超豪華なメンバーの2泊3日研究会旅行

将棋世界2004年7月号、河口俊彦七段(当時)の「新・対局日誌」より。

 この日は、棋聖戦の準決勝など好取組が多い。それがあってか、午後になると控え室は賑やかになった。

 そこへ島八段が顔を見せた。

 私が「何かいい話があるかね」と声をかけると、「いや、ありませんね」と、7六歩、3四歩みたいな応酬があって、一拍おき、「あっ、そうそう、ちょっとだけいいことがありました。強豪を集めた研究会で、4勝3敗と勝ち越したんです」と自慢話をはじめた。

「そりゃたいしたもんだ」

「しかもですよ、最後に勝てば優勝だったんです。相手は佐藤康光君で、1勝5敗。そこでうっかり、最近の生活に問題があるみたいですね、と言ったのがまずかった。佐藤君を怒らせて本気を出されてしまいました」

 テーブルの向こうで、久保八段対木村七段戦を調べていた佐藤棋聖がクスリとした。

 軽薄な小生は、つい乗せられ「強豪が集まったというけど、そのメンバーはB級じゃないかね」と憎まれ口を叩いた。

 メンバーは、佐藤棋聖、森下九段、藤井九段、島八段、鈴木八段、杉本六段、山崎五段、渡辺五段。この顔ぶれをB級というのはジョークだが、気が合った仲間が集ったという感じがする。2泊3日の研究会は、当然将棋の勉強はするが、温泉旅行の意味合いもあっただろう。2日目の夕食後は、大いに話がはずんだそうである。

 もし、この研究会に、丸山九段、三浦八段、深浦八段が加わったとしたら、雰囲気が全然違ったはず。棋聖だって最初から気合を入れ、多分優勝したでしょうね。そう、念のため断っておくと、私生活云々は、結婚式の日取りまで決まったなど、仕合わせな生活を、将棋指し流に言ったもの。島八段は、そんな研究会の様子を書いてくれればよいのに。

 なお、杉本君は初参加で、誘われて喜んだだろう。優勝したのは渡辺五段。彼いわく「最初に島先生と当たり、ボヤッとしていたら負かされました。2日目からは本気で指しました」。

(以下略)

——–

河口俊彦七段(当時)と島朗八段(当時)が上記の会話をしたのが2004年4月21日のこと。

この豪華なメンバーの2泊3日研究会旅行は、順位戦が終わった後の3月下旬か4月上旬に行われたのだろう。

研究会で優勝した渡辺明五段(当時)は、この年の暮に竜王位を獲得する。

——–

参加メンバーのうち、酒を飲まない(又は当時飲んでいなかった)のは、藤井猛九段、島朗八段、山崎隆之五段、渡辺明五段(段位は当時)と、非飲酒者の割合が高い。

2泊3日とはいえ、あるいは鈴木大介八段のような酒豪がいたとはいえ、将棋以外は、酒を飲んで温泉というイメージではなく、食事と温泉という雰囲気だったのだろう。

——–

突然、「最近の生活に問題があるみたいですね」と言われれば誰でもドキッとするものだが、棋士流の表現は面白い。

今度機会があったら使ってみよう、とはなかなか思えそうにない言葉であるには違いない。

 

 

淡路仁茂六段(当時)「明美は頼りないから、一人ではほっとけない」

将棋世界1989年1月号、故・池崎和記さんの「棋士の女房・お袋さん 淡路明美さん(淡路仁茂八段夫人)」より。

”長手数の美学”で知られる「不倒流」淡路仁茂八段。

 盤上では、危険な最善手より安全な次善手が好き。そして、どんな強烈パンチを浴びても容易に倒れない。

 実生活ではどうなのだろう。

 結婚して丸8年。10歳年下の明美夫人が語る「不倒流」の素顔―。

 

 結婚したのは昭和55年の11月23日です。主人はちょうど30歳。私は20歳で、短大(松蔭女子学院短期大学)の2年生でした。知り合ったのはその1年前。

 主人が元町で店(神戸将棋センター)をやってるでしょ。当時、私の友だちがセンターにバイトで行ってたんですが、ある日「急用ができて、どうしても行けない。代わりに行ってくれない?」と言われましてね。

短手数の恋愛美学

 たった1日だけの臨時バイト(受付兼雑用係)。この偶然の出来事が明美さんの運命を決めた。

 経営者の淡路八段(当時六段)が、代理で来た女子大生にひとめぼれしてしまったのだ。

 棋風に反した急戦早仕掛け―八段は、なぜかこのとき”短手数の美学”をめざす。その日のうちにデートを申し込んで……。

 ええ、バイトに行ったその日です。仕事が終わってから食事に誘われ、その席で「今度映画に行きませんか」と言われたんですよ。

 あの出会いの日。「目の大きい人だなと思いました。印象に残っているのは、それくらい」と明美さん。

 それからよくデートしましたよ。だって、あの人、しょっちゅう電話して来るんですもの。ほとんど毎日。

 なんてヒマな人だろうと思いました(笑)。そのころ私は学校の試験で一番忙しいときだったんですけど(笑)。そして1年後に結婚。

 えっ?気に入った点、ですか。うーん、困っちゃいますね。私は若かったし、相手は10歳以上でしょう。頼もしく見えたんですね。私の知らないことを何でも知ってたし……。

 プロポーズの言葉……そんなの、あったかしら。マトモに聞かれるとふと悩む。(笑)

 そういえば「明美は頼りないから、一人ではほっとけない」って言われました。

 ホホー。こんな”殺し文句”があったか……。なるほど、なるほど。

 大学の友だちに「結婚するよ」って言ったら、みんな反対して。

「まだ早いよ」とか「もったいない」とか―私がですよ(笑)「これから、もっといい男が現れるよ」とか、ずいぶん言われましたね。(笑)

 57年5月。長男修一君が生まれる。そして59年3月には長女・佳子ちゃんが。

 年子みたいなんで、結構きついんですよね。私、子供を育てるのに必死で……。だから結婚して2、3年は「ああ、もったいないことした」(笑)とホントに思いましたよ。

 あのころ、友だちの中には浪人してるのも何人かいて、私が子育てで悪戦苦闘しているのに、みんな遊んでるわけでしょ。それで私「早まった」と。(笑)

 でも、いまは逆でね。

 友だちはほとんど結婚し、ちょうどいまごろ、赤ちゃんができたとか、二人目が生まれたとか育児に専念してるんですけど―私のほうは、子供たちはもう幼稚園に行ってるし、主人は平日でもよく家にいますから、一緒に外へ食事に行ったり、映画を見に行ったり。

 最近、主人と近くのテニスクラブに入りましてね。初心者コースなんですけど。

 友だちは育児に忙しい。私は主人とテニス。いまは、それが快感で。フフフ。

盤の前で怖い顔

 淡路将棋の精密な読みは定評のあるところ。アスレチッククラブで鍛えた強靭な体格。そして落ち着いた物腰。

 将棋も外見も、悠然と構えた”大人”のイメージがあるが……。

 結婚する前は私、主人のことを「わりと几帳面な人なんじゃないか」って思ってたんです。でも、そんなことはないですね。新聞でも本でも、モノは結構散らかすし。

 ちょっとあわてん坊のところがあって、ときどき階段で転んだりして。(笑)

 主人は、時間に関しては何でも”早め早め”です。1週間前に何か予定があるとして、私なら「まだ1週間ある」と思うのに、向こうは「もう1週間しかない」という感覚なんです。

 それと、一つの場所にあまりじっとしていません。居間で新聞やテレビを見ていたと思ったら、2階へ上がってパソコンやったり、寝転んで本を読んだり。

 パソコンはゲームではなく業務用。店と自宅に1台ずつあり、顧客管理や集計などに使っているという。

 たとえばサラリーマンだと、月曜から金曜までは仕事で土日は休み―という風に、生活にリズムがありますよね。

 棋士にはそういうのはない。でも棋士は、家にいても、それは決して休みではないんですね。原稿書いてたり、対局の前だったり……。主人の場合は店の仕事もありますしね。

 対局の前は1日中、家にいます。和室で、一人で将棋盤に向かって……そのときは、怖い顔をしています。私は将棋のことはわからないから、何も言えませんけど。

 対局から帰ってきても、主人は勝敗結果は言わないし、私も聞きません。だから勝ったのか負けたのか、よくわからないのですが、この間は(B級1組順位戦の小林八段戦)何となく、機嫌が良かったみたい。(笑)

たまには私と遊んで

 淡路八段は自ら「趣味は将棋観戦」と言うほどの”マジメ棋士”。

 酒。飲まない。

 タバコ。吸わない。

 マージャン。しない。

 ゴルフ。しない。

 スキー。しない。

 旅行。しない。

 子供たちが「お父さんは遊んでくれない」って、よくコボしていますよ。「いえ、子供たちだけでなく「私とも遊んでほしい」。(笑)

 主人はしょっちゅう家にいるわりには家族と遊んでくれなくて。

 私はゴルフもしたいし、スキーもしたい。旅行もしたい。それで「一緒にしようよ」って誘うんですけど、主人がしないからできないんです。

 私、これまでほとんど遊んでないから、いまやたらと遊びたい(笑)。最近、テニスだけやろうってことになりましたけど……。やっと、ですよ。

自転車は危ない

 ウチには車がないでしょ。それで私、「免許取りたい」って言ったんですよね。すると「お前はどんくさい。事故を起こすからやめてくれ」。

 私や子供たちが何かしようとすると、主人はすぐ「危ないから」って言うんです。以前、私が自転車を買おうとしたときだって「危ないからダメ」。(笑)

 私、いま免許を取りたいんです。「お父さん、ぜひ取らせて下さい」。そう書いといて下さいませんか。

 八段の生活は実に規則正しい。

 午前7時、起床。

 正午、昼食。

 午後6時、夕食。

 午後10時、就寝。

 ウーム、完ペキだ……。

 早寝早起き―棋士では珍しい?

 あ、そうですか。昔からそうですよ。対局でどんなにおそくなっても、翌朝はちゃんと起きますからね。

 主人の食事時間は、きっちり決まってましてね。昼ごはんは12時、晩ごはんは6時。家にいようがいまいが、それが主人の食事時間で、家にれば家で食べるし、外にいれば外で食べる。

 だから、これ以外の時間に外から帰ってきても、私は食事をつくる必要なないんです。この点は非常にラクですね。

 食べ物の好き嫌いはありません。和食派で、とくに豆腐料理が大好き。冷や奴、湯豆腐、マーボ豆腐、揚げ出し豆腐―と、豆腐なら何でも。

 性格は「人に合わせるタイプ」。他人に気をつかわせない。「家ではむしろ、私のほうがマイペースですよ」と明美さん。

 夫婦ゲンカはしません。

 たとえ私が怒っても、向こうは「フムフム」とか言って相手にしてくれない。返ってくるものがないから、ケンカにならないんです。

 主人が「不倒流」と呼ばれているのは知っています。でも、どういう意味かはよく知りません。

 悪くなっても、なかなか倒れない……、ああ、そうですか。家ではそういうこと、ないんですけどねねェ。

——–

一目惚れをした場合、お互いに一目惚れをしている可能性が高いという。

それにしても、「明美は頼りないから、一人ではほっとけない」は、ものすごいプロポーズの言葉だ。

——–

8月28日に「淡路仁茂九段引退慰労会」が行われている。

関西の棋士がほぼ総出での記念写真は非常に貴重だと思う。

淡路仁茂九段慰労会 8,28(森信雄の写真あれこれ)

 

 

高橋健二(日本芸術院会員)「加藤一二三さんのこと」

将棋世界1989年11月号、日本芸術院会員の高橋健二さんの「加藤一二三さんのこと」より。

 加藤一二三さんについては忘れられないことがいくつかある。

 もう20年くらいも前になろうか。加藤さんと朝日新聞の記者に伴われて、医学博士の春原千秋さんと一しょに茨城県の日立製作所に行ったことが、先ず思い出される。コンピュータがいろいろなことに使い始められたころで、コンピュータと私たち将棋の素人二人とに、どちらが早く詰将棋を詰め切るか、競争させようという企てを、週刊朝日が考えたのである。春原さんは私より飛車一枚くらい強い豪の者であるから、選ばれたのに不思議はないが、私は文字通りへたの横好きに過ぎないから、なぜテストの相手に選ばれたのか、わからない。加藤さんとは個人的に付き合いは全くなかった。私の方では、新聞将棋やテレビ将棋で加藤さんの将棋は必ず見ていたし、その時折りに話題になるから、その範囲では知っていた。

 さて、電車で日立に行き、応接間に通されると、加藤さんが私たち二人にウォーミングアップの形で、詰将棋を出題なさった。それはごくやさしい出題だったので、私だって、いくらも考えないで詰めた。すると加藤さんは「おもごと、おみごと」と感心したように言った。お世辞だとはわかっていても、私は悪い気はしなかった。

 さてしかし本番になって、私とコンピュータのどちらが早く出題を解くかの競争ということになった。係りの技師の説明があって、同時にスタートとしたが、私は考えがまとまらず、せかせかするばかりだった。もともと詰将棋も私は苦手で、ろくに考えないで、解答を見てしまうふうだから、コンピュータにあっさり先を越されてしまった。

「いや、難問だから、無理もありませんよ。でも、残念でしたね」と加藤さんは慰めてくれた。ほめたり慰めたり、この人はなんと気くばりの行きとどいた人だろうと、私は加藤さんの人柄に感心した。

 春原さんは実力にものを言わせ、コンピュータより早く詰めてしまった。春原さんはNHKのテレビの詰将棋に毎回応募するという話を聞いたので、私などとは熱心さが違うから、当然の結果だと思わざるにはいられなかった。

 そんなことが縁となって、加藤さんがテレビ早指し将棋の決勝戦に出たのを観戦したことがある。一分将棋はお手のものだから、めでたく加藤さんが優勝した。しかし途中に、疑問の指し手があったので、終局後たずねたら、加藤さんはあっさり、あれは見そこないでした、と答えた。天下の名手も指しそこないを素人に向かってあっさり認めたのを、かけ引きのない謙虚な人柄と、私は受けとめた。

 加藤さんが序盤と中盤に時間をかけて、終盤で秒読みに追いかけられるのは、周知のことで、テレビで見ていてもはらはらする。もっと時間の配分をうまくしたら、勝率もあがるのではなかろうかと考える。加藤治郎さんに、そんな素人考えを話したら、治郎先生も「ピンさん、時間切れになるから、相手を安心させてしまうんで、やっぱりまずいですよ」と答えられた。

 それでも一二三さんが、史上二人目の千勝を達成したのであるから、信念の長考だと言うほかはない。大山康晴十五世名人につぐ大記録だということであるから驚嘆に値する。はたものがとやかく口出しする余地はない。カトリックの信仰に生きる人が、将棋にもひたむきに我れ一人の道を歩むのを立派なことと敬服せずにはいられない。

 一二三さんの行きとどいた配慮にとまどいしたこともある。御令息の結婚のあと、お嬢さんの結婚式にも招かれて、何かあいさつをするように頼まれた。上智大学のカトリック教会で式を行い、ニューオータニで披露宴をするとのことで、加藤さんは拙宅まで迎えの車を行かせると言われた。私は四谷まで中央線で行けばその方が早いからと車を断ったのだが、当日早めに車が来てしまったので、それに乗ったところ、ひどい渋滞で一時間半かかって、式に遅れそうになり、秒読みのていで、かろうじてかけこんだ。一分将棋に慣れている加藤さんは善意で配慮されたのだが、こちらはやきもきした。でも、ぎりぎり間に合ったので、さすがに秒読みの名人芸に狂いはない、と感心した次第である。

——–

ドイツ文学者の高橋健二さん(1902年-1998年)が加藤一二三九段の1000勝達成の時に書かれた文章。

——–

春原千秋さんは精神神経科医師。春原さんには20年以上、将棋ペンクラブの監査役をやっていただいている。

——–

四谷の上智大学のカトリック教会からホテルニューオータニまで徒歩5分くらい。

都内でも非常に雰囲気の良い散歩コースだ。

いつごろまでだったか、ホテルニューオータニの隣に、2代目・尾上松緑邸があった。

——–

とても加藤一二三九段らしい部分あり、また意外な部分もあり、加藤一二三九段について書かれたものは多いが、このような切り口で普段の加藤一二三九段が描かれた文章は珍しいと思う。

 

 

将棋関連書籍amazonベストセラーTOP30(8月29日)

amazonでの将棋関連書籍ベストセラーTOP30。

 

 

 

谷川浩司名人(当時)「歴史に刻まれるのは、その時のナンバーワンだけ。『惜しかったですね』の言葉は慰めに過ぎない」

将棋世界1989年11月号、谷川浩司名人(当時)の連載自戦記「復調のきっかけに」より。

 何げなく将棋手帳を見ていて、ひどく腹を立てたことが数ヵ月前にあった。

 プロ棋戦の記録の中の日本シリーズの項。59年度、第5回の優勝者は米長邦雄王将、そして準優勝者は加藤一二三九段―。

 ちょっと待って下さい。この時の準優勝は僕ですよ。

 これは調べなくても、日本シリーズは第5回から3年連続準優勝、という悔しい思いをしているので、特に記憶に残っているんですから。

 連盟に文句を言おうと思ったが、ふと考え直した。

 優勝者が間違っていたのなら問題だが、時が経てば、準優勝が誰だったか、などファンは関心を持たないものである。

 歴史に刻まれるのは、その時のナンバーワンだけ。「惜しかったですね」の言葉は慰めに過ぎない。

 まあでも、せっかくだから来年は直しておいて下さいね。

(以下略)

——–

1985年度の将棋手帳から5年間誤った記述だったのか、1989年度版将棋手帳だけが誤っていたのか、どちらかは分からないが、たしかに心穏やかではいられないような出来事だったろう。

谷川浩司名人(当時)は、この年にJT杯で初優勝を遂げる。

——–

この自戦記のことは、8年後の将棋世界の記事でも取り上げられている。

森内俊之八段(当時)「昨年も優勝されていますので、今年はぜひ私にゆずってください」