2020-06-05

読む

『大山康晴全集』では詳しく解説されているけれども『升田幸三選集』では割愛された大山-升田戦

将棋マガジン1993年7月号、東公平さんの「升田幸三物語」より。  升田が1勝3敗とカド番に立たされた第18期名人戦。第5局は昭和34年6月11・12日の両日、東京の「羽沢ガーデン」で行われた。 「あそこは大山の牙城だからな」 ...
タイトルとURLをコピーしました