「タイトル戦の食事」カテゴリーアーカイブ

第30期竜王戦第1局対局場「セルリアンタワー能楽堂」

渡辺明竜王に羽生善治棋聖が挑戦する竜王戦、第1局は東京都渋谷区の「セルリアンタワー能楽堂」で行われる。→中継

セルリアンタワー能楽堂」は、セルリアンタワー東急ホテルの地下2階にある能楽堂。

icon
icon
セルリアンタワーは、2001年に東京急行電鉄の本社跡地に建設された超高層複合ビルで、B2F〜3F、19F〜40Fがセルリアンタワー東急ホテル、4F〜16Fがオフィスおよびレストラン。

〔セルリアンタワー東急ホテルの昼食向きメニュー〕

セルリアンタワー東急ホテル内のレストランと昼食向きメニューは次の通り。

○タワーズレストラン「クーカーニョ」

旬の素材を使い伝統の技術と斬新なアイデアで織り成すプロヴァンス料理。

○ガーデンキッチン「かるめら」

ずわい蟹と茸のピラフ 卵白仕上げ 2,007円
ビーフカレー 温野菜添え 2,007円
かるめら三色カレー(ビーフ、シーフード、野菜)2,269円
サワークリームで仕上げたビーフストロガノフ 2,577円
国産牛の網焼き”ステーキ重”温野菜添え 2,982円
ミートソースのパスタ ポロネーズ 2,007円
博多明太子のパスタ 帆立グリル添え 2,007円
シーフードとオリーブオイルで仕上げたペスカトーレ 2,007円
ずわい蟹のクリームソースパスタ 2,007円
トマトのクリームソースと茸のパスタ 2,007円
鴨南蛮またはにしん蕎麦 2,007円
ふかひれと蟹の餡を乗せたチャイニーズヌードル 2,982円
北海道産帆立貝と海老のグリル 2,577円
海老フライ レムラードソース添え 2,684円
ハーフチキン フライドポテトとともに 2,577円
松坂ポークのグリル(柚子胡椒、粒マスタード、岩塩)2,577円
ビーフハンバーグステーキ きのこソースまたはおろしソースでさっぱりと 2,684円
2種類のチーズを使ったビーフハンバーグステーキ 2,684円
国産牛のサーロインステーキ 4,324円

○ガーデンラウンジ「坐忘」

ミックスサンドウィッチ 1,960円
アメリカンクラブハウスサンドウィッチ 2,067円

○料亭「セルリアンタワー金田中」

夜は1組、昼は2組の予約制。

○日本料理「金田中 草」

草は、初皿は器と竹がおりなす和の前菜、素材の味を汁にひきだす御汁物、お造、主皿、ご飯、甘味の5皿でおわる日本料理。

○中国料理「szechwan restaurant 陳」

陳建一さんがオーナーの四川料理店。

陳建一の麻婆豆腐セット 1,782円
飲茶ランチ 2,970円
〈水餃子(葱油ソースorうま辛ゴマだれ)/点心3点盛り/1~12の中から1品/デザート〉
1.海老カニレタスチャーハン
2.野菜入り回鍋肉チャーハン
3.牛肉とピーマンのあんかけ焼きそば
4.海の幸入りあんかけ焼きそば
5.海の幸入りスープそば
6.野菜スープそば
7.火鍋スープそば
8.重慶式ピリ辛和え麺
9.ふかひれの姿煮のせスープそば
10.陳建一の担々麺
11.汁なし担々麺
12.スーラ―タンメン
※4・5はプラス357円、9はプラス5,940円

○イタリアンレストラン「オリ」

ジャガ芋のニョッキ 牛ひき肉のラグーソース 1,600円
帆立貝とホウレン草のリゾット 1,600円
ズワイガニとチリメンキャベツのビアンコ サフランタリオリーニ 1,800円
パンチェッタとこだわり卵のカルボナーラ 1,700円
赤鶏さつまと柳松茸のカチャトラ風 トマトを練り込んだタリアテッレ 1,800円

〔昼食予想〕

メニューが豊富で非常に難しいが、理屈抜きの予想は次の通り。

渡辺明竜王
一日目 海老カニレタスチャーハン
二日目 かるめら三色カレー(ビーフ、シーフード、野菜)

羽生善治棋聖
一日目 ビーフハンバーグステーキ きのこソース
二日目 陳建一の担々麺

 

 

第65期王座戦第4局対局場「横浜ロイヤルパークホテル」

羽生善治王座に中村太地六段が挑戦する王座戦、第4局は横浜市の「横浜ロイヤルパークホテル」で行われる。→中継

横浜ロイヤルパークホテル」は、横浜ランドマークタワーの上層階(52階~67階)にある、日本で最も高い所(建物の1階との高さの差)に位置する高級ホテル。

icon
icon

〔ホテル内のレストランと昼食向きメニュー〕

ホテル内のレストランは多彩だが、タイトル戦の食事向きメニューを抽出すると次の通り。(税サービス料込み)

○日本料理 四季亭
お造り御膳 ¥4,158
天ぷら御膳 ¥4,158
すき焼き御膳 ¥4,158
四季亭弁当 ¥4,633

○中国料理 皇苑
皇苑あんかけチャーハン¥2,257
※3年前は次のようなメニューも掲載されていた。
五目チャーハン
高菜チャーハン
蟹肉チャーハン
牛肉チャーハン
五目つゆそば
チャーシューつゆそば
高菜つゆそば
野菜つゆそば
担々麺
海老つゆそば
牛肉つゆそば
五目やきそば
高菜やきそば
野菜やきそば
海老やきそば
牛肉やきそば
五目炒めビーフン
カレー炒めビーフン
スープビーフン

○カフェ フローラ
クラブハウスサンドウィッチ¥1,782
地養卵のオムライス デミグラスソース¥2,019
横浜ロイヤルパーク特製ビーフカレー¥2,376
葉山牛ハンバーグステーキ¥3,207

〔横浜ロイヤルパークホテルでの食事実績〕

将棋棋士の食事とおやつによると、横浜ロイヤルパークホテルでの食事実績は次の通り。

〔2016年王座戦〕
羽生善治王座 ◯
昼食:五目チャーハン
夕食:おにぎりセット(たらこ・鮭・梅)
糸谷哲郎八段 ●
昼食:葉山牛のスペシャルハンバーグステーキ
夕食:ロイヤルパーク特製ビーフカレー

〔2015年王座戦〕
羽生善治王座 ◯
昼食:チキン照り焼き御膳
夕食:おにぎりセット(たらこ・鮭・梅)
佐藤天彦八段 ●
昼食:ちらし寿司
夕食:ホールウィートブレッドのクラブハウスサンドイッチ

〔2014年王座戦〕
羽生善治王座 ◯
昼食:五目チャーハン
夕食:ちらし寿司
豊島将之七段 ●
昼食:ちらし寿司
夕食:おにぎりセット

〔2013年王座戦〕
羽生善治王座 ●
昼食:ビーフときのこの横浜醤油ガーリックピラフ
夕食:アメリカンクラブハウスサンド
中村太地六段 ◯
昼食:葉山牛のスペシャル手ごねハンバーグステーキ
夕食:ロイヤルパーク特製ビーフカレー

〔2012年王座戦〕
羽生善治王座 ◯
昼食:フレッシュトマトとモッツァレラチーズのスパゲッティー
夕食:おにぎりセット
渡辺明竜王 ●
昼食:海鮮入り焼きそば
夕食: 天ぷらうどん

〔2006年王座戦〕
羽生善治王座 ◯
昼食:五目チャーハン
夕食:ハンバーグステーキ
佐藤康光棋聖 ●
昼食:にぎり寿司
夕食: にぎり寿司

〔昼食・夕食予想〕

羽生善治王座は横浜ロイヤルパークホテルでは、昼食は五目チャーハンの採用率が高く、夕食では他の対局場では多く見られるアメリカンクラブハウスサンドの採用率が低い。

中村太地六段は、昼食または夕食で葉山牛ハンバーグステーキは確定的として、夕食または昼食で地養卵のオムライス デミグラスソースにするか横浜ロイヤルパーク特製ビーフカレーするかで迷うはず。私も迷っている。

予想は次の通り。

羽生善治王座
昼食:五目チャーハン
夕食:地養卵のオムライス デミグラスソース

中村太地六段
昼食:葉山牛ハンバーグステーキ
夕食: 横浜ロイヤルパーク特製ビーフカレー

 

 

第65期王座戦第3局対局場「温泉御宿 龍言」

羽生善治王座に中村太地六段が挑戦する王座戦、第3局は新潟県南魚沼市の「温泉御宿 龍言」で行われる。→中継

越後湯沢の奥座敷に位置する六日町温泉「龍言」は、上杉景勝・直江兼続ゆかりの坂戸山ふもとにある温泉旅館。

越後の豪農屋敷や庄屋屋敷を移築してきた建物を使っており、約4000坪の大庭園では四季折々の自然を身近に感じることができる。

icon

〔龍言の料理〕

龍言では、懐石風の料理はあえて避けており、鮎、岩魚、ヤマメ、川鱒、きのこ、山菜など、豊かな地元食材を生かした郷土料理および日本海の海の幸を主体とした料理を中心としている。

ご飯は釜戸で釜炊きされた南魚沼産コシヒカリ。醤油は新潟県産丸大豆で作られ、雪室で熟成された生醤油。塩は新潟県村上市の笹川流れの天然塩を使用。牛肉は、八海醸造の雪室で熟成させた、にいがた和牛A5ランク。

通常の食事は部屋での夕食・朝食となるため、タイトル戦の昼食は特別メニュー。

〔龍言での昼食実績〕

将棋棋士の食事とおやつのデータによると、龍言でのタイトル戦戦昼食実績は次の通り。(一日目、二日目あるいは昼食、夕食)

2015年王座戦
羽生善治王座 和牛カレー、サンドイッチ ●
佐藤天彦八段 和牛カレー、サンドイッチ ○

2013年王座戦
羽生善治王座 ひつまぶしセット、おにぎりセット ◯
中村太地六段 ひつまぶしセット、親子丼 ●

2012年竜王戦
渡辺明竜王 カレーライス、お刺身定食 ◯
丸山忠久九段 もち豚の味噌焼定食、ぶりかまの照り煮定食 ●

2008年竜王戦
渡辺明竜王 カツカレー、天ぷらうどん ◯
羽生善治名人 カツカレー、カツ丼 ●

2008年王座戦
羽生善治王座 いくら丼セット、おにぎりセット ◯
木村一基八段 天ざるセット、バナナ・ヨーグルト ●

2006年竜王戦第7局
渡辺明竜王 天ぷらうどん、わかめうどん ◯
佐藤康光棋聖 天ぷらうどん、素うどん+おにぎり2個 ●

2004年竜王戦第7局
森内俊之竜王 天ぷらうどん、カレーライス ●
渡辺明六段 きつねうどん、きつねうどん ◯

〔昼食予想〕

今回も理屈抜きの予想。

羽生善治王座
昼食 ひつまぶしセット
夕食 おにぎりセット

中村太地六段
昼食 和牛カレー
夕食 親子丼

 

 

第65期王座戦第2局対局場「ウェスティンホテル大阪」

羽生善治王座に中村太地六段が挑戦する王座戦、第2局は大阪市の「ウェスティンホテル大阪」で行われる。→中継

ウェスティンホテル大阪」は、アメリカ合衆国で最も伝統あるホテルチェーン「ウェスティンホテル&リゾート」日本第1号として1993年にオープンされた、大阪のランドマーク、新梅田シティの中心にあるホテル。

icon
icon

 〔ホテル内のレストランの昼食向きメニュー〕

ホテル内のレストランの昼食向きメニューは次の通り。

○レストラン「アマデウス」
・ホテル特製カレーライス(ビーフ/シュリンプ/野菜)1,900円
・ホテル特製ハヤシライス 1,900円
・オムライス(トマトソース/ハヤシソース)2,000円
・ドリア(シーフード/ビーフ)2,000円
・ピラフ(シーフード/ビーフ)2,200円
・スパゲッティ(ナポリタン/ミートソース)1,900円
・スパゲッティ(シーフード/カルボナーラ)1,900円
・ミックスサンドウィッチ 1,550円
・クラブハウスサンドウィッチ 1,750円
・ビーフカツサンドウィッチ 2,800円
・アメリカン ピッツァ 2,000円
・オリジナル黒毛和牛ハンバーガー 2,500円
(パスタランチ 各1,000円)
・スパゲッティ ベーコンと茄子のアラビアータソース モッツァレラを添えて
・リングイーネ サーモンとエリンギ 水菜のクリームソース
(シェフランチ 各2,100円)
・黒毛和牛ハンバーグステーキ フォアグラバターとデミグラスソース
・ノルウェー産サーモンステーキ 焦がし醤油のレモンバターソース
・有頭海老フライ タルタルソース
(シェフランチ 各2,500円)
・ビーフステーキ フィレ100g 週替りのソースで
・ビーフステーキ リブロース150g 週替りのソースで
・牛タンと黒毛和牛ばら肉の赤ワイン煮込み 淡路島産皮付き玉ねぎのベイク添え
・野菜とお魚のスペシャルプレート

○中国料理「故宮」
・五目チャーハン 2,800円
・海鮮チャーハン 2,800円
・五目チャーハン カレー風味 2,800円
・福建風あんかけチャーハン 3,000円
・蟹身と卵白入りあんかけチャーハン 2,800円
・五目野菜入り焼きそば 2,700円
・五目野菜と海老入り焼きそば 3,000円
・五目野菜入り焼きそば カレー風味 2,700円
・蟹味噌入り玉子麺の煮込み 2,700円
・チャーシュー入り玉子麺の煮込み 2,800円
・葱と生姜入り煮込みそば 2,500円
・五目野菜入りとろみそば 2,800円
・チャーシューと白葱入り汁そば 2,800円

〔ウェスティンホテル大阪での食事実績〕

 将棋棋士の食事とおやつのデータによると、ウェスティンホテル大阪での昼食・夕食実績は次の通り。

○2015年王座戦

羽生善治王座王座 ●
昼食 ミートソーススパゲティ
夕食 おにぎりセット(鮭・梅・じゃこ)

佐藤天彦八段 ○
昼食 玉子とじうどん
夕食 おにぎりセット(鮭・梅・じゃこ)

○2014年王座戦

羽生善治王座王座  ○
昼食 シーフードピラフ
夕食 おにぎりセット(鮭・梅・ちりめん山椒)

豊島将之七段  ●
昼食 玉子とじうどん
夕食 おにぎりセット(鮭・梅・ちりめん山椒)

〔昼食予想〕

理屈抜きの予想。

羽生善治王座
昼食 スパゲッティ(ナポリタン)
夕食 クラブハウスサンドウィッチ

中村太地六段
昼食 黒毛和牛ハンバーグステーキ
夕食 オムライス(ハヤシソース)

 

 

米を持参しなければならなかった名人戦挑戦者決定戦

将棋世界1985年10月号、名棋士を訪ねて「激動の棋界を生きて 萩原淳九段の巻」より。

萩原 戦後始まった順位戦は日本ハップが金を出してくれなかったら、いずれ出来ても大分遅れていたよ。第1期でわしは塚田(正夫名誉十段)、大野(源一九段)と10勝3敗で同率だった。

 同率決戦は、牛込の河田会館で、最初塚田と一番勝負をやった。その時に、お米3合を持ってきてくれ、他は何もいらんと連絡があった。うちに米3合あることはあるが、子供7人で大変苦労の時だった。天下の名人戦やるのに、米3合持って来いなんて何だ。持っていかなくたってどうにかなると思って行ったら、毎日の記者もハップの社員も誰も来ていない。そして、昼飯も晩飯もご飯が出ない。おかずは出てきたけどな。もちろん米を持ってこなかったわしが悪いけどな。

(以下略)

—————

日本ハップは薬品会社で、戦後の一時期、名人戦・順位戦のスポンサーとなっていた。

近代将棋を創設した永井英明さんが在籍していたこともある。

—————

第1期順位戦は1947年に開始された。

この頃は食糧事情が悪く、特に米は配給分だけでは足りなく、ヤミ米がなければ回らない状況だった。

しかし、企業が設営をする対局で、ヤミ米を準備することは、(当時はこのような概念は明確ではなかったが)コンプライアンス上、とてもできることではなかったのだろう。

—————

調べてみると、1957年頃まで、既に米不足は解消されていた時代だが、中学生の修学旅行では「米持参」ということが慣習として続いていたようだ。

私と農業「中学生、修学旅行にお米を持参」(農業協同組合新聞)

経済白書で「もはや戦後ではない」と記述されたのが1956年。

売春防止法の施行が1957年で、完全施行が1958年。日本全国から遊郭が無くなった。

名実ともに戦後ではなくなったのが1956年~1958年頃と考えて良いのだろう。

—————

それにしても、ご飯がなくておかずだけ、という食事も結構辛いものがあったことだろう。

このことと関係があったかどうかはわからないが、上記の萩原淳八段-塚田正夫八段戦は塚田八段が勝っている。(この後、塚田八段は名人戦挑戦者となり名人位を奪取している)

—————

以前、酒席で鰻の蒲焼が出てきたことがあった。私は鰻重は大好きだが、そういえば蒲焼きをつまみに飲んだことは今まで一度もなかったなと思いながら食べると、たしかに蒲焼きの味はする。しかし、単体では、これは私だけの感じ方かもしれないが、酒のつまみには合わないと強く思った。蒲焼き単体では決して美味しくはない、酒には白焼きの方が良いと。

やはり鰻の蒲焼きはご飯と一緒であってこそ光ると痛感したものだった。

—————

カレーライスやハヤシライスやカツ丼も、ご飯がないとかなり厳しそうだ。

—————

逆に、ご飯に合いそうで合わない典型例がおでんだと思う。

もともと単体で食べることが前提となっているステーキも、ご飯と一緒に食べて魅力度が上がるとは感じられない。

大学生時代に試したが、やはり単体で食べることが前提となっているケンタッキーフライドチキンもご飯とは合わない。

—————

農林水産省の統計によると、1947年の米の収穫量が875万トンで、2016年が804万トン。

現在は米が輸入(77万トン)されているとはいえ、米不足だった終戦後の年よりも昨年の方が米の収穫量が少ないことを初めて知る。

昭和に入ってからの戦前は、凶作だった昭和9年の763万トンを除くと809万~1043万トンで推移。

昭和20年は582万トン。凶作と敗戦が重なり、本当に日本が大変だった年だ。

戦後、1946年から1954年までは874万~979万トンの推移。

1955年に一気に1207万トンに増え、1968年の1422万トンがピーク。

恒常的に1000万トンを割り始めるのが1998年から。

あらためて食生活の変化ということを実感させられる。