2015-11-22

読む

引き裂いた封筒を噛みながら将棋を指した棋士

将棋世界1971年2月号、倉島竹二郎さんの「南海の巨匠(14)」より。  この三派合同棋戦で6人抜きをやった頃が、大崎さんの将棋の最もアブラの乗り切った時代のようだが、その時の金さんとの将棋を観戦する機会を持った某氏(多分石山賢吉氏)が「...
将棋関連新刊書籍

2015年11月将棋関連新刊書籍

2015年11月の将棋関連新刊書籍。 〔12月の新刊〕
タイトルとURLをコピーしました