桐谷広人七段の青春時代

将棋世界1992年2月号、奥山紅樹さんの「棋士に関する12章 第二章『失速』」より。

 「18歳までアマ強豪のいない田舎町で過ごしたハンディキャップは大きかった」と桐谷広人(六段・42歳)は青春を振り返る。

 奨励会の入会試験を受けたのは、広島・竹原高校を卒業した1968年春であった。青野照市(八段・38歳)、宮田利男(六段・39歳)が同期入会のメンバーである。が、青野・宮田とも当時15歳。高卒の桐谷とは3年の年齢差があった。

 桐谷が奨励会員となった年、2歳年上ですでに棋士となり、勝ちまくっている男がいた。中原誠(名人・44歳)である。よし、あの男におれも追いつこうと、桐谷は思った。が入会直後、桐谷少年はイヤというほどたたきつけられる。6局たたかって3連勝3連敗。

 年下の同期生は思ったより強かった。

 年下であるが数年先輩の田丸昇(八段・41歳)、真部一男は既に有段者。棋力が違いすぎて奨励会時代には対戦することすらなかった。

 「これは大変な世界に入ってしまったものだと・・・年を取ってスタートしたハンディは大きい。背筋に寒気が走るほどのプレッシャーを受けた」

 「と同時に、『はたして将棋は、人が一生かけて打ち込む価値があるのだろうか』の懐疑が、入会の直後からつきまとって・・・棋士への道に心底から誇りが持てない。そのことに何年も悩み続けました」

 初段のころ、お茶の水女子大の学園祭に遊びに行き、討論会に出席した。田丸昇もいっしょだった。自己紹介の時、田丸は「新聞紙上でただ一つ、活字がサカサに印刷されている欄の仕事をしています・・・」

 と言った。対局者と駒の活字半分が逆―将棋欄のことである。それを言う田丸の表情は誇りに満ち、楽しそうであった。桐谷はそんな田丸を意外に思った。

 棋士になれなきゃ恥だ、の意識。一方で、将棋は一生をかける値打ちがあるか?の疑問。二つの考えの間に揺れ、受け身で将棋を勉強していた時、一人の若い女性と出会った。

 「桐谷さん、どんなものでも人間が一事を一所懸命にやるのは立派なことよ。将棋には、男の人が生涯を打ち込む価値があるわ。だから、頑張って・・・」

 物静かに語られた言葉が、高圧電流のように桐谷を打った。

 「平凡な女性の、平凡なひとことが私に大きな転機をもたらしました・・・もし彼女の言葉に出会わなかったら、私の人生はどうなっていたか」

 桐谷の述懐である。

 桐谷はそれから心を入れかえて将棋にとりくむ。初段に2年余り低迷していたが、その言葉を聞いてから3ヵ月で二段そしてその3ヵ月後に三段に昇った。

 一期目で優勝した三段リーグは東西決戦で敗れて四段昇段を逃したものの、1975年四段に昇った。

 「私の失速は四段をゴールだと思ったことですね」と桐谷は反省する。

 その頃オイルショックの波をかぶり、広島県の実家の紙箱製造業が不振となっていた。

 桐谷は四段昇段と同時に、親に転職をすすめ、生活費の仕送りを申し出た。

 1、2年でカタがつくと思ったが、新しい仕事がなかなか軌道に乗らず仕送りは7年続いた。しかしその甲斐あって桐谷の父親(70歳)は、今も元気E社会保険労務士をしているという。

 四段昇段と同時に、原稿、稽古の依頼が殺到した。

 「それを断って勉強するか、仕事を引き受けるかが、一流棋士とそうでない棋士の違いですね」と桐谷は自らの反省を込めて振り返る。父親の仕事が軌道に乗った数年後、稽古先の証券業界のアマ棋客と親しくなり、株式投資に関心を持った。

 平均株価が上昇してい3年前までは順調だった。2年前株価の下落が始まった。発展している日本経済の株価がこんなに安くなるのはおかしいと大量に信用取引で買い下がった。気がつくと相場の泥沼の中にいた。

 筆者の見る所、信用取引は度が過ぎると人間を破壊していく。朝、目がさめると相場の動きが気になり、空売りするかいや、買うかと毎日がいそがしい・・・。将棋の方には当然のことながら、マイナスの影響をおよぼす。心がしだいにすさんでいったとしても不思議はない。

 そして、バブル経済がはじけ株式の大暴落が日本列島を走った。

 あらしが去ったいま、桐谷の耳奥に20代前半で聞いた、若い女性の声が響いている。 「将棋には、将棋には、男の人が生涯を打ち込む価値があるわ。だから、頑張って」

 桐谷は言う。

 「出来ればもう一度、将棋にひたる毎日を取り戻したい。結婚し、落ち着いた生活の中で将棋を勉強する・・・これが私にとっての夢ですね」

 ”失速”したとはいえ、桐谷の手元には、結婚して一家をかまえ、将棋を研究するだけの資産は残った。陰影に富んだ30代であったとも、自分の原点が「将棋」であることを確認するための、複雑な回り道であったとも言える。

 「昇級をするとか、新聞棋戦で勝って名を上げるとか・・・そういうのを、今の私は考えていません。余分な神経を使わずに将棋にひたる、充実感のある生活が出来ればいいなあ、がホンネ。将棋に戻る時がきました・・・」

 将棋という名のラセン階段をどこまでの昇り降りして一生を終える。それが棋士というものか。

—–

今年は桐谷広人七段がバラエティ番組で大ブレイクした年。

桐谷七段のほのぼのとした人柄と、若い頃から築きあげてきた株主優待生活が、見事にマッチした形となっている。

いろいろな切り口から棋士や将棋がマスコミで取り上げられるのは、非常に素晴らしいことだと思う。

—–

当時の日経平均株価は(円未満は切り捨て)、

1989年末 38,915円 前年比+29%
1990年末 23,848円 前年比-39%
1991年末 22,983円 前年比-4%
1992年末 16,924円 前年比-26%
1993年末 17,417円 前年比+3%.
1994年末 19,723円 前年比+13%

となっており、この記事(1991年末)が出た後、株価は急降下したことが分かる。

—–

話は変わるが、例えば株価が20%上昇した後に20%下落すると、元の株価に比べて4%のマイナス。

同様に、株価が20%下落した後に20%上昇すると、やはり元の株価に比べて4%のマイナス。

数学的には理解できるのだが、何か不思議な感じがする。

—–

      

七段 桐谷広人 うちわ

七段 桐谷広人 うちわ
価格:315円(税込、送料別)

社会人団体リーグ戦事始め

今日は社会人団体リーグ戦最終日。

近代将棋1991年2月号、「第1回オール社会人団体リーグ戦最終結果」より。

 平成2年6月にスタートした第1回オール社会人団体リーグ戦もいよいよ最終日を迎え、11月18日に足立区産業振興館で、ブロック最終戦と最終順位決定戦(両ブロックの同順位同士の対戦)が行われた。

 Aブロックでは、最終戦を余して既に第1位を決めているリコーが、オール東大と対戦した。

(中略)

 結局、リコーは5-2でオール東大を退け、全勝で優勝決定戦に駒を進めた。

 また、Bブロックでは日大桜棋会が渋谷守生棋友会を降し、これも全勝で優勝決定戦に進出した。

(中略)

 リコーはその強さを発揮して7-0と圧勝し、オール社会人団体リーグ戦の初代優勝チームとなった。また、3位決定戦はオール東大が5-2で西日暮里極真会を降した。

 全対局終了後に表彰式が行われ、優勝したリコーは、東京新聞杯、優勝盾の他、副賞として団鬼六氏から鬼六賞9万円、および米1俵を手にした。また、リコーチームからは関東名人戦に2名が招待される。

 こうして東京アマチュア将棋連盟、東京新聞共済によるオール社会人団体リーグ戦も第1回が終了した。第2回は平成3年6月から10月まで、4回(1日3試合)に分けて行われる予定である。今回の1位から12位までのチームが1部リーグとなり13位から24位までが2部リーグとなる。また、新規チームは2部リーグあるいは3部リーグ(仮)からの参加となる。

(以下略)

—–

今年の社会人団体リーグ戦は第24回で、参加は168チーム。

1990年の第1回が24チームなので、23年で7倍の参加チーム数にまで発展した。

東京アマチュア将棋連盟の運営をされている方々には頭が下がる思いだ。

—–

この社会人団体リーグ戦は、”社会人”と言いながら、学生や児童だけのチーム参加もOKで、職場系、学校OB系、道場系、将棋教室系、将棋サークル系、将棋酒場系など、非常にバラエティに富んだチーム編成となっている。

—–

20世紀の頃は、社会人団体リーグ戦を略して”社会人リーグ”と呼ばれていたが、最近では”社団戦”と呼ばれることが多いようだ。

私は1997年から出場しているせいか、今でも”社会人リーグ”と言うことが多い。

まあ、マクドナルドをマックと言うかマクドと言うかの違いのようなものだと思う。

—–

一昨年から将棋ペンクラブチームが社会人団体リーグ戦に参戦したので、私も長らくお世話になっていた「原宿カサブランカ」から昨年、将棋ペンクラブチームへ円満移籍することとなった。

将棋ペンクラブチームは現在、5部リーグの下位の成績。

勝ち負けにはこだわらず、対局を楽しむというのがチーム発足時からのコンセプト。

私も、チームの勝ち負けは全く気にせず、自分の勝ち負けだけを考えて対局をしている。

そういう意味では、チーム戦特有の熱気は感じることはできないけれど、また違った楽しみ方があるものだなと実感している。