正解率1%の、伊藤果四段(当時)出題の奥の深い二段コース試験問題

将棋世界1979年3月号、「二段コース試験問題」より。伊藤果四段(当時)の出題。

伊藤果1

ねらいは角打ちですが。

 

 

(正解は少し下の方に書いています)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伊藤果1

〔正解〕 ▲3四角(1%)

 局面はご覧のとおりの乱戦で、後手に△7九とと、金を取られては先手の負けとなります。さて、ここで先手の着手に注目されるところですが、うまい手があるのを発見されましたか?

 そうです。▲7六角なのです。この角は放置しておくと(もちろん竜取りですが)、次に▲5三桂成の一発で後手がまいってしまうのです。それならば、これが正解かと思われますが実は、▲7六角のときに△5四歩がうまい防手で、以下▲9八角△7九とで結構むずかしいのです。

 これを▲3四角ですと、△3三金▲4三角成△同金、ここで▲7六角△5四歩▲9八角△7九とには、▲4一飛があるという寸法なのです。

一見して▲7六角(63%)と打ちたい場面ですが、正解の▲3四角として、4三の駒を角と金に変えてからからの▲7六角はおもしろい手順でしょう。

——–

▲3四角△3三金▲4三角成△同金を経ることなく、1図から▲7六角△5四歩▲9八角△7九と▲4一飛は、△同玉▲4三飛成△4二金で受け切られてしまう。

▲3四角△3三金▲4三角成△同金の下準備をしておくと、▲7六角△5四歩▲9八角△7九と▲4一飛は△同玉▲4三飛成△4二金▲3二金とすることができる。

4三の角を金に繰り替えさせてからの▲7六角の発動。

言われてみればなるほどと理解できるが、最初からそこまで読むことは非常に難しい。

詰将棋ではないけれども、詰将棋の名作を見ているような気持ちになる。

正解率1%というのが感動的だ。

詰将棋創作の名手、伊藤果八段ならではの次の一手ということができるだろう。

 

 

「正解率1%の、伊藤果四段(当時)出題の奥の深い二段コース試験問題」への2件のフィードバック

  1. ▲3四角△3三金▲4三角成△同金▲7六角のあと後手が△5四歩
    ではなく△5四角や△3四角とするとまだまだ難しい形勢に見えますが何か先手側に後手陣を潰すいい手順があるのでしょうか

    1. 後手が角を手放しているので、▲9八角と竜を取って先手安泰のような感じがします。

コメントを残す