「タイトル戦の食事」カテゴリーアーカイブ

第68期王将戦第1局対局場「掛川城 二の丸茶室」

久保利明王将に渡辺明棋王が挑戦する王将戦、第1局は静岡県掛川市の「掛川城 二の丸茶室」で行われる。

棋譜中継毎日IDの登録が必要)

中継ブログ

二の丸茶室」は、掛川城天守閣の西側にある2002年3月に完成された木造平屋建、一文字葺の伝統的な数寄屋造りの建物。

icon
掛川城

掛川城は、室町時代、駿河の守護大名今川氏が遠江進出を狙い、家臣の朝比奈氏に命じて築城させたのがはじまりで、戦国時代には、山内一豊が城主として在城し、城の改築を手掛けた。

しかし、1854年の地震により倒壊し、その後は天守の再建は行われず、天守台などが残るのみだった。

現在の掛川城は、市民からの寄付などにより1994年4月に木造天守閣として再建された。

大盤解説会会場は、城近くの「大日本報徳社大講堂」。二宮尊徳の教えを広める道場として1903年完成した和洋折衷の木造建築で、国の重要文化財に指定されている。

[二の丸茶室での昼食実績]

将棋棋士の食事とおやつによると、過去の王将戦の二の丸茶室での昼食は次の通り。

(一日目、二日目の順)

2010年
羽生善治王将:鶏照り焼き重、海鮮チャーハン ●
久保利明棋王:海鮮チャーハン、カツ重 ◯

2011年
久保利明王将:かにあんかけチャーハン、うな重 ●
豊島将之六段:うな重、かにあんかけチャーハン ◯

2012年
久保利明王将:かにあんかけチャーハン、松花堂弁当 ●
佐藤康光九段:ビーフカレー、うな重 ◯

2013年
佐藤康光王将:ビーフカレー、うな重 ●
渡辺明竜王:牛照り焼き重、かに肉あんかけチャーハン ◯

2014年
渡辺明王将:地養鶏照焼き重、うな重 ◯
羽生善治三冠:地養鶏照焼き重、松花堂弁当 ●

2015年
渡辺明王将:うな重、うどん(温) 天ぷら ◯
郷田真隆九段:ビーフカレー、シーフードチャーハン ●

2016年
郷田真隆王将:地養鶏照焼き重、ビーフカレー ◯
羽生善治名人:うな重、松花堂弁当 ●

2017年
郷田真隆王将:天ぷらうどん、特製和風焼きカレー  ●
久保利明九段:蟹肉あんかけ炒飯、浜名湖産うな重 ◯

2018年
久保利明王将:うな重、地養鶏照り焼き重 ●
豊島将之八段:うな重、ビーフカレー ◯

写真から、昼食は「掛川グランドホテル」から運ばれてくるものと思われる。

[掛川グランドホテルの昼食メニュー]

掛川グランドホテルのレストランの、昼食向きかつ出前向きなメニューは次の通り。

◯アルカディアダイニングコート
タンタン麺 1,000円
五目餡かけラーメン 1,100円
五目餡かけヤキソバ 1,100円
五目餡かけご飯 1,200円
蟹と海老入りチャーハン 1,200円

◯日本料理「掛川」
松華堂弁当 2,500円
掛川御膳 2,500円
彩り御膳 3,000円
西京焼き御膳 1,800円
寿司御膳 2,800円
茶そば 1,500円
バラチラシ 2,000円
稲庭うどん 1,500円
天丼 1,800円
鰻重 4,600円

◯マンダリンラウンジ
=週替わりランチメニュー=
シーフードカレー 1,000円
ラッフルズカレー 1,000円
タイ風グリーンカレー 1,000円
英国風カレー 1,000円
麻婆豆腐 1,000円
牛筋の辛子煮込み 1,000円
海老チリ 1,000円
かに玉 1,000円
パスタランチ 1,000円

[昼食予想]

過去の実績を見ると、

久保利明王将が、うな重が3回、蟹肉あんかけ炒飯も3回、海鮮チャーハン、カツ重、松花堂弁当、地養鶏照り焼き重が各1回となっている。二の丸茶室での戦績は2勝3敗。

渡辺明棋王が、うな重が2回、牛照り焼き重、蟹肉あんかけ炒飯、地養鶏照焼き重、うどん(温) 天ぷらが各1回。二の丸茶室での戦績は3勝0敗と負けなし。

予想は次の通り。

久保利明王将
一日目 蟹と海老入りチャーハン
二日目 うな重

渡辺明棋王
一日目 うな重
二日目 松華堂弁当

 

第31期竜王戦第7局対局場「春帆楼」

羽生善治竜王に広瀬章人八段が挑戦する竜王戦、第7局は山口県下関市の「春帆楼」で行われる。

中継
AbemaTV将棋チャンネル
ニコニコ生放送

春帆楼」は、ふぐ料理公許第一号の割烹旅館。1895年に締結された日清講和条約(下関条約)の締結会場としても知られる。1884~85年頃の創業で、春帆楼という屋号は伊藤博文が名付けた。

icon
icon

〔ふぐ料理公許第一号〕

豊臣秀吉の時代以来、ふぐの禁食令が出されていたが、1887年の暮れに春帆楼に宿泊した伊藤博文(当時初代内閣総理大臣)が、料理として出されたふぐに感嘆し、翌1888年には、当時の山口県令・原保太郎に命じて禁を解かせ、春帆楼はふぐ料理公許第一号となった。

1887年、伊藤博文が宿泊した時は海が荒れていて漁ができなく、当時の女将が打ち首覚悟でふぐを御膳に出したという。それが好結果となった。

〔春帆楼の料理〕

当然のことながら、ふぐのコース料理が中心。

〔昼食予想〕

ふぐ料理が出てくることは間違いなさそう。

羽生善治竜王
一日目 とらふぐ薄造り付き和定食
二日目 松花堂弁当

広瀬章人八段
一日目 とらふぐ唐揚げ御膳
二日目 松花堂弁当

 

第31期竜王戦第6局対局場「指宿白水館」

羽生善治竜王に広瀬章人八段が挑戦する竜王戦、第6局は鹿児島県指宿市の「指宿白水館」で行われる。

中継
AbemaTV将棋チャンネル
ニコニコ生放送

指宿白水館は、5万坪の敷地内に広がる庭園、江戸時代のお風呂を再現した「元禄風呂」、砂むし温泉、地元の食材を盛り込んだ会席料理などが特徴のホテル。

昨年、羽生善治竜王が竜王位の奪取とともに永世七冠を達成した対局場でもある。

icon
icon

指宿は昭和30年代の新婚旅行のメッカ。

オクラ、そらまめ、鰹節の最上級品である本枯節、は生産量日本一。

〔指宿白水館の食事〕

指宿白水館の料理は会席料理が中心であるが、和食料理長、洋食料理長、イタリアン料理長(リストランテ フェニーチェ)が揃う手厚い体制。

黒豚、黒毛和牛、伊勢海老を使った料理が多い。

〔指宿白水館での昼食実績〕

将棋棋士の食事とおやつのデータによると、指宿白水館での対局の昼食実績は次の通り。

2018年竜王戦
渡辺明竜王
一日目 黒豚カツカレー
二日目 天ぷら定食
羽生善治棋聖
一日目 黒豚カツカレー
二日目 オクラうどん

〔昼食予想〕

黒豚カツカレーは両対局者当確と見たい。

羽生善治竜王
一日目 黒豚カツカレー
二日目 オクラうどん

広瀬章人八段
一日目 黒豚カツカレー
二日目 黒毛和牛丼

第31期竜王戦第5局対局場「和倉温泉 加賀屋」

羽生善治竜王に広瀬章人八段が挑戦する竜王戦、第5局は石川県七尾市の「和倉温泉 加賀屋」で行われる。

中継
AbemaTV将棋チャンネル
ニコニコ生放送

和倉温泉 加賀屋」は明治39年の創業。地上20階、約1,450人の収容人員を持つ全国最大級の旅館であり、「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」では、2016年まで連続36年総合1位に輝いている。2017年に総合3位になったものの、2018年には総合1位に返り咲いている。

icon
icon

〔加賀屋の料理〕

料理は地元の食材を生かした会席料理が中心。冬は、加能蟹、能登鰤、能登とき海老などが季節の食材。

〔昼食予想〕

どのようなメニューが用意されているかはわからないが、予想は次の通り。

羽生善治竜王
一日目 海鮮丼
二日目 松花堂弁当

広瀬章人八段
一日目 能登牛ステーキ
二日目 のどぐろ定食

第31期竜王戦第4局対局場「福知山城」

羽生善治竜王に広瀬章人八段が挑戦する竜王戦、第4局は京都府福知山市の「福知山城」で行われる。

中継
AbemaTV将棋チャンネル
ニコニコ生放送

福知山城は、天正7年(1579) 頃、丹波を平定した明智光秀が丹波の拠点として新たに城を築いたのが始まりとされている。

明智光秀が城主であったのは亡くなるまでの3年間だが、その後は、何度も城主が交代する中、順次整備が進められ、慶長5年(1600) ごろに完成したといわれている。

明治時代のはじめに廃城令で取り壊され、 石垣と銅門番所だけが残されていたが、市民の1口3000円の寄付を募る「瓦一枚運動」などの熱意により、1986年に3層4階の天守閣が再建された。

〔昼食メニュー〕

朝日新聞将棋取材班の報道により、今回の第4局のメニューが明らかにされている。

メニューは次の通り。

  1. 福知山産 京地どりの親子丼
  2. 福知山名産 鬼そばと名物天ぷら二種
  3. 丹波・福知山のふくフグ御膳
  4. 福知山産 京地どりの油淋鶏と麻婆豆腐のコンビ
  5. 福知山のぼたん汁とこっぺ蟹丼
  6. 福知山ジビエ 猪・鹿・牛串と鹿肉の炊き込み膳
  7. 福知山 勝シカないカレー
  8. 肉のまち福知山 Meat×Meatプレート

〔昼食予想〕

ジビエ系はなさそうな気がする。

予想は次の通り。

羽生善治竜王
一日目 福知山産 京地どりの親子丼
二日目 福知山名産 鬼そばと名物天ぷら二種

広瀬章人八段
一日目 肉のまち福知山 Meat×Meatプレート
二日目 福知山産 京地どりの油淋鶏と麻婆豆腐のコンビ