「タイトル戦の食事」カテゴリーアーカイブ

第88期棋聖戦第2局対局場「ホテルフォレスタ」

羽生善治棋聖に斎藤慎太郎七段が挑戦する棋聖戦、第2局は愛知県豊田市の「ホテルフォレスタ」で行われる。→中継

ホテルフォレスタ」は株式会社トヨタアメニティ(トヨタ自動車株式会社100%出資会社)が管理・運営しているリゾートホテル。

icon
icon

〔過去の注文実績〕

過去のタイトル戦での「ホテルフォレスタ」での注文実績は次の通り。

(「将棋棋士の食事とおやつ」のデータより)

羽生善治棋聖
2016年棋聖戦 にぎり寿司 ◯
2014年棋聖戦 ビーフハンバーグステーキ ◯
2013年棋聖戦 にぎり寿司 ◯
2012年棋聖戦 にぎり寿司 ◯
2011年棋聖戦 飛騨牛ハンバーグステーキ ◯
2010年棋聖戦 飛騨牛ハンバーグステーキ ◯
2009年棋聖戦 稲庭うどん おにぎり2つ ●
2009年名人戦 ヒレステーキサンド、握り寿司  ◯
2008年王位戦 飛騨牛ハンバーグステーキ ●
2008年棋聖戦 飛騨牛ハンバーグステーキ ●
2005年棋聖戦 ハンバーグサンド ◯

永瀬拓矢六段
2016年棋聖戦 にぎり寿司(13貫以上・さび抜き) ●

森内俊之九段
2014年棋聖戦 大えびフライカレー ●

渡辺明竜王
2013年棋聖戦 ビーフステーキカレー(甘口) ●
2007年棋聖戦 稲庭うどん ●
2006年竜王戦 飛騨牛ハンバーグステーキ、肉うどん ◯

中村太地六段
2012年棋聖戦 牛フィレカレー ●

深浦康市九段
2011年棋聖戦 フィレステーキのサンドイッチ ●
2010年棋聖戦 稲庭うどん おにぎり  ●
2008年王位戦 稲庭うどん おにぎり  ◯

木村一基八段
2009年棋聖戦 にぎり寿司 ◯

郷田真隆九段
2009年名人戦 にぎり寿司、飛騨牛ハンバーグステーキ ●

佐藤康光九段
2008年棋聖戦 肉うどん おにぎり1つ ◯
2007年棋聖戦 肉うどん おにぎり2つ ◯
2006年竜王戦 肉うどん、握り寿司 ●
2006年棋聖戦 肉うどん ◯
2005年棋聖戦 ハンバーグサンド ●

鈴木大介八段
2006年棋聖戦 肉うどん ●

棋聖戦においては、

飛騨牛ハンバーグステーキが3勝1敗、牛肉系サンドイッチ1勝2敗、カレー系0勝3敗、肉うどん3勝1敗、稲庭うどん0勝3敗、にぎり寿司4勝1敗。

カレー系、うどん系の奮起を期待したい。

〔昼食予想〕

願望も含めて、

羽生善治棋聖  ビーフハンバーグステーキ

斎藤慎太郎七段 大えびフライカレー

と予想したいところだが、ここは手堅く、

羽生善治棋聖 ビーフハンバーグステーキ

斎藤慎太郎七段  ビーフステーキカレー

または、

羽生善治棋聖 にぎり寿司

斎藤慎太郎七段  ビーフハンバーグステーキ

 

 

第75期名人戦第6局対局場「常磐ホテル」

佐藤天彦名人に稲葉陽八段が挑戦する名人戦、第6局は山梨県甲府市の「常磐ホテル」で行われる。→生中継( AbemaTV)

常磐ホテル」は、日本旅館の感性と都市型ホテルの利便性を兼ね備えたホテル。皇室の利用も多く、甲府の迎賓館と呼ばれている。

icon
icon

〔常磐ホテルの食事〕

常磐ホテルの料理は、旬の食材がふんだんに盛り込まれた和食が中心。上質な霜降が特徴の「甲州牛」、甲州ワインを飲ませ非常に脂の旨みが強い「ワイントン」等の甲州の優れた食材の数々。また、館内には「ラウンジ花梨」もある。

「ラウンジ花梨」の昼食向きメニューは次の通り。

そば膳 2,000円
海鮮丼 2,000円
照焼き丼 2,000円
松花堂 2,000円
カレーライス 1,600円
オムライス 1,800円
ハヤシライス 1,800円
ビーフシチュー2,500円
カニクリームコロッケ 2,200円

〔常磐ホテルでの昼食実績〕

常磐ホテルでのタイトル戦の昼食実績は次の通り。(将棋棋士の食事とおやつによる。タイトル・段位は当時のもの)

2015年竜王戦第5局

糸谷哲郎竜王 ●
一日目 松花堂弁当
二日目 てんぷらそば定食

渡辺明棋王 ○
一日目 カレーうどん
二日目 松花堂弁当

2015年王座戦第5局

羽生善治王座 ◯
昼食 五目チャーハン
夕食 ミックスサンドイッチ

佐藤天彦八段 ●
昼食 信玄鶏と秋の茸の親子丼
夕食 ミックスサンドイッチ

2014年王座戦第4局

羽生善治王座 ●
昼食 国産うなぎ蒲焼重
夕食 おにぎりセット(梅・おかか・昆布)

豊島将之七段 ◯
昼食 五目チャーハン
夕食 おにぎりセット(梅・おかか・昆布)

2013年王座戦第5局

羽生善治王座 ◯
昼食 天津丼
夕食 天ぷらそばセット

中村太地六段 ●
昼食 松花堂弁当
夕食 海鮮丼

2011年名人戦第7局

羽生善治名人 ●
一日目 天ぷらそば・いなり寿司
二日目 松花堂弁当

森内俊之九段 ◯
一日目 天ぷらそば・いなり寿司
二日目 カレーライス大盛

2008年名人戦第5局

羽生名人、森内九段とも、
一日目 天ざるそば、いなり寿司
二日目 肉うどん、焼おにぎり

この対局は、森内九段が勝っている。

〔昼食予想〕

甲府の迎賓館、佐藤天彦名人は洋食で攻めてくると思われる。稲葉陽八段は稲葉八段の好物のそば系が登場するかどうか、ハヤシライスの連採があるかどうかがポイント。

予想は次の通り。

佐藤天彦名人
一日目 ビーフシチュー
二日目 カレーライス

稲葉陽八段
一日目 そば膳
二日目 ハヤシライス

 

 

第88期棋聖戦第1局対局場「ホテルニューアワジ」

羽生善治棋聖に斎藤慎太郎七段が挑戦する棋聖戦、第1局は兵庫県洲本市の「ホテルニューアワジ」で行われる。→中継

ホテルニューアワジは、淡路島に位置し、全客室より紀淡海峡から大阪湾を一望できる絶好のロケーション。

icon
icon

ホテルニューアワジで棋聖戦が初めて行われたのが1996年6月18日の第67期棋聖戦五番勝負第1局 羽生善治棋聖-三浦弘行五段戦。

淡路島は1995年1月、阪神・淡路大震災に見舞われたが、大震災からの復興と活性化を目指した地元からの誘致がきっかけで、1996年6月、淡路島で棋聖戦五番勝負第1局が実現されることとなった。以来、淡路島(ホテルニューアワジ)で毎年棋聖戦の番勝負が行われている。

——————

三浦弘行五段(当時)はこの時の棋聖戦五番勝負で羽生善治七冠(当時)を破り、棋聖位を獲得する。

三浦弘行棋聖(当時)は、棋聖戦の賞金の中から100万円を兵庫県洲本市に寄付している。

——————

〔ホテルニューアワジでの昼食実績〕

将棋棋士の食事とおやつによると、ホテルニューアワジでの棋聖戦の昼食実績は次の通り。

羽生善治棋聖と挑戦者のホテルニューアワジでの昼食実績。

2016年 きつねうどん おにぎりは不明 ●
(永瀬拓矢六段 にぎり寿司)
2015年 きつねうどん おにぎり2つ ◯
(豊島将之七段 わかめそば、おにぎり)
2014年 きつねうどん おにぎり2つ ◯
(森内俊之竜王 牛丼)
2013年 きつねうどん おにぎり2つ ◯
(渡辺明竜王 淡路牛の牛丼)
2012年 きつねうどん おにぎり2つ ◯
(中村太地六段 にぎり寿司)
2010年 きつねうどん おにぎり2つ ◯
(深浦康市王位 鰻重)
2009年 天ぷらうどん おにぎり2つ ●
(木村一基八段 牛肉入りのそば)
2008年 きつねうどん おにぎり2つ ◯
(佐藤康光棋聖 肉うどん、おにぎり1つ)
2005年 きつねうどん おにぎり2つ ●
(佐藤康光棋聖 肉うどん、おにぎり2つ)
2001年 きつねうどん おにぎり2つ ●
(郷田真隆八段 うどん、いなり寿司)

2002年以降、棋聖位に就いたのは羽生善治三冠と佐藤康光九段だけ。佐藤康光九段と挑戦者の昼食実績は次の通り。

2007年 肉うどん おにぎり ●
(渡辺明竜王 親子丼)
2006年 肉うどん おにぎり 〇
(鈴木大介八段 ざるそば、おにぎり)
2004年 天ぷらうどん おにぎり少々 〇
(森内俊之三冠 天ぷらそば、おにぎり1つ)
2003年 チキンカレー 〇
(丸山忠久棋王 ヒレステーキ)
2002年 肉うどん おにぎり2つ ●
(郷田真隆棋聖 鍋焼きうどん、いなり寿司3つ)

〔昼食予想〕

羽生善治棋聖はきつねうどんで間違いない。

斎藤慎太郎七段の福島や千駄ヶ谷での対局時の昼食を見ると、バラエティに富んでおり、ロースカツもヒレカツもあり、うどんもそばもあり、カレーライスもハヤシライスもあり、天丼も親子丼もあり。何が頼まれても不思議ではない。

予想は次の通り。

羽生善治棋聖・・・きつねうどん おにぎり2つ

斎藤慎太郎七段・・・淡路島牛丼

 

 

第75期名人戦第5局対局場「料理旅館 鶴形」

佐藤天彦名人に稲葉陽八段が挑戦する名人戦、第5局は岡山県倉敷市の「料理旅館 鶴形」で行われる。→生中継( AbemaTV)

料理旅館 鶴形」は倉敷美観地区の中心に位置する273年の歴史を持つ老舗料理旅館。

icon
icon

〔料理旅館 鶴形の料理〕

鶴形の料理は、山海の食材をふんだんに用いた会席料理が主体。

また、館内には「お食事処 鶴形」があり、昼の主なメニューは次の通り。

・月替わりランチ(お造り・煮物・揚げ物・和え物・御飯・香の物・御吸物)1,650円

・鯛茶漬け 1,600円

〔昼食予想〕

「お食事処 鶴形」のメニューにどのようなものが用意されているのか分からないので予想は難しいが、予想は次の通り。

佐藤天彦名人
一日目 松花堂弁当
二日目 カレーライス

稲葉陽八段
一日目 穴子天丼
二日目 天ざるそば

 

 

第75期名人戦第4局対局場「十八楼」

佐藤天彦名人に稲葉陽八段が挑戦する名人戦、第4局は岐阜市の「十八楼」で行われる。→生中継( AbemaTV)

十八楼」は1860年創業の、岐阜を代表する老舗旅館。長良川温泉に位置し、館内から長良川鵜飼船着場への専用通路がある。

十八楼という屋号は松尾芭蕉の名文「十八楼の記」に由来している。

icon
icon

〔十八楼の料理〕

長良川の伏流水を使用し、地産地消の山の幸、川の幸の素材の美味しさを最大限に引き出す。

また、飛騨牛銘柄推進協議会により「飛騨牛料理指定店」として認められており、飛騨牛料理も名物。

会席料理、薬膳料理、そして鵜飼貸切船船内料理に分かれる。

〔昼食予想〕

基本が会席料理のコースなので、昼食としてどのようなメニューが用意されているか推理するのが難しいが、予想は次の通り。

佐藤天彦名人
一日目 松花堂弁当
二日目 飛騨牛カレー

稲葉陽八段
一日目 飛騨牛丼
二日目 天ざるそば