「詰将棋」カテゴリーアーカイブ

「死と乙女」と名付けられた詰将棋

近代将棋1982年6月号、福永望さんの初心者のための詰将棋入門「名作『死と乙女』鑑賞」より。

芸術としての諸将棋

 今回は、芸術的香り高い詰将棋を紹介したいと思います。

 詰将棋は、解く人にとっては、実戦の終盤に強くなるための一手段であり、また無聊を慰めてくれる良質のパズルです。が、これからご紹介する「死と乙女」を並べていただければ、詰将棋の別の面にも気づかれるかと思います。

 先日、短篇詰将棋作家A氏が編集部を訪ねてくれました。色々話していて、話題が山田修司氏作の「死と乙女」に及んだ時、A氏は次のように語ってくれました

「あの作品を初めて見たのは昭和35年頃でした。古本屋で買った『詰将棋パラダイス』の一冊にのってました。解説を読み詰手順を並べた時は泣きそうになりましたネ。その時は多分、解説の方に感動したんだと思います。それから一年くらいたって、今度はあの作品を自力で解いてみたんです。解き終わって、あふれる涙を止めようがありませんでした。自分でもビックリしましたよ、諸将棋で泣いてしまったんですから……ウェルテルを読んで感激し、太宰治に熱中していた18歳でしたから、あの涙も、青春という得体の知れないもののせいなんでしょうね」

 A氏のこの言葉がきっかけで。今回、「死と乙女」を紹介してみたくなったのです。世に「芸術」と呼ばざるを得ない詰将棋は他にもあります。たとえば伊藤看寿の図巧第一番とか北村研一氏の「槍襖」とか奥薗幸雄氏の「新扇詰」です。ここで、あえて山田修司氏作の「死と乙女」を選んだ理由は。この作品の易しさからです。易しさは優しさでもありましょうか。この作品は、2、3級の方でも解くことができます。では。さっそく語手順を追ってゆきます。

詰手順

 なお、解説は名解説者といわれた故・土屋健氏のものを、「詰将棋パラダイス」昭和26年10月号より、そのまま引用させていただきました。

▲7四銀成△8二玉▲8一と△同玉▲7一と△同玉▲7三香△6一玉▲7二香成△5一玉▲6二成香△4一玉▲5二成香△3一玉▲4二成香△同玉▲4三銀△3一玉▲3二金△同金▲同銀成△同玉▲2四桂△4一玉▲3二桂成△5一玉▲4二成桂△6一玉▲5二成桂△7一玉▲6二成桂△8一玉▲7二成桂△同玉▲7三金△8一玉▲8二金打△同金▲同金△同玉▲9四桂△7一玉▲8二桂成△6一玉▲7二成桂△5一玉▲6二成桂△4一玉▲5二成桂△3一玉▲4二成桂△2一玉▲3二成桂△同玉▲3三銀△2三玉▲3五桂△同歩▲3四金△1二玉▲2四桂△1一玉▲2二銀成△同玉▲3三と△1一玉▲1二桂成△同玉▲2三金△1一玉▲2二金まで71手詰

『選者 何んと云ふ美しい旋律に満ちた作であろう、小さな駒が奏でる悲しい迄に麗しい調べは魂を揺り、見る者をして恍惚と酔はさずには置かない。手順が面白い、最初の駒配りに無理がない、詰上り亦美しい、二回注復する玉の画く軌跡を夫々妙手に見たい、など言ふ事は駄足である、まして平易であるの妙手が無いのと論ずるに至っては烏滸の沙汰である。現在迄に発表された山田君の数ある作中でも突兀として聳ゆる最高峰である、長さに於ても純然たる小駒図式(合駒に大駒を使用しない)としては日本新記録であろう。

 が、より重視しなくてはならぬのは、この作が醸すアトモスフェアであり歌ふ詩である。予言者イザヤではないが、かつてこの事あるを予言した選者の言は適中した、山田君はまづそれを為した。小さな駒々が織りなす階調と色彩は永遠の栄光と生命を唱い尽る所を知らない。山田君が本作品に「小独楽」と題したのは、小駒作品である事と独り楽しむと言ふ点より名付けたものだが、楽しむ事は詰将棋の本質だ、然し本作は独り楽しむ境地を遙かに脱し、解く者総てに楽しみを与えずに置かない、その点不適当であると考え、図面に傍註しなかった。「死と乙女」これこそ題するとすれば最もふさはしくはないだろうか。選者はロマンチストではないが反射的にこの題が脳裡に閃めいた、と云ふより全身を以って感得したのである。「死と乙女」これはシューベルトのクワルテット(四重奏)であるが、セロは常に死の如く甘く、低く誘ひ、バイオリンは不協和音を以って、乙女の儚い抵抗をすすり泣く如く亦訴へるが如く救ひを求める、遂に死の勝利の円舞曲で終る。本図では香と桂が取れ取れと玉を誘惑する。取れば即ち死を意味する。右に左に救ひを願ふ玉の悲しい反抗も、勝利の円舞曲を表現する右側に於ける折衝で死の凱歌を以って終る。簡単な序曲より直ちに主題に入り軽快なワルツで幕となる本作品に陶酔したのは選者独りではあるまいと思ふ。近代詰将棋中のロマンスを代表する佳作である。某作家が本題に酔ひ軽い眩量を感じて、己が作品に思ひを致し、「止んぬる哉」の一言と共に駒を投じた、と言はれて居るが、選者は決してそれが誇張とは思へない。再び言ふ、この傑作を題して「死と乙女」』

 土屋健氏の名筆ですべてがつくされています。つけ加えるべき一言もありません。編集子がすることは、変化手順に触れることくらいでしょう。

(中略)

終りに

 作者の山田修司氏は昭和7年生まれ、北海道開発局勤務です。氏は、本作のほか、「禁じられた遊び」や四桂連続中合の名作などの傑作を数多く発表されました。いつの日か、氏が新作を発表され詰将棋界に戻ってこられるのを心から願うものです。

* * * * *

この詰将棋の途中図と変化(中略の部分)は次の通り。

▲7四銀成△8二玉▲8一と(途中1図)

△8一同金なら▲9四桂△9一玉▲8二銀以下詰み。

(途中1図以下)
△同玉▲7一と△同玉▲7三香(途中2図)

△7二歩なら▲同香成△同玉▲7三銀△8一玉▲8二金で、作意の37手目に飛び、作意手順より20手以上短く、歩余りで詰む。

(途中2図以下)
△6一玉▲7二香成△5一玉▲6二成香△4一玉▲5二成香△3一玉▲4二成香(途中3図)

△2一玉は▲3二金△同金▲同成香△同玉▲3三銀△2三玉▲2二金△1四玉▲2四銀成の詰み。

(途中3図以下)
△同玉▲4三銀△3一玉▲3二金△同金▲同銀成△同玉▲2四桂△4一玉▲3二桂成△5一玉▲4二成桂△6一玉▲5二成桂△7一玉▲6二成桂△8一玉▲7二成桂(途中4図)

△9二玉なら▲8二金△同金▲同成桂△同玉▲7三金△9二玉▲8三金打以下詰み。

(途中4図以下)
△同玉▲7三金△8一玉▲8二金打△同金▲同金△同玉▲9四桂△7一玉▲8二桂成△6一玉▲7二成桂△5一玉▲6二成桂△4一玉▲5二成桂△3一玉▲4二成桂△2一玉▲3二成桂△同玉▲3三銀△2三玉▲3五桂△同歩▲3四金△1二玉▲2四桂△1一玉▲2二銀成△同玉▲3三と△1一玉▲1二桂成△同玉▲2三金△1一玉▲2二金(詰上がり図)まで71手詰

成香が左から右に、成桂が右から左に、別の成桂が左から右に、後手玉を追っていって、最後は1一で後手玉が詰む。

* * * * *

作者の山田修司さんが「小独楽」と名付け、選者の土屋健さんが「死と乙女」と名付けた詰将棋。

この近代将棋の記事を見た時は、「小独楽」なら空中の細い紐の上を回転しながら左右に往復運動をする独楽が連想されてピッタリの作品名ではないか、「死と乙女」だと、じりじりと嫌がらせをされて最後は殺されてしまう少女を連想してしまい、味が極めて悪い、土屋健さんの解釈は、それは一つの偏った感じ方なのではないか、と思った。

念のため、シューベルトの「死と乙女」を調べてみると、「死と乙女」は歌曲で、Wikipediaによると、

病の床に伏す乙女と、死神の対話を描いた作品。乙女は「死」を拒否し、死神に去ってくれと懇願するが、死神は、乙女に「私はおまえを苦しめるために来たのではない。お前に安息を与えに来たのだ」と語りかける。ここでの「死」は、恐ろしい苦痛ではなく、永遠の安息として描かれている。ドイツでは、昔から「死は眠りの兄弟である」とよく言われており、ここでの「死」も一つの永遠の安息として描かれている。

と解説されている。

なるほど、シューベルトの「死と乙女」の世界観なら、この詰将棋を「死と乙女」と名付けるのも大いに納得ができる。

とはいえ、シューベルトの「死と乙女」を聴いて2分で寝てしまったほどの芸術性とは縁遠い私なので、「死と乙女」というタイトルはまだ自分の中では消化しきれていない。

* * * * *

山田修司さんの詰将棋作品集『夢の華』は1998年の将棋ペンクラブ大賞著作部門大賞を受賞している。

夢の華

* * * * *

必殺シリーズ脚本家の詰将棋

近代将棋1977年1月号、伊藤果四段(当時)の「前号 詰将棋鑑賞室」より。

東京 安倍徹郎氏(入選2回)

▲2四桂△2二玉▲2三歩△1三玉▲1二桂成△2三玉▲3四銀△3二玉▲3三歩△同桂▲2三銀成△同玉▲2二金まで13手詰

 作者「詰将棋は生涯一作だけだと思っていましたが、ヒョンな事からもう一作できました」。作者は”必殺仕掛人”シリーズを書いておられるシナリオライター。詰将棋のシナリオは如何なる出来か拝見しよう。

 ▲2四桂、▲2三歩と押さえて、5手目の▲1二桂成が味な捌き。6手目△2三玉が面白い逃げ。

 7手目▲3四銀から、収束の▲2三銀成までの手順はやさしいがリズムがある。

 小駒図式で実戦形、手順も軽快で、作者快心のシナリオではないだろうか。

* * * * *

安倍徹郎さんは、『必殺仕掛人』以来の必殺シリーズをはじめとして、多くのテレビドラマ、映画の脚本を手がけている。

この時代の脚本家としては、石堂淑朗さん、ジェームス三木さんも将棋が大好きだった。

* * * * *

1977年2月に放映された『新・必殺仕置人』第五話「王手無用」が安倍徹郎さんの脚本。

将棋好きな不良旗本たちが、伊藤宗看(伊藤果四段)の弟子筋にあたる女性将棋指しを刺殺。

伊藤宗看が頼み人となり、最終的には旗本たちは仕置人に仕置される。

* * * * *

最終盤に煙詰が出てくる。

伊藤宗看(伊藤果四段)が煙詰の最終手を指して「この玉はあなたの命だ」と言って、首領格の旗本(菅貫太郎)を残して去る。

そのすぐ後、念仏の鉄(山崎努)が現れ中村主水(藤田まこと)によって旗本は殺される。

ストーリーについては次の二つのブログが詳しい。

「今度の仕事は煙詰めだ」 新・必殺仕置人 第5話(こたつねこカフェ)

王手無用~必殺の一手「煙詰」~「新・必殺仕置人」より[追記あり](諸國へめぐり徒然探訪帖)

* * * * *

殺された女性将棋指しを演じたのは横山リエさん。

横山リエさんは個性的な女優として活躍していた。『ゲバゲバ一座のちょんまげ90分!』にも出演している。

Wikipediaの芹沢博文九段の項には、

妹弟子蛸島彰子が時代劇『新・必殺仕置人』の『王手無用』の回に女性棋士役でゲスト出演することになったが、一部の撮影が済んだ段になってから芹沢が「女流とはいえ名人、それが〔殺されて〕コモかぶりでは将棋のタメにならない」と番組プロデューサーに猛抗議を繰り広げた。この芹沢の介入の結果、蛸島が役から降ろされ、撮影済シーンも全てお蔵入りという事態に至る。

と書かれており、蛸島彰子女流名人(当時)が当初のキャスティングであったことがわかる。

* * * * *

必殺シリーズといえば、以前のブログ記事で、森信雄七段との会話で、

  • 澤田真吾六段(当時)は必殺仕事人に出てきたらピッタリ。
  • 「糸谷君も必殺仕事人になれるね」
  • 「大石くんは中村主水のタイプだね。いい仕事人になれる」
  • 「必殺仕事人に全く向いていないのは山崎君」

を紹介した。

しかし、こうやって考えてみると、山崎隆之八段は『新・必殺仕置人』で火野正平さんが演じているようなタイプの仕事人に向いているかもしれない。

それから、森一門では、谷口由紀女流二段が、現在の『必殺仕事人20XX』で和久井映見さんが演じているような仕事人の元締にピッタリな感じがする。

森一門以外では、松尾歩八段、小林裕士七段、中田宏樹八段が必殺仕事人にいても不思議ではない雰囲気。

* * * * *

新・必殺仕置人 第5回「王手無用」(テレ朝動画 単話料金:30メダル)→https://www.tv-asahi.co.jp/douga/s_shiokinin/5

羽生善治七冠(当時)出題の詰将棋

将棋世界1996年4月号付録「全棋士出題詰将棋+私の近況 PART1」より、羽生善治七冠(当時)出題の詰将棋と近況。

●ヒント●

玉を上部に逃さないように。

—————

●解答と近況●

 最近、私の住んでいるマンションの二つ隣に新しいビルが建設中です。

 かなり高いビルになりそうで、自分の所(3F)からは一番上が見えません。

 街の発展の為には良いでしょうが、日当たりが悪くなるのが残念です。

(解答)

▲3一角△1二玉▲1三歩△同桂▲2一銀△同玉▲4二角成△5一金▲3二馬△同玉▲4三銀△2一玉▲3一馬△1二玉▲2四桂△同歩▲2三金△同玉▲3二銀不成△1二玉▲2一馬(解答図)まで21手詰。

—————

羽生竜王が作った長手数の詰将棋は非常に珍しい。

私が解くには難しいが、実戦形で、解答を見ると手数が長い割には理解しやすい収束。実戦ですぐに役立ちそうな手筋が多く出てくる。

—————

羽生善治七冠(当時)が「私の住んでいるマンション」と書いているのは、結婚前の住まい。

この後に羽生七冠は結婚をして、引っ越しをしているので、ある意味では、ちょうど良いタイミングだったとも言える。

—————

逆に考えると、この二つ隣の高層ビルは、周りに高いビルがなかっただろうから、ビルからの見晴らしはとても良かったと考えられる。

—————

私は高層ビルマニアではないが、そのビルからの見晴らしとして最も良いと思えたのは、東京では明石町の聖路加タワー。(今もそうかどうかはわからないが)日本テレビとフジテレビのお天気カメラが設置されていることからも見晴らしが良いことが実証されている。

これは目の前の築地や銀座に高層ビルがないことが大きく、なおかつ一方向を見るだけで富士山をバックに東京の繁華街・ビジネス街を一望できる場所にあるという地の利もある。

—————

ところで、最も標高の高い所で行われた将棋のタイトル戦はどこになるのだろう。

日本一標高の高い県庁所在地は長野市で371.3m。

日本一の高層ビルである「あべのハルカス」の屋上が300mなので、すでに長野市の平地のほうが標高が高い。

高野山はもっと高そうだが、どちらにしても、調べるのは大変そうだ。

 

 

村山聖三段(当時)の関所

将棋世界1986年11月号、浦野真彦四段(当時)の「詰将棋サロン解答」より。

 毎月、編集部から送られてくるハガキが120枚前後。一通りザッと解いてみて、不完全と分かるのが半数程。さらに、一題一題時間をかけて調べてみると残るのは30題前後になります。

 次に奨励会の村山三段に検討を頼むと、彼は、ニコニコしながら、5題程潰してくれます。この村山関所を越えた作品の中から8題選びます。

 以上が選題までの過程ですが、詰将棋が趣味の私にとっては楽しい仕事です。

(以下略)

—————

120作→不完全作を除いて60作→時間をかけて調べて30作。

この30作の中から選題しても良さそうだが、ここで別の人の目によるチェックを入れるのが浦野真彦四段(当時)の仕事の丁寧なところ。

詰将棋を解くことが好きな村山聖三段(当時)にとっても、歓迎すべき流れだったろう。

最近ではあまり使われない言葉になったが、まさにWin-Winの関係。

—————

もちろん、師匠の森信雄七段の元でも村山聖九段は、師匠が作った「創作次の一手スーパートリック」などの関所になっていた。

森信雄七段は『終盤力がアップする詰めろ将棋273題』で次のように書いている。

 創作次の一手スーパートリックの問題の検討は村山君に依頼していた。「また潰されましたね。」憎らしい表情で何度も潰されて「偉そうに言うなら作ってみろ」と大人げないことを言うと「僕は潰す人、森先生は作る人ですからね」こういう時間が好きだった。

—————

「詰将棋サロン」では村山聖三段が読者にとっての関所。

「創作次の一手スーパートリック」では若い頃の村山聖九段が森信雄七段にとっての関所になっていたということになる。

—————

関所というと思い出す別の話がある。

今年の5月29日に亡くなられた元・近代将棋編集長で将棋ペンクラブ幹事の中野隆義さんから、このブログのコメント欄に寄せられた数々の棋士のエピソードより。

「カンジンチョウッ。カンジンチョウッ」
三十年ほど前に、王座戦五番勝負の控え室にて、将棋連盟の大盤解説場からの指し手の問い合わせの電話に出た私めが、継ぎ盤の横に置いてある棋譜を手にとって応えようとしたときのことでした。
声の主は高柳流です。
「君も長いこと将棋の記者やってんだから、そんなもの見ないでも分かるだろう」と言うところを、勧進帳、勧進帳ですませる高柳流はイキだなあと思ったものでした。

私めも、締め切りが迫ってこないとやる気が起こらない質でしたんで、歳ははなれていたもののこの方とは芹沢流の表現を借りれば交わってみたいと思っていました。
叶わぬ夢と思っていましたところ、幾度か渋谷の玉久で何度かお会いできたのは幸運でした。いつも見守り役の看護婦さんをお連れしていたのですが、そうとは思わせぬように、ああこの人は私の愛人です、なんておっしゃっていました。

—————

高柳敏夫名誉九段の「勧進帳」。

これは歌舞伎の演目から来ている。

兄・頼朝に追われた源義経は山伏の姿になって家来の家来武蔵坊弁慶らと逃避行を続ける。しかし、道中の北陸道に安宅の関があり、ここを切り抜けなければならない。

詳細なストーリーは省略するが、絶体絶命の場面を弁慶が機転を利かせて、たまたま持っていた巻物を勧進帳であるかのように装い、朗々と読み上げて危機を乗り越えたというのが話の中盤。

高柳名誉九段の言う勧進帳は、要は紙に頼らず頭の中にあることを言え、ということ。

たしかに、「カンジンチョウッ。カンジンチョウッ」は粋な言い方だ。

勧進帳(歌舞伎演目案内)

 

 

二上達也棋聖(当時)出題、「30分で解ければアマ名人クラス」の懸賞詰将棋

将棋世界1982年7月号、野口益雄編集長(当時)の編集後記より。

 四段コースの受験者は約4,000人ですが、5月号の3題正解者がただ一人というのには仰天しました。出題棋士によって難問ぞろいの月がありますが、たった一人とは初めてです。

 前月号も関根八段が「ボクの力の限界の会心手の問題集だよ」という難問いっぱいの月だったので次号の発表を今から心配しています。

 今月号の出題は西村七段です。「私は読者の味方ですよ、安心しなさい」と胸をたたいておられたが、さあ、どうなるやら。

 難問といえば、二上詰将棋空前の難題「30分でアマ名人クラス」が出ました。傑作なんですが幾人応募者がありますかナ。

——————

将棋世界1982年7月号、二上達也棋聖(当時)の「懸賞 詰将棋」より。

30分でアマ名人クラス

——————

この当時のアマ名人は小池重明さんだが、「30分でアマ名人クラス」の詰将棋と聞いて、かえって闘志を燃やす人と、はじめから諦める人と、大きく二つに分かれると思う。

詰将棋が苦手な私は当然のことながら後者。30分でアマ三段でも諦める。

しかし、この回は応募総数1,784通、正解数627通(正解率35.1%)と、いつもよりも反響が大きかったという。

それにしても、アマ名人クラスが日本に627人もいるとは思えないのだが、普段は応募しないような方々も気合いを入れて解いたのかもしれない。

正解は、解説付きでここから少し下にあります。

 

 

 

——————

将棋世界1982年7月号、二上達也九段の「懸賞詰将棋解答」より。

〔解答〕

▲5二飛△3二金合▲3一角△同玉▲4二馬△同金▲4三桂△2二玉▲4二飛成△3二飛合▲3一銀△1三玉▲1二金△同飛▲同竜△同玉▲3二飛△1三玉▲2二飛成まで19手詰。

 7月号の編集後記に「空前の難題」とあって、皆さんファイトを燃やしたらしく、応募ハガキは沢山ありました。

 あるプロ高段者が「詰まないネ、こういう実戦型に近い形の作は奇抜な手はないはずだが……」と首をひねっていました。しかし常識を超す手があったのです。5手目の△4二馬がその絶妙手。

 初手から5手目まで、まぎれが非常に多く、6手目以後はやさしい手順です。

 読者や知人から「解けたゾ」の喜びの電話やら「本当に誤植じゃないですね」の電話やら、いつになく反響の大きい問題でした。なお1五歩の配置は、という質問がありましたが、この歩がないと、▲3一玉△同玉▲4三桂△2二玉▲3一角△1一玉▲3三馬以下の詰みが成立します。(編集部)