「将棋雑文」カテゴリーアーカイブ

大内延介九段お別れの会

昨日の午後、日本将棋連盟で行われた「大内延介九段お別れの会」へ参列をしてきた。

非常に多くの方が来られていた。

—————

受付は1階の入り口を入ったところ。

会場は4階。

4階でエレベータを降りると、佐藤康光会長、森内俊之専務理事、鈴木大介常務理事をはじめとする方々の立礼。

心の準備ができていなかったので、非常に恐縮してしまう。

会場の誘導は葬儀社の複数のスタッフで、非常に手際がいい。

驚いたのは、4階の廊下、対局室の畳の上に厚い保護マットが敷かれ、靴を履いたまま入場できるようになっていたこと。この辺も葬儀社が長年かけて蓄積してきたノウハウなのだろう。

はじめに控え室(桂の間)へ案内される。

椅子が40席ほどあって、控え室の人数が30~40人ほどになったら会場(高雄 ・棋峰 ・雲鶴)へ移ってお別れの会が行われるというシステム。

多くの人が絶え間なく来ていたので、この日だけで何回繰り返されたことだろう。

—————

高雄 ・棋峰 ・雲鶴は、ここが対局室、とは思えないほど、完璧な「お別れの会」の会場となっていた。

祭壇には、大内延介九段の写真、花、そして7月17日付で日本棋院から贈られた囲碁の八段の免状が飾られていた。

司会は日本将棋連盟の小泉勝巳さん。

私が大内延介九段と初めてお会いしたのは1995年7月のことだった。当時の大内九段は渉外などを担当する専務理事。

仕事でのお付き合いだったが、その時の職員担当者が小泉さんだった。

大内九段と小泉さんと一緒に打ち合わせをしたことが何度かあった。

大内九段の遺影と小泉さんの顔を同時に視界に入れながら、21~22年前のことを思い出しているうちに、とても感傷的な気持ちになってきた。

そして、大内一門を代表して、飯田弘之七段からのあいさつ。

大内九段は癌で、今年に入って抗がん剤治療を行っていたという。

A級から一度陥落して再度A級への復帰を賭けた対石田和雄七段戦の死闘、穴熊、豪快な寄せ、今年になって大内九段と一緒に山へ行ったことなど、飯田七段は師匠の思い出話を語ってくれた。

大内九段が亡くなったということが実感として迫ってきて、寂しさが増幅してきた。

一人一人が祭壇に献花をして、「お別れの会」は終了した。

大内先生、ありがとうございました。

—————

将棋会館に到着したのは16:30頃。受付をする前に喫煙所へ行くと、写真家の弦巻勝さんがいた。

一番最後にお会いしたのが中野の酒場だったから、10年振り以上ということになる。

弦巻さんは10年前と外見が変わっていない。短い時間だったが、とても楽しい会話だった。

—————

「お別れの会」への参列を終え、将棋会館を出て少し歩くと、向こうから将棋会館へ向かってくる見覚えのある顔が。

三浦弘行九段だった。

三浦九段に会うのは、昨年9月の将棋ペンクラブ大賞贈呈式のとき以来。

私「どうも、どうも」

三浦九段「やあ、どうも」

三浦九段「今、会場は混んでいますか?」

私「それほどでもありません」

私「4階の対局室が、想像もできないくらい変わっていますよ。もう、全くの「お別れの会」仕様になっています」

三浦九段「そうなんですね、それでは、また今度ゆっくり」

私「はい、また今度」

そして、三浦九段は数歩歩いたところで、「ご心配をおかけしてすみませんでした」と言って私の方に振り返った。

私なんかに言わなくたっていいのに、と涙が出そうになった。

—————

ふと考えると、家を出る1時間半ほど前に、twitterで次のような投稿をしていた。

弦巻勝さんと三浦弘行九段、偶然とはいえ、嬉しい展開だ。

 

 

 

 

竜王戦決勝トーナメント 佐々木勇気五段-藤井聡太四段戦の食事を予想する〔両対局者の対局時の食事傾向の分析〕

今日は、第30期竜王戦決勝トーナメント 佐々木勇気五段-藤井聡太四段戦が行われる。→中継

藤井聡太四段が30連勝と連勝記録を伸ばすか、佐々木勇気五段が藤井聡太四段の連勝を阻むかの注目の一戦。

今日は、両対局者の対局時の食事の傾向の分析、および本日の対局の昼食・夕食の予想をしてみたい。(食事データは「将棋棋士の食事とおやつ」による)

—————

1.藤井聡太四段の対局時の食事の傾向

藤井聡太四段のこれまでの対局時の注文メニューは次の通り。

=昼食=
(千駄ヶ谷)
「みろく庵」豚キムチうどん
「みろく庵」みそ煮込みうどん
「紫金飯店」五目焼きそば
「ほそ島や」カレーライス
「ほそ島や」つけとろろそば
(福島)
「イレブン」珍豚美人
「イレブン」サービスランチ(えびフライとクリームコロッケの盛り合わせ)
「小雀弥」うどん定食(特製玉子かけごはん)
「小雀弥」ぶっかけそば
「小雀弥」黒毛和牛カレーうどん
汁なし担々麺
肉ぶっかけそば
天もりそば
カレー定食(うどん)
天丼
=夕食=
(千駄ヶ谷)
「みろく庵」肉豆腐定食
「みろく庵」若鶏唐揚げ定食
「紫金飯店」玉子炒飯
「紫金飯店」わんたんめん(五目炒飯は売切だった)
「ほそ島や」チャーシューメン
(福島)
肉なん定食(うどん)


それぞれ注文は1回ずつ。

つまり、藤井聡太四段は毎回違ったメニューを注文しているということで、これは、「いろいろなメニューを試して、その中から好みのメニューを探し出している過程」である可能性が高いと思われる。

そうだとすると、今日の対局でも、今まで頼んだことのない新しいメニューが注文されると考えるべきだろう。

藤井聡太四段の注文傾向は、

  • 昼食は麺類である確率が高い(麺類確率73.3%、東京での対局時の昼食では麺類確率80%)
  • 東京での対局の夕食はご飯系の確率が高くなる(東京での対局時の夕食ではご飯系60~80%)

2.佐々木勇気五段の対局時の食事の傾向

佐々木勇気五段の2017年の対局時の注文メニューは次の通り。(「将棋棋士の食事とおやつ」に記載のあるデータだけで集計)

=昼食=
(千駄ヶ谷)
「みろく庵」の肉豆腐定食(もち入り) 3回
「みろく庵」のおでん定食(ごはん抜き)、もち
「とんかつふじもと」のヒレカツ定食ライト 3回
「とんかつふじもと」のヒレカツ定食
「ふじもと」のうな重(竹) 2回
「ほそ島や」の力うどん
(福島)
親子丼(温うどん付)
きつねそば(もち入り)
きつねそば
=夕食=
(千駄ヶ谷)
「みろく庵」の肉豆腐定食(もち入り)
「ふじもと」のうな重(竹)
(福島)
「イレブン」のカニクリームコロッケ


佐々木勇気五段はメニューが集中しており、東京での対局の主力メニューは、肉豆腐定食(もち入り)、ヒレカツ定食ライト、うな重(竹)、大阪での対局の主力メニューは親子丼、きつねそば、であることが分かる。

過去には、「みろく庵」の肉南蛮うどん、「ほそ島や」の肉南蛮うどん、を頼んでいた時期もあった。

限られたサンプル数なのでメニュー別勝率は精緻に集計していないが、肉豆腐定食(もち入り)での勝率の方がヒレカツ定食ライトよりも良い。

佐々木勇気五段の注文傾向は、

  • 「みろく庵」の肉豆腐定食(もち入り)、「とんかつふじもと」のヒレカツ定食ライト、「ふじもと」のうな重(竹) 、が東京での対局の三本柱。
  • 麺類、ご飯系を問わず、餅をトッピングすることが多い。

3.本日の対局の食事予想

今日は日曜日。東京将棋会館への出前を行っている各店の休みは次の通り。

みろく庵 年末年始
ほそ島や 日・祝日
ふじもと 日曜日・祝日不定休
とんかつのふじもと 日・祝日
紫金飯店 日曜日・祝日
千寿司 日曜日・祝日

そういうわけで、各店が特別に店を開けていない限り、出前をしてくれるのは「みろく庵」だけということになる。

佐々木勇気五段は、鉄板メニューの肉豆腐定食(もち入り)はほぼ確実なところ。もう一品が何になるか。

藤井聡太四段は、今まで頼んだことのない「みろく庵」のメニュー。

予想は次の通り。

佐々木勇気五段
昼食:親子丼大盛
夕食:肉豆腐定食(もち入り)

藤井聡太四段
昼食:カレー南蛮せいろうどん
夕食:肉しょうが焼き定食

 

 

斎藤慎太郎七段

今日から斎藤慎太郎七段が羽生善治棋聖に挑戦する棋聖戦五番勝負が始まる。

私が初めて生の斎藤慎太郎七段を見たのが、昨年のNHK杯戦1回戦  平藤眞吾七段-斎藤慎太郎六段戦を観戦したときのこと。

(間違いなくスターになりそうな、近い将来の将棋界を引っ張っていく棋士の一人に必ずやなるだろう)というのが、控え室で会ってから後日の電話取材を終えるまでの間を通して私が感じた斎藤慎太郎六段(当時)に対する印象だった。

人をそらさず人柄も良く、礼儀正しくきちんとしていて、でも、ガチガチの優等生という雰囲気では全くなく、良い意味での緩やかな雰囲気を持っている、という感じ。

会った瞬間にパッとオーラを感じることができる代表格が山崎隆之八段と中村太地六段とすると、斎藤慎太郎七段はじわじわとオーラが出てくるタイプ。

棋聖戦中継ブログを見ると、羽生善治棋聖があいさつで、

「最近は将棋界をさまざまな形で取り上げていただくということが増えてきまして、大変ありがたいという風にも思っています。またですね、最近よく取り上げられているのは、大先輩の大先生と、非常に若い……あのー、はい。ちょっとやっぱり、真ん中のところもいるということを見せていかなければ、と思っております」

と語っているように、今回の棋聖戦五番勝負、大いに盛り上がってほしいものだと思う。

——————

昨年のNHK杯戦 平藤眞吾七段-斎藤慎太郎六段戦で私が書いた観戦記の前半三分の一がNHKテキストビューに掲載されている。

この観戦記では、平藤眞吾七段の関西棋士ならではの面白いキャラクター、解説の畠山鎮七段(斎藤慎太郎七段の師匠)の一手ごとに大きく心揺れる解説にもフォーカスを当てた。

対局前の控え室では、緊張している斎藤慎太郎六段とはほとんど目を合わせることなくスタッフや平藤眞吾七段と談笑していた畠山鎮七段だが、対局が終わって控え室に戻ると、「ここの食堂に行こう、今のうちに覚えておかなきゃな」と畠山鎮七段が斎藤慎太郎六段をNHKの食堂に連れて行って一緒に食事をしている。

若手キラーと若手有望株の戦い(NHKテキストビュー)

 

 

 

 

 

三浦弘行九段の冤罪事件について〔三浦弘行九段と日本将棋連盟の間で和解が成立〕

昨日、三浦弘行九段の冤罪事件について、三浦弘行九段と日本将棋連盟の間で和解が成立したことが発表された。

三浦弘行九段と日本将棋連盟の間で和解成立のご報告(日本将棋連盟)

日本将棋連盟 三浦九段に慰謝料支払いへ 双方合意(NHK)

三浦弘行九段に慰謝料支払いで和解…将棋連盟(読売新聞)

三浦弘行九段と将棋連盟が「将棋ソフト不正疑惑」で和解 慰謝料は非公表(会見詳報)(ハフィントンポスト)

三浦九段が「この問題が長引いて、せっかく将棋界が盛り上がっているのに水を差す形になってしまってはいけない。棋士なら誰しも思っていること」と語っているように、三浦弘行九段側が大人の対応をしたことがうかがえる。

また、佐藤康光会長も、会長となることが決まる以前からこの問題のことで三浦九段への謝罪の気持ちを非常に強く持っており、真摯に取り組んでいることを、私も信頼すべき筋から1月に聞いている。

そのようなことから、佐藤康光九段が会長となってから和解に至るまで、日本将棋連盟側も誠心誠意の提案をしたのだと考えられる。

間近に控える棋士総会でどのような意見が出るかなど、全体的には100%解決したわけではないが、三浦九段とご家族が納得できる形で和解が行われたのなら、三浦九段と日本将棋連盟の間では円満な解決。

三浦九段の名誉回復についてはこれからも日本将棋連盟の継続的努力が必要だけれども、三浦九段への補償などについて一段落ついたことは非常に高く評価できることだと思う。

もちろん、週刊文春の問題など、いろいろと解明・解決すべきと思われる点、昨年10月の常務会の意思決定に至るまでの問題点の洗い出しと総括、そこから引き起こされた信頼感の劇的な低下をいかに回復していくかなどの課題は残されているが、これは外部の者が口を出すべきものでもないし、今後の推移を見守りたい。

——————

ここからは、昨年10月からの、私がこの冤罪事件について感じていたことを、備忘録的にまとめてみたい。備忘録なので、私が感じたことがまとまりなく書かれているだけのものです。

2016年10月12日

14:30頃

三浦弘行九段が竜王戦挑戦権剥奪のようだとの情報が入る。

我が事のようの全身にショックが走る。「えっ、どうして…」

19:30頃

家に帰って情報について確認すると、対局でコンピュータを使っていた容疑とのこと。

その現場を見つけたのか、本人が認めたのかと思っていると、どちらでもないとのこと。

(証拠もないのにそんなこと決めてしまったの?そんなの、ありえない)

私に情報を知らせてくれた方も、どう転んでも将棋界にとってはマイナスと心配をされていた。

私も同意見。

20:00頃

ネットなどに一斉にこの件のニュースが流れる。

翌週の週刊文春で公開されていない情報も含めて大きな記事になるという。

三浦九段がそのようなことをやるとはどうしても思えないし、暗澹たる気持ちになる。

10月14日

明日は竜王戦第1局。普通なら「第29期竜王戦第1局対局場 天龍寺」と昼食予想の記事を書くところなのだが、どうしてもそのような気は起きない。

  • 12日の15時までの期限に休場届けが出なかったから休場処分にしたとか訳のわからないことが常務会から発表されているが、15時以前に、私のようなところにまで「竜王戦挑戦権剥奪」の情報が流れてきている。15時までの期限も何も、はじめから三浦九段を出さないように決めているんじゃないか
  • そもそも、その週の土曜日に第1局の対局がある挑戦者を11日に呼びつけて集団で詰問するとはありえない。何事もなく終わったとしても、それが大事な対局を控えた棋士に対する態度だろうか。将棋をやる者の姿として、絶対にあってはならないことだ。
  • どのような結論になったとしても、証拠もないのにこのような重大な結論を下したというのは全くやってはならないこと。コンプライアンス的にはもちろん、人間としてやってはいけないことだ。

などのこともあり、昼食予想の記事は、この竜王戦七番勝負に関しては積極的に書かないことにした。書く気が起きなかった。

10月15日

将棋ペンクラブ幹事会。

事前に打ち合わせをしていたわけでもないのに、3人の重鎮幹事が、「証拠もないのに常務会があのような決定をしたのは絶対におかしい」との意見。

私と同じ感じ方をしている人は多いんだなあ、と感心するとともに、よくよく考えると、普通は皆このように考えるだろうと思った。

10月20日

週刊文春の発売日の午前0時、羽生善治三冠が、奥様の理恵さんのTwitterアカウントを通して発言。

羽生善治五冠(当時)と畠田理恵さんの出会い の記事の下の方

非常に心が救われる思いがした。

同様に、丸山忠久九段の翌日の発言も、非常に心が救われた。

速報!将棋不正疑惑問題で棋士説明会 丸山九段「連盟対応は疑問だらけ」(スポーツ報知)

この2つの発言は将棋界のためにも非常に良かったと思う。

この日に発売された週刊文春は扇情的なタイトル、内容で呆れる。週刊新潮も。

10月某日

アカシヤ書店の星野さんのところにテレビ局から取材の電話が入り、私が紹介されたようで、制作会社から私に電話があった。

「スマホで動く将棋ソフトはどれくらい強いですか?」という取材のようだった。私向きではない内容だが、

「強いとは聞いていますが、三浦九段はトップクラスの棋士で、そのようなものを使う必要もありませんし、使うような人でもないと思います」

と答えた。後で調べるとその番組は真面目な方向性の番組であり、酷い報道はしていなかったが、それでも、スマホを使って動かせるソフトは非常に強い、という話をしか取材の展開上は聞きたくなかったようだ。

もちろん私の話したことなど、微塵も放送では紹介されなかった。

——–

以上、当時のことを思い出しながらの備忘録。

 

 

「藤井聡太四段 炎の七番勝負」と「羽生善治四段 タイトルホルダーに挑戦・五番勝負」

昨年10月に史上最年少となる14歳2カ月でプロ入りを果たした藤井聡太四段が7人の棋士と対決するAbemaTV将棋チャンネル特別対局企画「藤井聡太四段 炎の七番勝負~New Generation Story~」が今日の19時(19:00 〜 21:50)からスタートする。

AbemaTV将棋チャンネル

放送日程と対戦相手は次の通り。

第1戦(3月12日):対 増田康宏四段
第2戦(3月19日):対 永瀬拓矢六段
第3戦(3月26日):対 斎藤慎太郎七段
第4戦(4月2日):対 中村太地六段
第5戦(4月9日):対 深浦康市九段
第6戦(4月16日):対 佐藤康光九段
第7戦(4月23日):対 羽生善治三冠

よくぞこのような絶妙な組み合わせにしてくれたものだと唸りたくなるような素晴らしい編成。

—————-

戦後では、1946年に新大阪新聞(毎日新聞系)の企画で「木村・升田五番勝負」、1948年に朝日新聞の企画で「塚田・升田五番勝負」が行われており、外部の企業が企画した公式戦以外の人間同士の対局としてはそれ以来のものとなるのだと思う。

—————-

羽生善治三冠が四段になった時も、将棋世界誌上で特別企画の対局が組まれた。

それが将棋世界1986年3月号から始まった「天才少年激突三番勝負」で、1985年6月に17歳で四段となった阿部隆四段と1985年12月に15歳で四段になった羽生善治四段の三番勝負。

この時は羽生四段が2連勝している。

羽生善治四段(当時)四段昇段後の初めての対局

—————-

そしてこのほぼ1年後、将棋大賞新人賞を受賞した羽生四段の「新人賞・羽生、タイトルホルダーに挑戦」が将棋世界1987年6月号から始まる。

羽生四段が時のタイトルホルダー全員と対局するというもので、

第1局 対 中村修王将・・・羽生四段の勝ち
第2局 対 桐山清澄棋聖・・・羽生四段の勝ち
第3局 対 高橋道雄王位・棋王・・・高橋二冠の勝ち
第4局 対 福崎文吾十段・・・羽生四段の勝ち
第5局 対 中原誠名人・・・羽生四段の勝ち

と、羽生四段が4勝1敗という見事な戦績を残している。

—————-

ところで、「新人賞・羽生、タイトルホルダーに挑戦」と同時期に将棋世界誌上で行われていたのが、「A級棋士VS新鋭四段角落ち戦」。

新鋭四段が角落ちでA級棋士と戦う企画で、行われた対局は次の通り。(将棋世界1987年1月号~1987年11月号)

加藤一二三九段-日浦市郎四段
森雞二九段-安西勝一四段
小林健二八段-中田功四段
谷川浩司棋王-村山聖四段
桐山清澄棋聖-長沼洋
大山康晴十五世名人-小林宏四段
青野照市八段-中田宏樹四段
南芳一八段-達正光四段
有吉道夫九段-神崎健二四段
内藤國雄九段-佐藤康光四段
中原誠名人-櫛田陽一四段

戦績は新鋭四段陣の10勝1敗(A級棋士では大山十五世名人のみが勝った)。

なかなか斬新な企画だが、羽生四段が猛烈な勢いで勝ち進んでいたとはいえ、羽生四段が平手戦、かたや自分たちは角落ち下手ということで、「A級棋士VS新鋭四段角落ち戦」出場の四段の棋士は微妙な気持ちだったかもしれない。なおかつ駒落ち下手であるためプレッシャーは非常に大きい。

「A級棋士VS新鋭四段角落ち戦」は「新人賞・羽生、タイトルホルダーに挑戦」の半年前から始まった企画。途中から手合いを変更するというわけにもいかなかったのだろう。

—————-

「藤井聡太四段 炎の七番勝負」という文字を初めて見た時に思い浮かべたのは、「ジャンボ鶴田試練の十番勝負」。

これは、当時の全日本プロレスの次期エースとして成長著しかったジャンボ鶴田をさらに大きく育てるために組まれた十番勝負。(1976年~1979年に行われた)

対戦レスラーは、

  1. バーン・ガニア
  2. ラッシャー木村
  3. テリー・ファンク(NWA世界王座戦)
  4. ビル・ロビンソン
  5. ボボ・ブラジル
  6. アブドーラ・ザ・ブッチャー
  7. クリス・テイラー
  8. ハーリー・レイス(NWA世界王座戦)
  9. 大木金太郎
  10. フリッツ・フォン・エリック

戦績はジャンボ鶴田の4勝2敗4引き分け。

当時、このうちの何回かはテレビで見ており戦いに熱中したものだ。

「試練の十番勝負」のネーミングが素晴らしく、今回の藤井聡太四段の「炎の七番勝負」もそれに通じるものがある。

何十年に一度あるかどうかの特別企画「藤井聡太四段 炎の七番勝負~New Generation Story~」を楽しみにしたい。