初手▲7八銀は悪手か

「イメージと読みの将棋観」の創成期、第5回。

将棋マガジン1996年6月号、青島たつひこ(鈴木宏彦)さんの「佐藤康光&森内俊之の何でもアタック」より。

photo_6

森内「△3四歩と突かれて困るでしょう。△3四歩▲7九角。これではあまり、すぐには負けないけど、作戦負けしそうです」

—–

この図面だけは二人の見解が分かれた。

—–

佐藤「これに対する最善手はおそらく△3四歩。以下▲6八飛△8四歩▲6六歩△8五歩▲7六歩△8六歩▲同歩△同飛▲7七角△8六歩として、このあと先手は▲6七銀~▲8八飛で8筋逆襲を狙う。一局の将棋」

photo_8

鈴木宏彦さんも、「乱戦志向の人なら、絶対に試してみる価値あり」と書いている。

—–

このような手順を思いつく佐藤康光九段が、その10年後に変形振飛車を指すのは、必然的なことだったのかもしれない。

(図面の符合が先後逆になっていますが気にしないで下さい)

タイトルとURLをコピーしました