2013-10

棋士のエピソード

福崎文吾王座(当時)の嘆き

将棋世界1992年11月号、神吉宏充五段(当時)の「対局室25時 大阪」より。  事務所をのぞくと、1枚の棋譜が何気なく置いてある。見ると9月5日の羽生-桐山の棋聖戦。勝負は桐山九段の勝ちと書いてある。横にいた福崎王座と声をそろえて「あ、...
読む

自分でボケて、自分でつっこむ谷川浩司竜王(当時)

将棋世界1992年12月号、鹿野圭生女流1級(当時)のJT将棋日本シリーズ'92女流観戦記「札幌大会の打ち明け話」より。 そしてバスに乗り換えて、大阪空港へ到着。後はホイホイのホイで、札幌行きの飛行機に乗り込めた。出不精(デブ性じゃないよ)...
読む

戻るに戻れぬ対局室

将棋世界1992年7月号、神吉宏充五段(当時)の「対局室25時 大阪」より。 王座戦本戦準々決勝、桐山清澄九段-石田和雄九段戦でのこと。 午後3時の棋士室。上で対局中の桐山九段が降りてきた。自分の手番で指して、下のモニターにはその将棋が映っ...
読む

谷川浩司九段が生まれて初めてカラオケボックスへ行った時

将棋世界1992年5月号、谷川浩司竜王(当時)の第41期王将戦第5局(対南芳一王将戦)自戦記「△3二金の周辺」より。 山形へ発つ前日、大阪の連盟で棋譜を並べていると、井上君と本間さんが相次いで、うつ向きながら控え室に入ってきた。  NHK杯...
タイトル戦の食事

竜王戦第2局対局場「新富良野プリンスホテル」

竜王戦第2局は北海道富良野市の「新富良野プリンスホテル」で行われる。→中継 新富良野プリンスホテルは、富良野在住の倉本聰さん脚本によるテレビドラマ(北の国から、優しい時間、風のガーデン」)でもおなじみのリゾートホテル。 ...
タイトルとURLをコピーしました