第68期大阪王将杯王将戦第1局対局場「掛川城 二の丸茶室」

久保利明王将に渡辺明棋王が挑戦する大阪王将杯王将戦、第1局は静岡県掛川市の「掛川城 二の丸茶室」で行われる。

棋譜中継毎日IDの登録が必要)

中継ブログ

二の丸茶室」は、掛川城天守閣の西側にある2002年3月に完成された木造平屋建、一文字葺の伝統的な数寄屋造りの建物。

icon
掛川城

掛川城は、室町時代、駿河の守護大名今川氏が遠江進出を狙い、家臣の朝比奈氏に命じて築城させたのがはじまりで、戦国時代には、山内一豊が城主として在城し、城の改築を手掛けた。

しかし、1854年の地震により倒壊し、その後は天守の再建は行われず、天守台などが残るのみだった。

現在の掛川城は、市民からの寄付などにより1994年4月に木造天守閣として再建された。

大盤解説会会場は、城近くの「大日本報徳社大講堂」。二宮尊徳の教えを広める道場として1903年完成した和洋折衷の木造建築で、国の重要文化財に指定されている。

[二の丸茶室での昼食実績]

将棋棋士の食事とおやつによると、過去の王将戦の二の丸茶室での昼食は次の通り。

(一日目、二日目の順)

2010年
羽生善治王将:鶏照り焼き重、海鮮チャーハン ●
久保利明棋王:海鮮チャーハン、カツ重 ◯

2011年
久保利明王将:かにあんかけチャーハン、うな重 ●
豊島将之六段:うな重、かにあんかけチャーハン ◯

2012年
久保利明王将:かにあんかけチャーハン、松花堂弁当 ●
佐藤康光九段:ビーフカレー、うな重 ◯

2013年
佐藤康光王将:ビーフカレー、うな重 ●
渡辺明竜王:牛照り焼き重、かに肉あんかけチャーハン ◯

2014年
渡辺明王将:地養鶏照焼き重、うな重 ◯
羽生善治三冠:地養鶏照焼き重、松花堂弁当 ●

2015年
渡辺明王将:うな重、うどん(温) 天ぷら ◯
郷田真隆九段:ビーフカレー、シーフードチャーハン ●

2016年
郷田真隆王将:地養鶏照焼き重、ビーフカレー ◯
羽生善治名人:うな重、松花堂弁当 ●

2017年
郷田真隆王将:天ぷらうどん、特製和風焼きカレー  ●
久保利明九段:蟹肉あんかけ炒飯、浜名湖産うな重 ◯

2018年
久保利明王将:うな重、地養鶏照り焼き重 ●
豊島将之八段:うな重、ビーフカレー ◯

写真から、昼食は「掛川グランドホテル」から運ばれてくるものと思われる。

[掛川グランドホテルの昼食メニュー]

掛川グランドホテルのレストランの、昼食向きかつ出前向きなメニューは次の通り。

◯アルカディアダイニングコート
タンタン麺 1,000円
五目餡かけラーメン 1,100円
五目餡かけヤキソバ 1,100円
五目餡かけご飯 1,200円
蟹と海老入りチャーハン 1,200円

◯日本料理「掛川」
松華堂弁当 2,500円
掛川御膳 2,500円
彩り御膳 3,000円
西京焼き御膳 1,800円
寿司御膳 2,800円
茶そば 1,500円
バラチラシ 2,000円
稲庭うどん 1,500円
天丼 1,800円
鰻重 4,600円

◯マンダリンラウンジ
=週替わりランチメニュー=
シーフードカレー 1,000円
ラッフルズカレー 1,000円
タイ風グリーンカレー 1,000円
英国風カレー 1,000円
麻婆豆腐 1,000円
牛筋の辛子煮込み 1,000円
海老チリ 1,000円
かに玉 1,000円
パスタランチ 1,000円

[昼食予想]

過去の実績を見ると、

久保利明王将が、うな重が3回、蟹肉あんかけ炒飯も3回、海鮮チャーハン、カツ重、松花堂弁当、地養鶏照り焼き重が各1回となっている。二の丸茶室での戦績は2勝3敗。

渡辺明棋王が、うな重が2回、牛照り焼き重、蟹肉あんかけ炒飯、地養鶏照焼き重、うどん(温) 天ぷらが各1回。二の丸茶室での戦績は3勝0敗と負けなし。

予想は次の通り。

久保利明王将
一日目 蟹と海老入りチャーハン
二日目 うな重

渡辺明棋王
一日目 うな重
二日目 松華堂弁当

 

コメントを残す