「将棋雑文」カテゴリーアーカイブ

酉年生まれ棋士の大活躍

昨日、斎藤慎太郎新王座が誕生した。

斎藤新王座が誕生 3勝2敗で初タイトル、将棋王座戦(日本経済新聞)

今年に入ってから酉年生まれの棋士の活躍はめざましく、

3月、山崎隆之八段がNHK杯戦で優勝

5月、高見泰地叡王誕生

6月、渡部愛女流王位誕生

そして10月の斎藤慎太郎王座。

今年のタイトル奪取は、豊島将之二冠以外はすべて酉年生まれの棋士。

女流王座戦で挑戦中の清水市代女流六段、倉敷藤花戦で挑戦する谷口由紀女流二段も酉年生まれ。

* * * * *

今年、これらの動きとは別に(動きが起きる前に)、将棋界に「酉年の会」が発足した。

毎日新聞では、佐藤康光九段を会長として酉年の会が発足したと報道している。(幹事長的な役割は田中寅彦九段)

将棋 B級1組 山崎八段 今期5勝1敗、好調持続 酉年の棋士多数「会」発足(毎日新聞:有料記事なので途中までの表示になります)

* * * * *

もちろん「酉年の会」発足と酉年生まれ棋士の活躍はお互いに因果関係はないが、同じタイミングというのが面白い。

「酉年の会」発足のきっかけ→佐藤康光九段「酉年の会も面白そうだなあ」

 

加藤結李愛女流2級誕生

昨日のマイナビ女子オープン予選で加藤結李愛女流3級が2連勝、本戦トーナメントへの進出を決めて、女流2級に昇級した。

予選決勝 終局(4)(マイナビ女子オープン中継ブログ)

加藤結李愛女流2級は仙台市在住で、今春高校1年生になったばかり。

* * * * *

加藤結李愛女流2級が将棋を始めたのは小学2年生の時で、将棋日本シリーズ テーブルマークこども大会の参加賞の駒の形をした消しゴムが欲しくて(もともと文房具が大好きだった)、お兄さんから将棋のルールを教わったことがきっかけ。

小学3年生の時から、元・朝日アマ名人(3期)で元奨励会員の加部康晴さんの「杜の都加部道場」へ通い続けるようになり、実力を蓄えてきた。

* * * * *

加藤結李愛女流2級が女流棋士になろうと思ったのは、東日本大震災後、精力的に被災地へ足を運んでいた東北普及部長の鈴木環那女流二段の指導対局の姿を見てからという。

* * * * *

その後、様々な大会で活躍をしながら、女流棋士になるために研修会に入会。

月2回の例会の日に仙台から東京へ通う生活がはじまった。

* * * * *

勝てばC2からC1(女流3級の資格を得ることができる)に上がれるという一戦で敗れること6回。心が折れそうになったこともあったというが、加部さんの集中特訓がきっかけとなって6連勝でC1昇級、今年の4月に女流3級の資格を得た。

* * * * *

加部さんは奨励会員時代、独身だった石田和雄九段のアパートによく遊びに行っていて親しかった。そのような関係もあって、加藤結李愛女流2級は石田和雄九段門下となった。

* * * * *

杜の都加部道場には小学生が多く来ているが(毎土曜日、30人位)、県代表クラスの有段者、中学生の研修会委員(C1)も通ってきており、4月以降も加藤結李愛女流2級は月に2度位のペースで杜の都加部道場で腕を磨いている。

* * * * *

昨日は加部さんも加藤結李愛女流3級の勝敗が気になっていて、予選決勝が始まって30分経った頃から、中継はなかったものの、スマホを何度も見ていた。

中継ブログで結果を知ってからは、まさに、じわじわと喜びが湧いてきたといった表情になっていた。

* * * * *

以下、昨日の加部さんのtwitterなど。

(杜の都加部道場掲示板)

加藤結李愛 女流2級昇級 – 加部 康晴

2018/07/07 (Sat) 21:20:04

本日の第12期マイナビ女子オープン予選にて、
加藤結李愛が2連勝で本戦入り、同時にホンモノの女流棋士となる女流2級昇級を決めた。

小学3年生からの女の子の教え子だけに、男の子とは違った感無量の気持ちが湧き出てくるようであった。

これで重圧がとれたことから、今後の対局は伸び伸び指せることだろう。それが何よりもよかったと思っている。

* * * * *

石田和雄九段門下の棋士のtweet。

* * * * *

宮城県松島町の瑞巌寺で行われた叡王戦第3局、兄弟子の高見泰地六段(当時)の応援に行きたがっていた加藤結李愛女流3級(当時)だが、リコー杯女流王座戦一次予選(デビュー戦)と同じ日だったため、駆けつけることができなかった。

高見叡王へのお祝いの手紙には、その時の思いも込められていたに違いない。

* * * * *

めざせ!プロ女流棋士! 加藤結李愛さん(東北高校ホームページ)

仙台の高校生が将棋の女流棋士に(朝日新聞)

 

初心者のための将棋教室(NHK文化センター仙台教室)が始まります

NHK文化センター仙台教室で、7月11日から初心者の方のための将棋講座を担当させていただきます。

  • 駒の動かし方を覚えたばかりでスマホなどで将棋を指しているけれども、なかなか勝てない方
  • プロ棋士の対局を観るのが好きだけれども、指す手の意味や戦法のことをもっと知りたい方

のための講座です。

基礎を学ぶことに加え、観戦記を通してプロの将棋、プロ棋士の魅力に触れる時間も設ける予定です。

7月は、今月発売されるNHK将棋講座8月号掲載の私が書いた井上慶太九段-糸谷哲郎八段戦の観戦記を題材として、行数の関係から観戦記に盛り込むことができなかったエピソードなども加え、解説をさせていただく予定です。(NHK将棋講座8月号は、受講者の方にお配りします)

NHK文化センター仙台教室の講座のページの似顔絵はバトルロイヤル風間さんに描いていただきました。

* * * * *

〔講座の内容  回数:6回〕
・先を読む力を身につける(一手詰、三手詰)
・8枚落ちで勝つ
・6枚落ちで勝つ
・初歩の基本手筋
・平手の代表的な序盤の指し方
・各戦法のオリエンテーション
・観戦記を読みながらプロの将棋を楽しむ
・棋士のエピソード
・指導対局 など

ご興味のある方は、ぜひ教室にご参加下さいますと嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

※同じ内容で2つの時間帯で開講します。詳細については下記のリンクからNHK文化センターのホームページをご覧ください。

初心者のための将棋教室(午後)

開催期間 2018/07/11~2018/09/26
第2・4水曜 15:00~16:30

初心者のための将棋教室(夜)

開催期間 2018/07/11~2018/09/26
第2・4水曜 18:30~20:00

子供向けの教室もあります。

こども将棋(回数:6回)

開催期間 2018/07/07~2018/09/29
第1・3土曜 10:00~11:30 が基本ですが詳細な日程はリンク先をご覧ください。

 

Facebookのデータから非常に熱心な将棋ファンの人口を推計する(2018年版)

2016年5月に「Facebookのデータから非常に熱心な将棋ファンの人口を推計する」という、Facebookのデータから将棋に関心を持っている人数を推計する記事を書いた。

その後、将棋ソフト使用疑惑冤罪事件、藤井聡太六段フィーバー、羽生善治永世七冠国民栄誉賞受賞を経て、最近では新聞やテレビで毎週のように将棋が取り上げられるようになってきた。

一昨年と比べて、将棋が趣味だったり関心を持つ人がどれくらい増えたのか、調べてみたい。

* * * * *

Facebookで広告を出稿する際に使用するメニューがあり、ここでは広告のターゲットを指定することができる。

主なものとしては地域、年齢だったりするが、その中に趣味・関心という項目がある。

「将棋」を指定すると、潜在リーチ(日本在住の人のみ。潜在リーチはその条件に合致したアクティブな利用者数)は41,000人(一昨年は23,000人)。

一方、Facebook全体の潜在リーチ(アクティブな利用者)は2500万人(一昨年は2400万人)。

Facebook利用者の中で将棋が趣味だったり関心を持っている人の割合は、Facebook利用者全体の約0.164%(一昨年は約0.096%)。

増加率を計算すると、

0.164÷0.096=1.71

Facebookがどのようにして将棋の潜在リーチとして判断しているのかはわからないが、なんと、一昨年比、約1.7倍に増えていることがわかる。

* * * * *

年代別には次の通り。(総合はFacebookのアクティブユーザ数。男性と女性を足して総合の数字と合わない箇所もあるが、Facebookの数値をそのまま転記。単位は人)

年齢 将棋計 将棋男 将棋女 総合 男性 女性
10代  ー  ー  ー   86万   46万   41万
20代   6,000   4,000   3,000 670万 320万 350万
30代   8,000   4,000   4,000 690万 330万 350万
40代 12,000   7,000   5,000 560万 300万 260万
50代    9,000   6,000   3,000 320万 180万 130万
60代+    6,000   4,000   2,000 150万    99万    53万
合計 41,000 24,000 17,000 2500万 1300万 1200万

40代を中心として30代、50代が多い。10代は1,000人未満なので実数は不明。これはFacebook全体の10代アクティブユーザ数が激減(一昨年比66%)していることから。

ちなみに、20代のFacebook全体のアクティブユーザ数も89.7%と減っている。逆に30代以降、年齢層が高くなるほどFacebook全体のアクティブユーザ数は増えている。

* * * * *

その年代のFacebook利用者全体に占める将棋の潜在リーチの割合を求めると次のようになる。

年齢 将棋(合計) 将棋(男性) 将棋(女性)
10代
20代 0.09% 0.13% 0.09%
30代 0.12% 0.12% 0.11%
40代 0.21% 0.23% 0.19%
50代 0.28% 0.33% 0.23%
60代以上 0.40% 0.40% 0.38%
合計 0.16% 0.18% 0.14%

この割合を一昨年と比較すると(=正規化された増減)、

年齢 将棋(合計) 将棋(男性) 将棋(女性)
10代
20代       120.49%       90.43%       417.86%
30代       139.13%       88.15%       353.25%
40代       180.45%    140.00%       336.54%
50代       250.00%    202.90%       559.62%
60代以上       366.67%    264.46%    1293.02%
合計       171.13%    116.60%       399.57%

女性全体で一昨年比399.57%。2年の間に約4倍になっていることがわかる。

また、男性では年齢が高くなるほど、将棋に興味を持ち始めた人が増えている。

逆に、男性の20代、30代が、正規化した数字上でも減っているのがやや気になるところ。

* * * * *

日本の人口が今年の3月1日時点で1億2652万人。

Facebook全体の潜在リーチが2500万人なので日本の人口の約5分の1。

非常に乱暴に計算すれば、日本全体での熱心な将棋ファンの人口は205,000人と見ることができる。(一昨年計算時は約115,000人)。

実際にはもっと多いような感じもするが、とりあえずの計算ではこの数値。

* * * * *

藤井聡太六段フィーバー、羽生善治永世七冠国民栄誉賞受賞などをきっかけに、特に女性の将棋ファンがかなりの勢いで増加している。

具体的にどのような方法が良いのかは現時点で思いつかないが、女性将棋ファン向けの各種企画やイベントは、今後ますます重要な位置付けにしなければならない分野だと思う。

 

 

私が「辰巳五郎」というペンネームで書いたネット観戦記

昨日の記事で林葉直子さんのことが出たので、今日も林葉さんに関連した話を。

* * * * *

林葉さんは1995年8月24日に日本将棋連盟を退会したが(この日の夜、林葉さんは新宿の料理店で行われていた羽生善治六冠と畠田理恵さんの婚約お祝いの席へ駆けつけている)、2010年7月28日に15年振りに将棋に復帰し、LPSA公認棋戦であった日レスインビテーションカップに出場している。

この時の対局が1回戦:林葉直子さん-中倉彰子女流初段(当時)戦で、中倉彰子女流初段が勝っている。

多くのマスコミが報道した。

林葉直子さん、プロ棋戦で15年ぶり対局「楽しかった」(朝日新聞)

林葉直子さん、15年ぶりプロ棋戦対局は74手で完敗 復帰宣言はおあずけ(ORICON NEWS)

日レスインビテーションカップ・第4回女流棋士トーナメント(LPSA)

* * * * *

この林葉-中倉(彰)戦のネット観戦記(後述、LPSAのサイトに掲載)の筆者は辰巳五郎。

今まで特に明かしてはいなかったが、実は辰巳五郎は私のペンネームなのだ。

* * * * *

この対局のあった年の2月に、将棋ペンクラブの会報の企画で、林葉直子さんと木村晋介将棋ペンクラブ会長の飛車落ち対局が行われ、その観戦記を私が書いていた。

林葉直子さん-木村晋介弁護士戦

そのようなこともあり、私に観戦記の依頼があったのだと思う。

執筆はペンネームでというお願いだった。これは当時の様々な事情によるもの。

* * * * *

ペンネームと言われて、私もずいぶん考えた。

2日間くらい考え、オリジナルな名前をつけるのは難しいという判断に至った。

次に、映画やテレビドラマに出てくる役名ならどうだろうと考えた。

すぐに思い浮かんだのは、私が大ファンである映画『昭和残侠伝シリーズ』の池部良さん演じる「風間重吉」。

しかし、バトルロイヤル風間さんの本名が風間雄吉であり、これは少しマズそう。

次に思い浮かんだのが1974年~1975年のテレビドラマ『傷だらけの天使』の岸田森さん演じる辰巳五郎。

私は森なので、岸田森さんの森と共通、なおかつ岸田森さんは私と同じAB型。また、私は『北の国から』ファンでもあるので「五郎」は田中邦衛さん演じる黒岩五郎にも通じる。

Wikipediaには『傷だらけの天使』の辰巳五郎について、「冷徹さを装うも、実はスケベで見栄っ張り」と書いてある。

今後、使う機会があるかどうかは別として、私のペンネームは「辰巳五郎」しかない、と思った。

* * * * *

今調べてみると、報知新聞の北野新太さんが、この対局の前夜、林葉直子さんに取材をしていたようだ。

実録!ブンヤ日誌  第13回 インタビュー(みんなのミシマガジン)

更に調べてみると、LPSAのサイトに掲載されているこの日の写真の一番手前に北野さんが写っている。

当日の写真

* * * * *

観戦記はLPSAのサイトで5日間(8月2日~6日)の連載だった。

まだ全部書き終えていない段階で1回目が掲載されるのだから、とてもスリリングだった記憶がある。

ちなみに、この観戦記は、将棋ペンクラブ大賞観戦記部門優秀賞を惜しくも逃している。

最終選考会の原稿起こしを担当していた私は、目の前で行われている討議を聞きながら、(これは優秀賞に選ばれるかもしれない)と感じていたものの、優秀賞作品とほぼ同点でありながらこの観戦記は落ちてしまった。呆然として、原稿起こしには2週間くらい手がつかなかったと思う。

ぜひ、この時の観戦記をご覧ください。

中倉彰子初段-林葉直子さん観戦記(1)~(5)(LPSA)