ビルに詰将棋!

将棋世界1995年4月号、「読者が作る声のページ レタープラザ」より。

ビルに詰将棋!

 先日、熊本市の中心部にある金融機関のビルに、詰将棋が出題されていると、地元のNHKで放送がありました。さっそくカメラ片手に見物に行きました。ビルの窓を利用して、7手詰(とアナウンサーが言っていました)の詰将棋が作ってありました。将棋ファンにはうれしい広告です。先着200名の正解者には記念品が出るとのことなので、がんばって挑戦してみようと思っています。

(熊本県 Nさん)

=編集部より=

 写真を見て編集部一同ビックリ。驚きのニュースでした。

写真: DSC_0104
投稿者のNさん撮影の写真

—–

写真の下の方に「公共料金の自動振替はくましんへ」とある。

熊本県で「くましん」というと「熊本信用金庫」のこと。

豪快で、本当に有り難い企画だ。

多少細長い盤になっているが、局面図にはピッタリなビル。

詰将棋の盤面は次の通り。

ビルの詰将棋

NHKのアナウンサーが言う通り、7手詰め。

—–

現在の熊本信用金庫本店のビルの窓には、巨大な「くまモン」が描かれている。これもなかなかいい雰囲気。

3一の銀があった辺りにくまモンの左耳がある。

Kumashin_honten

熊本信用金庫ポスター

そういえば、くまモンには日本将棋連盟から初段の免状が授与されている。

ほぼ20年ぶりの不思議な縁なのかもしれない。

くまモンに初段免状授与(日本将棋連盟)

 

「ビルに詰将棋!」への1件のフィードバック

  1. 突然のコメント失礼いたします。私も熊本出身で、このビルの詰将棋のことを覚えています。
    と言いますのも、当時私は6歳だったのですが私の父がこの詰将棋の考案者でした。今思うと、上手いことを考えたものだなと身内ながら感心します。

    当時のNHKの映像を今、必死で探しているのですがどなたかお持ちでないでしょうか?もしお持ちの方がいらっしゃいましたらお知らせください。

コメントを残す