2014-02-07

読む

羽生善治竜王(当時)「八木下さんと出会わなかったら、将棋をつづけていなかったかもしれない」

将棋世界1991年12月号、「ボクが初段になるまで 羽生善治棋王の巻」より。 何でもやった   ―得意戦法はありましたか。  「道場の5、6級の頃に小学生の大会に出て、その時の決勝戦の棋譜があるんです。ボクは覚えていないんです...
タイトルとURLをコピーしました