詰将棋

詰将棋

必殺シリーズ脚本家の詰将棋

近代将棋1977年1月号、伊藤果四段(当時)の「前号 詰将棋鑑賞室」より。 東京 安倍徹郎氏(入選2回) ▲2四桂△2二玉▲2三歩△1三玉▲1二桂成△2三玉▲3四銀△3二玉▲3三歩△同桂▲2三銀成△同玉▲2二金まで13手詰 ...
詰将棋

羽生善治七冠(当時)出題の詰将棋

将棋世界1996年4月号付録「全棋士出題詰将棋+私の近況 PART1」より、羽生善治七冠(当時)出題の詰将棋と近況。 ●ヒント● 玉を上部に逃さないように。 --------------- ●解答と近況● ...
詰将棋

村山聖三段(当時)の関所

将棋世界1986年11月号、浦野真彦四段(当時)の「詰将棋サロン解答」より。  毎月、編集部から送られてくるハガキが120枚前後。一通りザッと解いてみて、不完全と分かるのが半数程。さらに、一題一題時間をかけて調べてみると残るのは30題前後...
詰将棋

二上達也棋聖(当時)出題、「30分で解ければアマ名人クラス」の懸賞詰将棋

将棋世界1982年7月号、野口益雄編集長(当時)の編集後記より。  四段コースの受験者は約4,000人ですが、5月号の3題正解者がただ一人というのには仰天しました。出題棋士によって難問ぞろいの月がありますが、たった一人とは初めてです。 ...
詰将棋

ビルに詰将棋!

将棋世界1995年4月号、「読者が作る声のページ レタープラザ」より。 ビルに詰将棋!  先日、熊本市の中心部にある金融機関のビルに、詰将棋が出題されていると、地元のNHKで放送がありました。さっそくカメラ片手に見物に行きました。ビ...
タイトルとURLをコピーしました