インタビュー・対談

インタビュー・対談

鈴木大介四段(当時)「研修会の仲間には行方君とか三浦君がいて、彼らは奨励会へ行くというので自然にそういう方向へ」

近代将棋1994年12月号、「棋士インタビュー 鈴木大介四段 地獄から天国へ」より。 死まで考えた 四段になってなにか変わりましたか? 「驚いたのはその日のうちに大きな花束が2つも届いたことです。それから昔、稽...
インタビュー・対談

羽生善治五冠(当時)「一番の思いは、自分の考えた手で自分の将棋を指す。その将棋が、そのまま定跡と言われるような将棋を指したいですね」

将棋マガジン1994年12月号、駒野茂さんの「第7期竜王戦開幕 対局者直撃インタビュー 羽生善治名人」より。  10月5日、羽生名人にインタビューをした。この後にも別口で取材があると聞いてビックリ。本当にお忙しいのである。 ...
インタビュー・対談

佐藤康光竜王(当時)「いや~、ドームで野球をした頃は、ちょっと遊び過ぎました」

将棋マガジン1994年12月号、駒野茂さんの「第7期竜王戦開幕 対局者直撃インタビュー 佐藤康光竜王」より。  第7期竜王戦。新鋭・行方尚史四段の活躍で大いに盛り上がりを見せた本戦トーナメント。しかし、結果を見ればやはりこの人が、とうなず...
インタビュー・対談

行方尚史四段(当時)「羽生さんは優等生じゃない」

将棋マガジン1994年12月号、高橋呉郎さんの「形のメモ帳 行方尚史 羽生時代を脅かす新勢力」より。 ギャンブルにのめりこんで  前述したインタビュー記事を読んだとき、私は正直いって、ちょっと意外な感じがした。情報不足のせいか行方が...
インタビュー・対談

「この男、およそエリートくさくない。俗界の埃をたっぷりと吸い込んでいる」

将棋マガジン1994年12月号、高橋呉郎さんの「形のメモ帳 行方尚史 羽生時代を脅かす新勢力」より。 エリート技術者対現場技術者 「おもしろいのが出てきましたよ」  9月某日、控え室に顔を見せた先崎学六段がわがことのように楽し...
タイトルとURLをコピーしました