「次の一手」カテゴリーアーカイブ

ついつい間違ってしまう、谷川浩司四段(当時)出題の初段コース試験問題

将棋世界1979年2月号、「初段コース試験問題」より。

第1問 谷川浩司四段出題

谷川次の一手1

一気の寄せをねらう一着。

 

(正解は少し下の方に書いています)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〔正解〕 ▲4一飛成(32%)

 振飛車対居飛車の終盤戦です。振飛車側は一見固いようですが、△6七歩成を許すとうるさくなります。

 たとえば▲9一飛成(1%)のような手では、△5一銀とねばられてしまいますので、一気に寄せたいところです。

 まず目に映る▲2二角(5%)は、後手方に△1二飛と丁寧に受けられて続きません。また▲2三角(61%)も、△2三同玉▲4一飛成に△5一飛といううまい受けで切れてしまいます。

 この▲2三角以下の手順を逆に利用する▲4一飛成が正解です。

 △4一同玉の一手に、▲2三角△3二飛▲2二銀△3一飛打▲3二金△同飛▲2二飛となって、先手優勢がハッキリします。

 ▲2二飛以下、△3一金は▲3二角成△同金▲2一飛成。また△3一銀は▲2一飛成です。普通はこのような攻め方は成立しないものなのですが、この局面は”後手の持駒が飛と歩だけ”という特殊な状態ですので成立するわけです。

——–

▲2三角(61%)とあるように、多くの方は▲2三角を考えられたのではないだろうか。私も▲2三角。

先手の持駒に銀があったり、後手の持駒に飛車がなかったりすれば正解になるのだが、この場合は△5一飛と打たれて「ギャッ」となってしまう。

初段コースの1問目だからと思って気軽に考えてはいけないという好例。

16歳の頃の谷川浩司九段の、非常に清々しく新鮮な次の一手だ。

 

 

じわじわ感動する次の一手

将棋世界のバックナンバーの昇段コースの問題をざっくりと見ていて、非常に感銘を受けた回。

実戦でも役に立ちそうな、私にとってはあまり意識していないなかった手筋ばかり。

すべての出題は故・加藤博二九段。

将棋世界1982年11月号、初段コース、二段コース、三段コース、四段コースより。

(解答・解説・コメントは記事の下半分にあります)

〔初段コース〕

加藤博二1

加藤博二2

〔二段コース〕

加藤博二3

加藤博二4

加藤博二5

〔三段コース〕

加藤博二6

〔四段コース〕

加藤博二7

 

 

********

解答・解説・コメント

〔初段コース〕

加藤博二1

正解 ▲3三歩成 (正解率68%)

このような形の場合の正解は▲3三歩成であることが多いのだが、この問題は5手先まで読まなければ正解に到達しない。

▲3三歩成に△同角や△同桂は▲2三飛成で先手優勢。

そのため後手は△同飛と取ることになるが、そこで▲2四歩と合わせるのが決め手。以下△同歩▲同飛△3二飛▲2三飛成で先手優勢。

言われてみれば全くその通りであるが、▲2四歩からの十字飛車はすぐには気がつきにくい手筋。

——–

加藤博二2

正解 ▲2二金(正解率61%)

△同角は▲5一飛成△同玉▲5二金まで、△4二銀は▲5一金△同銀▲3二金で、いずれも詰み。なので△同金しかないが、▲同飛成△同角▲4三金で必至。(△3二飛と受けても▲4二歩以下詰み)

部分的に現れるかもしれない形なので、覚えておいて損のない手順だ。

——–

〔二段コース〕

加藤博二3

正解 ▲8二歩(正解率61%)

▲8二歩に対し△8三飛は、▲6一飛△5一銀右▲8一飛成△8二金▲9一竜△8六飛▲8八香で先手勝勢。

したがって後手は△同金と取るが、以下▲8三歩△7二金▲6一飛△5一飛▲8二歩成。

△同金は▲6二飛成、△6一飛は▲7二とで後手陣は崩壊。

これは非常に参考になる手筋だ。部分的によく出てきそうな局面なので、この攻め筋を知らないと大きなチャンスを逃してしまう。

▲6一飛と打つ直前の局面(A図)が初段コースの問題として出たこともあるほど。

加藤博二8

——–

加藤博二4

正解 ▲7二銀(正解率63%)

▲7二銀には△同玉の一手。そして▲6一とと入って後手玉は受けなし。

▲6一とがなかなか思い浮かばない。

——–

加藤博二5

正解 ▲8三銀(正解率25%)

△同金と取らせて▲7五桂が急所で一気に寄り形になるという。以下

△7四金右は▲8三歩成△7一玉▲6三桂成。

△8四金は▲同飛△7一玉▲6三桂成。

△7二銀は▲8三歩成△同銀▲8四飛△7一桂▲8三飛成△同桂▲6三桂成

で、いずれも先手必勝。

正解手▲8三銀に対して△7一玉は、▲7二銀成△同玉▲6四桂△同金▲同飛で、やはり先手必勝。

なお、6図で▲7五桂(応募数の72%の解答)は、△7四金▲8三銀△7一玉▲7四銀成△6二玉▲8三歩成△5三玉と脱出され、先手敗勢。

郷田真隆王将の若い頃の名言「良い手は指が覚えている」というのは▲7五桂のようなことを言うのだろう。

今回の出題の中で個人的に最も感動した問題。

——–

〔三段コース〕

加藤博二6

正解 ▲9三歩(64%)

後手の攻めは無理攻めだという。▲9三歩以下、△同飛▲6五歩△9四飛▲9五香△同飛▲8四角△9二飛▲7三角成で、先手優勢。

▲9三歩以下△同飛▲6五歩までは読むが、△9四飛と上がられて何もないなと私レベルの実戦なら読みを打ち切ってしまうところ。ところが▲9五香~▲8四角がある。

〔四段コース〕

加藤博二7

正解 ▲4二金(正解率23%)

難問。▲4二金に△4八との攻め合いは、▲5二金△5八とに▲7一角以下の詰み。

▲4二金に△同金は、▲7一角打△9二玉▲4二飛成△8二金▲5一竜△7一金▲同角成△9四歩▲6二金で一手一手。

普通、4二のような暑苦しいところに駒を打とうなどとは微塵も考えない。ところが▲4二金が決め手になるのだから驚き。

 

くいちがった升田説と内藤説

将棋世界1983年5月号、石田和雄八段(当時)の「将棋相談室」より。

問 どちらが正しい?

相談室1

 1図から升田九段の「升田流新戦法」では”▲7七角△8二飛▲8三歩△3二飛▲8八飛で先手有利”と書いてあります。しかし内藤王位の「石田流穴熊破り」では”▲7七角△8二飛▲8三歩△5二飛▲8八飛△7二金となって、攻め切るのは容易でない。だから1図では▲8八飛とする”と書いてあります。

 どちらが本当なのでしょうか。

(愛知県 Oさん)

 当代一流棋士の見解がこうもわかれているのでは、あなたが疑問をもたれるのはもっともだと思います。

 私がその間に入って明快な結論を出すということは僭越かもしれませんが、なんとかがんばってみましょう。私も時間をかけて調べてみたのですが、1図以下▲7七角△8二飛▲8三歩△3二飛▲8八飛(2図)でよしとする升田九段の説には首をかしげます。

相談室2

 内藤王位の言われるように、この局面は角を手放したぶんだけ先手が苦しいように思われます。

 ここはやはり▲8八飛(3図)とぶっつけるのが正着だと思います。

相談室3

 飛車交換になれば、飛車の打ち込み場所の多寡、玉の固さからいって後手は絶対的な不利に陥ります。

 そこで後手は△8七歩と打ちますが、▲9八飛△8八角▲7八金△3三角成▲7七角△8二飛▲8六歩(4図)から、△8七歩を取るねらいで指せば先手有利と思います。

相談室4

 これは内藤王位の著書に書いてあったかもしれませんが、見解のわかれる1図の局面では▲8八飛とぶっつけるのが正解とする内藤説に私は賛成します。

——–

升田式石田流の変化局面。

私も1図と似たような局面で▲7七角△8二飛▲8三歩と指して、その後苦しくなった記憶がある。

▲7七角△8二飛▲8四歩と指したこともあるが、△3三桂(△3三銀だと▲8八飛△7二金▲3三角成△同桂▲8三銀がある)と指されて、ウッとなったこともある。

なるほど、1図からは▲8八飛が正解なのかと、個人的には20年以上持っていたモヤモヤ感が取れた感じだ。