「次の一手」カテゴリーアーカイブ

誰も真似のできない「次の一手」

将棋マガジン1987年9月号、コラム「棋士達の話」より。

  • 次の一手は難問もあるが大体棋士は分かるもの。しかし10年程前、故・花村九段の出題に分からないのがある、と若手達で話題になった。仕方なく次号の解説を見たところ「ここではすでに不利だが、これが最善の勝負手。私はこれで勝った」え、そんな。

* * * * *

花村元司九段が担当したこの次の一手は、1978年の将棋世界の「三段コース試験問題」と思われる。

「ここではすでに不利だが、これが最善の勝負手。私はこれで勝った」に該当する問題は、この年の将棋世界がほとんど手元になく、見つけることはできないが、そうではない問題も、似た雰囲気があるので紹介したい。まさしく花村流。

将棋世界1978年12月号「第90回三段コース試験問題」より。

難局。最善手は。

* * * * *

将棋世界1979年2月号「第90回三段コース解答」より。

正解 ▲5四歩(24%)

 局面は終盤、先手の手番だけに指せる図ですが、なかなかの難局です。

 ▲5四歩と取り込み、▲5五歩の王手飛車をねらう筋を正着とします。

 ▲5四歩△同金は絶対として、次の手がむずかしい。

 金の形を乱したことは大きな利かしですが、▲6一角は△8六歩▲同歩△8七歩(好手)▲同金△8五歩の強襲があります。▲8三銀と飛先を止めても△8六歩で負け筋。

 また▲6八銀△6九馬▲5八角で馬の交換をはかる手は、△同馬なら▲同飛が金に当たり先手も指せますが、△8七飛成▲同玉(▲同金は△6八馬)△8六銀の妙手(△8六歩は▲7七玉で受かる)▲同玉△7八馬と金を取られ、△9五金の詰みと△6八馬の銀取りを同時に防ぐ手はなく負けとなります。

 △5四同金に▲7七銀と引き、△6九馬(△6九銀は▲6八銀打で受かる)▲8六銀と飛先を受け、次に▲7七角の王手から▲5八銀の馬取りがあります。▲8六銀に△8五歩なら▲7七銀と戻って大丈夫。

 △5四同金以後の変化はむずかしく、先手も大変ですが、▲5四歩以外に指す手はありません。

 ▲4四歩。有力な筋ですが、△3三金寄▲3五歩△8六歩▲同歩△8五歩(△8七歩の筋もありそう)▲3四歩△8六歩▲3三歩成△同桂と金銀得をしても、△8七銀の詰みが受かりません。

* * * * *

「▲5四歩△同金は絶対として、次の手がむずかしい」とあるのだから、正解率24%といっても3手先以降の花村九段の読みに到達した人は皆無に近かったに違いない。

▲5四歩△同金▲7七銀~▲8六銀~▲7七角~▲5八銀など、あまりにも玄人っぽい手順だ。

そもそも実戦だったなら、3問図では▲3五歩と打ってしまうところ。

しかし、それでは後手からの△8六歩▲同歩△8五歩▲同歩△8六歩の垂らしから△8五飛~△8七銀が猛烈に早いということなのだろう。

* * * * *

鼻血が出そうになるほど難しくて渋い次の一手だが、花村九段の読みと真正面から向かい合える、プロの筋を鑑賞できる非常に貴重なページだったとも言えると思う。

花村元司九段はこの時60歳で順位戦A級だった。

 

 

実戦では見過ごしてしまいそうな強烈な相振り飛車次の一手

将棋世界1979年4月号、「初段コース試験問題」より。

第3問 内藤國雄九段出題。

優勢に持ち込む手。

内藤次の一手

——–

相振り飛車で何度か現われても不思議ではない、よくありそうな局面。

実戦であれば、とりあえずは▲7七桂として、それからどうするか考えよう、となってしまうと思う。

ところが、これは次の一手。絶妙手がある。

私はわからなかったので解答を見てしまったが、正解率は75%もあったという。

じわじわと落ち込んだ。

——–

(解答はずっと下にあります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

将棋世界1979年6月号、「初段コース解答」より。

正解:▲7四歩(75%)

 問題図は、後手が△3四飛を2四へ寄せた局面です。

 つぎに後手に△8二銀の余裕を与えると、”手”がなくなってしまいます。

 ヒントにもあるように、ここで先手方優勢に持ち込む手があります。

 ▲7四歩が正解です。

 これに対して―。

①△7四同歩は▲5五角!

②△7四同飛は▲6五角!

で、いずれも簡単に先手が優勢となってしまいます。

 問題は③△8二銀と受けられたときですが、そのときは▲8四歩(A図)が好手。

内藤次の一手2

 以下△7四飛と歩を払えば、▲8三歩成△同銀▲6五角。

 また△8四同歩と応じれば▲同飛で、つぎに▲7三歩成の十字飛車による飛の素抜きをねらって、先手は攻める手に困ることはありません。

 ▲8四同飛に△7四歩は▲5五角の痛打が依然として残っています。

 問題図の後手△2四飛寄は、▲2二角を消したものですが、そのため玉頭にキズが生じたというわけです。

——–

覚えておいて損のない手筋だが、実戦ではついつい見過ごしてしまいそう。

 

 

正解率1%の、伊藤果四段(当時)出題の奥の深い二段コース試験問題

将棋世界1979年3月号、「二段コース試験問題」より。伊藤果四段(当時)の出題。

伊藤果1

ねらいは角打ちですが。

 

 

(正解は少し下の方に書いています)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伊藤果1

〔正解〕 ▲3四角(1%)

 局面はご覧のとおりの乱戦で、後手に△7九とと、金を取られては先手の負けとなります。さて、ここで先手の着手に注目されるところですが、うまい手があるのを発見されましたか?

 そうです。▲7六角なのです。この角は放置しておくと(もちろん竜取りですが)、次に▲5三桂成の一発で後手がまいってしまうのです。それならば、これが正解かと思われますが実は、▲7六角のときに△5四歩がうまい防手で、以下▲9八角△7九とで結構むずかしいのです。

 これを▲3四角ですと、△3三金▲4三角成△同金、ここで▲7六角△5四歩▲9八角△7九とには、▲4一飛があるという寸法なのです。

一見して▲7六角(63%)と打ちたい場面ですが、正解の▲3四角として、4三の駒を角と金に変えてからからの▲7六角はおもしろい手順でしょう。

——–

▲3四角△3三金▲4三角成△同金を経ることなく、1図から▲7六角△5四歩▲9八角△7九と▲4一飛は、△同玉▲4三飛成△4二金で受け切られてしまう。

▲3四角△3三金▲4三角成△同金の下準備をしておくと、▲7六角△5四歩▲9八角△7九と▲4一飛は△同玉▲4三飛成△4二金▲3二金とすることができる。

4三の角を金に繰り替えさせてからの▲7六角の発動。

言われてみればなるほどと理解できるが、最初からそこまで読むことは非常に難しい。

詰将棋ではないけれども、詰将棋の名作を見ているような気持ちになる。

正解率1%というのが感動的だ。

詰将棋創作の名手、伊藤果八段ならではの次の一手ということができるだろう。

 

 

正解するのはほとんど難しい、大山康晴十五世名人出題の初段コース試験問題

将棋世界1979年2月号、「初段コース試験問題」より。

第3問 大山康晴十五世名人出題

大山次の一手1

振り飛車らしいサバキを。

 

(正解は少し下の方に書いています)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〔正解〕 ▲6七飛(25%)

 むずかしい局面のときには、あせらず、じっくり眺めてから打開策をたてるようにすることです。

 最善手の選び方は、まず攻めるための手筋、次に味方に遊び駒があるかないかと考えてみて、もし無駄駒があれば、それを活用できる手順が正解手になる場合が多いのです。

 さて局面は、▲5一とだけでは攻め切る手はなく、たとえば▲5二銀(3%)では、△5三金寄で後の攻めが続きません。

 また▲5六歩(14%)の攻めも手筋ですが△6六金▲7八飛△5六金となってむずかしくなります。

 最善手は▲6七飛―。

 この一手によって飛角が見違えるほど動けるようになります。次に▲2七飛~▲2四歩の攻めがねらえますし、▲5九角~▲2六角となれば、と金の協力もできるのです。相手方の△7八飛成は恐れることなく、▲7七飛の交換があります。

 問題図と▲6七飛の図を比べていただければ一手指した手がいかに好手であるか、ということがわかると思います。

——–

振り飛車党の方でも正解を出すのが難しい問題。

「振り飛車らしいサバキを」と言われても、昭和の振り飛車党の私もこの問題にはギブアップ。

▲6七飛に△6六金が気になるが、▲同角△同歩▲7七飛と飛車交換が確実になり、先手が優勢となるのだろう。

言われてみれば、味の良い手だ。

「最善手の選び方は、まず攻めるための手筋、次に味方に遊び駒があるかないかと考えてみて、もし無駄駒があれば、それを活用できる手順が正解手になる場合が多いのです」は、大山流の金言だと思う。

 

ついつい間違ってしまう、谷川浩司四段(当時)出題の初段コース試験問題

将棋世界1979年2月号、「初段コース試験問題」より。

第1問 谷川浩司四段出題

谷川次の一手1

一気の寄せをねらう一着。

 

(正解は少し下の方に書いています)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〔正解〕 ▲4一飛成(32%)

 振飛車対居飛車の終盤戦です。振飛車側は一見固いようですが、△6七歩成を許すとうるさくなります。

 たとえば▲9一飛成(1%)のような手では、△5一銀とねばられてしまいますので、一気に寄せたいところです。

 まず目に映る▲2二角(5%)は、後手方に△1二飛と丁寧に受けられて続きません。また▲2三角(61%)も、△2三同玉▲4一飛成に△5一飛といううまい受けで切れてしまいます。

 この▲2三角以下の手順を逆に利用する▲4一飛成が正解です。

 △4一同玉の一手に、▲2三角△3二飛▲2二銀△3一飛打▲3二金△同飛▲2二飛となって、先手優勢がハッキリします。

 ▲2二飛以下、△3一金は▲3二角成△同金▲2一飛成。また△3一銀は▲2一飛成です。普通はこのような攻め方は成立しないものなのですが、この局面は”後手の持駒が飛と歩だけ”という特殊な状態ですので成立するわけです。

——–

▲2三角(61%)とあるように、多くの方は▲2三角を考えられたのではないだろうか。私も▲2三角。

先手の持駒に銀があったり、後手の持駒に飛車がなかったりすれば正解になるのだが、この場合は△5一飛と打たれて「ギャッ」となってしまう。

初段コースの1問目だからと思って気軽に考えてはいけないという好例。

16歳の頃の谷川浩司九段の、非常に清々しく新鮮な次の一手だ。