「将棋雑文」カテゴリーアーカイブ

天才にしか見えていない世界

将棋世界2005年3月号、読者の投稿欄「と金パーク」より

 羽生さんの生年月日の合計は81ですね。将棋盤から生まれたようで。タイトルも81獲得するのではないでしょうか。

(新潟県 Sさん 86歳)

〔編集部から〕

昭和45年9月27日。45+9+27=81。本当だ!タイトルを80取れば大山十五世名人と並ぶ最多タイ記録。81取れば大記録!教えていただいたお礼に、羽生二冠にちなんだ記念品を送らせていただきます。

——–

本当によく発見できたものだと思う。

歴史的な発見とまではいかないとしても、かなりな発見であることは、編集部の興奮が物語っている。

羽生善治名人の大ファンの方なのだろう。

——–

インドの数学者・ラマヌジャン(1887年-1920年)が病気で療養所に入っている時の、見舞いに来た共同研究者の数学者・ハーディとの会話は次のようなものだったという。

ハーディ「乗ってきたタクシーのナンバーは1729だった。さして特徴のない数字だったよ」

ラマヌジャン「そんなことはありません。とても興味深い数字です。それは2通りの2つの立方数の和で表せる最小の数です」

これはつまり、3乗された数字の和が2通りだけのもの(A = B3 + C3 = D3 + E3)の中で最小の数が1729だということ。(1729 = 123 + 13 = 103 + 93

昭和45年9月27日→45+9+27=81 を見て、このラマヌジャンの話を思い出した。

——–

ラマヌジャンは、私が大学1年の時に数学史の本を読んで、とても印象に残った数学者。

なんといっても凄いのは、ラマヌジャンは次々と新しい定理や公式を発見しているのだが、これらは論理の積み重ねではなく、感覚的に神がかりのように、直感で正しい定理を予測したこと。

夢に出てきたヒンドゥーの女神のお告げで発見した定理もあるという。

ラマヌジャンは系統的な数学教育を受けなかったため、「証明」という概念を持っておらず、証明無しの「定理の予言」をし続けた。

共同研究者でありラマヌジャンをイギリスに招聘した高名な数学者・ハーディは、ラマヌジャンの個性や独創性を活かすために、証明を無理強いするようなことはせず、自分が証明を引き受けた。

短所を直すことにより、それと表裏関係にある長所を失う「角を矯めて牛を殺す」ようなことをハーディは避けたものと思われる。

しかし、このようにラマヌジャンの素晴らしさを理解してくれる環境ではあったものの、ラマヌジャンはイギリスの生活に馴染むことができず、やがて病いを得てインドに帰国、少しして亡くなってしまう。32歳の若さだった。

——–

週刊新潮最新号の藤原正彦さん(数学者・エッセイスト)の随筆に、

  • 囲碁で井山裕太七冠が誕生したこと
  • 誕生翌日の新聞のコメントの中で、谷川浩司九段の「囲碁は詳しくありませんが、井山さんにだけ見えている世界があるのでしょうか」という言葉が印象深かったこと
  • 同じように頭が良く研鑽を積んだ棋士ばかりの中で一人だけが勝ち続けるのは、井山七冠にしか見えていない世界があるのだろうと、自分も同じことを思っていたこと
  • 新婚旅行の時に観光地の画家に妻の似顔絵を描いてもらったが、特徴を上手につかんでいて、自分には何日かけてもこれほどには描けない、画家と自分では同じものを見ていて全く違うものを見ていると思ったこと
  • 学生の頃、数学の家庭教師をしている時にも同じことを感じた。自分は問題を読んだだけで自然に解けている(頭を使って考えたというよりも、この道を歩けば解決につながるという一本道が見えている)ものが、数学が不得意な生徒にはどうしても解けない。
  • 数学における一本道を見る力は、誰もが持つ五感とは違い、方向感覚、美感、絶対音感みたいなことかもしれない

と書かれている。

そして、数学者が皆同じ風景を見ているかというとそうでもなく、フィールズ賞を受賞した小平邦彦氏の自然な一本道の見え方、インドの天才数学者ラマヌジャンの一本道の見え方について言及している。

小平邦彦氏に代表される数学者の場合は、直観したことを裏付けるために様々な計算などを行って理論や定理を一般化していく。

将棋で言えば、直感で見えた手を読みで検証していく、まさに棋士と同じスタイル。

一方、ラマヌジャンは一本道一筋の人だったのかもしれない。

将棋で言えば、全然読まずに、直感で見えた手(結果的に正しい手ばかり)を指す早指しの棋士。

あるいは、詰将棋を見て、途中の手順は考えずに詰め上がり図を当ててしまうような人。

死の床で、ラマヌジャンが発見した「擬テータ関数」が、死後90年経った近年になって様々の深い意味や応用が見出されるようになったという。

藤原正彦さんは、「(ラマヌジャン)本人は無論そんなことに気付いていなかったに違いない。ただ天才には、豊かなるものが光り輝いて見えているのではないか、井山七冠の見る盤面もそのようなものなのかもしれない」と結んでいる。

——–

プロ棋士は、盤面で豊かなるものが光り輝いて見える集団なのだと思う。

そして、数学者の新しい定理の発見と、棋士が指し手を決める過程が、あまりにも似ていることに驚かされる。

 

 

 

Facebookのデータから非常に熱心な将棋ファンの人口を推計する

Facebookについて調べる必要があり、いろいろとやっているうちに見つけたデータについて紹介してみたい。

Facebookで広告を出稿する際に使用するメニューがあり、ここでは広告のターゲットを指定することができる。

主なものとしては地域、年齢だったりするが、その中に趣味・関心という項目がある。

「将棋」と指定してみたら、潜在リーチ23,000人と出てきた。(日本在住の人のみ。潜在リーチはその条件に合致したアクティブな利用者数)

分かるのは人数だけで、もちろん個人名は出てこない。

日本のFacebook全体の潜在リーチ(アクティブな利用者)は2400万。

Facebook利用者の中で将棋が趣味だったり関心を持っている人の割合は、Facebook利用者全体の約0.1%ということになる。

Facebookがどのようにして将棋の潜在リーチとして判断しているのかはわからないが、その人の基本データ(自己紹介のようなもの)に将棋という文字が含まれていたら潜在リーチにカウントしているのかもしれない。

年代別には次の通り。(総合はFacebookのアクティブユーザ数。男性と女性を足して総合の数字と合わない箇所もあるが、Facebookの数値をそのまま転記。単位は人)

年齢 将棋計 将棋男 将棋女 総合 男性 女性
10代 2,600 2,400 200 130万 66万 67万
20代 5,500 4,700 800 740万 340万 390万
30代 5,500 4,400 1,100 660万 320万 340万
40代 5,700 4,500 1,200 480万 270万 210万
50代 2,700 2,300 400 240万 140万 97万
60代+ 1,200 1,100 100 110万 72万 34万
合計 23,000 19,000 3,900 2400万 1200万 1100万

その年代のFacebook利用者全体に占める将棋の潜在リーチの割合を求めると次のようになる。

年齢 将棋(合計) 将棋(男性) 将棋(女性)
10代 0.20% 0.36% 0.03%
20代 0.07% 0.14% 0.02%
30代 0.08% 0.14% 0.03%
40代 0.12% 0.17% 0.06%
50代 0.11% 0.16% 0.04%
60代以上 0.11% 0.15% 0.03%
合計 0.10% 0.16% 0.04%

女性は20代と40代を除いて0.03%~0.04%と同じような割合。

男性は20代と30代の割合が低く、40代以降は0.11%~0.12%と同じような割合。10代の0.20%が頼もしい。

地域別では、

東京都の将棋の潜在リーチは5,000人で男性4,100人、女性900人。
(全体に占める割合は総合0.13%、男性0.20%、女性0.05%)

神奈川県の将棋潜在リーチは2,600人で男性2,100人、女性500人。
(全体に占める割合は総合0.13%、男性0.21%、女性0.05%)

大阪府の将棋の潜在リーチは1,500人で男性1,300人、女性200人。
(全体に占める割合は総合0.07%、男性0.12%、女性0.02%)

もちろん、将棋が趣味の方でも基本情報に将棋と入れていなかったりする方もいるので、実際には将棋が趣味であったり関心のある対象である人数はもっと多いと考えられるが、Facebookでシステム的に割り出せる潜在リーチがこのような数値であるということだろう。

そういう意味では、Facebookでの潜在リーチ23,000人は、かなり熱心な将棋ファンとも考えられる。

Facebook全体の潜在リーチが2400万人なので日本の人口の約5分の1。

非常に乱暴に計算すれば、日本全体での非常に熱心な将棋ファンの人口は115,000人と見ることができる。

これとは別の指標で、Facebook内で「将棋に関連するページに興味を示している、または「いいね!」と言った人」の総数は218,040人と出ている。

——–

ちなみに、囲碁の潜在リーチは13,000人。

数学(専攻ではなく趣味・関心)が18万人。

化学が20万人、天文学が45万人、物理学が95万人、プロレスが16万人、バレーボール150万人、野球330万人、サッカー350万人。

犬の好きな人、猫の好きな人とも140万人。(犬だけ好きな人50万人、猫だけ好きな人50万人、両方好きな人90万人)

など。

 

 

名人戦第2局の逆転劇とテレパシー

昨日の名人戦第2局は159手の大激戦で佐藤天彦八段が制した。

最終盤、下図の局面で△8九銀から先手玉に詰みがあったことが発見されたが、羽生善治名人は読み切れず、△3四銀と受けに回った。それに対して佐藤天彦八段は▲4四金。ここでも同じ手順で詰みはあったが、羽生名人は△5四歩と受け、逆転してしまった。

佐藤羽生1

図からの詰み手順は△8九銀▲同玉△6七角成▲同金△7八金▲同玉△8六桂▲8九玉△7八銀▲8八玉△7九銀不成▲8九玉△7八桂成▲同玉△6八馬▲8九玉△6七馬▲7八合△8八金(19手詰)。

ニコ生で解説をしていた佐藤康光九段もこの手順に気がついたのは終局後のことだったので、プロ的にも気がつきにくい詰み手順だったのだろう。

佐藤天彦八段も、対局中、詰みには気がついていなかったとインタビューで答えている。

1分将棋で自玉への詰めろも気にしながらの読みなので、羽生名人といえども発見できなかったとしても不思議ではない。

現地の控え室でも、この手順を発見するまでに1分以上の時間を要している。

コンピュータソフトなら瞬時に詰めてしまうのだろうが、コンピュータと人間を比べること自体が無意味だ。

突けば血を噴く人間同士の対局。だからこそドラマもあり感動もある。

私も二日目はニコ生で中継を見ていたのだが、迫力とドラマのある素晴らしい一局だったと思う。

対局者同士のテレパシーというものがあると言われている。

佐藤天彦八段が対局中に自玉に詰みがあることに気がついていたとしたら(図のように▲2四飛とは指していなかっただろうが)、表情や様子を見ていなくても羽生名人にその気が伝わり、羽生名人も詰みを発見できていたのかもしれない。

お互いの智力をとことん振り絞りぶつけ合う対局室の濃密な空間を中継で見ていると、対局者同士のテレパシーというものがあっても全く不思議ではないと感じてしまう。

——–

2015年の王将戦第6局、郷田真隆九段(当時)も渡辺明王将(当時)も最終盤に同じ錯覚をしていた一局のこと→郷田真隆六段(当時)「あいや、しばらく」

 

棋士と干支を分析する

今年は申年。

申年生まれの棋士は、生年月日順で、二上達也九段、賀集正三七段、瀬戸博晴七段、杉本昌隆七段、小倉久史七段、中川大輔八段、横山泰明六段、佐々木慎六段、松尾歩八段、島本亮五段、黒沢怜生四段、石井健太郎四段、菅井竜也七段、永瀬拓矢六段。

ふと、申年生まれの棋士が少ないような感じがしたので、棋士番号のある棋士(物故棋士も含め303人)について干支を調べてみた。

集計結果は次の通り。

子年 26
丑年 28
寅年 29
卯年 28
辰年 27
巳年 25
午年 15
未年 23
申年 22
酉年 28
戌年 25
亥年 27

303人を12で割った平均が約25人。25人より多ければ棋士の多い干支、少なければ棋士の少ない干支と言うことができるだろう。

申年は22人で11番目。たしかに少ないが、平均値から3人少ないだけなので、目立って少ないということでもなさそうだ。

それよりも目を引くのは午年生まれの15人で、かなり少ない。

丙午(ひのえうま…丙午の年には八百屋お七に代表されるような気性の超激しい女性が生まれるという迷信があった)の影響があるのだろうか?

そこで、総務省の2014年の統計(干支別人口)を見てみると、そもそも午年生まれの人が少ないことが判明した。干支別人口の多い順に並びかえてみると、次のようになった。

干支 人口(万人) 棋士の人数
丑年 1,133 28
子年 1,115 26
巳年 1,114 25
辰年 1,105 27
亥年 1,102 27
寅年 1,099 29
卯年 1,083 28
未年 1,017 23
戌年 1,012 25
申年 1,011 22
酉年 971 28
午年 958 15

総務省の解析結果でも午年生まれの人口が少ないのは丙午(直近では1966年)の影響が大きいとされている。

とは言え、午年生まれの棋士の人数は割合的に見ても少ない。

午年生まれは、古くは升田幸三実力制第四代名人、南口繁一九段、新しくは豊島将之七段。

丙午生まれの棋士は、北島忠雄七段、日浦市郎八段、森下卓九段と3人おり、特に少ない年というわけでもなく、また、1954年生まれは5人と多い。

午年の棋士が少ないのは、1942年生まれが1人もいないこと、1978年生まれの棋士が2人だけであったこと(近辺の年は4~5人)、1990年生まれの棋士が豊島七段1人であること、などが影響しているのだと考えられる。

——–

逆に、人口が少ないにもかかわらず棋士の人数が多いのが酉年。

1957年生まれ6人、1969年生まれ6人、1981年生まれ5人、1993年生まれ4人と、コンスタントに棋士が誕生している。

村山聖九段と山崎隆之八段と片上大輔六段、森信雄七段門下の1981年以前に生まれた広島県出身の棋士がみな酉年というのも何か印象的だ。

 

郷田真隆王将「三浦さんがそう言っていましたか」

NHK将棋講座11月号に掲載されている、私が書かせていただいた佐藤天彦八段-郷田真隆王将戦の観戦記で、行数の関係から盛り込むのを断念した部分を。

入れているとしたら、NHK将棋講座11月号73ページの”副調整室でディレクターが”の前に来る文章です。(ちなみに、以前このブログで書いた「三浦弘行九段が少し心配したこと」は、そのままの文章にはなりませんが、入れているとしたら72ページの最後になります)

——–

 佐藤は対局前のインタビューで、郷田の印象を「居飛車の正統派、非常に本格的な将棋だという感じを受けています」と語った。

 郷田は、佐藤の印象を「まだ対戦が少ないのでわからないことも多いですが、若い世代の中では受身、渋い将棋という印象を持っています」と語っている。
 解説の三浦弘行九段も、「私もそう思います。佐藤さんは苦しい局面でも耐え忍んで逆転するタイプ。苦しい時に勝負手を放って暴発するようなことがありません」と同意する。さらに、「郷田さんも佐藤さんと似た棋風だと思います。郷田さんは攻めが鋭いですが、受け将棋かなと思っています」とも。
 郷田といえば攻め将棋のイメージ。しかし郷田とは20年以上戦ってきている三浦が言うのだから説得力がある。
 対局後、郷田に聞いてみた。
「三浦さんがそう言っていましたか。三浦さんとの対局の時は彼から攻めてくることが多いからそのような印象なのかもしれませんね」
 なるほど、そういうことか。
 数日後、佐藤に聞いてみた。
「受身で渋い将棋ですか?僕は自分の将棋はバランス型だと思っているのですが……」
 棋風は対戦する棋士によって感じ方がさまざまに変わってくるものなのかもしれない。

——–

佐藤天彦八段の棋風から。

羽生善治王座は、王座戦五番勝負の直前に佐藤天彦八段の棋風について次のように語っている。

佐藤さんとの対局はこれまで3局と少ないので、まだ棋風がとらえきれていないところもあります。受けが強い将棋といわれることもあるようですが、先手で角換わり、後手で横歩取りはどちらも自分から攻めないといけない作戦ですし、動くことを中心に考えているのではないかと思います。

第63期将棋王座戦五番勝負 9月2日開幕(日本経済新聞)より

たまたま同じ頃だと思うのだが、佐藤天彦八段は、将棋世界10月号でのインタビューでも自身の棋風をバランス型と答えている。

【ノーカット版】第63期王座戦挑戦者 佐藤天彦八段インタビュー「自信と期待の五番勝負」(マイナビ将棋情報局)

これまで、受けが強いという面が出る勝負が多かった、ということなのだろう。

佐藤天彦八段はインタビューでも語っているように、あまり棋風を固定化して考えずに、局面に従っていいと思った手を指す、という姿勢(=バランス型)だ。

——–

観戦記では”終局後、郷田と話す機会があった”と書いているが、詳しく書けば、郷田王将はこの日の夜に別の用事(将棋界に関係する会社のパーティー)があり、それまでの時間、NHKの近所の初めて入るレストラン風酒場で1時間ほど飲んで話をする機会があった、ということになる。

「男二人で来るのはもったいないような雰囲気の店ですね」と郷田王将が言うほどの、カップルや女性客がほとんどを占める店だった。

そこで冒頭の、「三浦さんがそう言っていましたか。三浦さんとの対局の時は彼から攻めてくることが多いからそのような印象なのかもしれませんね」の話に続く。(NHK杯戦では対局者は、解説者がどのような解説をしていたか、対局相手がインタビューでどのような話をしていたか、放送日まで知ることができない)

私が、そういえば、昔の将棋世界で銀遊子(片山良三さん)が「郷田2級は受けに味がある」と書いていましたね、と言うと、郷田王将は、「いやいや、僕の奨励会初段頃までの将棋は好き放題指していただけで滅茶苦茶でしたから」と笑いながらビールを飲んだ。

郷田真隆2級(当時)「原因不明なんです」

やはり、郷田王将は自身が攻め将棋であるこということを貫いているように感じた。

やっぱり郷田王将は格好いいな、と少し酔い始めた頭で思った。

——–

NHK 将棋講座 2015年 11 月号 [雑誌]