河口俊彦七段逝去

河口俊彦七段が亡くなられた。

享年78歳。

河口俊彦氏が死去 将棋棋士七段 (日本経済新聞)

将棋棋士・河口俊彦さん死去 連載「対局日誌」が好評(朝日新聞)

訃報:河口俊彦さん78歳=将棋棋士七段、作家(毎日新聞)

河口俊彦七段は、東公平さんとともに将棋ペンクラブの創設者で、初代会長だった。

—–

将棋ペンクラブ会報2003年秋号、河口俊彦七段の将棋ペンクラブ大賞(大山康晴の晩節)受賞のことば「天才の将棋的言語」より。

 生前の芹沢博文は、いたく木村義雄名人を尊敬していて、いろいろなゴシップを聞かせてくれた。お得意にしていたのはこんな話だ。

「木村名人は昼飯のとき、赤坂の料亭で極上のうな重の出前をとる。それが運ばれると、ふたを取って茶をかけ、またふたをする。しばらく置いてふたを取り、うなぎを取り去る。そして香の物をおかずに、サラサラとかっこむ。うなぎをもったいないなんてケチッちゃいけない。ポイと捨てるところが、どうだ、しゃれてるだろ」

 この話ははじめて書く。出し惜しみしていたわけではない。あまりにくだらないと思って書かなかったのだ。

芹沢は、「木村義雄論」を書くと言っていたがはたせなかったが、もし書き上げたとしても、さっきの話は書かなかっただろう。

 しかし、芹沢も私も、ああいった話が好きなのである。木村義雄という人間の一面があらわれていると思う。だから、私も「大山康晴論」を書くときは、そういったゴシップを数多く紹介したいと思っていた。ところが結局、ほとんど書けなかった。簡単なようでいて、私にとってゴシップを書くのは難しいのである。

 また、もう一つ別の狙いもあった。

 故山本直純さんと雑談をしていてヒントを得たのだが、音楽的言語、絵画的言語というものがあり、耳のよい人、眼のよい人には、聴きとれ、読みとれるものだそうだ。

 なら、天才の将棋にも、将棋的言語によって語られているものがあるのではないか。大山康晴の将棋からそれを読み取り、それを文章にしてみたかった。

 考えてみると、昔の棋士達は無意識に、将棋的言語を読み取っていたのである。だから大山、升田の指し手に感動はするが、それを文章にするのは、やはり難しかった。

 そんなわけで『大山康晴の晩節』としていちおうまとめてみたが、なにか物足りぬものを感じる。ただ、大山康晴について、いくら書いても、書き尽くせぬ感じはどこまでも残るのだろう。それでも、升田・大山時代の将棋指しのゴシップを、これからも書きつづけて行きたい。年寄りの昔自慢と笑われそうだが、どうしても、現代の棋士より、升田・大山時代の棋士が魅力的に思えてしまうから。

 

 将棋ペンクラブ大賞を作ったとき、山口瞳さんは「念の為言っておくけど、東さんと河口さんは候補外だよ」と言った。若いライターの励みになるような賞を作る、という趣旨であるから、それは当然のことと思っていた。

 ところが、今回湯川さんから、年月が経って諸々事情が変わったこと、選考経過などの話を聞き、快く大賞をいただくことにしました。皆様の御声援に感謝します。

 

大山康晴の晩節

—–

 

謹んでご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

「河口俊彦七段逝去」への4件のフィードバック

  1. つつしんで、河口棋士のご冥福をお祈り致します。
    対局日誌の連載は毎号楽しみにしていました。

    1. 矢倉戦さん

      まだまだご活躍をされると思っていたのですが、本当に残念ですね。

  2. アマチュアの観戦記コンテストを河口俊彦賞で創設できないかと思います。

    毎日新聞社さんの協力で 名人戦を対象にニコ生観戦で観戦記コンテストを行って、優勝者には王将戦の観戦記を実際に書いてもらう。

    妄想の類いですみません。

    老師のご冥福をお祈りします。

    1. 通りすがりさん

      なるほど、ニコ生中継があるのでそれを元にということですね。
      対局者に直接取材ができないのが辛いところですが、エッセイ風に書くという手はありそうですね。

コメントを残す