佐藤康光王将(当時)の脱皮

将棋世界2002年7月号、故・真部一男九段の「将棋論考」より。

 5月13日、棋聖戦挑戦者決定戦が東京の将棋会館で行われた。

 丸山名人対佐藤王将、最も興味ある取り組みの一つだ。当日、私も王将戦の予選を指していたのだが、相手が記録部門三冠王の木村一基六段で、どうも勢いが違うのか、3時41分敢えなく投了。

 久し振りに会館に来たのだから、もう少し空気を吸っていようと棋聖戦の控え室に腰を据え、中原永世十段、佐藤義八段らと継ぎ盤を囲んだ。

 隣席では森内八段が独り局面を動かしていると、時折脇の方から手が伸びてS記者が次の一手を当てようとしたりする。

 これが愉快で、好手をズバリ当てたかと思えば次にはトンデモナイ一手を指したりするものだから、森内もしばし苦笑い。

 さて、戦型は丸山十八番の角換わり腰掛銀を佐藤が受けて立ったのだが、序盤早々に見たことのない構想を後手番佐藤が打ち出し、私も目を瞠ったが後から来て棋譜を見た面々も一様に、感心するというか「ヘエー」といった面持ちであった。5筋を突かずに中飛車に回ったり、3三へ上がるはずの銀を5三銀と逆に進め、果ては3二の金を3三金とするなど変型の限りを尽くしている。

 先月号に載った佐藤の『我が将棋感覚は可笑しいのか?』が、ちょっと話題になった。それはそうでしょう。この指し回しは佐藤にしかできないもの。

 あの文章は良かった。率直、剛直な佐藤らしさが素直に表れていた。

 文中、佐藤は「自分の研究には自信を持っているし、毎局工夫しながら指しているつもりだ」と述べ、しかしその作戦を真似する若手が一人もいないと疑問をぶつけている。全体としての佐藤将棋は別として、少なくともこの将棋は真似しづらいだろうなあ。佐藤の慨嘆は佐藤将棋の本質から来るものなのかもしれない。

 昔、升田将棋は真似し易く、大山将棋は真似し難いといわれていた。升田は形の将棋で大山は手の将棋だからであると。

 左穴熊のように、その形に組めれば後は何とかなってしまう戦法は真似し易いが、一手一手読みが必要な戦法は真似し難い、要は苦労が多いということ。

 若いうちの苦労は買ってでもしろという。よって難解な佐藤将棋を真似し克服した若手がその域に達し、さらには越えて行けるのだろう。

 闊達発言の中原は佐藤の指し手に反応して「ほー、そう指した。やっぱりおかしいね」などと云って皆を笑わせていたが、もち論これはサービス発言。

 戦況は丸山に消極的と見られる指し手があり、佐藤陣が次第に好型となり戦機を掴んで主導権を奪い、徐々に優勢になっていった。

 いつの間にか河口老師が現れ「元気かね」とおっしゃる。「家を出たのは今日でひと月ぶり」と応えると「小人閑居して不善を為すかね」などと云ってシニック老師は楽しそう。いつもこんな調子だから馴れっこで「不善を為す元気もありませんよ」と、こちらは本当のことを云っておいた。

 将棋は終盤になっていて丸山大苦戦、何かないかと盤を見つめていると、勝負手が閃いた。私は得意気にその手を示したが、丸山はそう指さずに最後は押さえ込まれて完封負けとなってしまった。

 河口が「君、その手を対局者に云ってこいよ」と云うのでその気になり、特別室に入ってみると盤面は元の配置に戻されている。もう疲れていて感想戦がさっきの局面に進むまで待つ気力もなく、シルバーシートに坐りこの将棋の取材に来ていたテレビ局の人と雑談していた。

 しばらくすると河口が、あの手は二人とも読んでいてやはりダメだそうだと教えてくれた。岡目の浅知恵はそんなもの。勢い良く対局室に駆け込んだ我が身が滑稽ではあったが、久し振りに最後まで検討に加わったかすかな爽快感が残ったものだった。

(以下略)

—–

将棋世界の同じ号、河口俊彦七段の「新・対局日誌」では、この一局について次のように書かれている。

 対して佐藤王将は、意気軒昂といった感じがある。

 最初に紹介した、ああいう文章を書いて、何か脱皮するようなことでもあったのか。

 論より証拠。この日の序盤は、今までの佐藤将棋とまるで違う。1図を見れば明らかで、名を伏せて誰の将棋かと問うたとして、佐藤康光と答える人はいないだろう。しかもこの将棋の出だしは、平凡な「角換わり腰掛銀」だったのである。君子豹変は本来よい方に変わったとき用いられるそうだが、その言葉こそ、今の佐藤王将にぴったりだ。

2002

(中略)

 クライマックスは2図の場面だった。

 形勢は佐藤よしだが、具体的にどう指すか、となると意見がまとまらない。

2002_2

2図以下の指し手

△5三玉▲3五金△5五桂▲4五金△同歩▲5六銀△4六金 (3図)

 モニターテレビを見ていた者が「アッ玉が上がったよ」と叫んだ。これを予想した人はいなかったが、瞬間よさそうな手に見える。なにより力強いではないか。駒落ちの上手みたいだ。

2002_3

(中略)

 真部八段が、3図で▲7三銀と打つ手を見つけ「どうだ」とみんなに声をかけている。△7三同銀なら▲5五銀と取り、△5四金と受ければ、▲4六角と切る筋があっておもしろい。

 丸山名人は手を止めている。やるか、と期待を持たせたが、少考で指されたのは▲5九角。なんだよ、となった。

3図以下の指し手

▲5九角△3六馬▲2六飛△3五馬▲1六飛△5六金▲同飛△4六金まで、佐藤王将の勝ち。

 簡単に終わってしまった。真部君は重い腰を上げて「一言聞いて来なくちゃ」と対局室に行った。これには故事がある。

 30年以上も前の話だが、A級順位戦の一局を、たまたま階下で見ていた升田名人が、終わったと知るや、階段をかけ上がって対局室に飛び込み、一言、一手だけ指摘し、さっと帰った。調べてみると、それは逆転の妙手だった。

 真部君はその再現をと意気込んだのだが、すぐ戻って来て「すぐ駒を並べ直しちゃったよ」とがっかりした。

 序盤、中盤と検討が行われ、問題の場面が再現されたころは、ずいぶん時間が経っていた。待ちかねたように、誰かが▲7三銀の筋を訊くと、佐藤王将はあっさり「△9二飛と逃げますよ。▲6四銀成△同玉で私がよいでしょう」

 真部君はシルバーシートで粘っている。結論を伝えると「やっぱりねえ。そんな気がしていたよ」と苦笑し、帰った。晩酌の肴がなくなった、というところか。

(以下略)

—–

河口俊彦七段は「名を伏せて誰の将棋かと問うたとして、佐藤康光と答える人はいないだろう」と書いているが、それから11年後の現在では、相当数の人が1図の後手が佐藤康光九段であると当てることができるかもしれない。

2図からの△5三玉も佐藤康光九段らしい。(木村一基八段も指しそうな手だ)

—–

中原誠十六世名人が、「ほー、そう指した。やっぱりおかしいね」と言うのも絶妙。

近代将棋1993年2月号、佐藤康光六段(当時)の自戦記〔棋王戦 対中原誠名人戦〕「名人との一戦」より。

 先番の名人は少考の末、飛先の歩を突き出しました。以下すらすらと第4図に進みます。

photo (13)

 名人戦で高橋九段と戦って以降、名人が先手番の時に愛用されている形です。

 名人はこれで非常に高勝率を挙げておられます。トッププロが高い勝率を挙げている戦法という訳で、プロ棋界では普通は大流行のはずなのですが名人以外に指されているのを見た事がありません。

 理由はいろいろですが一つに構想力や特殊な感覚、つまり従来の感覚では仲々指しこなせない意味があります。またこの戦法の実体がつかめていない所もあるのです。

 正に「名人に定跡なし」を地で行く戦法と言えるかもしれません。

(以下略)

—–

「歴史は繰り返す」というのか「どっちもどっち」と言えばいいのか、とにかく面白い。

桐谷流マッサージ戦法

将棋世界1991年9月号、青野照市八段(当時)の「これが彼らしい一手 桐谷流マッサージ戦法」より。

 奨励会の入会時に、三通りのグループがあることは、前号で述べた。すなわち10歳~13歳組(小中学生)、15歳組(中学卒業後)、18歳組(高校卒業後)だ。

 そのうち、表題の”彼らしい感覚”というのが、顕著に現れるのは、エリートである早学組よりもむしろ、晩学組の方である。

 Aクラスに昇った棋士で考えてみても、故・花村九段、関根九段、森九段などは、遅く入ったせいか、皆、純粋培養組とは違う、独特の将棋観があるように思う。

 桐谷広人六段もその一人である。彼は18歳、すなわち高校卒業後の奨励会入会で、なおかつ塾生(将棋会館への住み込みの奨励会員)経験者である。

 だいたいにおいて、晩学組ほど棋理、特に駒の損得などを、重要視する傾向にある。

 無論、無条件の駒得なら誰だって飛びつくし、無条件の駒損はやらない。ただし、そこにいろいろな要素がからむと、人それぞれの価値判断が違ってくる。

 彼は、『コンピュータ桐谷』として他人の将棋をよく覚えていることで知られるが、プロ仲間ではもう一つ、駒得が大好きなことで知られている。

 彼の将棋を見ると、中・終盤においては、ほとんど駒得となっていることが多い。ただし、そのかわりに駒がゆがんでいたり、駒がソッポになっていたりして、プロ仲間からすると「信じられない所に駒がいる」ということになるのだが、本人はいっこうに気にしていない。

 つまり、俗に言う筋の良い棋士なら、考えもしないで捨ててしまう筋を、彼は追求し、悪くないと思えば実行するタイプなのである。従って、それがツボに入った時には、「まさかこんな手で」という手で悪くなって、負かされることがある。

 1図は、今年の2月の王将戦における、鈴木輝彦七段との一戦で、流行の角換わり腰掛銀から、今、後手が△8五飛と走ってきた局面(都合上先後逆)。

photo (14)

 ここで他の棋士ならどう指すかは、議論の分かれるところかも知れない。しかし、次の2図に至る手順を考え出すのは、プロ棋界広しと言えども、彼だけなのだと思う。

1図以下の指し手

▲6一角△6三銀▲7七桂△8一飛▲5二角成△同銀▲7二金 (2図)

photo_2 (10)

 ▲6一角自体は、それ程奇異な手ではない。△6二金なら3四へ角が成れるし、△4二金右なら▲7二角成の予定だろう。

 △6三銀の受けは、案外軽視したのかも知れない。▲6一角に75分の長考の次に、また27分の長考だからである。

 しかし、もしウッカリだとしても、▲7七桂と跳ね、△8一飛に角を切ってからの▲7二金は、実に考えにくい手である。普通は▲7二金では、▲2四飛ぐらいの手を考えそうだ。

 ▲7二金は、先にまず駒得をし、後は受けて(切らして)勝つという戦法で、これをマッサージ戦法と呼ぶそうである。

 2図で△8三飛なら、▲8四歩△9三飛に▲8二金と、飛車を取りに来られて後手が悪い。

 そこで図以下、後手は△4一飛と逃げ、▲7三金に△4四飛と浮いたが、▲6二金△4一銀に▲5三桂不成が好手で、打った金の顔が立ってきた。

 ▲5三桂不成に、△4九飛成の王手なら、逆に▲5九金とはじく手がある。そこで後手は△2三銀と壁銀を直したのだが、▲4五歩が打てては、先手が面白そうだ。

 以下の桐谷六段の終盤戦も、駒得を重視した独特の寄せで、この将棋を勝ち切った。

 ただしこの将棋、厳密には先手が良かったかどうかは分からない。たとえば2図で、△4一飛▲7三金の後、△5一角と打って▲6二金を消せば、先手も容易でなかったと思う。

 彼はこういうタイプだから、大きな駒得をしながら、ひどい場所に駒を使わされ、いわゆる駒の効率の悪い形となって負けることもある。

 この将棋の金打ちなども、現代の若手(だけではないかも知れないが)から見たら、顔をそむけたくなる手かも知れない。

 しかし、将棋とはいろいろな可能性を秘めたゲームである。彼のような感覚の棋士が、バリバリ勝ち出したら、また将棋の考え方が変わってくるようにも思えるのである。

—–

角と金・桂の交換なので先手の駒得となるが、金を手放すことになるので、▲7二金は相当な強い信念を持っていなければ指せない手だ。

敵の攻め駒を攻撃して駒得をはかり、攻撃力を削いで受け切る、あるいは入玉を狙うのがマッサージ戦法。

—–

「敵の攻め駒を攻める」のがマッサージ戦法なら、「敵の攻め駒を責める」のが木村一基八段の受け。

敵の攻め駒をターゲットとするのはマッサージ戦法と同様だが、木村八段の受けは、相手の攻めを呼び込み、ギリギリのところでしのぐタイプ。

踏み込んで相手の攻めを切らすという点で、マッサージ戦法とは大きく思想が異なる。

様々なスタイルがあるのが将棋の面白いところだ。

—–

テレビで大人気の桐谷広人七段。

株主優待に関する複数の著作が出版される。

ちなみに、機関投資家(信託銀行、生命保険会社など)が運用している株式の株主優待券は、チケットショップで換金され、ファンドなどに再投資される。

デジタルな世界に見える投資の世界だが、株主優待券の扱いについては、アナログなチケットショップが関わってくるところが面白い。

桐谷広人さんが教える株主優待ガイド (日経ホームマガジン 日経マネー)桐谷広人さんが教える株主優待ガイド (日経ホームマガジン 日経マネー)
価格:¥ 880(税込)
発売日:2013-09-20
桐谷さんの株主優待生活 (単行本)桐谷さんの株主優待生活 (単行本)
価格:¥ 1,365(税込)
発売日:2013-10-01
桐谷さんの株主優待ライフ桐谷さんの株主優待ライフ
価格:¥ 1,365(税込)
発売日:2013-10-01
桐谷広人の株主優待入門
価格:¥ 1,300(税込)
発売日:2013-10-26
歩の玉手箱―楽しく読める手筋の宝庫 (MYCOM将棋文庫)歩の玉手箱―楽しく読める手筋の宝庫 (MYCOM将棋文庫)
価格:¥ 735(税込)
発売日:2003-10
コンピューター桐谷の 続・これが矢倉だ―2九飛 (週将ブックス)
価格:¥ 825(税込)
発売日:1986-09
コンピューター桐谷のこれが矢倉だ〈スズメ刺し〉 (週将ブックス オレンジシリーズ)
価格:¥ 825(税込)
発売日:1986-04
コンピューター桐谷の新・これが矢倉だ 4六銀 (週将ブックス)
価格:¥ 825(税込)
発売日:1987-04

将棋が強くなるための秘術

近代将棋1994年5月号、中川大輔五段(当時)の「中終盤のトレーニング」より。

 よくアマの方に

 「どうしたら強くなれるでしょうか?」

 という質問を受けます。

 誰もが知りたいこの答え。よく言われる上達法は、強い人と指す、詰将棋を解く、などです。これは正しい。

 しかし、質問の答えにはならない。何故なら、わざわざ質問してくるような方は、そんな事は百も承知だからです。

 「どうしたら強くなれるか?」

 私はこの質問には逆にこう聞き返します。

 「将棋は好きですか?」

 すると十人中十人が「ハイッ」と答える。それで充分なのです。いや、それ以外ないと言ってもいいでしょう。

 将棋が本当に好きなら、どんな勉強をしても吸収してしまうからです。

 最近、囲碁の藤沢秀行先生の本を読んでいたら、こんな文が目に入りました。

 『(強くなるには)ただ好きを超えて、碁に真の愛情をもつということではないだろうか。碁を覚えて夢中になるのは、男女の恋愛感情みたいなものだ。それはそれで素晴らしいし、それがなくては始まらない。ただその愛をより深め育てていくためには、対象をもっと理解する必要もあるし、敬う気持ちも大切だろう。当然その希求も生まれてくる。碁をもっと愛しなさい。熱烈でなくてもよいから、細くとも長くね。そのうちに見えなかったものが見えてくる』

 私の答えは間違っていなかったようです。

—–

将棋の上達法。

「将棋が本当に好きなら、どんな勉強をしても吸収してしまうからです」は名言だと思う。

特定の異性を好きになった時のことを思い出すと、意味合いは違うものの非常に納得できる。

—–

自分自身を振り返ると、中学生時代は、「大野源一八段(当時)の三間飛車」、「石田流」、「次の一手」の三分野が大好きで、結果的に三点集中主義で勉強していたように思う。

それらに熱中したあまり第一志望の高校に落ちて、それに凝りて将棋からは15年ほど離れることになるのだが、長いブランクがあっても将棋連盟道場ですぐに二段にまでなれたので、中学生の頃の勉強だけでどうにかなった形だ。

将棋も分野が広いので、自分の好きな特定分野だけを集中的に勉強するというのも、一つの有効な方法なのかもしれない。

とはいえ、現在の私は、石田流か▲7八金(△3二金)型向かい飛車しか指さない非常に偏った人間になってしまっているので、皆様もお気をつけください。

    

 

2013年9月将棋関連新刊書籍

9月の将棋関連新刊書籍。

将棋世界Special.vol3「森内俊之」 ~宿敵・羽生との闘いの軌跡~ (マイナビムック)将棋世界Special.vol3「森内俊之」 ~宿敵・羽生との闘いの軌跡~ (マイナビムック)
価格:¥ 1,554(税込)
発売日:2013-09-30
桐谷さんの株主優待生活 (単行本)桐谷さんの株主優待生活 (単行本)
価格:¥ 1,365(税込)
発売日:2013-10-01
つるの将棋七番勝負つるの将棋七番勝負
価格:¥ 1,470(税込)
発売日:2013-10-05
稲葉陽の熱闘順位戦 (マイナビ将棋BOOKS)稲葉陽の熱闘順位戦 (マイナビ将棋BOOKS)
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2013-09-24

広瀬流穴熊 終盤の極意広瀬流穴熊 終盤の極意
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2013-09-13
新手ポカ妙手選 振り飛車編 (マイナビ将棋文庫)新手ポカ妙手選 振り飛車編 (マイナビ将棋文庫)
価格:¥ 1,155(税込)
発売日:2013-09-24
相掛かり無敵定跡研究 (マイナビ将棋BOOKS)相掛かり無敵定跡研究 (マイナビ将棋BOOKS)
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2013-09-13
相振り飛車で左玉戦法 居飛車で右玉戦法 (将棋最強ブックス)相振り飛車で左玉戦法 居飛車で右玉戦法 (将棋最強ブックス)
価格:¥ 1,365(税込)
発売日:2013-10-08
最強将棋 激指スペシャル2最強将棋 激指スペシャル2
価格:¥ 3,990(税込)
発売日:2013-09-24
後手番で勝つ戦法 (将棋最強ブックス)後手番で勝つ戦法 (将棋最強ブックス)
価格:¥ 1,365(税込)
発売日:2013-09-06

 林葉直子女流五段(当時)「郷田先生に似ていたんですよ」

将棋世界1992年10月号、神吉宏充五段(当時)の「対局室25時 大阪」より。

 8月は将棋まつりのシーズン。全国各地でいろんな催しが行われたが、筆者も大阪の近鉄と、博多へ行ってきた。まず大阪。ここは例年に漏れず今年もたくさんのファンが来てくれた。羽生棋王と対談の企画があったので、彼の本を宣伝しようと話を持ち出す。

 「羽生先生、本を出されましたね」

 「はあ、いろんな戦法を破るつもりで書きましたが、たまには破られになるかもしれません」

 「何でいう本でしたかね?・・・確か”羽生のおしり”だったかなあ」

 「頭脳です」

 所は変わって博多。ここでは例年林葉女史に会える。楽しみで、今年もあの明るい笑顔で迎えてくれた。

 「久しぶり直子ちゃん。将棋まつり行ったり来たりで頑張ってんなあ」

 「そんなあ・・・でもこの前、将棋まつりのあと、変な人が追いかけてきたんですよぉ。私がタクシーに乗ろうとすると、声をかけてきて『ずっとキミの事を待っていたんだ。さあ、お茶でも飲みにいこう』って。私、ビックリしちゃって。知らない人だし、黙って車に乗ったんですけど、その人も私のカバン掴んで一緒に入って来ようとするんですよ」

 「怖かったやろ」

 「でも、怖がってもいられないので、ちょっと強気にアナタとは初めて会ったのに、どうして行かなきゃなんないんですかって言ったんです。そしたら『男と女の出会いは始まりからなんだよ』なんて言うんです」

 「うわ~」

 「でね、ずっと拒んでたら、パッとカバンから手を離して『キミって冷たい人だ』そう言ってスタスタ歩いて行っちゃったんです」

 「フウ、それは良かったやん。で、その人、どんな人やったん」

 「それがね、歳の頃は20代半ばで、顔が・・・」

 「顔が?」

 「郷田先生に似ていたんですよ」

 う~ん・・・なんぼ郷田君に似ていても、この誘い方は悪手だったか。

—–

郷田真隆四段(当時)にとってはやや迷惑な話だが、世の中にはいろいろな人がいるものだ。

▲7六歩△8四歩のあと、いきなり▲3三角成と王手をかけてくるようなアプローチ。

あまりにも性急すぎる一手だ。

—–

あれは6年ほど前のこと。

飲み会が終わってから家に帰る途中の深夜2時過ぎ。

家まで歩いてあと5分の所にあるナチュラルローソン(ローソンが首都圏に展開する健康志向の商品を扱うコンビニエンスストア)に寄った。

私は健康志向な人間ではないのだが、この店は広くて品揃えもバラエティに富んでいるので、飲み物などを買って帰ろうと考えたのだった。

深夜の店内は私一人。

立ち止まって商品をいろいろと眺めていると、目の前に女性が現れた。

「シフォンケーキ、美味しいよっ」

と言って、その女性は私の持つ買い物かごにシフォンケーキを入れた。

あまりにも突然なことでビックリするとともに、彼女が清楚な感じのなかなかの美人だったので更に驚いた。

「あ、、、はい、どうも……」

と私は反射的に言って、かごの中のシフォンケーキを見た。

そうなんだ、このシフォンケーキは美味しいのか、

でも、シフォンケーキって個人的にあまり興味がないんだよな、

これ買うことになるのかな、どうしよう、

などといろいろと考えた。時間にして20秒ほど。

ふと顔を上げると、彼女の姿はなかった。店内を探してみたが、店内は私一人。

そういえば、彼女の買い物かごはカラッポだった。

当然のことながらナンパではなさそうだし、新手の美人局でもなさそうだ。

何だったんだろう彼女は。でも美人だったな。

いろいろと考えた結果、彼女は酔っ払いだったんだ、という結論に落ち着いた。

シフォンケーキは商品棚に戻しておいた。

美人でも突然すぎると驚くという事例。