インタビュー・対談

インタビュー・対談

ヒューマンファイリング「団鬼六 SMの帝王といわれて・・・」(後編)

週刊将棋1985年9月25日号、湯川博士さんのヒューマンファイリング「SMの帝王といわれて・・・」より。 団鬼六誕生  酒場をつぶした後、都落ちを決心する。すべての女を整理し、田舎教師になるべく三浦三崎に行く。  三崎中学では...
インタビュー・対談

ヒューマンファイリング「SMの帝王といわれて・・・」(前編)

団鬼六さんへのインタビュー記事。 週刊将棋1985年9月25日号、湯川博士さんのヒューマンファイリング「SMの帝王といわれて・・・」より。  団鬼六という名には魔力がある。数あるペンネームの中でも傑出したもので、どんな文学賞をもはじ...
インタビュー・対談

2002年の「伝説の島研同窓会」(後編)

将棋世界2002年8月号、『伝説の「島研」同窓会』より。 ―何か規律みたいなものは?出し惜しみはしないとか(笑) 佐藤 出し惜しみというか、当時はまだ定跡とかよく分からなかったですから。ぼくなんか奨励会時代は、将棋の勉強で序盤の研究はした...
インタビュー・対談

森内俊之名人にとっての負けて最も悔しい相手

将棋世界2002年8月号、「森内俊之新名人に聞く」より。 ―森内名人、羽生竜王(四冠)、郷田棋聖、佐藤王将と、1982年に奨励会入りした棋士がタイトルを占めることになりました。森内さんは同期のライバルにどんな思いを抱いているのですか。羽生...
インタビュー・対談

10年前の「Q&A 藤井九段に聞く」

将棋世界2003年2月号、「Q&A 藤井九段に聞く」より。 1.研修会時代のライバル     大和田君(※雅弘。後に奨励会入会) 2.奨励会時代、目標にした棋士     谷川浩司 3.四段に昇段したときの心境  ...
タイトルとURLをコピーしました