関根茂九段「生まれ変わっても一緒になろう」(関根九段のご令嬢・千恵さんからコメントをいただきました)

関根茂九段が2月22日に87歳で亡くなられたが、このブログの「関根茂九段逝去」の記事に、関根九段の長女の関根千恵さんからコメントをいただいた。

関根茂の長女、千恵です。心暖まる記事の引用をありがとうございます。両親は、父が息を引き取る直前まで本当に仲が良く、生まれ変わっても一緒になろうと、ここ最近では良く来世の結婚の約束をしておりました。いままで、父がお世話になり、本当にありがとうございました。

—————-

関根茂九段と関根紀代子女流六段の来世の結婚の約束。

本当に素敵な、感動的な二人の約束。

故・原田泰夫九段は「将棋の国」という言葉をよく使われていたが、将棋の国へ旅立った関根茂九段にも大きな楽しみが一つ増え、残された方々にも希望が残る展開だと思う。

—————-

関根茂九段の若い頃の写真を探しているうちに、千恵さんと一緒に写っている写真が偶然見つかった。

将棋世界1973年5月号、関根茂八段(当時)がA級にカムバックを決めた時の写真。

東京より千葉に近い葛飾に住まうのは健康によい、そして釣りが唯一の趣味の関根八段。毎日近所の神社に長女千恵ちゃんと連れ立っての散歩が日課という。

が、この写真のキャプション。

柔和で優しい顔の関根茂八段、千恵さんをとても可愛がっていた様子がうかがえる。

—————-

関根千恵さんは、現在、株式会社オーガニックビューティーの代表を務められている。

オーガニックビューティーは、自然化粧品の企画・開発、販売、卸し等を行っている会社。

千恵さんは東京理科大学理学部数学科を卒業後、電機メーカーでSEとして働いていたが、その時期にストレスが原因で肌のトラブルに見舞われ、化粧品で治そうと100種類以上を試してみたものの(千恵さんはもともと化粧品マニアだった)、一向に治らず。

途方に暮れていた時、たまたま手に取ったのが当時はまだマイナーだったオーガニックコスメで、使ってみると、見事に改善したどころか、以前よりも肌の調子が良くなったという。

千恵さんはオーガニックコスメに魅了され、ついにはその化粧品を扱っていた会社に転職をしてしまう。

その後、引き抜きなどもあってオーガニックコスメ数社や他社の社長を経て、2014年から現在の会社を立ち上げている。

オーガニックビューティーのローズドビオ

オーガニック化粧品スペシャリスト 関根千恵(スキンケア大学 )

千恵さんは、販売、薬事業務、インストラクター、マーケティング、企画、広報、マネージメントと、この業界の一通りの仕事を経験している超エキスパートだ。

—————-

ちなみに関根千恵さんが卒業した東京理科大学理学部数学科は、私がいた学科の隣の学科。(私は理学部応用数学科という学科)

昔、何かの本で関根茂九段のお嬢さんが東京理科大に通っていると書いてあったのを読んだ記憶があり、(へー、そうなのか、後輩なんだ)と頭の片隅に残っていたのだが、このような形でブログにコメントをいただいて、私の周辺では嬉しい驚きに包まれている。

 

 

コメントを残す