2013-03

棋士のエピソード

森内少年の作文

将棋世界2002年8月号、田丸昇八段・編集長(当時)の森内俊之新名人大特集「二重三重の喜びにわく森内家」より。  渋谷駅から東急新玉川線に乗っておよそ30分。横浜緑区の青葉台駅に着きました。この駅から徒歩15分ほどの閑静な住宅地に、瀟洒な...
読む

加藤一二三八段(当時)の予想外の返事

将棋世界1993年12月号、東公平さんの巻頭エッセイ「十二月」より。 明治維新で幕府の保護を失った将棋の専門家(家元)は、生活に困るほどの苦難時代を迎えた。これと似たことがチェス界にも起き、混乱している。世界をリードしていた「ソ連邦」の崩壊...
読む

冬型の渡辺明三冠、夏型の羽生善治三冠

渡辺明竜王が郷田真隆棋王から棋王位を奪取し、史上8人目の三冠となった。 渡辺竜王が、竜王・棋王・王将と冬のタイトル戦を全制覇。 それに対して、羽生三冠が王位・王座・棋聖と、夏のタイトル戦を全制覇する形だ。 2004年の一時期を除くこの20年...
読む

神吉流鬼手

神吉宏充七段はマジックを得意としているが・・・ 将棋世界1993年4月号、鈴木輝彦七段(当時)の「対局室25時」より。 2月は突然の事ながら、関西の将棋会館におじゃまして取材させて頂くことにした。というのも12日に順位戦の9回戦の対局がつい...
日記など

棋王戦第4局対局場「宇都宮グランドホテル」

棋王戦第4局は、宇都宮市の「宇都宮グランドホテル」で行われる→中継 宇都宮グランドホテルは、2万坪の庭園がある宇都宮市のシティホテル。 昨年、郷田真隆棋王が棋王位を獲得した時の対局場でもある。 [ホテル内のレ...
タイトルとURLをコピーしました