面白い中継

昨日行われたNTTル・パルク杯第2期天河戦Cブロックは、松尾香織初段、渡部愛ツアー女子プロ、小野ゆかり女子アマ王位が予選通過。

ネット中継を担当した「蝶結」記者のコメントが、異様に面白い。

棋譜解説のわかりやすさもさることながら、決して不自然ではないヘビーでディープな表現。

全盛期のプロレスの実況アナウンサーに通じるものがあるかもしれない。

島井咲緒里初段-渡部愛ツアー女子プロ戦より

「渡部TJPはブレザー&スカートの制服姿。中に一枚薄手のセーターを羽織り寒さ対策も万全。
紺のハイソもしっかり付けて、これぞ乙女の戦闘服」

「島井初段は白のワンピに暖かそうなベルベット地のジャケット。胸元に光る小粒のパールのネックレスは大人の装い。土佐の娘も、今ではすっかりTOKYOスタイル」

「渡部TJPは手元にあるミッキーのハンカチを時折握りしめる。パワーをもらって、夢の王国を築きたい」

「バッサリと行く強気な島井初段の攻め。土佐のおなごは、こぎゃんとやるぜよ」

中倉宏美二段-渡部愛ツアー女子プロ戦より

「この金上がりが、穴熊へのプレリュード」

「次は自然な桂の活用。

中倉宏美二段は特に横顔美人、という声を耳にする。
その美貌に見とれていると、中継がおろそかになりそうだ」

「聞こえるか聞こえないかの「うーん」という声に、悩める中倉宏美二段の心境が垣間見える」

「打ち込む手つきも、チェスクロックを叩く音もひときわ大きく。高らかに歌い上げる終盤のアリア」

「打ちおろすように桂。怒涛のフィナーレに向うか」

*****

「蝶結」記者が今後どのような芸域を見せてくれるのか、とても楽しみだ。

(この記事は、今日のもうひとつの記事との関連はありません)

「面白い中継」への2件のフィードバック

  1. 昨日は笑い転げながら蝶結さんのコメント欄を追ってました[E:happy01]
    クラッシック音楽の造詣も深そうですね
    またまた楽しみな自分のスタイルを持った中継記者が出てきましたね[E:happy02]
    それにしても中倉さんは悔しい負け方でした
    心中察します[E:crying]

コメントを残す