手を回避したわけで、単体の指し手として見れば羽生でなくても指せる平凡な手とも言える。しかし、これによって屋敷に手番が移り、注文通りの▲5四歩を与えることになる。それで悪ければ「王より飛車を可愛がり」の危険な選択になるわけだが、当然のこととして羽生は屋敷の切っ先を見切っていた。△3五角が、用意していた強防だ。心臓を摑みにきた屋敷の利き腕を、背後に回り込んでねじり上げようとした手だった。

(つづく)

—————-

羽生善治王位の封じ手は△4六歩。

こっちはこっちで好きにするから、勝手に飛車を成り込んできて、という方針。

振り飛車名人の故・大野源一九段の捌きがこのようなものだった。

—————-

羽生善治王位がひねり出した息苦しいような捌き。

「飛車を取れるものなら取ってみろ」だったものが、屋敷伸之七段(当時)の妖しげな▲4四角の出現で、飛車を取られてはマズい状況に一変する。

そして、それに対抗する△3五角。

敵の心臓をいきなり素手で摑みにいくような妖しげな▲4四角も、心臓を摑みにきた腕を背後に回り込んでねじり上げようとした△3五角も、迫力満点だ。

—————-

心臓を摑みにくるわけではないが、鉄の爪 フリッツ・フォン・エリックのアイアンクローに対し、必死に技にかからないようにしているジャイアント馬場さんの写真があるが、6図はまさにそのような局面。

写真→【懐かしの外人レスラー名鑑】鉄の爪 F・フォン・エリック(NEWSポストセブン)

 

 

花村元司九段「博打はいいよ。ただし、やるからには勝たなきゃアカン」(羽生激辛流1)

羽生善治五冠(当時)の超激辛な将棋。

激辛な手が出てくるのは終盤となりますが、そこに至るまでの将棋の展開と観戦記が面白い。

将棋も観戦記も見事な起承転結の構成となっているので、今日から金曜日まで、4回の記事となります。

今日は起承転結の起。

将棋世界2001年10月号、片山良三さんの第42期王位戦〔羽生善治王位-屋敷伸之七段〕第3局観戦記「銀得で不利という、不条理」より。

〔博打うちの系譜〕

 花村元司九段門下で奨励会に6年近く在籍していた筆者だが、師匠にはついに一度も将棋を見てもらえなかった。指していただけなかった、のではない。指した将棋を見てもらうこともできない期待薄の弟子だったのだ。

 17歳になったかならなかったかぐらいのときのことだ。京王閣競輪場のトイレで師匠とバッタリ出会ってしまったときは全身が凍りつく思いをしたが、顔面を蒼白にして緊張して突っ立っているしかなかったボクを笑顔でやさしく見下ろした師匠は、「博打はいいよ。ただし、やるからには勝たなきゃアカン」と言った。それが花村門下の掟なのだった。

 その後、ボクは将棋より競輪、競輪より競馬へとのめり込み、ついにはキシよりキシュとの付き合いの方が濃くなってしまう。道は少々それたが、亡き師匠の教えに背いた生き方をしていないのは自慢できると思うことにしている。

 屋敷七段の趣味は競艇だ。この春結婚して新居を大森に構えたのも、メッカ平和島競艇場に近いからだというのだから筋金入りのファン。将棋の勉強は「毎日3分程度」と言うのでなんのことかと思ったら、競艇場へ行くまでに読むスポーツ紙に載っている詰め将棋を解く時間がそれなのだと真面目な顔をして言う。まさかそんなはずはないのだが、研究会に入っている話は聞かないし、パソコンでコツコツ調べるタイプでもない。花村先生が生きていたら「見所のあるヤツだ」と、弟子に招き入れようとしたかもしれない。いや、屋敷の場合の競艇は博打ではないような気もする。将棋以外の世界を知ることで人間の幅の広がりを持とうとしているような、そんなムードを感じるのだ。舟券は、最も難易度が高い三連単を専門に買うという。当たれば大きいがほとんど当たらない。屋敷は「それでも楽しいからいいんです」と言う。筆者は、花村本流の博打うちなので、当たらない馬券は買わない。いや、それでも博打で儲けるのは本当に難しいのだが、儲からなくてもいいという勝負はしてはいけないという師匠の教えは守っている。

 中村修(現八段)が王将だった時代、真面目一方だと思っていた彼が競馬をやりたいと言ってやってきた。タイトル戦の合間にも、競馬場へやってくるほど熱心なのだが、馬券が当たると「ツキを無駄に使っているのではないか」と不安な顔をする。外れ続けたときの方が「これで将棋にツキを残せた」と喜んでいるのだから、色々な考え方があるものだなと感心したものだ。屋敷も、どうもこの中村タイプに近いのではないかと想像しているのだが。

(中略)

〔フェイントモーション〕

 屋敷の持ち味は、「忙しいと思える局面でじっと手を渡してそれが好手になるような、独特の距離感覚」と、この対局の副立会人をつとめた脇謙二八段は看破している。イメージとしては、福崎文吾八段の系列に入る「感覚派」の棋士。

 序盤で早くもらしさが出ている。▲7七角で穴熊を匂わせ、▲3六歩で急戦もあるよと揺さぶった。こういうフェイントで敵のディフェンダーを幻惑する動きが好みなのだ。

1図以下の指し手
△7一玉▲6八角△4五歩▲8八銀△4三銀▲3七桂△5四銀▲7七角(2図)

〔角のサイドステップ〕

 序盤からトリッキーな動きに出られて、羽生も挑発されたのだろう。△4三銀なら恐らく無難に流れたはずの駒組合戦が、△7一玉▲6八角の2手で急流に踏み出すことになった。気合いが乗って一時的にブレーキがきかない状態になっている羽生が△4五歩と突っ張って、もう後戻りはできない。先手が▲6六歩と突ける形なら、参考1図から「カマボコ」に組んでじっくり戦う選択もあったのだが、羽生はもうそれも許さないと言っているのだ。

 一旦6八に引いた角を▲7七角とぶつけて「振り飛車には角交換」が確定した。屋敷らしい変則的なフェイントモーションがはまったのではないかという評判の1日目。

 羽生の感想も「△7一玉が図々し過ぎて、少しずつ苦しい感じがした」と、戦略負けを認めている。

(つづく)

—————-

片山良三さんは、故・花村元司九段門下。奨励会を退会後、将棋世界などで文章を書き(ペンネーム:銀遊子)、1987年からサンケイスポーツに入社。武豊騎手の初代番記者となって、現在はスポーツライターであるとともにゼンノマネジメントでレーシングマネージャーを務めている。

片山良三さんが書かれた観戦記は読み応えがあって面白いものばかり。ホームランの多い3割打者という印象だ。

息抜きをすすめるのが罪、と思わせるような存在

羽生善治1級(当時)にかかれば相手の銀も横に動く

坊主になった郷田真隆二段(当時)

銀遊子の名での奨励会の記事も傑作揃い。(ブログ右側中ほどのサイト内検索で、”銀遊子”で検索してみてください)

—————-

屋敷伸之七段(当時)らしい、まさしく「忍者流」の巧みな序盤の動き。

振り飛車側は角交換をしたくないのに、角交換は避けられない状況となった。

ここからの羽生善治王位の次の一手(封じ手)が意外な一手。

 

 

田中寅彦九段の人生を賭けた一手

将棋世界2000年11月号の、アサヒスーパードライの広告「キレ味。この一手。 第2回 田中寅彦九段」より。

人生を賭けた一手

 私はA級に4回も昇級した、という大記録(?)を持っている。裏返して言えばA級から3回降級しなければ出来ない記録とも言えるのだが、私自身は倒されても倒されても起き上がってきたことを自慢することにしている。

 昨年度もA級陥落のピンチに見舞われた。最終局の相手は森内八段。彼は勝てれば名人挑戦権の可能性がある。お互いに負けるわけにはいかない大きな勝負だった。

 相矢倉戦に進み、駒組みの最終段階でA級残留を懸けて▲9八香(図)と上がった。

 これが私の人生の一手なのだ。言わずと知れた穴熊を目指した手で対局中はこの手が指せれば悔いなしと思った。私にはこれで四半世紀近くプロをやってきたという自負があり、A級の地位とともに人生を賭けたキレある一手であった。

 将棋は穴熊から私の快勝。現在、将棋界に台頭している二十代棋士の森内八段を破り、A級残留を決めることができて非常に嬉しかった。

—————-

田中寅彦九段らしい入魂の文章。

—————-

矢倉から穴熊に組み直す指し方は、この当時ではほとんどなかった。

それが今では珍しいことではなくなっている。

”序盤のエジソン”と呼ばれている田中寅彦九段の真骨頂と言えるだろう。

—————-

子供の頃「七転び八起き」という言葉を知って、意味する気持ちはわかるけど、どう考えても7回転んだら起きるのも7回ではないか、とずっと思い続けてきた。

しかし、田中寅彦九段の「私はA級に4回も昇級した、という大記録を持っている。裏返して言えばA級から3回降級しなければ出来ない記録」を読んで、「七転び八起き」の趣旨とは微妙に異なるけれども、これぞ「七転び八起き」そのものの世界ではないかと強く思った。

—————-

「七転び八起き」と見た目が似ている言葉に「七転八倒」がある。これは「7回転んで8回倒れてこれだけでも合計15回も苦しんでいる」と子供の頃は考えていたので、現在に至るまで特には疑問に感じていない。