「訃報」カテゴリーアーカイブ

大内延介九段逝去

大内延介九段が、6月23日、亡くなられた。享年75歳。

7月17日(月・祝)に、大内延介九段一門の主催で「お別れの会」が行われる。

大内延介九段 訃報ならびに「お別れの会」のお知らせ(日本将棋連盟)

訃報 大内延介さん75歳=将棋棋士九段、怒濤流の棋風(毎日新聞)

——————

将棋世界1980年11月号、「メモ帖」より。

イレブンで将棋教室

 3年前に「巨泉流飛落定跡(日刊ゲンダイ刊)」を著したことがある大橋巨泉四段が、いよいよ11PM(イレブン・ピーエム)で将棋実戦教室をひらく。

 友人の大内延介八段と飛車落を対戦し、毎回”次の一手”を当てるハガキを募集するという。10月下旬の金曜日から放映の予定。

 録画撮りをする日本テレビのスタジオ内は、10数人のスタッフがいるのに静々寂々。巨泉氏がいつもと違いキモノ姿であらわれたので、スタッフ一同、厳粛なる儀式みたいに思ったのかもしれない。

 記録係は中瀬奈津子初段(現在の藤森奈津子女流四段)

巨「奈津子さんのお住いはどこなの」

奈「埼玉県の志木市なんです」

巨「へーえ、四季・奈津子というのは実在の人物だったのか」

——————

11PMは深夜に近い時間帯とはいえ、当時は非常にメジャーだった番組。

この時代に、将棋、それも駒落ちを民放の番組に持ち込んだということはとにかく凄いことだった。

『四季・奈津子』は五木寛之さんのベストセラー小説で映画にもなっていた。

——————

大内延介九段と初めてお会いしたのは1995年のことだった。

当時の大内九段は渉外担当の専務理事。

仕事でのお付き合いだったが、いかにも江戸っ子の気風のいい方だった。

少し早い昼食で、築地市場の場内にある寿司店「大和」(大内九段の師匠の土居市太郎名誉名人が築地市場将棋部の師範で、築地市場将棋部の取りまとめ役が「大和」の主人だった)へ行こうということになったのだが、その日は市場の休日で、場外にあるラーメン店『井上』で皆で立ってラーメンを食べたことを思い出す。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

——————

大内延介九段

 

 

 

中野隆義さん逝去

元・近代将棋編集長で将棋ペンクラブ幹事の中野隆義さんが5月29日に亡くなられた。享年65歳。

旅行で行っていた鬼怒川温泉で入浴中に起きた心疾患が原因だったという。

5月21日の将棋ペンクラブ交流会にも元気に顔を出されていただけに、急な知らせに大きな衝撃を受けている。

中野隆義さんは立教大学を卒業してから近代将棋に入社。その後、日本将棋連盟将棋世界編集部、書籍課を経て、1997年に近代将棋へ戻り編集長を務めた。

お通夜は6月1日(木)18時から、葬儀は6月2日(金)9時から、千代田赤羽駅南口ホール(東京都北区赤羽南2-9-78 JR赤羽駅南口改札より徒歩8分)で行われる。

——————

温厚で優しく誰からも愛された中野さん。

呆然としながら手にした昔の近代将棋で、中野さんらしいなあ、と思える文章があった。

近代将棋2005年2月号、中野隆義編集長(当時)の巻頭随筆「乗ってみる」より。

 手に乗る、という技が将棋にはあります。

 相手の読み筋にそのまま乗っかって指し進めるのは、言いなりになるということでもありますから、とても勝利はおぼつかないと思えそうですが、そうとも限らないところがあるのです。

 旅行先の居酒屋にフト立ち寄って呑んでいたときに、えらく気風の良い呑みっぷりの方にあいました。お尋ねしたわけでもないのに「私は今年六十歳」とおっしゃいます。四十そこそこにしか見えなかったので、その若々しさにまずびっくり。

 昼間、精一杯生きているのだから、夜は呑まなきゃ。そうすれば明日またがんばれる。と言って焼酎をがんがん飲んでいました。

 神輿を上げる段になって「私はこれからカラオケのある呑み屋さんに行く。一緒に行きましょう」と声をかけられました。思わず腰が浮きかけたのですが、私と同行した者が、行っちゃダメという目をして服の裾を引っ張ります。

「旅行者をカモにして、ぼったくるところがあるんだから気をつけなきゃ」と、帰り道に教えられました。でも、私としては、悪い人には見えなかったし、かりにぼったくられても、もともとそんなに持ってないからいいかな、くらいに思っていました。

 また、彼の地を訪ねたいと思っています。

——————

「近代将棋や永井英明さんに何かあった時には、いの一番に駆けつける」と昔から言っていた中野さん。それが1997年に近代将棋へ戻ることにつながるのだが、今頃、中野さんは天国で永井英明さんに挨拶をしに行っているだろうなと思えてならない。

「中野さん、よく来てくれました。こちらの世界では近代将棋の部数が伸びていて、中野さんが来てくれるのならこれで鬼に金棒です」と永井さん。

「中野、来たか。うまい鮒寿司食わせやるからな。行くぞ」と団鬼六さん。

「中野さん、あなたちょっとこっち来るの早かったんじゃない。まあ、そこ座んなさいよ」と言って中野さんを麻雀卓に引き込む大山康晴十五世名人。

「おっ、ゲのゲの鬼太郎、来たか。また、碁を教えてやるぞ」と芹沢博文九段。

中野さんの、天国でのこのような光景を想像してしまう。

中野さん、これまでありがとうございました。

本当にありがとうございました。

——————

〔中野さんが書かれた観戦記の一部〕

郷田真隆八段(当時)「これ、お借りしていいですか」

郷田流と羽生流の真っ向からの激突

絶体絶命の局面で繰り出された羽生マジック

羽生善治王座の、控え室の誰もが思いもつかなかった恐ろしい着想

佐藤康光前竜王「すみません。その水筒の水、少し飲ませて下さい。起きてから何も口にしていないもので」

先崎学六段(当時)が柄シャツにチノパンで臨んだ対局

無頼派の秋

 

 

関根茂九段逝去

関根茂九段が2月22日、老衰のため亡くなられた。享年87歳。

訃報 関根茂九段(日本将棋連盟)

関根茂九段が死去、87歳 農林技官からプロ、異色の棋士(産経新聞)

—————-

1999年の月刊宝石、湯川恵子さんの「将棋・ワンダーランド」より。

 関根ご夫妻はしょっちゅう口喧嘩するほど仲がいい。茂九段は昭和4年生まれ。国家公務員から棋士になった。紀代子女流四段は15年生まれ。やはり在野から女流プロ入りした。お二人とも現役でそれぞれ最高齢だ。

「いつの間にか、ねぇ」
「散歩が楽しくてね。仕上げは決まってカラオケなのよ」
 何かのパーティの帰り道、喫茶店でそんな話になって、
「紅葉の季節に誘いますよ」

 それが実現、歩いた歩いた。素晴らしい一日だった。
 朝、京成線柴又の駅に集合。茂九段はスタスタ改札を出てきたが、紀代子四段は……スタンプ台の所で何やら没頭。

「湯川夫妻にね僕ら色紙を合作したんですよ。あちこちでスタンプ押すって計画でさ。それでまた朝から喧嘩、ハハハ」
「この人スタンプへたなのよ、曲がっちゃうし。押す場所のバランスとかもあるんですよ」

 柴又の帝釈天→寅さん記念館→山本亭でお抹茶→矢切の渡し→松戸で伊藤左千夫の「野菊の墓」公園。市川ではお馴染みの寿司屋→甘味喫茶でお饅頭。そして夜は予定通り歌いまくり。お二人ともプロ歌手の特訓を受けた方だ。

 長い年月には口喧嘩もできない緊迫した時期もあったろう。いま青春時代を取り戻しているようだ。私は紀代子さんと老人介護の話で意気投合した。夫の親と同居する嫁。私はオタオタの現役だが紀代子さんは見事卒業した方だ。

 昨年忽然とレディスオープントーナメント決勝に踊り出た。特にその準決勝は、関根門下の若手スター矢内理絵子三段に勝ったもので”還暦の大活躍”と話題になった。

 今期も勝ち進んで準決勝の相手は斎田晴子女流名人。必勝形だった。終盤、図の局面で△3七香成。これでも勝ちだったが自らポカに気付いてしまった。「あ~、ひどかった」

 指が途中で止まったのだ。3八香成なら、必至。女流名人は受けがなかったのである。

 まったくそそっかしい。私がむかし一発でファンになったのはある将棋道場での風景。彼女がラーメンの出前を注文した。一局おえて、ラーメンまだぁ?実はとっくに届き彼女はすでに食べ終わっていた。

 そういえば香車にまつわる反則負け事件もあった。女流プロ棋戦で、服の袖が右下隅の香車を落とし偶然駒台にのっけた。彼女は持ち駒として使った。相手もずっと気付かず……記録係の報告を受けた将棋連盟は処置に困り茂九段に電話した。

「僕も参りましたよ。ねぇ」

 当時連盟の理事を勤めていた茂九段、江戸川を眺めながらなつかしそうに笑った顔は仏さまみたいだった。

—————-

関根茂九段は飯野健二七段、泉正樹八段、北島忠雄七段、千葉幸生六段、佐々木慎六段、田中悠一五段、矢内理絵子女流五段、神田真由美女流二段の師匠。

順位戦A級在籍は3期。私が子供の頃はNHK杯戦の常連で、すぐに顔と名前を覚えた棋士だった。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

 

 

二上達也九段逝去

元・日本将棋連盟会長で、将棋ペンクラブ名誉会長も務めていただいた二上達也九段が11月1日に肺炎のため亡くなられた。享年84歳。

訃報 二上達也九段(日本将棋連盟)

日本将棋連盟元会長 二上達也九段が死去(NHK)

——–

2003年の月刊宝石、湯川恵子さんの「将棋・ワンダーランド」より。

  連載最終回、会長のことを書きます。

 二上達也九段。平成元年5月から7期(14年間)日本将棋連盟の会長をつとめた。会長は2年ごとの選挙で選ばれた理事たちの互選で決まる。今年5月23日に行われる理事選に二上九段は立候補していない。
 7期というのが、ご当人はちょうど満足らしいですよ。

 平成2年、順位戦B1級にいたときあっさり現役引退した。いかにも二上九段らしいきれいな引き際だったなぁと思う。後年、旅先でその話をした時、

「いやぁ弟子(羽生さんのこと)と本番で指して負けるのも、なんだしねぇ(笑い)」

 そんな知的な、ハンサムな、照れくさそうな笑顔に接するたびに、会長さんらしくないおもしろい先生だなぁと思った。

 小唄のおさらい会に、ねだって招いてもらったことがある。将棋関係者は他にいなかった。キュ~ッと細く長く練り上げた絹糸のような艶のある声に胸がジーンとした。カラオケの”マイク二上”とは別人だ!?

 17才でアマ名人戦の北海道代表。昭和25年にプロ四段。A級八段まで6年しかかからなったスピード出世。A級在位連続24年(通算28年)。タイトル戦登場26回(獲得計5期)。普通なら超一流棋士として有名なはずだが、大山康晴十五世名人の全盛期とばっちり重なった……。 アマチュア時代から詰棋作家だった。いつか茨城の海岸べりの道場へ同行したとき、壁に飾られた古い色紙が二上九段作の詰棋。簡素な形で難問。先生、降参です教えてください。

「う~ん私も……いや最近よくあるんだな。自分の作ったやつが解けないってねぇははは」

 図の局面も案外ご当人は忘れているかもしれない。<将棋百年>という本は『運命的な局面』と書いている。昭和37年、第12期王将戦第六局。図から△4九金▲5七角△9六歩……と進み、大山王将が次第に悲境に陥り結果は二上新王将誕生。無敵大山五冠王の一角を初めて切り崩した勝利だった。

 負けたことは忘れないものらしい。昨年、私が参加しているある勉強会でミニ講演をお願いした。貧乏な会がいきなり会長に頼んだのに将棋会館で実現。そのときひょいと聞いたのだ。

「大山さんには何をやっても勝てなかったですが……一つだけ勝てましたね。ええ、大山会長は6期。私は7期(笑い)」 

 今度の理事選は大変だ。久しぶりの”米中戦”と騒がれているので一層、さりげなく治めて来た二上時代が粋に想える。

——–

9~10年前の将棋ペンクラブ大賞最終選考会の打ち上げの時、隣の席だった二上達也九段・将棋ペンクラブ名誉会長に、かなりマニアックなことを聞いたことがある。

それは1970年A級順位戦〔二上達也八段-升田幸三九段戦〕のことで、升田九段の阪田流向かい飛車に対し二上八段が快勝した一局。

すると、「僕って自分の将棋は覚えてないからなあ。そんな将棋があったんだねえ。でも僕は大山さんにはなかなか勝てなかったけど、升田さんにはずいぶん勝ったんだよ」と二上九段。

後で調べてみると、二上九段は、大山康晴十五世名人には45勝116敗と大きく負け越しているが、升田幸三実力制第4代名人とは29勝23敗1持将棋で勝ち越している。

すごい棋士と話していたんだということを痛切に感じた。

——–

2005年の今頃の季節だった。

二上九段、湯川博士さん、湯川恵子さん、私の4人で中野のカラオケボックスへ行ったことがある。

二上九段の歌を聞くのは初めてだったが、本当に気持ち良さそうに歌われていたのを思い出す。

今日、訃報を知って、とても感傷的な気持ちになっている。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

 

 

中村梅之助さんの将棋エッセイ

俳優で歌舞伎役者の中村梅之助さんが、1月18日、肺炎のため亡くなられた。享年85歳。

「遠山の金さん」役 中村梅之助さん死去(NHK)

中村梅之助さんは、「遠山の金さん」、「伝七捕物帳」、「花神」などで主役を務めているが、将棋とも縁が深かった。

将棋世界1992年2月号、中村梅之助さんのエッセイ「私は四段に成駒屋」より。

 私が将棋の駒を手にしたのは小学生の頃で、将棋を指したのではなく、部屋中に何組もの駒を配置し、本で城を作り攻防戦を展開し一人で遊ぶのが好きだったのです。勿論闘っているのは時代劇の大将達でした。

 父の中村翫右衛門は、歌舞伎に居た頃は一番強かったと聞いています。その父と初めて対局したら向こうは歩3ツに玉だけで、此方はあっというまに負けてしまいました。

 それっきり父は相手をしてくれませんでしたが、あれはちょっとインチキくさかった様な気がしています。それでも大分強くなって仲間や先輩を8人も立て投げしたりしていました。

 が、その私が当時小学3年生の松山省二君に歯が立たないんです。相手は縁側に腰掛けて足をブラブラ、手にはマンガの本を持って時々盤面に目をやり「早くしてよオ」「それでいいの?」「只だよ!」「お兄ちゃんいつも負けると怒るからやだァ」と盤をまとめて帰って行きます。その間、私の体は前にのめりっぱなし、体をゆすって手数を数える余裕もなし、挙句の果てには「帰れッ」。遂に省二君は私の兄弟子ということになりました。

 一時は楽屋でトーナメントなどをやり始め、遂に舞台の出に間に合わなかった者が出てきて、劇場内禁止を食ってしまいました。

 こんな事がありました。「鼠小僧次郎吉」という芝居。宿屋の玄関広間で将棋を指していた客たちが帰って行く。そのあとへ鼠小僧がフラリと出てきて、将棋盤の前に坐ってそれを眺めながらセリフをいう。ところがある日、将棋盤を見た鼠小僧、一言もいわなくなっちゃった。

 「翫右衛門さん!セリフですよっ」と小声で周りの者が催促してもムスッとしたまま、ややあってハッと気づいてセリフをいい出した。終わって皆がどうしたんですかと聞くと、盤を見た瞬間、何故角がここにあるのかわからない、と思ったら芝居に出ているのを完全に忘れて将棋に熱中しちゃったそうです。次の日から将棋の指せる者が盤面を作っておくことにして、どうやら無事に進行。

 それから30年ぐらいたって、子供の主治医の慶松洋三先生から、中原誠名人の将棋の会へ呼ばれました。何人かお相手に指されるので、それを見せて頂けるのかと思いましたが、1時間前に来いという? 会場に入ると盤は一つしかない。私が二枚落ちで挑戦することになっているのです。あわてる私に田中寅彦八段と蛸島彰子五段のお二人が、手とり足とり定跡を教えてくれました。私は立ち廻り(殺陣)の手を覚えるのは早い方で、二枚落ちも前に知っていたから、まァ何手かは頭に入りました。解説のお二人が途中でリモートコントロールしてくれる約束にもなりました。

 半分ボーッとした感じで、いよいよ対局開始。序盤は調子がよかったのですが、ハタと中盤で詰まりました。リモコンが「歩を突きたいですね」と。私はサッと歩を突くと、筋違いの歩でした。これでは負けて当然です。

 中原名人は対坐した時からすべてお見透しで、静かに駒を運ばれます。素人相手でも真剣な態度で、岩の様な落ち着きと圧倒される風圧を感じました。そして坐り直された時、私はライオンの前のウサギとなりました。終わってから「さすが舞台に出られるので物おじしないことに驚きました。後半打たれた銀は、私もちょっと困った良い手でした」と解説されました。やさしい方です。銀はヤケクソに打った手なんです。記念に用意した「香月」作の駒の駒箱に、「前進出来ぬ駒はない」と書いて下さいました。やァ冷汗三斗の一局でした。

 御縁はあるもので、前進座創立60周年記念で「煙が目にしみる」を全国公演しました。ジェームス三木先生の作・演出の芝居で、年齢制限一歩手前の奨励会三段と子連れのフラメンコダンサーの二人を中心にドラマは展開します。役者は前進座の中村梅雀と元宝塚の順みつきさんです。私は師匠役の内堀勇八段です。駒の手つきは田丸昇八段のご指導を得ました。指すシーンは局面と手順を作ってもらい、毎日楽しくやっています。

 「煙が目にしみる」は昨年、大阪・名古屋・東京で公演、今年は1月3日から19日まで京都祗園甲部歌舞練場で、23、24日は高崎、26日は岡谷、30、31、2月1日は伊勢崎で公演します。合計で117回上演することになります。本当に面白い芝居なので、是非観て下さいますようにお願いします。

 後援の日本将棋連盟からは、この公演を記念して四段の免状を頂きました。じつに立派な免状ですが、これは大変なことです。うっかりヘタな将棋は指せません。そしたら対局の申し込みが早速きました。でもスケジュールが合わずセーフ。この名誉を本当に大切に心新たに、将棋の基本を学ばなければと思っています。

 あらためて台本に向かって、自分の役名を見ました。内堀勇八段とあります。あれ、八段・・・。私は四段分、駒損したのかな?

——–

謹んでご冥福をお祈りいたします。