棋戦

棋戦

羽生善治三冠が最も印象に残っているタイトル戦(旅館編)

羽生善治三冠が最も印象に残っているタイトル戦、旅館編。 将棋マガジン1990年3月号、山田史生さんの、「第2期竜王戦七番勝負、激闘のあとを振り返る」より。  第二局は持将棋だった。これについて何人かの関係者から言われた。 「引...
棋戦

羽生善治三冠が最も印象に残っているタイトル戦(着物編)

羽生善治三冠が最も印象に残っているタイトル戦、着物編。 将棋マガジン1990年3月号、山田史生さんの、「第2期竜王戦七番勝負、激闘のあとを振り返る」より。  四勝三敗一持将棋、大接戦、大熱戦の竜王戦七番勝負だった。わずかな差で島朗、...
棋戦

羽生善治三冠が最も印象に残っているタイトル戦(前編)

9月13日、羽生善治二冠が広瀬章人王位に勝って、王位を獲得。通算タイトル獲得数を80期として、大山康晴十五世名人と並び、歴代1位タイとなった。 その際のインタビューで羽生三冠は、「一番印象に残っているタイトル戦は?」の問いに 、一番最初に...
棋戦

朝日杯将棋オープン戦

今日は、朝日杯将棋オープン戦の準決勝と決勝が行われる。 準決勝は10:30から次の二局(持ち時間40分)。 羽生善治名人-郷田真隆九段戦 渡辺明竜王-木村一基八段戦 羽生-郷田戦の中継は銀杏記者、渡辺-木村戦の中継は...
タイトルとURLをコピーしました